5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

            07年国会議員所得

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/30(月) 12:04:25
 
 
 
平均2580万円、3年連続増=政党別最多は民主−07年国会議員所得
6月30日11時1分配信 時事通信

衆参両院は30日午前、国会議員の2007年1年間の所得報告書を公開した。
1人当たりの平均所得は前年を139万円上回る2580万円となり、3年連続で増加した。
政党別では、民主党が前年比836万円増の3051万円で、1998年の結党以来初のトップ。
一方、前年まで8年連続首位だった自民党は、不動産や株式の売却益が減少したことなどが響き4位に後退した。
民主党が大幅増となったのは、松野頼久衆院議員が不動産売却で約15億円の所得を得たためで、これが国会議員全体の平均所得を押し上げる要因にもなった。
松野氏を除くと、議員1人当たりの平均所得は前年比97万円減。
所得公開は国会議員資産公開法に基づき、毎年行われる。前年1年間を通じて国会議員だった衆院475人、参院170人の計645人が対象。
衆院の平均所得は2703万円(前年比184万円増)、参院は2235万円(同47万円減)だった。
政党別の平均が民主党に次いで多かったのは、国民新党の2706万円。以下、新党大地2648万円、自民党2475万円、社民党2176万円、公明党2041万円、共産党1989万円と続いた。
個人で5000万円以上だったのは17人。このうち1億円以上は松野氏(15億4653万円)と、自民党の奥野信亮(1億3535万円)、清水清一朗(1億1450万円)両衆院議員の3人だった。
松野氏は、06年5月に死去した父の松野頼三元自民党総務会長から相続した東京・白金台の自宅を売却。奥野氏はストックオプション(自社株購入権)の権利行使、清水氏は都内の駐車場、貸店舗の家賃収入が高額所得の理由となった。 
最終更新:6月30日11時1分

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/06/30(月) 21:17:03


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)