5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の最大の格差は世代間格差だろ?

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/28(土) 22:55:32
借金してひたすらこの国を食いつぶしてきたジジイババア
とそのツケを払わされる若者の格差が酷い。
選挙においても、人口構造(これもジジイババアどもによる所為である)
の関係で若者の政治的意思は発揮されにくい。
日本は終わった国だと思う。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/28(土) 23:34:55
長生きは良いことですか?

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/28(土) 23:41:08
価値を生産しつづける限りは全体的に良いことです。
金だけかかるのでは、全体で見ればよくないでしょう。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/28(土) 23:47:49
生まれたときから、図書館がありコンピュータがあり
飛行機、自動車、病院、道路がある

若者が享受しているインフラは金銭的価値を考えたら多大なものがある

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 00:35:27
今のババアとかは年金掛け金ゼロで年金もらってるからなあ

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 08:47:13
>>1 大阪府知事 橋下知事
   「子どもたちにツケを先送りしない」
         
  
   これって真実だと思う。

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 08:49:48
子どもたちにツケを先送りしないためにも
声をあげて世代間の受益と負担の格差を解消しよう。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 08:59:53
>>5
かけ金方式の日本の年金制度は最初から間違っていたんですよ。

かけ金はそっくりそのまま年金給付に回ることが前提ですが、
多い時は、あまり支給額が多すぎるのもいかがなものか、
と余った金をグリーンピアなんかに回して
大散財してしまいましたからね。

あの厚生官僚は、
この梅雨空の下で今ごろ何をなさってるんでしょうか?

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 09:45:32
雇用という観点だと、
1997年入社〜2005年入社組が就職氷河期の最悪期。
90年代前半(93〜96年頃)でも「その時も苦労した」という意見が
あるが、氷河期組からすればまだまだ楽勝世代。データで証明されてるからね

単年度で見ると2003年入社組が就職内定率最低の年度。今年入社6年目の人達。


10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:19:56
所得税の累進性強化するべき

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:25:22
後期高齢者医療でピーピー言っているが、
彼らの金融資産は大きい。
今よりもずっと低負担のもとで築いてきた財はもっと
社会に還元すべき。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:29:00
年寄りにはもっと働いてもらわないかん。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:34:36
>>11
>今よりもずっと低負担のもとで築いてきた財は

今のような高負担はいったい何が原因ですか?

国民にとって経済的な幸いは低負担のもとで財を築けることなんです。

今よりもずっと低負担のもとで財を築いてきたことを責めるのは筋違い。

むしろ若い人が低負担のもとで財を築けるようにすることが大事でしょ。

高負担な社会を改めること、それにはどうしたらいいんですか?

ここんとこ考えてください。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:37:19
>>13
老人が死ねばいいわけですね、わかります

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:42:39
政府の借金について言うと、借金の負担は実質その年の
世代が払ってきた。政府が国債を発行したり郵貯、年金基金から
お金を借り入れて公共事業をしたってことは、同時期に
民間企業が借りられるはずだった金を政府が借りてたってことだから。
つまり割りを食ってたのはその頃の民間であって今の民間じゃない。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:47:56
商品の単価が1万円以上場合、消費税の税率を15%にする。

商品の単価が1万円未満の場合の消費税率は現行のまま税率5%に据え置く。


貧乏人でも1万円以上の物を買う時はあるし、金持ちでも1万円未満の物を買う時もあるので、
幅広い国民に公平な負担を求めるという消費税の基本理念は貫ける。
したがって当面の間、これが最善の消費税率と言える。

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:48:22
ええ、だから高齢者の方々にも相応の負担を求めたいわけです。
「高齢者」=「弱者」⇒若い人たちで支えよう!
こんなことが超高齢化社会でも通用すると考えたら大間違い。
ただでさえ、安定した職も収入も得られないで苦しんいる若者が
激増していると言うのに。
すべて先の世代が悪いんですよ。
巨額の財政赤字、ジリ貧の社会保障、格差社会・・・
すべて先の世代が決めたことで生まれたんです。
そしてこんな理不尽に対して若者が怒らないのも、そういう
教育=洗脳を受けてきたからなんですよ。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:48:40
385 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/03/18(火) 13:58:09

国の歳出の純合計242.4兆円に地方の予算を加えて国から地方への補助金・交付金などの重複部分を差し引いた額つまり日本中の『官』界が司る支出は2004年度は297兆円にもなる。

これだとGDP比はさらに上昇して約6割に達する。

この割合をどう評価するか 

諸外国と比べてみると欧米の主要国、米・英・独・仏の平均は40%程度なので日本の突出ぶりは明白である。


19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:55:53
>>17
>すべて先の世代が悪いんですよ。

すべて先の世代じゃなくて、今の「官」が悪いんですよ。

コピペですが>>18を見てください。

公的部門にどれほどムダなお金が流れていることか。

死に金になっているこのお金をもっと有効に活用できたら、

大抵の問題は解決できますよ。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 10:57:52
「増税反対!」「庶民をいじめるな!」
とかなんとか言いつづけて、自分たちは年金で海外旅行なんかに行って
人生を楽しみつつ自分たちが食いつぶした日本を傍目に死んで逝くんでしょ。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:02:45
我慢しろ。
そのうち遺産相続で若者に降りてくるから、それまで待て。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:03:04
>>19
予算決めてるの国会なんですけど。
そしてその国会選んでるのは国民ですよ。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:04:03
金持ちの娘と結婚したい。
遺産で大金持ちになって、いずれはニュージーランドに立派な家を建てるんだ。

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:05:00
>>20
成功してそんな人もなかにはいらっしゃいますが、

大抵はその日暮らしの人ばかりですよ。


25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:08:26
>>24
アリとキリギリスで言えばキリギリスさんが多かったんでしょうね。
自業自得ですよね。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:15:54
>>22
建前で言ったらおっしゃるとうりです。

しかし、たとえば特別会計の中身でさえ、野党の国会議員には知らされていなかったんです。

こんなことで、どうして国民に正しい選択の余地があります?国会の運営も、国民の目から隠された密室で行われてきました。

鶏が先か卵が先かの水かけ論みたいになりますが、国民に選挙権があるといいながら、実際上今までは有名無実のものでしかなかった、と言えるのではないでしょうか?

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:22:05
>>25
自業自得というか、自由経済社会ではアリになれる人はごく少数で、年をとってもキリギリスの人が大半なんです。

このキリギリスの人を助けるのが政治の役目なんですが、政治は湯水のように死に金をたれ流すばかりです。若い人にも年寄りにも冷酷な政治です。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:23:06
それでも2007年度は新規国債発行が32兆円から25兆円に大幅
減額されたからな。80%弱だ。このまま歳出削減を続ければ
借金は永久に返せなくとも新たに政府が無駄な公共事業に
手をつけることもなくなるだろう。国の今の借金についていうより
国債の新規発行を抑えさせることが重要でしょ。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:54:24
>>27
そうは思いません。
年齢が上の層できっちり年金払ってきた人は「肥えた」アリになれていると思いますよ。
厳しいのは、現役時代にすら年金を支払ってこなかった人たちです。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 11:54:31
実家が資産家だと遺産がおりてくるときには相続税でがっぽりもってかれ、
支払えないので、しかたなく実家売却すると譲渡所得税でがっぽりもってかれ、
さらに翌年、住民税でもってかれる


31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 12:17:33
>>29
年齢が上の層できっちり年金払ってきた人でも、中小零細だと厚生年金は20万円そこそこですね。

これで後期高齢者に入れられて、介護施設に預けられたら爆死というのが実態ではないかと思います。冷酷な政治です。

>>18はコピペですが、公的部門にムダに流れている死に金を、もっと有効に活用できたら、大抵の問題は解決できるんじゃないでしょうか。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/29(日) 12:23:31
住民税、法人税は大幅減税w

消費税は20%w

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/04(金) 16:29:27
年金基金を民間に投資すれば民間の競争力は一気に激増する。
法人税はゼロ。消費税を上げる。これで中国の低コスト企業も
アメリカの高利益率企業も完全に抹殺できる。

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/05(土) 16:31:19
ジジイババアは後期高齢者医療で馬鹿みたいにさわぐな!
テレビもそういうワガママ野朗の意見ばかり取り入れるな!
少しは負担する側の若者の意見を聞け!

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/07(月) 00:53:08
「貧乏は若者の特権」

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/12(土) 19:55:11
>>34 えらそうな口は負担してからたたいてくれ。負担は全世代でしてるぞ。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/08/17(日) 19:06:32
>>9
2003年入社組が就職内定率最低なのは
大卒が増えて分母が大きくなったため。

以前なら大学に進学していなかった層まで進学していて
大卒でも下の方は以前の高卒レベル。
だから、大卒の職に就けなくても、おかしなことではない。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/08/19(火) 09:25:32
>>36
ジジイババアはもらうだけだがなw
年金もほとんど払ってことなかったしw
医療でちょこっと負担が増えただけでぶうぶう言うな!

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/08/23(土) 10:18:19
TVの脇には窓があり、外にオッサンがいた。 オッサンは私がオッサンのことを見ていると勘違いしたらしく、しばらく私のことを見ていた。 キモイんだよヴォケ!誰がおまえなんかみるかよ。
オッサンなんか視界に入れたくないというのに。 同じ空気を吸うのも嫌なのに。勘違いしてんじゃねえチンカス。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/02(火) 00:27:28
★ 世界の1%、富の40%保有 日本は格差小さい

・国連大学世界開発経済研究所(本部・ヘルシンキ)は5日、世界の成人人口のうち
 最も豊かな上位1%が個人総資産の40%を保有する一方、下位50%が保有する
 資産は全体の1%にとどまるとの報告書を発表した。

 「上位1%」に属する人々の約9割は北米、日本、欧州の主要先進10カ国に居住して
 おり、世界の富の偏在ぶりと「格差」の大きさをあらためて浮き彫りにした。

 報告書によると、2000年の世界の個人総資産は125兆ドル(約1京4368兆円)で、
 世界の国内総生産(GDP)合計の約3倍相当。うち上位10%の富裕層は個人資産の
 85%を保有していた。

 上位1%に属する人の居住国は米国(37%)と日本(27%)が特に多く、英国(6%)、
 フランス(5%)、イタリア、ドイツ(各4%)、カナダ、オランダ(各2%)などと続いた。

 格差を示す指標「ジニ係数」で個人資産の偏在ぶりを数値化すると、米国は約0・8、
 英国やフランスは約0・7だったのに対し、日本は約0・5と格差が小さかった。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)