5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お勧めの経営学本、マーケティング本教えて

1 :名無しさん@あたっかー:2008/05/02(金) 16:09:38
古典からハウツー本まで
面白い経営学本の情報を共有しましょう。

経営学本紹介
http://www001.upp.so-net.ne.jp/e9905/book/

2 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 06:01:06
「マーケティング原理」 (フィリップ・コトラー)

まずは定番。

3 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 07:25:09
スレ重複してる

自己啓発本この一冊
ttp://money6.2ch.net/test/read.cgi/manage/1131236560/

●本を読むことの効用
ttp://money6.2ch.net/test/read.cgi/manage/1028541163/


4 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 13:03:43
○経営学の基礎
加護野・伊丹「ゼミナール経営学入門」(日本経済新聞出版社)
伊丹敬之「経営を見る眼」(東洋経済新報社)

○マネジメントの基礎
ドラッカー「マネジメント」(日経BP社/日経BPクラシックス)
ドラッカー「現代の経営」(ダイヤモンド社)
ドラッカー「P.F.ドラッカー経営論」(ダイヤモンド社)

○戦略論の基礎
ポーター「競争の戦略」「競争優位の戦略」(ダイヤモンド社)
バーニー「企業戦略論」(ダイヤモンド社)
大前研一「大前研一 戦略論」(ダイヤモンド社)

○マーケティングの基礎
コトラー「マーケティング原理」、「マーケティング・マネジメント」(ピアソン・エデュケーション)

○グローバリゼーションとは何か?
トム・フリードマン「フラット化する世界」(東洋経済新報社)
大前研一「大前研一 新・経済原論」(東洋経済新報社)

○イノベーションとは何か?
クリステンセン「イノベーションのジレンマ」(翔泳社)

5 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 13:07:07
○知識を活用する
内田和成「仮説思考」(東洋経済新報社)
御立尚資「戦略『脳』を鍛える」(東洋経済新報社)
御立尚資「使う力」(PHP研究所)

6 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 13:45:41
俺のオススメ

○コーポレートファイナンス

●入門・初級

ざっくりわかるファイナンス
コーポレートファイナンス入門 砂川
入門ビジネスファイナンス


●中級

MBAバリュエーション
道具としてのファイナンス

●中級・上級

日本企業のコーポレートファイナンス

●上級

コーポレートファイナンス

7 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 13:47:35
●中級・上級

日本企業のコーポレートファイナンス
ビジネスゼミナール経営財務入門 New!

8 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 13:48:33
東大経済学部のコーポレートファイナンスの
指定テキストは
ブリーリー

東大生なら理解できるんだろ。

9 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 14:02:13
神戸大学忽那ゼミの指定テキストというかこららを読みことが前提。読まされる。


コーポレートファイナンス
企業分析入門
リアル・オプション
Wooldridge Introductory Econometrics その他Eviews、STATAを使用
バリュエーション
アントレプレナーシップ
アントレプレナーファイナンス

ほかにもたくさん。




10 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 14:02:47
神戸大学忽那ゼミの指定テキストというかこれらを読みこむとが前提。読まされる。 ○

11 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 15:13:11
実況LIVE 企業ファイナンス入門講座―ビジネスの意思決定に役立つ財務戦略の基本
¥ 2,100 (税込)
保田 隆明 (著)
ダイヤモンド社; A5版 (2008/2/29)

これどうよ?
ファイナンス初学者なんだけど。

12 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 16:05:18
怪しい噂のある保田君の本だね

13 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 17:00:24
>>11
俺はおすすめしない。
コーポレートファイナンスの本なのか
なんかのかわからん。
デリバティブっぽいことも書かれているが
オプションならオプションの本みればいいだけだし。

14 :名無しさん@あたっかー:2008/05/03(土) 17:01:37
企業価値を創造する会計指標入門
これはいいけどな

15 :名無しさん@あたっかー:2008/05/04(日) 13:59:58
経営創造論

16 :名無しさん@あたっかー:2008/05/06(火) 15:42:27
経営者の自伝がかなり好きだなあ
ヒント満載だと思う

GMとともに
IBMの息子
成功はゴミ箱の中に
プロフェッショナルマネジャー
キャサリン・グラハム わが人生
巨象も踊る
ジャック・ウェルチ わが経営

17 :名無しさん@あたっかー:2008/05/08(木) 20:53:56
大学三年の者です。
簿記一級取得後、ファイナンスの勉強として、
ファイナンシャルマネジメントと証券投資論を読みました。

将来は企業の財務責任者になることが目標なのですが、
ドラッカーやポーターの著書も読んでおいた方がいいでしょうか?
それと、コーポレートファイナンスもしくはコーポレートファイナンスの原理は
大学在学中に読んでおくべきでしょうか?


18 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 00:12:37
会計士は目指されないのですか?
せっかくそこまで勉強したのに。
証券投資論は榊原先生のですね?
あれが読みこなせるのであれば相当勉強されてますね。

19 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 04:31:54
>>17
ツヴィの現代投資論?は読まれましたか。
ファイナンシャルマネジメントはヒギンスですね。
定評ある本ですね。
証券投資論ならばツヴィの証券投資って本が榊原先生のそれよりわかりやすいと
思うですけどねぇ。
コーポレートファイナンスについては僕のかなり上に書いたレスをご参照ください。
コーポレートファイナンスはたしかにちょっと難しいのでビジネスゼミナール経営財務がいいかもしれません。
まぁあなたならブリーリーは読みこなせますよたぶんね。

お手数でなければ貴方が読まれた上記2冊の感想をここに記していただけませんか。
貴方の質問に対する僕の考えでは読むべきでしょう。もちろんいきなりブリーリーも良いですが、
もう少し簡単なのから始めるのもいいでしょう。いずれにせよCFOを目指すのならmust-readでしょう。
ファイナンシャルマネジメントはアカウンティング??の本なのでこれで財務というのはどうなのかと
思ってしまいます。CAPMとかの導出過程よりもそれをどう使いこなすかを知るためにCFの本が必要でしょうね。
その導出過程を理解している貴方ならきっと理解できるはずです。
企業分析入門も併せてお読みになったらいかがですか?
あとリアルオプションとバリューエーションも。
ファイナンスのゼミに入られていないのですか?
神戸大のクツナゼミとうファイナンスのゼミではブリーリーは最初の半年で終わらすレベルです。個人的には学部のファイナンスのゼミとしては
日本トップクラスと思われます。東大では学部のCFの指定テキストがブリーリーです。こういう方たちとファイナンス部門への
就職を争うのでしたら必読でしょう。
むしろ簿記一級を持っていると経理本部にて決算をやらされそうな気がします。
希望する財務企画関連の部署に配属されるのかなぁ。

20 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 04:33:37
企業の財務といっても財務管理、財務企画とかいろいろあるんですよねぇ。
貴方が証券投資を読まれたってことは運用の部門を希望されているのでしょうか。
これって部門名だとなんていうのかな?

21 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 04:36:58
証券アナリストを目指すってのもありますね。

22 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 09:12:29
>>19
ファイナンシャルマネジメント買おうと思ってるんですが
これってアカウンティングの本なんですか?
副題に企業財務の理論と実践とありますが
横からすみません

23 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 21:48:52
age

24 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 23:50:41
まとめサイトにあった。
野村総研の人が書いたCFの本発見した。
著者は渡辺茂
ケースと図解で学ぶ企業価値評価

25 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 23:52:02
なかなかわかりやすそうな本だったよ>渡辺茂の本
新刊がもうすぐでる
しっかりわかるファイナンスというもの。

26 :名無しさん@あたっかー:2008/05/09(金) 23:53:24
https://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17262&item=978-4-502-28500-4
これが新刊なんだけど
店頭では見ないな?

27 :17:2008/05/10(土) 17:37:27
>>18
会計士は目指してないです。会計と監査を専門にしようとは思っていないので。

>>19
榊原先生のやつは証券アナリストの推薦図書になっていたので選びました。今後、証券アナリスト試験うけるかもと…
ファイナンシャルマネジメントは>>22さんの言うように企業財務の本ってことでいいと思ってるんですが、違うんですかね。
バリュエーションはマッキンゼーのやつですよね。リアルオプションってのはそのまま本のタイトルですか?
企業分析入門は持っているんですが、途中まで読んでほったらかしになってますw
とりあえずコーポレートファイナンス読んでみようと思います。ありがとうございます!

クツナゼミの関係者の方ですかね?違ったらごめんなさい。
ホームページ拝見しましたがレベルの高さに驚きました。
正直あのプログラムをこなしている方々に勝てる気がしませんwww
2冊の感想は時間のあるときに書きます。大したことは書けないのであまり期待しないでくださいw

28 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 20:46:28
>>27
お返事どうもです。
関係者ではありませんが、CFを勉強するにあたり
目に付いたゼミです。
私も正直あそこまでやらせるのは驚きました。


29 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 20:48:19
クツナゼミの参考図書の欄は参考になります。
指定テキストのとこです。

30 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 20:49:44
しっかりわかるファイナンスはあんまり良くない。
同じ著者のもうひとつの方がいいね。

31 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 20:50:58
ちなみにCFの入門書としては砂川先生のCF入門がおすすめです。

32 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 20:59:36
CFってキャッシュフローの事かと思ったら、コーポレートファイナンスの略もCFなんだね。
今更気付いたwww

33 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 21:11:20
まぎらわしいな。

34 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 21:23:46
普通CFっていったらキャッシュフローだと思うだろ。
コポファイとか家よ。

35 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 21:40:29
あほだと思われちゃうからヤだよ

36 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 21:47:35
コポファイって経営財務の先生が言ってたもん。

37 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 21:56:24
valuationよりもうちょっと簡単なやつで何かいいのある?

38 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 23:37:56
無駄レスが続いたなw

39 :名無しさん@あたっかー:2008/05/10(土) 23:39:33
Cファイとかでいいだろ。
>>32-36
おたくらのお勧めはなに?
まずはそれくらいの話を振るくらいはしろよ。
略語がどうとかいいから。

40 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 01:18:35
>>2に書いた

41 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 09:28:42
クリステンセンの
いわゆる「イノベーション3部作」のなかで
1冊だけ読むとすれば、どれですか?

42 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 09:33:09
ピーター・ドラッカー
『マネジメント――務め、責任、実践 I』
http://www.amazon.co.jp/dp/4822246574/
『マネジメント――務め、責任、実践 II』
http://www.amazon.co.jp/dp/4822246582/

有賀裕子訳は上田惇夫訳より読みやすい。
頭にすんなりと入ってくる。
ダイヤモンドより日経BPのほうが高いけど
こっちのほうがいい。

43 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 09:54:30
>>41
弟子のレイナー含めると五冊くらいになるが、後へいけば行くほど論点がブレて散漫な感じになるぞ

44 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 23:27:03
勝間がテレビ出てるな
この人も速読やってるみたいだけど、速読って難しい専門書でも理解できるの?
例えば投資論の数学ギチギチのとか

45 :名無しさん@あたっかー:2008/05/11(日) 23:57:09
さすがにそれは無理だろ。

普通のビジネス書とかだろ。
承認欲求

46 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 00:23:43
>>45
そうなのか。トン
でも普通のビジネス書ってどの程度までの事かわからないや
企業分析入門とかバリュエーションくらいのレベルの本を初見でもかなりの速さで読めるのかな?
速読できる人いたら教えて下さい

47 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 00:29:04
>>44-45
ビジネス本を装った自己啓発本とかじゃね?
そういうのは結論がハナから見えているから、読みやすいんだと思うよ
ちなみに勝間の胡散臭さは別スレに散々外出だから見てみたら?

48 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 00:38:27
ベストセラーになるような本は、だいだい駄本だわな。

49 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 01:03:02
勝間は池田信夫 blogでその意図を明らかにしてたな。



50 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 02:06:15
あんなブスでさえセックスできたってのにorz

51 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 02:07:32
>>46
マスコレルを1日で読んだらしいw

読めてないだろww
あんなのPhDの院生でも読むかどうか逡巡するのにw

52 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 02:14:35
>>51
アハハ。そりゃ明らかに法螺入っているな
会計士の試験で経済学勉強しているかも知れんが、それ以外で経済学を専門的に勉強したこと無いだろうに

53 :名無しさん@あたっかー:2008/05/12(月) 17:59:08
>>52
な。笑えるだろ。
経済学板の院生とかでもMWGを読むべきか読まざるべきか悩んでいるのに。

54 :名無しさん@あたっかー:2008/05/14(水) 15:55:18
志村勉のビジネスプランニングの達人になる方法?
って最近出た本?読んだ人いたら感想教えて下さい

55 :名無しさん@あたっかー:2008/05/14(水) 18:24:49
中小零細企業向けの本を教えてください。

56 :名無しさん@あたっかー:2008/05/14(水) 20:41:48
エクセレント・カンパニー

57 :名無しさん@あたっかー:2008/05/15(木) 23:21:57
>>55
竹田ランチェスターとかフォレスト出版(笑)とか
まあコアラ社長本とか超地域密着マーケ、プロフェッサー杉村、
ダイレクトマーケ本は役に立った

58 :名無しさん@あたっかー:2008/05/16(金) 05:26:13
唐津一先生の本

59 :名無しさん@あたっかー:2008/05/17(土) 22:50:30
山根節の本イイ!

60 :名無しさん@あたっかー:2008/05/17(土) 22:54:06
題名まで書こうよ

61 :名無しさん@あたっかー:2008/05/17(土) 23:26:28
ビジネス・アカウンティング 新版―財務諸表との格闘のすすめ (単行本)


62 :名無しさん@あたっかー:2008/05/17(土) 23:29:56


お気に入りの本に追加する 経営管理の場で情報ツールとして会計を役立てる方法を会得するため、
多様なケースを用い財務諸表と格闘する慶応ビジネススクールの超実践的テキスト。最新制度・情報により大幅改稿した新版。

http://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17262&item=978-4-502-28380-2



63 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 05:14:09
マーケティングや戦略の本を読んでいる内に、定義、長所、短所、事例などを
蛍光で色分けしてマーキングした方がメリハリがついて繰り返し読みやすく、記憶しやすいのではないかと考えた。

石川秀樹さんの経済学の本(読んでないので詳しい内容物は知らない)や司法試験の勉強で使われてるみたいだけど、
経営の場合どのように色分けするのがベストだと思う?


というか、皆はどのように専門書を読んでる?やはり少し書き込んだりするくらい?

64 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 09:32:58
まーた中央経済社の広告か。

65 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 17:31:52
ゆっくり読むより、一気に読み終えて、二度目、三度目に突入するほうがよくない?

66 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 17:53:25
>>63
三色ボールペン活用術って本を見てみてください。
俺はこれをやってます。


67 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 20:08:50
>>65
それも考えましたが、一回目は精読する方が性に合ってまして。

蛍光ペンで考えながら色分けすることで、字面を読むのでなく理解しながら読むことを心がけられるかと思ったからです。

私は字面を読んでるだけで頭に入ってないことが多いので。

>>66
本は読んでないんですが、確か「重要なところを赤、少し重要なところを青」とアンダーラインを引く方法ですよね?

紙に書いて文章構造を分析することを直接紙面に書くことで、二週目以降を読みやすく記憶しやすくしたいと考えたので、ちょっと違う気がすると思いました。

偉そうにすいません。

他に効果的な読み方もあれば教えて下さい。

68 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 20:25:28

間違いだらけの資産防衛

http://eagle-hit.com/

ある意味 知っているだけで 稼げる方法

69 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 21:07:14
企業分析シナリオ読んでみた。結構良かったよ
会計とファイナンスを一通り勉強した人が読むといいと思う
ポーターの理論と財務分析を結びつけたり、ケースも沢山のってる
オススメです

70 :名無しさん@あたっかー:2008/05/18(日) 23:53:49
マッキンゼーのやつ以外で、将来のキャッシュフローの動きを予測する方法について
書いてある本で良い本を教えて下さい

71 :名無しさん@あたっかー:2008/05/19(月) 01:16:17
蛍光ペンなんて使って、間違えたら買い直す気か?

72 :名無しさん@あたっかー:2008/05/19(月) 20:42:15
スレ違いかも知れないんですけど…
予測財務諸表作るときに売上高が重要になると思うんですが、
この予測ってどういう方法でやるんでしょうか?
マーケティングの分野なんですかね?

73 :名無しさん@あたっかー:2008/05/19(月) 21:06:00
>>71
頭悪

74 :名無しさん@あたっかー:2008/05/20(火) 23:28:08
>>67
自分のやり方確立してるじゃないw
何を求めているのかワカラネ

75 :名無しさん@あたっかー:2008/05/21(水) 22:01:08
フィナンシャルマネジメント
西山氏おすすめなんだが。
指標についてはくわしい。
どちらかというとアカウンティングぽい。


76 :名無しさん@あたっかー:2008/05/21(水) 22:20:40
>>75
アカウンティングっぽいのは最初の方だけじゃない?

77 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 00:01:48
>>75指標とかが詳しいのは第1部だけだとおも
有名な西山さんが言ってるんだからファイナンスの本なんじゃない?www
てゆーかこのスレの人結構読んでるみたいだな。俺もこの本好きだ
ヒギンズ先生にもうワンレベル上のファイナンス本出して欲しいな〜

78 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 06:19:10
ヒギンスとブリーリーを比べると
同じコーポレートファイナンスとは思えないような。
MMとかはしょってるでしょ?バリュエーションとか扱ってないような。
ビジネスゼミナール経営財務だと
現代投資理論をカバーしていたりするから
証券投資論っぽいファイナンスの本。スワップ、デリバティブもカバーしている。
アンソニー会計学入門ってのも入門書としてはいいね。あの有名なアンソニーなんだろ?

MBAバリュエーションがいいと思う。
コーポレートファイナンスとバリュエーションがごっちゃになってしまった。
自分としてはコーポレートファイナンスを勉強しないと思いつつバリュエーションの本を探していたりする。



79 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 06:20:59
あとツヴィの現代投資理論っていう定評ある本もあるんだが
これはファイナンス全般なんでしょう?
ファイナンスといっても広義のファイナンスだと金融工学まで入るし、
ちょっと混乱しているw

80 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 06:21:57
そんな俺がまず読みたいと思うのは
MBAバリュエーションと
西山さんのビジネスファイナンス入門


81 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 07:07:27
俺は、ファイナンスは投資論(インベストメント)と企業財務論(コーポレートファイナンス)に分かれてて
バリュエーションはその両方にまたがる分野って認識なんだけど違うのかな?
あとファイナンシャルマネジメント
俺が読んだのは新版ってやつだが、MMもバリュエーションものってるよ
前者は無関連性定理、後者は事業価値評価って訳されてるが(後者については訳注がある)
俺はドラッカーの本まだ読んだ事ないから読んでみたい

82 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 08:12:27
>俺は、ファイナンスは投資論(インベストメント)と企業財務論(コーポレートファイナンス)に分かれてて
そう思うでしょ?
ゼミナール経営財務入門だとこの両方がカバーされている。
前者をカバーしといて経営財務なのかねぇ?

経営財務=CFと考えているのが俺の前提ですが。


83 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 08:26:07
あーごめんちがった。
企業財務=コーポレートファイナンスか
訳としてもそうだな。
経営財務の訳ってなんなんだろ?

MBA100人が選ぶベスト経営書に
ビジゼミ経営財務(タイトルを企業財務から改め)があげられている。

純粋なコーポレートファイナンスかと思いきや最初の方は証券投資論が展開されてて、ショボーンなんだが。
たしかに具体例を用いてビビッドに描写しているのだが式の意味からといった原理的な部分は割愛されている。
なんというか学ぶというより一度理解した人が俯瞰する書物という位置づけに思える。

こうしたツールの使い方とその意味から掘り起こしているのがMBAバリュエーション。
だから評判がいいんだろうね。

>俺は、ファイナンスは投資論(インベストメント)と企業財務論(コーポレートファイナンス)に分かれてて
メーカーの財務なら後者が重要だと思う。大手は投資もやっているんだが、そんなにメインか?
証券会社のFMとかだとインベストメントがメインだと思う。あと生保の運用部門とか。

バリュエーションを使うのはたとえばスティールとか、コンサル、投資銀行、事業会社だとM&Aの企画立案をしている
部署(経営企画?)かと思うんだけど。もちろんIR担当者としていかに企業価値を高めるかという意味では必要なのだろう。

84 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 08:29:05
財務会計としては
MBAアカウンティングの財務会計部分と
MBA財務会計(日経BP)がよさそう。
上に上げた山根さんの本もいいけど。
ルールとしての会計じゃなくてツールとしての会計を学びたいわけで
そういう意味では桜井さんとか広瀬さんの本じゃないのよね。

会計指標なら大津さんの会計指標入門はこれ一冊で十分じゃない?

85 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 08:40:49
西山さんのシナリオ分析入門はたしかに良書だね。

誰か分野毎にまとめる神いない?
俺も手伝うから。

86 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 09:57:25
>>85
できる限り手伝うよ
どういう風にまとめるの?

87 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 12:12:54
で、アマゾンでファイナンシャルマネジメント買おうと思ってる俺に
これがファイナンスの本なのかアカウンティングの本なのかはっきり教えてくれ

88 :87:2008/05/22(木) 12:25:57
できれば>>78さんのMMとかはしょってるでしょ?バリュエーションとか扱ってないような。と
>>81さんのMMもバリュエーションものってるよ 。のどっちが正しいのか教えてくれ
別に非難する気はまったくなく、買う前にできるだけ本の内容を知っておきたいので

89 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 19:07:55
とりあえずヘトヘトで帰宅。
コーポレートファイナンスについては俺が>>2あたりに
入門初級中級上級でたたき台を作りました。

あとは会計指標編、アカウンティング編とか作れたら。

アカウンティング編の候補としては
MBA財務会計
MBAアカウンティング
山根節の本
をあげておきます。


ファイナンシャルマネジメントについてですが、旧版にはレビューがたくさんあります。
それみると「最良のコーポレートファイナンスの教科書」なんてある。
西山さんがベスト経営書にてコーポレートファイナンスの入門としては
ファイナンシャルマネジメントを推薦している。しかしこのベスト経営書自体古いからなぁ。

ツヴィによる以下の著書も定評ありますね。
現代ファイナンス論 改訂版 ― 意思決定のための理論と実践


90 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 19:14:13
グロービスのMBAファイナンスもある。この本の扱いをどうするか。

俺たちにとって重要なのは学びたいテーマにズドーンといったもの。
CFを学びたいのに、証券投資論がいっしょになってたら効率悪いでしょ。
てなことを考えます。

西山さんによるとファイナンシャルマネジメントは指標を基礎から叩き込んでくれるんだそうだ。
俺が確認したところでもたしかにROEとかについて基礎から解説している。
NPVあたりもあったはずだ。そういう意味ではファイナンスの基礎をカバーしているのかもしれん。

すまそ力になれなくて。

91 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 19:20:42
ファイナンシャルマネジメント 一部コピペ


本書はアメリカMBAでも多く採用されているファイナンスの教科書の邦訳である。まず、
★第1部では損益計算書や貸借対照表といった財務諸表の見方からはじまり、
そこからROE(株主資本利益率)などの企業業績指標を計算する方法や各指標の見方について説明している。
そして★第2部では財務予測の手法と計画策定の方法について、
★第3部では株式発行、社債発行などの資金調達の種類や選定の手法について述べている。
★最後に第4部では投資の評価やリスク分析の方法について説明している。

ふむぅーこれツヴィとどっちがいいんだろ。



92 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 19:50:34
とりあえずまとめる分野は、
戦略論、マーケティング、アカウンティング(財務会計と管理会計わける?)
ファイナンス(投資論、企業財務、バリュエーションわける?)は必須かな?
戦略とマケはポーター、コトラー系になるから必要ないかな?
追加、提案よろ

93 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 19:56:34
>>92
グッドです。
>>1のまとめサイト。。。あるけど。
更新されてない??

94 :名無しさん@あたっかー:2008/05/22(木) 20:13:32
とりあえず思いついたのを書いてみる

戦略論:ポーター
マーケティング:コトラー
アカウンティング:企業分析シナリオ、会計指標入門、企業分析入門

ファイナンス:コーポレートファイナンス、コーポレートファイナンスの原理、ファイナンシャルマネジメント、
ビジネスゼミナール経営財務入門、日本企業のコーポレートファイナンス、マッキンゼーのやつ、MBAバリュエーション
        

95 :94:2008/05/22(木) 20:24:24
確かに戦略とマケはいらないかな?あえてポタとコト以外をまとめるとかか?

アカウンティングは企業分析シナリオ→企業分析入門
バリュエーションはMBAバリュエーション→バリュエーション
でいいと思うが

96 :名無しさん@あたっかー:2008/05/23(金) 00:26:22
戦略ならバーニーだろうな。
これ基本書。こららをこなしてからポーター。
東大経済のカリキュラムとかチェキしてるが、
経営戦略:バーニー
コーポレートファイナンス:ブリーリー

97 :名無しさん@あたっかー:2008/05/23(金) 00:33:13
日本人の書いたものなら
伊丹の一連のもの。
経営戦略の論理ほか
三品の著書

その他
コアコンピタンス経営

マーケ:
コトラー マーケティングマネジメント;最新版はカラーかつブランド論の権威ケラー教授を共著者に迎えた
ブランド論:アーカーかケラーだがケラーは日本語に訳されてたっけ?
       最初に読むのならアーカーの赤色の表紙のぶんがいいらしい。ブランドエクイティ戦略?は一冊目としてはやや難らしいぜ。

日本人の著書
ゼミナールマーケティング入門、これで決まり。

98 :名無しさん@あたっかー:2008/05/23(金) 03:28:10
>>95
そうそれ順番だよ。
そういうのが大切な情報だぬ。

99 :名無しさん@あたっかー:2008/05/23(金) 11:48:44
日経文庫の単行本でも読んどけ
コストパフォマンス抜群だぞ

100 :名無しさん@あたっかー:2008/05/23(金) 14:30:04
ポーターを読むって文庫本はなかなか良かったよ
コトラーを読むって読んだ人は感想聞きたい
ファイナンス、俺はヒギンズ→ブリーリーの順で読んだ
ブリーリーは言うに及ばず、ヒギンズもハーバードビジネススクールで使われてるらしいから良書なのは間違いない

101 :名無しさん@あたっかー:2008/05/24(土) 06:08:09
>>99
日経文庫の後にはなにをお勧めする?

102 :名無しさん@あたっかー:2008/05/24(土) 09:01:42
フランス書院文庫

103 :名無しさん@あたっかー:2008/05/24(土) 10:43:15
日経文庫で理論を知る→日経ビジネス人文庫で経営を知る→パラダイムの魔力、戦略脳を鍛える、マインドセット

経営の本質を知る。

104 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 13:04:38
ビジネススクールに行く前にどんな本を読んだらいいですか?

105 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 13:16:32
チェスター・I.バーナード「経営者の役割」
ハリー・I.アンゾフ「企業戦略論」
ハーバート・A.サイモン「経営行動」
ピーター・F.ドラッカー「マネジメント」
アルフレッド・D.チャンドラー Jr「経営戦略と組織」
マイケル・E.ポーター「競争の戦略」「競争優位の戦略」
クレイトン・M.クリステンセン「イノベーションのジレンマ」「イノベーションへの解」
「明日は誰のものか」

106 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 17:27:28
チャンドラーを意図的に抜いたのか?

107 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 17:27:59
経営行動は絶版だろ?

108 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 17:45:37
内容確認せずに証券投資論買ったら難しすぎてワロタwww
これより少しレベルが低くて評判の良い本ってありますかね?できれば500頁前後のやつで
コーポレートファイナンスの本はやたら出てるのに、投資理論の本が少ないのはなんでだ?

109 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 18:15:02
野中先生が経営行動がいいと言ってるんだから
経営行動が出てこなきゃ野中先生がいる意味無いな。

110 :名無しさん@あたっかー:2008/05/25(日) 21:53:27
>>108
美人トレーダー若林なんとかの本

111 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 09:29:47
>>109
Organizational Behavior 経営行動はたしかに普及の名著。
原著、訳書ともに絶版のはずだが。

あなたの書かれている意味がよくわからない。
野中先生に限らず、この本をおすすめされている方は多い。
>>108
だろ?ここで以前にその本を読了したとあるがたいしたもんだと思った。
アナリスト指定教科書だけど年配の学者の書いた本だから学習配慮のない
硬派な本。証券投資だったらツヴィなんかがもっと丁寧にわかりやすい本書いてるんだけどね。

ツヴィ 証券投資 Investmentsの訳書

経営財務の最初のあたりは投資論について書かれている。
投資理論の本は日本人ではわかりやすく書ける書き手がいない。
難しく書くと、ビジネスマンをはじめ、学部学生も読まない。
そもそも証券投資論を学部でやってまもともに理解できるのは上位大学くらいだよ。
京大経済の川北先生の証券投資論でさえ指定テキストには自分の著書を指定しているくらい。
榊原証券投資理論なんて御大が自分の授業で指定していたが学生がまずとらない。取っても脱落、テスト放棄。
本当にありがとうございました。
証アナの指定テキストなんだがあれを指定されてあの本をまともに読みこなせるのなら、あんた証アナ楽勝やんってレベル。

112 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 09:32:16
投資理論の本は日本人ではわかりやすく書ける書き手がいない。
難しく書くと、ビジネスマンをはじめ、学部学生も読まない。

つまりわかりやすく書く能力もないし、難しい本を書いても売れないので
そもそも本を書く動機付けに乏しいのであろう。

コーポレートファイナンスもベータの導出、CAPMの導出の話をしたら
誰も読まないでしょ。

113 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 09:37:29
結局日本人の学者の書いたものは
極力避けるべきだろう。
まず海外の学者の著書
それがだめなら日本人実務家の書いた本。

114 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 09:39:59
ゼミナール証券投資論とかいうのがあったが
あれぐらいじゃないか。

115 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 09:42:50
ビジネスゼミナール 証券分析入門 (ビジネス・ゼミナール) (単行本)

これだ。

かってはいけないのは大村の日経文庫の証券投資論。

あんた読み手のレベルわかってねーだろおいw

116 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 10:07:55
投資の科学 モーブッシン 最新の投資理論がわかりやすい
市場の期待を株価で読み解く ラパポート、モーブッシン エクスペクテーション投資を紹介
証券投資の思想革命 バーンスタイン 株式市場の法則・理論を求めた
学者・実務家たちの歴史

117 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 11:52:11
アナリスト試験対策に予備校が出してるテキストは結構良い
読み手のレベルわかってて読みやすい

118 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 11:54:38
どの分野にも言えるけど資格試験対策に出版されてるのは
学者が書いた本に比べてはるかに理解しやすい
まあ当たり前だけどね

119 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 14:08:14
経営学なんぞ実際経営を始めてみたらくその役にもたたん
小手先のテクニックで成功しようなんてやつは失敗する
必要なのは斬新な企画力と自分の生活を切り詰めてでも成功させたいという信念だ

120 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 15:02:24
小さな企業はそうかもね

121 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 15:17:57
でしょうね。
ならなんでこのスレ見てんだろう。

アナリストの予備校ならTACだろうけど
当たり外れはある。

122 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 16:26:39
学問的な投資理論の本が出版されずに、おかしな自己啓発本や投資本がベストセラー
おかしいな日本は。海外もこうなのだろうか?

123 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 18:28:41
栢野克己著「小さな会社の儲けのルール」最強。

124 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 19:43:07
>>106
もう事業部制は意味ないだろ。

125 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 19:58:27
ミクロ経済学が経営で役に立つのって
戦略論とかファイナンスくらいしかない?

126 :名無しさん@あたっかー:2008/05/26(月) 22:44:25
>>119
そういうので成り立つのはせいぜいパパママストアだ

127 :名無しさん@あたっかー:2008/05/27(火) 11:09:07
>>125
最近経営の経済学関係で
MicroEconomics for Managersの訳書がでたね。

128 :名無しさん@あたっかー:2008/05/27(火) 18:51:27
こないだ偶然に見つけたんだが、世界一のマーケティングコンサルタントであるらしい「ジェイ・エイブラハム」のマーケティングノウハウ本。

えらい高い(5万円位)らしいが、よほどいいのだろうか…。

普通買えねーぞ。

http://www.seminars.jp/user/product_d.php?pCD=631



129 :名無しさん@あたっかー:2008/05/27(火) 19:02:53
しらね

130 :名無しさん@あたっかー:2008/05/27(火) 22:15:54
>>128
ハイパワー・マーケティグ(エイブラハム唯一の一般書籍の翻訳本)
を買ってみて良いと思えば買えばいい
後はダン・ケネディやシュガーマンの本もいくつか翻訳されてるので
併せて読んでみてから判断する事を勧める

131 :名無しさん@あたっかー:2008/05/27(火) 23:27:42
>>128
amazonでハイパワー・マーケティグの書評を読んで判断しる

132 :名無しさん@あたっかー:2008/05/28(水) 01:10:37
アマゾンのレビュー参考にしている奴いるんだな

133 :名無しさん@あたっかー:2008/05/28(水) 11:29:43
普通にいるだろ

134 :名無しさん@あたっかー:2008/05/28(水) 14:02:34
参考にならないだろw

135 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 09:18:04
乱造量販される本のレビューは質の低いものが多いのは事実だが、
良書には、良質なレビューがついていることもある。

結局、見る目のある者しか良書を見いだせないのだろうか。

136 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 12:29:32
俺はレビューの数と★の付き方を参考にしている。

137 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 12:30:56
必ず天邪鬼で学力のないやつが★を1つとかにしていたりするが
★の散らばり具合だな。
あとは米国のレビューを参考にしる。

138 :宮城:2008/05/29(木) 21:30:10
佐藤 義典氏の「実践マーケティング戦略」は、おすすめですよ。

この本を一言で説明すると、
「一読すれば、誰でもすぐに機能する戦略が組めるようになる本」
ですかね。

シンプルなツールをわかりやすく解説してありますし、
ある程度、マーケティングについて勉強していた、
僕でも、目からウロコのような話がたくさんありました。

たとえば、強み。

強みは固定されたものではなく、戦場(競合)が変わると自社の強みと
なるポイントも変わるとか、
強みは、独自資産に裏打ちされたものでなければならないとか

結構、勉強になるところがたくさんあります。

初心者の方でも、中級者の方でも一読の価値はあるとおもいますよ。





139 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 22:18:47
>>138
著者乙。

140 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 22:58:03
>>111
日経BPクラシックスのアドバイザを野中先生がやってるだろ。
野中先生がそこで経営行動はいいといってるわけだ。
でなきゃおかしいだろ。

141 :名無しさん@あたっかー:2008/05/29(木) 23:45:16
マーケティング本でコストパフォマンス抜群なのが日経文庫の恩蔵とかいう人が書いた本。

142 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 00:06:47
あれは良書っぽい気がす(読んではいない)。
でも、著者の他の著書をみると実力・実績兼備な感じ。

143 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 00:27:50
>>140
そこでって野中先生は日経の連載でも経営行動について説明してました。
それに野中先生に限らずと書いたはずですが>経営行動が名著ということ。
でにゃきゃおかしいという論理がわかりません。

野中先生のが日経なんちゃらだからという理由ではないですよ。

144 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 00:29:14
だいたい>>109の意味すら不明です。
野中先生がいいとかそんなの関係なく名著なんですが。


145 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 00:34:14
マネジメントTとか資本主義と自由についてる日経BPクラシックス座談会のやつに乗ってるから。
お前の勉強が足りないんだよ。

146 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 00:35:34
>>145
がんばって野中先生と接点もてるように勉強したらどうですか。
馬鹿の相手は疲れる。

147 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 08:45:28
>>146
滑稽ですよ^^

148 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 16:21:35
分野ごとにまとめるって話はどうなったの?

149 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 21:05:19
ザ・ゴールのような糞眉唾ものが売れる国で
マーヶ理論や経営工学が真に根付くとは思えんわww

150 :名無しさん@あたっかー:2008/05/30(金) 23:55:09
中小企業じゃ、「理屈より現場だ」とか言って、学ぶことすら軽蔑する風潮がないか?

151 :名無しさん@あたっかー:2008/05/31(土) 00:18:32
>>150
OJTという名の放置プレイのことだね

152 :名無しさん@あたっかー:2008/05/31(土) 00:27:29
いやいや大企業でもそんな風潮いっぱいある

153 :名無しさん@あたっかー:2008/05/31(土) 20:34:38
ファブレス経営、ファブレス企業について学んでるんですが
お勧めの本あったら教えてください。

154 :名無しさん@あたっかー:2008/06/03(火) 00:35:11
>>147
滑稽ならスルーすればいいのに。
図星ですねw

155 :名無しさん@あたっかー:2008/06/03(火) 00:42:50
>>148
御大の名前を出してしか意見がいえない野中厨が荒らすからだよ

156 :名無しさん@あたっかー:2008/06/05(木) 23:56:51
まだやってんのかよオッサン
喧嘩はよそでやれや

157 :名無しさん@あたっかー:2008/06/09(月) 00:21:00
唐突ですが、MBAのビジネススクールで使われている一般人でも
amazonなどで購入できる本の一覧が載ってるサイトか本とか知
らないですかね?そういうのがあれば便利だと思ったのですが。
英語の洋書でもいいので、日本語か英語のサイトか本でそういう
のを知りたいのです。ビジネススクールに通うお金はありません。

158 :名無しさん@あたっかー:2008/06/09(月) 08:29:33
テンプレ読め

159 :名無しさん@あたっかー:2008/06/09(月) 23:37:51
>>158
マネジメントや財務会計や経済学はわかりましたが、
クリティカルシンキングの本もいいのを教えてほし
いです。

160 :名無しさん@あたっかー:2008/06/10(火) 00:43:57
過去スレ読め

161 :名無しさん@あたっかー:2008/06/12(木) 11:28:52
そもそもクリティカル・シンキングって明確な定義付けされてたっけ?
ロジカル・シンキングみたいなわかりやすい定義は無いはず
本によって全然違うし
批判的・客観的・分析的って現象学みたいなもんなのかな
完全に客観的になれる人間なんているのかね?
まあある程度までは客観的になれるなだろうが

162 :名無しさん@あたっかー:2008/06/13(金) 00:01:51
悟りを開くしかない。

163 :名無しさん@あたっかー:2008/06/14(土) 08:51:26
>>159
最初の一冊はグロのクリシンでいいと思う
最低限の知識が入れば本屋行けば自分のベスト本がわかるようになる

164 :名無しさん@あたっかー:2008/06/14(土) 21:42:51
>>163
どうもありがとう。そうします。

165 :名無しさん@あたっかー:2008/06/15(日) 13:21:42
日経BPのマネジメント(有賀訳)は、
1972年に刊行されたピーター・ドラッカーの主著の完全無修正版の新訳
ということですが、
今度出るダイヤモンド社(エターナルシリーズ)のマネジメントは違うんですかね?

166 :名無しさん@あたっかー:2008/06/17(火) 11:37:55
マーケティングはコトラー流がデファクトスタンダードになってるけど、
コトラー流の流れとは違うマーケティングのお勧め本ってありますか?

167 :名無しさん@あたっかー:2008/06/17(火) 18:54:30
>>166
アル・ライズとジャック・トラウトのポジショニング戦略新版(海と月社)
とそれらの著者の他の本がいい。MBAの人達だし。

168 :名無しさん@あたっかー:2008/06/22(日) 12:58:29
これはビジネスマンとして読むことをおすすめする本を紹介します。
これに追加したいという名著があれば是非教えてください。

○西堀栄三郎「創造力」(講談社)〔文庫;「技士道」(朝日文庫)〕
○ジョエル・バーカー「パラダイムの魔力」(日経BP出版センター)

169 :名無しさん@あたっかー:2008/06/24(火) 00:18:20
たまには息抜きか気分転換で古典的な本を紹介します。

マキャベリ著「君主論」アダム・スミス著「国富論」
マルクス著「資本論」クラウゼヴィッツ「戦争論」
「孫子の兵法」などなどがある。

ちなみに、海外との取り引きのある社長さんが語るには、
欧米のビジネスマンとの話では、ドラッカーとかの比較
的最近のビジネス書の話よりもシェイクスピアとかの昔
の名著の文学の話が多いらしい。その社長さんも若い時
からシェイクスピアの日本語の本は読んでてわかってた
けど、英語版を読んでなかったのでセリフの話がうまく
できなくて、必死で英語版の名著を読み出したらしい。
そしてうまくいっているそうだ。

170 :名無しさん@あたっかー:2008/06/27(金) 00:10:59
【士気】イヤな奴は排除せよ…1人のイヤな社員のおかげで、周囲の生産性は落ち、同僚は辞め、年間約1600万円の損害★2

<グーグルも実践中!「くそったれ社員」排除で収益向上>
パワハラ上司に、ゴマすり同僚、無気力部下…そんなアスホール(くそったれ社員=イヤな奴)
は洋の東西を問わずどんな企業にもいるものだ。ただし、組織の宿命と思ってはいけない。
グーグルなど勝ち組企業が、アスホール排除のルールを実践していることをご存知だろうか。
スタンフォード大学の人気教授、サットン博士は、日本企業も同じ発想を持つべきと説く。
(略)
ある試算によると、イヤな奴が1人存在することより当該企業が被る損害額は、人件費は別
として、年間最大16万ドル(約1600万円)にも上る。1人いるだけでも周囲の生産性は落ち、
同僚は辞め、特に管理職にいる場合は、深刻な訴訟問題に発展することもある。
(略)
では、組織からイヤな奴をなくすためには、どうすればいいのか。じつは、この点で、大いに
参考になるのがグーグルである。

同社の企業理念に「Don't be evil(悪魔になるな)」という有名な言葉がある。むろんそれで
も、イヤな奴はいるだろうが、だいたいにおいて「ここでイヤな奴をやっても、仕事の効率化
に何ら貢献しない。得することはない」という意識は組織の上下によく行き渡っている。
(略)
人材獲得競争は、日々世界的に厳しさを増しているが、グーグルが規律あるフレンドリーな
雰囲気で優秀な人材を引きつけ、なおかつ急成長を遂げている以上、多くの企業が同様の
手法を取るしかないからだ。
(略)
最良の解決策はとにかくトップが礼節のある組織にしたいと思い、行動を起すことである。
じつは日本で問題になっている「いじめ」は、アメリカにもある。特に軍やフラタニティー(男
子学生のクラブ)など、強い文化を持つ組織にありがちなことで、企業でも時折見られる。
いじめは、誰かをスケープゴートにして団結心を強める動きで、これを防ぐためにはやはり
トップ自らが強い行動に出るしかないと思う。(以下略。全文は http://diamond.jp/series/worldvoice/10011/
★1 6/26 20:33 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1214479999/


171 :名無しさん@あたっかー:2008/06/27(金) 07:46:18
下種なまねをしていた会計学者は全て 『関学の血』 でした。


【兵庫県立大学のセクハラ教授 (2008年3月に懲戒免職済み)】 百合草裕康は関西学院大学大学商学部を1986年に卒業

【横浜国立大学の試験問題漏洩教授 (2008年2月に会計士試験試験委員を辞任済み)】 齋藤真哉は関西学院大学商学部を1982年に卒業

【関西学院大学のアカハラ選民主義教授 (2008年3月に関西学院大学学長を終了済み)】 平松一夫は関西学院大学商学部を1970年に卒業


172 :天照:2008/06/27(金) 11:14:44
あなたは、おばあちゃんといっしょじゃないといけないんですよ。

173 :名無しさん@あたっかー:2008/07/07(月) 21:17:11
MBAの人に質問。
パレプの企業分析入門って有名だけど、MBAではこの本の内容全部を勉強するの?
例えば会計分析に150ページ割かれてるけど、これって経営者には必要なさそうだし、会計士が勉強すべき内容だと思うんだけど…
あと株式・債券分析に50ページ割かれてるけど、これはアナリストには必要だけど、経営者にはそれほど重要じゃないように感じる…
MBAの人居たらどんな風にこの本使ったか教えて

174 :名無しさん@あたっかー:2008/07/07(月) 23:18:27
『あと株式・債券分析に50ページ割かれてるけど、これはアナリストには必要だけど、経営者にはそれほど重要じゃないように感じる… 』

悪い事いわんからB/S・P/Lを一から勉強しなおしなさいね

175 :元気:2008/07/09(水) 11:37:16
http://mhirofuji.web.officelive.com/default.aspx

176 :係長 ◆jpbFmiRpAQ :2008/07/14(月) 21:34:45
|Д`) …

177 :名無しさん@あたっかー:2008/07/20(日) 10:49:14
あけ゛

178 :名無しさん@あたっかー:2008/07/25(金) 15:35:00
大学のマーケティングの授業落としそうなやつに
「レポート書いたら単位はあげる」
っていわれてたから書くつもりなのですが、
なにかいいテーマありませんか?
アドバイスください。

179 :名無しさん@あたっかー:2008/07/25(金) 18:09:04
>>178
リポートより
ポーター「競争優位の戦略」を
すべてノートに書き写して提出すれば「優」になると思うよ。

180 :名無しさん@あたっかー:2008/07/25(金) 21:25:05
サンクスコ
それでやってみるよ

181 :名無しさん@あたっかー:2008/07/25(金) 21:46:47
ありがとうございます。
それでやってみます

182 :名無しさん@あたっかー:2008/07/27(日) 16:18:00
>>173
MBAってコンサルタント養成の一面もあるわけで

183 :名無しさん@あたっかー:2008/07/30(水) 01:57:28
GQの先月号でファイナンスのお勧め本が紹介されていた。
ブリーリー、
MBAバリュエーション


184 :名無しさん@あたっかー:2008/07/30(水) 18:13:51
人事屋が書いた経理
渋井真帆の新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編
このあたりは入門書としていいらしい。

185 :名無しさん@あたっかー:2008/07/30(水) 18:21:06
渋いのは会社法に対応してないみたいだ。
人事屋もアップデートされてないんだろうなぁ。

186 :名無しさん@あたっかー:2008/08/01(金) 19:03:04
『日本のもの造り哲学』
古いけど,お勧め.

187 :名無しさん@あたっかー:2008/08/03(日) 01:03:15
>例えば会計分析に150ページ割かれてるけど、これって経営者には必要なさそうだし、会計士が勉強すべき内容だと思うんだけど…

株式や債券の50pくらいは基礎知識としてもってけって話だが、会計分析がいらないって言うのはあんた。。。



188 :名無しさん@あたっかー:2008/08/03(日) 19:46:54
*゚。+;**゚。+。*。゚・゚。**゚  *゚。+;**゚。+。*。゚・゚。**゚ *゚。+;**・゜゚・*:.。..**゚  *゚。+;*    
                                                
     ★★★★★   ザマーミレ!男に産まれてしまった負け組を笑おう(プッ 〜♪  ★★★★★

1. 生殖器が丸ごと体外に露出していて危険で無様。いくら鍛えても金蹴りでイチコロ(プッ           
2. チンコから臭いチンカスダ〜ラダラ〜♪ああ、ばっちいな〜♪   
3. 原始時代の名残の無用な筋肉が多すぎて資源の浪費かつ無様。女性の美しさとは比べ物にならない。
4. 毎日、不快な性欲で苦しめられてゴクロ〜サン(プッ
5. 生まれついての劣等脳。でかいだけで密度は女性の80%以下♪
6. 100年後にはオリンピックで女子選手が男子選手を追い抜くことが確実。
7. 生涯未婚の男は自殺率が10倍も高い!時間に追われる結婚計画(プッ
8. 一生性欲に縛られ生活しているセンズリ奴隷。滑稽やな(爆笑)
9. 犯罪者の95パーセントは男。不安定な脳と無関係ではないかも♪
10.ダイエットしないとすぐ太る〜♪中年になれば醜く臭い雄豚に。
11.圧倒的な自殺率の高さ。年間3万人で女性の2倍以上♪
12.夫婦の78%、母親の90%が女児希望。数々の凶悪事件で地に落ちた男児人気♪
13.先進諸国では男=バカが既に常識♪ハーバードでは女性入学者数が男を上回った。
14.中高年になったら肥満、ハゲ、加齢臭。悲劇やな〜〜〜♪ギャハハハハハハハ〜♪
15.同じ服装するだけで世間から物笑い、不自由だな〜〜、ああ、不自由だな〜〜〜♪
16.男の最大の快楽であるはずのセックスさえ女の1%以下。女性の快感のために腰を振る性奴隷♪
17.脳卒中、心臓病、高血圧で女性より多い死の恐怖〜♪平均寿命は女性より10年も少ない
18.言語能力に劣るバカ頭、生まれついての会話下手♪



189 :名無しさん@あたっかー:2008/08/03(日) 23:55:31
桜井さんの財務諸表分析がいいのでは?

190 :名無しさん@あたっかー:2008/08/16(土) 02:11:00
この前雑誌のコラムの中で、PHPの外人の本のことを紹介してたんだけど、
著者もタイトルも忘れてしまった・・・
話の流れで、「結局、この本に集約される」みたいな言い方で紹介してた。
どなたか、心当たりありませんか?
プレジデントか、THE21か、AERAか、そのあたりの雑誌だったんだけど・・


191 :名無しさん@あたっかー:2008/08/16(土) 07:15:36
何について書かれてたの?
PHPで外人は珍しいな

192 :190:2008/08/17(日) 09:40:17
>191
ある偉い人の語録系だったと思う。
人や部下を使うにあたっての心得だったような。
後になって読んでみたくなったけど探せなくなってしまった・・

193 :名無しさん@あたっかー:2008/08/17(日) 11:12:27
ブッダの教え一日一話?

194 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 00:17:10
問題解決で特に演習を中心にした本ってありませんか?

195 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 01:03:30
選択肢が増える程消費者は迷い買わなくなるみたいな
理論を提唱する学者が出ているCMがあったけど、
その学者の著書ってありますか?

196 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 21:45:52
経済は感情で動くだね。

197 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 22:48:45
>>1
わかりにくい説明だったのに、ありがとう!
さっそくアマゾンで注文しました

198 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 22:50:01
>>196
アンカーミスった

ありがとう

199 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:27:04
戦略論の勉強をしようと思うんだけど何か一冊読むとしたら
やっぱ競争の戦略が無難?他にオススメとかある?

200 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:37:26
バーニーが定番。
日本人のなら伊丹。

いずれポーター。

201 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:39:41
>>194

うーん。問題解決プロフェッショナルとかではなくて?
グロービスは見られましたか?

イシューツリーとかそういう総論を扱った本ばかりですもんね。

渡辺健介の本、フェルミ推定の本とかは?

202 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:45:03
全体最適の問題解決入門

203 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:45:58
戦略学


クラウゼヴィッツ、リデル・ハートから、新古典派経済学、ポジショニング論、リソース・ベースト・ビュー、行動経済学、取引コスト経済学までを解説

クラウゼヴィッツ、リデル・ハートから、古典派経済学、ポーター、バーニー、行動経済学、取引コスト経済学まで、一元的・二元的な戦略論を概観したうえで、
知識、理論、権利、価値・文化といった人間の知性によってのみ把握されうる知性的世界の実在を視野に入れた立体的統合戦略を展開する。



204 :名無しさん@あたっかー:2008/08/19(火) 23:49:28
日経文庫のポーターを読む

205 :名無しさん@あたっかー:2008/08/20(水) 01:04:03
>>199
青島・加藤の競争戦略論を最初にどう?
すげーやさしく書いてある
ポーターやバーニーは最初に読む本としては重過ぎる

206 :名無しさん@あたっかー:2008/08/20(水) 08:40:43
たしかに最初の一歩としてはそうだね。
だったらグロービスの経営戦略でいいんじゃない。
それかユウヒカクの経営戦略。これでも難しいかも。

そういうときのために日経文庫です。
経営戦略とポーターを読む。

207 :名無しさん@あたっかー:2008/08/20(水) 20:24:43
バーニーはミクロ経済学とゲーム理論の初歩がわかっていないと理解出来ない
学部の学生が理解するのは難しいんじゃないかなあ?
ポーターはやたら分厚いので読んでるうちに飽きてくるかも

208 :名無しさん@あたっかー:2008/08/22(金) 19:00:22
というかミクロはコーポレートファイナンスやるにしても
いるし、社会科学系やるんなら、知っておくべきだが。

三品先生の本も消費者余剰とか使って説明しているね。

209 :名無しさん@あたっかー:2008/08/24(日) 22:25:40
成功本51冊さっき買ってきた。
1時間で100ページが読めるくらい読みやすい。だが、ちょっと著者はアホだな。


上でロジカルシンキングの質問をしていた方。
入門者にとっては渡辺健介氏の本がいいだろうね。

210 :名無しさん@あたっかー:2008/08/24(日) 23:05:26
俺並の本の買い方w

211 :名無しさん@あたっかー:2008/08/24(日) 23:19:16
成功本51冊ナナメ読み完了。
自分に必要なところは読めた。


212 :名無しさん@あたっかー:2008/08/24(日) 23:20:52
これがビジネス本の名著だと
東洋経済から出てる。

213 :名無しさん@あたっかー:2008/08/25(月) 12:54:16
バーバラミントの書く技術・考える技術読んだ人いる?利点と欠点を述べる際のピラミッド構造をどう作れば
いいかわからん。

214 :名無しさん@あたっかー:2008/08/25(月) 13:51:05
本を読む本ってどんな内容なんですか?
買う価値はありますかね?

215 :名無しさん@あたっかー:2008/08/25(月) 17:53:51
アドラーか。
古典だよなー。

216 :元気:2008/08/27(水) 12:10:58
現実的かつ身近な勉強をしたければ、次のHPにタダの
資料/教材がありますよ。
http://mhirofuji.web.officelive.com/default.aspx

217 :名無しさん@あたっかー:2008/08/28(木) 23:57:01
みなさん本に幾らぐらい掛けてますか?月で

218 :名無しさん@あたっかー:2008/08/29(金) 01:00:52
月10万くらいかな

219 :名無しさん@あたっかー:2008/08/29(金) 23:11:42
多い時で3〜5万。
でも専門書や一生付き合えそうな本を買った後は、しばらくほとんど
買わなくなったりもする。

220 :名無しさん@あたっかー:2008/09/03(水) 00:43:06
いわゆる経済学じゃなくて経済の本でお勧めってある?
細野の経済のニュースが〜読んで次に何か読もうと思ってるんだけど

221 :名無しさん@あたっかー:2008/09/03(水) 14:08:23
わたしも知りたいが、本で学べるのかな、それって。
経済学じゃなくて、経済。

222 :名無しさん@あたっかー:2008/09/03(水) 19:57:01
経済ってだけじゃ広すぎじゃない?
経済の何が知りたいのか

223 :名無しさん@あたっかー:2008/09/03(水) 22:00:43
たしかに、広すぎる。
行動経済とかも生活にかかわるし。

経済が知りたいのならアメリカの高校生が学ぶ・・・とか
藤巻の本とか。



224 :名無しさん@あたっかー:2008/09/03(水) 22:19:34
そして社会で働く・・・

225 :名無しさん@あたっかー:2008/09/06(土) 00:24:06
カクテルパーティーの経済学
タイトルほど甘くはない。
逆にいえば中身は骨太だといえる。

226 :名無しさん@あたっかー:2008/09/07(日) 22:16:26
学生なんだが、会計とかファイナンスが役に立ちそうなのはわかる。
でも戦略論とかホントに役に立つの?って思ってしまう…。

会計とファイナンスを一通り勉強して次に何やろうか迷ってるんだけど、
具体的に使ってるイメージがわき易いのってどの分野かな?

227 :名無しさん@あたっかー:2008/09/07(日) 23:45:24
とある経営学部に推薦入試を受けるのですが、
小論文対策に読んでいると良い本を教えていただけませんか。

受験要綱には
経営・経済を中心とした社会科学に対するテーマについての
理解度、思考力、表現力を評価すると書いてあります。

どうぞよろしくお願いします。

228 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 00:35:03
受験板で聞いてね

229 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 07:51:10
生産管理論で何かおすすめの本はないでしょうか?
「ザ・ゴール」は読みましたが…

230 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 08:02:35
>>226
戦略論は行動しないと役に立たないからな
数字は机上でもできる

>>227
経験談を書くと良い

>>229
生産管理論も少し幅が広い
品質、マネジメント、生産システム等々
造ってるモノによっても大きく違う

231 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 08:04:13
経営・経済を中心とした社会科学に対するテーマについての
理解度、思考力、表現力を向上させたいのですが、
お勧めの経営本教えてください

>>227
これだったらよかったのですか?

232 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 09:11:34
ダメです

233 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 10:22:35
麻生太郎 とてつもない日本
http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/610217/reading.html

【総裁選】麻生氏の著書「とてつもない日本」が人気で与謝野氏・小池氏を圧倒
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1220797262/

234 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 13:11:11
>>227
出口の本

235 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 14:12:36
>>231
マジレスすると本読んでヤマ当てようと思ったら本屋の本棚の端から端まで手当たり次第に読むべき。

236 :名無しさん@あたっかー:2008/09/08(月) 14:15:42
それと会社法絡みの出題もありえるので
江頭会社法を読むべき。
六法は岩波の判例付きのやつね。
これを条文をたんねんに引いて行く。
これが終わったら次は金融商品取引法だ。

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)