5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中華帝国主義が日本を襲う!

1 :革命的名無しさん:2007/09/28(金) 22:00:50
・日本が北朝鮮の核問題に目を奪われている間に、台湾海峡のパワーバランスが大きく
 変わりつつある。
 「われわれは台湾独立を阻止するためなら武力行使も辞さない。その際、日本は絶対に
 関与すべきではない。関与すれば南西諸島を攻撃せざるをえなくなる」。
 昨年11月、東京で開いた民間団体主催の日中軍事フォーラム(非公開)で、人民解放軍の
 ある将官はこう警告したという。「用意したペーパーにもとづく発言だった」(参加者筋)から、 
その場限りの脅しではない。南西諸島は九州南端から台湾近くまで続く島々だ。
中国は10年以上前から台湾の武力統一を想定した準備を進めてきたのである。
 中国軍は1995年夏から翌春にかけて、台湾近海へのミサイル発射や上陸演習で台湾を
 威嚇した。しかし米国が空母2隻を派遣したため、演習中断を余儀なくされる屈辱を味わった。
自衛隊の退役将官によると、中国はそれ以来、台湾侵攻に対する米軍介入を阻む目的で
 南西諸島から小笠原諸島に至る海域での海洋調査を本格化させた。
在日米軍が台湾防衛のため南下し、日本が米軍の後方支援に動いた場合、中国軍は
 南西諸島を占領、「機雷の敷設や潜水艦による待ち伏せ攻撃によって日米の台湾支援を
 遮断する狙いから」(退役将官)とみられる。
あわせて台湾上陸の拠点を確保する。「台湾本島への侵攻には東からの正面攻撃と
 背後(西側)からの挟撃作戦が想定シナリオ」(台湾軍筋)だ。南西諸島西端の与那国島
 から、台湾本島まで110キロしかない。
 先の将官発言は、こうした中国の軍事統一作戦の準備に一定の手応えを得たうえでの
 日米分断策と受け取れる。
台北、松山飛行場の北側に「衡山指揮所」と呼ばれる軍の秘密基地がある。核攻撃に
 耐えられる地下要塞で、中国軍の攻撃時には総統をはじめとする政府・軍首脳が立て
 こもる作戦本部となる。内部は光ファイバーの通信網が縦横に走り、中国軍の侵攻時は
 超大型液晶スクリーンを通じて敵の動向を一望できるハイテク装備が満載されているという。
 ハワイ米太平洋軍司令部ともホットラインで結ばれた台湾防衛の中枢だ。(>>2-10につづく)
 http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070928/chn070928000.htm


16 :B@a:2007/10/13(土) 08:46:40
ヒント:元寇は現地徴用兵の指揮低下と兵站の弛緩化が天災によって露呈して撤退

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)