5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

金融市場から経済を語るスレstage01

1 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/09(月) 12:58:19
アメリカのサブプライム問題でわかるように
今や金融経済は実体経済の数倍規模に膨れ上がっており
サブプライム問題や食料や原材料の高騰
金融市場の動向が実体経済にはかりしれない影響を及ぼします。

株価、為替、債権、商品、住宅、etc
ありそうでなかった。金融相場の動向から
経済の先行きなどの見通しを語るスレです。

2 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/09(月) 13:01:20
DJ-【米国株式市場概況】大幅反落、景気後退懸念・原油高騰で(ダウ・ジョーンズ)

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)6日の米国株式相場は大幅反落。
注目の米雇用統計が大幅に悪化し、景気後退懸念が再燃したことに加え、
原油相場の急騰が嫌気された。ダウ工業株30種平均の終値は前日比394ドル64セント(3.13%)安の
1万2209ドル81セントと、3月中旬以来の安値となった。

ナスダック総合指数は同75.38ポイント(2.96%)安の2474.56、
S&P500種指数は同43.37ポイント(3.09%)安の1360.68で引けた。

原油高騰と雇用統計に加え、
保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(NYSE:AIG)が
サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)が絡んだ契約の価値を
水増ししていた疑いについて証券取引委員会(SEC)が調査していると伝えられたことや、
地銀大手ナショナル・シティ(NYSE:NCC)の銀行部門が米通貨監督庁(OCC)の監視下に
置かれていると報じられたことも追い打ちをかけた。

信用収縮の問題は最悪を脱し、景気後退は回避されるとの楽観ムードから、
市場関係者の間では金融株は底を打ったとの見方が広がっていた。
しかしこの日の相場は、金融危機は終わっていないとのメッセージを投資家に突きつけた。


3 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/09(月) 13:07:00
DJ-【ユーロ債市場概況】CDS指数プレミアム拡大、米5月雇用統計で(ダウ・ジョーンズ)

米労働省が発表した5月の非農業部門就業者数は市場予想をやや上回ったものの、
強気材料とはならなかった。5月の失業率が22年ぶりの大幅な上昇を示し、
住宅価格の下落やガソリン価格の高騰に直面している米消費者が、
労働市場の軟化による圧力の高まりに立ち向かわざるを得ないことを浮き彫りにした。

5月の非農業部門就業者数は前月比4万9,000人減となった。
内訳を見ると、製造業部業、建設業、小売業やサービス業で幅広く雇用が減少したが、
減少幅は市場予想の前月比6万人減を下回った。
なお、4月は前月比2万人減から2万8,000人減に修正された。 

家計調査をもとに集計される失業率は、5月に0.5ポイント上昇し、
2004年10月以降初めて5.5%に達した。0.5ポイントの上昇は1986年2月以来最大となる。
家計調査によると、5月は雇用が28万5,000件減少する一方、失業が86万1,000件増加した。

また、スタンダード&プアーズ(S&P)は5日、
米金融保証会社(モノライン)大手のMBIAとアムバックの格付けを「AAA」から「AA」に引き下げた。
S&Pは、両社の資本ではなく、新規事業の見通しが暗いことや、金融面での柔軟性が低いことに加え、
自己資本に一段の圧力がかかる可能性があることを格下げの理由とした。

しかし、クレジット市場はこうした材料をこなす力が強く、
悪材料はすでに現在のスプレッドに織り込まれているようだとウニクレディトのアナリストは指摘した。
「モノライン業界や米住宅市場に対する長引く懸念は、クレジット市場を動かすには力不足だ」と
ウニクレディトのアナリストは語った。


4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/09(月) 13:08:05
現状分析

0) 不良債権の証券化、レバレッジによる信用創造、の手法の普及により、
  金融という虚業で取り扱う資金量が実体経済の10倍以上に膨れ上がった。
 もし戦争などの理由で、こうした電子マネーが実体経済に戻ってきた場合、
  大混乱になると過去に予想されていたが、サブプライム問題を機についに問題が噴出。 
1) アメリカの証券会社、銀行は既に破綻してるが数字をいじって生きてるように見せてる。
2) ヨーロッパもようやく悲惨な不良債権を表に出し始めた。脂肪カウント開始。
3) 中央銀行から出たじゃぶじゃぶの延命資金は原油など現物市場へ
4) 世界中で猛烈なインフレの進行。既にジンバブエ、アイスランドが実質破綻。
5) 世界各国のインフレ破綻とドルの信用崩壊が時間のどちらが先かという状況。
  世界各国がインフレ破綻すると、相対的にドルの信用が上昇し、ドルの崩壊は無い。
  先に米のクレジットクランチがおきたら世界恐慌。しかし、ドルを支えるFRBの資金も残りわずか。
6) 日本は郵貯がブラックロック経由でサブプライム債を買わされそう。不況確定。
  円はドル連動型の通貨なので、ドルが暴落すると円も世界の通貨に対し円安に動く。
7) G7の100日ルールによる不良債権の公開(7月)、秋の大統領選前後、に大きく
  相場が動く。個人の資産の対策はそれまでに終えておきたい。
8) 原油、穀物の価格は多少の調整はあるものの、以前の安値には戻らない。
  国際大資本が中小国家の農地・鉱山などの直接買収を進めている上、
  輸送関係の投資とコストの増大からも裏付けられる。低所得者、長期的に涙目。
9) 最終的に、先進国、ブロック化できる国、資源国以外は壊滅的な状況になり、
  それらの国の主要産業は一部の大資本に乗っ取られる形で終了の悪寒。
  新興国への投資はバクチ覚悟でおこなうか、今年中に手仕舞いしておく。
10)GSなどはこの状況でもレバレッジを下げていない大バクチを進行中。
  HFやレバレッジ型投資の規制が進まなかった場合、10年〜後に災厄再び。
  このような焼畑農業的な経済侵略を続けた結果、 最後には、超大資本
  軍産コングロマリットによる世界支配体制が確立していく。即ち、世界の奴隷

5 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/09(月) 13:12:58
DJ-【マーケット・トーク】米国失業率、1年で1%の上昇は景気後退示す(ダウ・ジョーンズ)

10:26(ダウ・ジョーンズ)米国5月の雇用統計で失業率が大幅に上昇した要因は、
労働人口が急増したためかもしれない、と
インサイト・エコノミクスを主宰するスティーブン・ウッド氏は言う。
しかし、いずれにしても、過去1年間で失業者は160万人から850万人に増加し、
失業率は1ポイント上昇して5.5%に達した点を指摘し、第2次世界大戦以降、
失業率が1年で1ポイント上昇するたびに、米国経済は景気後退(リセッション)に陥っていると指摘した。(PHI)



6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/09(月) 15:30:39
スレ終了w

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/09(月) 16:39:33
原油価格、供給不足で150ドルに上昇も=ゴールドマン
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32160520080609
ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)は9日、
原油価格が夏季に1バレル=150ドルまで上昇する可能性があると予想した。
需要が減少しつつあるものの、供給不足の影響がこれを上回るとの見方を理由に挙げた。


雇用統計や原油高で第4四半期米利上げ観測が後退
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32154020080609
シティグループのディクレメンテ氏は「米経済が下期に回復し、09年には潜在成長率を取り戻すという筋書きは、
現在の情勢を見ると実現が難しい。早期に緩和を解除できる状況ではない」と述べた。

デフレ脱却期待で海外勢が日本株買いを継続
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32159120080609
市場では「海外勢が売り姿勢に転じれば1万4000円大台を割り込む可能性もあるが
今朝段階では買い越し姿勢を継続しているとの観測が出ており市場に安心感が出ている。
脱デフレやサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題による
傷の浅さを手掛かりに、資金の持って行き場所として日本株を選好しているのではないか」
(野村証券エクイティ・マーケットアナリストの佐藤雅彦氏)との声が出ていた。




8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/09(月) 16:43:47
景気動向指数こうみる:緩やかに下降中、後退は短期間の可能性=カリヨン 加藤氏
http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPnTK014304220080609
在の3指数の形状はバブルのピーク後の1991年頃の景気後退に突入した前後に似ている。
5月には生産の大幅な回復が予想されているが、
CIの一致指数が再度上昇するにしても下降トレンドを逆転するほどにはならない可能性が高く、
景気循環のピークが過ぎたことは明らかだろう。


9 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:21:41
〔焦点〕米投資銀行決算、信用危機終結には程遠いことを示す見通し
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPnTK819127720080609

バーンスタインのアナリスト、ブラッド・ハインツ氏は
「投資銀行の株式は、債務担保証券(CDO)や住宅ローン、商業不動産に対する
現在のエクスポージャーに関して危機を脱していない。
投資銀行がバランスシートの大きな部分を凍結し、リスクに直面している限り、
業績の不透明感が続くと予想できる」と指摘した。


10 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:30:15
原材料価格高騰が企業収益に悪影響=津田財務次官
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32163820080609

田広喜財務次官は9日午後の会見で、同日発表された4月景気動向指数を受け、
4月以前に景気が山をつけた可能性に内閣府が言及したことに関して「年明け以降、
原材料価格の高騰などが企業収益に悪影響を及ぼしており、しっかり見ていきたい」と指摘した。



11 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:34:01
日経平均は大幅反落、売り一巡後は米景気見極めで様子見
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32160420080609

一方で、米国景気の先行き不透明感から戻りは鈍い。
「失業率悪化も悪材料だが、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長と
トリシェ欧州中銀(ECB)の足並みがそろわず、ドル高による原油高抑制が
できずにいることが気がかりだ」(準大手証券)との声が聞かれた。




12 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:40:27
景気動向:拡大期終わった可能性 「踊り場」より後退懸念
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080610k0000m020128000c.html

内閣府が9日発表した4月の景気動向指数(速報値)で、
02年2月以降続いてきた戦後最長の拡大を記録してきた景気が山を付け
「下降局面入りの可能性」が指摘されたことは、日本経済の先行き不安を一段と強めるものだ。
これが直ちに深刻な景気後退を示すものではないが、
今後、米住宅バブル崩壊や原油高による米国や世界経済の失速が深まれば、
日本の景気拡大のエンジン役となってきた生産が一段と落ち込むのは必至。
4月の景気動向指数で示された景気後退の兆候が現実化しかねない。

13 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:43:15
DJ-米4月の未成約住宅販売指数、前月比6.3%上昇(ダウ・ジョーンズ)


ワシントン(ダウ・ジョーンズ)全米不動産業協会(NAR)が発表した4月の未成約住宅販売指数は以下の通りだった。

未成約住宅販売指数 88.2 前月比プラス6.3%
市場予想(ダウ・ジョーンズ経済通信調べ) 前月比横ばい


14 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:48:40
原油高:歯止めかからず打つ手なく…主要国「深刻な懸念」
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080610k0000m020142000c.html

原油価格の急騰に歯止めがかからない状況が続いている。先週末の6日には米国の原油先物相場が1バレル=140ドルの大台に迫り、
8日に閉幕した主要8カ国(G8)と中国、インド、韓国によるエネルギー相会合は「深刻な懸念」を表明した。
投機マネーが原油価格を押し上げているとされるが、その流入を食い止める即効薬がないのが実態だ。【谷川貴史】


15 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 00:51:21
リーマン・ブラザーズ:サブプライムで上場後初の赤字に
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080604k0000m020135000c.html

米証券大手リーマン・ブラザーズが今月中旬に発表予定の08年3〜5月期決算で、
94年の上場後初の赤字に転落する見通しであることが3日、明らかになった。

16 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:28:27
DJ-IMF専務理事:米国経済の減速は、長く厳しいものになるおそれ(ダウ・ジョーンズ)

モントリオール(ダウ・ジョーンズ)米国における現在の景気減速の影響は、長期化するであろうために、
最近の記憶のなかでは最も大きなものになるだろう、と国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は9日、
当地での経済会合において語った。

「回復には時間がかかるだろう。2008年だけでなく2009年も、今後数四半期は(経済成長が)ゼロ近傍となるだろう」
との認識をIMF専務理事は示した。

米国のサブプライムモーゲージ(信用力の低い個人向け住宅ローン債権)危機の影響で、
大手金融機関は巨額な損失を被ったが、
「(その損失が)どれだけなのか、あるいは大部分が過ぎたことなのかどうか、とても分からない」と述べ、
「『未知の知られていないこと』について議論しているのだ」と語った。

最悪な事態を脱したのだとしても、その後に信用全般が引き締められているため、
景気回復に対する米国の企業と消費者の自信はまだ少ない。インフレのリスクが、
こうした経済的な問題を一段と増幅するおそれもある、とストロスカーン専務理事は指摘した。

(食料品とエネルギー品目を除いた)コアのインフレは2%程度にとどまっているもののの、
「債券市場の状況からみると、(インフレは)徐々に上向く可能性がある」と語った。

インフレの「過熱」と低成長による景気の「冷え込み」の間を切り抜ける道筋としては、
各国政府が個別の解決策を図るよりも、多国間の取り組みが求められると述べた。

この世界的な協力の一例として、中国政府が「中国と世界経済のいずれのためにも」
人民元相場のさらなる上昇を容認することを挙げた。



17 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:32:45
DJ-米ダラス連銀総裁:インフレが経済活動を損ない始めている(ダウ・ジョーンズ)

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米ダラス連銀のフィッシャー総裁は9日のCNBC放送において、
インフレが米国経済に影響を及ぼし始めているとの認識を示した。

「現在最も懸念している点は、一段とインフレ的な衝撃が予想されることだ。
こうしたインフレ的な衝撃を受けて、経済活動が損なわれ始めていると考えている」と
フィッシャー総裁は語った。

さらに、インフレを抑制しなければ、米国経済は持続的に成長することはできないと述べた。
フィッシャー総裁は、今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ地区連銀総裁のひとりで、
今年の利下げに対しては声高に批判してきた。

また、金融市場はやや健全になったものの、まだ危機から脱してはいないとする
ニューヨーク連銀のガイトナー総裁の講演に同意を示した。
そして、FRBの窓口貸し出しを受ける金融期間は、監督が強化されることを予想すべきだとした。

「われわれの窓口貸し出しを受けるものは、われわれが首を突っ込んで嗅ぎ回ることを予想するべきだ」と語った。

18 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:37:33
*6月13日
午後9時30分   5月消費者物価指数(4月前月比0.2%上昇、予想0.5%上昇)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午後10時55分   6月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報)(5月最終値59.8、予想59.8)
*6月16日
午後9時30分   6月NY連銀ニューヨーク州製造業景況指数(5月マイナス3.23)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午後10時     4月国際資本動向統計
17日午前2時   6月住宅建築業協会(NAHB)住宅価格指数(5月19)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

19 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:39:15
*6月12日
午後9時30分   5月輸入物価指数(4月前月比1.8%上昇、予想2.6%上昇)
午後9時30分   5月小売売上高(4月前月比0.2%減、予想0.5%増)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午後9時30分   週間失業保険新規申請件数
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午後11時     ダウ・ジョーンズ-三菱東京UFJ週間業況指数
午後11時     4月企業在庫(3月前月比0.1%増、予想0.3%増)
13日午前2時   10年債リオープン入札
13日午前5時30分 週間マネーサプライ

20 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:44:13
DJ-【イールド・カーブ】ドル金利(ダウ・ジョーンズ)


(年限) 3M 6M 1Y 2Y 3Y 4Y 5Y 7Y 10Y
---------------------------------------------------------------------
金利 2.691 2.958 3.188 3.628 3.976 4.187 4.324 4.534 4.726
---------------------------------------------------------------------
前日比 -0.4 -1.2 -2.3 +33.0 +31.0 +26.2 +21.6 +14.6 +7.2

* 金利 (単位:%)
* 前日比 (単位:ベーシスポイント=100分の1%)
-0-



21 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 09:44:48
DJ-【イールド・カーブ】円金利(ダウ・ジョーンズ)


(年限) 3M 6M 1Y 2Y 3Y 4Y 5Y 7Y 10Y
-------------------------------------------------------------------
金利 0.922 0.998 1.105 1.259 1.371 1.471 1.563 1.723 1.965
-------------------------------------------------------------------
前日比 -0.4 -0.4 -1.5 -2.6 -3.0 -3.5 -3.9 -4.5 -4.1

* 金利 (単位:%)
* 前日比 (単位:ベーシスポイント=100分の1%)
-0-


22 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 10:38:19
NY原油:反動の利益確定売りで反落、135ドル台に
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080610k0000m020164000c.html

前週末6日の取引で1日に10ドル超も値上がりしたため、
市場では原油高騰を嫌気して需要が減退するとの観測が広がっている。
ただ、空前の高値圏での取引が続いており、
米国内ではガソリンの平均価格が史上初めて
1ガロン=4ドルの大台を突破するなど影響が拡大している。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/10(火) 12:49:52
4月の機械受注、5.5%増 内閣府
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080610NTE2IPA01506062008.html

機械受注は機械メーカー280社が各業界から受注した生産設備用機械の金額を集計した統計。
メーカーが機械を受注してから6カ月ほど後に工場などに導入されて設備投資額に計上されるため、
設備投資の先行きを示す指標となる。

24 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/10(火) 13:15:09
インフレを警戒、景気の大幅な下降局面入りリスクは回避=FRB議長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32175520080610

議長の発言は、現在FRBの優先事項が金融市場での問題からインフレ問題に移っていることを示唆している。

国内経済については「今四半期の活動は鈍化する見通しだが、景気が大幅な下降局面に入るリスクは過去1カ月で低下したようだ」と述べた。
ただ、「住宅市場の縮小とエネルギー価格の上昇が続いているため、成長に関するリスクは依然下向きである」と指摘した。




25 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/11(水) 20:16:59
企業物価指数:5月、前年比4.7%上昇−−27年ぶり
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080611dde007020031000c.html

日銀が11日発表した5月の国内企業物価指数(05年=100、速報値)は108・7と、
前年同月比4・7%上昇した。4年3カ月連続の前年同月比プラスで、
4・7%の上昇は石油ショックの影響が残る81年2月以来27年ぶり。


26 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/11(水) 20:23:35
実感とかけ離れたGDP2次速報、GDIの注目度高まる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32209620080611

原油など輸入原材料価格高騰に伴う交易条件の悪化による海外への所得流出が、
GDPでは勘案されておらず、その点が大きな要因としてエコノミストの間で意識されている。
そのため所得流出分も考慮した国内総所得(GDI)への注目度が高まりつつある。
  


27 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/11(水) 20:48:54
4月経常黒字は前年比‐29.6%の1兆3809億円=財務省
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK011890920080610

貿易・サービス収支は1994億円の黒字で、黒字幅が前年比60.3%減少。このうち、貿易収支黒字は同38.4%減少、サービス収支は4353億円の赤字となった。
所得収支黒字は1兆2955億円で、同17.2%減少だった


28 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/11(水) 21:15:33
米消費者信頼感指数は‐45、前週と変わらず=ABC/Wポスト調査
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS819477120080610

声明は「米ガソリン平均小売価格が1ガロン=4.04ドルで過去最高を記録、
前週末には10ドル以上の原油価格急騰で株式市場が急落、
また米労働省が発表した5月の米雇用統計では、失業率が22年ぶりの大幅な上昇となるなど、
米国民は多くの不安材料を抱えている」と指摘した。


29 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/11(水) 21:18:13
米週間住宅ローン申請指数は+10.9%、4週間ぶり反発=抵当銀行協会
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819589920080611

ロイター・インベストメント・アウトルック・サミットに参加した
米ウォール・ストリートの著名エコノミスト、ヘンリー・カウフマン氏は10日、
米住宅価格について、2006年夏につけたピークからこれまでに12─17%下落しており、
今後全国的に25%程度まで下落してもおかしくないと指摘。
依然かなりの住宅在庫が積み上がっており、在庫調整の進ちょくは来年にかけて持ち越されるだろうと話した。


30 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:22:20
〔ロイター調査〕5月米CPIは+0.5%、昨年11月以来の大幅な伸びに
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS819686120080612

ワコビアは「コアインフレは年初と比べると鈍化しているが、ガソリンと食品の価格上昇を受け、
インフレ期待は大幅に上昇している」と指摘した。
また「経済成長率がトレンドを下回る状況が続けば、インフレは減速傾向となるだろう」との見方を示している。


31 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:26:48
米住宅価格、2010年までに最大30%下落する可能性=JPモルガン・セキュリティーズ
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK819684120080612

同氏は住宅価格が06年のピークから25─30%下落し、2010年まで底打ちしない可能性があると予想、
サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅ローン)証券市場のなお一段の下落を見込んでいる。
クレジット市場も巨額の評価損計上と消費者債務から生じる損失の圧力にさらされる見通しで、
国際通貨基金(IMF)は世界の投資銀行の評価損が1兆ドルに近付くと推定、
JPモルガンは6000億ドルと試算している。





32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/12(木) 16:26:52
株式スレ無くなったのか

33 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:28:41
信用収縮の影響は数年続く可能性=米ブラックロックCEO
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS819677720080612

同CEOは、最悪の状態は脱したが、その影響は今後もまだ続くと指摘。
信用収縮、バランスシートの膨張、銀行の融資縮小により
「金融危機に関連した経済問題は今後数四半期、もしくは数年にわたって続く可能性がある」と述べた。



34 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:32:27
米金融・債券市場展望=新規失業保険申請件数や小売売上高が焦点
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS819675520080612

12日の米国債市場では、週間新規失業保険申請件数や小売売上高が焦点となる。
米連邦準備理事会(FRB)の利上げに耐えられないほど米経済が弱体化していることが示された場合、
市場の懸念は緩和される可能性がある。


35 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:35:21
米金利は低水準、インフレを高進させる可能性=セントルイス地区連銀総裁
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819645320080611

セントルイス地区連銀のブラード総裁は11日、2%という政策金利は非常に低水準で、
連邦準備理事会(FRB)が今後措置を取らなければインフレを高進させる可能性がある、
との見方を示した。


36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/12(木) 16:48:51
着眼点として非常に良スレだが経済板では需要が低いぞ。
どうせなら株板や市況板に建てた方がマシだったろう。

37 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:54:33
米地区連銀報告:個人消費減速 物価高の悪影響拡大
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080612k0000e020038000c.html

エネルギーや食料品価格の上昇で個人消費が減速するなど、
インフレ圧力の影響が経済活動全般に悪影響を及ぼしつつあることも報告された。
また、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響を受けている住宅市場は、
引き続き大半の地区で弱く、製造業も不振が続いている。


38 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:56:28
NY原油:一時138ドル台 需給逼迫で最高値に迫る
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080612k0000e020003000c.html

英石油大手が昨年の世界の原油生産は微減だったとの統計をまとめたことから、
供給不足への懸念が広がった。
前日までの2日間で計7ドル超下落した反動もあり、上げ幅を拡大した。


39 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/12(木) 16:58:05
経済最前線:養鶏業者、破綻急増 飼料価格高騰が直撃
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080612ddm008020114000c.html

業界では「日本の養鶏業は崩壊する」との声も出ている。

40 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/13(金) 04:41:41
再送:UPDATE1: 5月の米輸入物価は+2.3%、石油輸入価格の大幅上昇で
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819829320080612
 
石油を除いたベースで輸入物価は0.5%の伸びにとどまった。
石油輸入価格は7.8%上昇。前年比では68.8%上昇し、03年2月以来最大の伸びとなった。
食品・飼料・飲料の輸入価格の伸びは1%と小幅にとどまった。
ただ、前年比では13.9%上昇し、1995年3月以来最大の伸びとなった。



41 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/13(金) 04:43:43
UPDATE1: 米新規失業保険申請件数は予想上回る38.4万件、受給総数も4年ぶり高水準
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819830120080612

5月31日終了週の受給総数は5万8000件増加し313万9000件となった。
これは4年ぶり高水準。7週連続で300万人を超え、失業者の就職難を示している。

42 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/13(金) 04:45:07
UPDATE1: 5月の米小売売上高は+1.0%、税還付効果で予想を大きく上回る
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819828720080612


ガソリン価格高がガソリンスタンドの売上高を押し上げたが、
これを除いても売上高は0.8%増と1年ぶりの大幅な伸びとなった。

5月は税払い戻しの大部分が実施されるため、支出が増加するとみられていた。
ハイ・フリークエンシー・エコノミクスの首席エコノミスト、イアン・シェパードソン
氏は「税還付による売上高の増加は一時的だ」との見方を示した。




43 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:22:58
波乱含み、忍び寄る世界的インフレの懸念に動揺も=来週の東京株式市場
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPnTK0STOCKS20080613

先行き不透明感の中心は世界的なスタグフレーション懸念だ。原油や穀物など国債商品価格の上昇が実体経済に悪影響を及ぼしている。
インフレに悩む新興国だけでなく、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題の傷をいやすために金融を緩めるだけ緩めていた米国など
一部の中央銀行も金融引き締め方向に転換、ようやくインフレ退治に乗り出してきた。
BRICSはそろって金融引き締めしたほか、欧州は利上げを明言し、
米国も年末までに0.75%利上げすると金利先物市場では予想されている。

44 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:25:02
米FRB、インフレ高進回避のため金融引き締めが必要=前議長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32255120080614

さらに、金融市場の混乱は恐らく3月にピークに達したが、
今後どの程度続くかを見極めるのは困難との見方を示した。
「金融危機が終了したとすれば、(米景気にとっての)最悪期は終わったことになる」と述べ
「しばらくは難しい状況になり、悪化することも改善することもあり得る」と述べた。


45 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:28:04
米国株式市場は続伸、落ち着いた米コアCPIを好感
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32254720080614

5月の米CPIは、総合指数が前月比0.6%上昇した。
一方、コア指数の伸びは0.2%にとどまり、アナリスト予想と一致した。

この日発表された6月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値は予想を下回り、
28年ぶり低水準となった。ただ、CPIほどは材料視されなかった。



46 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:32:02
ドル相場はG8の主要議題とはならない=独財務次官
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK820032520080614

次官は、為替市場の過度な変動は望ましくないというのが自身の基本的な立場だと語った。
G8がどのようにインフレに対応すべきかとの質問には、
供給と需要の両面から対処する必要があると答えた。


47 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:34:49
ECBは7月利上げの可能性だけ指摘、混乱ない=ゴンサレスパラモ専務理事
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32255420080614

年内に2回の利上げがあるとの市場の見通しについて
「われわれは次の会合のこと、および上向きのインフレリスクが前回会合以降高まったことについて指摘した。
市場はその通りに評価すべきだ」とした

48 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:38:27
原油・食料価格上昇によるインフレに強い懸念、「市場混乱よりも脅威」=G8拡大会合
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK012404120080613

会合では、原油価格高騰の背景について、投機マネーの影響を指摘する声も出たが、
実態が不透明であり、解決策など踏み込んだ議論には発展しなかった。
原油高とドル安の関係についても「全く議論にならなかった」という。


49 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:40:36
米メリルは追加増資の可能性、第2四半期は損失予想=リーマンのアナリスト
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT820022720080613

「現時点で、メリルが小幅損失を計上すると予想している」とし、
主に金融保証会社(モノライン)を通じてヘッジしていた資産担保証券(ABS)CDOについて、
引き続き簿価が低下していることを理由に挙げた。


50 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:42:57
UPDATE1: 6月米ミシガン大消費者信頼感指数速報値は56.7、28年ぶり低水準
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819994320080613

消費者期待指数は49.0に低下し、1980年5月以来の水準となった。
調査では「物価の急上昇と失業者数の増加を背景に、消費者信頼感は引き続き悪化した」
とした。

51 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:44:55
G8財務相会合:インフレ抑止で共同歩調 声明採択へ
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080614k0000e020045000c.html

◆G8財務相会合共同声明のポイント◆

・原油、食糧高騰によるインフレ圧力を懸念、世界経済の安定へ協調
・産油国の増産投資拡大と新興国を含めた需要国の省エネ促進
・各国の原油在庫量の情報開示充実など市場の透明性向上
・食糧価格の抑制に向けた農業の生産性向上
・サブプライム問題での金融機関の損失開示と資本増強を歓迎
・途上国のCO2排出削減を支援する「気候投資基金」創設など地球温暖化問題での協力強化


52 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 12:46:33
長期金利:上昇、一時1.88%に
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080614ddm008020153000c.html

米国のインフレ懸念を背景に米長期金利が上昇し、この流れを引き継いだ。

53 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 13:20:42
消費動向調査:消費者心理が悪化 米同時テロ後以来、過去2番目水準
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080614ddm008020151000c.html

消費者心理を示す消費者態度指数(一般世帯、原数値)は前月比1・3ポイント下落の33・9で、
2カ月連続で下落し、米同時多発テロ後に景況感が急速に悪化した
01年12月(33・0)に次ぐ過去2番目の低水準となった。
内閣府は消費者心理の判断を7カ月連続で「悪化している」とした。

54 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/14(土) 13:22:54
白川・日銀総裁:景気、物価を両にらみ 米欧との協調利上げ否定
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080614ddm008020139000c.html

日銀は4月末、08年度の消費者物価上昇率を1・1%、実質成長率を1・5%と予測したが、
総裁は「物価は上振れ、景気は下振れのリスクを意識している」と表明した。


55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/16(月) 10:47:27
日経平均$換算チャート
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3747.gif

上値抵抗体(画像中の黒線)を未だ突破できず。
下値抵抗体(画像中の赤線)を突破し75日線割れ

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/16(月) 15:10:03
週足で見る日経平均$換算チャート(=海外投資家の視点)

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3808.gif

上記チャートを見ればわかるとおり日本株は長期で下値を切り下げており
長期ダウントレンドである事がわかる。
株価からみた日本の景気はすなわち
株価が長期ダウントレンドと言う事は景気の減速、もしくは後退期をあらわす

ちなみに5月始の週足大陽線を先週下抜いたため中期でも調整局面に突入したのではないだろうか
長期トレンドがダウントレンドなだけに下げ局面では更なる安値更新も懸念される






57 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:06:11
韓国、8年ぶりに純債務国に転落の可能性
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-32278320080616

 韓国は純債務国への転落が国際的な信用力を傷付ける可能性を懸念している。
 こうした懸念は最近、格付け会社のスタンダード&プアーズも表明している。

6月豪中銀議事録、多大な時間をかけ利上げ討議との言及なし
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32300020080617

 オーストラリアでは小売売上高が今年1─4月は横ばいで、5月も引き続き振るわなかったもよう。
 住宅市場の見通しも比較的弱めで、きょう発表された第1・四半期の住宅着工件数は3.3%減少した。

前場の中国株は下落、インフレや非流通株の大量流入をめぐる懸念で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32300420080617
 
 17日の中国株式市場では薄商いのなか、上海総合株価指数が下落して前場を終えた。
 インフレ懸念や非流通株の市場への大量流入をめぐる懸念に圧迫された。

58 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:08:35
アジア通貨動向(17日)=総じて強含み、インフレ抑制のための通貨政策を巡る思惑で
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK818287820080617

 韓国ウォン<KRW=>は1.7%上昇。ディーラーによると、韓国金融当局によるウォン買い・ドル売り介入が支えとなった。
 当局は、ウォン相場の下落を防止することで輸入価格の上昇による国内の物価上昇を食い止めようとしている。
 シンガポール、台湾、中国も同様に、自国通貨の相場をインフレ抑制のツールとして利用する戦略に出ているものとみられている。
米ドルが対ユーロ<EUR=>と対円<JPY=>で弱含んでいることもアジア通貨の相場を支えている。米ドル軟化の背景には、
米連邦準備理事会(FRB)が利上げに対しどのくらい積極的であるかが疑問視され始めたことがある。
一方、ユーロ圏のインフレ率が過去最高を更新したことで、欧州中央銀行が7月にも利上げに踏み切るとの観測が強まった。





59 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:11:22
資源・食料の高騰は金融・資本市場の不安定さに起因=金融担当相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32297920080617

また「ドルの実質実効為替レートが史上最安値圏を更新している。
先週末の主要8カ国(G8)財務相会合では、ドル防衛の議論は行われなかったようだが、
この問題の認識は共通に持っていく必要がある」と語った。


60 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:16:47
〔クロスマーケットアイ〕米当局が過度な利上げ織り込みをけん制か、続く市場との神経戦
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK014505020080617

<複数メディアが米利上げの織り込み過剰と報道>
日本時間の16日夜から朝にかけて、欧米メディアが一斉に市場の米利上げ織り込みの
程度は過剰、との記事を配信した。米ワシントン・ポスト紙の著名コラムニスト、ロバー
ト・ノバック氏は「バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長がインフレよりも原油価
格高騰による世界経済の成長減速を懸念しており、利上げする意図はない」との見方を同
議長に近い筋の話として示した。
その後も、英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙(電子版)が年内3─4回の米利上
げ予想はFRB内の見解の均衡点と一致しないようだと伝えたほか、米ウォールストリー
ト・ジャーナル(WSJ)紙(電子版)は、FRBが6月のFOMCで政策金利を据え置
くのがほぼ確実で、インフレ見通しが著しく悪化しない限り、秋前に利上げする根拠はな
いと現時点でみているようだと伝えた。



61 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:24:25
UPDATE1: 6月の米FOMCは据え置きがほぼ確実、インフレ見通し悪化しなければ秋前の利上げない可能性=WSJ
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK014478820080617

 WSJは、8月利上げ説について、それまでに2カ月分の雇用統計をはじめ、各種インフレ指標が発表されることもあり、
 可能性は排除できないとしている。米経済全般や金融システムが急ピッチで回復をみせ、インフレ動向が著しく悪化すれば、
 FRBは金融緩和スタンスの転換を決断する可能性がある、という。

62 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:26:37
緩和解除時期は難しい、過去に待ちすぎたことも=米リッチモンド地区連銀総裁
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnJT818215020080616

ラッカー総裁は講演後、記者団に対し「時期の問題は難しい」とした上で、FRBは過去にやや待ち過ぎたようだと語った。
5月の米小売売上高が予想外に強かったことについて、政府の景気対策に絡む戻し減税の効果が表れた可能性があるとした。
戻し減税後も消費が持続するかを見極めるには数カ月かかるだろうとした。


63 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:31:52
中期的なインフレ抑制がECBの最優先課題=オランダ中銀総裁
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnJT818199420080616

 この日発表された5月のユーロ圏の欧州連合(EU)基準消費者物価指数(CPI)が前年比3.7%上昇と過去最高を更新したことについて問われた際、
 総裁は「われわれの見通しは変わらない」と述べた。
 トリシェECB総裁が7月利上げの可能性を示唆した6月5日の会見メッセージは十分に明白だったと指摘。
 ただ「今年下半期について憶測するのは時期尚早だ」と語った。
 ウェリンク総裁は「われわれの主な優先課題は中期的なインフレの安定化だ」と述べた。

UPDATE1: トルコ中銀が予想通り0.5%利上げ、必要に応じて追加利上げの可能性示唆
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnJT818223020080616

 中銀は声明で「追加利上げの規模や時期は、世界市場の動向や外需、財政政策の実行、中期的インフレ見通しに影響するその他の要因次第」とし、
 必要に応じて慎重な利上げをさらに行う可能性があると述べた。


64 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:47:36
月例経済報告:後退懸念、一段と アジア向け輸出も弱含み
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2008/06/17/20080617ddm008020140000c.html

 6月の月例経済報告が3カ月ぶりに景気の基調判断を下方修正したのは、景気のリード役である輸出企業の活動に弱さが出てきたためで、
 「踊り場」にある景気の後退懸念が一段と強まった。

地域経済動向:関東など8地域、景況感下方修正−−拡大経産局長会議
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2008/06/17/20080617ddm008020159000c.html

 全体の基調判断を「おおむね横ばいで推移するも、一部に弱い動きが見られる」と、3回連続で下方修正した。
 景況感を8地域同時に下方修正したのは05年2月以来。
 各地域の報告によると、10地域すべてで中小企業を中心に企業収益が悪化した。 

原油先物相場:NY 終値は続落
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2008/06/17/20080617dde007020068000c.html

米国産標準油種(WTI)の7月渡しが一時1バレル=139・89ドルの史上最高値を更新した後は
利益確定の売りに押されて下落に転じた。

外為・株式:東京=12時 1ドル=107円88〜89銭
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080617k0000e020057000c.html
 外為・株式:東京=12時 1ドル=107円88〜89銭
 17日正午現在の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円88〜89銭と前日の午後5時時点に比べ60銭の円高・ドル安となった。


65 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:51:48
ASEM会議:インフレ懸念を強調−−声明を採択し、閉幕
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2008/06/17/20080617ddm008020148000c.html

声明は(1)米国経済の減速(2)金融市場の緊張(3)インフレ圧力−−の三つの下振れリスクにより、
世界経済は「困難な時期」と指摘。原油と食料高騰に対応するため、エネルギー、農業の両部門への投資拡大を促した。
高騰の要因について、実需と金融の両面から分析する必要性も確認した。

66 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/17(火) 15:55:51
※6月16日の記事

DJ-【マーケット・トーク】米FRB、景気懸念のなか利上げは不可避か:ドイツ銀行(ダウ・ジョーンズ)

 22:38(ダウ・ジョーンズ)米国のインフレ率が今後数カ月間にわたり予想以上のペースで上昇した場合には、
 「経済成長のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)による下支えがない」状態でも米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げせざるを得ないだろうと、
 ドイツ銀行のアナリストらは指摘している。ドイツ銀行としては、米経済は減速を続け、
 失業率は2009年上半期中に6%を超えるとみている。現在、ユーロは1.5500ドルおよび167円50銭近辺、
 ドルは108円03銭前後で取引されている。(YUS)

DJ-【マーケット・トーク】ドル下落、6月NY州製造業景況指数の悪化を受けて(ダウ・ジョーンズ)

 21:42(ダウ・ジョーンズ)ドルは、6月のニューヨーク州製造業景況指数が悪化したことを受け、
 下落している。ユーロは前週末13日終値の1.5365ドルおよび166円09銭に対し、1.5493ドルおよび167円25銭近辺に上昇している。
 一方、ドルは13日終値の108円10銭に対して、107円97銭前後で取引されている。(RFO)

DJ-NY州製造業景況指数、6月はマイナス8.68(ダウ・ジョーンズ)

 ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)ニューヨーク連邦準備銀行が16日に発表した
 6月のニューヨーク州製造業景況指数は以下の通りだった。
 6月のNY州製造業景況指数 マイナス8.68 (前月実績 マイナス3.23)
 市場予想(ダウ・ジョーンズ経済通信調べ)  マイナス1.5


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/18(水) 00:00:16
長期金利チャート
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0160

http://www.bb.jbts.co.jp/data/index_kinri.html

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/18(水) 14:13:55
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5157.gif
チャート図の楕円は短期で高値切り上げする
今回の相場の起点を囲っているのだが
過去の起点(赤楕円)が連続した陽線であるのにたいして
直近(青楕円)は陽線が連続していない
これは上昇力の弱まりを明らかに示していると見られる。

14000円台を超えるような材料
(たとえば下期or来年上期のの景気回復)がなければ
相場はちかぢか調整局面入りする可能性が高い


69 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:21:59
米週間住宅ローン申請指数は‐8.7%、借り換え申請が落ち込む=抵当銀行協会
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT818505420080618

住宅ローン借り換え申請指数(季節調節済み)は15%低下し1378.6と
2006年7月以来の低水準となった。
新規住宅購入のためのローン申請指数(季節調整済み)は4.3%低下し360.2。
30年住宅ローン金利(固定、手数料除く)は6.57%と前週から
33ベーシスポイント(bp)上昇し、07年7月以来の高水準となった。



70 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:24:48
再送:中国の労働力は枯渇しつつあり、労働コスト上昇の恐れ=社会科学院研究者
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK818482820080618

蔡氏は、雇用の拡大と賃金の上昇は消費拡大を後押しすると述べ、
「出稼ぎ労働者を含む低所得者層は、高所得者層よりも貯蓄率が低い傾向がある。
賃金が上昇すれば、(貯蓄に回さずに)これまで我慢していたものを買うなど、
消費が拡大する可能性がある」との見方を示した。


71 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:27:33
5月のマレーシアCPIは前年比+3.8%、22カ月ぶりの大幅上昇=国内取引相
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS818493420080618

5月のCPI上昇率は22カ月ぶりの高水準で、エコノミストの予想を上回った。



72 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:30:25
米上院指導部が住宅ローン関連法案で合意、3000億ドルの救済基金など
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS818479620080618

上院の法案によると、連邦住宅局(FHA)の下に住宅ローン保険基金を設立し、
不良化したローンを最大3000億ドル引き受ける。
また、ファニーメイとフレディマックを監督する新たな規制当局を作るほか、
両機関が購入できるローンの額を20万ドル以上引き上げ、
一部高級住宅市場では上限が62万5000ドルになるという。

73 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:32:11
UPDATE1: インフレ率は受け入れがたいほど高い、金利の見直しが必要=シュタルクECB専務理事
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK014647620080618

専務理事はECBの中でもインフレ警戒派の1人。
専務理事はまた、「ユーロ圏の重要地域で価格や賃金に上昇傾向が見られ、
二次的影響が表れていることを憂慮している」と述べ、
インフレ率の急上昇が他の問題を誘発しているとの考えを示した。



74 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:33:50
インド株式市場・序盤=不安定な展開、インフレ懸念で
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS818466620080618

インド統計局の局長は17日、同国のインフレ率は当面、前年比8─9%にとどまり、
2ケタまで上昇した後、2008年第4・四半期に低下に転じるとの見通しを示した。



75 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:38:46
〔アングル〕ドル買い限定的でアジア通貨下げ止まり、調達通貨の円は買われず
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK014622420080618

タイバーツ<THB=>やインドルピー<INR=>、フィリピンペソ<PHP=>、韓国ウォン<KRW=>、台湾ドル<TWD=>など、
軟調地合いが続いていたアジア通貨に下げ止まりの傾向が見えてきた。
前週末に大阪で開かれた主要8カ国(G8)財務相会議をはさんでドル安是正の共通認識が強まったものの、
ドル買いが限定的となっていることが背景。
しかし、同じアジア通貨でも円は調達通貨に過ぎず、ドルとユーロに翻ろうされるだけで、
結果的に強まることはないとの見方も出ている

76 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:42:10
5月全国百貨店売上高は前年比‐2.7%、3カ月連続で減少=日本百貨店協会
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK014621220080618

 同時に発表された5月の東京地区百貨店売上高は前年比2.3%減となり、3カ月連続で減少した。

4月改訂景気動向指数のCI一致指数は前月差0.7ポイント低下=内閣府
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK014613620080618

 4月景気動向指数のコンポジット・インデックス(CI)は、一致指数が101.7(2005年=100)となり、
 前月差0.7ポイント低下となった。先行指数は92.8で、同2.0ポイント上昇となった。


77 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/18(水) 22:44:24
米経済、減税効果で向こう数カ月はプラス成長維持=SF地区連銀
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS818439220080618

 グループバイスプレジデントのルーベン・グリック氏は「住宅市場の悪影響が後退するにつれて、第2・四半期と第3・四半期の経済成長率はより強くなるだろう」と述べた。ただ「景気刺激策の終了後、第4・四半期には成長がやや鈍化する見通し」ともしている。
 5月上旬に公開された前号のニュースレターでは、サンフランシスコ地区連銀は、第2・四半期の成長率はマイナス、と予想していた。
 また2009年の米経済については、住宅市場の一段の改善と信用の状況向上を背景に、およそ3%の成長となるとの見通しを示した。



78 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/19(木) 09:55:28
*6月19日
午後9時30分  週間失業保険新規申請件数
午後11時    ダウ・ジョーンズ-三菱東京UFJ週間業況指数
午後11時    6月フィラデルフィア連銀景況指数(5月マイナス15.6、予想マイナス11.0)
午後11時     5月全米産業審議会消費者信頼感指数(4月前月比0.1%上昇、予想横ばい)
20日午前5時30分 週間マネーサプライ

79 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/20(金) 00:16:11
米新規失業保険申請件数は38.1万件、前週は38.6万件=労働省
http://jp.reuters.com/article/marketEyeNews/idJPnJT818663020080619

 日付までの週 申請件数 4週間移動平均 受給総数
 06/14/08 381,000 375,250 Unavailable

米消費者信頼感指数は‐44に小幅改善=ABC/Wポスト調査
http://jp.reuters.com/article/sponsorEconomicNews/idJPnTK014551820080617

調査では、指数を構成する3項目はまちまち。米経済について明るい見通しを示した回答は1%ポイント上昇し13%。
購買環境が好ましいとの回答も1%ポイント上昇して23%となった。家計について明るい見通しを示した回答は変わらずの48%。

80 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/20(金) 00:19:35
DJ-フィラデルフィア連銀景況指数、6月はマイナス17.1(ダウ・ジョーンズ)
 フィラデルフィア(ダウ・ジョーンズ)フィラデルフィア連邦準備銀行が19日に発表した
 6月の製造業景況指数は以下の通りだった。
 6月の製造業景況指数(総合) マイナス17.1 (前月実績 マイナス15.6)
 市場予想(ダウ・ジョーンズ経済通信調べ)  マイナス11.0

DJ-【マーケット・トーク】ドル下落、6月フィラデルフィア連銀景況指数の悪化で(ダウ・ジョーンズ)

 23:12(ダウ・ジョーンズ)ドルは、6月のフィラデルフィア連銀景況指数が予想以上に低下したことから、
 ユーロと円に対して下落している。現在、ユーロは1.5490ドル近辺、ドルは107円86銭前後で取引されている。(RFO)


81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/23(月) 09:55:40
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org9313.gif
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org9312.gif
いよいよ日本株は正念場である。
週足での大陽線(日足での4連陽線にあたる)13540円を割れば完全に
中期も下落トレンド入りになる、(長期はずっと下落トレンドのまま)
もしそうなると3月につけた最安値を再び試す展開となり
つまり株価から見て下期の景気回復シナリオは絶望的になる。

まずは短期の直近安値13888円を割り込むと
75日線までの調整の可能性が高くなるので
(まずは週足である13680円近辺に26週線があるのだが恐らく割り込むのではないかだろうか)
そこが最初の注目点である。




82 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/23(月) 14:12:39
今日発表の経済指標:米国は今晩

*6月23日
午後11時     5月シカゴ連銀全米活動指数(4月マイナス1.17)
24日午前2時   13週および26週政府短期証券入札
*6月23日
午前8時50分  4-6月期法人企業景気予測調査
午後2時    5月全国スーパー売上高(4月前年比0.8%減)

83 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/23(月) 14:19:10
法人景気予測調査:大企業の景況感5.9ポイント下落
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080623k0000e020048000c.html

自社の景況判断指数は中堅企業・全産業が同4.0ポイント低下のマイナス18.1ポイント、
中小企業・全産業は同6.1ポイント低下のマイナス36.5ポイントとなり、
いずれも過去最悪だった。
7〜9月期見通しは、大企業がプラス3.7ポイントと回復を見込む一方、
中堅、中小企業は依然として水面下に沈み、企業規模が小さくなるほど景況感の悪化が深刻になっている。


84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/23(月) 14:19:38
商品の単価が1万円以上場合、消費税の税率を15%にする。

商品の単価が1万円未満の場合の消費税率は現行のまま税率5%に据え置く。


貧乏人でも1万円以上の物を買う時はあるし、金持ちでも1万円未満の物を買う時もあるので、
幅広い国民に公平な負担を求めるという消費税の基本理念は貫ける。
したがって当面の間、これが最善の消費税率と言える。

85 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/23(月) 23:02:19
5月のシカゴ連銀全米活動指数、‐0.96に上昇
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819030220080623

シカゴ地区連銀は、景気拡大局面後に3カ月移動平均がマイナス0.70を下回れば
「景気後退(リセッション)に突入した確率が高まる」としている。

86 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/23(月) 23:22:22
スタグフレーションの兆し強まる
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=39560

現在世界にはドルの過剰流動性という危険なゲームが渦巻いており、早く福田政権を引き摺り降ろし、
政権交代で独自のスタンスの日本を創出したい。
米国は、日中が保有する外貨が日中が更に接近することで、市場に放出される懸念を抱いており、
それが北朝鮮「核申告」劇の引鉄にもなっている。
欧州も、ロシアも、アラブも、中国も、そして日本も債権国であり、米国は最大の債務国であるから、
ドルがコケると国がコケる。
だから日中が接近することを懸命にけん制するのだ。(日本と中国は世界一位二位の外貨を保有している。)
だから日中が握手しそうになると、北朝鮮の核でかき回す。最早、アメリカは世界のお荷物だ。


87 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/24(火) 09:10:50
東京(ダウ・ジョーンズ)
*6月24日
午前10時    営業毎旬報告
午後0時45分  2年利付国債入札結果
東京(ダウ・ジョーンズ)米国
(*は米国の日付、各項目は日本時間)
*6月24日   米連邦公開市場委員会(FOMC、25日まで)
東京(ダウ・ジョーンズ)欧州(*は欧州の日付、各項目は日本時間で表示)
*6月24日
午後3時10分   [独]7月GfK消費者信頼感指数
午後3時45分   [仏]5月消費支出(4月前年比0.4%増、予想2.0%増)
午後3時45分   [仏]5月住宅着工件数
午後3時50分   [仏]6月製造業調査(景況感指数:5月102、予想101)
午後4時30分   [伊]6月消費者信頼感指数(5月103.2、予想102.0)
午後11時05分 [独]6月Ifo経済見通し
時間未定     [欧]トリシェECB総裁講演(ドイツ)

88 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/25(水) 00:24:33
追加
*6月24日
         米連邦公開市場委員会(FOMC、25日まで)
午後8時45分   ICSC-UBS週間小売チェーン店販売
午後9時55分   レッドブック週間小売売上高
午後10時     4月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(3月前月比14.4%低下)
午後11時     6月リッチモンド連銀製造業指数(5月マイナス3)
午後11時     6月全米産業審議会消費者信頼感指数(5月57.2、予想57.0)
25日午前0時30分 4週政府短期証券入札
25日午前2時   2年債入札
25日午前6時   ABC・ワシントンポスト週間消費者信頼感指数

89 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/25(水) 00:26:44
DJ-4月のケース・シラー住宅価格指数(10都市)は前年比16.3%低下(ダウ・ジョーンズ)

 ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が発表した
 4月のケース・シラー住宅価格指数は以下の通りだった。
 10都市指数 前年比マイナス16.3% 前月比マイナス1.6%
 20都市指数 前年比マイナス15.3% 前月比マイナス1.4%

DJ-米6月の消費者信頼感指数、50.4に大幅低下 (ダウ・ジョーンズ)

 ワシントン(ダウ・ジョーンズ)全米産業審議会(コンファレンスボード)が24日に発表した
 6月の消費者信頼感指数は以下の通りだった。
 消費者信頼感指数 50.4 (5月 58.1)
 市場予想(ダウ・ジョーンズ経済通信調べ) 57.0





90 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/25(水) 09:49:34

東京(ダウ・ジョーンズ)日本
*6月25日
午前8時50分  5月企業向けサービス価格指数(4月前年比0.5%上昇、予想0.7%上昇)
午前8時50分  5月通関ベース貿易収支
午後0時35分  13週政府短期証券入札結果

東京(ダウ・ジョーンズ)米国
(*は米国の日付、各項目は日本時間)
*6月25日
         米連邦公開市場委員会(FOMC)
午後8時     抵当銀行協会週間借入申請指数
午後9時30分   5月耐久財受注速報(4月前月比0.6%減、予想0.5%減)
午後11時     5月新築住宅販売(4月前月比3.3%増、予想3.0%減)
午後11時35分   週間石油統計
26日午前3時15分 FOMC政策声明

東京(ダウ・ジョーンズ)欧州で、6月25日
(*は欧州の日付、各項目は日本時間で表示)

*6月25日
午後5時     [伊]4月小売売上高(3月前年比1.0%減、予想0.3%増)
午後5時30分   [欧]トリシェECB総裁証言(ブリュッセル)
午後6時     [欧]ユーロ圏4月製造業新規受注(3月前年比2.5%減、予想3.5%増)
午後7時     [英]6月英国産業連盟(CBI)流通業動向調査(5月マイナス14、予想マイナス17)

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/26(木) 00:36:40
5月の米新築1戸建て住宅販売、前月比‐2.5%の年率51.2万戸=商務省
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819377420080625

92 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/26(木) 01:43:25
UPDATE1: 5月の米耐久財受注は前月比変わらず、電子機器など底堅い
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819403020080625

企業の設備投資をみる上で参考になる、航空機を除く非国防資本財は0.8%減で、
予想の1.4%減ほど落ち込まなかった。4月は当初の4%増から3.1%増に
下方修正された。



93 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/26(木) 01:45:54
〔表〕5月の米住宅着工許可件数・改定値=商務省
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819395220080625

(単位:前月比%)

            5月       4月       前年5月(比)

改定  前回  改定  前回    改定  前回

 住宅着工許可   -0.4 -1.3 5.4 5.4 -35.7 -36.3

(単位:1000戸)

 住宅着工許可件数 978 969 982 982 1,522 1,522

  1戸建て住宅   635 623 649 649 1,063 1,063

  集合住宅    343 346 333 333 459 459


94 :オンザエッジ ◆T1En5N0PeU :2008/06/26(木) 01:49:11
UPDATE1: ECB総裁の証言で7月利上げ濃厚に、複数回の利上げは言及されず
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT819406420080625

総裁は「6月5日に理事会を代表して述べたことに付け加えることも取り消すこともない」とし、
「インフレ期待をしっかり抑えるために、次回の理事会で小幅に金利を動かす可能性があると述べた。
その可能性がある、と述べた」と語った。
6月理事会後、金融市場は7月の25ベーシスポイント(bp)利上げ、
さらに年末までの25bp追加利上げの可能性を織り込んだ。


95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/26(木) 02:16:26
そういえばレアメタルで有名な社長の中村繁夫さんの新刊が出たみたい。
下のURLで、『資源争奪にみる今後の世界経済』っていう音声が聞けるってのやってるし。

誰か、この『2次会は出るな!』っていう本、読んだ人いる?

http://www.forestpub.co.jp/amazon/2jikai/


96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/26(木) 15:35:47
★橋下知事は知っていても橋下支持者には理解できない現実
 平成20年度の府債は前年比116.7%増加

平成19年度 2292億5200万円
平成20年度 2674億2400万円(前年比116.7%)

歳入に占める府債発行額の割合は7.0%→9.2%に増加

http://www.pref.osaka.jp/zaisei/20yosan/tousho/1-3.pdf

英雄気取りで自民党に喝入れてる暇があったら
府税が▲700億(95.2%→93.9%)と大幅に落ち込み自主財源が減って
減収ほてん債850億で国に援助してもらってる大阪を何とかしろよ

府税の増収計画でもさっさと策定して出せ。もう就任3ヶ月だぞ?
まだか?

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/27(金) 09:18:20
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」

ウォーレン・バフェット

(・∀・)けけけ

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/02(水) 12:46:00
重複スレがあるようなの以後こちらに書き込むようお願いいします。
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1209980279/l50


57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)