5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

耐震性の高い家

1 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/25(日) 17:43:13 ID:hdCCMaM/
耐久性の高い家というスレがあり、耐久性を求める志向が高まって
いるが、耐久性が高くても地震に弱ければ意味がない。震度7の地
震では28%の確率で倒壊する(建築基準法レベル=耐震等級1の場合)。
仮に倒壊しなくても、大破し、建て替えは免れないだろう。

最近は構造用合板やホールダウン金物の使用など、家は丈夫になっ
ているように見えるが、構造計算書がなかったり、釘を正しく打ち
付けていなかったり、ホールダウン金物を省略したりするなどの欠
陥住宅が多く、必ずしも耐震性が高くなったとは言えない。

家を建てたいと思うけど、建てるならやはり地震に強い家を建てた
い。1割か2割アップの建築費では建たない?

2 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/25(日) 23:22:50 ID:???
>>1
C0=0.3(耐震等級3)で計算した構造計算書つけさせる。

ホールダウン金物は全部25kN用を強制、四隅柱はダブル。

釘は変なのを使われないように、2×4用太め鉄くぎ
CN50(緑)・CN65(黄)・CN75(青)・CN90(赤)以外は
使用禁止とする。

3 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/26(月) 09:10:31 ID:???
とりあえず平屋にしろ

4 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/26(月) 23:28:36 ID:???
地震に強いツーバイはいかがですか?
在来工法に比べても1割もアップしないと思います。

5 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/26(月) 23:40:43 ID:???
外周軸組みに構造用合板の特類を全面張り。
釘の間隔を5cmにすれば実質的に壁倍率4倍程度は確保できる。
(計算上は壁倍率2.5でやるから安全率がある)

筋交いは、大地震ではすぐに折れたり外れたりしやすいので、
だめなことが判明しつつあるらしい。

6 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 09:49:34 ID:MEsWiMQO
耐震等級1とか3とかは、こちらで3にしてと工務店に頼めばいいのですか?
設計士に頼まないと無理ですか?

7 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 20:48:10 ID:???
おすすめ記事(実大実験の写真付き)
「木造住宅実験、耐震基準内でも倒壊」
ttp://www.asahi.com/special/051118/TKY200611230297.html

以下冒頭部引用
>建築基準法に定められた耐震強度を守って建てた木造住宅でも、
>阪神大震災(震度7)クラスの地震で倒壊する危険性があることが、
>国土交通省の外郭団体などの実験で分かった。


8 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 21:08:09 ID:???
以下主要部引用
>阪神大震災の際に神戸海洋気象台が観測した地震波(818ガル)を再現して
>等級1の建物を揺らしたところ、1階の柱や筋交いが折れ、実質的に倒壊したという。
>等級2(基準の1.25倍の耐震性)では壁板が浮いたり、
>柱のかすがいが抜けかかったりしたが、倒壊はせず、
>等級3(1.5倍の耐震性)は変形したものの、構造部分はほぼ無傷だった。

等級3でも変形するのか。等級5(2倍の耐震性)ってないけど、
そのぐらい必要だな。


9 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 21:20:25 ID:???
>>6
耐震等級1はどこでも良い気がするが(欠陥を除く)、2と3は、
ちゃんと一棟ごとに構造計算を行っている工務店か設計事務所に頼んで、
耐震等級2(C0=0.25)又は耐震等級3(C0=0.3)を指定して設計してもらう。
(普段から構造計算書を作成していないところに頼んではだめ。)

耐震等級?構造計算書?何それ?みたいなとこに頼んじゃ絶対だめ。


10 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 21:27:46 ID:???
やっぱりそうなんですか。
うちの大工さん、何それ?って言うタイプなので・・・。
まずは耐震等級3というので設計してくれる設計士さんを見つけて、
その図面通りに大工さんにやってもらうのが良さそうですね。

11 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 21:50:05 ID:???
木造に関して言えば、
ミサワホームの木質パネル接着工法が最強で、
その次に枠組壁工法(ツーバイフォー)で、
その次に木造軸組工法となるらしいです。

ただしミサワホームの木質パネルは腐りやすいという都市伝説も
あるので、枠組壁工法で外壁通気工法・室内側防湿気密シートにして、
構造用合板がいつも乾いている状態にした方がいいかもしれないです。


12 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 22:00:38 ID:???
耐震等級について
震度7の地震の揺れで倒壊する確率は,
等級1の建物では28%,
等級2の建物では7.9%,
等級3の建物では3.5%です。

ソース:
日本地震工学会論文集 第7巻、第6号、2007
被害発生確率を用いた耐震等級の説明の有効性
ttp://www.jaee.gr.jp/stack/submit-j/v07n06/070603_Paper.pdf


13 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/30(金) 22:06:07 ID:???
>>6
ホールダウン金物?何それ?どこに付けるの?は、さらに論外。

14 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 03:07:40 ID:offE9xGB
a

15 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 08:58:15 ID:???
外周の壁に構造用合板ではなく、ダイライトを貼るそうですが、
耐震性に何か問題ありますか?

16 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 10:12:56 ID:???
>>15
ダイライト9mm厚は、構造用合板9mm厚と同じ壁倍率2.5倍であるものの、
ダイライトは材質がもろく(蹴ると穴が開く)、釘穴もゆるみやすいので、
構造用合板に比べると耐震性は下がると思う。

心配だったら、筋交いだけでももつように多く筋交いを入れておいて、
その上でダイライトを貼るとよいと思う。

あと、木造軸組工法の場合、構造用合板は釘の間隔は150mm以下だが、
ダイライトは100mm以下だから、そこんとこ間違えないようによくチェック。
釘の種類もね。


17 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 10:28:00 ID:???
>>2
>釘は変なのを使われないように、2×4用太め鉄くぎ
>CN50(緑)・CN65(黄)・CN75(青)・CN90(赤)以外は
>使用禁止とする。

それいいね。

18 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 11:14:28 ID:???
基礎も大切だよ。
ベタ基礎でも、鉄筋はD13を150mm間隔ぐらいで入れておかないと、
地形が少し変形したときに、基礎ごとすぐこわれちゃう。

普通はD10を300mm間隔にしか入れないから、すごく弱いよ。
コンクリート断面積に対して鉄筋が少なすぎるんだね。

19 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 11:33:12 ID:???
>>16
100mm以下の方が強度上がりそうだけど、構造用合板で150mmの方がいいんだね。

20 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 11:47:41 ID:???
>>19
面材が同じ材質なら、釘の間隔は密な方が強度が高い。

構造用合板の場合、実質的な壁倍率は、
150mm間隔=2.5倍
100mm間隔=3倍
75mm間隔=3.5倍
50mm間隔=4倍
となる。構造用合板はほとんど剛体として挙動するので、
打ち込まれた釘の多さ(断面積)がそのまま抵抗力となる。

面材がもろい材質の場合(釘の保持力が低い場合)、
同じ強度を得るのに、より多くの釘が必要になる。

いずれにしても、多めに打っておくに越したことはない。

21 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 12:15:26 ID:???
すみません、ホールダウン金物が少ないので、聞いてみたら、
これであっているから大丈夫といって、根拠はないみたいですが、
耐震性は大丈夫ですか?

木造2階建てで、1階の柱の下に2箇所、上はなし、2階は上下ともなしです。


22 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 12:29:50 ID:???
>>20
なるほど。構造用合板でも、可能なら100mmで打ってもらった方がいいんだね。
是非そうしてもらおう。

23 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 12:44:24 ID:???
>>22
壁用の構造用合板は、910mm×2730mmのを縦長に使って、
N50釘又はCN50釘を、構造用合板の四辺と中央のすべてに打つのだぞ。

短い構造用合板を使ってつなげたり、上辺や下辺に打ってないのはだめ、
NC50とかPNF2150とかMN21-50とかいう細い釘を使うのもだめ、ここ要注意。


24 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 12:51:22 ID:???
>>21
Wikipediaの「ホールダウン金物」に、必要な箇所の求め方と、
おおよその必要な量と、不足してたときの対処法などが書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E9%87%91%E7%89%A9

てゆーか、そのぐらい自分でぐぐれ。

25 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 12:57:32 ID:???
>>23
おお、サンクス。
うちの大工さんわかってるか心配だから、これをメモって読ませるよ。


26 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 14:06:24 ID:atEVd2lU
>>23
N50釘とかCN50釘とかNC50釘とかって、どこが違うのですか?
釘なんてどれでも同じにみえるんですけど。

27 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/05/31(土) 14:45:20 ID:???
>>26
名前は似ているがそれぞれ全然別物。

N50(鉄丸くぎ) = 直径2.75mm
 木造軸組工法用、
 構造用合板など厚さ9mm〜12mm打ちつけ用。
 Nシリーズは色が付いていないので、打ち込んだ後は検査できない。

CN50(太め鉄丸くぎ) = 直径2.87mm、 緑色
 枠組壁工法(ツーバイフォー用)、(木造軸組工法で使ってもよい)、
 構造用合板など厚さ9mm〜12mm打ちつけ用。
 CNシリーズは長さ別に色が付いているので、打ち込んだ後も検査できる。

NC50,PNF2150,MN21-50 = 直径2.10mm
 細すぎるので建築では使用禁止。使ったら違法建築物、耐震性不足。
 でも安いし、みんな使っていて、出荷率もNo.1。


28 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/01(日) 20:40:09 ID:???
設計事務所に頼んでも、デザインばかり重視され、
構造計算書もないし、耐震性とか全然気にしてないもんな。

工務店に頼んでも、科学的根拠もなく「うちのは頑丈です」
と言い張るだけで、実際何もわかってないもんな。

ハウスメーカーは、情報がクローズドすぎる上、値段が高すぎる。

どこか耐震性の高い家を設計・施工してくれるところはないのか?

29 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 02:54:24 ID:b1+rqZ9e
コレだろJK


http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/photo/20080304/516778/

http://www.takahashikogyo.com/sakuhin/irony/irony.htm
http://www.takahashikogyo.com/



30 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 09:15:12 ID:???
>>28
>設計事務所に頼んでも、デザインばかり重視され、
>構造計算書もないし、耐震性とか全然気にしてないもんな。

基本的な間取りは決まっているので、構造面だけ設計して頂けるところ
とかないのでしょうか?

>工務店に頼んでも、科学的根拠もなく「うちのは頑丈です」
>と言い張るだけで、実際何もわかってないもんな。

そうですよねぇ。
どこか第三者が耐震性などの構造面だけ噛んでくれたら良いのですが。

木造3階建て以上なら構造計算が要るんですよね。デザインとか頼まなくても。
二階建てでもそうしてくれたらいいのに。

31 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 19:18:27 ID:???
>>30
>基本的な間取りは決まっているので
その間取りが既に耐震性のないものだったらどうする?
耐力壁の下に耐力壁がない、柱の下に柱がない。
ひどいものでは1階がビルトインガレージの3階建て木造。

設計とは、間取りを決めることではない。
命に関わる耐震性(構造)を優先的に考えながら、
できるだけ希望の間取りに近づけていくことが重要。

素人設計(デザイナーなど含む)の間取りで構造計算すると、
無理やり耐震等級1(建築基準法ギリギリ)はできたとしても、
そういうものは真っ先に倒壊するし、最悪姉歯モード。


32 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 20:21:27 ID:???
>>28
>工務店に頼んでも、科学的根拠もなく「うちのは頑丈です」
>と言い張るだけで、実際何もわかってないもんな。

それ本当に多い。耐震性のことを聞くと、
オール5寸柱を使っているから耐震性抜群ですとか、
床の厚さが50mmもあるから耐震性抜群ですとか言うけど、

在来工法じゃ、柱が太くても耐震性にはあまり関係ないし、
耐力壁が多くなければ意味ないじゃない?
床も厚ければ良いわけではなく、構造用合板を梁にどのように
釘打ちしているかが大切じゃない?

33 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 22:22:10 ID:???
>>30
>木造3階建て以上なら構造計算が要るんですよね。
そうだけど、ほとんどがギリギリの設計で危険だ。
耐震等級3指定なら別だけど。

建売なんか、構造計算書は提出したらすぐ捨てちゃって、
構造計算書通りに建ててないもんな。
建売買った人、構造計算書もらってないだろ。
他の書類はあるのに。


34 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 23:34:18 ID:???
>>28
つ構造設計事務所

35 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/02(月) 23:49:46 ID:???
・建売・売建(建築条件付売地)は買わないこと。
・セールストークやデザインにだまされないこと。
・耐震等級3の構造計算書により証明されること。
・構造計算書のとおりに建てられること。

36 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/03(火) 10:50:38 ID:???
>>31
>その間取りが既に耐震性のないものだったらどうする?

平屋で部屋の多い間取りなのですが、
でも、それでも心配だからこそ、構造面をチェックしてもらって
直すところは直し、問題がないように設計してもらいたいという希望です。
デザイン・意匠中心ではなく、そうい構造面に特化したような設計のお願いを
出来ないかなぁと言う意味で>>30を書きました。

37 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/03(火) 10:54:26 ID:???
>>33
>耐震等級3指定なら別だけど。

これをどこで頼めるかですね。
図面があっても、その通りやってくれるかはもちろん別の問題としてありますが
とりあえず。

>つ構造設計事務所

あ、構造設計事務所で頼めばいいのですか。
二階建てでも、上で出てた「耐震等級3指定」でって、頼めればいいのですが。

38 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/03(火) 10:55:28 ID:???
今は平屋ですが、こういう頼み方が出来るのなら
2階建てで図面お願いして、あとは大工さんにってことも可能ですね。

39 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/03(火) 22:28:19 ID:???
>>36-38
平屋なら耐震的に有利だから、構造的には耐震等級3はとりやすいと思う。
2階建ては、かなり耐震的に考慮された間取りでなければ、耐震等級3は難しいかも。
3階建ては、1階が相当に壁だらけで、3階が相当に軽いものでなければ、耐震等級3は難しいかも。


40 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/03(火) 22:43:12 ID:???
木造住宅の構造計算費用はだいたい10万円〜20万円。
建築費総額の1%程度だ。
これで構造計算書が100枚ぐらい付いてくる。
家の耐震性能や耐風圧性能を科学的に証明する唯一の書類だ。
将来補修するときや改築するときにも必要な書類だ。
けちるべきものではない。


41 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 21:04:46 ID:???
>>21,24
今どきホールダウン金物を入れないような違法建築物を作る業者も業者だが、
そういういい加減なところに頼むほうも頼むほうだ。

まあ、建築中に気づいてよかったね。
知らずに完成したら、地震でつぶれているところだ。


42 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 21:26:02 ID:???
>ホールダウン金物

N値計算で常識的な設計をしていれば、2階建てで四隅の柱となると、
20kN用ぐらいのホールダウン金物がX方向用に1つ、Y方向用に1つ、
計40kNぐらい必要だな。
他の柱は、開口部の両脇の柱に、10kN〜20kNのものがつくはずだ。

出隅や入隅の柱、T字型部の柱では、X方向用かY方向用の
どちらかしか付けない設計士や工務店もいるみたいだが、
地震ってX方向とY方向別々に来るものでなくて、両方向同時に来るから
ちゃんと両方つけないとだめだ。両方足し算しても1本で済むならいいけど。


43 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 21:43:22 ID:???
>>42
ホールダウン金物ってそんなに必要なんですか?
普通の建物はそんなに入っていないし、耐力壁の量が守られていれば
いいのではないですか?

44 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 22:16:06 ID:???
>>43
耐力壁の強度(壁倍率)は、絶対に抜けないように作られた柱を用いて
専門機関で3回の実験を行い、もっとも悪い結果で決められている。

従って、耐力壁の強度(壁倍率)の根拠は、壁が破壊するまで絶対に
柱が抜けないことが前提になっている。

壁が破壊するより前に柱が抜けかかったりするようでは、所定の強度
(壁倍率)は半分も発揮されない。すなわち、壁量不足となる。

告示1460号の表、N値計算、構造計算によるホールダウン金物の決定は、
壁が破壊するまで柱が抜けないことを保証する。
つまり壁の強度が予定通りに発揮できることを保証する。


45 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 22:44:41 ID:???
>>42
ホールダウン金物は、3階建ての場合はどのくらい必要ですか?


46 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/06(金) 22:53:59 ID:???
>>45
四隅の柱では、35kN用ぐらいのホールダウン金物がX方向用に1つ、Y方向用に1つ、計70kNぐらい。
その他の柱は、開口部の両脇の柱に、15kN〜25kN用ぐらいのがつく。
あくまで参考程度。詳しくは構造計算による。


47 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 00:15:30 ID:vkMEWyyH
良スレage

48 :名無しさん:2008/06/07(土) 00:50:41 ID:ceOSeb0i
不治ハウスの建て方手伝いにいったけど、
ホールダウンの数が半端じゃないよ!

49 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 00:55:46 ID:???
建売程度のものを耐震等級3相当の住宅にするとして、

・構造計算書代(耐震等級3) : 2%up
・構造図代(特記仕様書、基礎伏図、各階床伏図、各通り軸組図) : 2%up
・基礎鉄筋強化代(D10@300mm間隔→D13@150mm間隔) : 2%up
・ホールダウン金物強化代 : 2%up
・筋交い・構造用合板強化代 : 2%up
・釘強化代 : 2%up
 (外壁:鉄丸くぎN50@150mm間隔以下→2×4用太め鉄丸くぎCN50(緑)@100mm間隔以下)
 (床:鉄丸くぎN75@150mm間隔以下→2×4用太め鉄丸くぎCN75(青)@100mm間隔以下)
・外壁の室内側に防湿気密シート(厚さ0.2mm)施工代 : 2%up

たぶん1割〜2割の価格アップでいけると思います。

構造図面もあることだし、釘の色もついているので、
このスレを見ていればチェックは自分でできると思います。

外壁の室内側の防湿気密シートは、耐震性には直接関係ありませんが、
壁内結露を防ぎ、構造用合板を腐らせないようにするために必要だと思います。

予算が厳しければ、内装・外装・設備などのグレードを落とすことも考えられます。


50 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 01:16:44 ID:???
せっかくホールダウン金物つけても、サイズをけちると
下の写真のようにとれてしまい、役に立たないから要注意。
(写真のはビス止め式の15kN用)

http://mokutai-jc.up.seesaa.net/mt2006/ts2005_0924_164.jpg

ちなみにワンランク(5kN)サイズアップしても、
ひとつあたり80円ぐらいしか値段は違わない。

サイズを間違えるのを防ぐ目的でも、全部25kN用ので
統一しておくのが安全かも。

51 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 01:23:46 ID:???
>>50
うわぁ恐ろしい写真。
柱って抜けやすいんですね。
わかりました、ホールダウン金物を強化しようと思います。

52 :名無しさん:2008/06/07(土) 01:24:39 ID:ceOSeb0i
通しのところだけ35Nな!

53 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 01:50:11 ID:???
35kN用のホールダウン金物では、アンカーボルトの埋め込み長さが
520mmぐらい必要なので、ベタ基礎の場合、底板コンクリート打設前に
先にアンカーボルトをセットします。

25kN用のホールダウン金物では、アンカーボルトの埋め込み長さが
360mmぐらい必要なので、基礎高さが450mmぐらいあれば、
底板コンクリート打設後、型枠に固定して正確な位置にセットできます。


54 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 01:59:02 ID:???
>>49
防湿気密シートを施工する業者って滅多にいないですが、
防湿気密シートを施工しておけば、
耐久性や省エネに役立つばかりでなく、
結局耐震性にも役に立つのですね。
これは盲点でした。
まさに一石二鳥。

55 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 02:07:19 ID:???
>>52
通し柱のホールダウン金物も重要だけど、
四隅の柱の方がもっと引き抜き力かかるよ。
四隅は35kNのホールダウン金物じゃ足りないかもしれない。
>>42によると、2階建ての場合40kNぐらいかかるみたいだから、
25kNのホールダウン金物ダブルがよくね?


56 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 02:17:03 ID:???
>>27
がーん。
まさかと思って見に行ったら、
NC50の釘の空き箱が大量においてありました。
色は緑ではなく、黄色ぽかったです。
違法建築物です。
もう打っちゃったみたい。
どうしましょう!?!?


57 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 08:24:19 ID:???
>>56
Wikipediaの「釘」に、書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%98

てゆーか、そのぐらい自分でぐぐれ。


58 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 11:16:57 ID:???
>>57
ちゃんと一級建築士に検査依頼してあるし、
JIOの第三者検査もあるのですが、
結構みんないい加減なんですね。
とりあえず正しい釘で全部打ち直しさせる方向にします。

2chのこのスレのおかげで助かりました。
もう自分の目で徹底的にチェックするしかないのですね。


59 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 11:25:40 ID:???
Wikipediaの「釘」や「ホールダウン金物」の記事は案外しっかりしてますね。
まさに目からウロコです。
釘の太さをノギスで測っている写真は、特に感動しました。
あそこまで検査してくれるところに頼みたいものです。


60 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 15:57:36 ID:???
>>58
打ち直しさせることなんて、出来るんでしょうか?

61 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 16:06:30 ID:???
>>60
既存の違法釘はそのままとし、追加で正しい釘を打つの。
あまり近接して打つと割れるから、既存の釘より少しずらして打つらしい。


62 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/07(土) 16:12:11 ID:???
>>58
所詮、土建屋なんてそんなもんだよ。
特に見えないところなんか、欠陥だらけ。
あれだけ姉歯事件で耐震偽装が発覚した後なのに、
平然と欠陥工事をすすめている。
それを見逃す建築士も検査屋も同類。

痛い目にあいたくなかったら、
このスレを>>1から全部、100回読んで、
自分で勉強して、自分でチェックしなければ、
誰も見てくれないよ。

63 :名無しさん:2008/06/07(土) 23:58:46 ID:ceOSeb0i
35Nダブルでどうですか!合計70N!
見たことない、趣味のせかいだね!


64 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 00:11:13 ID:sliIcCRO
家の平面形状は、正方形か長方形のものが耐震性が高い。
また、家の表面積が少なくなるので、断熱性、防音性なども高く、
価格も安くなるメリットがあると思う。

家の立面形状は、各階同一形状か、上の階ほど小さく
なるものが耐震性が高い。

あと、重くなる浴室や、振動を発生する洗濯機は1階に配置。
ピアノや本棚などの重い家具も1階に配置するのが良いと思う。

65 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 00:30:25 ID:???
>>63
木造3階建ての四隅の柱は、壁倍率4倍程度の耐震壁が3層重なっていると、
本当に35kN用のホールダウン金物が必要になるよ。
X方向とY方向でL字型に耐震壁にしていれば、35kN用ダブルになる。

角をL型に耐震壁で固めた家は、とても耐震性がある。
ホールダウン金物を減らすために、角の壁倍率をわざと弱くした家は、
耐震性がない。

66 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 09:25:08 ID:oLxRwvm2
あまり根拠はないですが、
長方形の総2階建ての家で、
すべての壁にスジカイをタスキ掛けで入れて、
外壁は構造用合板(12mm×910mm×2730mm)をCN50釘(緑)@100mmで打ちつけ、
床は構造用合板(24mm×910mm×1820mm)をCN75釘(青)@100mmで打ちつけ、
ホールダウン金物は全部の柱に25kN用(四隅はダブル)を取り付け、
外壁の室内側に防湿気密シートを施工するようにすれば、
間違えようがないし、セルフチェックもできるし、
構造計算書だの耐震等級3だのややこしいことにこだわらなくても
かなり耐震性の高い家ができるのではと思うのですが、
いかがなものでしょうか?


67 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 10:07:41 ID:???
2階より1階の方が耐震壁の量が多いなら、それは大いにありかも。

「間違えようがないし、セルフチェックもできる」という単純明快な構造方式は、
結構重要だと思う。ツーバイなんかは既にそうなっている。

構造計算書に頼らないで思いっきり安全側に作ることは、
将来法律が改正されたとき(例えばすべての柱にホールダウン義務化とか、
構造用合板の義務化とか、CN釘の義務化とか、壁量割り増しとか)あったときにも
既存不適格にならないし、耐震不足にならなくていいと思う。

いずれにしても今の耐震基準じゃ守ったとしてももたないからね。

68 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 11:18:14 ID:???
http://imepita.jp/20080608/114500

69 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 15:25:32 ID:???
>>66
価格は1〜2割アップ以内で済むと思う。

・基礎鉄筋強化代(D10@300mm間隔→D13@150mm間隔) : 2%up
・ホールダウン金物強化代 : 2%up
・筋交い・構造用合板強化代 : 2%up
・釘強化代 : 2%up
 (外壁:鉄丸くぎN50@150mm間隔以下→2×4用太め鉄丸くぎCN50(緑)@100mm間隔以下)
 (床:鉄丸くぎN75@150mm間隔以下→2×4用太め鉄丸くぎCN75(青)@100mm間隔以下)
・外壁の室内側に防湿気密シート(厚さ0.2mm)施工代 : 2%up

70 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 17:23:37 ID:???
つーことは、
木造軸組最安値で見積もりもらって、上記耐震性補強を1〜2割アップ、
コストも考えればこれが最強だな

71 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 23:04:35 ID:???
何でそういう結論になるのか。

72 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/08(日) 23:11:30 ID:???
>>70
そんならもともとツーバイにして、

・基礎鉄筋強化代(D10@300mm間隔→D13@150mm間隔) : 2%up
・外壁の室内側に防湿気密シート(厚さ0.2mm)施工代 : 2%up

にした方が簡単で頑丈なのでは?

73 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 09:22:01 ID:???
さらに防音仕様も希望の俺は、どうすればいいですか?

74 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 10:49:21 ID:???
防音追求するのにRC以外を選ぶ理由はなかろう

75 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 11:34:42 ID:???
そうですか・・・
RC高いですものね。
2x4でもシートとかで何とかならないかと思いましたが難しいのですね。
ありがとうございました。

76 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 13:15:37 ID:???
RC高いの?
自身を一番に考えて「平屋・25坪RC」で、
中は簡素な家を考えてたんだけど、どのくらいするんだろ?
設備はケチりまくって坪70万、計1750万無理かな?

77 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 19:37:13 ID:CbR/KAy6
>>73-76
壁式RCは耐震性があるけれども、価格がバカ高いし、
地盤補強や基礎工事もすごく大掛かりになる。
その予算ではかなり無理があると思われる。

ツーバイでも、壁の防音性能に関して言えば、
構造用合板12mm + グラスウール24k-90mm厚充填 +
防湿気密シート0.2mm + 石膏ボード12mmを二重貼りで、
RCに近い防音性能が出る。

ポイントは、石膏ボードを重ね貼りにするときに、
つぎ目の位置を幅の半分づつずらして重ねることだ。
これは重いRCが使えない超高層のホテルの間仕切壁などで
採用されている、軽くてな高性能な防音壁の作り方と同じだ。

78 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 19:47:33 ID:CbR/KAy6
それよりむしろ、音漏れの原因は開口部(サッシ・窓等)が圧倒的で、
これはRCでもツーバイでも同様だ。
開口部の面積を、採光等に必要な最小限度にすることは重要だ。

サッシの種類は、引き違いのものは、締め切っても
戸車のある上下に隙間があって、音漏れが激しいのでだめだ。
一方、片開き式の窓は、車のドアと同様に、閉めたときにサッシ同士が
完全にゴムをはさんで密着するので、大変防音性が高い。

ガラスは、単に複層にするだけでは効果がない。外側6mm厚、内側3mm厚
のように、厚みを異なるものにしておくことと、中間の空気層はなるべく
厚めにとることが重要だ。防火の都合上、網入りガラスを使うのなら、
自動的に1枚は6mm厚のものを使うことになる。

また、換気扇や給気口は、防音仕様の製品を選ぶ。

これで、耐震性と防音性の高い家が、2割アップぐらいでできると思う。
さらに石膏ボードが二重になっているので、準耐火構造が得られる。

79 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 20:26:55 ID:???
>>77
凄いな。出来ることなら私の将来建てる家の設計と施工をお願いしたい。
設計だけでも頼めないかな。

80 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 20:30:23 ID:???
>>78
なるほど。サッシは二重窓を考えていたけど

>片開き式の窓は、車のドアと同様に、閉めたときにサッシ同士が
>完全にゴムをはさんで密着するので、大変防音性が高い。

これは目に鱗。
片開きで二重にすればかなり良さそうだね。
このスレ参考になるなぁ。
本当に77氏や78氏のお世話になりたいよ。
石膏ボードの二重張りも、両氏共通して指摘してるから絶対やりたい。

81 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/09(月) 21:48:25 ID:CbR/KAy6
それから書き忘れたが、防音性を求めるなら、
外周壁の室内側に電気のスイッチやコンセントを付けてはだめだ。
これらを取り付けることは、せっかくの防湿気密シートや二重石こうボードに
大穴を開けることになり、そこから音漏れを起こし、防音性を低下させる。

電気のスイッチやコンセントは、防音性の必要ない室内間仕切壁のみに
付けるとよい。どうしても外周壁の室内側に必要な場合は、
壁内埋め込み式のものではなく、壁表面に後付式のものを採用するとよい
(出っぱってしまってかっこ悪いが)。

こういうところは、いくら設計図に書いても、設備屋や電気屋が勝手に
穴をあけてしまうので、そういうトラブルのないよう、予め設備屋や電気屋
と打ち合わせをして、文書で確認しておかないとだめだ。

ちょっとスレ違いだが、大切なことだからご了承を。

82 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/10(火) 02:55:04 ID:???
予算関係なしで耐震重視の木造二階(or三階)ならどう設計しますか?

83 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/10(火) 07:11:56 ID:???
>>82
構造計算書付き耐震等級3の枠組壁工法(2×4)。
かつ住宅金融公庫フラット35仕様のものを指定。
家の形は、長方形総2階or総3階で、耐震壁の下には耐震壁あり。
ビルトインガレージと1階に巨大すぎるLDKは禁止。
べた基礎で基礎鉄筋D13@150mm縦横共。
釘は当然2×4用太め鉄くぎCN50(緑)・CN65(黄)・CN75(青)・CN90(赤)。
外壁室内側に防湿気密シート0.2mm施工。

あとは欠陥工事されないように
このスレを>>1からよく読み、自分でよーくチェックしに行く。
勉強のため、Wikipediaの「枠組壁工法」をよく読んで覚える。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E9%80%A0%E6%9E%A0%E7%B5%84%E5%A3%81%E6%A7%8B%E6%B3%95

84 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/10(火) 08:36:25 ID:???
>>81
これも重要な指摘ですね。
ありがとうございました。

85 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 11:03:45 ID:???
>>77
>つぎ目の位置を幅の半分づつずらして重ねることだ
2重貼りにしたら黙ってても千鳥に貼るだろう 普通


86 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 12:15:17 ID:???
頭の良い俺は 2枚重ねて打てば早いのにって思ってました・・・・・

俺って 普通じゃないのね?・・・・・・・・・orz

87 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 13:46:21 ID:0wM092m5
だけど、二重にする時の取り付け方やの打ち方ってどうなるの?
上読むと耐震壁としても石膏ボードを使って強度を持たせるという
ことのようだけど、二重にすればそれは無効になる?

88 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 14:15:36 ID:???
>>87
間柱を規定サイズ以上・継ぎ手部胴縁を規定サイズ以上の胴つなぎにすればいい
告示1100号
http://apple.webdos.net/~prearch/news/houreisyuu/kokuji/S56-1100.html

ただ
一 別表第1(い)欄に掲げる材料を、同表(ろ)欄に掲げる方法によつて柱及び間柱並びに
はり、けた、土台その他の横架材の片面に打ち付けた壁を設けた軸組
だから↓が正解

240 名前: (仮称)名無し邸新築工事 [sage] 投稿日: 2008/06/06(金) 19:43:16 ID:???
>> 239
所定の釘を所定ピッチ以下で打ち込み更に
本来耐力壁部材として加算するのなら面剛性だから横架材
(土台・梁又は梁・梁に渡り)に力を伝達するように施工し
且つジョイント材も所定の材寸の部材を使用したらの話だと思うが。

壁内通気と床納まりと考えると嘘になるので俺は加算しない。


89 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 16:26:19 ID:jCp0QFiT
コレだな
http://www.aluminum.or.jp/alken/katudo/project_topics/history.htm
http://www.aluminum.or.jp/alken/jiseki/index.htm
http://www.aluminum.or.jp/alken/index.htm

90 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 21:34:51 ID:???
>>88-89
なるほど
難しそうだね
うちの大工さんには無理そうだw
サンクス

91 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 23:29:29 ID:???
石膏ボード二重貼りは、耐震性というよりは、
耐火性や防音性を高めるものだと思うが、
1枚目と2枚目を別々にずらして貼るのなら、
少なくとも1枚目は通常の貼り方をされるので、
1枚分の強度は考慮してもいいと思う。
2枚目は、釘が木材にあまり届かなくなるので、
考慮してはいけないと思う。

俺は、木造軸組の場合は、石膏ボードは、つぎはぎ
だらけになり、上の辺と下の辺に釘も打てないので、
耐力壁に加算しない。枠組壁工法の場合は、普通の
構造用合板と同じく、3×8尺の石膏ボード1枚もので
下から上まで枠組に釘打ちできるので、特記にそう
作るように書いて、壁倍率1.0として加算している。

92 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/13(金) 23:52:47 ID:???
耐力壁の仕様と壁倍率について、
木造軸組工法は告示1100号、
枠組壁工法(2×4)は告示56(1540)-1541号、
となっていてそれぞれ違うから注意ね。

枠組壁工法の耐力壁の仕様と壁倍率は、Wikipediaに載ってるよ。


93 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/14(土) 00:11:25 ID:???
>>82-83
予算が無制限の木造なら、ツーバイで
全部の壁を両面構造用合板貼りの上に石膏ボードずらし貼りにすれ。
壁倍率全部6倍!!(2枚目の石膏ボードは加算しないで)
筋交いなし。面材のみだから粘り強くて安心。

防湿気密シート(0.2mm)は、室内側の構造用合板と
石膏ボードの間にはさみこめば、壁内結露も防げる。

94 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/14(土) 09:13:27 ID:???
また地震あったな。恐すぎ。
100万やそこらの加算で上のような家が造れるのなら絶対そうしたい。

>>93
詳しく!

95 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 04:48:22 ID:???
より耐震を望むらなら2×6の方がいいのでは?

96 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 09:23:36 ID:???
>>93
このさい予算無制限なら、
耐震性最強の「壁式鉄筋コンクリート造」の長方形の総2階or総3階はどう?
防火シャッターをつければ火災旋風が起ころうとも
びくともしない。

97 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 09:29:35 ID:???
>>94
100万円程度アップという予算制限があるなら、
>>72の仕様がもっとも効果的に耐震性をアップできると思う。
木造軸組がよければ
>>49あたりの仕様が参考になるかも。
どちらにしても、チェックは誰もしてくれないから、
このスレやWikipediaなどをよく読んで、自分でチェックをこなすことが重要。


98 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 09:40:47 ID:???
>>95
阪神や新潟中越などの地震の被災結果を見ても、
同じ家をつくるなら、
木造軸組よりも2×4や2×6の方が
強かったことは確か。

ただ、2×6では、壁が厚くなるので断熱性や
鉛直荷重に対する強度は上がるが、
地震に対する耐力壁としての性能はあまり変わらない。

結局耐震性は、構造用合板を打ち付けている
釘の本数、釘の太さ、釘の長さなどに大きく左右される。
具体的には>>17>>20を。


99 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 10:39:37 ID:bKrM2eqG
今回の地震は0.1〜3%しか起こらないと予想される地域で発生しているな。
その他の主要都市は軒並み6%〜26%か26%〜100%の色で塗りつぶされている。
要は日本全国どこにいても地震からは免れないということだ。

http://www.j-shis.bosai.go.jp/

それをわかってて、
わざわざ耐震性の低い建売や売建の家を買ってみたり、
設計時に耐震等級3指定で構造計算をしないで建てているのは、
いかがなものかと思う。

さらにホールダウン金物を減らしたり、細い違法な釘を使ったり
する業者、それを平然と見逃す検査会社は、人の命をなんだと
思っているのか。

100 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 17:47:33 ID:0+jFsbnc
スレ違いでしたらすみません

夫の親族所有の築1983年、1階部分が駐車場のマンションに住むよう
強く言われているのですが・・・
1階部分が駐車場のマンションて、耐震性が低いんですよね?
新しいマンションならともかく、1983年建築・・・

一般的にどうなんでしょうか?

101 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 17:58:11 ID:???
>>100
新耐震以降だろう
よっぽど変なところが施工してない限り大丈夫だよ
1983年も今も基本的な基準は同じ

102 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 18:50:32 ID:0+jFsbnc
>>101
ごめんなさい、築1980年でした
新耐震前だと思います。
義母が管理組合の理事なんですが、
さすがに聞けず・・・

103 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 21:06:54 ID:???
>>100,>>102

新耐震だとしても、無等級物件では>>12の示すようにだめだ。
旧耐震で1階が車庫じゃ、なおさらだめだ。

次のビデオは、鉄筋コンクリート6階建ての阪神大震災(神戸波)実大実験。
1階は車庫になっておらず、頑丈に建てられた新品の建物で、
だいたいこのぐらいの壊れ方をする。

ttp://www.bosai.go.jp/hyogo/img/dougafile/20060113.wmv

104 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 22:21:26 ID:???
2X4二階建ての屋根が軽量と、どっちが耐震性あるかな?

105 :100:2008/06/15(日) 22:36:38 ID:0+jFsbnc
ご回答くださった方々ありがとうございます
特に映像は参考になりました

旧いだけなら構わないのですが
耐震性を考える義母所有のマンションで暮らすのは
かなり気が引けます・・・

義母とは気まずくなるかもしれませんが
別の場所に家を購入しようと思います。ありがとうございました

106 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/15(日) 22:45:22 ID:???
>>104

次のビデオは、枠組壁工法(ツーバイフォー)3階建ての阪神大震災(神戸波)実大実験。
1階は車庫になっておらず、頑丈に建てられた新品の建物で、
だいたいこのぐらいの壊れ方をする、というか、どこも壊れていない。
2階建てならさらに有利であろう。

ttp://www.2x4assoc.or.jp/quality/earthquake/earthquake_img/two_by_four_480.wmv

107 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/16(月) 07:58:03 ID:???
いまは実物がどういう動き方をして、何が起こるのか、現物の映像を見て
イメージ作れるからいいよな。
数字と図面だけから壊れ方を想像するのは、凡人には無理だったからね。



108 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/16(月) 16:58:58 ID:???
>>106
ツーバイフォーの宣伝乙

109 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/16(月) 17:02:19 ID:???
ツーバイフォー工法
http://pict.or.tp/img/61737.jpg

110 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/21(土) 21:36:27 ID:myEVW4g/
2x4でFA?

111 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/23(月) 16:44:06 ID:SV7gLbg+
RC

112 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/23(月) 21:13:22 ID:???
レンガ

113 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/23(月) 23:39:08 ID:???
RC(鉄筋コンクリート)は頑丈だけれども、
もともとが自分の重みでつぶれかかっているような構造だから、
極力低層で、耐震壁を相当に多く設けないとすぐつぶれちゃう。
壁式鉄筋コンクリート造2階建てぐらいならかなり良いかも。

やはり「軽くて頑丈」なのは2×4になるのかな。


114 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/23(月) 23:55:10 ID:???
実験は地形が変わることは想定していないから、
基礎はうんと強固にしておかないとだめっぽい。
もうFc=30N/mm2のコンクリートで、鉄筋はD16@100mm間隔
のベタ基礎にしてみてはいかがだろうか。
そもそも震度7は地形が変わることが前提じゃなかったけ?


115 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/24(火) 00:10:53 ID:???
耐震性を求めるなら、
最低1G(980gal)の水平加速度には耐えられる必要がある。

家を基礎ごと90度横倒しにして、
さらにそのまま家をタイヤのように360度転がして、
また家を水平に戻すことを想像する。

これで無傷ならばOKだが、
途中で柱が抜けてバラバラに分解してしまうようでは
耐震性が高いとは言えない。

ちなみに、阪神では800gal〜1500gal,新潟中越では1500galが
記録されている。


116 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/24(火) 02:21:47 ID:???
>>110
2×6がよりいい

117 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/24(火) 12:27:33 ID:???
RC>>>>>>>>>2x4くらいで考えればよろしいかと

118 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 00:26:10 ID:???
>>117
アホか?

119 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 06:36:47 ID:UrsvY9w1
そもそも 基礎と土台をアンカーで固定することがよくないんじゃない?
ホールダウンなんか役にたたん。

120 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 07:58:33 ID:???
へ? 基礎から土台が浮いたらおしまいだよ

121 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 09:34:01 ID:???
こんな免震は想定外ですか?
http://www.airmenshin.jp/

122 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 11:08:48 ID:UrsvY9w1
>>120
浮かないように瓦を重く

123 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 20:55:42 ID:???
>>122
それ逆効果

124 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 21:44:48 ID:UrsvY9w1
そっか?
西岡棟梁が言ってたから 間違いない

125 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 22:20:23 ID:nzvo8geq
常一の言うことは根拠のないデタラメ。

126 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 22:39:17 ID:???
>>119
基礎と土台を固定するのは土台用アンカーボルトM12じゃなくて?

ホールダウン金物は、あくまで柱の引っこぬけ防止用だよ。
だから1階柱脚と基礎だけの接続だけでなく、1階柱頭と2階柱脚の接続、
2階柱頭と3階柱脚の接続、3階柱頭と最上階梁の接続にも使われる。
阪神大震災では、新築でもホールダウン金物のないものは
見事に柱がひっこぬけて倒壊していたではないか。

AllAboutだと「基礎にしっかり固定するための接合金物で、
住宅の四隅に取り付けるボルトのこと。」と嘘の説明しているけど、
Wikipediaの説明は正しいよね。


127 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 22:47:59 ID:???
>>122
耐震性なら屋根は軽いほうが良い。
構造計算してみればすぐわかる。
重い屋根を使うなら、それなりに多くの耐震壁が必要となる。
かわいそうなことに、雪の重みはそれ以上だから、
多雪地域では、さらに多くの耐震壁が必要となる。


128 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/26(木) 22:55:13 ID:???
自宅がつぶれたら、避難する場所ないじゃん。

小中学校1万棟が震度6強で倒壊の危険、文科省調査
ttp://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20080623/523749/

129 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/28(土) 21:44:31 ID:???
大抵 田舎の公民館 体育館は潰れ無い!!

130 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 02:35:47 ID:???
公民館 平屋で新しいものが多いからか?

131 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 07:57:35 ID:???
すまん 書いてから思ったが 公民館は空間でかいから 無理かも知れんわ
新しいけりゃ多分大丈夫だろうが 予算不足で古いのが多いし・・・・


在来の木造住宅は 間仕切りが多く柱、壁が多い 倒壊と言う観点からすれば
今のはしないと思う (修理は必要になるだろうが)

132 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 08:42:09 ID:hWjX76mP
基礎ゴム
制震テープ
http://www.starcox.co.jp/index.html
http://www.ibrain.jp/tape/index.html

↑使ってる人居ませんか?

プロの方から見て 効果の程はどうでしょうか?

133 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 16:53:14 ID:???
>>127
神社の瓦葺きの水屋に壁が無い事について 見解を・・・・・・・・  

134 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 21:44:21 ID:???
>>133
水屋や社寺は、たいてい木造軸組工法ではないから、
根本的に抵抗の仕方が異なる。

Wikipediaの木構造(建築)を読むと、
伝統工法の部類に入ると思うが、
そうすると、耐震性は、接合部のめり込み抵抗によって
確保していることになる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%A7%8B%E9%80%A0_(%E5%BB%BA%E7%AF%89)

伝統工法でも、普通の構造計算よりさらに高度な
「限界耐力計算」をして強度を求めることはできるが、
木造軸組工法や2×4などの、耐力壁による抵抗方式に比べると
耐震性は低くなりがちだから、平屋程度が限度だと思う。

135 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/29(日) 22:01:51 ID:???
>>131
>在来の木造住宅は 間仕切りが多く柱、壁が多い 倒壊と言う観点からすれば
>今のはしないと思う (修理は必要になるだろうが)

むしろ今のは、1階にビルトインガレージをつけたり24畳のLDKを設置したりと、
ますます柱や間仕切壁が1階に少なくなっている傾向にあるから、
1階部分がつぶれる可能性が非常に高くなったともいえる。
建築基準法は守ったとしても、>>1>>7>>8の言うとおり、
なかなか安全とは言いがたい。

136 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/06/30(月) 07:33:59 ID:???
ガレージは施主でも理解出来るだろうし
24畳間だと普通 屋根ガルバじゃない?
それにかなり少数派だろうし・・・・・



しかし伝統工法と 木造軸組み工法が別物って解釈は知りませんでした・・・・orz


137 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/01(火) 05:48:31 ID:???
>>Wikipediaの木構造(建築)を読むと、
伝統工法の部類に入ると思うが、
そうすると、耐震性は、接合部のめり込み抵抗によって
確保していることになる。


叔父が大工さんなんだけど なんかギャップを感じます・・・・・・
めり込みって? 摩擦抵抗とか物理的に抜けない継ぎ手とかじゃないんですね
ウッキーって正しいの?


水屋って参拝前の手を清める所ですよね 
四方転びの柱 神社の鳥居を2つ組み合わせた様な形は
柱自体が筋交いの役目も果たしてる 
壁は無いけど桁と柱がよじれない様に
桁の下に間を空けてもう一本桁が入っている


耐震の建物ではなく (軒付近を手で押しても揺れる)
ヤジロベエとは違うけど 揺れながらバランスを取ってる感じ


素人の考えです 失礼しました 

138 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/01(火) 20:43:02 ID:???
長方形でも台形でも、
立面的に四角形の骨組みなら、地震力を受けると
骨組みが変形して接合部の角度が変わろうとするよね。

接合部が貫通接合なら、接合部の角度が変わったときに
柱に貫材がめり込みながら抵抗して、元の形に戻ろうとする。
あまり力をかけすぎるとめり込んだまま戻らなくなるけど……。
もちろん貫材が抜けないように十分摩擦していることも大切。

木造軸組のように点タッチの接合だったら、めり込み抵抗は
全くしないから、筋交いや構造用合板が必要になるわけだ。
しかも抜けるから、ホールダウン金物も必要になるわけだ。

139 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/03(木) 06:57:19 ID:???
おはようございます

なるほど 貫みたいに貫通した部材があるか 無いかの差なんですね

判り易い解説ありがとうございました

140 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/05(土) 21:02:18 ID:pO9v2Khl
枠組壁工法(ツーバイフォー)は耐震性、断熱性、防音性などの点で
非常にコストパフォーマンスに優れた庶民的な工法だと思います。

特に耐震性については、阪神淡路大震災のとき、新耐震基準を守ったと
思われる新築に近い木造軸組工法の住宅さえも倒壊か損傷していた
のに対し、ツーバイフォーのものは新しかろうが古かろうがほとんど無
被害であったと記憶しています。

その理由は、建物全体が耐力壁や剛床で完全に一体化されており、
地震荷重を接合部などに集中させず、全体に分散して受け止める効果が
あるからだと思います。

構造用合板が腐らないように、特類を使うのは当然として、屋外側には
透湿防水シート、室内側には防湿気密シートをきちんと施工して、
構造用合板が濡れたり湿気を吸い込んだりするのを防げば、
かなり耐震性の高い家が普通の価格でできるものと思います。

141 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/05(土) 21:04:37 ID:pO9v2Khl
壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)も、ほとんど無被害であったと記憶し
ています。新築の10階建てビルの柱と梁がヒビだらけになって大破して
いる横で、旧式の3〜5階建ての壁式鉄筋コンクリートが無被害だったの
は印象的でした。

これも同様に、建物全体が耐力壁や剛床で完全に一体化されており、
地震荷重を接合部などに集中させず、全体に分散して受け止める効果が
あるからだと思います。

ツーバイフォーに比べると予算はかさみますが、壁式鉄筋コンクリート造
もかなり耐震性の高い家できるものと思います。

142 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 15:05:13 ID:???
>>140
>枠組壁工法(ツーバイフォー)は耐震性、断熱性、防音性などの点で

防音性もいいの?

143 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 15:46:59 ID:???
>>142
通常の木造軸組工法の住宅と比べれば、格段に隙間が少なく
気密性が高いから、音漏れも少なく、防音性はかなり良いと思う。
RC並みとは言わないが、>>77>>78のような工夫を施すことによ
り、より高い防音性を確保することもできる。

ちなみに親戚の家がツーバイだが、ピアノを弾いてもほとんど外に
漏れていないのには驚いた。

ちなみに、耐火性についても、RC並みとは言わないが、やはり
>>77>>78のような工夫を施すことにより、準耐火建築物は
簡単に作れるし、耐火建築物を作ることさえも可能である。


144 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 15:54:39 ID:???
近隣トラブルの第一原因が音の問題であることを考えると、
防音性は、耐震性や断熱性に並んで重要なファクターだな。

145 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 16:10:52 ID:???
>>132
>基礎ゴム
>制震テープ
>プロの方から見て 効果の程はどうでしょうか?

効果はほとんどないと思います。
それぞれ普通の基礎通気スペーサー、粘着テープと考えておけばよいでしょう。
免震や制震効果を期待するなら、少なくとも
ブチルゴムと鋼板を交互に積層したようなものが必要になります。

また、木造住宅では建物荷重が軽いため、免震の効果はあまり期待できませんし、
粘性減衰も10%近くあり大きいため、制震の効果はもともと備えています。
むしろ足りないのは固さや絶対的な強度であり、構造用合板や釘や
ホールダウン金物を強化する方が、はるかに安くて効果的だと思われます。


146 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 16:27:28 ID:???
>>140
阪神淡路大震災はあまり知らんが、新潟中越地震の激震地区ともなると、
木造軸組とツーバイの差はかなりはっきりしていた。
いずれも丈夫に建てられていたもので倒壊はしていなかったが、
木造軸組は開口部の四隅が割れ、サッシが脱落していたが、
ツーバイは何ともなってなかった。

木造軸組の方は修理したほうが安いか建て替えたほうが安いか微妙だが、
要はいくら耐久性を追及しても、根本的に耐震性が低ければ意味のない
ことだと思ったのには、>>1に激しく同意。


147 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 17:26:51 ID:???
>>143
ほーほー。参考になるわ。

148 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 19:47:55 ID:???
ツーバイは 軽量屋根がほとんどだからね
構造的 というより屋根の差がそのまま出たよな気がするけどな

構造用合板 制震テープの効果無いなら
釘で細かく打つより ボンド付けてやった方が良くない?




149 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 19:58:32 ID:???
家の耐震性がどうのこうのと言う前に
地盤がどうかが一番大事です。

150 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 20:18:35 ID:???
先祖伝来の 宅地を今更どうしろと?

151 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 20:46:42 ID:???
>>148
>釘で細かく打つより ボンド付けてやった方が良くない?

新築直後ははっきり言ってボンドベタ塗りが最強なことは確か。
しかし、いわゆる酢酸ビニル系の「木工用ボンド」は耐久性が低く、
ちょっとした水濡れ、湿気などでもすぐに無力化してしまう。
やはり屋内工作物用なのである。

特類の構造用合板のように、木材と木材をフェノール樹脂系の
接着材で長時間熱圧接着することができれば、それなりの耐久性が
出るが、それは工場でなければ不可能な話。

そういうわけで、構造用合板の貼り付けは、釘打ちが
耐久性・耐震性・コストパフォーマンスなどを総合的に見て最も良い。
ただ、細い釘使った欠陥住宅や、釘がめりこみまくっているいう欠陥住宅が
あるので、釘だとしても厳重な検査と注意は必要だと思う。
釘については、>>20, >>23, >>27が参考になる。

152 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 21:02:23 ID:???
>>149, >>150
もちろん地盤が良いに越したことはないが、
地盤が軟弱(地耐力30kN/m2)な場合、
基礎はベタ基礎とし、コンクリート強度30N/mm2、
厚みは少なくとも150mm以上、鉄筋はD13@150mm間隔以下にする。

さらに、特に海沿い、川沿い、低地など著しく地盤が軟弱(地耐力20kN/m2)
な場合には、杭打ちも必要になる。
具体的には、直径130mmで長さ7mの鋼管を、1820mmピッチで突っ込んで、
鋼管内部にコンクリートを詰めれば、たいてい木造住宅程度なら支えられる
と思うが、揺れも激しいので、建物本体も、通常の住宅の1.5〜2倍程度の
耐震性が必要となる。

いずれにしても布基礎は、地形の変形に弱いのであまり勧めない。


153 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/06(日) 21:13:16 ID:???
自分が住んでいるところの地盤については
「地震のゆれやすさ全国マップ」
ttp://www.bousai.go.jp/oshirase/h17/yureyasusa/index.html
がとても参考になる。
PDF形式で、都道府県ごとにかなり細かく地盤のよしあしが色分けされている。

154 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 03:07:23 ID:???
制震テープの会社って フランチャイズ化してるから
加盟してる工務店もそれなりにある
出来れば実際に採用してる会社
住んでる人の体験談が聞きたいんだけどな・・・・・・


>>「木工用ボンド」は耐久性が低く・・・・・・・・・

根太ボンドではいかがか?

155 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 07:20:12 ID:???
制震テープって、もともとは人工芝固定用の、
水中でもくっつく普通のブチルゴムテープのことでしょ。

それを、オーディオ機器の下に敷いて、トランスやコンデンサなどの
発する微振動を吸収して、音質向上させるとかいう使い道はあるけど……。

地震のような大きな振動を吸収させるものではないんじゃない?
まあ、どこに使おうが、儲かれば勝手ではあるのであるが。


156 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 12:33:04 ID:???
>>152
自分の所は、大きなトラックが外を通っただけで、振動するからなぁ。
地盤弱そう。ガクブルだよ。
今更杭を打つわけにもいかないだろうし。

157 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 20:34:32 ID:???
大きなトラックは普通でも多少は揺れるでしょ。
うちは乗用車が通っただけでも揺れるし、風でも揺れる。

158 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 20:57:08 ID:???
素人の見解なれど・・・・・・・

能書きは 大きい地震後 合板の釘が緩んでも 貼り付いて抵抗すると書いてある
でも実際は 釘が緩む以前から効果があるんではなかろうか?

合板と梁をじかに接して多数の釘を打つと 釘だけの摩擦の他に 板と梁との面でも
摩擦が起きている
(板切れを釘一本でビシッと止めた状態)

釘が少し浮くとこの摩擦が無くなる 
 (ちょっと動き出すと板がクルクル回る状態)

制震テープが間にあるとこの摩擦は働かない 
(柔らかいゴム状のテープが極僅かに動くから)

この微妙に動く状態が大事なんだと思う 

他の制震装置見たいに はっきり大きく動く物では無く 
僅かだが全体で動くので 多少粘りが出る感じ


159 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 21:17:31 ID:???
続いて 基礎ゴムだが
たった3層だが積層ゴムには成ってたんだな

これも理屈は同じ 正直言ってどちらも これ一つで 
免震です 制震ですって程の効果は出ないのは判るが
この2つはどちらも それ程高く無かろうと・・・・・・

揺れをゼロにするって訳じゃ無いのよ
誰にでも手が届く位の金額アップで 被害が低く成れば良いって事
使って 仮に10%でも揺れを吸収出来たら より大きな地震に耐えられる
同じ地震でも 被害が減る

今までの耐震のみの考えだと 家財道具や人体への衝撃は緩衝出来ない

普及出来てこその 防災住宅だと思う訳だが・・・・・・・・・・ 

160 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 21:24:43 ID:???
たかが10%かも知れないが 大きな地震で
 あとプラス10% あるか無いかは 大きいと思う訳です
(本当に10%減るかは判りまへん この辺が素人の悲しさでんがな・・・・・・・)



>>156,157 そう大型トラック通過で揺れない地盤は 日本には無いかもね


161 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/07(月) 21:48:26 ID:???
書き忘れたが 私はゴム製品の営業マンでは無いのでよろしく!

あんなコンセプトで 『安くて 効果のある』
 製品の開発は出来ない物か って事です




>>134  平屋程度が限度だと思う。

一応親戚が 在来の大工さんなので(70過ぎても 今だ現役!)
伝統工法の応援を少し・・・・・・

大きな寺院だと 軒先で3階建て位の高さがある(らしいけど 住居では無い)
幕末の池田屋は 階段落ちが有名だが多分2階建て
金閣寺、銀閣寺も確か2階建て 

時代劇では結構2階建ての建物が出てくる
しか〜し 耐震性は低かったろう 江戸時代は火災が多く 
焼けてもすぐ建てられる 安普請が多かったろうから・・・・・・・・




長々と失礼しました   素人の笑い話だと笑って許してね    

162 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/10(木) 23:43:30 ID:Y6SYzrj2
地震の加速度

建築基準法レベル(耐震等級1):約200galまで、それ以上は損傷。
建築基準法レベル1.25倍(耐震等級2):約250galまで、それ以上は損傷。
建築基準法レベル1.5倍(耐震等級3):約300galまで、それ以上は損傷。
兵庫県南部地震・神戸海洋気象台:最大818gal
新潟中越地震・十日町:最大1750gal
岩手宮城内陸地震:最大4000gal(推定)

建築基準法がいかに頼りない耐震強度しか保証していないかがわかる。
こんな基準じゃ守っていても倒壊するのも無理はない。
もっと耐震性の高い家を作るべきだ。

163 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/10(木) 23:50:59 ID:???
>>103 (鉄筋コンクリート(RC)6層ラーメン構造)
>>106 (枠組壁工法(2x4)3層構造)
実大実験のビデオはとても参考になるけれども、
新品で、欠陥なしのもので実験しているし、地形の変形も考慮していないから、
実際の家では、もう少し大きめの被害になるのではないかと思う。


164 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/11(金) 00:04:10 ID:???
耐力壁の靭性も考慮した耐震性能、参考までに。

↑弱い
すじかい45mm×90mm
石膏ボード12mm厚、釘打ちGN40@100mm間隔
ダイライト12mm厚、釘打ちN50又はCN50@100mm間隔
構造用合板(特類)12mm厚、釘打ちN50又はCN50@100mm間隔
↓強い

すじかいは大地震ではあまり役に立たない。

165 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/11(金) 22:43:17 ID:???
小幅板斜め貼り合わせ面材はさらに強くて粘る

166 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/11(金) 22:58:35 ID:???
>>164,>>165
釘をN50→N65,又はCN50→CN65にワンランクアップすれば
さらに強くて粘る。
釘打ち大変そうだが。

167 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/12(土) 01:26:33 ID:???
筋肉が鍛えられて太くなるように、損傷を受けるたびにより強くなる、超回復耐力壁が開発されれば最強。
もちろん地震地帯の家はどれもムキムキになってしまうが。

168 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/12(土) 21:35:57 ID:???
>>163
そりゃそうでしょ、
とくに下なんてモロに宣伝じゃね?

169 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 09:22:41 ID:???
>>168
そのような気もするが、過去の地震にかんがみて、
2×4が、木造軸組工法やRCラーメン構造に比べ
圧倒的に強かったのは確かだから、
あながち間違ったことは言っていない。
どこかのメーカーを推奨しているわけでもないし。

特に、木造軸組工法は、新しいものでさえも、
柱が土台や梁から抜けて倒壊ないし大破したものが多かった。
スジカイも折れたり抜けたりして役に立っていなかった。
全ての柱の上下にホールダウン金物を付けて、
スジカイの代わりに構造用合板で2×4と同じ仕様で固めれば、
2×4並みの強度は出るかもしれないが(謎)。

170 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 09:43:56 ID:???
一時期、木造軸組工法の実大実験のビデオもいくつか流れていた
ときがあったが、そのすべてが、ことごとく倒壊するタイプ
のもので、いつの間にかなくなってしまった。
恐らく、木造軸組派の人から、あんなビデオを流されては
木造軸組を選ぶひとがいなくなってしまうから消してくれ
みたいな苦情が出たのであろうか?

今ある木造軸組工法の実大実験としては、次のものがある(阪神大震災)。

ttp://www.tatsumi-web.com/hp/zairyou/video/video3.wmv

ただ、これは思いっきりT社のテックワンP3金物の宣伝ビデオだから、
その点は多めに見ておく必要がある。
あと、倒壊はしていないものの、1階部分があんなに激しく変形したのでは、
実際には外装・内装・設備ともボロボロになるのではないかと思う。

171 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 10:04:54 ID:???
2×4って比較的 安価な住宅が多い = 屋根はコロニアルが標準

構造が強いのでは無く 屋根が軽いから壊れない
(耐震では屋根の重さはかなり重要な要素)


古民家などの伝統工法と 在来工法はもはや別物になっている様だが
伝統工法の場合は 揺れながら力を受け流す感じ 
重い瓦葺きや萱葺きが前提だった昔は これが理想だったはず



固めて丈夫になるなら 高層ビルでも 東京タワーでももっと固めなさいよ
揺れてちゃあぶないよ (笑) 


172 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 10:05:21 ID:???
ちなみに鉄骨ラーメン構造(4階建て)のもの(阪神大震災)実大実験。

ttp://www.bosai.go.jp/hyogo/img/dougafile/20070927steel100-w.wmv

1階の柱が座屈して見事に倒壊し、倒れ止めにもたれかかった。
もし溶接部の不良などがあれば、もっとひどく壊れると思う。

173 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 10:38:01 ID:???
>>171
>2×4って比較的 安価な住宅が多い
マジレスすまぬが、同仕様であれば、
2×4って、木造軸組みに比べれば価格は同等か1割程度高いぞ。
むしろ木造軸組みで高いものは和室造作などに金がかかっている場合が多い。

屋根が軽いことは重要だが、いまどきの木造住宅は工法によらず軽量屋根が
多いし、2×4で重いのを使っている某ハウスメーカーもある。

それから東京タワーみたいな鉄骨トラス構造はもともと十分に固いわけで……、
あの細長さで固くなかったら展望台が風で揺れて仕方ないだろう。
高層ビルは鉄骨ラーメン構造が多く、鉄骨トラス構造に比べればやわらかめだが、
木造なんかに比べれば何十倍も固く、そもそも次元が違う。

というわけで、固めるのが効果的なのは木造軸組工法と2×4、あと
壁式鉄筋コンクリート造か。伝統工法については、もともと
やわらかく作ってエネルギーを吸収させるのが目的だから、
固くすると逆効果となる。

174 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 10:52:57 ID:???
筋交いより面材が良いのはわかるが、
外壁が構造用合板は良いとして、
内壁が石膏ボードだけでは強度的に不安だ。

特に在来工法では石膏ボードの上辺と下辺に釘打ちができず、
層変形を効果的に防ぐことができない。
ここのところが在来工法とツーバイの強度差の一因に
なっているのかもしれない。


175 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 11:23:18 ID:bPtHqRuQ
>>1
>家を建てたいと思うけど、建てるならやはり地震に強い家を建てた
>い。1割か2割アップの建築費では建たない?

>>49>>72あたりの意見を拝借して、
・構造計算書代(耐震等級3以上) : 2%up
・構造図代(特記仕様書、基礎伏図、各階床伏図、各通り軸組図) : 2%up
・工法はツーバイで、形状は長方形の総2階建て
・基礎鉄筋強化代(D10@300mm間隔→D13@150mm間隔) : 2%up
・外壁の室内側に防湿気密シート(厚さ0.2mm)施工代 : 2%up

というのがいちばん現実的だとおもいます。
それに、これならセルフチェックもできる範囲ですし。


176 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 13:28:59 ID:???
・>構造計算書代(耐震等級3以上) : 2%up
・>構造図代(特記仕様書、基礎伏図、各階床伏図、各通り軸組図) : 2%up

これ、本当にそのくらいのUPで書いてもらえないかな?
どこに頼めばいいの?

177 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 13:40:43 ID:???
外壁の室内側に防湿気密シート(厚さ0.2mm)施工

というのは、シ−トで強度負担するのですか。
少し違和感を感じました。



178 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 15:18:08 ID:???
>>176
2000万円の木造の家として、
構造計算代と構造図代はそれぞれ\40万もしないと思います。
この書類がいかに大切なものかは、>>40に書いてある通り。

ないとすごーくテキトーに作られてしまいますし、
あとでトラブったとき、そんなことどこにも書いてないじゃん
みたいな目にあいますので……。

普段から、一棟一棟構造計算している業者に頼むように、
するとよいと思います。具体的には、
>>32, >>33, >>34, >>35, >>36, >>37あたりの議論も参考になります。

179 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 15:24:52 ID:???
>>177
外壁の室内側の防湿気密シートは、強度を負担するのではなく、
壁内結露を防ぐために不可欠です。

人間の呼吸や料理などで生じた湿気が、壁の中に入り込むと、
壁内結露を起こし、濡れたままにしておくと、構造用合板が腐ってしまいます。
つまり、防湿気密シートをつけることで、壁の中に湿気が入るのを防ぎ、
木材や構造用合板を湿気から守り、耐震性を長く保持させます。

室内で生じた湿気は壁内に吸い込ませるのではなく、
窓や換気扇などから排出することで、壁の木材を腐りにくくします。


180 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 15:48:55 ID:???
>>175
構造用合板の釘打ちは、できれば50mm間隔にした方が良いと思います。: 2%up

181 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 16:21:09 ID:???
ボンド併用は駄目?

182 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 16:25:03 ID:???
>>180
何だそのピッチはw自殺行為だろ!

183 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 16:31:21 ID:XDSIvDGX
なんだ木造の話ばかりしてるんだ?

184 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 16:37:41 ID:???
>>181 ですが ボンド=根太ボンド系でお願いします


計算上なら 50ミリピッチ < 25ミリピッチ < 5ミリピッチ < ボンド併用じゃありませんか?

185 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 17:12:50 ID:???
50ピッチ・・・・・・・書くのは簡単だが やる方は大変だよね

この場合一直線に打つと木目で割れたりしない? 

ジグザグに撃つとか・・・・・・・

釘の本数更に増えるな・・・・・・・・・・・

186 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 17:23:24 ID:???
釘間隔は50ミリぐらいまでは本数に比例して高強度になるが、
50ミリピッチより小さくすると、逆に木割れが発生して
悪いみたいね。チドリ配置打ちにできれば問題ないけど。

根太ボンドは構造用ではなくて、あくまで床と根太のすべり
によるきしみ音防止用だから、耐震性とか耐久性はビミョーかも。
根太ボンドに、根太と床材の接着以外の目的で使わないで
くださいって書いてあるし。

187 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 17:24:32 ID:???
鉄骨2階建だったらどのメーカーがいいでしょうか?

188 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 17:48:19 ID:???
軽量鉄骨2階建てはすごく揺れるからあまりお勧めでないな。
ハウスメーカーばかりだから価格も高いし(SハウスとかHハウスとか)。
耐震性はどこも似たようなもんだと思う。

鉄骨ラーメン+ALCの2〜3階建てなら、
コストパフォーマンスはまあ良いかもしれないが、
家としての外見や居住性はいかがなものか……。
まあここは耐震スレだからそれもありか。2階建てなら
柱300×300×12mm厚の角型鋼管を6mピッチ以内で建てれば
まあまあ耐震的であろう。しかし鉄の値段高いな。

189 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 17:56:40 ID:???
12ミリ厚で 30センチ角だってぇ〜?



像でも飼うのか・・・・・・・・・


>>軽量鉄骨2階建てはすごく揺れるからあまりお勧めでないな。

 揺れるから良いんじゃないの?
 東京タワーなんか先端で3メートル位しなるらしいし

揺れるって事は 地震の時に 地面と同じには揺れないって事ですよね?


190 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 18:11:41 ID:???
>>172の実大実験ビデオを見ると、9mm厚の300角で
見事に1階が倒壊しているぞ。4階建てではあるが。

まあ、鉄骨やRCなら象は飼えるな。
象は現実的でないが、ピアノを置く人や本棚の多い人は
象を飼うのと同じと考えてよさそうだ。

191 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 18:19:10 ID:???
>>189
>揺れるって事は 地震の時に 地面と同じには揺れないって事ですよね?
構造の基本としては、上層に行くほど地面より激しい加速度で揺れるな。
つまり、壊れなくてもそれだけ損傷が激しいということになる。


192 :189:2008/07/13(日) 18:22:13 ID:???
スマン!

 俺の頭は2階建てまでだった
 高くてもロフトで3階ってゆう感じ・・・・・・・・ 

193 :189:2008/07/13(日) 18:43:49 ID:???
>>191
えっ そういう物なんですか? (耐震設計の家ですよね?)


じゃー その揺れる軽量鉄骨の家に 重い瓦を載せると 逆に揺れにくくなるとか?
(ビルの制震用にタンクに水ってのがありましたが・・・・・)
 




194 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 18:57:47 ID:???
>じゃー その揺れる軽量鉄骨の家に 重い瓦を載せると 逆に揺れにくくなるとか?
単純に重いものを載せるだけだと、揺れと同じ方向に加速度が追加されるから、
余計に激しく揺れる。

逆に、揺れと逆の方向に力が加わる物体が乗っかっていれば、揺れと逆方向に
加速度が加わるから、揺れは小さくなる。ただ、そういう装置はバカ高い。
一般的な家に取り付けるものでは出てないと思う。


195 :189:2008/07/13(日) 19:10:20 ID:???
いや その・・・・・・・・・・

実際には 周期がずれるとかで 多少の制震効果出ません? 

196 :189:2008/07/13(日) 19:35:30 ID:???
剛性が高い造りだと 地面からの力がそのまま 屋根まで伝わる
 高い方が振幅も大きくなるイメージ


揺れる造りの場合 力がそのままには伝わらないと思いますが 
(基礎と土台部なら免震住宅 壁部で吸収出来れば制震住宅のイメージ)



197 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 19:40:51 ID:???
屋根が重いと固有周期は少し長くなり、
また、建物の高さには比例して固有周期は長くなる。
よって、短周期振動に対して有利になるが、長周期振動に対して不利になる。

超高層とかだと固有周期を4秒以上に設計して、
常識的な地震波と共振するのを防ぐ設計になっている。
しかし、最近の研究で、地震波には4秒以上の成分も含まれていることがわかり、
これに共振した超高層は激しい揺れに見舞われることが想定される。
最上階にいる人は、1秒で往復10mの往復ビンタに10分間さらされることになる。


198 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 19:50:57 ID:???
免震装置や制震装置が装備されていれば、それなりに揺れは軽減できるが
あくまで軽減であって、揺れることは揺れる。

特に免震は注意を要する。上部構造体の重さが正確にわかっていて、それに
合った固さの免震装置を採用することで、特定の周期のみの地震波を軽減で
きる。構造体の重さや免震装置の固さが間違っていたり、異なる周期の地震
波ではかえって揺れを大きくするから、ものすごく注意が必要。

制震装置は、最悪でも効かないか壊れるだけで、悪い害が出ることはないと
思う。

199 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 20:12:19 ID:???
>>屋根が重いと固有周期は少し長くなり、
また、建物の高さには比例して固有周期は長くなる。
よって、短周期振動に対して有利になるが、長周期振動に対して不利になる。


 で 一般的な2階建て住宅の高さだと やはり長周期振動で不利なんでしょうか? 
   (確かに古民家 寺院は平屋がほとんど)


建物の割りに屋根が重いのは 水屋や鐘楼など
 いずれもかなり重量バランスは悪そう
これも余り壊れたと聞かないのは 高さが低いからなのでしょうか?

200 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 20:41:05 ID:???
>で 一般的な2階建て住宅の高さだと やはり長周期振動で不利なんでしょうか?
2階建て住宅は、短周期振動に不利、長周期振動は有利。
超高層などは、短周期振動に有利、長周期振動に不利。
実際の地震は、両方の成分を含んでいるから、どちらが良いとは言えない。

古民家・寺院・水屋など、伝統工法の建築物については、
>>133,>>134,>>137,>>138,>>139のあたりが参考になる。
あと、平屋が有利なのは確か(いくら屋根が重いとは言え2階建てよりは軽い)。
あと、寺院の平屋でつぶれたものも、あまりクローズアップされないが
過去の地震で結構ある。だいたい1階がつぶれて屋根だけが地べたに残っている。


201 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/13(日) 22:49:40 ID:???
>>195 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/kyoshin/kaisetsu/outou.htm
一番下の図3をみると、地震や観測地点によって周波数成分がまちまちなので、
建物の固有周期ごとに受けるダメージ(この場合応答加速度)もまちまちになりますね。

剛性の高い戸建てだと宮城県沖の0.2秒前後の成分でダメージを受けるかもしれないけど
周期を伸ばすと、神戸海洋気象台の地震波などでは、より大きなダメージを受けてしまいますね

202 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/14(月) 00:12:48 ID:???
つまりは、特定の振動数に対して強く作ったりしても運任せになるから、
どんな種類の地震でも対処できるように、
制震装置をつけて加速度応答倍率を下げるのは一案ですが、

木造はもともと粘性減衰10%近く備えてますからいいですね。
鉄骨は粘性減衰2%程度、鉄筋コンクリートは5%ぐらいなので、
とくに鉄骨造は制震装置をつけるのが有効ですね。

203 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 02:19:10 ID:???
タイミング遅過ぎですが

>>173 伝統工法については、もともと やわらかく作って
   エネルギーを吸収させるのが目的だから、固くすると逆効果となる。

在来木造の家って本当はこっちに行くべきじゃなかったのかな? 
 ッて思います 研究した人には悪いけど・・・・・・・・


>>202 鉄骨は粘性減衰2%程度、

 て〜事は固いって事なんですか? 

>>軽量鉄骨2階建てはすごく揺れるからあまりお勧めでないな。
 
軽量鉄骨の揺れるってのは 伝統工法の揺れ方とまた違う揺れ方なんですか? 


204 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 02:30:57 ID:???
粘性減衰が小さいって事は、揺れがなかなかおさまらないって事ですね。

軽量鉄骨って言っても工法はいろいろだから、ゆれやすいのもあればゆれにくいのもあると思われる。
ブレースで支える構造は概してゆれやすいのかな?
パナの大型パネルは鉄骨のフレームを両側から耐力面材で挟んでいるから、ほとんど2x4に近いのではないだろうか。

205 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 05:24:44 ID:???
>ブレースで支える構造は概してゆれやすいのかな?
逆だよw

通常鉄骨はラーメン工法だからフレームのみで、ブレースを入れるのは壁構扱い。

パネルは、耐力面材で挟んでるなんてとんでもない!
揺れ方自体が違うのに、鉄骨を押さえる効果なんてないよw
パネルの仕口は、結局ALCだから、ぶら下げてるだけ。

206 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 09:17:38 ID:???
>>205 軽量鉄骨でラーメン工法はむしろ少数派ではないかな?

パナの大型パネル構造知らない?あれはダブルの耐力面材+鉄のフレームで支えてるから、外周には柱がないんだよ。


207 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 11:35:15 ID:???
>>206
実際に見てるよw
単なる軸組工法。耐力面材なんてとんでもない!

208 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 13:53:31 ID:???
>>206

外周に柱がないなんてとんでもない!



209 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 18:15:53 ID:???
なんかね 
>>188−208

重量鉄骨と 軽量鉄骨が入り乱れてると見た!


210 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 18:52:39 ID:???
因みにPanahomeは重量鉄骨ラーメン構造だから。

実験はあくまでも良くするための実験だから、壊れた状況だけ見て判断するのは浅はか。
何処がどういう原因で壊れたかを考えるべき。
現状で判断する為の実験ではない。

211 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 20:58:48 ID:???
>>207 ちゃんとしらべてくださいw
>>210 パナホームで重量鉄骨ラーメン構造ってソルビオスのことだと思うけど、パナの3種類(だっけ?)の工法のひとつに過ぎない。むしろ全国的に見たら少数派だろう

>>203 軽量鉄骨2階建てがすごく揺れるからお勧めでない という>>188の発言は、
結局鉄骨ラーメン+ALCって言う構造についていっているだけのことで、いろいろある工法について調べたわけではないでしょう。


212 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/15(火) 23:58:10 ID:???
でもって、
1〜2割の価格アップで耐震性を高める方法について、
木造の家なら、例えば2×4でこうしろとか、
RCの家なら、壁式鉄筋コンクリートでこうしろとか、
スレの前半戦でいろいろ議論や案が出ているが、
鉄骨の家は、どうしたものか?

制震装置をつける、ブレースで固める、パネルで固める、
極太ラーメンで行く……など出ているみたいだが、
それぞれどこを補強してどのくらい価格upして、
過去の実績や実験結果(メーカーの宣伝用は除く)は
どうだったのかを知りたいものだ。

213 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/16(水) 00:04:10 ID:???
法令集をみると、ツーバイで枠材に軽量鉄骨のCチャンを
使っている工法があるが、
あれは構造用合板を用いた壁式構造で一体化している
から、頑丈なのかな?

214 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 11:50:58 ID:???
素人の思い込みで難だが・・・・・・・・

丈夫にするなら厚めの H鋼で十分なのでは?
角パイプだと 結露で中に水溜まったりしない?



巨大地震に遭遇した場合
何の素材、工法でも 今の建物の躯体は 相当潰れないだろうけど
内外の壁、屋根などの「面」 の損傷は避けられない気がする・・・・・・・・・・・ 




215 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 12:38:03 ID:???
H鋼の値段と Cチャンや2X4の値段を比べてからにしてくれ。
金さえかければ、およそ思いつくどんな構造でも丈夫に作れるさ。

216 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 13:57:47 ID:???
12ミリ厚の300角より安くない?

H鋼6ミリ厚位で十分 太さは・・・・・・わからんわ

一般に鉄骨の方が高い? 

なら在来木造で十分かと・・・・・・・
(親戚絡んでるんで在来万歳!) 

217 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 21:11:12 ID:???
どうしても1階にビルトインガレージだとか、1階に店舗だとか必要で、
1階に耐力壁が確保できない場合には、重量鉄骨ラーメン構造は有力だ。
その場合、3階建てで6m間隔に柱を立てるとして、
12mm厚の300mm角の角型鋼管の柱は、耐震的にみて普通だと思う。

それ以外のシーンでは、鉄骨の値段が高すぎる上に、
暑かったり寒かったり振動したりして居住性もよくないから、
鉄骨造は家としては不向きなのではと思う。

218 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 21:12:19 ID:???
ハウスメーカーの軽量鉄骨は、メーカー独自認定のクローズド工法だから
ここで何を言っても変えられるわけでもないので、議論しても無意味。
で、話を重量鉄骨ラーメン構造に限定してみるが、

阪神大震災では、柱端や梁端の溶接部がはずれたものが圧倒的に多かった。
そもそもラーメン構造では、柱端や梁端に最も曲げの力が加わるから、
こんなところに溶接箇所があること事態が問題であると思う。

改善策としては、柱は階ごとにダイアフラムで区切るのをやめ、
1階から3階まで通しで1本ものとし「外ダイアフラム形式」にすること、
梁端は「ノンスカラップ工法」とすることなどが考えられる。

次に多い被害が、柱脚のアンカーボルトが引き抜けて移動や転倒する被害
である。こちらは柱脚アンカーボルトの強化や、「根巻きコンクリート」
の採用が考えられる。

219 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 21:29:55 ID:???
>>216
>(親戚絡んでるんで在来万歳!) 

・耐震等級3の構造計算を毎回しており、その通りに建てられること。
・ホールダウン金物をすべての階の柱の上下に正しく付けられること。
・構造用合板の張り方を熟知しており、正しく釘を打ち付けられること。

ならよいが、今までのスレの流れだと、
構造計算?何それ?耐震等級?何それ?ホールダウン金物?何それ?
構造用合板?コンパネと違うの?釘なんてどれも同じじゃない?
みたいな業者ばっかりなので、
馴れ合いはさけてきちんとしたところに頼まないと、
>>21, >>22, >>23, >>24, >>25, >>56, >>57, >>58, >>59, >>60, >>61, >>62
のような痛い目に合う。

220 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/18(金) 22:41:28 ID:+jBSrxV9
>>219 お説ごもっとも・・・・・


だがあえて 書かせて貰うが
どんな大企業が どんな工法で建てようとも
 最終的には 施工する人次第 だとゆう事です


ちょっとググれば あの大手が? って感じでクレーム記事続出
確かに>>21->>62 みたいな人がここに問い合わせに来てるだろうけど

大工さん全てがそうじゃない!


今頑張って仕事してる大工さんは 大半が勉強熱心ですよ
 そうじゃないと生残れない・・・・・・・・



221 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 02:16:20 ID:Yq2B5zv9
だから、>29だろJK

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/photo/20080304/516778/

http://www.takahashikogyo.com/sakuhin/irony/irony.htm
http://www.takahashikogyo.com/

鉄だろ、やっぱ

222 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 06:28:10 ID:SVgnYqY/
見ただけで 手が出ないと確信した・・・・・・・

船乗りには なれそうも無い!


223 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 06:54:13 ID:???
夏は家の中どれだけ暑くなるんだろうかw

224 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 08:40:08 ID:???
>>219
そのきちんとした業者を見つけるのが難しい・・・

225 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 17:32:03 ID:???
すみません、木造軸組工法の2階建てを建築中なのですが、
ホールダウン金物が少ない
(1階柱下は4本しかなく、1階柱上と2階は一切なし)
ので、>>21,>>24と同じパターンだと思い、聞いてみたら、
「どこにいれていいかわからないので四隅だけいれといた」
と言ったので、Wikipediaの「ホールダウン金物」に従って、
基礎から壊してやり直しできないか聞いたのですが、
「それはできない、他でサービスするから勘弁してくれ」
とのことでした。

私は他のサービスなんてどうでもよくて、耐震性の高い、
少なくとも違法建築物でないものが建てたいのです。
こういう場合、皆様はどうされているのでしょうか?

ちなみに、構造部の検査は見事に合格しています。


226 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 17:55:01 ID:???
だからどうして、そういういい加減な工事をするような
業者に頼むかな?
普通に考えてホールダウン金物が足りないですね。

とりあえずその建物は危険だから、取り壊して、
N値計算か構造計算からやり直しでしょう。
万一地震で倒れてきたら、違法建築物じゃ
保険もきかないし、責任を負うのはあなたですよ。
あなたが死ぬのは勝手ですが、隣家へ倒れこむなどして
他人を被害を及ぼしたらどうするのですか。

227 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 18:00:50 ID:???
>>226
ご助言ありがとうございます。
そんなに恐ろしい責任を負うことなんてできません。
業者は、筋交いを増やして頑丈にすると言ってます。


228 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 18:08:43 ID:???
筋交いを増やしたら、余計に柱が抜けやすくなるから、
もっと多くのホールダウン金物が必要になるだろうに!
そんなハッタリにだまされてはいけません。
本当に何もわかっていない業者なんですね。

逆に筋交いを減らせばホールダウン金物は減らせるが、
今度は耐力壁不足でやはり耐震性能が不足する。

どちらにしてもホールダウン金物を入れることからは
逃れられないのですよ。

229 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 18:12:04 ID:???
>>224
激しく同意。

230 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 18:36:07 ID:???
>>221
テツ臭そうだな。見ただけで、歯が浮く感じがする。

231 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 18:38:13 ID:???
>>225
第三者監理がいればなぁ・・・一旦工事中止で弁護士だろうな

232 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 19:55:13 ID:???
>>第三者監理
工事監理者は必ずいるはずだが(現場に貼ってある確認済証に書いてある)、
建売の場合は、名ばかり監理で1度も見に来ないのが普通だし、
注文でも、あくまで図面の通り施工されているか確認するだけだから、
N値計算書がなかったり、ホールダウン金物の図面がなかったりしたら
どうにもならない。

去年6月20日の改正建築基準法では、
鉄筋コンクリートや鉄骨造などの審査はますます強化されたが、
木造2階などの4号建築物については、まったく変わっていなくて、
平面図だけあればよくて、構造的な図面は一切不要というひどいザル法だから、
悪質な業者が、次々に木造2階建ての耐震性不足の違法建築物を建てるようになった。

233 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 19:59:03 ID:???
誰が書いたのか知らないが、以下の記事はいずれも役に立つ。

Wikipediaの「工事監理」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E7%9B%A3%E7%90%86

Wikipediaの「欠陥住宅」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A0%E9%99%A5%E4%BD%8F%E5%AE%85

Wikipediaの「ホールダウン金物」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E9%87%91%E7%89%A9

Wikipediaの「釘」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E9%87%91%E7%89%A9

234 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:02:30 ID:???
>>221
鉄サビが仕上げって、サビ臭い異臭住宅、苦情多そう。


235 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:13:15 ID:???
↑「釘」のアドレスまちがえました、ここに再掲します。

Wikipediaの「釘」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%98

Wikipediaの「構造計算書」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%8B%E9%80%A0%E8%A8%88%E7%AE%97%E6%9B%B8

236 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:14:01 ID:???
>>225
耐震性の高い家が建てたいのに、何で事前に業者に言うか
設計してもらわなかったんだ?

237 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:24:08 ID:???
>>282
>木造2階などの4号建築物については、まったく変わっていなくて、
>平面図だけあればよくて、構造的な図面は一切不要というひどいザル法だから、
>悪質な業者が、次々に木造2階建ての耐震性不足の違法建築物を建てるようになった。

確かに、ホールダウン金物の全くないものや、あからさまに少ないものが目立つ。
他には、構造用合板の省略、違法釘の使用なども目立つ。
安請負だからなのか、見えないところは特に徹底的に手を抜いているのが見え見えだ。
しかも検査は全部合格印が押してある。

でも出来上がると外装内装は立派なものだから、
不幸にも35年ローンも組んでまでこんな欠陥住宅を買ってしまうのであろう。

238 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:37:28 ID:???
>>236
その理由は、>>28,>>30,>>32,>>33 付近に書いてある気がする。

どの業者も、根拠もなく「うちのは耐震性が高いです」みたいなセールストーク。
やはり業界全体がこんなだから、
真に耐震性の高い家を建てるのは難しいのかもしれない。


239 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 20:52:37 ID:???
いやはやなんとも・・・・・・・

ホールダウン少なくても 検査合格とは・・・・・

いつの間にか 法律だか基準だか変えるからおかしくなるんだろうな

筋交い増やすのより こっちの方が良くない? 

TIP工法 http://www.tip-str.com/
合板と違ってバラケル心配無いし 梁から土台まで斜めに固定するから
ホゾ抜けの心配も無い 

もし自分が 当事者なら 外回りだけこれにする・・・・・・・・・  カナ?



240 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 21:00:02 ID:???
>>238
結局、近所や知り合いの工務店で建築する場合、
構造計算書やしっかりした設計図はどこで書いてもらえばいいの?
みんなそれがわかってないから、結局は工務店の言いなりでループのような気がする。

241 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 21:10:16 ID:???
>>240
だからちゃんとお金払って設計事務所に頼むのよ、工務店と関係ない所へね、
設計と施工ってのは相反するものだから同じところか工務店優位の関係じゃ
どうしてもなあなあになっちゃう。
そのお金が惜しいとか考える人は>>225のようなリスクを自分で背負う覚悟で、
法律があるからどこかで決着はつくが、余計な時間と経費を考えたら遥かに安上がり。

242 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 21:15:54 ID:???
>>239
TIP工法の壁倍率は1.5倍程度で、スギ板水平張りの0.5倍よりは
良いとは言え、構造用合板の2.5倍に比べて耐震強度は低めなので、
それよりも、910mm×2730mmの構造用合板を、
土台から梁にかけて大量に釘打ちすることを勧める。

TIP工法も、ある意味Mハウジングの「いい家が」シリーズ本を
中心としたセールストークの一種だから注意が必要。

ただ、壁倍率というのは、>>43, >>44 のおっしゃるとおり、
あくまで、「壁が破壊するまで柱が絶対に抜けないこと」を
前提に測定された強度であるから、
ホールダウン金物なしでは、どうしても柱が先に抜けてしまい、
どんな強力な面材もその効果は半減してしまう。

結局、ホールダウン金物はどうしてもつけなければならない。

243 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 21:43:42 ID:???
はい!  質問です!

合板を土台から梁まで打ってても 柱が抜けるの?

傾き様が無いし 上下にも広がらないから 抜けないと思ってましたが・・・・・・・(´・ω・`)


244 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 22:30:01 ID:???
>>243
構造用合板を打ち付けても、柱は抜けます。
傾きもしますし、上下にも幅が広がります。

これは実大実験をしてみるとよくわかることですが、
ホールダウン金物のない場合、水平に力を加えると、
構造用合板と柱はそのまま釘でくっついたまま傾いてゆき、
梁と土台の釘はすべって抜けてきて、だんだん上下に広がってゆきます。
この場合、すべての釘が抜けなくても、ほぞが抜けた時点で
壁は破壊となり、非常に脆弱なものとなります。

ホールダウン金物のある場合、水平に力を加えると、
上下の梁の幅は広がらず、軸組みは平行四辺形になってゆき、
すべての釘が少ずつすべって抜けてきて、
構造用合板全体は回転するように動いてゆきます。
この場合、すべての釘が抜けきったところで壁は破壊となりますが、
破壊するまでに大量の釘が効いているため、かなり粘ります。

245 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/19(土) 22:45:49 ID:???
ついでに>>50をコピペしておく。

せっかくホールダウン金物つけても、サイズをけちると
下の写真のようにとれてしまい、役に立たないから要注意。
(写真のはビス止め式の15kN用)

http://mokutai-jc.up.seesaa.net/mt2006/ts2005_0924_164.jpg

ちなみにワンランク(5kN)サイズアップしても、
ひとつあたり80円ぐらいしか値段は違わない。

サイズを間違えるのを防ぐ目的でも、全部25kN用ので
統一しておくのが安全かも。

246 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 12:31:55 ID:???
>>225
いずれにしても、ホールダウンは必要だと思います。壁を固めるなら尚更。
私がちょっとしたトラブル等で世話になったサービスを紹介しておきます。
「住まいの水先案内人」で検索してみてください。

作り直しからの補強が困難なら、
アラミド繊維を使った補強方法はどうなんだろう?
ttp://www.j-kenchiku.co.jp/jbra1.html
これで基礎を壊さずにホールダウン並の引き抜き強度は保てるのかな?

>>244
関連してお聞きしたいのですが、
ツーバイは法律上ではホールダウン金物は必須ではないですけど、
実際は大抵ホールダウンも使われてますよね。
壁構造で力が分散される(?)から、そこら辺も法律が甘いのでしょうか。

JI●なんて、ホールダウンが基礎直結か座金式かの区別もできない(見ない)し、
石膏ボードのビス間隔も見てない。
結局、必要最小限の知識は、
自分でも身につけないとまともな家は建たないのが現実だと思い知った。

247 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 15:17:07 ID:???
>>246
ホールダウン金物のトラブルは多いですね。
私もホールダウン金物の入ってない欠陥住宅を何件も見たことがあります。

アラミド繊維で土台と柱を固定するだけでは、引っ張ったときに
土台に割れ避けてしまい、恐らくVP金物かエーステンプレートぐらいの
引き抜き強度(約600kg=6kN)程度までしか出ないと思います。
あとアラミド繊維や炭素繊維は、鉄鋼と違って、所定の強度に達すると
突然ちぎれるので、コンクリート表面全体にベタ貼りする場合は
効果的ですが、部材同士の接合補強材としては不向きな材料です。

ひとつの案として、柱と側面と基礎の側面から、
幅5cm、厚さ6mm、長さ90cmの鋼板で添え板をして、
柱に対してM12ボルト×5本で締め付け、
基礎に対してM12ケミカルアンカー5本を水平に打ち込めば、
25kN用ホールダウン金物代わりにはなると思いますが、
多少出っ張ってしまいかっこ悪いのと、
正式な工法ではないので依然として法的な問題はあります。

別の案は、ホールダウン金物アンカーボルトを入れ忘れた
箇所に、コンクリートドリルで、直径20mm、深さ36cmの
穴をあけ、ここにM16用のケミカルアンカーを2カプセル
詰めてM16アンカーボルトを埋め込む方法があります。
しかし、こちらは基礎の主筋を切ってしまう恐れがあり危険です。
そうなったら本当に基礎から壊してやり直しでしょう。

どちらもお勧め度は低いので、やはりWikipediaの通りが正解でしょう。


248 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 15:33:05 ID:???
ツーバイだと壁1枚ごとに破壊するというよりは、建物全体が
サイコロのように転がるようにして破壊するので、1〜2階建て
程度ですと、全スタッドの上下にいちばん大きい短冊プレートが
釘打ちしてあれば十分な場合が多いです。
とは言え、さすがに四隅などは引き抜き力が大きいので、
25kNのホールダウン金物を入れることが多いみたいです。

ちなみにツーバイで耐震等級2や3をとろうとするとN値計算や
構造計算必要になります(軸組とは式が違っている)。
その結果ホールダウン金物は必要になりますが、
一般的には、軸組みほど多くは必要になりません。

249 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 16:03:25 ID:6RkysbB3
>>1から全部読んでみましたが、
このスレは非常にためになりますね。
下手なセールストーク本なんかより全然良いです。
一人でも多くの方に、構造計算された、欠陥のない、
耐震性の高い家を建てていただきたいと願うばかりです。

特に検査はいい加減なことがわかりましたので、
自己チェックの重要性をあらためて認識しました。
そのためにはまず、自分がホールダウン金物や釘などに
詳しくなることが先決だと思いました(木造の場合)。


250 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 18:45:26 ID:???
ためになるが、いくら俺が知識を得てもどうもならんわ
チェックは厳しくできるくらいかな

251 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 20:02:49 ID:???
私もホールダウン金物がない事件に巻き込まれました。
当時はGoogleはありましたが、2chのこのスレも、
Wikipediaのホールダウン金物や釘や欠陥住宅の記事
もなかったので、こっちが知識不足になりがちで、結局
「図面と異なる場合は現況を優先すると契約してある」
で丸め込まれてしまいました。

さらに構造用合板なども全くつけず、軸組みに直接
防水シートとサイディングで仕上げでひどいものです。
今の家は危険なのでじきに建て替えようと思っていますが、
次こそ耐震性の高い家を建てたいと思います。

252 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 20:07:16 ID:???
>>241がいいこと言った!!

253 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 20:38:56 ID:???
みなさん地震保険は入ってますか?
保険料どのくらいなんだろ。。

254 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 21:03:45 ID:???
地震保険は、火災保険に比べ、高い割には保証額は半分ぐらいですね。
全壊した場合、とても建て直せるだけの額は出ません(約1000万ぐらい?)。
さらに悪いことに、半壊と判定されたが建て直しが必要な場合、
出る額さらに低くなります(約500万ぐらい?)。

これはあくまで予定であって、首都直下型や、東海・東南海・南海連動型の
未曾有の地震が来たとき、保険会社が全額支払いきれるかどうかも謎です。
考えてもみてください。既存不適格の旧式木造が何十万棟・何百万棟と
倒壊したとき、保険会社が全額支払いきれますか?

結局自分の命や自分の財産を守るのは、自宅の耐震性が高いことしかないの
です。だからこそ耐震性の高い家が必要なのです。ついでに耐火性も高い方
が良いでしょう。

私としては、>>72仕様のツーバイ2階建て(外装はサイディングではなく
厚さ38mmへーベルパワーボードの外壁通気工法)、
又は、お金があれば壁式鉄筋コンクリートがいいと思います。
これは耐震性を高くするとともに、保険料を安くする効果があります。


255 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 22:10:09 ID:???
突然ですが、耐震性の高い家を建てる上で、
長方形の総2階建にすることは重要だと思います。

なぜなら、構造用合板の貼ってある最も重要な外周の
耐力壁の上に耐力壁が乗り、また、柱の上には柱が乗
るので、巨大な1枚の壁板として効くようになり、
力を正常に上から下へ伝達できるからです。

また、建物形状は極力長方形がよく、L字型の家などは
入り隅部分が弱くなりやすいので避けるべきです。
また、屋根を単純な切妻とすることで、
雨漏りのリスクを大幅に軽減できます。
複雑な形状の屋根は、屋根剛性が弱いばかりでなく、
見えないところで雨漏りしやすく、
木材を腐らせ、耐震性を低下させます。

長方形の総2階は、外周壁の表面積を少なくできるの
で、断熱性・防音性・コスト等の面でも大変有利です。
単純な切妻の屋根形状も、耐久性・コスト面で有利です。


256 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 22:22:24 ID:???
>>246
>JI●なんて、ホールダウンが基礎直結か座金式かの区別もできない(見ない)し、
>石膏ボードのビス間隔も見てない。

JI●の検査はかなりいい加減ですね。
この前なんて、全部違法な細い釘で構造用合板打っていたのに、
合格出しているんですよ。

しかし、マニュアルに従って検査しているだけですので、
構造計算書や構造図との照合などは一切含まれていません。
ましてや耐震性を高くするための検査ではないのです。
だからホールダウン金物が少なくても、
付け方さえマニュアルと合っていれば合格なのです。

>結局、必要最小限の知識は、
>自分でも身につけないとまともな家は建たないのが現実だと思い知った。

ごもっともです。
くれぐれも誰かの検査に合格したからといって信用しないことです。

257 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/20(日) 22:44:41 ID:???
余談だが、構造用合板とコンパネとベニヤ(単板)の区別がつかないで
話している人が結構多くいる。それぞれ全く異なるものなのに。

そのような人は耐震性の高い家を建てることができないから、
まずWikipediaなどで「構造用合板」について勉強することだ。

ましてや、業者が、家を建築するのに「コンパネ」や「ベニヤ」という
言葉を一回でも使ったら、その業者は信頼ならないから、即刻却下する
ことだ。そうすればで、少しは無能な業者をふるい落とせる。


258 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 01:43:17 ID:???
>>214
>巨大地震に遭遇した場合
>何の素材、工法でも 今の建物の躯体は 相当潰れないだろうけど

潰れる可能性が高いから、>>1が危惧してこのスレをたてたり、
>>7,>>8>>12の資料が出てきたりして、
耐震性の高い家を作ろうとしているのでは?

阪神大震災では、基準を満たしている新しい家でも、相当頑丈な家
でない限り、かなり潰れるか、損壊をしているの。特に木造軸組工法。


259 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 07:29:38 ID:???
>阪神大震災では、基準を満たしている新しい家でも、相当頑丈な家
>でない限り、かなり潰れるか、損壊をしているの。特に木造軸組工法。

損壊はこの際法的に度外視だ。
倒壊のみの話だからね。
新耐震の建物で、倒壊は少なかったよ。
被害としては、その後の火災だ。

260 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 08:29:27 ID:???
>巨大地震
確かに建築基準法では、倒壊しなければ損壊してもよいことに
なっていますが、ユーザーサイドでみると、結局は建て替えざ
るを得ないことには変わりなく、耐震性が低かったと言わざる
を得ないと思います。

「無被害」か「軽微な補修」で済めばだいぶ話はちがってきま
すので、このスレではそういう家をめざしているのではないで
しょうか?

徹底的にホールダウン金物が入っていたもので、構造用合板で
外壁全体を正しく釘打ちをしていた家は、耐震性が高かった
と聞き及んでいます。一方で、ホールダウン金物の入ってない
家や、木ずり+筋交い方式の家は、新しいものでも倒壊したもの
が多かったと聞き及んでいます。

261 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 09:36:48 ID:???
>>260
オレ阪神大震災の後被害調査の手伝いで行ったけど(当時院生)
そう単純に決めつけられるものじゃないよ、少し離れた所で公庫仕様の
築10年以内の木造が倒壊はしてないが使用禁止(レッドカード)になってるのに
その一帯は戦後の小舞壁の家が多かったが瓦が落ちたり壁にクラックはきてるが
充分修復可能だった、同行してた設計事務所の所長が「こりゃ地盤だな」と一言。

その夜色々と説明を受けたが、テーブルを揺らすとする直接乗せた物とコンニャクを
置いてその上に乗せた物が同じ形・質量でも揺れ方が全然違うだろうと説明を受けて納得した、
要するに地盤が悪ければ建物自体に耐震性があっても被害が大きくなる可能性は限りなく大きい、
コンニャクに楊枝でも数本刺す(杭とか深層改良がこれに該当する)とか凍らす(浅層改良がこれに該当する)
とか物理的な対策が最初にあるべきだと教わった、だから建物が載るものがコンニャクなのか
はたまたテーブルそのものなのかまず調べることだと、そこから始めないと上屋を幾ら強固に
作っても本末転倒だと。

262 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 12:47:01 ID:???
>地盤
木造の家だと>>152あたりが参考になるな。

ただ、いくらそこだけ地盤改良しても、
鉛直荷重は支えられても、水平荷重は杭ごと一緒に揺れるから、
結局揺れ幅を抑えることはできないんだな。

昔からの法律で、「著しく地盤が軟弱な地域では壁量を1.5倍とする」
というのがあるが、>>152のような改良に加え、実際にはさらに多くの
壁量が必要なのではないのかと思う。

>>153は「地震の揺れやすさ全国マップ」出しているが、

ttp://www.bousai.go.jp/oshirase/h17/yureyasusa/index.html

うちではまずこのマップで地盤を調べてから、杭をどうするか、
基礎をどうするか、構造計算時のC0をいくつにするか決めている。
通常耐震等級3でC0=0.3だけど、地盤の悪いところでC0=0.9に
(耐震等級3のさらに3倍)にしたこともあった。


263 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 13:04:35 ID:???
>>262
>結局揺れ幅を抑えることはできないんだな

そりゃ地盤そのものが揺れるから震度のそままだわな
つーか地盤が軟弱だと増幅されるよ、以前安芸灘沖地震の
液状化した地域で改修工事したがすぐ上にある
地山を削った団地と明らかに被害が違ってた。

264 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 14:24:20 ID:???
>>260
>木ずり+筋交い方式の家は、新しいものでも倒壊

そういう写真すごく多くみたけれど、モルタルの壁が完全に
はがれ落ちていて、木ずりむき出しでゴロゴロ転がっていると、
火がきたら一気に燃え上がりそうな感じだな。

あれは耐震上も防火上もよくないものと見た。

265 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 14:44:59 ID:???
耐震性の高い家(1〜2割価格アップで):

今のところ
>>49が木造軸組工法(在来工法)大賞、
>>72が枠組壁工法(2×4)大賞、
>>255が両方の工法共通大賞、
>>241が重要事項アドバイス大賞
カナ?

266 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/21(月) 14:57:22 ID:???
>>262
概略だが

20万分の1日本シームレス地質図データベース
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/db084/index.html

こっちのほうが施主(地盤調査を進言する)に説得力あるよ

267 :age:2008/07/22(火) 04:00:43 ID:1S7B0gDi
どんなにホールダウンを多くつかっても、アンカーボルトをいい加減に入れら
れたら意味ないんじゃ???
隣の現場のHMの基礎なんか、カシラが面倒くさがりなのか分からんが、ほと
んどのアンカー、グラインダーで基礎天端から5寸くらいで切って一番上の横
筋に結束線で縛ってた・・・。

建売大工は金物命だろうが、プレカットはホゾが短いし、ガタガタ、あれじゃ
金物に頼るしかないわな。

ウチはプレカットやらないし、通し貫通して、クサビ、これで充分だと思うけ
どどうかな。必要最低限の金物は基準上、しょうがなく使うけどね。

ベタ基礎って、地盤の悪いところにかなりの量の生コン使うじゃない?生コン
の重量考えたら余計沈下しそうでコワイ。鉄筋をよく組んでくれればいいけど、
前出の現場、D13@300だけ組み、写真撮るときだけ、@150に鉄筋を
仮並べしてた。当然、写真撮った後は仮並べの鉄筋は撤収・・・。

証拠写真、いっぱい撮ってあるんだけど、どうしたらいい?
HMの基礎ってそんなもんなのかな?

268 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 07:18:42 ID:???
>ほとんどのアンカー、グラインダーで基礎天端から5寸くらいで切って一番上の横
>筋に結束線で縛ってた・・・。

それはひどい。うちでは打設前に必ず直径と埋め込み長さを全数検査して写真をとっ
ておくが……。というのも、アンカーボルトがないのにホールダウン金物があって、
不思議に思って引っ張ってみたらアンカーが土台天端-10ぐらいまでしかなかったと
いうのがあって、検査が終わったらホールダウン金物はみんなとってしまうらしい。

>D13@300だけ組み、写真撮るときだけ、@150に鉄筋を
>仮並べしてた。当然、写真撮った後は仮並べの鉄筋は撤収・・・。

それはひどい。しかし、その家の基礎に合わせて加工した鉄筋、また加工しなおして
まで使うのであろうか。もうここまでくると、結束も150mmピッチにしないとだめか?

とにかくこっちが検査をするほどに、悪質業者は検査をすりぬける裏技を身に
つけているようで、まったくのいたちごっこだ。まあ、この件は基礎からこわして
やり直しでしょう。当然HM全額負担で。

269 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 12:32:05 ID:???
グラインダーで切るほうが余計手間だろうにw

270 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 12:50:36 ID:???
俺もそう思った なんでそんな無駄なことするんだろう

271 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 13:43:54 ID:???
やはり耐震ということについて信頼できる設計士と
良心的な施工者を見つけることが一番なんだな

272 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 19:15:14 ID:FtKJ9yvW
「耐震性の高い家」でぐぐると、
今日からこのスレが1番にヒットするようになっている。
2chなのに……。
良スレの予感。


273 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/22(火) 19:27:22 ID:???
>>267
>ベタ基礎って、地盤の悪いところにかなりの量の生コン使うじゃない?生コン
>の重量考えたら余計沈下しそうでコワイ。

布基礎でも、防湿と防蟻のために、内部にポリエチレンシート敷いて押さえコン
厚さ100mmぐらい流すから、結構重いよ。
布基礎は荷重も集中するから、地面の負担も大きく余計めりこむし。

だからどうせなら、地形の変形に強いベタ基礎を勧めるよ。
沈下するよう所なら、どちらにしても地盤改良か杭が必要だよ。

274 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 06:05:16 ID:???
耐震補強工事中です。

解体中なのですが、梁まで白蟻でボロボロ。バールでほじくったらまだ白蟻
が侵食中。施主様に相談したら、「もう予算がない!」とのことで、オレが
白蟻の薬(原液)を散布&注入。梁にツーバイ材で補強板(片側のみ)をし
ようと思うのだけど、どうなのかな。

ダイライトを構造用合板に落とせば、白蟻駆除も予算内でおさまるんだけど
なぁ・・・。まだ発注してないから間に合うよぉ。施主様、考えなおしてく
ださいっ。

っまっ、見積もりの段階で、「白蟻診断させてください」と言ったら「ウチ
にはいませんよ!大丈夫です」と断られたのでちょっと不安だったのですが。

心配だったので、水回り周辺から解体を始めたのですが、悪い予感が的中す
ると凹む・・・orz。




275 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 06:57:08 ID:???
単に腐ってたり弱っていたりするだけなら、問題部を削って、
梁両側から2×12材か構造用合板(特類)厚さ28mmを接着して
M12ボルトで200mmピッチぐらいで締め付けというのも考えられるが……。

そこまでシロアリに犯されているのなら、いくら駆除しても
タマゴが大量にあちこちに付着していて、じきにツーバイ材も
食べてしまうものと思われる。他の柱梁もあやしい。
建て替えか部材ごと交換のほうのがあとあとトラブルがないと思われ。

ちなみにダイライトは食べないが、構造用合板は食べてしまうと
思われる。ダイライトについては、>>16, >>20, >>23が参考になる。
シロアリが多いなら、多少耐震性は落ちてもダイライトのほうを勧める。

276 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 18:57:25 ID:???
>>274
ツーバイ材風の オープンデッキ材 (防腐加工品) って事なのでは?


277 :274:2008/07/23(水) 20:58:58 ID:???
>>275
アドバイス、ありがとうございます。
土台、柱は何本か入れ替えることになりました。水周りの全面改修もです。

梁は補強用のC鋼があるとかで、それを用いて補強することになりました。
梁はどうやっても交換が難しいので、本日、ドブ漬けになるくらい、薬液を
散布&注入してきました。それでもやはり、卵が産み付けられている危険性
は大きいですよね。
追加工事は総予算を提示されているので、それ以内に収まる範囲ということ
でOKもらいました。総工事内容を考えると儲けはほとんどありませんが、
黙ってフタをしてしまうわけにはいかない・・・。

ダイライトって白蟻にも強いんですね。ただ高いだけじゃないんだ・・・。

>>276
ウッドデッキ材だったら防虫防腐加工だからいいかなぁと思ったんです。

278 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 21:06:06 ID:FrWc9d4N
やはり木造はやめとくわ。

279 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 21:56:48 ID:???
何を選んでも構わんけどね


自分も在来木造建築に関する仕事してる
読んでて 感じたのは 工事業者の地震のイメージとか 耐震の基準て 
自分で体験した地震の何割か増し位 自分で想像出来る範囲でしかない

研究者の人は より力をかけた時 どこからどんな壊れ方をするかを研究してる
言わば無限大の震度だ 際限が無い

この差が 現場職人と研究者のギャップなんだろうな

280 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 22:21:04 ID:???
>>279
>工事業者の地震のイメージとか 耐震の基準て 
>自分で体験した地震の何割か増し位 自分で想像出来る範囲でしかない

ということは、関東甲信越地方の工事業者って、せいぜい震度4の2倍、
つまりは、震度5ぐらいまでしか想定していない。柱が抜けるだとか、
筋交いが折れるとか、ピアノが飛ぶとかいった事態は想像できないわけだ。

>研究者の人は より力をかけた時 どこからどんな壊れ方をするかを研究してる
>言わば無限大の震度だ 際限が無い

まあそういう研究もあるけど、現実的には、Kobe波とか、エルセントロ波とかを
想定したときの壊れ方の研究が多いな。

281 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 22:33:27 ID:???
>>277
お疲れ様です。

>ダイライトって白蟻にも強いんですね。ただ高いだけじゃないんだ・・・。
ダイライト:構造用合板(特類)に比べ、
○火災、シロアリ、腐れに強い、透湿抵抗が低く壁内結露しにくい。
×釘穴が緩みやすい(保持力弱い)、材がもろくパンチすると穴が開く、水を吸う、値段が高い。

282 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 22:50:28 ID:???
>>ということは、関東甲信越地方の工事業者って、せいぜい震度4の2倍、
つまりは、震度5ぐらいまでしか想定していない。柱が抜けるだとか、
筋交いが折れるとか、ピアノが飛ぶとかいった事態は想像できないわけだ


まぁ〜知らない事は 想像しようも無い事な訳です
それでも法的には通って居る筈ですしね・・・・・・
ネットで調べろとか言われそうですが 現場でバリバリの世代だと
パソコン使える方が少ないかも (若い 跡継ぎの世代なら持ってるでしょうが)

改善するなら 法律を改正するか 施主が耐震等級3でって 頼まないと
普通に耐震等級1になってしまうと思います
(もう1とか2とか無くして 今の耐震等級3を 標準にしたらどうですか?)


283 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 23:11:51 ID:???
話変わりますが

在来の柱が抜け無い様にするには金具が必要だそうですが
ホゾの長さが120位あったら 抜けないってか
 抜ける前にホゾが折れるかもですが そうゆう実験はしないのですか?


それから 地盤が悪い所は揺れも激しいらしいですが
地盤が悪い = 柔らかい って事ですか?
液状化しなければ 柔らかいと逆に揺れが伝わり難くなり
揺れないって事無いですか? 

同じ理由で 柔い造りの建物だと 風で揺れても
 地震で揺れ難いとか成りませんか?  


284 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 23:47:20 ID:???
>>283
>在来の柱が抜け無い様にするには金具が必要だそうですが
>ホゾの長さが120位あったら 抜けないってか
>抜ける前にホゾが折れるかもですが そうゆう実験はしないのですか?

長ほぞ差しでも引っ張れば簡単に抜けますよ。
実際には地震時に壁が平行四辺形になるようにして傾くときに
ほぞが抜けるのでありますが、ホゾは案外太いので、
抜けるのが先で、抜ける前に折れたりはしません。

ちなみに、許容引張り耐力は、短ほぞ差し=長ほぞ差し=0kN、
かすがい打ち=1.08kN、長ほぞ差し+込み栓打ち=3.81kN、
山形プレートVP金物(CN90釘8本打ち)=5.07kN、
ホールダウン金物15kN用=15kN、ホールダウン金物20kN用=20kN、
ホールダウン金物25kN用=25kN、ホールダウン金物35kN用=35kN、
となっております。いずれもほぞ抜けが先になります。


285 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/23(水) 23:58:38 ID:???
>液状化しなければ 柔らかいと逆に揺れが伝わり難くなり
>揺れないって事無いですか?
基本的には、表層地盤が柔らかいところは、
固いところに比べて揺れ幅が大きくなり、耐震的に不利になります。

>柔い造りの建物だと 風で揺れても
>地震で揺れ難いとか成りませんか?
せいぜい2階建ての家では、柔らかい家は地震でもよく揺れます。
よく揺れるから倒壊しやすいとは一概には言えませんが、
よく揺れるから外装・内装・建具が激しく被害を受けるとは言えます。

286 :283:2008/07/24(木) 00:27:51 ID:???
なるほどです!


そしてやっぱり自分の考え、イメージとのギャップを痛感致しました

ありがとうございました!

287 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/24(木) 00:37:30 ID:???
また大地震発生。
この地震王国日本で、耐震性の高い家を建てることはとても重要だ。

288 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/24(木) 12:19:39 ID:???
どんな家を建てればいいの?

289 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 01:14:58 ID:???
>>225です。
結局、全額自費負担で全部壊してやり直しとなりそうです。

ホールダウン金物を入れていない違法建築物を建てておいて、
自分が死ぬだけならともかく、他人の被害の責任まで負いきれません。

裁判も考えましたが、いくら違法建築物でも裁判官に建築構造(特に耐震)
に関する知識がないために勝てる見込みの薄いこと、きちんとした図面を
確認しないで発注した施主にも責任があること、仮に勝てたところで工務
店に損害賠償能力がないことなどを考えると、しない方が得策だそうです。

途中で気づいたので不幸中の幸いですが、
予定を大幅に上回る費用がかかり、私の人生は台無しです。
本当に>>241の言うとおりです。助言してくれた皆様ありがとうございました。

ちなみに欠陥住宅の第一位はホールダウン金物の省略だそうです。
皆様も最低限ホールダウン金物とアンカーボルトだけは十分気をつけてください。
わからない場合は、すべての柱に25kN用ホールダウン金物を付ける
ようにしておけば、チェックも簡単で、こんなトラブルもおこらないと思います。

290 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 01:46:20 ID:???
質問させて下さい

>>280  >>、せいぜい震度4の2倍、つまりは、震度5ぐらいまでしか想定していない。

と言う事は 震度の強さとは
震度4の2倍 = 震度5
震度5の2倍 = 震度6
震度6の2倍 = 震度7 〜 ∞

って事ですか?

291 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 06:58:20 ID:???
>>289
>全額自費負担って…

ちょ待てや、
力不足かも知れんが応援するぞ
幾らなんでもあんまりだろうが

292 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 08:12:05 ID:???
>>289
あまりにも ひどい 
なにか良い方法ないのでしょうか?
耐震補強などを良く知っている建築士 施工店 などで 
対処の仕方を知ってるところがあるような 気がしますが・・・・・
現場を見ないと 確実なことはいえないけれど・・・・


293 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 08:20:05 ID:???
>>290

まあ、すごく大まかに言ってそんなところでしょう。
厳密には計測震度I=2log(a0)+0.94で、a0はホニャララという長い式から
求めるのですが、それによると、震度と平均的な加速度には、おおよそ
次のような関係になります(あくまで目安)。

震度1 = 0.8gal〜2.5gal
震度2 = 2.5gal〜8gal
震度3 = 8gal〜25gal
震度4 = 25gal〜80gal (瞬間最大40gal〜110gal)
震度5 = 80gal〜250gal (瞬間最大 弱:110gal〜240gal、強:240gal〜520gal)
震度6 = 250gal〜400gal (瞬間最大 弱:520gal〜830gal、強:830gal〜1500gal)
震度7 = 400gal〜∞ (瞬間最大1500gal〜∞)

これを耐震基準に当てはめると

耐震等級1 = 200gal(C0=0.2)まで
耐震等級2 = 250gal(C0=0.25)まで
耐震等級3 = 300gal(C0=0.3)まで

となり、建築基準法を守っても耐震等級1では震度6にはもちそうにないということです。
今回の地震で被害が少ないのは、周期が短くほとんど携帯のバイブのような振動だった
ため、小物にしか被害が出なかったとのことで、これは珍しいケースです。

294 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 08:47:04 ID:???
>>289

>裁判も考えましたが、いくら違法建築物でも裁判官に建築構造(特に耐震)
>に関する知識がないために勝てる見込みの薄い

まさにその通りです。明らかに勝てると思える違法建築物・耐震偽装建築物
でも、工事側が勝ち、施主側が負けるという、おかしな判例が大変多いです。

>きちんとした図面を確認しないで発注した施主にも責任があること

冷たいようですが、それがいちばん大きいでしょう。あなたは低耐震建築物
を建てることにハンコを押したのでうから。一生に一度の大きな買い物なの
ですから、もっと勉強して、不足がないか確かめるべきです。今はグーグル
もあるし、Wikipediaに「ホールダウン金物」「釘」「欠陥住宅」など良質
な記事が載っている時代なのですから、そのぐらいは理解しておくべきです。
>>241の言っていることはもっとも正しいことでしょう。

>ちなみに欠陥住宅の第一位はホールダウン金物の省略だそうです。

私もそう思います。見えないところだけに、気づく人は少ないみたいですが。
現にここ10年ぐらい見た建築中の家のうち、正しくホールダウン金物
が入れられた家を見たことがありません。せいぜい1階柱脚のみ、2本〜5本
程度のものが多く、2〜3階は完全に省略されています。

295 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 08:49:59 ID:???
>>289
もちつけ、まずなあ責任所在をはっきりさせよう
請負者・監理者・検査機関だなこれらを相手に訴訟する訳だが
確かに裁判官には専門知識がないがこちらが学識者を手配し
法的・理論的に施工他に瑕疵があることを証明すれば100%勝てる。

ただ問題は双方にそれなりに訴訟費用がかかると言う事だ
双方学識者(構造専門家)と弁護士報酬だな、勝とうが負けようがかかるものはかかる
次に請負者が負けた場合損害賠償能力がない場合いくら全面勝訴の判決文を
勝ち取ろうがただの紙切れと化す事だな
次に時間と労力だ、果てしない時間と労力をかけて争って双方莫大なエネルギーを
かけても誰も得はせん、それとその期間中建物が風雨にさらされ劣化するのが怖い
速攻で手解体して基礎を作り直し木造架構を組みなおせばいいが使い物にならなく
なれば新材を手配しやり直す、一体そこまでして誰が得をするのかという事だな。

第三者建築士と弁護士を手配しろ、そして一週間なり二週間なり時間を与えろ
何か解決策が見つかるはずだ、慌てんな、慌てても誰も得はせんぞ。


296 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 09:16:40 ID:???
>責任所在をはっきりさせよう
>請負者・監理者・検査機関

それがなかなかに厳しい。
請負者は、契約の通りに工事を進めているだけで、ホールダウン金物を合法
的かそれより多く入れるようにとの指定はなかった。

監理者は、Wikipediaの「工事監理」に示す通りの仕事をする責任があるが、
そもそも構造計算書や基礎伏せ図などの構造図がないために、構造面につい
て工事監理をする責任がない(することが不可能である)。

検査機関は、まず確認申請を通したところは、現在の建築基準法は木造2階
建てなどの4号建築物については、構造的な図面は全く無くてもよいし、
構造的な面については責任を負わないというザル法なので、責任がない。

第三者検査機関は、建築物が合法であることが前提で、違法であるかの検査
をするところではないし、構造計算書や構造図との整合性を検査するところ
まではしない。あくまで自社マニュアルとの適合検査だけである。また、工
事業者が倒産したときの保障が請求できるが、合法建築物の場合に限る。

297 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 09:39:20 ID:???
>>292
補修方法としては、>>247の方法が考えられ、現に使われている方法である
が、これはせいぜい1本だけ入れ忘れた場合に使う方法で、1本補修するだけ
でもかなりのコストと労力がかかる。その割に効果の保障はない。

ましてや、大量に抜けているのなら、>>247の言うとおりお勧めしない。
つまり、一番重要で取り返しのつかないところを、手を抜いたということだ。
また、そういうところを施主もきちんと記した図面なしでGoしたことだ。


298 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 10:20:59 ID:???
>>296
んー

契約については民間(旧四会)連合協定の約款を使用していれば
第一条に おのおの対等な立場において、日本国の法令を尊守して…
と言う行があるからこれを(尊守して無い事)を証明すれば桶。

監理責任は昨年の話題の最高裁判決がある、要約:契約状態、委任料等に関係なく、
確認通知書に監理者として記名捺印した場合は、監理者として工事に対して責任が生じる。
(建築主と監理契約が成立したものとみなす) を認めた判例だから契約状態(図面の有無)
は関係なしに争えば可能性はなくはあるまい。

確認機関は…駄目だろうな法律を盾に主張してくるだろうな、そもそも法律上4号特例が
あるから確認する義務すらないと…

ただ結果がどうなろうと気の遠くなるような時間がかかるんだよな…
俺は双方が代理人たてて歩み寄りしたほうがお互いに得なような気がするけどなぁ

ちょっと他の人も意見くれない?よくわからん。

299 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 11:07:37 ID:???
板違いだ。 ほか行ってやれよ

300 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 12:01:41 ID:???
>>299
お前が行けや、ボケ

301 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 12:19:13 ID:???
4号特例がある限り、施主の相当な努力なしにしては、
耐震性の高い家を建てるのは難しいですな。

4号特例は、木造2階建ては構造計算書がなくても構造図がなくても
いいですよ、震度1で壊れる家でもいいですよ。勝手に建ててくださいね、
役所は一切責任負いませんからね。という糞特例きわまりない。

4号特例を廃止し、1号〜3号と同じようにどのような建築物でも、
構造計算書と構造図の審査があって、合格しなければ確認がおりないように
すれば、少しはまともになるのだが、去年の建築基準法改正で
4号だけスルーされた。むしろ1号〜3号は今までのままで十分だった。

だから悪質業者が、ここぞとばかりに、低耐震な違法木造2階建て住宅を
建てまくるようになり、以前にもまして耐震性は落ちた。

302 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 18:27:02 ID:???
>>301
4号特例がマジに裏目裏目に動いてるよな
>>225さんなんか「経費かかっても厳しい手続きのほうが良かった」
と心底思ってるだろうし・・・官僚ってなんであんなに馬鹿なんだろう。

303 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 19:07:47 ID:???
4号特例を悪用して耐震不足の違法な木造住宅を建てた会社は、
姉歯事件以降だけでも、こんなにある。

『戸建て分譲大手の一建設、681棟の耐震強度不足を発表』日経BP社 2006年6月19日
『戸建て分譲で大量の強度不足、アーネストワンの289棟』日経BP社 2006年9月28日
『木造3階建て23棟が強度不足、アーネストワンが公表』日経BP社 2007年1月22日
『戸建て分譲の「一建設」、強度不足新たに588棟』読売新聞 2007年3月30日
『<ファースト住建>住宅700戸の壁が強度不足 業者のミス』毎日新聞 2008年1月29日

上記は新聞記事になった大きなものだけなので、氷山の一角にすぎない。
中小企業の工務店などは、やっていてもいちいち新聞記事にはならないだろう。
そして、今なおホールダウン金物のない家や、壁量不足の家が、量産され続けている。

304 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 19:13:18 ID:???
これに鑑みて、国はやっと重い腰をあげ、4号特例を2008年12月に廃止すると
宣言した。

ところが、工務店や大工の人から猛反発にあい、この計画は無期延期になった。
仮にいつか実行することになっても、構造計算書や構造図はいらない方向で
いくとのことらしいので、結局何も解決になっていない。

今後も未来永劫、耐震性の低い家が大量生産され続けるであろう。
まったく人の命をなんだと思っているのか。

305 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/26(土) 20:49:38 ID:???
>>304
4号特例廃止は構造一級建築士制度の施行後か同時の予定
来年の5月か6月、必須になるのが地盤調査と構造図
RC並の計算書はいらないが軸組み量とN値計算の見込み
それか構造一級建築士の安全証明書の発行での免除 予定

306 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 00:23:43 ID:gdbuGxKM
マジか、でもどうせ、ザルなんだろ?

307 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 10:04:51 ID:???
ホールダウン金物の省略、構造用合板の省略、違法釘の使用は本当に多い。

2008年5月13日、国土交通省住宅局事務課長、4号特例無期延期を正式発表。
「今後、構造設計一級建築士制度の創設等を内容とする改正建築士法が施行
 されますが、四号特例の見直しを改正建築士法の施行と同時に実施するも
 のではありません。(中略)その実施時期はまだ決まっておりません。」
ttp://www.jio-kensa.co.jp/img/oshirase_080513.pdf

2008年6月10日、北海道住宅通信では、構造図面は建物ができたあとに
提出することでよいことになりそうだとの記事。つまりは、耐震不足な家
を建てて、耐震不足な図面を提出してももう出来上がっているから合格と。
ttp://arc-structure.sakura.ne.jp/cgi-bin/src/up0170.pdf

結局ザル法にザル法を重ね、ますます耐震性の低い違法な木造2階建築物が
合法的に建てられるようになる法律が突き進んで切る。

308 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 10:42:36 ID:???
次のサイト(ブログ)は特に問題だ。

自分が構造計算できないからって、科学的な構造計算を否定し、今までの
方法で正しいと言い張る。また、>>260>>261の言うとおり、阪神大震災
では新耐震の新しい建物でも倒壊したものが多かったにもかかわらず(特に
木造軸組工法)、新耐震のものは倒壊がなかったと言い張る。倒壊の原因は
シロアリと腐朽になすりつける。
ttp://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2007-11-25

このような考えの人がいる限り、業界に耐震性の高い家を建てようとする
意識は進まないどころか、ますます後退するのではないか。

木造の構造計算は確かに面倒であるが難しくはない。今はExcelやマクロも
あるし、専用の構造計算ソフトも出ているので、全く怯える必要はない。

309 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 18:22:26 ID:MhN23DPb
日経BP社によると、2008年5月22日に行われた公開実験にて、
筋交いは建築基準法仕様規定の強度を下回り、構造用合板は上回ることが判明した。

筋交いは折れたり外れたりしやすく、大地震では役に立たないことは、
>>5, >>8や、Wikipediaの「構造用合板」のページで既に解説されているが、
建築基準法の強度をも満たしていないとは非常に危険だ。

もはや、構造用合板を打ち付けた家でなければ耐震性が高いとは言えない。
とすると、木造軸組工法よりも枠組壁工法(ツーバイ)が有利になるのもわかる。

310 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 21:10:04 ID:???
290です >>293 さん解答ありがとうございます m(_ _)m

あと >>ホールダウン金物35kN用=35kN、

この35kN、って単位は 3.5トンって事ですか? それとも35トン??


ツーバイの場合 ホールダウン金物は付かないのですか?

311 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/27(日) 21:22:18 ID:???
>>310
35kN≒3.5tです。

ツーバイでホールダウン金物が必要かについては、
>>248に解説があります。
ちなみに、3階建てではかなり必要です。


312 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/28(月) 22:13:36 ID:???
>>309 たしかに合板のほうが有利な点が多そうだけど、筋交いは内外装仕上げると(サンドイッチされて)圧縮にたいして座屈しにくくなって耐力が結構アップするらしい。
合板に関してはそういう効果はあまりないのではないか?

313 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/28(月) 23:25:27 ID:???
筋交いは、層変形1/200程度で面外座屈が始まり、1/75程度で激しく飛び出して折れる。
その押し出す力といったらすごいもので、石膏ボードを割るわ、場合によっては面材
ごと剥がしてしまうわ、モルタル外壁は脱落させるわで、良いことがない。

一方、構造用合板が剥がれるにはすべての釘が抜ける必要があるので、層間変形1/30
程度まではもつ。しかも1/150の時よりもますます抵抗力が増してゆく。その間、
平面状態をたもち、膨らむこともない。

確かに面材でサンドイッチにすれば耐力はあがるけれども、それで被害が大きくなった
のでは元も子もない。そこで品格法などで耐力壁線の間隔を定義するときに、
・筋交いを含む耐力壁=靭性に劣る耐力壁=8m以内間隔に設置
・筋交いを含まない面材だけの耐力壁=靭性の優れた耐力壁=12m以内間隔に設置
と定めている。

314 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/29(火) 01:03:52 ID:???
私素人ですが・・・・

結局 筋交いって強過ぎて 圧縮方向の時に 桁を突き上げてしまうんですね?
筋交いを一本物の材木ではなく 中央付近で重ねて 一本のボルトで接合
引っ張り方向の時はそのまま抵抗するが 圧縮方向の時には接合部で折れ曲がり
力を逃がすとか・・・・・・・・

もっと進めて ワイヤーにターンバックル式の筋交いなら仕事は早そうですが
商品化は無理ですかね・・・・・・・・

315 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/07/29(火) 06:56:00 ID:???
>結局 筋交いって強過ぎて 圧縮方向の時に 桁を突き上げてしまうんですね?
まあ、そうして柱がほぞ抜けするから、必ずホールダウン金物で押さえるん
ですけどね。それで初めて筋交いが効くもんだから。
引張り専用筋交いは材端が(金物を使ったとしても)はずれやすいです。
令82条の許容応力時計算は、圧縮用と引張用で異なる強度が設定されて
いますが、おおむね引張りは圧縮の半分で計算します。

ワイヤーターンバックル式の筋交いは既に出ていますが、
引張りにしか効かないので、
片筋交いで壁倍率1倍、タスキ掛けで壁倍率2倍と、
強度が低くて、ほとんど使われていませんね。


316 :357:2008/07/29(火) 07:37:37 ID:???
314ですが 強度低いなら数を増やして・・・・・

って考えた所で  合板の方が安いだろうって気付きました

しかも金属だと結露しそうだし・・・・・・・・・○| ̄|_。

317 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/02(土) 11:08:53 ID:???
>>316

セルロース断熱を吹き込めば、金物が150〜170倍錆びにくくなるらしいです。
合板と筋かい、それぞれにメリットデメリットがあるのではないでしょうか?

318 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/03(日) 17:28:24 ID:???
隣の家が、ホールダウン金物が2つしか入っていない
在来工法の木造3階建て住宅(3階は屋根裏にみえる)を建築中です。

地震のときなど、柱が抜けて、自宅の方に倒れこんできそうで、
大変こわいのですが(見ただけで非常に恐怖感があります)、
他人の土地の、他人の所有物であるゆえ、
どうすることもできないでしょうか。

>>225の事件を参考に、できれば建て直ししていただきたいのですが、
そうしてくれなかった場合、倒れこんできたら賠償請求できるとしても、
自分が死んでしまっては元も子もありません。


319 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/03(日) 22:28:29 ID:???
>>318
倒れてきたって死ぬほどつぶれやセンだろ。
とりあえず写真でもとっとけ。

320 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/04(月) 06:57:32 ID:???
>>318
耐震の違法建築物は、近隣住民に恐怖感を与えるので、
また大変危険なので、ただちに取り壊してください、
みたくできれば良いのだが……。
姉歯事件のときは取り壊したような気がする。

>>319
阪神大震災では、住宅の倒壊による圧死が90%。
この中には、隣家のもたれかかりによる倒壊もかなり含む。
普通の家は、家が地震に耐えられるように作っていても、
隣の家の重みまで支えられるようには作っていない。

321 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/04(月) 07:33:32 ID:???
>>320

いや 確かに 隣の家の重みまで支えられるようには作っていないでしょうが

今現在建築中なんですよ・・・・・・・・・
今の基準で建ってるんだから 倒壊はしないでしょう って事なのでは?

322 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/04(月) 09:28:31 ID:???
>>320
>この中には、隣家のもたれかかりによる倒壊もかなり含む。

「かなり」って、はっきりしてるのはどれだけあるの?

323 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/04(月) 21:57:42 ID:???
こんなところで愚痴ってたって何も解決しないぞ

324 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/05(火) 09:10:19 ID:???
隣の心配よりも まず自分の家が倒れないようにする事だよな
加害者の方になりたくないし 
隣の家が危ないから建て替えてくれとも言えんしな


成12年頃に基準法が変わったらしいから それ以降のものは心配要らんだろう

それ以前の物でも 壊れるだろうが 倒壊まで逝くのは少ないのでは?
(阪神以降 意識が高まり 本当にやばい家は建て替えてると思う)


それでも隣に巻き込まれたら・・・・・・・・・

まぁ〜 諦めるしかないわな? 
 

325 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/05(火) 19:33:27 ID:b5xw4nwN
>>318
3階建てでホールダウン金物が2本だけとはまずあり得ません。
3階建てなら普通は半数程度の柱の上下にホールダウン金物がつきます。
まだ、隣家の建て主がホールダウン金物が不足していることに
気づいていない可能性があります(恐らく欠陥工事されているのでしょう)。
Wikipediaの「ホールダウン金物」を参考に教えてあげ、
現在の耐震基準を満たした合法な建物につくりかえるよう
説得してみてはいかがでしょうか。

それでもだめな場合は、役所の建築指導課に相談してみて、
違法建築物であることが確認され次第、除去・修繕などの
違反是正命令が下されることになります。

それにしても、いくら自宅の耐震性を高くしても、隣家が
(もともとある場合は除く)耐震基準を満たさない危険な家を
建てられてはたまらないですね。

326 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/05(火) 19:48:07 ID:???
>>318
ところで在来工法の3階建てなら構造計算書が必ずあるはずで、
そこにすべての入れるべきホールダウン金物が明記されているはずです。
しかし、悪質な業者は構造計算書の通りにホールダウン金物を入れませんし、
構造計算書を一切見せてくれません(又はそのようなものはないと言い張る)。
そのような場合は、確認申請を下ろしたところにコピーが保存されて
いますので、理由次第ではそれを利用できるかもしれませんす。

あと、ホールダウン金物不足の次に多い違法建築物は、
3階建てであるにもかかわらず、2階建てで確認申請し、
完了検査も2階建てで合格し、検査後に、3階に予め作ってあった
隠し部屋をつなげるという違法建築物です。

この場合、耐震強度は2階建て程度のものしかないばかりでなく、
各種の防火規定にも違反しており、大変危険です。
「3階は屋根裏に見える」という表現から気になりました。

327 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/06(水) 00:53:58 ID:???
>>325
>(>318:3階は屋根裏にみえる)
縦方向のプロポーションによっては実質2階かもしれない。
うまい壁配置をすれば柱の引き抜きが小さくなりV字プレート程度で
処理できるかもしれないよ。
そもそも論を言えば木造軸組の柱に引張応力を発生させること自体がアホ
なんだから、ひょっとしたらそれを回避している>318物件はいい構造計画
なのかもしれない。
まあ実際のものを見てみないと何とも言えないな。

328 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/09(土) 18:48:42 ID:???
>>318です。
どうやら隣の人はホールダウン金物のことを知らなかったそうです。
そこで、構造計算書のとおり入っているか調べるように勧めてみたのですが、
やっと出てきた構造計算書と照らし合わせてみれば、
ホールダウン金物が大幅に不足していたとのことでした。

まさか自分が耐震偽装の欠陥住宅を建てられるとは思っていなかった
ようで、相当にショックを受けている感じでした。

とりあえず、工事を中止し、どうするか協議に入るようですが、
現在の危険な建物は、取り壊してやり直しとなると思います。
おかげさまで隣家倒壊の恐怖からはとりあえず逃れられそうです。
いろいろな情報ありがとうございました。

329 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/09(土) 22:29:48 ID:???
えーと、なんすかこれ、

330 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/10(日) 18:22:31 ID:???
>>328 可能なら続報もおねがいします。

331 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/12(火) 11:24:53 ID:???
>>1
本当に耐震性の低い家ばかり増えてるな。
最低限の法律を守っても、震度7では28%倒壊するというのに、
それさえも守っていない違法建築物が次々と建てられている。

>>21のホールダウン金物省略事件といい、
>>56,>>58の違法釘事件といい、
>>225,>>289のホールダウン金物省略事件といい、
>>318,>>328のホールダウン金物省略事件といい。

まあ、ホールダウン金物は欠陥住宅(耐震偽装)の第一位確定ですな。
見えなくなるからって重要なものを省略、くれぐれも気をつけるように。
このスレは役に立つから>>1から全部読むといいよ。
耐震性の高い家を作る方法から、
耐震性の低い家を作る業界の実態もよくわかる。

332 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/12(火) 23:53:09 ID:???
教訓:
1.木造軸組工法にするときは、すべての柱の上下に25kN用のホールダウン
 金物をつけること。誰がどうみても間違えようがないから。
2.耐震等級3では物足りない。激震や隣家のもたれかかり荷重も考え、
 建築基準法レベルの3〜5倍の耐震性能は確保すること。
3.筋交いは極力使わず、構造用合板(特類)や強化石膏ボードを、正しい釘で
 大量打ちすること(それぞれCN50@50mmジグザグ、GNF50@50mmジグザグ)。
4.金があり地盤が良いなら壁式鉄筋コンクリート造2層程度とする。
 これなら地震でも火事でも隣家衝突でも耐えられ、しかも腐らない。
5.構造計算書と構造図一式はよく確認してからハンコを押すこと。


333 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 00:55:10 ID:???
基準法5倍だと、震度7でも正味無傷(弾性範囲)なんじゃないか?w
大工さんに笑われそうだな。いったい何建てるんだよってw

334 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 03:45:45 ID:???
昨日行った現場は 柱ホゾの変わりに 
http://www.kaneshin.co.jp/goods/tec_d.html
こんな金具を入れてたらしい

これだと 見た目ホールダウン入って無くても 同等の効果はあると思う
>>318 さんの話は これ使った家なんじゃないの?





基準法5倍って 現実性が無い気がする・・・・・・・・・・ 

335 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 07:10:42 ID:???
>>332 >建築基準法レベルの3〜5倍の耐震性能は確保すること。

ミサワホームだと、木質パネルの壁倍率を5倍で計算しても、だいたい基準法の3倍前後(軽い屋根の場合)の耐震性はあるようだ。
実際の壁倍率はもうチョイあるかもしれない。

スウェーデンハウスも大体それくらいの耐震性はある。神戸海洋波を2倍で加振しても弾性範囲(最大変形角1/179rad)という実験結果。

なので基準法の3倍あれば、ドンと構えていられるだろうね。


336 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:08:54 ID:???
>>334
いわゆる木造軸組の金物工法ですね。
本物見ると、梁端なんかはボルトが何本も並んでいて頑丈そうですね。
あれなら柱も梁も抜ける心配はないのではないかと、
私も結構注目しているのですが、

いかんせん、納まりが悪い(四角い建物しか対応しない)、
金物の値段が高い、プレカット工場が対応していない、
木材に梁受け金物など突起がつくので運搬コストがかかる、
大工が慣れていないなどの問題があるので、
今のところ採用に至ったことがありません。
でも耐震的にはとても良い品物だと思います。

>>318の隣家もホールダウン金物の不足を認めていることから、
普通の木造軸組工法ではないかと思います。

337 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:30:05 ID:???
建築基準法レベルの3〜5倍に賛成、
というか、>>293を見るに、基準法が低すぎる。

読売新聞の記事では次のようにある

「首都直下の地震、半年後も53万人が避難所暮らし」
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080808-OYT1T00444.htm

>首都直下地震が起きた場合、半年後も最大22万世帯53万人が住宅
>を失ったままになるという試算を東京大と東京工業大学の研究チ
>ームがまとめた。
>賃貸住宅や仮設住宅の数にも限界があり、研究チームは「住宅を
>耐震化し倒壊を防ぐのが重要」としている。

しかしそもそも、避難所が首都直下地震に耐えられるようにはでき
ていないから、「半年後も53万人が野宿」が正しいであろう。
そうすると、仮に生き残ったとしても、二次的要因(ストレスや衛
生環境の悪化)で亡くなる人も多いであろう。

結局、自宅が無事に建っていてそのまま普通に使い続けらることだ
けが頼みどころなのである。

338 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:40:58 ID:???
>>7, >>8の実大実験記事も見るに、同じことが言える。
耐震等級3(建築基準法の1.5倍)でも変形、
実質赤紙が貼られて、「危険、使用禁止」では、役に立たない。
もっとも、実験だから地盤は理想的に良くての話。


339 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:44:59 ID:???
>>337
>避難所が首都直下地震に耐えられるようにはできていない
ソースは?

>基準法が低すぎる。
最低のレベルを定めてるんだから、そこまでする必要もないだろ。
基準法を改正したら、数年以内に既存建築を適応させる義務を追加するだけで
劇的に被害は軽減されるはず。
回収しなければ、自己負担で取り壊しか、使用禁止にすれば済む。

既存不適格が防災の足を引っ張っているのは、過去の事例を見ても明らか。

340 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:45:23 ID:???
>>337
その住宅を失ったままになる22万世帯のほとんどが
古い基準法で建てられて家じゃないのか?

341 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 08:53:53 ID:???
>>335
ミサワホームやスウェーデンハウスの耐震性が高いことは認めるが、
ミサワホームは>>11や、スウェーデンハウスは他のスレを見ればわ
かるように、別の理由でお勧めしない。

しかし両者共通していることは、構造用合板でガチガチに固めた
壁式構造であるということと、建物が長方形であるということだ。
よって、平屋建てか、1階に細かい個室を配置、2階にLDKのみと
いう配置にすれば、あながち建築基準法の3倍程度というのは無理
な話ではない。


342 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 09:08:53 ID:???
>>340
古い家の人ほど避難所や仮設住宅を優先的に補給します、
というわけではないから、新旧とか関係なしだな。

むしろ新しい家の人のほうがローンを抱えている分、
いつまでも住宅を失ったままになりそうだ。

まあ、確率的には古い家のほうが倒壊しやすいが、
阪神大震災では新しくても倒壊したものが多かったので。

343 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 09:13:38 ID:???
静岡県とかだと、建築基準法にはないZ=1.2で計算しないといけないし、
建築基準法レベルでは確認おりない物件もあるそうだな。

344 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 09:31:16 ID:???
官僚用施設と宗教施設は恐ろしく頑丈だぞ。


345 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 09:58:58 ID:???
>>342 阪神淡路で倒壊した新しい在来木造は、筋交いを釘だけで固定、壁バランスが(かなり)悪いなどがほとんどだと思うけどね。
平成12年以降の建築基準なら倒壊するものはかなり少ないはず。

>>338 >>8 の>等級3(1.5倍の耐震性)は変形したものの、構造部分はほぼ無傷だった。

っていうのは、揺らしている最中は変形した、というごく当たり前のことが書いてあるだけだと思う。
1/30radくらい変形したらしいけど、それくらいだったら残留変形はほぼゼロだろうから、赤紙とかはありえない話。
実験のときは外壁つけずにやってるけど、実際の等級3なら外壁の余力があるだろうから(外壁による耐震性は計算に含まない)もう少し変形も小さくなる。

346 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 10:30:35 ID:???
>>337 基準法が想定している地震力のレベルはちょっと低いかもしれないけど、実際の建物はそれよりだいぶ強い地震でもたいていは大丈夫みたいですね。
たとえば、96年くらいに行われた実大実験だと、

建築基準ギリギリ(2階建て瓦屋根で壁量33)の家を神戸海洋波(818ガル)で揺らしてみたけど、
外壁のモルタル、内装のクロスに、開口部の隅のところからひび割れが入った程度。残留変位はほとんどなし。

さらに、筋交いを1/3撤去、 外壁を1/3撤去、石膏ボードを1/2撤去して同じく神戸海洋波で揺らしてみても、
柱2本が土台を踏み外す、筋交い3本が座屈した程度で、倒壊にはまだ余裕があったそうだ。

二階の床面積が一階の7割ほどの部分二階建てだったので、二階が軽かったためそういう結果になったのかもしれないですがね。
(基準法の壁量33というのは、総二階建てを想定したもの) 

347 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 21:56:38 ID:???
>>301,>>302,>>303,>>304にあるように、
4号特例を悪用して、新耐震以降でも壁量不足の家は建ちまくっているし、
平成12年の新耐震以降でも、偏心率の検討やホールダウン金物の検討を
していない(いわゆるホールダウン金物なし住宅)が相当数建っている。

木耐協の調査によると、新耐震以降でも壁量不足の危険な家が多いこと
に驚かされる。

姉歯事件のあとも改善の兆しはなく、ますます状況が悪化、新聞沙汰に。
HOWTECは、今になって、壁量計算の仕方、N値計算の仕方、4分割法計算
の仕方の講習会を開くようだが、法律がそれを守らなくてもいいように
できている以上、安請負じゃどうしても耐震性の低い家になるな。

348 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 23:00:02 ID:???
>>347 法律守ってなかったどうしようもないですね。
でも平成12年以降の物件の間取り見てると、外周にバランスよく壁を配置してるものがほとんどだし、筋交い金物の使用も当たり前な風潮になってきているので
危険な家はだいぶ減ってるように感じます。

知り合いの建築士さんは、4分割法の計算をつけて出すと、市のほうから「そんな面倒なものつけてくるな」って言われるといってましたw
公庫仕様だと必要になるそうですが。

349 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/13(水) 23:42:33 ID:???
>>348
そうなんです。
壁量計算書やN値計算書や偏心率計算書をつけて出すと、
これは出すな(出したら確認をおろさない)と言われるのです。

つまり、国は、4号建築物(木造2階建て)の耐震性について、
全く責任を負わないようにするために、このような態度を
とるように指導を徹底しているのです。

出して困るものなら、もともと何も計算しない方が得です。
すなわち違法建築物を蔓延させる原因がここにあるのです。
だから壁量やホールダウン金物の不足した家が多すぎるのです。


350 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/14(木) 15:19:54 ID:???
じゃ、あえて小部屋でも付けて3階建てで建てた方が安全かな?

351 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/19(火) 11:08:23 ID:???
安全という意味ならば平屋が一番!

352 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/19(火) 20:35:16 ID:???
ミサワホームの平屋とか強そうですねw
耐震性重視で中古の戸建ていろいろ見て回って、結局場所が悪かったからミサワの平屋はパスしたけど。

353 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/19(火) 20:39:29 ID:???
>>352
強いというよりも、荷重が少ない分の安全性。
平屋で有れば、法的にも耐力的な緩和が為されるわけで、一概に強いとは言えない。

354 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/19(火) 23:32:40 ID:???
現代的な仕様で建てた平屋であれば、耐力壁以外の余力が占める割合が相当大きくなるはずなので、法律ギリギリ守っただけでも、基準法の3倍程度の耐力があるかもしれない。

355 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/20(水) 07:55:28 ID:???
>>354
>基準法の3倍程度の耐力
それは有り得ないw

基本は耐力壁、その考えは平屋だろうが、3階建てだろうが変わらない。
耐力壁を有効に働く仕様にするべく、引き抜き考慮などで金物やアンカーを行う。

356 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/20(水) 23:01:52 ID:???
>法律ギリ>ギリ守っただけでも、基準法の3倍程度の耐力があるかもしれない。
法律ギリギリのものは、どう考えても建築基準法の1倍なのでは!?!?

ただ、平屋だと地震荷重が小さい分、外壁は構造用合板貼り、
内壁は筋交いタスキ掛けで、ほぼ建築基準法の3倍程度の
耐震性を得られる(注意:ホールダウン金物を忘れるな)。

ツーバイならなお良い。

357 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/20(水) 23:09:46 ID:???
ここで一句。

耐震は ツーバイ平屋の 軽い屋根

358 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/21(木) 09:06:26 ID:???
>>356
>外壁は構造用合板貼り、
>内壁は筋交いタスキ掛けで

そうではないよ。
変形性能や、仕口の関係で、同時に付けても実際に働く耐力的には限界があるから、これは意味無い。

平屋と雖も、全体のバランスを考え、小屋、屋根面の剛性も必要。
基礎には限界があるから、上物が箱ごとずれても耐える使用がベスト。

359 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/21(木) 20:09:14 ID:???
床面や屋根面の剛性を求めるなら、なおさらツーバイが強い。

上物だけの強度に関して言えば、
ツーバイは完全に箱型で一体化しているから、アンカーボルトだけ
はずせばトレーラーで家ごと運搬できる。
アメリカの洪水地帯で、家を高台に移動させるのを見たことがあるが、
幅はトレーラーからはみ出して、左右先端が少したれ下がっていたが、
全体的にはガッチリした感じで難なく家ごと運搬を終了していた。

あと、ミサワホームの木質パネル接着工法の宣伝で、
多摩川が決壊したときのアパートの写真がよく使われるが、
アパートの全長の半分が濁流で基礎がもぎとられ宙ぶらりんに
なっているにもかかわらず、先端が少したれ下がっていただけで、
全体的にはガッチリした感じで上部躯体だけで居座っていた。


360 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/22(金) 19:46:58 ID:???
>>313 実験によると、筋交いと石膏ボード複合すると、筋交いの座屈が抑えられてかなり耐力がアップするようです。
最大耐力時の変位は 1/89rad → 1/49rad に大幅に増え、
筋交いの最大耐力は石膏ボードとの複合によって 35.6%アップ(動的実験)。

面材の場合は複合による耐力アップはない模様。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004763696/
の図4左上、表2など

361 :360:2008/08/22(金) 19:59:26 ID:???
>>354で基準法3倍と書いたのは全く根拠がないわけでもないwので書いて見ます。

まず、実物大の総二階建て、一階の壁量は筋交いだけで48の建物の2階床レベルに力を加え変形1/30radになるまでの最大耐力を計測するという実験が96年ごろあったそうです。
結果は、筋交いだけの状態では最大80kN、次に内外装(石膏ボード、サイディング)仕上げたものだと最大180kN
これを強引に壁量に換算すると、内外装仕上げたものは壁量108くらいに相当する。
とすると、内外装仕上げることで壁量に換算して60増えていることになる。

この60というのは、間取りや開口だけで決まるものなので、平屋でも同じ間取りなら内外装が60位の耐力と考えました。
すると、瓦屋根の平屋(必要壁量15)でも壁量75相当の強度があることになり、基準法3倍くらいはいくのではと・・

しかしこの考えはちょっと問題があることに気づきました。


362 :360:2008/08/22(金) 20:05:11 ID:???
360に書いたように筋交いが面材にはさまれることで35.6%も耐力アップするとのなると、
実験で使われた建物(壁量48)の場合、筋交いの耐力は48→65に増えるので、
全耐力−筋交い=108−65=43 これが内外装の実力と考えられます。

平屋の場合は内外装仕上げると、15x1.356+43=63 くらいでしょうか?
でもこれでも基準法3倍くらいありますね ありゃりゃ。

363 :360:2008/08/22(金) 20:10:13 ID:???
もうひとつの問題は、361で書いた実験のように二階建ての二階床部分に加力した場合、一階の耐力壁周りの柱にかかる引き抜き力は、上に二階が乗っているぶんだけ小さなものになるので、
平屋の場合は引き抜きに耐えられなくなって壁の耐力をフルに発揮できない可能性が高いと思います。

でも引き抜きに耐えるようにさえ作れば、壁量63くらいの実力がある??のだろうか。
本当のところよくわかりませんw


364 :360:2008/08/22(金) 20:36:11 ID:???
実験の詳細は 建築技術 2006年4月号116ページからの記事にあります。
大橋好光という人が書いています。

ちなみにこの号は、ほかにも実験データなど非常に豊富です。
http://www.k-gijutsu.co.jp/cnd_fdp.jsp?ToshoNo=3912&HMon=2006/04&BCode=03325-04&DspEtc=index

365 :360:2008/08/22(金) 21:55:30 ID:???
>>360 計算ミスった!
筋交いと石膏ボード複合することでの筋交いの耐力アップは23.8%でした
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004763696/
の表2の上から3行目の動的のほうから

2/3*Pmax(最大耐力の2/3)
筋交い(B)と石膏ボード(G) 単体加算(B+G)で14.18
複合(BG)だと16.32に増え(+2.14)、それがすべて筋交いの耐力アップと仮定すると
筋交い単独(B)の9.01 が9.01+2.14=11.15
11.15/9.01=1.2375
 23.75%のアップ

366 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/23(土) 09:48:20 ID:???
>平屋の場合は引き抜きに耐えられなくなって壁の耐力をフルに発揮できない可能性が高いと思います。
>でも引き抜きに耐えるようにさえ作れば、壁量63くらいの実力がある??のだろうか。
>本当のところよくわかりませんw

>>44に書いてあるように、
現在の基準では、耐力壁が破壊するまでは柱が引き抜かれないように
ホールダウン金物を取り付けないといけないようになっています。
(壁破壊が先行するように告示の表やN値計算式ができている)
それゆえ、壁倍率の大きい場合や、カウンターウェイト(上部荷重)の
軽い場合には、それなりに大きなホールダウン金物になります。
工事業者がサボらない限り、耐力は発揮されるでしょう。


367 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/23(土) 09:59:44 ID:???
総2階と仮定して構造計算すると、
1階の必要壁量は、軽い屋根の場合、
建築基準法の1.00倍=36cm/m2
建築基準法の1.25倍=45cm/m2(耐震等級2)
建築基準法の1.50倍=54cm/m2(耐震等級3)
建築基準法の2.00倍=72cm/m2
建築基準法の3.00倍=108cm/m2
建築基準法の4.00倍=144cm/m2
建築基準法の5.00倍=180cm/m2
となります。
壁量計算表では、1階の必要壁量は、軽い屋根の場合、
建築基準法の1.00倍=29cm/mとなっており、上記と異なっていますが、
これは甘めの値で、構造計算の方が正確です。


368 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/23(土) 21:50:32 ID:???
>>366 >現在の基準では、耐力壁が破壊するまでは柱が引き抜かれないように

でもそれは、耐力壁の強度に見合ったぶんのホールダウンや接合金物でしかないと思うんです。
耐力壁以外の余力(平屋だと確実に余力のほうが大きいはず)がフルに発揮できるほどの引き抜き耐力は計算していないと思うんですけどどうなんでしょう?


369 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/23(土) 22:27:12 ID:???
確かに、石膏ボードなどの面材は実際には耐力壁としてかなり効くのに、
壁倍率にはカウントしないですね。

そこで>>66>>245>>289>>332がおっしゃるように、
全部の柱に25kN用ホールダウン金物(四隅はダブル)作戦ですよ!!

370 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/23(土) 22:35:46 ID:???
360からの書き込みに近い内容の論文見つけました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004839928/

窯業系サイディング12mmも結構耐力があるらしい。
かなり粘り強く、1/14rad 位まで耐力が増え続け、105x45mmの筋交いと同程度の最大耐力
そこまで建物が変形したらそれはそれで困りますが。

また、筋交いは面材ではさまれることにより、圧縮による座屈が抑えられ、どちらかというと引っ張りによる金物の破壊が起こるらしい。
(110ページ左下あたり)



371 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/27(水) 01:43:06 ID:???
>>42  >出隅・入隅・T字部の柱ではホールダウン金物を、XとYの両方向につける?
そんな間違った理解をしている素人が多くて困るんだよな!
構造設計事務所の(専門家を自称している)人でさえ
T字部の柱では3つの柱金物が必要だと言っていたので、あきれた。
ホールダウン金物は壁につけるもの・・・・みたいな先入観、あるんだよね。

X方向とY方向、または左右の壁を比べて
その中の最も大きな引き抜き力に対応すれば良いだけ。

不必要に多くつけると、柱頭柱脚を傷めるだけ。
壁がT字形に交差する部分で、3の各壁に筋かいが入っていたら
それらの中央の柱には、筋かい金物が3つの方向に取り付くけど
さらにホールダウン金物を、2つもつけるの?
地震がくる前に柱がボロボロになちゃうこと確実でしょ!

372 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/27(水) 06:52:41 ID:???
>X方向とY方向、
>その中の最も大きな引き抜き力に対応すれば良いだけ
地震の力はX方向とY方向別々に来るわけではないから、
X方向とY方向の大きい方ではなく合計した力のホールダウン金物が必要。
それが35kN以内なら1本で住むが、四隅とかだと普通は50kNとかになる
から、2つ必要になることがある。70kN以上になることはあまりないから
3つは必要なことはあまりない。

専門家でもそこは間違えるので注意が必要。
(構造計算ソフトも間違えて作られているものがあるので
手直ししなければならないものがある。)

むろんT字部ではX方向用とY方向あわせてもたいてい35kN以下だから、
1つで済むとは思うが。

「壁ごとに」というのは片方向につき左右両方見て決めているので、
左用、右用をたす必要がないが、壁が1枚ずつ壊れていった場合に、
片壁状態になっても耐力が落ちないように、念のために最低1つ入れ
ておくことはある。


373 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/27(水) 19:37:54 ID:???
>>372に同意。
X方向の地震力による柱の引き抜き力を計算し、
Y方向の地震力による柱の引き抜き力を計算し、
X方向とY方向の引き抜き力が同時にかかるものとして、
つまり両者の引き抜き力を合計して、
ホールダウン金物1つで足りなければ2つつける。

特に「耐震性の高い家」では高倍率の耐力壁を多用するので、
その分ホールダウン金物も大きくなるし、2つになる柱も
出てくるであろう。

374 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/27(水) 22:30:47 ID:???
ん???

通常、X方向とY方向で同じ強さで揺すられることは無いんだけど
そんな設計することになってんのか?

まぁ,安全側といえば安全側だが・・・

375 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/28(木) 00:08:34 ID:???
Q6:耐力壁が直交する柱に取り付ける金物について

Q6: 耐力壁が直交する柱に取り付ける金物について
隅角部などで壁倍率の異なる耐力壁が直交して取り付く場合、
それぞれの耐力壁から導き出される柱頭・柱脚金物は、
別々に取りつけなければならないのですか。

A6: X方向とY方向で、それぞれ必要となる金物を選択し、
そのうちの耐力の大きい方の金物をとりつけます。

ttp://www.howtec.or.jp/qui/faq/faq01-3.htm#Q6:

376 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/28(木) 10:17:40 ID:???
>>357
それいいよなぁ。
土地さえあればそうするんだが。

377 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/28(木) 19:22:20 ID:???
>>376
確かに建ぺい率と容積率を考えると、
平屋は現実的でなく、2階建てが現実的。
そこで>>341の意見を借りて、もう一句。

耐震は ツーバイ2階の 軽い屋根
       1階個室のみ 2階LDKのみ

注:洗面浴室は1階

378 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/30(土) 20:26:41 ID:???
1階は24畳のLDK 2階は書斎、ウォーターベッドにグランドピアノ
内心不安になりつつも
計算上は大丈夫、と自分に言い聞かせるのが玄人。

379 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/31(日) 00:49:07 ID:???
さらに恐ろしいことには、
1階はビルトインガレージ4台、
2階はLDK30畳+風呂洗面、
3階個室4つ、各部屋に大量の本棚とグランドピアノと高級ステレオ
屋上には象を4匹飼う。

普通の木造軸組み3階建て、
壁量ギリギリ設計、ホールダウン金物手抜き省略、
構造用合板省略、軸組みに直接防水シート+サイディング。
歩いたら揺れるわ、風が吹いたら揺れるわ、
自転車が通ったら揺れるわ、震度1で倒れるわ。

……って確認通るからこわい。
なんか建売で普通にありそうだ、売れそうだし。
(屋上の象はさすがにイナバ物置になっているとは思うが、
中には、趣味の園芸用土と砂利がビッシリ(汗…))

隣に住んでる人はたまらんな。

380 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/31(日) 01:09:15 ID:???
構造屋なんていちばん下請けで身分が低いから、
デベにむりやり>>379のような図面でもたせろと
要求されて、計算してみると明らかに持たない。
しかし、もたせないと次から仕事は他に回すと脅され、
仕方なく耐震偽装をするのも、業界の末期症状。

それを構造計算した建築士一人の責任に押し付け、
デベや確認を通した国は全く責任がないことになるように、
建築基準法と建築士法を改悪したところだ。

381 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/08/31(日) 17:51:22 ID:???
>>378,>>379
まあ、どうしてもそのように
耐震的に無茶のある間取りと重量物の設置を
したいのであれば、
鉄筋コンクリートラーメン構造か
重量鉄骨ラーメン構造にするのが一番ですな。
構造計算はC0=0.6でやってもらえば、
建築基準法の3倍になります。

382 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/01(月) 23:29:12 ID:???
パナホームの大型パネル構造と積水ハウスのシーカスではどっちがいいですかね?

383 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/02(火) 05:07:03 ID:???
制振装置のエネルギー吸収量が同じなら、面構造のパナのほうが強いような気もするけど、正直解らないですね。地震波&地盤、と建物との相性で変わってくると思います。

シーカスの実大実験の動画、積水のHPで見たけど、160kineの入力だとさすがにブレースが伸びちゃってますね。
パナのパネルはたぶん面材のビス止めの部分がめり込むような壊れ方になるのでしょうか?

ちなみにうちは築20年強の中古のパナホーム大型パネルだけど、耐震基準適合証明書出してもらったときの書類見たら、1階が基準法の1.5倍強ありました。
でも外周のパネルの開口部の大きさだけでパネルの耐力が決まるので、
偏心率が結構あります。偏心考慮して基準法1.5倍だからまあ強いとは思うけどw

384 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/02(火) 05:21:36 ID:???
383です
ちなみに積水の築20年弱の軽量鉄骨の部分二階建ても中古購入の際の候補でした。
こちらの図面を見ると、一階の耐力壁は外周だけみたいです。(実は字が小さくて判読できないだけかも)

今住んでいるパナの大型パネルも部分二階建てですが、一階の耐力壁は外周以外に、平屋と二階のつなぎ目のラインにも入っています。(壁倍率5倍くらいのパネルが2枚)
これだけじゃなんともいえないですが、パナのほうが構造に関する配慮は行き届いているのでしょうか?


385 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/02(火) 05:33:17 ID:???
20年位前の建物だとパナのほうが強いかもしれないですが、
阪神大震災以来、実大実験とか耐震に関する研究もだいぶ進んでいるだろうから
たぶん今の建物ならどちらでも十分強いのではないかなぁ。

386 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/04(木) 12:15:01 ID:???
>>377
それ良いんだけど、自分は不眠症で
LDKの下の寝室だと、LDKに誰かいると寝れないかも。
何か良い防音方法ないですか?

387 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/04(木) 22:48:42 ID:???
>>386
2×10の床根太の間に、2×6の天井根太を5cmぐらい低くして設置し、
天井根太のみに天井の石膏ボード12mmを二重にずらして打ち付ける。
(天井根太と天井石膏ボードは、床根太に接触してはならない)
石膏ボードの二重貼りの注意点は、>>77付近を参照。

天井内には、グラスウール100mm程度のものを吸音のために入れておく。

2階床の剛性を高め、床のきしみ音・床鳴りを防ぐため、
2階床の構造用合板は床根太に『ネダボンド』でベタで接着し、一体化する。

2階床の構造用合板の上には、直接フローリングを敷くのではなく、
ユカテック(ttp://www.asahikasei-kenzai.com/akk/pb/03/yukatech/index.html)か
ALC厚50mmを挟み込む。

388 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/05(金) 00:54:42 ID:???
>>386
ツーバイで限られた予算で2Fからの音伝播を抑えようと、
>>387に近い方法でやってみました。
(2階床:構造用合板24mm+石膏ボード敷き詰め12mm+フローリング)、
(天井内には100mm厚のロックウール、吊り天井構造)
余裕があれば、さらに遮音シート数mm厚を挟みたかったですが、
防音を施されていないモデルルームのそれと比べれば、かなりの効果がありました。

ただこれだけでは不十分で、
階段・廊下の空間で伝達する音が、より大きく感じられるようになりますから
階段やリビングの入り口などの要所にドアを設けたり、
寝室のドアを簡易防音ドアにするだとか、一工夫が必要になります。

加えて、上下階で電気やガス配管・アンテナ配線で梁に穴を開けますから、
そこもきっちり塞いでやることも大事だと思います。

389 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/05(金) 01:12:29 ID:???
2Fからの下水配管をどこに通すかも、検討して間取りも決めました。
・寝室や居間の天井裏には通さない。
・2Fトイレ(風呂)の真下は同じくトイレにするか、納戸などの収納スペースにする。
・1Fへ下水を流し落とす壁内の箇所も考えて、
 防音シートなどを巻き付け、石膏ボードを二重張りにする。

スレ内容と少し話がずれましたが、
床合板の厚みを増すことは、耐震性の向上などのメリットもあるので
やっておいても損はしないと思います。
もっと厚めの合板でもよかったかなぁ…

390 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 14:57:56 ID:???
>>387
これは、凄い!
そのまま大工さんにマジでお願いしてみます。
ありがとうございました。

391 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 15:00:38 ID:???
>>388
なるほど。
ドアと穴ふさぎがポイントですか。
こちらも頼んでみます。
ありがとうございました。

392 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 15:02:10 ID:???
>>389
こも参考になります。
厚めで考えます。

393 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 16:16:03 ID:???
>>391
寝室の5面(天井+壁4枚)石膏ボードは12mmをずらして使い
遮音シートも入れとけ。
柱→合板→12mmボード→遮音シート→12mmボードが最強
ただし簡易防音ドアにするとその部屋は専用給排気扇が必要。
窓は極力小さくペアガラス+内窓の二重窓にして遮音カーテンを
使え。シャッターも忘れずに。
勿論内壁と天井にはロックウールがすべて入る。

出来ればドアは防音で、壁面収納も多く作るとよい。
うちは鉄骨だがこの仕様で、ものすごい静かだ。 

394 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 16:18:09 ID:???
>>393
ミスった
× 柱→合板→12mmボード→遮音シート→12mmボードが最強
○ 柱(グラスウール等)→合板→遮音シート→12mmボード→12mmボードが最強

395 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 18:41:20 ID:???
雷が落ちても気付かない部屋がほしいな(*´ェ`*)

396 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 18:50:21 ID:???
>>395
394仕様でRCとか鉄骨ALCならほとんど聞こえませんよ。
上空付近で落ちれば地響きするくらい。 えらい遠くで聞こ
えてる感じで地響きどーん!です。

397 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/06(土) 23:43:49 ID:EwDAKj/7
良スレあげ

398 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/07(日) 16:13:10 ID:???
90年代の初めのころだったと思うけど、近所に鉄骨造8階建てのオフィスビルが建設中だった。
8階まで鉄骨が組みあがったところで工事が中断。
建ててた会社が倒産したらしく、その後半年くらい放置され、
結局3階から上が取り壊されて2階建ての店舗になった。

かなりの耐震性だと思うw

399 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/10(水) 11:51:04 ID:ldzuWPx4
>>394
木造軸組かツーバイしか無理なんだけど
マジでその仕様でやってみたいと思った。
ただし、前部屋はコスト的に無理そうだけど。
全部部屋やったの?

400 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/11(木) 19:55:36 ID:???
>>372-373
おまえらアホか?構造力学も木のことも解ってないだろ。
45度加力を考えたときにその軸応力は Xmax+Ymax にはならんよ。
だいたい四寸角程度の木の柱に引張応力が35だの50kNだの、その時点で「異常」だと気付け。
本当にそんな力がかかるのなら、いくら端部をホールダウンで固めても梁の差物のための
断面欠損部で引きちぎれかねん。

401 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/11(木) 22:44:54 ID:???
>>400
仮に正確に√(Xmax^2+Ymax^2)としても、
四隅の柱とかは35kNや50kNなんか普通に出てきますが。
通し柱の胴差部の断面欠損が大きいのは承知のうえなので、
そういうところは普通の柱+梁勝ちにしますが。

あなたがホールダウン金物を省略してコストダウンしたいのは、
わかりますが、他の人にそのような耐震偽装をしてはなりません。

また、ホールダウン金物を節約しようとして、隅角部に耐力壁を
極力配置しないように工夫することを美徳としている人もいます
が、そのような家は非常に耐震的に脆弱です。

402 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/11(木) 23:47:39 ID:???
まあまあ、ここは耐震性の高い家を追求するスレなんだから、
耐震上最も重要なホールダウン金物ぐらい、全部の柱に
入れておきなさいよ。多めだとしても、余力があって良い
じゃないですか。

このスレで、ホールダウン金物がなくてトラブルになる例を
さんざん語られているし、あとから付けられるものでもないし、
あって困るものでもないし。

403 :(仮称)名無し邸新築工事:2008/09/12(金) 06:37:06 ID:???
>>401
わかっちゃいないねえ。
そんな過大な引き抜けが発生するということは、もう耐力壁・筋交い配置が
「下手くそ&足りない」なんだよ。つまり構造計画の失敗なんだよ。
数字のお遊びは良いから、まともな構造設計してくれよ。
構造計画もないナンセンスな設計で「耐震偽装をしてはなりません」なんて
チャンチャラおかしいぜ。

あとさ、耐震要素配置の基本は慣性質量の存在位置に合わせてなんだよ。
特に剛床がいまいち怪しい木造では。その次に振り回されるところ。

隅角部に入れるとしても弱点だらけ・効きが悪い、という前提でいて下さい。
合板耐震壁の場合はいいですが、筋交いの時は要注意。

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)