5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から53

1 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 16:48:47 ID:Yy7P0S9j

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から52
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1190951549/l50

このスレの永からんことを祈ります。

2 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 16:49:41 ID:sFqKyCxD
パチンコ業者の史上最大の脱税摘発

940 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:56:07 ID:m4UhWAcz

それなりに苦労してきた人が多いのだから税金など阿吽の呼吸で減免するのが
人の道だろう
実際小渕政権までは人道的な税法運用がなされていた
小泉安倍の徹底的弱者虐めが税務実務に現出しただけ

3 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 16:50:45 ID:sFqKyCxD
942 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:34:12 ID:YbyysCtS

パチンコ屋で豪邸建ててる人が弱者ですか?いくら何でも盗人猛々しいw
それなら世の中弱者だらけだ。
例えば、北朝鮮系の信用組合は救済して、地元の信用金庫を破綻処理させるその場合
の基準は一体何なのかw

943 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:49:02 ID:m4UhWAcz
>942
ではソニーなど大企業はどうだ
外国法人を使いアクロバティックな節税策をとっている
言われない差別を受け苦労してきた階層だけ厳格に税法を適用するのこそ不公平
じゃないのか
信組の救済は法律の要件に合致したのだから当然のこと
もし救済されないで不満がある信組があるなら行政を相手に訴訟を起こせばいい
のであり八つ当たりは心得違いも甚だしい
どうして恵まれた環境でヌクヌクと育ってきた者の方が嫉妬深いのか


4 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 16:52:03 ID:sFqKyCxD
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪

       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)

5 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 16:54:18 ID:sFqKyCxD
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
間違えて送信してしまった・・・申し訳ないことなのだが、まあ仕方がない
       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ

6 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 17:08:40 ID:lixecT4i
>>1
スレ立 乙

7 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 17:16:56 ID:U0oWyDlc
ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm

キリスト
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、
わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。その代わりに、
わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.opoka.net.pl/jiai/jiai02.htm

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

病を持ちながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

カトリック書店一覧
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
カトリック教会マップ
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

十十十 カトリック166 十十十
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175424384/

8 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 18:29:33 ID:wPr3KKej
>>5
ずっと前から気になってたんだが
何のAAだそれ? どこから引っ張って来た?

9 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 19:58:30 ID:pJ4P0fTn
未だに南米で汚い工作を続けている米国が、
日本での工作の手を緩めたわけではない、
というのが事実だとすると、今は、小泉とその出身派閥が
米国に助けられ、利用され続けているのだろうね。

だが、日本国民はかつてのエージェントの孫を
完膚なきまでに叩き潰した。今後の展開はどうなるか。

10 :間ヌケの宮:2007/10/13(土) 20:22:32 ID:NlnJGwBH
>>4 >>5
なかなかギャグが効いているね。いいセンスだよ。

53スレ
924 :闇の声:2007/10/12(金) 22:44:14 ID:vB2l1jRJ
いろいろ動きが出てきているね

925 :闇の声:2007/10/12(金) 22:57:34 ID:vB2l1jRJ
いろいろ動きが出てきているね
間違えて送信してしまった・・・申し訳ないことなのだが、まあ仕方がない


11 :間ヌケの宮:2007/10/13(土) 20:25:34 ID:NlnJGwBH
↑ 52スレだった。

12 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 20:58:03 ID:1/ISL2La
>>4
たまには、国土を語ってほしいものだね。
でしかもあの人物はだれだ?教えてください。


13 :闇の声:2007/10/13(土) 22:12:55 ID:Ca230+FR
>>4>>5>>10>>11
ふざけるなこの野郎!!

14 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 22:22:47 ID:hRMhJhxX
前スレに住宅着工の話が出ていたが、新しい法律に現場が対応出来ない
事が問題であって、景気が悪い訳ではない。しかし、指標として使えない
数字になってしまったのは問題だなぁ。

15 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 22:30:13 ID:lixecT4i
>>13
ナイスです

16 :開業税理士:2007/10/13(土) 22:47:39 ID:x1K5f7pd
闇さん、
俺は昭和24年生まれで昭和30年から昭和37年まで
飛島土木系列請負師の親父の下で飯場(これハンバって読むが
分るかな)暮らしをしたが、チュンチョンエッタ連中に対する
扱いはタコ以下だったよ。
まあ、今の派遣連中は当時のタコ以上って事で了解してくれ。

17 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 22:51:21 ID:/ozmiMNW
【2ちゃん死亡】 首相 有害サイトの規制検討も
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/10/13/k20071012000208.html

福田総理大臣は、12日夜、総理大臣官邸で記者団に対し、
犯罪につながりかねない有害サイトを何らかの形で規制できるかどうか政府内で検討したいという考えを示しました。

『公序良俗』に反しているにもかかわらず、それを取り締まる何物もない。影響力が大きいだけに、そろそろ、
いろいろなことを考えていかなければならないのではないか」と述べ、犯罪につながりかねない有害サイトを何らかの形で規制できるかどうか政府内で検討。


18 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:03:06 ID:+Arw1WKt
>>9
>未だに南米で汚い工作を続けている米国が、
>日本での工作の手を緩めたわけではない、
>というのが事実だとすると、今は、小泉とその出身派閥が
>米国に助けられ、利用され続けているのだろうね。
>
>だが、日本国民はかつてのエージェントの孫を
>完膚なきまでに叩き潰した。今後の展開はどうなるか。

ちょっと待った。
これは前スレのレス973?
内容がちょっと変わり過ぎだわ。

973 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 13:44:11 ID:VWm9ut5X
>>969
またアホらしいコピペをあちこちにw
岸とCIAの話なんて常識で何を今更って話だよ。
ついでに言うとCIAは狙いは左派政権封じに
社会党右派にも金を渡し、民社党結党にも関与した。
南米見てごらんよ。アメリカが何をしてきたか。
今でもアメリカは南米で汚い工作を展開してる。
日本から工作の手を引っ込めたと考える方が間違い。
つまりその話は過ぎ去った過去なんかじゃないってことさ。

19 :間ヌケの宮:2007/10/13(土) 23:03:39 ID:NlnJGwBH
>>13 闇の声さん、冗談が過ぎました。たいへん申し訳ないです。謝ります。

実は私もあの絵が大嫌いなんです。出てくるたびに生理的な嫌悪を感じていまして、
なんとかお引取り願う方法はないかと考えていたところです。私も「氏ね」と書かれ
たことがありますが、そういうのは適当にあやしてやると、不思議に出なくなるとい
う経験則があったものですから、今回もその手を使ってみたわけですが、配慮が足り
ませんでした。

重ねてお詫びします。


20 :開業税理士:2007/10/13(土) 23:06:06 ID:x1K5f7pd
そう言や飯場ではチュンチョンエッタは「預かり=厄介者」って
呼ばれてたな。
早い話しがタダで拾った「タダ飯食い」だ。
でもタコは銭出して買った「買い者」だから、
結構大事に扱ってたぞ。
まあ、タコには一宿一飯の義理は無いがな。

21 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:15:39 ID:v0WSFwGI
>>20
浅学につきご教授いただきたいのですが、
ここでおっしゃられている「タコ」とは何でしょうか?
「チュンチョンエッタ」はわかります。

22 :18:2007/10/13(土) 23:16:37 ID:+Arw1WKt
973の要旨は
CIAは与野党双方に工作を行っているというもの。
米国に助けられ利用され続けているのは自民のみではない。
改革競争で改革推進の力となった民主にも恐らく同様の勢力がいる。
むしろ最近の工作は自民より民主が重点だったのでないか?
民主が改革推進に果たした役割が小泉以上に大きい点を踏まえれば。
アメリカの息のかかった改革推進派が
与野党双方から叩き出されない事にはどうしようもない。

23 :開業税理士:2007/10/13(土) 23:21:28 ID:x1K5f7pd
>>21
坊やはここでお勉強しろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B3%E9%83%A8%E5%B1%8B%E5%8A%B4%E5%83%8D

24 :21:2007/10/13(土) 23:29:03 ID:v0WSFwGI
>>23
サンキューです。
意地悪な言葉遣いだけど、本当は優しい方とお見受けしました。

25 :間ヌケの宮:2007/10/13(土) 23:36:28 ID:NlnJGwBH
児玉誉士夫も若い時タコ部屋にいたという説があるね。

26 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:39:29 ID:a6ow8dpE
【コラム】行政改革と公務員改革の灯を消してはならない=田中秀征

参院選で、「地方重視」、「格差是正」の流れができてから、改革の流れが急速に
先細りつつある。(中略)
福田政権ができて、いまだ日が浅いにもかかわらず、今年中に策定が予定されていた
「国家公務員制度改革基本法案」(仮称)が来年以降に先送りされた。また、キャリア制度の
見直しなどを論議する有識者懇談会も、11月中の報告書提出を見合わせるという。
「改革の歪み」、「改革の影」の合唱の中で、今最も必要な行政改革や官僚改革が後退
しつつある。先送りして、解散・総選挙にでもなれば、ご破算なるという思惑からだろう。(中略)

1)2000年の省庁再編は、単なる「器の改革」に終わり、「中身の改革」となってはいない。
今にして思えば、何のための改革であったか不明だ。「改革を偽装した」という印象が強い。

2)小泉氏は以前から「国家公務員数の劇的削減」に執念を燃やし、ついに郵政民営化
によって30万人近い国家公務員を非公務員化した。
確かに公務員数は激減したが、その代わり外部に独立行政法人や公益法人が林立して、
国家予算で存続している。

3)「政策決定構造の改革」に踏み込んだのは細川氏と安倍晋三前首相だった。だが、いずれも
最後は官僚の力で押しつぶされてしまった。官僚主導の政治は、90年代に入ってからも
変わらないどころか、政治家の質の低下によって、相対的にさらに強まっているように思う。

このところ安倍首相という後ろ盾を失って、渡辺喜美行革担当相の努力も空回りしているようだ。
福田康夫首相には彼を全面援護する様子は感じられない。
安倍内閣が全力で取り組んだ「天下りあっせん問題」についても、福田首相は腰が引けて
いるようだ。
首相は9日の衆院予算委員会でもこう述べている。
「公務員の一生の問題だ。人材交流センターについても、弊害があるのか(懇談会で)検討して
もらったらどうか」行政改革、官僚改革の急失速は、必ずや福田政権の支持率に大きな影響を
与えるだろう。
参院選での民意は決して、全ての改革の停止を求めるものではない。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/shusei/071011_50th/index.html

27 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:42:33 ID:+Arw1WKt
>参院選での民意は決して、全ての改革の停止を求めるものではない。

ワロタw
この期に及んでまだこれを言うかな。
改革の正体がばれつつあり、不支持が明らかに増えてるんだが。

28 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:44:52 ID:wPr3KKej
>参院選での民意は決して、全ての改革の停止を求めるものではない。

寝言か?

29 :名無しさん@3周年:2007/10/13(土) 23:55:44 ID:+Arw1WKt
このスレで説明する必要はないだろうけど知らない人の為に。
田中秀征といえば新党さきがけで有名な人。
そしてこの新党さきがけは民主党の核となった政党。
ついでに言うと、
日本にはサッチャリズムが必要だと言っていた枝野氏もここ。
そしてリベラル派の大物・菅氏もここにいた。
さて、これは何を意味するやら。

30 :間ヌケの宮:2007/10/13(土) 23:55:46 ID:NlnJGwBH
いや、改革の中でも特に「行政改革、官僚改革」がまだ不十分だという意味でしょう。
安倍総理の退陣には、公務員制度改革が大きな原因になっていると思うよ。

第一、ゼロシーリングで予算配分が固定化しているが、この予算配分を変えなければ
本当の改革になるはずがない。小泉はそのあたりを上手にスルーしたわけだ。要するに
小泉の改革は見掛け倒しだ。

安倍さんのやったことは本当の意味でラジカルだった。その反発があまりにも激しかった
ということだろう。偉大な総理だったと思う。

福田には無理だ。

31 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:24:14 ID:2kW/uG8r
>>闇の声、
 結局、日本はだめだというのなら自分の財産はどのように守ればいいんだ?
株か?投資信託か?外為証拠金取引か?社債?国債?預貯金?どうやってこれから
生きていけばいいんだ?暮らしは?人生設計は?
 批判だけなら馬鹿でも出来るぞ。

32 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:26:30 ID:LuLsiHOO
なんだ、間ヌケの宮って民主党系改革推進派だったのかw

33 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:26:41 ID:1yVwHVYM
☆(ゝω・)vキャピ

34 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:45:15 ID:rOVIVKB/
>>30
まさに宮さんの言う通りだね。
安倍には色々問題点はあったにせよ、結果はきっちり残した。僅か1年の間に長年の懸案事項であった教育基本法の改正、防衛省への昇格、憲法改正に向けた国民投票法の成立…これらを短期間で通した事は適切に評価されるべきだろう。

だが残念ながら、上記の改革が一部マスコミの強い反発を呼び、公務員制度改革で上手く立ち回れなかった…。
更なる行政改革が必要だが福田には無理だろうね。

35 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:46:26 ID:mVodINvw
>>31
金持ちなら資産は金とユーロにシフトしておく。




36 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:49:33 ID:mVodINvw
>>34
行政改革というならまず国会議員の数と報酬を減らすことが先だね。
今の半分で十分だろ。

37 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:51:54 ID:4fT9u1ET
>>26
最後の一行だけ読むと笑えるけど、宮さんの言うとおり公務員改革は
必要という趣向の記事だし、実際必要だと思う。

38 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 00:57:28 ID:4fT9u1ET
>>31
日本の将来よりも自分の資産が大事ならトヨタやキヤノンのような
亡国財界人が経営してる会社の株でも買っとけばいいだろ。

39 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:24:18 ID:Z9z1akZ2
>>38
先行きが見えていると言うか、予想がつくあんな株はいらんだろう

40 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:25:24 ID:VNWNvGmT
住宅着工の減少について誤解があるようなので。
マスコミがミスリードしているが、原因は法改正に現場が対応仕切れないのではなく、改正法そのものにある。
現場を知らない役人が、実務者の意見を聞かず制度をいじったため、実情に合わないものになってしまった。
一例が構造計算の厳格化。ただし構造計算をできる人数を把握しておらず事前の準備もしなかったため、増えた業務量をさばききれなくなった。
さらに認定プログラムがない、法文や国の説明そのものに誤りが続出し、建築確認申請が滞ってしまった。
9月以降はさらに建築物の着工は激減し、景気にダメージは必至。
しかし国交省は建築士や自治体に責任を転嫁し、制度の欠陥を認めようとはしない。
このままでは大変な事態になる。というのが2chの建築関連のスレの一致した見解。

41 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:28:15 ID:tO3kwov5
公務員改革するのもいいが、絶対に無理だけど、国会議員の世襲禁止法案のほうが先だと思う。
今は役所にもハケンがいてすごいな。
郵便配達なんか何年も前からちゃんとした公務員はいないんじゃないかな。
実際に、小泉や安倍なんかみたいに、国会議員にシカなれない人間も多いし
議員にデモなるか。みたいな、デモシカ議員が多くて困る。
郵政のときに、特定局は公務員の世襲でけしからんみたいな話が多く、
多分けしからんことなのだろう、けれども、
国会議員だって、世襲だ。地方の議員も世襲だ。
以前、闇の声さまが書いていらっしゃったが、普通の人間が議員になれる(立候補できる)
世の中というのはデモシカ議員にとっては脅威だよね。

42 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:32:13 ID:V2o6+6IS
関岡・・・2005年の総選挙でニートやフリーターの若者たちがテレビや
     ネットに扇動されて、どとうのように小泉指示に狂奔しましたね。
     小泉指示の自称保守派も有頂天になってましたが、本物の保守で
     あれば、あの光景を見て戦慄したはずです。日本の大衆がいかに
     扇動されやすいか、いかに一方的に付和雷同されやすいか、衆愚の
     危険性をみせつけられたからです。
     2005年の時点で若者が自民党に投票したのは、いまは親のスネ
     をかじって食えているからです。10年、20年たって親の財産
     を食いつぶせば、膨大な無産階級が発生します。そうなったとき
     左翼の中からメディアを使いこなすような天才的なデマゴーグが
     もし現れたら、今度は雪崩打ってそっちになびきますよ。アメリカ
     の裏庭といわれる南米では、このところブラジル、ベネズエラ、
     ボリビアなどで左翼政権の成立が相次いでます。このまま格差を
     放置すれば、いずれ日本でも左翼政権ができてしまう。小泉、竹中
     にはそういう認識が抜け落ちています。

小林・・・いや、社共の勢力は、いまやものすごく弱くなってしまったから
     その危険性はほとんど誰も感じてないよ。最近の下流層の分析
     を読んでみると、いまの下流層には意欲も活力もないね。
     「世の中なんとかしよう」というエネルギーが全然ない。

43 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:32:44 ID:V2o6+6IS
関岡・・・いまの下流層は格差を受け入れているということですね。私が
     言っているのは、今の社共に望みがあるなんてことでじゃなく、
     10年後20年後の話なんです。いまのニートが食うや食わずで
     自暴自棄になったとき、癒し系サヨクが近寄ってきて「君たち
     が悪いんじゃない、悪いのは世の中だ、政府の責任だ」とささやいたら
     その理屈にすがりつくんじゃないでしょうか。

小林・・・そういう人たちが精神的に懐柔する言葉として「自己責任」という
     言葉があるんだよ。「俺が悪いんだ」と思いこんで下流に甘んじる
     という構図ができあがっている。「自分は能力的に劣ってるから
     下流でも仕方がない」と優生学的な思想を植えつけてあきらめさせる
     わけ。そうやって、膨大な底辺の活力がどんどん沈みこんで失われて
     いく。いくら「いざなぎ景気を超えた」なんて騒いでいても、それは
     ごく一部の優秀なヤツがマネーゲームで潤っているだけで、次から
     次けと新しいソフトを創造する活力が出てくるとは思えないのよ。


44 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:43:20 ID:PoTFWRtN
【特 殊 法 人 N H K 受 信 料 制 度 利 権 格 差 】
★ 利権に守られた受信料貴族NHK職員の本当の年収は1500万円以上

NHK元職員立花氏:NHKは「同業他社と比べ給与が安い」として給与をアップし続けたため、
平均年収は1500万円程度になり、今や在京民放の数社を上回る平均年収になっています。
今やNHKより年収多いのは日本テレビとフジテレビだけだと思います。 NHKが発表している
17年度決算で給与決算額÷(職員数-出向者数)が1234万円でした。 これに退職積立金や
住宅補助手当やカフェテリアプランや通勤交通費などの福利厚生決算額÷(職員数-出向者数)が
514万円、更に、年収には入りませんが、国内放送費から支出される出張日当や宿泊費が加算されます。 

 PRESIDENT 12月号 111ページ  全公開! 受信料を取られる側の日本人の給料
     職業         平均年収   人数

  地方公務員         728万円    314万人
  国家公務員         628万円    110万人
  上場企業サラリーマン   576万円    426万人
  サラリーマン平均      439万円   4453万人
  プログラマー        412万円    13万人
  ボイラー工         403万円      1万人
  百貨店店員         390万円    10万人
  大工             365万円      5万人
  幼稚園教諭         328万円      6万人
  警備員            315万円     15万人
  理容・美容師        295万円      3万人
  ビル清掃員         233万円      9万人
  フリーター          106万円    417万人

NHKは受信料を取りやすいところから(だけ)取りたてます。例えば在日米軍からはとらない。
ワーキングプアなどからも巻き上げた受信料や税金で、1万2千人の職員
(子会社・関連会社を含まず)を潤わすのが、 NHKの仕事です。

45 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:44:48 ID:VNWNvGmT
自治体関係者も怒り心頭。「木を見て森を見ず」という国の対応が現場を混乱・疲弊させている。
すでに影響は基礎工事に現れ、建材市況は急落している。影響が一時的でないことは市場が感づいている。
今は法改正に関係のない2階建て以下の木造建物(4号建物という)が、かろうじて下支えしているが、
これも来年12月には新法が適用され、同様の混乱が起こる。
暮れにかけ、建築関連業界から失業者が続出するだろう。
野党も問題に気付き始めているが、政争の具にすべき問題ではない。
今すぐ法改正を凍結しても、年内は建築着工は回復しない。そんなことは出来ないから、来年にかけてこの業界は地獄をみるだろう。
責任を一手に負わされた構造設計事務所は廃業が続出するともいう。
これが確認申請の現象に輪をかけ、悪循環となる。

46 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:51:14 ID:Hly3zEHQ
社会保障費の税負担を全額消費税でというのは愚か者である。
不足分を消費税でというのならまだ分かるが。
「―――会社が税負担の軽くなった分、個人に支払うように」
経団連会長が含み笑いをしながらの発言ではウソっぽいな。
企業が利益をプールしているのだから、それを狙ってハイエナのように搾取してくる。
国際競争力、つまり商品のコストダウンという名目で大企業が下請けから(社会保障費の支払い分をよこせと)強奪してくる。
こうして1番利益を得ることができるのは頂点にいる大企業のみである。大損するのは国民である。



47 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 01:55:54 ID:V2o6+6IS
 この対談が言っているように、労働市場の問題だよ。だから労働環境
をよくする必要があるんだ。ところが地方にも国政にも元労組出身が多い
し労働組合のロビーによってがんじがらめにされているから、労働者全体というより
組織労働者の利益や既得権を守る政策になっている。表面上有効求人倍率が上がっているといって
宣伝するが、若年層の非正規雇用の上昇が含まれているということが隠されている。

判例では正当な事由がないと企業は正社員を解雇できないことになっている。
しかし、契約社員や派遣などは正社員のような優遇もなく、安い賃金でタライ回しだ。
正社員より使い勝手がよい、派遣から正社員に上がることはほとんどない。

世襲については廃止すべきではないと思っている。世襲でも優秀な政治家が
出てくるかもしてないからだ。ただ問題は世襲は基盤があり、
新しいやる気のある能力のある人材が参入できない有利な構造的な問題がある。
おそらく利権やしがらみが出てくるだろうから、ここを断ち切りたいわけなんだ。
いい案があればすがりたいんだが。


48 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 02:08:57 ID:V2o6+6IS
 >>44
マクロ的な数字ではそうだが、年齢的なものと地域格差があるから、地方公務員は少し
ぶれると思う。

>>46

 結局購買力がさがり、景気が悪くなるのは目に見えれるんだ。公金を
食べている国政も地方もそうだが議員の数が多すぎるから、議員を減らす必要があるし、
特別会計についても不透明なお金がたくさんでてくると思う。天下りもそうだが、そこを無視して
庶民の家計コスト上昇にダメージばかり与えている。これじゃ長い目で見て税収が減ることに
なるのが分からないんじゃないかな。どうせ東大法学部出身の谷垣あたりの財務省官僚ー国税庁ラインだろ

49 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 03:40:06 ID:1YZR1oel
不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から 過去スレ (見れるのだけ)
1  http://money.2ch.net/seiji/kako/988/988802017.html
2  http://money.2ch.net/seiji/kako/1025/10257/1025774627.html
3  http://money.2ch.net/seiji/kako/1032/10320/1032003273.html
4  http://money.2ch.net/seiji/kako/1036/10367/1036743132.html
5  http://money.2ch.net/seiji/kako/1038/10386/1038662779.html
6  http://money.2ch.net/seiji/kako/1043/10432/1043217648.html


50 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 05:12:53 ID:0O6txUbX
>>4->>5

二大在日宗教、統一教会・創価学会がユダヤ犯罪勢力と連携している。
http://www.asyura.com/0304/war30/msg/1163.html

ネット上でブッシュ擁護を繰り広げる知性の欠片もない群集がいる。日本人ではない。在日の似非右翼勢力が
ブッシュと背後のユダヤ犯罪勢力の為に、尻拭いに奔走している。在日とユダヤの犯罪組織が連携している。
(勿論、在日・ユダヤ全てが悪いのではない。ごく一部の犯罪勢力のことである。)

▲在日勢力とユダヤが連携している。
http://www.medianetjapan.com/10/book_newspaper/oyakodonburi/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE11_2.htm

ブッシュの背後のユダヤ・シオニスト暴力勢力は、統一・創価の在日犯罪勢力と連携している。
http://www.asyura.com/0306/war37/msg/1027.html

ウォール街のユダヤ人が、統一教会を介して、日米朝韓を実質支配している。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/wj.htm

51 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 07:04:00 ID:dZwIbdpt
>>26
>>30
 本来の「改革」とは国益に叶う制度の改正を指すのだと思うが、小泉以降、国益に反した
外資や一部の特権階級の利益を追求した制度の改造を「改革」と呼ぶ印象操作により、国民の
目を欺いてきた。改革に名を借りた売国行為と、国民の公共の福祉に叶う本当の意味での改革
とを厳密に分けて考えないと、時の政権が実際何をやろうとしているのか解りづらい状況に
なっていると思う。

>>36
 あと、公務員の待遇の見直しと官僚の天下りも。財政が赤字なのにボーナス支給とか、仕事し
ない奴に年収数千万とか常識ではありえない。本来、公務員は国民への奉仕者。一日12時間以
上働いても実質生活保護以下の収入しか得られない人間が多くいる事を考えると、自治労も人事
院も常軌を逸しているとしか考えられない。小泉はこういった部分には全く手を付けていない。
表面ツラだけ公務員の数を減らしても、その質や天下りに手を付けなければ全く意味はない。

>>41
 世襲禁止は、憲法で保証されている職業選択の自由を制限すると考えられるから難しいと思う。
そのへん、モラルの問題だと思うのだが、先の郵政選挙あたりで小泉やら武部やらがモラルを徹底
的に破壊したからね。それより選挙制度を見直し、小選挙区制の廃止と議員定数を単純に直近の
国勢調査の有権者数のみに基づいて分配することにより、今までより議員の流動化が促進されw
世襲の割合が減るのではないか。そもそも、議員が地元を『票田』と呼ぶような感覚が狂っている。
国会議員は地元に利権をもたらすものではなく、日本国の利益の為にあるものでしょ。そのへんの
構造やら国民の感覚が変わらないと難しいと思われ。まあ、いろんな圧力団体の利権でガチガチに
なっている現状を考えると、道は険しいね。

52 :開業税理士:2007/10/14(日) 09:07:55 ID:nuQyLkP1
>>31 :名無しさん@3周年 :2007/10/14(日) 00:24:14 ID:2kW/uG8r
>>闇の声、
俺の知っている昭和30年代の飯場、餅数個を巡って殺し合いに
なるような世界から見れば、今の世の中天国に見えるが、、。
ただ今なら其処まで落ちる前に如何にかなると思う。
その為には取り敢えず消費税を10%まで上げる事だ。
大体アメリカの売上税含めて、消費税を導入している先進国で
10%以下の税率等有り得ない話だ。
次に暴対法の廃止と、場所を指定してのカジノの公認。
先日とあるヨーロッパ人を渋谷に案内した時、
パチンコ屋と消費者ローンの看板の説明には往生した。

53 :闇の声:2007/10/14(日) 09:48:38 ID:SZ2Zylmt
>>31
金を減らさない、増やすことを高望みしないと言う考えが必要ではないか?
その意味で、定期預金が一番良いのかも知れない
特に、来年以降は景気が絶対冷えるし、金融関係もいろいろまずいことが出てくると思う
もちろん元本保証のリスクヘッジはしなければならないが、定期預金が一番確実だと思っている

>>26
自分は、独立行政法人をしばしば相手にするけれども、彼ら自身が自分達が利益を出して良いのか、或いは
国の政策に忠実に従い予算通りの業務執行をすれば良いのか、よく判らない状態だ
そこへ持ってきて、政治家がその利権確保を求めてくるので、予算は膨れ上がってしまう
読まれもしない定期刊行物や研究成果の発表の場がない研究者など、あれだけ抱えてどうする気なのかと
心配になってしまう
民間のアイデアと自由さ、政府関係機関の影響力を兼ね備えれば理想的だったのだが、それが逆さまになり
影響力の行使で民間を圧迫し、利権確保の場になってしまった

政治家の質の低下は当にその通りで、官僚からすれば相談したってどうしようもない人々と言う印象がある
しかも、小泉チルドレンが当選した直後に官僚を議員会館に呼びつけて相当派手に怒鳴るなどした事で
個人的な怨嗟の声もある
誰が力を貸すか・・・これが本音だろう
レクチャーの最中に居眠りをして、幹事長に怒鳴りつけられた議員もいるとか
その元幹事長でさえ、嘲りの対象だからね・・・


54 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 09:52:19 ID:+hgXhTGK
>餅数個を巡って殺し合いに
>なるような世界から見れば、今の世の中天国に見えるが、、。


5年後には、日本もそうなっているような気がする。

前スレで花子さんが言っていた「秋田の件」がなんだか分かりません。

55 :闇の声:2007/10/14(日) 09:54:56 ID:SZ2Zylmt
小泉改革の理念は・・・少なくとも言葉の上では、民選議員が政治の責任を取り
行政官としての責任も取っていくと言う感じだったと思う
それ故の行政改革だったはずなのだが、利権構造は温存され例えば巨漢の様に
官僚をこき使って利権をむしり取る人物の跋扈を容易にした
金に甘い政治家・・・と言う事を官僚は覚えてしまったから、実態のある改革は行わず
すべて言葉だけが先行する内容の議場テーマを政治家に渡した
それが安倍内閣になり結果的に安倍晋三自身の破綻となって現れたのだと思う
質的に下げて、政治家自身が格好を付けられる様にしてやったのに、それさえ何も出来ず
腹を壊して逃げてしまった・・・


56 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 09:58:51 ID:5ePO6wOS
昨日の「ブロードキャスター」、今放送している「サンデー・ジャポン」でも
内藤をプッシュしている。TBSは亀田一家を捨てたのであろう。

57 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 09:59:11 ID:bl1cUBCy
★ NHKの民営化論者は6割超、民営化の先送りはもう許されないのか?!

 日本経済新聞は今年1月中旬に全国の男女1000人に、インターネットを通じ
「NHKはいかにあるべきか」を聞いている。1月24日付の「クイック・サーベイ」
欄で、牧野洋編集委員がその回答結果を織り込みながらエッセイを書いた。

 アンケートの「NHKは組織形態を見直すべきか」との設問に対し、何と62.9%の
人が「民営化して、受信料制度も廃止すべきだ」と答えた。次に多い答は10.7%の
「組織形態はこのままで、チャンネル数を減らしたり放送分野を限定するなど
規模を縮小すべきだ」。後は「受信料支払いを義務化するなど、経営基盤をさらに
強化すべきだ」(7.4%)、「現在のままでよい」(7.3%)――と続く。

 6割を越す人が「民営化論者」なのは、とりもなおさず「自分のおカネを出してまで
見たいと思う番組をNHKが放送していない」と考える日本人が過半数いる
ということだ。

http://www.nikkei.co.jp/neteye5/suzuoki/index.html



58 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:01:21 ID:bl1cUBCy
★精神異常評論家森田実はNHKが大好き!

政治評論家の森田実氏(めざましテレビとかにたまに出てる)のサイトで、
笑える話を発見したのでご紹介。

ttp://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02036.html

簡単にまとめると、このようなはなし。

日本の放送業界はもはやすべてアメリカ資本に買収されてしまって、ブッシュの
いいなりになってしまっている。
しかし、NHKだけは“公共放送であるから”アメリカの支配が及ばない。
そこで、ブッシュは政府に圧力をかけるとともに、メディアを使ってNHK叩きをおこなって、
NHKを解体・民営化しアメリカの支配下に組み込もうとしているのだそうな。
なんと、最近のNHKの混乱(不祥事の連発や番組改編事件のことを指しているのか?)は
外国の諜報機関が暗躍して起こしたのだという。
だから、日本国民はNHKを守らなければならないのだ、と。

あまりにオカルトな話なので、さすがに森田氏も恥ずかしいのか
すべてA氏からの伝聞として紹介している。
こんな珍説まで出してNHKを擁護しようとは、その走狗たる森田氏の面目躍如
というところか。
でも、もしこれが本当の話だったら、ブッシュだって応援しちゃうね、オレは。



59 :闇の声:2007/10/14(日) 10:10:34 ID:SZ2Zylmt
>>34
通したと言っても、中身は何もない
教育基本法改正も、結果的に政治家と居酒屋共に花を持たせた恰好にして、実質的には
文部官僚の作文だ
例えば、今年も来年も中学受験は空前のブームらしい
つまり、義務教育にはもう何も期待できないから、少しでも経済力のある層は
私学へ逃げようとする
今日、明日をどうすべきかだったのが、政治家の恰好付けと居酒屋の利権漁りに使われて
言葉だけが空回り・・・それだけ重要な会議なら、国民の声としてすぐにでも会議再開と
成果の発表を期待するだろう・・・しかし、声は何もないね??
防衛省の昇格でも、中身は何も変わっていないしFX問題に見られる様に、安倍晋三は国防政策を
どう考えていたのか、極めて疑問だ
官僚がこの期間学んだのは、政治家なんて言葉で格好が付けば何も言わないし出来ないと言う事だよ
説明したって理解力はないし、これだけ儲かりますと言えば黙って決済する・・・
安倍晋三の残したモノは、政治家はスタイルを一番大事にすると言う学習効果だ
このところの総理大臣で、恰好を気にしない久し振りの総理大臣なんだね・・・福田康夫は
だから官僚は警戒している
小渕が恰好を気にせず、安い食事も気にせず電話を掛けまくった記憶があるから、それと同じなのかなと思っている
電話が来れば答えなければならないからだ


60 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:15:01 ID:V2o6+6IS
 佐藤・・・日本では、友好国であるアメリカのことなどまったく、調べてま
      せんよ。

 高・・・えっ、自衛隊でやってるのではありませんか。

 佐藤・・自衛隊の合同情報部の中に、インテリジェンスの手法をもちいて
     アメリカ調査に従事している班はないし、外務省にもありません。
     外務省にはアメリカ担当の部署がありますが、アメリカに対する
     インテリジェンス工作はしてません。

 高・・・情報収集はどうですか。

佐藤・・・あまりやってませんね。私が現役時代、つまり5年前の実情をいえ
     ば、ワシントンの日本大使館には職員が180人いましたが、アメ
     リカの内政情報を集めているのは、わずか2人でした。日本の外務
     本省でもアメリカ調査を担当しているのは2人だけでした。現在 
     この体制が抜本的に変化したとは思えません。

61 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:26:18 ID:V2o6+6IS
二宮:役所の話ですが、僕は1回びっくりしたことがある。1995年の夏のことです。僕はアメリカのダラスにいた。野茂のオールスターゲーム出場を取材するためです。
 すると前夜、ヒューストンの総領事館のかなり偉いらしい外交官から電話がかかってきた。「実は村山総理(当時)からの親書を預かっているんだけど、今すぐ野茂に届けてほしい」と言うんです。
「ちょっと待ってください。今は夜中ですよ」と頭にきて僕は言った。
失礼ですよ、いくら外務省でも。いや、外務省だから失礼なのかな(笑)。それで電話を叩き切った。
すると、また電話がかかってきて、今度は低姿勢なんです。「先程は申し訳ない。失礼しました。
ただ、これは“国益”に関係する話なんです」とこうきた。これが“国益”にあたるのかどうか知りませんが、
だったら自分が渡せばいいじゃないですか。それで「それは私の仕事じゃない。あなたの仕事でしょう」と言うと、今度は“泣き”が入った。
「いや、どうしても野茂の宿泊しているホテルがわからない。これを渡さなければ、私の責任問題に発展する」と。
別に責任問題に発展したって構わないのですが、あまりにも気の毒なので「じゃあ早朝、私のホテルに持ってきてください。
早めに渡しますから」と渋々、返事をした。



62 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:28:00 ID:V2o6+6IS
二宮:で、早朝、その外交官が私のホテルにやってきた。親書を見て驚いた。「MURAYAMA」が「MURIYAMA」になっているんです。誰かが間違えてしまったらしい。「あのォ、これムリヤマになっていますよ」と言うと、
みるみるうちに顔が真っ赤になり、頭を抱えてしまった。
 それを見て思いました。これが日本の外務省のやることかと。
いや、それよりも日本人メジャーリーガーの居場所ひとつ探せないなんて危機管理以前の問題ですよ。
いくらメジャーリーガーが偽名で泊まっているといってもね。拉致被害者の家族の方たちが外務省を「無能だ」「誠意がない」という気持ちが、よくわかる。

木村:そもそも、日本の領事館って国民を守る事を1回もやったことなんてないですよね。イラク戦争でも現地にはいなかったし。
NYの領事館の情報収集といったらウォールストリート・ジャーナルの切り抜きですよ。バカじゃないかと思いましたね。
 とにかく役所は1度解体しなければならない。頭を違う方向に使い過ぎです。彼らは“パブリック・サーバント”なんですから。
国民がお客様であって、自分たちのOBはお客様ではないんです。そのことさえ分かっていない。
 そこで国民がどうすればいいかというと、行政手続き法とか情報公開法を、どんどん使うべきなんです。
こんなバカな事を言っていると思い知らせなければいけない。


63 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:28:41 ID:X7QNNEvy
最近コピペが多いが宣伝なんて誰も読みやしねーよ。
まあ時間をドブに捨てるんだな。

64 :闇の声:2007/10/14(日) 10:32:59 ID:SZ2Zylmt
開業税理士様

鋭いご指摘、慧眼恐れ入ります
あの頃は、タコ部屋に入るのはそれなりの理由があった
入る方も、飯場暮らしは承知の上だった
今は、君は正社員になれるかも知れないし、能力次第で昇進昇格も出来るかも知れない、
だから今はここで辛抱しようと嘘デタラメを言って企業側の言いなりにしている
つまり、社会的に合意形成の元でタコ部屋が出来てきている感じがする
勿論待遇はあの頃とは比べるべくもないが、そこからはい上がれなくする・・・一生縛り付けて
使用者側の意思で自由にこき使うという意味では同じだろう

消費税率アップは仕方ないと思う
税制の抜本的な改革をする事を条件に、10%に上げてその使用目的を明確にすることだ
今以上に税収が伸びるとは思えないし、目先の高齢化を考えると待った無しだと思う
果たしてどうなるか判らない・・・効果があって数字が伸びるのか不透明な少子化対策の前に、
もはや待ったなしなのは高齢化対策だ
ある意味人道問題にまで発展しかねない・・・大げさに言うとだけれども、それだけの事を
構造改革は産んでいる

65 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:34:12 ID:V2o6+6IS
二宮・・・ところで小林さんは本でも書いているけど、なぜアメリカが嫌いなの?

小林・・・アメリカのシステムが嫌い。あの国の繁栄は長くないと思います。なぜかというと、
   今は宣伝がうまいから人が集まりますけれども、あれだけ夢がない国って言うのも珍しいですよ。

二宮・・・夢が無い!? アメリカン・ドリームはウソですか?

小林・・・貧乏人は教育も受けられないし、医者にもいけない。たまに、スポーツ選手や芸能人で当たる人がいますが、
     そろそろ限界がくると思いますよ。
     実は、階層間の移動が、先進国のうちで一番少ないんですよ。だいたい20%ぐらいで階層を分けるんです。
     20、20、20、20、20で5段階に分けます。その各階層間の移動が最も少ない国が、実は先進国のアメリカなんですよ。

いずれにしても、アメリカにいる外務省に連中がアメリカの対日戦略について
分析してないから、アメリカにしゃぶられ放題だ。だからいつまでたってもポチ外交
から脱却できない。アメリカの有力な下院や上院、政府関係者、シンクタンク
などのロビーして日本の国益になるように働きかけるべきなんだ。しかし
まったくやってないのがうかがえる。


66 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:43:02 ID:9qpkWfrc
>貧乏人は教育も受けられないし、医者にもいけない。
>たまに、スポーツ選手や芸能人で当たる人がいますが

日本の事かとオモタよ。

67 :闇の声:2007/10/14(日) 10:46:02 ID:SZ2Zylmt
>>47>>48>>51
この先、購買意欲も購買力も上昇するとは思えないし、官僚や政治家の数を削っても
(もちろんしなければならないが)それほどの効果があるとは思えないし、火急の課題を考えると
消費税率アップは免れないだろう
それもあって、景気後退に拍車は掛かると思う
問題なのは、人材開発と育成に掛けるべきコストが削られて次世代を任せる
人材が企業にもいないことだ
この点に関して、今の経営者は恐ろしく無関心で、今儲かってるんだからこれからもそうだろう的な
イメージしか持っていない
ある意味、経営者の社会的責任を放棄している言動が見られ、それが引き継がれていけば
日本の企業モラルは根本的に破壊されるだろう
その状況が、どなたかが書いていた”餅数個”を取り合う事を意味するのだと思う
バランスシートに現れてこない、貨幣価値に置き換えられない満足度こそ今一番求められている
企業価値であるはずだし、それに銀行が融資することでモラルは維持され社会全体の質的な向上がもたらされるのだと思う
それを根底から覆したのが小泉改革であり、それを美辞麗句で飾り立て”空白の一年間”を
作ったのが安倍晋三だ
コミュニティを破壊し、誰でも能力次第で社長になり、政治家になれる夢さえ持てなくした
事は、社会全体が持つ潜在的な成長性を否定し、何でも時価評価で決めていこうとする
悪弊を残してしまった
時価評価が全てだから、居酒屋やコムスンなどが跋扈する社会になったと、極端な言い方だが考えている
 

68 :闇の声:2007/10/14(日) 10:49:15 ID:SZ2Zylmt
二宮ってのは、清純のことか?
あのクソ野郎の裏話を書けば、コイツが何やってるか、そんな綺麗事言える
立場かどうか判るだろうさ
こいつと玉木が日本のスポーツメディアの悪い見本の二人だな


69 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:50:32 ID:v/IFKszA
>>65
アメリカに安全保障を丸投げしてるんだから仕方ない
中国と将来的には統一朝鮮を日本の安全保障に絡ませる時期が来たと思う
人民解放軍が進駐すればアメリカも好き勝手できなくなるはず

70 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:57:00 ID:5kyd3A47
>>59
小渕は首相になった時みんな冷めたピザとか言ったが、
漏れは「ついに首相になったな」という印象だった。
目立たない割には何気に要職を重ねていたから
内部での評価は相当高いんだろうと思った。

それから安倍が辞任に追い込まれたのは国家主義にかまけて
有権者の大半を占めるであろう勤労者層へ向けたアプローチと言うのが
実は無かったと言うのが現実で、
マスコミはそれに乗っかって煽っただけさ。

だぶんこれが「国家社会主義」だったら熱狂的に支持されたんじゃないの?

71 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:57:32 ID:fZPHm5Lj
●市場原理と対立する前近代的独占資本主義の日本  1
http://blog.mag2.com/m/log/0000089504/105300932.html

▼経営者の独裁的企業支配
 ところでわたしは、SBIの北尾を非難している訳ではない。M&Aをめぐる攻防は投資家に
とっては死活をかけた闘争であり、勝者は繁栄し敗者は破産するだけである。要するに今回の
M&Aでは、ライブドアの堀江よりSBIの北尾が投資家としては一枚上手だと言うだけである。
 だがその北尾が、たとえ戦術的計算上の発言とは言え「敵対的買収は日本の企業風土になじまない」
と堀江を批判した一言は、投資家・北尾の「日本的思考の限界」を暴く発言と言えるかもしれない。
というのもSBIを呼び込んでフジ経営陣が防衛しようとしている「日本的な」経営権は、
今やグローバリゼーションの圧力を受けて動揺し、これとともに「日本の企業風土」も重大な
転換を迫られているからである。
 どういうことか? 日本と欧米社会の経営者に対する監視機能を比較すれば判ることだが、
欧米の「近代的な資本主義」では通常、株式会社の経営者は「株主によって監視される」。
だからまた経営者は株主に対して情報公開や説明責任を負い、株主総会は「最高の意思決定機関」となる。
 もちろんそれでも経営者は情報を隠したりするのだが、説明責任を含む経営の透明性の確保は、
近代資本主義の成熟度を図る重要な指標と考えられている。ところが日本の経営者はこうした
「下からの」もしくは「社会的な」監視をほとんど受けず、文字通り「経営権の不可侵」を享受し、
独裁的に企業を支配していると言える。
 情報公開や説明責任が声高に叫ばれる昨今でさえ、引退する社長が取締役会にも株主にも何の
説明もせずに後継の次期社長を指名できたり、総会屋を雇って株主に沈黙を強いても刑事訴追
さえされない事実は、日本の経営者が独裁的に企業を支配している何よりの証拠であろう。
 では日本の経営者は誰の監視も受けないかと言えば、そうではない。日本における経営権は
「責任ある経営者」同士の相互監視に委ねられており、この「責任ある経営者」つまり大企業の
経営者で構成される特権的サークルこそ、「株式の持ち合い」によって結びつけられた
支配的派閥なのである。


72 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 10:59:00 ID:fZPHm5Lj
●市場原理と対立する前近代的独占資本主義の日本   2

 出身大学ごとや地縁・血縁など縁故を主要な基盤とする日本ブルジョアジーの支配的派閥は、
後述する歴史的形成過程を通じて「株式の持ち合い」という排他的な「ムラ社会」を構成し、
政治家や高級官僚で構成される政界と官界の支配的派閥とも強力なネットワークで結ばれているが、
こうした利害の共通する特権的人々の閉鎖的派閥が「相互信頼」にもとづいて監視し合うシステムに、
馴れ合いや庇(かば)い合いが蔓延するのは不思議なことではないだろう。
 グループ企業の経営者が談合して欠陥品を隠し、グループ企業の「社外」取締役が虚偽報告の
違法を承知で見逃すのも、結局は株式の相互持ち合いで結ばれた経営者の支配的派閥が経営者による
独裁的企業支配、言い換えれば「企業の私物化」に一致した利益を見いだしているからに他ならない。
これこそが不透明で無責任な「日本の企業風土」の基盤であり、現役経営者たちが「株主が
経営者を監視する」市場原理を本音では毛嫌いをする理由である。
 つまりフジテレビ経営陣が防衛しようとしているのは、市場原理とは対立する経営者の独裁的な
企業支配権であり、この土台である株式持ち合いという日本的システムそのものなのである。
だがもし仮に、世界中を暴走する金融資本に抗してこうした日本的な経営者独裁が維持され
つづけるなら、海外からの対日投資は減少し、国内金融資本の流失も加速され、やがては膨大な
国家財政赤字のファイナンスに行き詰まり、国債の暴落と長期金利の急騰という劇的な経済的破綻に
直面する以外にはない。
 ところで真に先見のある投資家なら、このような日本資本主義の脆弱さを見逃すはずはない。
だが戦前の旧構造をひきずる支配的派閥に食い込むことで満足し、日本資本主義が直面する
企業再編の行く末も見通せなくなっているとすれば、SBIの北尾もまた一世を風靡しながら
没落したダイエーの竹内や西武の堤の後を追うだけである。



73 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 11:00:11 ID:fZPHm5Lj
●市場原理と対立する前近代的独占資本主義の日本  3

▼株式持ち合いとメインバンク

 資本主義に同様に存在する株式会社でありながら、日本と欧米の株式会社が何故かくも違った
経営権を持ち得たかを歴史的に分析したのは、『なぜ日本は「成功」したか』(1982年刊)の
著者としても有名な経済学者・森嶋通夫の著書、『なぜ日本は行き詰まったか』(2004年3月刊)であろう。
 この著書で森嶋は、日本の株式会社を「安定株主」、つまり長期に株を保有して経営者を
支持しつづける株主と「不安定株主」、つまりいつでも自由に株を売買する「信頼できない」
投資家の構成比によって分類し、1945年の敗戦以降、財閥解体や大土地所有の禁止など徹底的な
改革が推進されたにもかかわらず、なぜ旧財閥を事実上継承するような特権的サークルが
成立し得たかについて以下のように述べている。
        *
 『・・・・自己完結的な株式の相互持ち合いシステムが成立可能であるためには、システムに
所属する諸会社が、相互に支持し合うことを自然で不可避であると考えるような雰囲気が存在
しなければならない。その点旧財閥諸会社にはそういう親密な感情が事実存在していた。
しかもこれらの諸会社の中の大企業は、占領軍の指令により、いくつかの小会社に分断されていたから、
集団の構成員の数は非常に大きかった。それらの中から直接的あるいは間接的な株式相互持ち合いの
サークルを見つけだすことは極めて容易であったと言わねばならない』(111-112頁)。

 しかもこのシステムは『経営者が株主支配から脱却して、逆に経営者が株主を支配する体制を
確立するために極めて有効であることは明白であるから、旧財閥諸企業以外にも新しい企業集団を
形成して、有力な経営者たちが相互に株式を持ち合い、支配態勢をつくろうとする動きが生じた』
(112頁)と言うのである。後者の「新しい企業集団を形成する動き」は、東西冷戦の激化による
占領政策の転換で、一旦は追放された旧い経営者たちが復帰することで加速された。



74 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 11:01:58 ID:fZPHm5Lj
●市場原理と対立する前近代的独占資本主義の日本  4

占領軍(GHQ)のリベラル派が推進した財閥解体など「経済近代化」の改革は頓挫し、占領政策の
必要から解体をまぬがれた大日本帝国の国家官僚機構と手を携えた旧経営陣が、日本の
資本主義的近代化を換骨奪胎していく〃逆流〃の局面が始まるのである。
 ところで株式の相互持ち合いは資金の流動化を阻害し、企業の資金需要に機動的に対処する
ことができない。だがこの問題を解決するために戦時中に始められた体制、後に「メインバンク・
システム」と呼ばれるシステムが導入されたと、森嶋は指摘する。
 戦争遂行のために考案されたこのシステムは、軍需工場などが必要とする資金を銀行が
「責任を持って供給する義務を負う」システムであって、融資が利益獲得の手段である銀行業とは
明らかに異質である。つまり「金を貸して利益を上げる」のが商業銀行だとすれば、メインバンク・
システムは何よりも「必要な資金を供給する責任と義務」を果たすことに重点があり、利益獲得は
小さな比重しか占めないのである。だがこのシステムのおかげで戦後日本の経済成長は、膨大な
投資資金が潤滑に企業に供給され、巨大プロジェクトが資金不足のために中止されることもなく
持続されたと言うのである。
 そして森嶋は、株式相互持ち合いとメインバンクというシステムは財閥が解体された戦後日本の
産業構造の新機軸開発(イノベーション)であり、明治以来の高等教育が蓄積してきた人材が
このイノベーションを遂行したのだと続けている。
 しかし戦後日本の経済システムに関するより重要な森嶋の指摘は、戦後日本のエートスが
『日本型儒教を持つ戦前派とアメリカ式新教育をうけた戦後派からなる二層社会になった』(6頁)
という点にあると思われる。つまり戦前までの日本社会に行きわたっていた道徳的慣習や雰囲気
(=エートス)である忠君愛国や大和魂を無自覚のうちに継承して戦後の経済復興を担った年配層と、
戦後教育によってアメリカ的個人主義や自由をエートスとして刷り込まれ、80年代には大企業の
若手中堅幹部や有力な青年実業家を輩出するようになった若年層に分断された二層構造になった
という指摘である。


75 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 11:25:03 ID:U1sEgVEM
>>67
> ある意味、経営者の社会的責任を放棄している言動が見られ、それが引き継がれていけば
> 日本の企業モラルは根本的に破壊されるだろう

遥か以前から懸念されていたことですので、現段階では懸念している場合ではないと思います。

76 :開業税理士:2007/10/14(日) 11:30:24 ID:nuQyLkP1
闇さん談合罪の成立経緯はご存知だよな↓。

昭和16年法律第61号
没収・追徴の範囲を拡張し(19条・19条の2)、強制執行免脱(96条の2)、
競売入札妨害及び談合の罪(96条の3)の新設、
収賄の罪の細分化と法定刑引き上げ(197条以下)、「安寧秩序ニ対スル罪」
の新設。

これらの法律は所謂ヤクザ談合屋(民間)から官制談合に切替える契機
になった、これら法改正見リャ分るがまあ第一次暴対法だよ。
退米戦争を控えての資金調達の意があったと謂われている。
因みにこれらの法律改正と同時期に給与所得の源泉徴収法も制定された。

77 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:07:46 ID:GHDmMZZi
>>58
森田さんの指摘は恐らく当たっているだろうと思います。
僕は安倍政権の国策逮捕かと思っていましたが。
昔から親がNHKのファンだったのでNHKは子どもの頃からドラマ、教養番組、ドキュメンタリーと見ています。
その質の高さは代え難いものがあると感じます。
国際民衆法廷問題については安倍・中川(酒)の圧力に屈したのが残念ですが。
「焼け跡から生まれた日本国憲法」などの秀逸なドキュメンタリーを作ったディレクターが
痴漢行為(電車のなかで女性のうなじをさわった)で逮捕(?)されたときに
おかしいなと思いました。あまりに相次ぐ不祥事といい、作為的なものを感じました。
他にもつかまっている職員が意欲のある人たちだったというところにも疑問を感じました。
石橋湛山をとりあげた歴史ドキュメンタリーもすごくいいものでしたが、富士ホールディングの
古森氏はケチをつけましたね。
御手洗、奥谷、牛尾といい今実権を握っている財界人はみっともなさすぎです。
斎戒沐浴して城山三郎さんの企業小説を読め!といいたくなります。


78 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:19:19 ID:GHDmMZZi
>>67
企業人の志とか政治家の志とかそういうことが復権されることはないのでしょうか?
時価評価は諸悪の根源・・。

79 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:26:08 ID:+sa1Fvz1
>>37
いや、26って結構ヤバイ内容だよ。
民営化神話(賛美)と公務員削減、アメリカ型に変えろって主張。
これは完全に小泉と同じ改革路線だよ。
民主党内の小泉勢力に該当するのはさきがけ系ってことなのか?

80 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:35:38 ID:B6YrpFpi
>>42,>>43
これ何の対談?
「小林」って、小林よしのり?小林興起?

81 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:42:58 ID:q6Owhsgm
>>47
最近、連合も非正規雇用に取り組み始めて状況が変わた。
正規と非正規が分裂すれば労働運動のパワーは低下する。
少数の特権的労働者を見逃すほど世の中は甘くないからな。

82 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 12:54:50 ID:FUI20ldL
>>51
新自由主義改革の推進派が同じこと言ってるな。
小泉の改革はペテンだ、だから本物の改革を、と唱え、
その実、庶民の益を損ねる新自由主義改革を推進する。
本物の改革もなにも、
小泉は民主の唱える新自由主義改革路線を横取りしたものであり、
改革自体は本家民主党から奪われた正真正銘、本物なんだよ。
だからこそ民主は「遅れてきたサッチャーにすらなれない」と小泉を煽り、
岡田は郵政選挙で私達の目指す方向は小泉と同じだとまで言い切った。
改革は似非だったのでなく、ただ道半ばで停止しただけだろう。
小泉の改革は本物じゃないと言い張ってる連中の真の狙いは、
小泉改革路線の総仕上げを行い、アメリカより課せられた改革を全うする、
新自由主義改革=アメリカ型社会への完全転換の成就に過ぎない。

小泉改革が本物の改革じゃないんだなどと言い張るのは、
所詮、新自由主義改革の実態が噴出し、改革に疑義の目を向け始めた人を
「偽改革が行なわれたがゆえに負の側面が出た」と騙し、
改革すれば薔薇色との甘言で改革推進に世論誘導する企てでしかない。

83 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 13:22:13 ID:juhPxn15
>>82
竹中なんか矛盾が顕在化してきても、それは改革が不徹底だったからだ
改革を徹底すれば矛盾は必ず解決すると今でも言い張るからねw

手術がうまくいかなくて患者が血まみれになって苦しんでても
絶対に診断ミス、執刀ミスを認めない気違い医者みたいなものだ。
自己愛の強い低脳にメスを持たせるほど怖いものはない。

84 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 13:24:58 ID:mVodINvw
どれだけ金を持っていても地獄へは持っていけないことをクソどもに思い知らせてやる必要があるんじゃないかな。


85 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 13:51:53 ID:TuLOO4VO
情報のプロは「知っていた」とはいわない

手嶋・・・精査し、裏を取り、周到な分析を加えた情報。それがインテリジェンス
     です。ちょっとききかじっただけの素材は、インテリジェンスには
     昇華されていない。・・・中略・・・事前に決定的な情報を分析
     し、国家の舵取りに役にたつような形で報告されてなければ、インテリ
     ジェンスとしての価値はありません。

佐藤・・・インテリジェンスを本当にビジネスにいかしている人間は、「こう
     なることはだいたい読めていた」なんて絶対いいません。「知っていた」
     ではなく、必ず「教えてください」というんです。・・・中略・・・
     他にもロシアでビジネスをしている商社はたくさんありますが、私
     のところに頻繁に足を運んで「教えてください」といってくるのは
     日商岩井と三井物産だけでした。それで教えてあげると「われわれ
     の知識は不十分でした。とても勉強になりました」という。他の
     商社の連中は、みんな「実は知ってました」です。よい業績をあげ
     ていたのは前者でありことは言うまでもありません。
     インテリジェンスの世界でも同じようなもの・・・

86 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 14:05:13 ID:TuLOO4VO
佐藤・・・戦前、ドイツの新聞記者の肩書きで日本に潜入したソビエト
     のスパイ、あのリヒャルド・ゾルゲが手記でこんなことを
     書いてます。日本人から情報を取るには、「あれ、あなた
     知らないんですか?」と言うのが一番いい。日本のエリート
     は知らないことが恥ずかしいと思っているから、調べてでも
     教えてくれるというのです。「実は知っていたというの、そう
     いう心理が働いているんでしょう。しかしこの世界で、何か
     あったとき「実は知っていた」という台詞を口にする人間は、
     専門家の間では「変な人ですね」と言われておしまいです。

他人の権威にすがるわけだが、素人だからこういうのを見て判断するしか
ないが、日本人のエリートいたいする戦略として参考になる。
今のエリートというのはこういうことを言う人ばかりじゃないのか。

87 :間ヌケの宮:2007/10/14(日) 14:19:00 ID:SttIQ4LZ
>>85 >>86  面白い! まさにその通りだね。

「女にこれを知ることを誨えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らず
と為せ。是れ知るなり。」

88 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 14:38:43 ID:rrTSxe+q
>>80
おそらく東大卒でロッテに入ったスポーツライター小林至

89 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 14:41:53 ID:rrTSxe+q
>>88
対談相手からみて絶対に違うぞw

90 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 14:54:40 ID:tO3kwov5
>>88
アメリカで大活躍の小林尊(大食い)だと思うよ。

91 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 15:06:49 ID:TuLOO4VO
>>80
ヨシリンです。

小林至氏は今ソフトバンクにいて、日本プロ野球のオーナー側の広報
みたいなことをやったり、ナベツネのインタビューに成功したりするんだが、
2ちゃんねる情報では彼は昔は相当なワルだったんだろ?ワルビッシュのようなタバコ
程度やできちゃった程度の悪じゃなく、子分を率いてやりたり放題だった悪。

プロ野球論争で朝生に出ていたとき、アジアトーナメント立案にあくの強い
玉木がつっついていたんだが、後で玉木はしめられたんじゃないかな。

92 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 15:08:50 ID:Y0a24pf4
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
ふざけるなこの野郎・・・相手にしていないのだが、まあこの野郎
なべやかん? 相手にしていないよ 一番仕事をしているのは井筒だよ
       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ

93 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 15:35:07 ID:jQmH0BFz
>>79
>民営化神話(賛美)と公務員削減、アメリカ型に変えろって主張。

民営化神話も公務員削減も賛美していないし、

>私が恐れているのは、改革熱の減退に便乗して、必要な改革まで棚上げされることだ。

で書いてある「必要な改革」の内容は単純にアメリカ型に変えろという
話ではないだろ。

94 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 15:35:09 ID:NxBamKYt
小林至は>>65だろ

95 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 15:43:21 ID:FUI20ldL
>>93
新自由主義改革推進派も必死ですね。

>小泉氏は以前から「国家公務員数の劇的削減」に執念を燃やし、
>ついに郵政民営化によって30万人近い国家公務員を非公務員化した。
>確かに公務員数は激減したが

普通に民営化と公務員削減への賛意が読み取れますよ。

96 :労働基準法は公務員用:2007/10/14(日) 16:39:06 ID:1G77JY5A
人間を家畜、消耗品扱いの経営者たちの企業も少なくないが、労働条件をよくしたく
ても困難な企業も多いのです。労働基準法は公務員用にある事実を未だに知らない
人が多いのには驚く。民間はどんなに経営悪化ー倒産しようが官僚は資本主義原理と
嘯き気にもとめない。官僚による独裁が日本の真実です。天下り、独立法人、民間
癒着企業(開発、区画整理、地図整備など公共事業、随意契約で数年先まで黒字経営
昇給賞与当然の国賊人間の企業の総称)の間を金が回っているのが事実です。一部の
国賊は裕福だが、民間は経費削減などの血を流し、従業員に泣いてもらって経営して
るのです。さらに少ない給与から官僚、癒着公共事業会社のために税金を取られてい
る。肥大した寄生虫のため増税も確定。皆さん本当の敵は北朝鮮ではないよ?(これ
も官僚による世論誘導ですよ)同じ日本人ですよ?お受験に洗脳された低脳は官僚は
優秀だと信じてる馬鹿がまだ多い。外から見なさい?官僚は救いようのない低能で
いびつな連中ですよ。世界常識です。


97 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 16:42:31 ID:Q1gFUGGR
闇の声は、消費税は逆進性が、とは思わないのか。

98 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 16:50:22 ID:TuLOO4VO
>>95
これだけ特権のない税金を納めている家計グループをいじめまくっても、なおらないから
特権のある公金を使って私服をこやしている人間ともを刑事訴追するくらいしなければ。

公金使って何に使っているかわからない不透明な金について、どんどん白日
のもとにさらさんといかんのよ。それが今の政権にはできないんだ。民主党
はしがらみがないとはいえ、労組がある。さらにわけのわからん、族議員
がいる。しかし公金を使って私服をこやそうとする連中はどんどん告発
すべきで経済的影響力があろうが、一度浄化するべきなんだな。自主してきた
やつらは軽減して、自主せずに私服をこやすやつらは10年以上の執行猶予
のない懲役にかすくらいしなきゃどんどんやってくる。ます添あたりがやるのは
当然で、社会保険庁以外でももっとどでかいお金を使って私服をこやすやつたを荒いざらい
告発する必要がある。

大蔵省資金運用部が赤字を垂れ流しまくって、社会的制裁もなく、天下りして
生活している民営化をして、自分たちの失敗をすべて国民におしつけている。
だいたいやつらはお金もたくさんあるから、無給でいいんだ。退職金返還しなければ
すんでいる家を強制的に差し押さえる。それくらい強引にしないといつまでたっても
なおらんよ。

といったところでむなしいだけだよ。庶民の武器といえば、一票に投票用紙しかない。
弁護士やとって著作権をたてにしたり、人権擁護法案を作ったりして、どんどん既得権益を守ろうと
している。本当に困ったもんだよ。

99 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 17:21:11 ID:HHDUi1ZF
>>98
さすがにもう改革派に騙される人はいないと思いますけどね。
本当に庶民派なら、改革で儲けた財界・富裕層追及への言及がある。
改革推進派は批判の矛先を財界・富裕層でなく公務員に誘導し、
公務員削減と民営化推進で小さな政府造りを進める。
正規雇用と非正規雇用とをいがませることで労働側を分裂させ、
新自由主義体制およびその改革に反発する勢力を弱体化する。
改革派は怒りの国民感情すら推進に悪用するが、
あなたの主張は非常によくできたその典型例と言える。

100 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 17:30:09 ID:M8l3fy58
●最も住みにくい国とは・・・・

日本では中高年の自殺が急増。「最も住みにくい、最低最悪の国とは自殺者が多い国」と
よく言われるように、経済力の低い国々、または先進各国をみても自殺者が異常に
多く出ることはあまりない。「何故日本で暴動が起らないのか不思議」といった外国人の意見も
うなずけ、先進国であるかのように錯覚している間に「異様な国」に成り下がってしまった。
自殺要因のひとつはリストラと中高年を苦しめる再就職の壁。自由競争の本家アメリカでは
誰もがエントリーできる扉は開かれている。しかし日本では、正規雇用はもちろんのこと、
アルバイトにすら年齢制限が存在し、公正な競争環境などどこにもないのが現実。
「技術やキャリアはあっても、中高年を採用すると若い従業員が嫌がるから」と恥じることもなく
語る有名な企業経営者がいるほど。
人間、最も辛いことは、社会から必要とされない疎外感を感じること。こんな環境の世の中では、
自殺まで考えなくても、日本を脱出しようと思うのが当たり前かもしれない。
年令障壁や自殺は人権問題。国の価値が問われるのも人権問題。中高年の誰もが意欲的に
生きがいを感じて働ける「住みやすい国」に変貌する時はくるのだろうか・・・

<カナダからの反響>
カナダでは従業員募集広告に性別、年齢制限を記載する事は法律違反。履歴書への誕生日や
年齢表示の要求も法律違反。採用後、社員登録の際に誕生日を記入する事になっています。
年齢制限は人権問題のため、もしカナダで年齢・性別制限をしたら確実にデモとなって
大騒ぎになるでしょうし、お婆ちゃんのような年輩もイキイキして働いています。もちろん
再就職はカナダでも簡単ではありません。過保護な日本よりも厳しいです。しかし自殺する人は
いませんし、日本人がリストラで自殺することもカナダ人には理解出来ないようです。それは、
失敗しても「ナイストライ」と評価したり、年令や性別で差別しないことがカナダ社会の
最低限のルールとして当たり前になっているからです。

http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/profile.html



101 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 17:32:12 ID:M8l3fy58
★不払い残業過去最多 1679社が227億円、06年度
  2007/10/05 19:33 【共同通信】


★質問日時: 2005/12/9 16:14:12

外国人の留学生が何故に日本の多くの人達は、会社でサービス残業をするのですか?
本国ではありえない話。時間で終わりが当たり前です。だいいち自分の家族を
大切にしていない証拠です。とまで、、、私は言ったけど、したくない事実。昔から、
責任を持って仕事となるので、色々しないといけない。それには時間が、、、
日本の労働者の現状について色々話するとどうしても納得出来ないらしいです。
納得してもらう事は、お国柄無理でしょうか?


★回答日時: 2005/12/9 20:28:56

日本の労働者の労働条件は前近代的なもので、資本主義以前の封建的な「主人と奉公人」の
関係が残っており、奉公人である労働者は主人に対して無料奉仕する社会規範があるからです。
「雇用者と被雇用者」の労働契約は、近代資本主義を装うためのカムフラージュにすぎず、
日本社会はまだ封建社会なんです。
会社だけでなく家庭も封建社会で、家族はみな一家の主人の奉公人で家来です。
妻が家来である証拠に、主婦は自分の夫のことを「主人」と呼びます。
こう説明すれば、納得してもらえると思います。
さらに自民党の刺客さわぎも例に出して、さすが切腹はないものの、近代政党でさえ党首は
お殿さまで党員は家来なんだ、と付け加えれば、完璧でしょう。



102 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 17:33:04 ID:M8l3fy58
★日本社会をダメにした終身雇用制・年功序列制

昭和初期の「1940年体制」において、
特に大企業・上場企業の慣行として確立された終身雇用制・年功序列制。
結局、この慣行は、企業サイドにとって都合のいいものである一方で、
従業員サイドにとっては、必然的に「社畜」であることを強要されるものとなっていった。
「安定した収入」と引き替えに「組織のイヌ・奴隷」として一生を捧げる。
結果として、日本人は、西欧人のような「個人主義的精神」を持ち合わせることが困難となった。
はっきり言おう。日本社会をダメにしたのは終身雇用制・年功序列制である。

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1130731934/



103 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 18:25:35 ID:25nj9PO8
私は中年で、現在求職中ですが、求人票には、年齢制限を記載して貰う方が良いです。
面接に行ってから、本当は若い人が欲しいと判る事が何度もありました。
時間のムダですし、交通費も馬鹿になりません。
募集内容に性別や年齢制限を書いて貰う方が、よっぽどマシだと思いますね。

104 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 19:06:51 ID:TuLOO4VO
マスコミが企業の労働供給が多いみたいのことをいっているが、上場企業など
ブランド企業によるあくまでも新卒者を対象としたまやかしだろうね。年齢制限までとりあげない。
企業人事は優秀な人材をとらなければ役員につるしあげられるから。
中小零細の雇用形態の構造まで目がいかないんだよ。
>>99
おっしゃるとおりで財界に対しての言及がないが、財界の人間たちうんぬんより
構造的な問題だと思う。役人や政治家の連中が最終的に法を作るわけだが、
彼らが労組と財界と政治献金なんかで利権を分け合う形になるからおかしくなる。
労働者派遣法なんかその典型だと思うよ。

 しかし財界とて必死だよ。世界との相手にしたパイの奪いあいだから、内需マーケットは
もう伸びようにないから、海外へシフトしている。為替の影響やものの価格高騰により徹底した
コスト削減をしているがそれでも間に合わない。リストラして株価を上げなければ買収のリスクに
さらされる。まあ現場を見ようとしないで肩書きばっかな人間はどっかいってほしい
けど、本来は政府の経済財政諮問会議とかも、もっと現場にいる人間をつってこなけれ
ばならんと思うんだ。財界のトップは現場の一線から離れて
庶民感覚のわからない王様は裸だ見たいな人が多いからおかしくなるのよ。
しがらみのない中小以下の人間なんかもオブザーバーとして入れる必要があるわけだ。

105 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 19:15:33 ID:T1jgBDcu
>>104
言葉を弄して騙そうとしても無駄だよ。

>財界とて必死だよ。世界との相手にしたパイの奪いあいだから、内需マーケットは
>もう伸びようにないから、海外へシフトしている。為替の影響やものの価格高騰により徹底した
>コスト削減をしているがそれでも間に合わない。リストラして株価を上げなければ買収のリスクに
>さらされる。まあ現場を見ようとしないで肩書きばっかな人間はどっかいってほしい
>けど、本来は政府の経済財政諮問会議とかも、もっと現場にいる人間をつってこなけれ
>ばならんと思うんだ。財界のトップは現場の一線から離れて
>庶民感覚のわからない王様は裸だ見たいな人が多いからおかしくなるのよ。
>しがらみのない中小以下の人間なんかもオブザーバーとして入れる必要があるわけだ。

他の部分はいらない、この本音の部分だけで十分だよ。
つまり最適な金儲けできる環境整備には労働組合なんぞ不要だって立場だろ。
どんなに言葉で取り繕おうが完全に企業側の論理。
庶民の味方なんぞ偽装するなって。

106 :105:2007/10/14(日) 19:33:28 ID:T1jgBDcu
104さん、さすがにちょっと言い過ぎた。ごめん。

>年齢制限までとりあげない。
>中小零細の雇用形態の構造まで目がいかないんだよ。
>経済財政諮問会議とかも、もっと現場にいる人間をつってこなけれ ばならん
>しがらみのない中小以下の人間なんかもオブザーバーとして入れる必要がある

これに関しては同意。

107 :開業税理士:2007/10/14(日) 19:34:53 ID:nuQyLkP1
>>97 :名無しさん@3周年 :2007/10/14(日) 16:42:31 ID:Q1gFUGGR
>>闇の声は、消費税は逆進性が、とは思わないのか。
俺が予め闇さんに代わって答える。
一律税率であれば逆進性ありだが、複数税率にすればそれはかなり
緩和される。
例えば生活必需財は5%、通常消費財は10%、高級消費財は20%。
但しその財が何れに属するかは極めて政治的課題ではあるがな。

108 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 19:46:48 ID:MJuJaEQH
消費税増か・・・
もう始まってるが、来年以降の物価高は行政にも影響が出るだろう。
市井の心配どころではなく、中小の自治体は死活問題になる。
公用車の廃止どころではなく、緊急車両の配備計画もままならなくなるだろう。
勿論、工事計画の凍結なども起きるだろうしただでさえ厳しい建築下請けなんか悲惨な自体が見えてるからねえ。


109 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 19:54:54 ID:Lyi8ULoK
直間比率見直しを標榜して導入した消費税

3%が5%、気が付きゃ10%で直接税はそのまま

霞ヶ関の独り勝ち

110 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 20:07:28 ID:ChYU8lCa
高橋ジョージもヤクザがらみ・・・?

ttp://www.youtube.com/watch?v=IyOFHmBuFII&NR=1

・内藤が打ち合わないのが悪かった(面白くなかった)。
・内藤がクリンチし、その後ヘッドロック気味にしたから、ダイキは内藤の足を「やめろよ!」という意味で殴った(俺は見た!と強調)。
・グローブでダイキの頭を押さえちゃだめだよね?
・亀田は日本タイトルからやってほしい。

7 ::||‐ 〜 さん:2007/10/14(日) 19:45:41 ID:J0yWXzxB
こいつ、試合前に亀田に頼まれたか、TBSに頼まれたか、
内藤の集中時間に控え室近くで大声出して、内藤に嫌がらせしたらしいな。
更に試合後はサンデージャポンで内藤を誹謗中傷。

何こいつ。
世間舐めるなよ。
お前の国家独奏を、内藤が無視したのは当然じゃボケ!


8 ::||‐ 〜 さん:2007/10/14(日) 19:50:07 ID:NcchC4w8
204 名前:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2007/10/14(日) 19:49:03
>>184
TBSの人間が迷惑がってる内藤に
「発声練習してますから」と言っただけつうのがムカつく。
情事に「やめてください」とか「控え室変えます」とか、
言いに行くのが当たり前だろうに。
層化歌手の方が、選手より偉いのかね


111 :闇の声:2007/10/14(日) 20:39:32 ID:SZ2Zylmt
>>92
いい加減にしろ!!貴様がどこにいるか判ったら、本当に絞めるぞ!!
>>110
せっかく良い議論が出来ているのに、なぜ水を差すのか?
そんなくだらん組織の使い走り何ぞ放っておけばいい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
確かに消費税の逆進性は認めるけれども、税制の抜本的な改正と合わせる事で
予算配分も変わってくるだろうし、福祉のあり方自体も考えないといけない
本当の意味での改革と組み合わせることで、逆進性はある程度解消出来るのではないかなと思ってはいる
もちろん、それが甘い事も承知はしているが、そこまで踏み込んだ議論をしなければこの先必ず
誤った判断を国民はしてしまうだろう
本当に必要な出費ならば増税もあり得るのだ
議論のスキームを整備する意味でも、税制の抜本的な見直しと予算配分見直しを同時並行で進められないか・・・
そうあって欲しいと思っている

税金の公平性を考える上で、消費税は優れていると思う
公平性と逆進性は相容れないのだろうが、まず何か土台を変えていかないと
高齢化社会対策は待った無しだと思う
それだけ、小泉改革は弱者を切り捨ててきた
そのツケをどうするのか・・・考える余裕もないのが実情な感じがしてならない
諸兄に於かれては如何お考えだろうか??



112 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 21:11:15 ID:nhPg3nH5
闇の声さん
煽りは嫌がらせしか能の無いかわいそうな小僧がやっていると思って無視してください。

113 :間ヌケの宮:2007/10/14(日) 21:16:15 ID:SttIQ4LZ
>>92 また出てきたね。闇の声さん、ほんとうに申し訳なかった。甘かったです。

114 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 21:43:26 ID:7grQTZkj
>>59
最近の私学ブームはゆとり教育が始まってから。明確な相関関係がある。
公立校の教師が、子供を公立校なんかに入れるかなどといっているわけだから。
学校教育でまともな授業がなされなくなり、私立や塾に行かせる余裕のある家庭と
それ以外の教育格差は開く一方。
明治以来(江戸時代でも)日本は教育を国の基本としてきたが、それが崩壊してしまった。

115 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 21:51:18 ID:25nj9PO8
>>111
負け組みの人生を送る人間には、消費税が上がるのは非常につらいです。
最悪でも、複数税率にして、生活必需品は5%にして欲しいです。

本当に必要ならば、増税も我慢するのですが、本当に増税は必要なのでしょうか?
「税金の無駄遣い」を無くせば、増税しなくても可能なのではないかと思います。
ただ、福田総理にそれができるとは思えません。労働組合をバックにした民主党でも
不可能に思えます。

残念ながら、私には「税金の無駄遣い」を無くせる人物として、郵政民営化を実現した
小泉純一郎しか浮かびません。
小泉改革で切り捨てられた人間が、彼を支持するというのは、矛盾しているとは思いますが、
郵政職員26万人の既得権を潰した実績を持つ彼を、支持する負け組みは、意外に多く
存在すると思います。

116 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 21:55:57 ID:4j39qQKZ
開業会計士は現場は強いと思うが
残念ながらマクロ経済には弱いようだ

117 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 22:15:37 ID:dZwIbdpt
>>83
> >>82
> 竹中なんか矛盾が顕在化してきても、それは改革が不徹底だったからだ
> 改革を徹底すれば矛盾は必ず解決すると今でも言い張るからねw

 それってカルトが信者を洗脳する方法そのものだな。
 そういやカルトの信者も大抵はB層の定義に当てはまる連中だね。

>>84
 金に溺れた奴ほどそうは思わない不思議。
 バカは死ななきゃ直らない。貪欲さ(執着心)は愚かさに直結する者は、奥田や御手洗や奥谷のようにはならない。

>>100
 若年層の自殺も多いと思う。未成年の凶悪犯罪も根っこの部分は自殺と同じようなものだと思うし。
 昔の日本は大人特に社会的地位の高い人は、恥を知り自己を律することのできる人が多くなった。
 最近ではカルトと結託してやりたい放題の某政党の元幹事長、自称『偉大なるイエスマン』の様に、恥知らずでインモラルな
権力者が多いから、子供がそういう世相を敏感にキャッチし感化され、異常な犯罪に走るきっかけになっているのではないかと
思う。

118 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 22:25:12 ID:djk3XFBX
消費税とかより固定資産税上げろよ。
金持ちみんな都心に住んでるんだから、ここからがっぽり税金取ればよい。
嫌なら海外脱出までいかずとも郊外に住めばいいだけの話。
実際都心の地価は上がってるし、山手線の中の固定資産税路線価を実勢に合わせればいい。
金持ちから徴収する税なんていくらでも思いつくのに、なぜか消費税に逃げるんだな。

119 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 22:33:03 ID:HDWV3kFC
★驚くべき特権階級 日本最後の護送船団、マスコミ・テレビ局
【放送免許を入札制にして、適正な電波使用料を取れば、消費税の増税は全く不要!!!】

政府の手厚い規制と放送免許などの許認可に守られ、長年新規参入も全くない(テレビ局)。
政官および業界一団となって、仲間内で利権を独占。
海外では常識の経済価値に見合った公共の電波の利用料をほとんど払わず、社会への還元なし。
GDPが日本の半分のイギリスで計850億円以上、日本は、たった42億円。
暴利が得られているのに、放送免許などで新規参入ができない仕組みになっているため、
ライブドア、楽天などが、強引な買収で割り込もうとする。
日本でもイギリスなどと同じに放送免許などを電波利用料による入札制に変更すれば、
競争原理が働き、電波利用に対する適正な市場価格が形成され、利用料は合計2兆円以上になるだろう。
こうすれば消費税増税など全く不要である。

●情報・通信関連企業の上場会社の年収ランキング
http://www.webtelevi.com/tyuumoku.htm

1位、朝日放送       1587万円 全業種でもトップ つまり日本一
2位、フジテレビジョン   1575万円 全業種でも2位 つまり日本2
3位、TBS          1560万円 全業種でも3位 つまり日本3
4位、日本テレビ放送網  1432万円 全業種でも7位 つまり日本7
5位、テレビ朝日      1365万円 全業種でも9位 つまり日本9
6位、テレビ東京      1219万円 全業種でも19位 つまり日本19
7位、角川グループホールディングス 1117万円
8位、野村総合研究所   1080万円
9位、JSAT           930万円


120 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 22:35:41 ID:dZwIbdpt
>>111
 現状、派遣や請負などの中で年収200万円前後の収入で生計を立てている人がけっこういるわけで、そういう
人を考えると、今後の物価高騰や増税により生活が破綻する人もいるだろうし、今まで以上に些細な怪我や病気で
ホームレスや犯罪者に転落する人も増えてくるだろう。
 身体が許す限り働いても生活保護以下の暮らし、しかも不安定な立場の人が無視できない数いることを考えると
これ以上の増税は物理的に許容できない人たちも相当数いる。現状でも死んでいる人がいるわけだから・・・
 まずは特別会計や公務員の待遇を見直して、実質的に仕事をしていない天下り官僚が高額の報酬や退職金を貪って
いる現状を是正し、意味のない公共事業を辞めて優先順位の高い(国民にきちんと合理的説明のできるもの)ものに
集中して資金を注入しないと、いくら集める金を増やしても結局同じ事の繰り返しになると思う。
 今のように役人や政治家が自らの利権と保身ばかりを考え、不祥事が起きても責任は取らない、あわよくば隠蔽や
さらなる利権の拡大を目論む(ex. マンション耐震偽装事件)ような事が続く限り、どんなアイディアで税収を延ば
してもいずれは破綻すると思う。何しろ、政治家も官僚も最初から真面目に国民の生活や国益など考えていないのだから・・・

121 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 22:35:58 ID:HDWV3kFC
★日本最大の既得権集団は、テレビ局である。

池田 信夫(著)  『電波利権』  出版社: 新潮社、714円(税込)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101505/503-1877322-7889529
新潮新書: 186 p ; ISBN: 4106101505 ; 発行年月 : 2006年01月

それは放送局が免許制度によって守られているため、既存の局を買収するしか
放送事業に新規参入する手段がないからである。
 日本でテレビ放送が始まったのは1953年。それから50年以上もたつのに、倒産も
買収・合併も事実上一つもないという業界は、他にない。技術が成熟しているため、
テレビ局は新しい設備投資も大して必要なく、かといって配当による利益の株主還元にも
消極的なため、多額の現金預金を抱え込んでいる。見る人が見れば、買収の
条件がそろっているのである。(本書から)

目次
第1章 浪費される電波
第2章 テレビ局を覆い続ける「田中角栄」の影
第3章 政治に翻弄されたハイビジョン
第4章 地上デジタル放送は「平成の戦艦大和」
第5章 NHKは民営化できる
第6章 携帯電話「標準化」をめぐる攻防
第7章 無線インターネット革命の夜明け
第8章 電波開放への道
第9章 通信と放送は融合できるか
第10章 電波社会主義を超えて



122 :間ヌケの宮:2007/10/14(日) 22:38:56 ID:SttIQ4LZ
諸悪の根源は単年度予算だね。

その年の予算は年度内にすべて使い切らねばならない。「年末道路工事シンドローム」だ。
その無駄遣いをやめただけで消費税アップは避けられるんじゃないかと思うくらいだ。

複数年度予算にして、節約できたぶんを次年度に繰り越すことができれば、無駄遣いを
ほとんどなくすことも不可能ではないだろう。

では、なぜこんな合理的な予算制度にできないのか。

ずばり、財務省主計局だろう。単年度予算こそ、彼等の権力の基盤だからだ。複数年度
予算では、細かな細目の数字は絶対的なものではなくなる。実施段階で節約することも
増額することも、各部署の裁量にまかされることになるからだ。

主計局の権力とは、予算要求に対する「NO!」であり、「YES」を獲得するための各省庁
の「懇願」である。しかし、これは省庁の既得権との終わりのない闘争に過ぎない。

主計局の頭にあるのは「調整」だ。当然財政は均衡主義になる。攻撃的な予算配分で景気を
刺激し、税の増収を図ろうという手法はとれない。どうしても増税にならざるを得ない。

それは結局どこまでも「価値調整」であり、「価値創造」ではない。

「価値創造」へ転換するには、思い切って単年度予算主義を捨て去ることだ。財政赤字は
増税で対処できる水準をとっくに越えている。

法務省は指揮権の独立、財務省は「価値調整」から「価値創造」へのイデオロギー転換。

こうなると霞ヶ関は熱く、刺激的になるんだが。


123 :闇の声:2007/10/14(日) 22:47:56 ID:SZ2Zylmt
>>117
昔の日本には、篤志家と言う言葉があった
今は死語だね・・・
家が貧しくとも、才能を買われて世の中に出る、その様なコミュニティであったし
実際偉人も多く輩出した
今は最初から金持ちで、幼い頃から質の高い教育を受けて、人脈まで受け継ぐ・・・
牛尾治郎などはその典型で、なぜ時の宰相達と二十歳代の青二才が対等に口を利けるのか??
その連中が庶民の事など語る資格も能力もない
反面、幼い時からいろいろな形でハンディを感じて生きなければならない人が
多すぎるのだ

>>115
実際に、小泉の再登板を期待する人はまだ相当数いると思う
しかし、社会的な様々な格差を産みだし、階級社会を構築して絶対的な階級を作り上げたと言えるだろう
まだ壊すモノがいっぱいあると思われる人は支持するだろうが、壊された結果は顧みていないと思う
壊すことだけで満足してしまうからではないか?
日本的な潤いのあるコミュニティを生活格差で破壊したのは、小泉改革に依るところ大だと思う
支持するのは理解出来るが、ではその先をどうすべきか、全員で考えるべきだろう
>>118
ここでも固定資産税の問題は多く取り上げられてきた
確かに持っている人から取り上げる方法ではあるが、今それをやれば土地価格のクラッシュの可能性があり
加えて持ち家の年金生活者なども直撃してしまう
逆進性はあるモノの、公平性で消費税はまず考えるべきと思う
ただし、消費税を上げる条件は直間比率の見直しやお書きになった固定資産税の見直しなど
税制の抜本的な見直しが条件だね
一部だけの手直しはするべきではない
福祉目的税化するならそれでも良いだろうが、ではその根拠となるとはなはだ心許なく
実効性に疑問がある
税制と税金の使い道の検証などやるべき事は多いね


124 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 22:48:22 ID:tO3kwov5
税金の問題と同時に、保健関係(健保、国保・・・)にも手をつけないと
意味がないと思う。
金持ちの税金を上げると、金持ちが日本から出て行ってしまうなどという人が
いるが、おれとしては出て行ってもらって構わない。誰も止めないよ。
とりあえず、大企業の輸出戻し税の廃止からかな。

125 :間ヌケの宮:2007/10/14(日) 22:54:03 ID:SttIQ4LZ
>>124 トヨタ1兆円利益のうち、2000億円が戻し税だよ。せめてこのお金を従業員に
還元できないものかね。そうすれば「品質最高」はウソではなくなるだろうに。

「モノ作り」なのか、それとも「カネ儲け」なのか・・・

情けなくて涙が出てくる・・・

126 :闇の声:2007/10/14(日) 22:54:29 ID:SZ2Zylmt
>>120
それは当然するべきであり、検証は大事な事だ
同時に、時間との兼ね合いも大事だ
高齢化対策のように、火急の問題が多すぎる
走りながら考えてブレーキを踏むような話で、何を最優先にするべきかの
考え方の違いになるのかなとも思っている
自分は高齢者のことを考えると、待った無しの予算執行が必要だと思うので
消費税率アップは止む無しだと考えている
これは、本当に無駄遣いを止めればどのくらい浮くのかなど検証が必要であり
それは大事な事だけれども時間も掛かるので痛し痒しだなとも思う


127 :闇の声:2007/10/14(日) 22:57:50 ID:SZ2Zylmt
問題なのは、この様な議論が何処かで消えてしまうことだ
経済諮問委員会等政府委員は庶民の事などどうでも良いのかと言いたくなる
彼らは電車に乗って行動していないようであるし、牛丼の安い店で食事をする訳でもない
日常的に庶民とは遮断された世界にいること自体が問題なのだ

128 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:02:03 ID:zPM0t88f
経済財政諮問会議の権限を強化させろと要求してるのは米国年次改革要望書だよ
そんな背景がある以上どういう連中で席が固められるか分かりそうなもんだが?
まさか米国ベッタリのまま、格差是正の議論がなされるとでも?

129 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:11:43 ID:5GpmuMm1

★金正日著「社会主義建設の歴史的教訓とわが党の総路線」

「社会主義社会では『多元主義』が許容されません。
『多元主義』が標榜する 思想における『自由化』、政治における『多党制』、
所有における『多様化』は、個人主義と自由主義にもとづいた生存競争が
支配する資本主義社会の政治方式であります。
社会主義は集団主義にもとづいた社会であり、人民大衆の統一を
生命とする社会なので、社会主義と『多元主義』は両立しません」
「社会主義建設のためのたたかいでは国家と社会の利益を個人の利益
よりもいっそう大切にし、そのために献身的にたたかう集団主義思想を
持つことが、もっとも重要な問題として提起されます」



130 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:13:00 ID:5GpmuMm1

★大津博 ビル・ゲーツの意見

 日経新聞にビル・ゲーツの意見が掲載されている。アメリカで現在問題になっている
ことの1つにディジタル通信技術の標準化を政府が決める方がいいのかというのがある。
ビル・ゲーツは言う。この種の事項を政府が決めるのは良くない。市場で発生、進化する
自然発生的な標準を待つべきであると。アメリカのコンピューター業界は20年以上に
渡って激烈な競争をしてきた。競争をせざるを得なかったのは、この世界を標準化する
規制が存在していなかったからだ。そして、「競争」してきたからこそ、コンピューター業界の
今日の発展がある。
 もし、1980年代にアメリカ政府が全てのパソコンに対し、汎用機と同じ技術水準を
採用するよう標準化を定めていたら、今日のパソコンはなかっただろう。
ただし、汎用機メーカーの利益を守ることになったに違いない。

 「市場が標準を選ぶと言っても、それは永久の物ではない。
競争者は、すでに存在する標準をひっくり返すという目標に向かって技術を革新する。
これが資本主義と呼ばれる偉大なシステムだ。
私たちにとって、その必要性は高まりこそすれ低くなることはない」
と結ぶ。

 標準化は技術の発展にとって諸刃の剣であることを忘れてはなるまい。



131 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:15:22 ID:c7298F7v
税制の問題も重要な問題だけど、政権交代しない限り意味がないと思
う。自民政権だと、どうせ景気も社会的弱者の経済状況も考慮せず無
視して、最初から増税有りきという論調ですすむだけだろうから。



132 :闇の声:2007/10/14(日) 23:16:47 ID:SZ2Zylmt
>>128
経済財政諮問会議には期待出来ませんよ
これは、政治家へのプロセスとして普通の人がこの様な議論をして
それがそのまま政治の場で取り上げられるべきなのに、実は有権者が阻害されていると言う
”ねじれ”がこの国をおかしくしている・・・その一つの現実だと思っている
だから、諮問会議こそ絶対階級を是認する場だと断罪さえしても良いのかなと考えております

133 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 23:20:08 ID:dZwIbdpt
>>124
 同感。日本が住みやすい国ならば、多少税金が高くても出ていかないんじゃ無いかな。全てとはいかないけど。
例えば北朝鮮が日本の三分の一の法人税・所得税で十分の一の賃金だとしても、あの国に工場を建てたり移住したり
しようと思う人はそうはいないと思う。極端な例だが。
 企業から見ても、治安が良くて政治が安定していて質の高い労働力が確保できれば、法人税や人件費が高くても
ペイできる。というか、そうできなければ経営者とは言えない。値段の叩き合いに競り勝って、不利益を立場の弱
い者に押しつけるのは経営ではない。昔の経営者は大抵、そんな事いわずもがなでわかっていた。時価総額経営とか
言ってM&Aで儲けて企業を破壊して荒稼ぎしているのは投資屋であって経営者ではありえない。
 日本は改革に名を借りた破壊行為によって製造業の競争力がかなり落ちた。黒字を出しながらも貸しはがしによって
倒産した企業がかなりある。オレ自身、RCCへの恨み節は何回か当事者から聞いたことがある。が既にあの世に行って
いて、恨み節も言えない状態になっている人も多いだろうけどね・・・・
 日本政府も賃金のダンピングを進め金額の叩き合いに参加させるのではなく、自国の競争力と付加価値を高め、国際
競争に勝ち残る道を真面目に進めるべきだった。そうするには政治家も官僚も無能であったし、官僚の縄張り意識、無
謬主義がそれを許さなかったのだろう。それにそういう地味な事は利権や目先の金にはならないから、何処の政党も乗り
気じゃなかったのだろうね。それに今じゃ大学や旧国研だけじゃなく、一部企業の研究者まで組織的に経営陣を騙して
特権を貪ったりしているようだからね。そのうち天誅が下るかもねw モラル崩壊は上からも下からも進んでいる。

>>125
 マスコミや一部政治家や御用経済学者には還元されていると思うよ。

>>126
 ここまで放置されたのは、政治tp行政の不作為とそれを許した世論の責任だろうね。しかも最悪なことに、いまだもって
改善される気配は全く感じられない。

>>128
 形だけはなされるだろうね。いやってほど・・・

134 :闇の声:2007/10/14(日) 23:22:11 ID:SZ2Zylmt
>>131
民主党の政策は、一見良いように思えるが財政的な根拠があまり明白でない
ばらまきに終始する危険性もあるし、あの政党は纏まるんだろうか・・・その危惧さえある
確かに政権交代は一度すべきではあるが、今は時期的にどうなんだろうかとちょっと懸念している
来年が景気後退の年になり、北京オリンピックと言うセレモニーを控えているだけに
政局の年にはしたくないのが本音であります

135 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 23:28:13 ID:dZwIbdpt
>>131
 そう思う。
 民主党も最悪だけど、政権が交代し、民主党がいろいろ自爆すれば国民の政治に対するスタンスも変わるだろうし、
公明党が頻繁に宿主を変えることになれば連中を潰す目も出てくるやも知れない。
 とにかく、清和会支配の現状を変えること、それと自民党でも民主党でも(他の野党でも)ない、国益(=大多数の
国民の利益)重視の政権ができるようにしていくしかないと思う。途方もない話だが、世の中の欺瞞を暴き、国民の
リテラシーを養い、まじめに法律を守って働く人が安心して暮らせるような未来を作れるような政治を実現しなくちゃ
いけないと思う。

>>132
 御用経済学者の弊害ですね。日本にはこのような欺瞞が非常に多い・・・

136 :闇の声:2007/10/14(日) 23:28:23 ID:SZ2Zylmt
>>133
同感できる処が多いね
普通の人の普通の意見が通らない国になってしまった
特権階級が利権漁りをして、それが当然みたいな話になり、それこそ亀田親子の様な
モラルも知性も何もない連中が自分の恥を晒して大金を掴んで、それを煽ることで
ビジネスにしている連中に庶民が騙され、載せられている現状があるよ
大事な何かを見え無くされて、知らずのウチに力を削がれている
それでも何もしない、起きないのが日本なのだろうか
それこそ、所謂タコ部屋だな・・・飼い慣らされた・・・

137 :31:2007/10/14(日) 23:29:05 ID:yQdUZmGd
>>闇の声と諸氏
預貯金が一番か、国が破綻した際、政府は通常、貯金封鎖で我々のすべての金融資産
をいったん銀行などの金融機関に戻させ、新札を発行することになるがその時はどうすればいいと思う?
 っていうか日本が破綻することはあるか?
腕のいい相場師・仕手師や投資家はリアルにそう思う節があるのだが。
 500円硬貨をたくさん保管しとくのがいいとか?

138 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:29:56 ID:tO3kwov5
経済財政諮問会議とほぼ似たような言葉で(ホントかな)、
学識経験者とか文化人って何者なのでしょうか?
逆に、組織(そういう意味ではなくて)に学識経験者や文化人を入れて・・・
などと、よく言われるし、自分もそう考えてしまうことも多いのだが
それって、完全に思考停止ですよね。



139 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:30:59 ID:eymqMuax
>>100
カナダは税金が高い。だから国民の意識も高いのだろうね。しかしあの国も変な所がいっぱい
ある。シッコとかいう米国の保険制度を批判した映画。カナダの良い所と米国の悪い所だけを
比べている映画なんだが、カナダの負の部分はわざと伏せている。病院は無料だが、入って
みると老人の井戸端会議場と化している。本当に医療が必要な人が何時間も並んで待たない
とならない。なのでオタワに住む富裕層はわざわざ国を超えて米国の病院へ通う。救急車も
有料で、一回呼ぶと10万円くらい請求される。だから、道で倒れている人がいた場合、親切心
で救急車を呼んであげるたりすると逆に怒られたりする。要するにシステムが違うだけなんだ。
どっちが良いとか悪いとか、そういうのは無いんだよ。

>>102
逆だよ。昔は終身雇用・年功序列制があったからこそ日本は高度成長を達成できた。安定した
収入があるからこそ、高い消費性向を維持できた。昔はアンケートで将来が不安だから貯金
するなんて答える人はいなかった。確かに終身雇用・年功序列制の悪い面はたくさんあるよ。
今は高度成長ではないという事もわかってる。しかし、今必要なのは将来への希望と安定した
収入だろ。もうすこし昔のシステムを見直してみる必要があると思う。

>>104
>内需マーケットはもう伸びようにないから、
内需なんて伸ばそうと思えばいくらでも伸びるんだよ。本当はね。それが二極化で貧困層から
富裕層への資産シフトが起こり、金を使う人が減ったから伸びてない。折角土地バブル崩壊
から立ち直ってきた時にまた別の問題を生んでしまった。財界のトップの外需依存もいい加減
にして欲しいね。生産設備まで海外に持ち出すなんて狂気の沙汰だよ。

140 :間ヌケの宮:2007/10/14(日) 23:34:35 ID:SttIQ4LZ
ドイツは消費税がとうとう19%になった。食料品でも7%だから日本より高い。
これには高福祉国家という前提があるのだが、しかし、失業率は10%に達する。

もともとヨーロッパは失業率が高いので多少「免疫」もあるのだろうが、やはり
増税によって失うのもが何なのか、日本にとっても他人事ではないだろう。

契約社員にさえなれないという事態が出現したらどうなるのか・・・、高い失業率と
いうものに日本は免疫がなりから、よけい恐ろしい。

141 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:39:32 ID:uBqBcVru
★「就職氷河期」はなぜ起こったのか  上
  池田信夫 blog 2007-09-29

フリーターの告発「『丸山眞男』をひっぱたきたい」をめぐって始まった議論は延々と続き、
コメントも3つの記事の合計で400を超えた。なぜ「就職氷河期」が起こり、10年以上も
続いたのか、こういう状況をどうすれば是正できるのか、についていろいろな意見が
出たが、ここで私なりの感想をまとめておく。
まず「格差が拡大したのは小泉政権の市場原理主義のせいだ」という俗説は、まったく
誤りである。正社員の求人は、1991年の150万人をピークとして翌年から激減し、
95年には退職とプラスマイナスゼロになっている。その原因がバブル崩壊による
長期不況であることは明らかだ。
したがって福田首相のいう「現在の格差は構造改革の影の部分」だから、改革の手を
ゆるめようという政策も誤りである。むしろ「景気対策」と称して行なわれた90年代の
公共事業のバラマキが生産性を低下させ、かえって雇用環境を悪化させた疑いが強い。
したがって「都市と地方の格差」が最大の問題だというアジェンダ設定も誤りである。

実質成長率と人口移動(1955年=100とする)
出所:増田悦佐『高度経済成長は復活できる』

上の図は、実質GDP成長率と大都市圏への人口移動(純増)を比較したものだが、
1980年前後を除いて見事に一致している。多くの経済学者が、この「1970年問題」を重視し、
日本の成長率低下の最大の原因は石油ショックではなく、70年代から田中角栄を初めとして
「国土の均衡ある発展」を理由にして進められた社会主義的な「全国総合開発計画」による
バラマキで、都市(成長産業)への労働供給が減少したためだ、という説が有力である。
さらに1970年代とほぼ同じ動きが、90年代に見られる。ここで成長率が激減しているのは、
もちろんバブル崩壊が原因だが、同時にそれに対して行なわれた100兆円以上の「景気対策」
によって地方で大規模な公共事業が行なわれたため、戦後初めて都市から地方へ人口が
「逆流」している。これが不況をかえって長期化させたのだ。


142 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:41:14 ID:uBqBcVru
★「就職氷河期」はなぜ起こったのか  下

90年代のくわしい実証研究でも、90年代に各部門の雇用が減る一方、建設業だけが
増えており、こうした部門間の人的資源配分のゆがみによって労働生産性が大きく低下した
ことが示されている。わかりやすくいうと、実質的につぶれた銀行や不動産・建設などの
「ゾンビ企業」を大蔵省が「官製粉飾決算」で延命するとともに、失業者が生産性に
寄与しないハコモノ公共事業に吸収されたため、労働生産性が低下したのだ。
こうした労働供給の減少と労働生産性の低下が不況を長期化させ、しかも「日本的雇用慣行」
によって社内失業者を守るために新卒の採用をストップしたことが「就職氷河期」をもたらした。
この人的資源配分の不均衡は、景気が最悪の事態を脱した現在でも続いており、日本の
労働生産性は主要先進国で最低だ。この意味で、まだ氷河期は終わっていないのである。
だからマクロ的にみて最も重要なのは、労働市場を流動化させて人的資源を生産性の高い
部門に移動し、労働生産性を上げることだ。そのためには、流動化をさまたげている正社員の
過保護をやめるしかない。労働者派遣法には派遣労働者を一定の期間雇用したら正社員にしろ
といった規定があるが、これは結果的には企業が派遣労働者の雇用を短期で打ち切ったり
「偽装請負」を使ったりする原因となるだけだ。労働市場の反応を考えない「一段階論理」の
設計主義による労働行政が、結果的には非正規労働者の劣悪な労働環境を固定化している
のである。
問題は、非正規労働者を正社員に「登用」することではなく、労働市場を競争的にすることだ。
ゾンビ企業などに「保蔵」されている過剰雇用を情報・金融・福祉・医療といった労働需要の
大きいサービス業に移動すれば、成長率を高め、失業率を減らすことができる。そのためには
労働契約法で雇用を契約ベースにし、正社員の解雇条件を非正社員と同じにするなど、
「日本的ギルドの解体」が必要である。また「都市と地方の格差」を是正するよりも、逆に
都市への人口移動を促進する必要があり、農村へのバラマキをやめて地方中核都市の
インフラを整備すべきだ。

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/d045494b5b3cf14fc062aa68c7f848d6

143 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:42:17 ID:c7298F7v
確かに政局だけで流れていくのはよくないと思います。でも今の与党
だと、最初から財務省のいわれるままに増税ありきになってしまって、
税制を検証する気がないと思うのです。

消費税に関しては、よく日本は欧米よりはるかに率が低いと言われる
けど、むこうは生活必需品(食料品とか処方薬とか)には、ほとんど
税をかけない。

それに今の日本の経済状態で、景気を上げるような政策を取らずに機
械的に税率だけ上げたらどうなるのか?

そういう現状を無視して、ただ消費税を上げたら生活貧窮者達がどう
なるのか?

民主党に対しては言いたい事はやまほどあるけど、今の政権のままで
税制をいじられたらどうなるかと思うと寒気がします。大手メディア
も高給取りのせいなのか、政府の太鼓持ちなのか、ここら変の感度が
酷く鈍いように思う。


144 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/14(日) 23:42:33 ID:dZwIbdpt
>>136
 ありがとうございます。
 ちなみに私が今の日本がどうしようもなくおかしいと感じたのは、拉致問題、特にジェンキンス一家の事に
違和感をもったのがきっかけです。荒れそうなので詳細は割愛しますが、日本に本当の意味での保守政党って
あるのかな? と思いました。それと、決定的なのは人権用語法に関する諸問題ですね・・・
 話は飛びますが、日本人は本来、「恥を知る」民ですよね。最近、「恥を知れ!」と言いたくなる輩が本当に
多いです。自らを律することができない者がどうして人の上に立つことができるのでしょうか?

>>138
 そういうのをまとめて『有識者』と言ったりしますw
 「有識者=正しいことを言う人」という図式は小泉がB層に刷り込んだ「改革=善」と全く同じだと思います。
 国民に対する印象操作は衆愚政治の基本という事でしょうね・・・

>>139
> >>104
> 内需なんて伸ばそうと思えばいくらでも伸びるんだよ。本当はね。それが二極化で貧困層から
> 富裕層への資産シフトが起こり、金を使う人が減ったから伸びてない。折角土地バブル崩壊
> から立ち直ってきた時にまた別の問題を生んでしまった。財界のトップの外需依存もいい加減
> にして欲しいね。生産設備まで海外に持ち出すなんて狂気の沙汰だよ。

 同感。「内需拡大」を政府与党が言わなくなってから、日本国民の実質的奴隷化が始まったと思う。

145 :名無しさん@3周年:2007/10/14(日) 23:53:10 ID:p4VtIAoG
経済成長が続いているというのも企業が切り詰めたからですよね?
けっして売り上げが伸びたとかそういうことではなくて。

146 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:01:25 ID:eymqMuax
>>115
>「税金の無駄遣い」を無くせる人物として、郵政民営化を実現した 小泉純一郎しか
まだこんな事言ってる人がいるのか。郵政事業は黒字だった訳で、税金の無駄遣いとは
まったく関係がない。郵政職員の給料を国が払う必要が無くなったと同時に郵政事業による
収入も無くなってる訳です。しかも今後稼ぎ頭の貯金、簡保だけ民間に売却して郵便事業は
残すので、収益のバランスが取れずいずれ赤字になり国が税金で補填する事になる恐れが
ある。まぁ郵便事業も値上げするから、単体で黒字維持も不可能じゃないと思うけど、利用者
の負担が増えることに変わりは無い。

>>136
日本という国自体が一つのタコ部屋ですか..これは面白い表現ですね。

>>137
経済板に行けば嫌と言うほど出てる話題だけど、そもそも「破綻」の定義を明確にしないと
無意味です。何をもって破綻とするのか?が人によって違うので話が噛み合わない事が多い。
現在の資本主義というシステムにおいて、為替もフローティングしている国で厳密な意味での
破綻というのは理論的に発生しません。だから預金封鎖なんて起こりません。札が無限に
刷れるんだから、お金が無くなったら印刷すればいいんです。ただの紙ですからね。
資本主義なんてみんな自転車操業なんですよ。システムの矛盾に気付かない内はずっと
走っていられるんです。皆が矛盾に気付いた時はコケますけどね。それがプロレタリア革命
なのかどうかは分かりませんが。


消費税上げるとかいう話で盛り上がってるけど、過去消費税導入直後にバブル崩壊、橋本が
5%に上げた時も経済が落ち込んだ。生活が苦しい人が増えている時にやる政策じゃないと思うね。
公平性ってのは判るんだが。まず必要なのは富裕層への課税アップ(累進率を昔の水準へ戻す)
と大企業の増税が良いと思う。

147 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:17:37 ID:0p8y4ftC
>>139
>>144
国内のものをたくさん買ってくれる人がいない限り
内需マーケットの流動性を高めて拡大するのが見えてこないんだ。
その問題の一つに少子高齢化と年金や社会保障費といった将来不安がある。

だから下流層や中流層の所得を増え、生活コストが下がり、年金など社会保障
を充実させ、将来不安をとりのぞく必要があると思う、でもそれだけでは消費
を最終的にしていただけなければ、いくらお金をため込んでも内需は潤わない。

また他の手としては世界に出回っているお金を日本に戻すために、
政策金利の上昇により円高というのがキーワードとなる。
さらに金融機関は審査規制を緩和し資金供給を拡大する必要がある。

しかし今の借金だらけの政府と世界との関係、さらに資源価格高騰による
供給は変わらないのに需要が爆発的に上昇している世界情勢ではにそんなことできないと思うんだが、
私の知恵は足りないかもしれないから、いい知恵があればすがっていきたい。

148 :間ヌケの宮:2007/10/15(月) 00:19:19 ID:DNwxov0Z
本来、日本のように生産力がしっかりしている国には、不況などあり得ない、と言うと
言い過ぎになるが、まともな政策をとっていれば、不況になるはずがないと思うんだ。

要するに生産したものが、価値になるかゴミになるかの違いだよ。

おカネと交換されれば価値、されなければゴミだ。買ったものは使わずにそのまま
粗大ゴミにしてもよい。一度「価値」になれば、あとはどうなってもいいのだ。

それでは買った意味がないではないか・・・ということになるが、大いにある。生産者
が救済される。そして、消費者と生産者は別個の存在ではなく同一人物の裏表なのだ。

要するに、消費によって、商品と言うよりも雇用の安定を買っているわけだ。

149 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:22:36 ID:zeoI7pui
小泉改革の建前こそ、アメリカのように頑張ったひとには、それだけの収入をあたえる
競争社会にすることになっていたが、
どうやら闇氏のいうような硬直した階級社会が、できるだけのようだな。
アメリカもそうだが、日本はそのうえにコネ・人脈社会があるから
よけい始末に終えない。その影響が、いろんな産業に悪影響をおよぼすだろう。
その一端をゲーハ板でみつけた。

Assassin's Creed (仏企業・加開発)
http://www.gametrailers.com/player/26307.html

MGS4: Guns of the Patriots (日企業・日開発)
http://www.gametrailers.com/player/25196.html

MGS4の硬直した動きは、まさに今の日本の硬直化の象徴と言えるのではないだろうか?
これで世界に冠たるゲーム産業などと日本が、誇れるだろうか。






150 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:28:08 ID:eOnRuihI
>>1さん、ごめんね。プロパガンダカキコ失礼します。
もう、これ以上 世界の金融を国際金融資本家の好き勝手にさせないためにも・・



アメリカ礼賛派で、ビンラディンを憎んでいた
ベンジャミン・フルフォードさんが
911事件を陰謀ではないかと疑うようになったわけ・・

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=591811

(尚、10月15日月曜日に放送予定の「911特集番組」は
 疑惑隠蔽の洗脳内容になると思います。
 あれを信じちゃいけないよ!なにしろCIA日テレの放送だから。)


日本のヤクザに言及の多いフルフォードさんのビデオです、どうかよろしく!

151 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:31:33 ID:G4wJlz/k
今のようなメンバーでの経済財政諮問会議など即刻廃止すべきでしょう。
丹羽さんにだけは期待していたけど裏切られました。
日本の財政投融資のシステムは素晴らしいものだったのにわざわざ壊すとは・・。

152 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:34:51 ID:0p8y4ftC
 小泉がやったことというのはこまかした言葉になっているが、ひっくるめて
増税なんですよ。定率減税の廃止、消費税の課税売り高上限の引き下げ、
しかし言葉のマヤカシがおおいいから、だまされてしまう。

 庶民は勉強し続けていかなければならんというこよだと思います。

153 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:44:41 ID:nM0Pt/s3
なぜ、米国メディアは「イラン攻撃」論を流すのか
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071009/137071/

再燃するイラン報道の裏側を読む


154 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:48:30 ID:0p8y4ftC
増税による増税を重ねて銀行を助けた結果どうなったか、あの悪名高い
りそな国有化の処理もそうだが、外資に徹底して儲けさせて、
庶民の家計は苦しまさせた。痛みにたえて、よく頑張ったと
リップサービスしてころっとだまさせる人が多かったけども、
本当に固定化してしまって、どんどん悪い方向にいってしまったわけで、
まあ福田さんはどのように調整しますかね。




155 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 00:50:08 ID:9XbEe+Hd
>>147
日経新聞とかに毒されちゃった方ですか?色々と突っこみ所満載だけど経済板に行った方が良いと思う。

156 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:07:02 ID:0p8y4ftC
>>155

いろいろつっこんで、否定だけじゃなく、いい案を言ってくれれば、生産的でな
議論になると思うんだがな。自分が今考えていることはこれくらい。

日経新聞はとってないね。


157 :間ヌケの宮:2007/10/15(月) 01:11:00 ID:DNwxov0Z
>>147 面白かったです。

158 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:14:50 ID:G4wJlz/k
>>147
同感するところ多いです。
内需景気にもっていく方法考えたいです。

159 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:24:40 ID:qoHhS0JS
闇の声氏は、なんだかんだ言って結局、庶民の味方なのかな?
それとも裏社会の住人だけど、いくらなんでもひどすぎると思っているのかな?
それとも、あくまで闇の人間だけど、こんな状況では短期はともかく
中長期的には、シノギが減ると思って書き込まれているのだろうか?

160 :159:2007/10/15(月) 01:29:02 ID:qoHhS0JS
さらに言えば、日本はまだまだ復活できると思う。
だってこれだけの富があるわけだから。

年金だって、夫婦で月に20万以上いらないだろう。
給与だって、何億も稼ぐ人だって2000万あれば十分すぎるだろう。
老人がこれ以上富を囲いこんでどうする。
広く再分配すればいいじゃないか。

富がなくて絶対的貧困に陥ってる国より まだだいぶマシだ。。
と思う。でもそんなに甘くはないんだろうな

161 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:29:11 ID:UTObR4rC
★ 岡本昌裕 快感原則論 ー楽しく生きるー
○ 終身雇用が奪う10の自由 
http://www.sky-net.or.jp/masahiro/permanent_employment.htm

@自由な時間(休暇)が増えない。
A 転職の自由がない。
B 市民が主体的に生きられない(すなわち自由に生きられない)。
C 官僚と業界の癒着を生みやすく、ビジネスの世界で公正な自由競争が行われない。
D受験競争を必要以上に激化させ、子どもたちから自由を奪う。
E会社員の給料が上がらない(働いた分だけの給料をもらう自由がない)。
F物価が安くならない(品物を安く手に入れる自由がない)。
G男女雇用機会均等化が進まない(女性には、男性と同様に働く自由がない)。
H社会人に大学で学ぶ自由がない。
I「就職活動」の負担が大きくなり、大学4年生が自由に学生生活を送ることができない。

それでは、一つずつ取り上げて詳しく観てみましょう。


162 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:30:43 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由

@自由な時間(休暇)が増えない。
(この点については労働時間をご覧ください。)

* 「終身雇用」という雇用慣行により、日本の企業は新人の募集・採用時に
「年齢差別」を行っています。このため長時間労働などの悪い労働条件下で
働いている人が転職したくても無理な場合が大半です。

  転職が容易な労働市場が生まれれば、優秀な人材はどんどん条件の良い職場に
転職します。雇用者は優秀な人材の流出を防ぐために勤務時間を始めとして、
少しでも良好な労働条件を整備しようと努力します。労働条件を巡って各企業が
競争するわけです。この競争により、過労死する人が後を立たないほどの
長時間労働は是正されることが期待できます。また、残業をさせておきながら
賃金を支払わないという“サービス残業”についても、雇用者は目をそむける
ことはできなくなるはずです。

  社員が転職できず、過酷な条件下での労働に泣き寝入りせざるを得ないのを
いいことに、日本の企業の多くが長時間労働や“サービス残業”の問題を
放置しています。あるいは、「終身雇用」という慣行そのものが長時間労働の
原因になっている点は「労働時間」の項で述べています。

  日本人には過労を訴える人々が非常に多く、過労死や過労自殺にまで追い込まれる
人も急増しています。(2002年に労災が認められた過労死は160件に上り、
前年度の2.8倍です。また、過労自殺も、前年度の1.4倍の43件で過去最多でした。)




163 :159:2007/10/15(月) 01:31:27 ID:qoHhS0JS
闇の声氏に質問ですが、やはり例の農水大臣は
自殺ではなかったのか?

闇の声氏の見解を知りたいです。

164 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:32:04 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由

* 補足1 「@ 自由な時間 (休暇) が増えない」 ことにより・・・

 1 “フリーター” や “ニート” が増加する
  “フリーター”( 学校を卒業したのに定職に就かず、アルバイトをする人々)や、“ニート”
( 学校にも行かず、職にも就かず、職業訓練も受けない人々)が増えています。この人々が
定職に就きたがらない理由の一つとして、「定職に就くと長時間労働や “サービス残業” を
しなければならなくなり、そのことに耐えられない」 というのがあるのではないでしょうか。
「友人からのカラオケへの誘いを断って残業したのに賃金は支払われない」 というのは、
現代の多くの若者にとっては信じられないことであり、耐えられないのが当然でしょう。
結果として、長時間労働も “サービス残業” (無賃労働)もない “フリーター” に流れる
人が増えるということになっています。
  しかし、定職に就かないことにより、若者は職業能力向上の機会を失い、それは
日本経済の競争力を低下させることにもつながります。

  2 景気回復の妨げになる(1) 

  景気回復には労働時間も大きくかかわっています。労働時間が短縮され休暇が増えれば、
当然のことながら人が外出する機会が増えます。人間は外出すれば必ず何かを買ったり
外食をしたりするものです。しかし、長時間労働をしている人々は消費の機会を多くはもてません。
  また、上記の “フリーター” や、“ニート” の存在は景気にも影響します。低所得の
“フリーター” や無収入の “ニート” が増加すればそれだけ個人消費は弱まります。
 この意味で、「終身雇用」 から派生する長時間労働は景気回復の妨げにもなっています。



165 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:35:16 ID:9XbEe+Hd
>>148
企業のリストラ問題も同じですね。労働者=消費者ですから。裏表の関係。
リストラで会社の収益を増やしても、失業した人が消費をしなくなるので、
内需が減少、また売り上げが落ちて更にリストラが必要になる。
負のスパイラル。ここから逃れる為に外需に頼るしかなくなる。
リストラで一時的に増える企業の利益も、その金は失業者への社会保障費
という形で国民が負担している金と言って良い。税金増でまた不景気に。
やはりシステムがオカシイのかな。


166 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:36:22 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由

* 補足2  景気回復の妨げになる(2)
 90年代後半からの不況の最大の原因は、個人消費の落ち込みですが、消費者の
財布の紐(ひも)が固くなってきた理由は、(もちろん一概には言えませんが)
「雇用不安」 によるところが大きいのです。
 2000年以降、近い将来に自分の会社が倒産するかも知れない、あるいは会社から
解雇されるかも知れないという 「雇用不安」 を感じている人は半数を大きく上回っています。
しかし、再就職となると終身雇用という環境下における、「年齢差別」 という障壁が
立ちはだかり、自分の年齢では行くところはなく失業するだろうと考え、収入は出来るだけ
貯蓄に回そうと考える人が多くなっています。( 自主廃業した山一證券の社員を
受け入れたいと申し出た企業は多くありましたが、その募集要項の大半には
「30歳まで」 とか 「35歳まで」 と書かれてありました。)
 倒産や解雇の可能性があっても、個人消費を落ち込ませなくするためには、
「転職のチャンスが多い状態」、あるいは 「起業家が新しくビジネスを始めやすい環境」 を
作る必要があります。そうすれば、たとえ将来において解雇されたり、勤めている会社が
倒産する可能性があろうとも、消費者は 「健康でありさえすればチャンスはある」 という
楽観的な気分を持つことができ、購買意欲もさほど衰えることはないはずです。そして
消費者は、「明日はどうなるか定かではない。でも、それならば、いやそれだからこそ
今日を楽しもう。欲しいものは思いきって今日買ってやろう」 と考えるようになるでしょう。
 現実はというと、日本のサラリーマンの多くは、将来に悲観的で、特に自分の会社の倒産や
リストラに考えが及ぶと (20代の人はともかく) 「この年齢では再就職は難しいだろう」 という
不安を感じずにはいられず、消費者マインドは冷えきり、「明日はどうなるか定かではない。
それならば買い物は控え、貯蓄して明日に備えよう」 と考えてしまうのです。

167 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:41:51 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由
 
A転職の自由がない。
「終身雇用」は一時的現象であるにもかかわらず、日本では企業・官庁が
新人の採用時に年齢制限を設けているため、転職の自由があリません。
[「転職について」(*「年齢差別の問題」)もお読みください。]このため、
「今の仕事では自分の才能が発揮できない」とか、「もっと自分を評価してくれる
ところで働きたい」などと考えている人でも仕事を変えることは容易では
ありません。「終身雇用」のもとでは、学校を卒業する時にどこに入るかによって
その人の人生が大きく左右されてしまいます。
たまたま自分が学校を卒業する時期が不況の時期で、自分の希望する企業が
新規採用を見送ったため、ついに一生その企業で働くチャンスが無かったといった
例は日本には多く見られます。極端に言えば、仕事に関して日本人には一生に
一度しかチャンスがないのです。そのたった一度のチャンスをものにすることが
できず、絶望した若者に対しておとなたちは、「人生は長いんだ、たった一度の
失敗にくじけてはだめだ」などと、もっともらしいことを言ってきました。
しかし、おとなたちが今日までに築いた社会は、「敗者復活戦」のない一発勝負型の
社会でしかなかったのです。たとえ、学校の卒業時に自分の希望する企業・官庁に
入った人でも、働いているうちにその仕事が自分には合っていないと判る場合も
あるはずであり、そうした人々も自分に合った仕事を捜すための試行錯誤が
できないのです。また、「終身雇用」に付随する「年功序列」の賃金体系下に
おいては、長く勤めていなければ昇進・昇給がないため、日本のサラリーマンは
たとえ年齢制限がゆるくても転職(転社)に対して消極的になりがちで、そのために
資本家が新しく会社を設立しようとしても、有能で働き盛りの人材は集まらず、
新卒の人や技術革新についていけないような中高年サラリーマンしか応募して来ない
ということも指摘されています。新しく企業を設立するのが困難な社会は、産業の
発達しにくい社会であることは言うまでもありません。



168 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:50:40 ID:kgnHNE0z
投資アドバイザー西田晴夫(はれお)容疑者(57)
http://www.asahi.com/national/update/1013/OSK200710130064.html

晴れ渡った空の青さをイメージして名前を付けてくれた父と母に謝りなさい。


169 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 01:59:11 ID:bIMTom5F
日本人としてかっこいいのが、「不言実行」。
無口で清貧だけど剣の腕が立つ武士だとか、何があってもきっちり仕事する職人。
男としてヒーローなのが、「有言実行」。所詮、作られたヒーローです。
最近多いのが、「有言不実行」
今話題の亀もこのタイプなのはいうまでもないが、政治家にも多い。
美しい国といって不潔だった政治家がいました。改革といって息子に下手な演技をさせた政治家がいました。
禿げてるくせにチルドレンがいました。裏切り者といっていた髪の毛の多い婆がいました。
あの日刊ゲンダイをもってキンキン声を発しているチルドレンがいました。
不在者投票をといって一度も投票をしたことのない候補者もいました。
AV男優と親子どんぶりにあこがれているものの、ペパーダインに負けた政治家がいました。
表現力が乏しいがゆえに、攻撃的な発言しか出来ない都知事がいました。
みんなこのタイプです。なんだかんだいって、田島陽子レベルです。
たいぞうは・・・バカすぎて言いたくもありません。
民主党は数が少なくて話にありません。
私の後輩にもこのタイプがいて注意しました。
「かっこ悪いよ」と。結局、理解してもらえませんでした。
昔の武士なら、切腹か隠居です。
所詮政治家なんて最初から名誉職というか隠居みたいなものでしたね。

170 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 07:55:22 ID:eexaYjnr
>>152
巧みなプロパガンダによる国民への背信行為が小泉以降の自民党には見られますね。

171 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 07:59:43 ID:eexaYjnr
>>154
現在の自民党は共産党以下の極左売国集団。

>>160
欲深い人間の欲望は底なしだから無理でしょうね。

>>165
特権階級だけが高笑いする究極のシステムですな。


172 :闇の声:2007/10/15(月) 08:04:56 ID:byMk9+OA
これは純粋に、自分の考えなのだけれども・・・
はっきり言って、極道中の極道にこの言葉を聞いたことがある
「オレは、学校に行ってないと言う負い目から極道になった・・・真面目に働いて、
額に汗して働く事が一番だと判っていても負い目がどうしようもなく自分を駆り立てた」とね
美化する意味で言うんじゃないよ・・・
この人物は少し前に極道としては長寿を全うしたが、葬儀は淋しいモノだった
親族は誰も居ないし、関係者でひっそりと火葬場で告別式を営み、骨は何処か山中に撒いたらしい

この極道が良く語っていた事に、学校へ行って働くと言う常識的な価値観が壊れて狂ってしまった・・・
働かなければ金を稼げないと言う事を教えて、頭がなければ肉体労働で稼げば良いんだと言う
最低限の生きる為の知識が損なわれた・・・
常識ある庶民がいるから、非常識な極道は極道の社会で生きていける・・・それを
良く説いていたが、庶民の間に常識が無くなってしまった
学校へ行って、働いて生きていく・・・それが壊れてしまったのが今の日本だろうと思う

何が言いたいのか・・・
終身雇用制の問題点を列記されている方が居られるが、確かにそれはそうかも知れない
ロジックで言えば正論の部分はある
しかし、冷静に読んでみるとデメリットを強く書くことでメリットを感じさせなくしている
一番良くないなと思ったのは、労働力の流動化で新たなチャンスを得る機会が増える・・・ここだな
今のニートやフリーターはその”チャンス”の幻想に酔ってしまっているのではないか?
派遣社員もそうで、最初は大きな夢を抱いていても、徐々に現実が見えてくると目標を下げざるを得なくなる
正社員として・・・何とか安い給料でも正社員として働ければ良い・・・その結果何が起きるかと言えば、今度は
正社員の給料を安い方に合わせて、待遇面なども正社員を派遣並に落とすだろう
今までなら労働争議にまで発展しそうな問題だが、リストラをちらつかせればそれも何も起きない
一方的な幻想を抱かせて、現実をしばらく見えなくさせて、その間に破壊しまくったのが構造改革ではないのか?

173 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:17:24 ID:8pp+jIPM
さすがですね

174 :闇の声:2007/10/15(月) 08:20:03 ID:byMk9+OA
働いて生きていく・・・その土壌は企業社会であり地域コミュニティであったと思う
何とか就職できれば、そこで辛抱すれば生きていける・・・その安心感こそ生活出来る環境の維持に
役立っていたのだなと感じている
比較する方法がないのではっきりは言い切れないけれども、日本人は労働そのものに対する信仰みたいな
絶対的な価値観を持っていた・・・過去形だが、持っていたと思う
それを壊したのが終身雇用の崩壊だろう
>>164に、面白いことが書いてある・・・
「定職に就くと長時間労働や “サービス残業” を
しなければならなくなり、そのことに耐えられない」
これは、自分に言わせれば逆さまだと思う
と言うか、もし昇進昇格が望めて、今頑張れば将来への展望が開けると思えば
多少の理不尽や苦しさも我慢出来るだろう
実際、日本の製造業が強いのは、上まで見通せて自分の頑張りと能力次第で昇進出来たからだ
確かに精神主義かも知れないし、過労死したらどうするんだと言う問題もあるだろう
しかし、少なくともCEO制度に見られる、あの風通しの悪さに比べればかなりましだと自分は思っている
昇進昇格できる、自分は学校でハンディがあるけれども頑張ればそれも何とかなる、それが将来への夢になっていった・・・
それが企業社会を形成し、モラル維持にも繋がったと思う
今はどうだろうか??
上は見通せるだろうか??
頑張れば何とかなると思えているだろうか??
自分はそうは思わない
それが閉塞感に繋がり、極端な例が電車の中の痴漢の増加と自殺者数だ
その事を直視しようとしない、構造改革論者が今の政治を動かしていて、それを支える
投資家達がいる
そのリンケージを組織が支え、警察はその忠実な番犬だよ
上野で発砲事件があった・・・人の目を恐れなくなっている証拠だ
警察も見咎めないから、やりたい放題だね


175 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:21:42 ID:mlGsic7w
問題の解決は不可能に近いけどな。。。

176 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:25:20 ID:/J9HeDOr
>>118
日本の固定資産税の累進課税は世界一だぞ。
このおかげで相続のたびに土地が細分化されて景観が破壊されている。
三代で財産がなくなると言われているだろ。
もう少し冷静に考えろ。

177 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:25:25 ID:8pp+jIPM
公務員でも昇進を希望しない、辞退するという傾向が
バブル崩壊以降徐々に現れてきているという

178 :闇の声:2007/10/15(月) 08:29:52 ID:byMk9+OA
CEO制度の問題点というか、ある企業の裏側をいろいろ聞いた
そこは何だか知らないが、魔女狩りみたいな事をやるしネットにも精通しているので
まあ判らないように書くけれども・・・

社会的にも若い世代に人気のある(と、自分では思っている)CEOがいた
何せ言葉が難解でよく判らない
製造業なのだから、良いモノを安く作って販売すれば利益は産まれてくるのだから
物作りに集中しましょうと言うとそうではないと言う
では、どうすればいいのですかと聞くと、実に難解な言葉を羅列する
要は、付加価値以外の価値創造が企業の価値を決める・・・????
判りませんと言えば、CEO会議で恥をかくし、クビにもなりかねないから
それこそ人民会議と一緒で拍手するしかなかった
方針ははっきり見えずに、商品開発もコスト競争もどんどん遅れて、それでもそのCEOは
「新たな企業文化」を唱え続け、ついにはかつてのブランドイメージは崩れて
中国の”一日48時間働く”社長から、「いつかは買収するだろう」と言われる始末
結果的にそのCEOは市場原理でクビになったが、今でも反省する気は全然ないと見えて
文化人気取りだ
なぜ物作りに徹底できないのか、何かを求めてしまうのか、それが自分への勲章であり労働者への還元にならないのか・・・
それに気が付かない経営者が殆どだね


179 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:30:37 ID:8pp+jIPM
固定資産税はただ土地、建物等を所有しているだけで課税される
という地方税なわけだが、かつては低廉な評価額に基づいて課税
されていた。
それが、平成6年度から、公共事業の買収等で基準となる公示価
格と連動するように制度が変わってしまった。
今や地方自治体の重要な財源なわけだが。

180 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:37:35 ID:uqlqP4SQ
>>117
思うのだけど、テレビと携帯電話に関わらなければ
若年層の自殺者は減るんじゃないかと思います。
中高生の場合、携帯メールが来たら「3分以内に返事を」出さないと
陰湿なイジメに繋がるとの事(NHK?)。
だから始終携帯メールに意識を向ける必要があり、勉強など出来ないそう。

あと、テレビ。最悪なのは前からですが、何しろ馬鹿でイジメが基本で世界観が暗い。
白か黒か善か悪かしか選択肢を与えない。
真面目を馬鹿にし、流行を煽り、人間不信を募らせる。
それが学校での常識となる。

自己不信、人間不信、自己不安、これらはマスコミや携帯が
大きな影響を与えていると思うのです。

181 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:41:12 ID:0p8y4ftC
 固定資産税がないと地方自治体は食えない。一部の地域以外は路線価格が下がって、資産が
目減りしているのに、なぜ固定資産税が減らないんだという議論がある。

 現状はどうだろうか、本当に政府は庶民から増税して庶民を苦しませる
ことばかりする。富裕層はいいだろう。中流以下は小泉ー竹中の改革で
どんどん苦しくなっていく。

 小泉ー竹中がやっていたことというのは、革命なんだな。消費税は上げない
といいながら、ほかの税優遇のほうがどんどん撤廃したり、課税制限を下げてきた。
ここまで、家計をいじめても、政府の借金はへらない。発想が本当に貧困としか
思えない。

182 :闇の声:2007/10/15(月) 08:42:52 ID:byMk9+OA
ダイエーの中内が、もうダメだなと感じさせた番組があった
NHKの番組で、内橋克人と対談をしながら中内の日常を紹介するのだけれども
その中でダイエー神戸店が今までのダイエーのやり方を変えて、とんかつの揚げたてを並べた事を
中内は否定し、批判さえしていた
売り上げは伸びたのに、それはダイエーのやり方ではないし、スーパーの道からは外れると言う
売り場主任が売り上げ増を狙ったささやかな知恵を否定する経営者・・・
しかも売り上げは伸びたのに、自分のやり方とは違うから良くないと言う理由だね
なぜ駄目になったのか??いや駄目じゃないんだ、これからなんだ・・・的な判じ物のような
訳の分からない対談をしていて、内橋もどうしようもないなと思ったのだが・・・

経営者はカリスマで無くて良いと思う
下から批判される存在でちょうどだと思う
もちろん、理由がなければならないが批判は歓迎すべきだ
しかし、CEO制度が導入されリストラ自由の状態にあれば
批判は起きなくなる・・・CEOの一言で何もかも吹っ飛んでしまう
このところの問題企業を見ると、上下間の壁が厚い企業ばかりだ
和菓子屋も肉屋も、湯沸かしメーカーも・・・厚い壁がある
上が見通せなくなった、銀行はバランスシートしか見ない・・・
企業内の人的なコミュニティは馴れ合いだと批判され、破壊された
その結果今度は秘密警察みたいな監視体制ばかり発展し、それを自己保身のために使う
CEO・・・これでは企業自体が発展しないと思う
結果>>164を書いた人が望む、労働力の流動性は高まり、いつでも安価な労働力を経営者は手にする
事が出来、格差社会・・・絶対的な階級制が生じてくる
それが今の日本社会だと思っている

183 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:46:51 ID:uqlqP4SQ
>>137
31氏
とりあえず経済板にでもいらっしゃい。
あそこならいくらでも、ご希望に沿えますよ。

184 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:49:34 ID:0p8y4ftC
 会社を私物化している代表的な堤という社長がいたね。たしかコクド
は赤字ばかり出してたけど、税務対策だったのかな。池田信夫の例を
あげていたけど、資本家のチェック機能がないと、正社員の待遇規制して、
非正規雇用にチャンスを与えて労働市場に流動性を出しても、結局
資本家にチェック機能がなければ資本家の私物化にされると思う。今の組合では
どうしても偏ってしまう。

185 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 08:52:46 ID:MznlU2pt
>>178
sonyのクタラギ大先生かな?

186 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:09:47 ID:cUp/pyZh
>>185
デジタルドリームキッズとか言ってた奴じゃないの?


187 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:16:22 ID:OIT4jLq8
スティグリッツ(=クリントン政権時の世界銀行, 上級副総裁)が言ってるけど
小泉・竹中の構造改革は、IMF主導の構造改革モデルを日本で実験しただけ。
彼らが全面に出てこなかったので、国民は皆、錯覚してるけど基本的にはパクリ。
したがってアジア、東欧、ロシア、中南米、ニュージーランドでの失敗事例は、
ここで議論されてる内容と重複している。

当面の解決策はないが、世界中の失敗事例から学ぶことはできるはず。

188 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:26:27 ID:qvapjn3b
先日、ある企業の人事部長との会話から。
「うちの会社はもちろん定年制度あるけど、今まで定年まで勤めた人間はいませんよ」
別に新興企業でも年俸制でもない。入社三年以内離職率は6割。残った人間も、
ごく一部の幹部候補生以外は30歳過ぎたら取引先に転籍というムチャクチャなことを
やっているらしい。
さらに恐ろしいのはこの会社、まがりなりにも上場しているという点だ。
(まあ退職給付債務が少ないから株主にとっては良い経営者なのかもしれないが…)

同様の問題で、最近よく取り上げられる“新卒離職者の急増”がある。
入社三年以内に離職する人間の割合は35%を超えているが、世の中にはもっと凄い
会社がいくらでもあり、中には一年で八割以上の新人が辞める企業も、けして珍しくは
ない。大企業だと三年で10〜20%くらいだから、トータルで35%というわけだ。

採用にはそれなりのコストがかかり、育成にはさらにコストと時間がかかるわけだから
辞めさせてどうすんだと思うのだが、要するにこういう企業はハナから人材を育成する
気などないらしい。つまり
「正社員はサービス残業させ放題の低コストなバイト」
くらいの感覚なのだろう。
(派遣社員は派遣会社がまめにチェックするため、そういう違法行為はやりにくい)
CSR (Corporate Social Responsibility;企業の社会的責任)なんてどこ吹く風
という感じだ。

ttp://www.doblog.com/weblog/myblog/17090/2267740#2267740

189 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:26:55 ID:qvapjn3b
一言でニートと言っても、ニート化したきっかけでいくつかのタイプに分類できる。
一般的に分類されているのは以下の三つだ。

@ 学校を卒業し、自分の意志でニートに
A 就職活動に失敗し、結果的にニートへ
B 就職はしたものの、数年でドロップアウトしてニートへ

“自立支援塾”などは@番向けとみていいが、この層はそんなに急増しているとは
思えない(そういう人は従来からいた)。問題はA番目だ。

今年などはバブル期以来の就職求人数などと言われているが、実はつい数年前まで
超氷河期と言われていたことは記憶に新しい。
特に2000年前後の数年間は最悪期で(一部IT企業除く)、求人倍率が1.0を下回って
いた年もあった。
つまり、このあたりで就職活動したものの内定を取れなかった学生が相当数いるのは
間違いないのだ。これが、ここ数年でニートが急増した一番の理由だろう。

僕自身の経験でもそうなのだが、当時は本当に「いやあ全然いい学生なのに、
なんで内定ゼロなんだろう」という人がうじゃうじゃいた記憶がある。

「そうはいっても贅沢言わなきゃ就職くらいできるだろう」
という意見も多いが、これは少し違う。前回書いたような暗黒企業の求人もしっかり
求人倍率にはカウントされているのは言うまでもない。
うっかりそんな会社に入ってしまい、退職してB番めに合流してしまった人間も
多いだろう。そういう人を捕まえて「なんで辞めるんだ」と言ってもしょうがない気が
するし、僕なら言えない。

ttp://www.doblog.com/weblog/myblog/17090/2279617#2279617

190 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:42:43 ID:G4wJlz/k
皆さんのお話、大変勉強になります。
ものづくりが軽視されるようになり、金融中心の世界になってきたきっかけは
ノーベル経済学賞に金融デリバティブを考え出した学者が選ばれたことだと思います。
あれでお墨付きをもらってしまった。
それとジャック・ウェルチの過酷なリストラのやり方がもてはやされてしまったこと。
リーバイスでしたか、アメリカでは社員を大事にする風潮もあったのにいつのまにかウェルチが神様に祭り上げられてしまった。
日本ではウェルチ方式はどこかで歯止めがかかるだろうと思っていたのですが、甘かった。
これからの日本はリストラではなく、ワークシェアリングを推し進めるべきではないかと。
オランダ方式のパートタイム経済をうまくアレンジして導入することが出来ないでしょうか。
内需景気の転換になると思うのですが。

191 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:43:34 ID:uqlqP4SQ
「うちは育てる気なんかないから。育った人が欲しいから」

そう言われたっけ。
もう10年くらい前かな。

192 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:45:00 ID:bHCUlB46
>>182
お疲れ様です。

以前闇氏がテレビ局がニュース番組をエンターテイメント化してるなんて話をしていましたが、ボクシングやテレビドラマまでがエンターテイメント化している
という現状を考えるともう救いようが無い領域まで入っているんじゃないのかなと思います。


193 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:56:13 ID:sR0g5Bqz
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070811003127.jpg
雅子妃殿下マイバッハでお買い物 
日本橋高島屋のVIP専用口でマイバッハに乗り込む療養中のはずの雅子妃殿下を発見!

マイバッハを提供してるのは何者なのでしょうかね?

194 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 09:58:02 ID:zaSRbFbc
ニュースと違って、ボクシングやドラマなんて元々エンタメ番組じゃね?

195 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:08:35 ID:bxiXxLX/
>>176
相続税と勘違いしてないか?固定資産税は固定資産に毎年課税されるもの。

>>182
最近の名経営者といえば任天堂の山内親分くらいですね。
優秀な人は無理に自分を飾り立てない。
逆に表に出てきてるのは全滅といっていいでしょうね。

>>191
企業なんてのは基本そうなんだけどね。ただそれじゃ人材確保できないから
中で人を育て、コスト倒れにならないような人事制度にした。
その辺の経緯を無視したらつけが回るのは分かりきった話なのに。

196 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:09:09 ID:bHCUlB46
>>194
ボクシングだってれっきとしたスポーツだし、ドラマだって同じ。
度を越えたエンターテイメント化は結果的に文化全体の衰退を招くよ。

197 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:15:02 ID:OIT4jLq8
フリードマンなんかにノーベル賞やったのが間違い、といっても無駄か。
国際金融資本のお墨付きだもんね。

198 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:18:47 ID:iyeVo5bZ
 労働組合・・・・ばりばりの年功序列組織
     ・・・・若者が少なくなっているので、若者の発言権が弱い
     ・・・・意志決定権を独占するのは50代以上
     ・・・・パイは中高年以上に優先させる

公務員改革・・・・若者の採用枠を減らすことで人件費抑制

為政者たちは選挙では年長者に比べ政治意識に低い若者の票より団塊以上に暇な人
ワイドショー型の政治意識が圧倒的におおいいので、どうしても
若者を無視した政策になってしまう。

労組を母体とする民主党は中高年以上の既得権を守りたい人たちの政策
にどうしてもなってしまう。

地位も金もない若者の採用や育成はないがしろだ。
成長が止まっているので、どうしても縮小均衡になってしまう。

世代間闘争なんだが、圧倒的に上の世代のほうが強いからね。

199 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:21:58 ID:8pp+jIPM
>>181
評価方法が変わり、評価額が激増するのは平成6年度評価替えから。
ただし、従来の低廉な評価額に基づいた税額からいきなり新しい評価
額に基づく税額に移行すれば、税額が十倍とかの事態になってしまう。
そこで、税額の上昇・増加分を何年度かに分けて負担させるという運用
がとられた。
ただ、この平成6年度〜 は所謂失われた10年のまっただなか、土地
も下落傾向が続いていた。結果、地価下落が継続する中で、固定資産税
額は逓増するという事態が生じた。

200 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:23:17 ID:fCU+R6ra
>>196
いや、エンターテイメントとして考えててもだめでしょう。
素人同然のモデルあがりが主役をはっているような現状では。

201 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:27:20 ID:iyeVo5bZ
 非正規雇用には年功序列システムは存在しない。
 年坊制のように成果に応じた高い報酬が払われることはない。
 社会保険の企業負担も退職金の積み立ても必要ない。
 
 企業が厳しくなれば、正当な自由がないと解雇できないし、賃下げもできない
 若者採用の抑制をするしかないわけだ。

202 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:30:54 ID:uqlqP4SQ
うちの父の定年後の一日。

朝・みのもんた
午前・庭いじり・野球大リーグ観戦
昼寝
午後・相撲・水戸黄門
夕方・民放ニュース
夜・ワイドショー

「小泉さんは郵政民営化を成し遂げた偉大な人」
オワタ。

203 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:33:40 ID:uqlqP4SQ
間違えた
夜・バラエティ

204 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:34:08 ID:zeoI7pui
>>186うん、そっちのほうだね。
しかし、わからないのは、クタラギのソニー内人気が、
けっこう高いことだよ。
とくに社内の現体制をいぶかしんでる人たちの間でね。

205 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:34:52 ID:zaSRbFbc
>>196が言いたいのはバラエティ番組化じゃないのか?

206 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 10:35:39 ID:iyeVo5bZ
 亀田なんてほっとけばいいのよ、おおいうのを取り上げば取り上げるほど
テレビの出ている奴らが儲かる構造になる。庶民を煽って商品価値を上げていく
戦略だよ。だまされた庶民は時間をつぶし、しぼりとられるだけだ。
なんとか王子とかもマスコミや広告代理店が儲かる仕組みをつくっているだけ。
テリー以下他の素人コメンテーターも注目させることで、自分の価値を高めたいだけだ。
庶民のガス抜きをして本来の増税の問題からすらしてるだけじゃないかという
陰謀すら感じるよ。
 
 純粋にボクシングみたかったら、ボクシングを身にいったらいい。おもしろいよ。
本当に4回戦ボーイからだとお互い技術やスタミナないからドロドロしている。

207 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 11:06:40 ID:bIMTom5F
地方議会でもそうなのですが、「安定雇用の創出」とか「正社員を増やす」なんて
議決があって、それなりの予算があったりする。
しかし、議決をした首長も議員(地方、国会)も、本人(関係者)が会社を経営していて、
その会社そのものが、リストラしていたり、系列に派遣会社を持っていたりする。
なんだろうねえ。直接雇用はしないで、系列や仲間の派遣会社を通して雇用している。
農協でも系列に派遣会社があったりする。
自分たちが、改めることなく、正規雇用を増やせと、議決をして、予算まである。
この予算は、どこに行くのだろうか。

208 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 11:32:46 ID:Fqhpy1zE
タケシやタモリがのさばり始めた80年代から日本人のモラル崩壊は始まったと思う。
真面目に誠実に努力している者を根暗だとかださいとか徹底的に馬鹿にして、他人をあげつらい
馬鹿にするのが巧みで世の中を要領よく渡って金を稼いでいる人間が一番偉いとテレビで刷り込んだ影響は
大きかった。とくに若者層にはその影響は甚大だったと思う。

209 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 11:48:19 ID:bIMTom5F
ハローワークにいったことがある人はわかると思うが、ここは実にいい加減。
おれが昔無職のころ、Uターンしようと思ってあるハロワに行った時のこと。
若者が暴れていたので、なだめて理由を聞いたら
その若者は勤めていた会社をリストラされたらしいのだが、その会社が新規に
募集をかけているのだそうだ。
多分その会社も本気で人を雇おうなんて思っておらず、ハロワからの頼みで募集しているだけ。
ハロワとしては、求人倍率があがればok。そんな話は実に多い。
こんなところに女性が応募したらセクハラ面接されまくりだ。
ハロワに文句言っても対応なんかしてくれない。実にいい加減だ。
それでおれは、Uターン希望でその地方の現状がよくわからないので、
(別に応募するだけなら、一応ネット検索できるので、どこの事務所からもできるが、
その地方の状況は、そこへ行かないと分からないと思ってのこと)
担当者に
平均給与とか雇用情勢とか聞こうと思ったが全然答えてくれない。答えられないのだ。
そのくらいの資料は用意してほしいが。
また業界では有名なブラック会社の求人票を送られたこともあり実にいい加減。
国会議員や経団連のお偉いさんは、一度ハローワークの前で暇をつぶしている
おっさんたちと話をしてみてほしい。悲惨で一週間は立ち直れなくなるくらいだから。

210 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 11:52:37 ID:Fqhpy1zE
先の無謀な大戦に国民を煽ったのは新聞だった。
その担い手は一億層ざんげと国民に責任を押し付けて自ら責任を取ることもなく
今度はアメリカの下僕となって戦後も生き残った。
その連中が今度はテレビいう最高の洗脳道具を手に入れ、日本人の道徳や倫理まで
壊してしまった。



211 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 11:53:04 ID:jBN1hYuw
でも、80年代頃の雑誌は面白かったなぁ。
釣りでも音楽でも趣味系の雑誌なら、その道に詳しく
本当にそれが好きなオタクな人らが寄り集まって作っているのが
わかるぐらい面白い雑誌が多かった。
今はと言えば、どこぞの提灯持ちや広告みたいな雑誌ばかりで
つまらなくなった。

212 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:07:52 ID:v85Xns0h
>>210
自分たちの弱点・癖を正視しようとしない日本人の自業自得だろ。
オレやおまえのせいじゃん。



213 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:10:52 ID:Fqhpy1zE
>>212
お得意の自己責任と死ぬまで言ってろよ。
そう思ってくれれば権力者やマスメディアのカスどもは永久に安泰だ。

214 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:14:04 ID:bdBriFa0
>>208
糞真面目な左翼の最後が余りにも酷かったから
その反動もあるだろw

215 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:15:37 ID:IYrybjBK
>>208
>真面目に誠実に努力している者を根暗だとかださいとか徹底的に馬鹿にして

アノ頃青春時代の一ページを過ごした者のひとりとして↑にはナトークする
当時の校内でいじめにあって自殺した少年事件の経緯と現在進行形で
おこっている今のいじめにしても、追い込み方について類似していると
感じるときもあるし・・

懐古調のTV番組にて、大学ストの回で当時の大学生へのインタの内容を
見聞きしても、自分の意見を短時間できちんとまとめあげて発言しているのを
見聞きすると、そこにはギャグの入り込む余地などまったく感じられないし・・





216 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:21:17 ID:8pp+jIPM
カリフォルニア産のコシヒカリ、現地では1500円/10キロで販売
されていると、マスゴミの特集番組でとりあげていた。
これが日本国内で一般消費者向けに販売されるようになればどうなるか?
中国産ならさらに安い。

国産はスーパーで5キロ、1800円〜2400円程度で売られている。
アメリカ産は半額以下で、とても話しにならない。
長年、次の選挙目当てに補助金漬けにするくらいしか策が無かったことの
つけを払わされる日が迫っている。
ちゃっかり税収を確保する途をバブル破綻前に確保するほどちゃっかり
しているくせに。

217 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:25:05 ID:mlGsic7w
このスレって時々流れに沿わない書き込みが入るけど
どうせ流れからそれるなら宇宙人ネタの方がイクネ?

218 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:31:49 ID:8pp+jIPM
そもそもスレタイと関係ない話が大半だからね

219 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:37:08 ID:v85Xns0h
>>213
オレと同意見じゃん

220 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:45:07 ID:iyeVo5bZ
他人責任と自己責任論争なんだが、どっちもどっちと思うがね。
ただ日本の場合、大衆が扇動されやすいというはたしか。
小泉の郵政民営化選挙。あのとき思ったのは、本当にメディアスクラム
というのは怖いなと。メディアをうまくつかうペテン師がいたら、
革命がおきる。

221 :間ヌケの宮:2007/10/15(月) 12:51:28 ID:DNwxov0Z
>>208 面白い。「寝る前に 忘れずしめよう 親の首」・・・いわゆるツービートの「毒ガス」だね。

時代はジャパン・アズ・ナンバーワン。そこでタケシが目の敵にしていたのが一億総中流意識。

中流なりたてで、まだマナーとか色々ぎこちない所があって自信がもてなかった心の隙に容赦
なく突っ込みをいれたのがタケシだね。その毒ガスが、なにか中間層の自信を砕いてしまった
んじゃないか・・・と言う気がしているんだが。

「本音」は善、「建前」は悪、という図式に大衆のほとんどは抵抗できなかった・・・というように
思うんだが、どんなもんだろう・・・?

一生懸命中流としての自覚をもとうとする努力をタテマエとして否定され、必死に押さえたり
コントロールしようとしているいろいろな心の闇を「本音」と言う言葉で正当化し、それが
自然で正しいのだ、というような洗脳が行われてしまったというようなことはないだろうかね。

タモリには倫理観が完全に無い。今でも気持ち悪いよ・・・

それから、フーゾクの山本晋也。「ほとんどビョーキ」なんて明るくやられると、風俗に対する
嫌悪感と言ったものがなくなってしまう。ポルノの助監督が、NHKにまで出演するんだから、
見ている方は風俗の公認かと錯覚してしまうだろうに。

222 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 12:57:51 ID:Fqhpy1zE
>>220
日本では義務教育から大学に至るまで事実を的確に選択し合理的に結論を導く訓練、つまり
自分で考える訓練をほとんどやってない。
だから一部の人を除き自分で考えることができない。
それなのにメディアに乗せられるは自己責任と切って捨てるのは酷な話だ。

223 :間ヌケの宮:2007/10/15(月) 13:02:10 ID:DNwxov0Z
これについては、宮自身もかなりやられちゃったな・・・と反省しています。

224 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:06:03 ID:mlGsic7w
>>223
メディアに乗せられちゃった?

225 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:09:29 ID:Fqhpy1zE
>>221
これまでは闇の存在であった川原芸人である自分たちの立場を正当化するために意図的にやったのでしょうね。
それに一般人は乗せられ闇が正当化されることになった。

226 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:12:47 ID:FYEtD3zj
>>141-142
>「格差が拡大したのは小泉政権の市場原理主義のせいだ」という俗説は、まったく誤り

新自由主義改革そのものは中曽根時代から。
自民党内には推進派と反対派がいてやり合ってたから進度が至って遅かった。
民主が右から改革を煽って自民に推進させたというのはそういう事なんだよ。
そして小泉になって改革推進派の政党となり、改革が一気に加速した。
これが真相。
確かに責任を小泉のみに求めるのは間違いだが、
ずっと続けられていた改革の負の側面が噴出しただけなんだよ。

227 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:15:04 ID:Fqhpy1zE
自分で考え、自分の意見を述べる訓練の最たる場である国語の授業でやってるのは
悪文の切れ端を読ませ問題の出題者が正解と考えていることを予想するパズルだ。
こんなことを思考力を鍛えるべき頭の柔軟な年代に延々とやらせている。
愚かを通り越して犯罪的行為とも言える。


228 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:16:52 ID:B694bhNA
誰か官僚が言ってたけど
結局世の中の決定権握ってるのは
金持ちと役所なんだよ
どちらが強くなるかという話なだけ
「改革」が進むと役所の力より金持ちの力が強くなるだけ
すごく単純に言えばだけど

229 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:21:20 ID:mlGsic7w
>>228
> 誰か官僚が言ってたけど
> 結局世の中の決定権握ってるのは
> 金持ちと役所なんだよ

カコ氏は宇宙人だと言ってたよ?


230 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:22:21 ID:iyeVo5bZ
 結局今の時代は増税の繰り返しになってるんですよ。郵政民営化も
結局のとこ手数料の上昇により庶民に負担がかかった。地域にあった郵便局
がなくなることで、ただでさえガソリン価格が高騰しているのによけいに交通費がかかっている。

 なぜか、国家が地方がメディアや広告代理店を使って、ヤクザなども
使って庶民からたかり続ける構造になっていて、利権をもっている勢力には
たからず、自ら庶民から集めたお金を運用できないんでしょう。もちろん効率を重視しなければ、
利益はだせないわけで、どこかで切り捨てることになるんでしょうが、やはり
無駄なものは多すぎる。またその国家や地方もアメリカやチャイナ、コリアンなどから
たかられている。

本当そういうたかりの構造をつくって私服をこやしているやつらは財界も含めて
なんですが、なんとかならんかなと思うんですがな。

テロは卑怯だというが、たしかに物理的にテロをおこすのは
許される行為ではないが、自衛隊も警察も司法も弁護士も豊富な資金力
をバックにやりたい放題しているやつらには、極論からそれしか方法がないと
思うんだかね。だからそういう状況が続いているからテロはなくならないんだよ。



231 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:24:48 ID:FYEtD3zj
>>198
的が外れてる。
まず、労組って言うのは新自由主義改革の防波堤であり、
推進派から見れば正しく「抵抗勢力」なんだよ。
だから改革推進派は必死になって労組を排斥しようとする。
民主でも昔から脱労組路線を模索する代表がいたが、
彼らは改革推進派で、障害が労組と分かっててやってる。
また、ワークシェアの話が出ていたが、
労組はワークシェアに関して受け容れる可能性があった。
ところがこれをぶっ潰したのが財界・自民・民主なんだよ。
そして非正規問題が深刻になると、
今度は労組を正規社員の既得権益体だとバッシングする。
確かに今の労組はその批判を浴びても仕方がない状況だが、
早い段階でワークシェアが導入されてれば状況は全く違った。
自民・民主が財界と結託して潰した癖に、
その結果生じた労組の問題をぶ叩くマッチポンプをやってる。

民主って言うのは労組を飼い殺す装置なんだよ。
労組側に受け容れ余地があったワークシェア潰しがその証左。
やっと労組の影響力が強まりその構図が崩れ始めたって状況。
198で指摘されている問題点は、
労組が正規非正規問わず広範な労働者組織に化ければ解消できる。

232 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:27:28 ID:iyeVo5bZ
>>226
たしかに歴史をさかのぼれば予兆はある。しかし決定的にしたのは、小泉
竹中政権よ、もちろんいい面もあるでしょう。またそういう人間がまだ
政治の上層部にいて、ロビー力もあるし、影響力もあるから問題なんだ。


233 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:32:16 ID:Fqhpy1zE
>>230
抑圧されてるものが優位な権力に対抗するには相手の土俵に乗っていてはどうにもならない。
維新も志士のテロから始まったし、アメリカにしても独立の際はイギルスにさんざんテロ行為を働いた。
イスラエルにしたところで、テロを連発してイギリスに手をひかせたから建国がなったようなもの。
それを知ってるがゆえにテロを諸悪の根源の如くプロパガンダするんでしょう。


234 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:43:23 ID:iyeVo5bZ
>>231
労組の内部的な構造的な問題をついている。もちろん労組がなくなれば、
資本家はもっと労働者から絞りとることができるだろう。

だから資本家に一定のチェック機能が必要だと思っている。

労組は若年層を含めて未組織労働者も含めた労働者全体の利益を考えている
かどうかなんだ。労組費を払わない労働者は労組に中では相手にされないし、
若年層を意見も取り上げない。

235 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 13:52:07 ID:8pp+jIPM
地方自治のしくみ等の初歩は昭和50年くらいまでは小学校の学習内容だったが
中身が薄くなっているのだな

236 :間ヌケの宮:2007/10/15(月) 14:37:34 ID:DNwxov0Z
今はお笑いではダウン・タウンが一番エライのか・・・? 宮にはそのオモシロサが
全くわからないんだけどね。いったいどこがいいんだろう・・・あんなもの。

あれはお笑いのマルクス・レーニン主義だ。目的が手段を正当化する。笑わせるため
ならなにをやってもいい。イジメでもなんでも。そこに何か歯止めのようなものが欠
けているいような気がして不気味なんだ。

ところで、そのダウン・タウンが面白いと若い人達が異口同音に言うわけだ。その時
正直に言うと、そのワカイ連中がとても程度の低い生き物に見えてしまうのだ。これって
偏見かな・・・? そうだろうね。

でも、なにか尊重の出来ない「臭い」のようなものを今の若い人たちに感じてしまう
のが本当の所なので、もしも自分が経営者だったら、果たして情熱を傾けて育てよう
という気になるかどうか・・・ちょっと自信が持てないところがある。

ある人から直に聞いた話だが、技術を教えても、感謝すると言う気持ちがないらしい。

街の高校生達を見ると、これはゴミか・・・? と思ってしまうことがよくある。
昔の弊衣破帽とはちょっと違う何かがあるね。プライドが決定的に欠けているのか・・・

ちょっと暴論になってしまった。

237 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 14:55:19 ID:svyy+LRh
自民党にアメリカの手先がいるように、民主党にもアメリカの手先がいる。
民主党政権はほぼ確実だろうが、その際には言動を注視しなければならない。
民主党に棲息するアメリカ傀儡勢力が権力を握れば小泉政権の再来。
改革を賛美し、改革を推進しようとする勢力、
外資やファンドの言いなりとなっているような政策を推進しようとする勢力、
名指しは避けるが、民主党にはこういう連中もいる。
用心。

238 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 15:18:59 ID:8pp+jIPM
アメリカの手先に中国の手先、北朝鮮の手先、ユダヤの手先

百家争鳴

239 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 15:20:24 ID:iyeVo5bZ
 そのアメリカなんだが、ゴア副大統領、アメリカ民主党党本部、連邦議会、民主党議員は
華僑系企業や中国系企業のわいろに毒されている。
 たとえ防諜組織がしっかりしても、クリントンのように権力者が買収されたら、
FBIもCIAも司法も動けない。アメリカ本土に中国の秘密工作員に買収されて
いるわけだ。またユダヤ国家なわけだが、イスラエルロビーにも毒されている。
外交ではチャイナやイスラエルの意のままに動く。

ヒラリーになったら対日政策はチャイナの利益になるために動く可能性が高い。
また内政ではうちに閉じこもって、財政問題に手をつけるだろう。
やっかいだな。


240 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 15:58:31 ID:Sf1MGbQQ

【社会】 東京・アメ横でヤクザが銃殺される→防犯カメラ、男2人が銃撃する様子を撮影(動画あり)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192430713/

241 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 17:58:23 ID:aotPxp0C
_

242 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 19:49:16 ID:arZIuDio
>>238
既出だが、CIAの工作が暴露してるからね。
自民や社会右派に資金援助し裏工作していた。
常識的に考えてこの手の工作は継続中だろう。
現実にアメリカから年次改革要望書を押し付けられていて、
それを粛々と実行に移しているアメリカの手先がいる上、
更にその手の勢力は自民と民主双方に分散している。
自民が政権取ろうが、民主が政権取ろうが、
アメリカの手先に権力握られるなら状況は何も変わらない。
この手の勢力を警戒するのは当たり前の話だろう。

243 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 20:47:18 ID:ibao0wuT
>>234
う〜ん、よく分からないw

労組が正規非正規問わず広範な労働者組織に化ければ解消できる、

と書いてあるのに、

労組は若年層を含めて未組織労働者も含めた労働者全体の利益を考えている
かどうかなんだ。労組費を払わない労働者は労組に中では相手にされないし、
若年層を意見も取り上げない。

と返す。
普通に考えて234の状況を解消する手立てが
「労組が正規非正規問わず広範な労働者組織に化け」る事なんだが。
わざわざ問題提起を受けて解消法を記したレスに労組批判をぶつける意図が分からない。
まさか改革推進の為に労組が邪魔なので無理にバッシングしてるわけじゃないですよね?
もしそうなら手口が単純すぎますのでやめた方がいいですよ。

244 :闇の声:2007/10/15(月) 20:48:39 ID:byMk9+OA
>>231
実に慧眼恐れ入ります

自分が思うに、「連合」と言う統一組織の成立が労働運動を窒息させたのではないかなと思っている
一番不思議だったのは、彼らの目的が政治なのかそれとも労働者の生活向上などの条件闘争なのか・・・
それがだんだん不明瞭になってきたことだ
言い換えると、組織が巨大になりすぎて財界も政治も、共に今までの労組という概念を変えて
手を組むにはどうしたらよいか・・・その結果が労働貴族の発生となりロビー化が進んだと言える
労働者の代表であったはずが、労働者から隔離された、閉ざされた組織内の権力闘争となり
それに政治家や資本家は付け込んでいった

戦前、岡田啓介首相が安部磯雄に金を出した事は以前書いたが、これは人に聞いたところでは
国家独占資本主義に対抗する健全な労農運動は必要だからと言う事だそうで、ワークシェアなど労働条件や生活環境の
改善に繋がる無産政党の存在と労働運動は意義を認められていたのである
それだけ資本主義の・・・自由な市場主義は資本の集約化を招き、結果として
一部資本家が独占的な紙上を形成して行く・・・だからこそ、組合の存在意義は重要なのだ
組織内の権力闘争ではなく、組織を拡充して要求すべき条件を整備しての闘争こそ
今一番求められる事なのでは無かろうか・・・それを恐れたのが、政党であり財界なのだ
確かに、構造改革は小泉純一郎が始めたことではないが、権力構造が整備され権力の集中化が行われたのは
小泉政権になってからだと思っている
それは、権力=資金力+情報力と考えているからで、政治家と官僚が結託して富と権力の独占を図る
構図が出来上がったのが小泉政権下ではなかろうか・・・
諸兄のご意見を賜りたい

245 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 21:21:41 ID:CdSvbOot
労組って言うのは新自由主義改革の防波堤であり・・・・

牽強付会の極みじゃないかw

246 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 21:39:58 ID:0p8y4ftC
>>243
労組をつぶすことは考えてないんだが、悲観的なポジションから考えて、
戦後直後の労組組織率は60パーセントにたっしていた。
しかし2005年現在は18.7パーセントだ。さらに従業員100人以下の中小以下になってくると
3パーセントだ。労組内部の年功序列システムによる中高年の発言力が強いなかで、
若者の労働利益まで反映されない。

>労組が正規非正規問わず広範な労働者組織に化ければ解消できる

おっしゃるとおりだが、どうすれば解消できるかもしよかったら案件を
聞いてみたい。たとえば自治労と社保庁の取り決めなど本当に最悪だし、あんな
ことがまかりとおるなら労働組合の意味はないと思っている。

後、参考にまでに他人のふんどしで恐縮だが、池田信夫案があったが、池田信夫案だと、

弾氏が指摘した
雇用規制を強化したら失業率が上がることは、実証的にも間違いない。
問題は「正社員の解雇制限を弱めたら、労働市場が流動化する」かどうかで、
これについては、おっしゃるようにES細胞(単純労働者)については効果がある(弾力性が高い)が、
熟練労働者ではむずかしい。
しかし最近は、研究職でも契約ベースの雇用が増えている。現実には、そうして徐々に多様化していくしかないだろう。


247 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 21:56:56 ID:0p8y4ftC
>>243

>おっしゃるとおりだが、どうすれば解消できるかもしよかったら案件を
聞いてみたい。

申し訳ない、訂正します。具体的にどのようにして労組が正規非正規問わず
広範な労働者組織に化けるか案を聞いてみたい。

248 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 21:56:59 ID:yu9UmfAi
●派遣社員を喜ぶキャノン、トヨタの愚

今日の予算委員会で共産の佐々木憲昭議員が、派遣社員の問題を取り上げた。
派遣社員は1700万人いて、3人に1人が派遣で、若年は2人に1人になっている。
年収200万円以下は46%で、そのうち女性は約6割。
  
去年、正規社員は24万人増えたが、非正規は84万人と圧倒的に企業は派遣を歓迎している。
ちょっと待てよ。
派遣の低所得者が増えるということは、固定費が削減されて企業は歓迎している
ことになるが、馬鹿なことを。
派遣が増えるということは、かつかつの生活をする人間が増えることから消費は伸びない。
トヨタは派遣を使っているが、派遣を使えば使うほど、自動車を買う人が減るということだ。
企業は派遣を使うことで、自分で自分の首を絞めていることになる。
かつてビックスリーで首切りを行ったときに労働組合の委員長が
「首切りの数だけユーザーが減るということを覚悟しろ」といわれて、
解雇撤回したことがある。
  
偽装派遣を使っているキャノンの御手洗を証人喚問しろよ、共産、民主党!!  
聞きかじりなので正確でない、念のため。



249 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:16:14 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由

* 補足3 少子化の問題をさらに深刻化させる(2)

  女性が結婚あるいは出産を望まないもう一つの理由は、「育児が一段落して再就職
したくなったときに 『年齢差別』 に阻まれる」 というのもあると思われます。
  「終身雇用」 に伴う 「年齢差別」 が消滅すれば、現在の日本の少子化はかなり是正
されるでしょう。未婚 ・ 晩婚化や少子化に歯止めがかかれば、住宅や子供関連の業種は
もとより幅広い産業が活性化し、景気回復の強力な後押しになることも期待できます。

* 補足4 夢を持って生きられない。また、起業家が生まれにくく開業率が上がらない
 「終身雇用」 というシステムにおける 「年齢差別」 は日本人が夢を持って生きることを
極めて困難にしています。そして、ほとんどの日本人にとって、夢を追い求める生き方は、
あまりにも非現実的なものになっています。
 たとえば、プロ・スポーツ選手、俳優、ミュージシャン、作家、芸術家などになるという夢を
追いかけようとしている若者が、親を始め周囲からそれに反対されるといった例が日本では
よく見られます。周囲が反対する理由の大半は、「夢がかなう可能性は少ない上に、夢破れ
年齢がかなり上がった後に企業に就職するのは困難で、リスクが大きすぎる」 というものだと
思われます。周囲の人の言っていることは確かにその通りですから、日本の若者の
大多数は、一度は夢を抱いてもその忠告に納得し、夢を追うことを早々に諦め手堅く
会社員や公務員として働くという生き方を選ぶということになります。



250 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:24:48 ID:UTObR4rC
★ 岡本昌裕 快感原則論 ー楽しく生きるー 終身雇用が奪う10の自由

* 補足4 夢を持って生きられない。また、起業家が生まれにくく開業率が上がらない

  「年齢差別」 によって、「夢を追う」 という生き方は日本では極めて困難なのです。
したがって、日本の親たちの大半は、子供がある程度の年齢に達すると、夢を追い求めるのは
間違った生き方であるというように、あるいは悪いことであるかのように教育せざるを得なくなります。
 別の例を観てみましょう。日本では、会社員が会社を辞めて独立したいと考えても、それを
本当にやるかどうかとなると二の足を踏んでしまうのが当然です。ここにも 「年齢差別」 が
大きく影を落としています。たとえば、31歳の会社員が会社を辞めて自ら会社を立ち上げ、
10年間努力したものの、経営を軌道に乗せることは出来ないことがはっきりしたといった場合に、
その人はどこかの企業に再就職する道を選ばざるを得ないでしょう。しかし、41歳になった
その人には 「年齢差別」 の壁があり、その時点での就職は困難を極めることになります。
これもリスクが大きいと言わざるを得ません。したがって、日本の開業率は非常に低いものに
なっています。1990年代の数字ですが、アメリカの開業率が10%を超えているのに対し、
日本の場合は4%程度となっています。新しい企業が生まれにくい国に経済の活性化は望めません。
 しかし、何歳になっても就職のチャンス(それも決して悪くない労働条件で働けるチャンス)
のある環境が整備されれば、プロ・スポーツ選手などを夢見る若者にとっても独立を考える
サラリーマンにとっても、夢破れた後の不安がかなり解消され、思い切ったチャレンジも
可能になるはずです。また、こうした環境なしに、今後の日本の文化的繁栄や経済的成長を
期待することが出来るでしょうか。



251 :闇の声:2007/10/15(月) 22:34:16 ID:byMk9+OA
>>250
これは死刑モノだね
疎外される人が格差社会の問題となっている訳で、こんな夢物語を語るべきではない
疎外し、一旦最低線まで落としてからお情けで使ってやると言う感じの低賃金だ
それも、構造的なピンハネと自由裁量で首切り出来る雇用環境付きだよ
そんな夢みたいな雇用条件はどこにもない
文化的繁栄も経済成長も・・・コミュニティ崩壊の孤立社会ではもはや他人事だよ
人在っての社会だ
金在っての人ではない

252 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:35:04 ID:UTObR4rC
★終身雇用が奪う10の自由

* 補足4 夢を持って生きられない。また、起業家が生まれにくく開業率が上がらない

 人間にとって何が幸福かといって、「夢を追い、夢をかなえる」 ということくらい幸福なことは
ないはずです。しかし、その 「人間にとっての最大の幸福の追求」 を日本人の大半は
ナンセンスだと考えているのです。そして、そんな生き方は間違っていると親が子に向かって
教えなければならないのです。国民が夢を持って生きられない国、すなわち、国民が
人間にとっての最大の幸福を追求することを保障できていない国が、国家として何の
意味を持っていると言えるでしょうか。
 アメリカ人の7割方は 「アメリカでは努力すれば報われる」 と思っています( 「自由の意義」の
教育の中の 「アメリカ合衆国」 の項を参照してください)。メジャー・リーグのかつての
名物監督のラソーダさん( ロサンゼルス・ドジャーズ )は少年野球教室で、「努力しなさい。
この国では努力は報われるんだ!」 と子供たちの前で自信を持って話していましたし、
おそらく7割方の母親は子供に対し、「夢を持ちなさい。そしてその夢がかなうように
努力しなさい。アメリカは夢をかなえてくれる国よ」 と教えているのでしょう。
 もちろん、万人が万人、完全に夢がかなうわけではありませんが、少なくとも 「才能+
努力した分」 だけの報いは得られると、7割方のアメリカ人は考えているものと思われます。
 親が子に、夢をかなえるべく努力することを教育するアメリカ。親が子に、夢を追求することを
諦めるよう教育する日本。・・・イラク問題や安全保障については日米の同盟関係は重要
であるなどとして、ほとんど盲目的にアメリカに追従している日本政府ですが、国内には
アメリカとは正反対の社会が出来てしまっているのに、それは一向に改まっていません。
日米が同盟国として自由や民主制についての価値観を共有しているとは到底言えないのです。



253 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:36:13 ID:7NwyiIXf
紀元会なる新興宗教の事件が注目を集めてますね。
創価学会等含めこうした新興宗教が跋扈。
日本はあまりにも社会的病理を抱えすぎてます。
新興宗教団体への課税と公明党の排除、暴力団を非合法化し構成員を逮捕できるように、
そしてパチンコの非合法化。
手始めにこれくらいやらなければ道筋は付けられないのでは。無理でしょうけど。

254 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:36:52 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由 

* 補足5 自殺 ・ 犯罪が多発する

日本人の自殺率が異常に高い原因が、「年齢差別の存在」 によるものであるということは
検証されてはいないものの、有力な仮説であると思われます。また、大阪教育大学附属
池田小学校で児童を殺傷した人物などは、高等教育を受ける機会の与えられなかった
自分の人生を恨めしく思い自暴自棄になって犯行に及んだ典型的な例です。
  日本社会がこのまま 「年齢差別」 を放置しておけば自殺や上記のような犯罪が今後
増える可能性が高いと言えます。その理由は、日本には50万人以上(2003年現在)も
「ニート」 と呼ばれる人々が存在していることです。学校にも行かず、就職もせず、職業訓練を
受けることもしないこの人々は、大半が生活費を親に頼っていると思われます。当然のことながら
親はいつかはいなくなり、それ以後は働かない限り生活費は得られません。現在二十代の
人が多いと思われる 「ニート」 は、四十歳を過ぎて親を亡くし働かざるを得なくなったとき
「年齢差別」 の壁にぶち当たることになります。親にも頼れない、就職もできないという
状況で絶望するなというのは無理というものです。
また、「ニート」 ではないものの、“フリーター” と呼ばれる人々も増加しています。学校を
卒業しても定職につかずアルバイトで生活しているこの人々は、学生と主婦を除く15−34歳の
若年層人口の5人に1人となっています( 国民生活白書 2001年 )。これは10年前に
比べると倍増しています。特に25−34歳の “フリーター” の増加が著しくなっています。
この人々も親に頼れない年齢となって定職に就こうとしても 「年齢差別」 の壁に阻まれる
ことになります。
  このまま 「年齢差別」 が放置されると、「ニート」 や 「フリーター」 は定職に就いている
人々に比べ、将来的には絶望し自殺者または犯罪者になる可能性が高いのです。結果として、
すでに 「自殺大国」 の日本の自殺率はますます上昇し、凶悪犯罪の発生件数も今後さらに
増加し、「犯罪大国」 への道を歩むことになるでしょう。



255 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:44:08 ID:UTObR4rC
★ 終身雇用が奪う10の自由

D受験競争を必要以上に激化させ、子どもたちから自由を奪う。

転職が比較的容易な国においては、学校を卒業するときに希望する企業に
入れなくても、とりあえず入れる企業に入り、そこで仕事を覚え実力を蓄えた
ところで、もう一度希望する企業に自分を売り込むことは可能であり、
チャンスは一度だけではありません。

したがって、学校を卒業するときだけがチャンスではありません。また、
大手企業に評価してもらおうとして、無理をしていわゆる一流大学に入る
必要もありません。また、いくら一流大学を卒業していても、「終身雇用」でも
「年功序列」でもありませんから、実カがなければ解雇されたり、他社から
入ってきた人や、後から入ってきた人に追い越されてしまいます。

  つまり、諸外国ではおとなになって(社会に出て)から本当の競争が始まる
のです。ところが、日本のように一発勝負型の社会では、とにかく学校を
卒業するときに、なんとかして希望の企業に入らなくてはなりません。しかも、
日本の企業は今日に至るまで、いわゆる一流大学卒の人を高く評価し、採用
してきましたので、いきおい、一流大学に入らなければならないということに
なってしまうのです。

  つまり「終身雇用」は日本の中学生・高校生やその親たちに、「一流校に
入らなければ一生苦労する」という強迫観念を与え、それは子供たちが
必要以上に過酷な受験勉強をしなければならなくなる一つの原因と
なっているのです。


256 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 22:50:40 ID:UTObR4rC
★ 岡本昌裕 快感原則論 ー楽しく生きるー
○ 終身雇用が奪う10の自由 

E 会社員の給科が上がらない。

日本の企業が 「終身雇用」 を維持しようとすれば、経営が悪化したからといって
社員の解雇はできず、過剰に社員をかかえてしまいがちです。そのような社員は、
給料はもらっているけれど社内では仕事が無い状態になります。このような状態は
「過剰雇用」 と呼ばれます。
東京の大手企業など 300社余りを対象にした調査(’94年) では、平均で社員の
7.1%を過剰に雇用していると答えています。 このため日本の企業は人件費に過剰の
支出を強いられているのです。 この状態は失業率が低く抑えられているという部分を
見れば好ましいようにも思えますが、仕事の無い社員にまで給料を払っているために、
その会社内で本当にバリバリ働いている人の給料はなかなか上がりません
(特に、「年功序列」 のために若い社員の給料は非常に低いものになりがちです)。

http://www.sky-net.or.jp/masahiro/permanent_employment.htm



257 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 23:20:47 ID:bIMTom5F
おれが思うに、戦後の労働運動最大の悲劇は、つまらない連中に食い物にされたことだと思う。
つまらない連中というのは、過激派だったり、政治しか興味のない幹部だったり、
単なる反日であったり。
日本の左翼政党に、まじめに社会主義を理解している人物がいるとは思えなかった。
彼らは、単にアジアに賠償しろ、戦争反対、朝鮮には喜んで攻撃されましょうという反日団体で、
社会主義思想なんかなかったんじゃないか。と、思っている。

258 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 23:29:49 ID:5ipthoQl
労働者の代表と言いながら経営側に押し切られたという形をとって
労働者を切り売りして暮らしていた労働貴族
社会党はそのコピーだった。

259 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 23:49:16 ID:0p8y4ftC
>>250
日本の場合独立して10年たったら4パーセントしか残ってないんだよ。
起業起業とホリエモンは出てきたとき、マスコミと一緒に煽っていた時期が
ありましたが、甘く考えている学生が便乗してましたが、それだけ現実は厳しい。

アメリカはどれだけ残っているかしらないが、アメリカの場合格差が固定化されて、
日本以上に学歴社会。金がなければ学歴もMBAも手にはいらない。
パウエルなんかは広告塔にされているけど、あんなのまれだよ。

260 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 23:55:51 ID:Fqhpy1zE
>>259
表の部分に隙間は少ないし、隙間を見つけてもすぐ大手が埋めてしまうからな。
起業で生き残るにはダークな部分に関与するしかない。


261 :名無しさん@3周年:2007/10/15(月) 23:58:32 ID:0p8y4ftC
>>257
民主国家で言論の自由が保証されていて、防諜力がなかったら、
わけのわからん反政府勢力というか反日圧力団体のやりたい放題よ。
政府だけならまだしも、産業スパイまで入ってきている。

日本はスパイ天国といわれてるんだけど、
何度も書いているがなぜスパイ防止法をつくらないんだと思う。最近では谷垣がつぶして
しまったが、ラスプーチンがいっていたが、スパイ防止法では手垢がついているから
情報公務員法でもいい。

ハニートラップやマネーやロビーなどで気がついたらミイラがミイラとりに
なったというケースがある。さらに情報漏洩に対する罰則がゆるいから、
諸外国の重要な情報がどこに漏れるかわからない。だから諸外国の重要な
情報が入ってこないわけだ。

内向きの組織防衛だけはすごい能力を発揮するんだが、外からの防衛が手薄というか
やりたい放題なんだな。

262 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 00:06:38 ID:TsRmlY8t
>>257 >>258 そういうことだよな。要するに御用組合だったんだよ。日産なんか
ひどかったね。塩路とかいったっけ・・・? 奴が銀座のクラブに現れると、先に来て
飲んでいた会社のオエラガタが直立不動になったとか・・・

ソ連崩壊でイデオロギー的根拠も怪しくなってしまった。それまでは共同幻想であって
も組織化のきっかけがあったんだけどね。

でも、妙なことを言うようだが、「プロレタリアート独裁」というのは、日本で実現できる
可能性はあるんじゃないかと思っている。マルクスレーニン主義が根拠というわけじゃない。
日本古来の村落共同体で培われた意識と言うのは、まだ日本人の意識下に潜んでいるよ。

所詮、株式会社というのは外来の秩序だ。日本流のアレンジが通用しなくなって、本来の
株式会社原理に戻りつつあるのが現状なのだろうが、オリジナルの株式会社は日本では根付
かないと思う。

いままでなんとか会社という組織でやってこれたのは、軍隊経験が決定的だ。日本最大の組織
は軍隊だった。その軍隊経験者がほとんど一線を去ったわけだから、見えないところで組織維持
のエネルギーが枯渇してきているのだ。

では、それに代わる企業形態をどうやって生み出していくか・・・、そのことについては大いに可能性
があると思っている。どんな時でも希望を持たなきゃいかんよ。

263 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:10:10 ID:SIdjSNwX
>>261
スパイ防止法作ったらアメのスパイも取りしまらんといかんことになるが
それでもいいのか。それともアメのスパイはフリーパスか。
植民地の日本にスパイ防止法なんて馬鹿馬鹿しいよ。

264 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/16(火) 00:13:29 ID:iUVw6YWJ
>>172
 オトナの世界でエロイ人が脱法的に大もうけしたり、政治家が「制約違反などたいした問題ではない」と発言するなどやりたい放題。
    ↓
 子供が「真面目に努力して働いてもまともに生活できる見込みは薄い」と気づく。
    ↓
 子供グレる。日教組大喜びw
    ↓
 DQN大増殖。

 みたいな負の連鎖が猛烈な勢いでトップダウンで起きていると思う。

>>175
 終わらない夢など無いのだよ。
 根性で頑張ればいつかは何とかなるかもしれないと淡い期待を抱き必死にもがいている漏れのようなバカがいる限り、いつかは
連中に一矢報いることができると思う。たとえ、俺が生きている間にその時が訪れないとしてもね。


265 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:20:40 ID:GBbm5zfN
ものを知るとか考えるとかいうことは「左派の拡大」につながるとされ、
いわゆる衆愚政治的傾向が国を覆ってきたと訴える。
ブッシュ政権はそれを、大がかりな情報操作と恫喝という極端なやり方で進めてきたのだった。
「アメリカ国民は今や、他国民では考えられないような無知に陥っている」
のひと言は読み手の目を釘付けにする。
啓蒙主義を断ち切った典型が「テロに対する戦争」というウソだ。
多くの米国民がその幻想に惑わされたのは事実。(書評『世界の明日が決する日』)

266 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:23:21 ID:E44hYCBj
>>263
 重要な情報を漏洩して国に危害を与えた場合なんだよ。諸外国に
そのような情報を流すのは何も、外国人だけではない、日本人も含まれるわけだ。
つまり機密情報というかそういう重要な情報を扱っている人を対象とするわけだよ。
共謀や教唆も罰則を設ける。そこまでしないと、イスラエルやアメリカ、韓国といった
国が正確で重要な情報をくれんよ。情報漏洩について甘いから、どこの人間に流すか
わからないおそれがあるから、そういう情報を流されると諸外国も困る。

 もちろん情報漏洩により国益に毀損するようなことであれば、CIAの工作員だろうが、対象にする
必要があると思うよ。

267 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/16(火) 00:26:39 ID:iUVw6YWJ
>>178
 一隅を照らす、これすなわち国宝なり という言葉がありますな。

>>180
 以前から某スレでは何度も書いているが、電通とNHKをなんとかしないと日本は良くならないと思う。
TBS問題なんて枝葉末節、わかりやすいが所詮は雑魚の起こした瑣末な事だと思う。それくらい電通と
NHKは狂っている。

>>230
 日本の構造が農耕から焼畑農業に変わったようなものだね。
 日本が焼け野原になるのはいつの日か?

268 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:27:06 ID:V/pMbeZK
終身雇用自体は悪い事じゃないと思う。
問題なのは寡占化じゃないのかね?
電気・航空・通信なんかは新規企業が台頭してこそ業界全体が活性化すると思うんだがなぜか出てきては潰される運命。
アメリカだと格安の航空会社が台頭して勢力図を塗り替える勢いだとか。

269 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/16(火) 00:39:57 ID:iUVw6YWJ
>>237
 最悪のシナリオは小泉一派(残りの清和会も後から合流)&前原一派&公明党の連立政権だと思う。
 そうなったら家で泣いてるしか手は無いと思う・・・


>>244
> 確かに、構造改革は小泉純一郎が始めたことではないが、権力構造が整備され権力の集中化が行われたのは
> 小泉政権になってからだと思っている
> それは、権力=資金力+情報力と考えているからで、政治家と官僚が結託して富と権力の独占を図る
> 構図が出来上がったのが小泉政権下ではなかろうか・・・
> 諸兄のご意見を賜りたい

 全く同感です。
 派閥の否定が実は森派への権力の集中だったと。


>>268
 官僚や与党に十分な金を払えるだけの資金があれば可能かもね。

270 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:41:57 ID:7woUrAYs
>>226
中曽根がつき
橋本こねて
小泉食べる改革餅ということかorz

271 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 00:42:47 ID:E44hYCBj
>>268
その通りなんだが、電気などエネルギーは庶民の生活や安全に直接関わっていることだからね、
寡占から競争原理を導入すると効率化して利潤を追求していくと、設備投資がないがしろにされてしまう。
地震も多いから本当に安全にいかないといけない。ある程度保護は必要。

 あと航空もそうなんだ、乗客の安全がまず第一。だから競争原理を導入すると
コストを下げざるをえなくなる。だから一定のコストをたもつ必要があるんだが、
日本航空の場合、本当わけわからない、あやしげな紳士とか、労組とか、政治の
匂いがして、ほんとなんとかしてくれと思うね。

272 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 04:49:43 ID:IyGqhzSY
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
★民主党:党内政局総合スレッド116★ [議員・選挙]
【小沢】元豪腕幹事長のお告げ【一郎】その13 [議員・選挙]
小泉純一郎は運が強すぎる ▲438▲ [議員・選挙]
社会党の議席4 [議員・選挙]
【社会】 東京・アメ横でヤクザが銃殺される→防犯カメラ、男2人が銃撃する様子を撮影(動画あり) [ニュース速報+]

273 :闇の声:2007/10/16(火) 07:45:31 ID:5aAu94GP
消費税導入の時の、初心にいろいろな意味で戻るべきだね
あの時に、大内兵衛と加藤寛の激論で逆進性と公平性がぶつかり合い、結果的に
導入しても同時に抜本的な税制改正をすることと無駄を省き効果的な景気政策がセットでなければ
結果的に不景気になりデフレスパイラルに陥ると言う一つの結論が見えていたかなと記憶している

あの時に、実は自民党が得た結論がある・・・それは、真摯な議論が決して自らを利さない事だ
本音の議論は国民が知らなくても良いことまで知ってしまう、だからそれに代わる何かで目を塞げばよいとね
これをご指摘の広告代理店やテレビ屋が担っていると言って良いだろう
同時に、世間知らずの政治屋達が陥ったのが、メディアからの”誉め殺し”だ
専門家・・・学識在る専門家が認めたのではなく、ジャーナリストと称する人々が政策を議論し、国民の代表の様な顔をする・・・
この、世論の”ねじれ現象”が進んだのが、ニュースバラエティだね
もはやジャーナリストでも何でもない連中が国政を語るようになってしまった
局の内情に詳しい人なら判るだろうが、テロ特措法も消費税もボクシングも芸能も、局にしてみれば
一緒の扱いなのだ
一緒に扱うことで、思いも寄らぬ効果・・・つまり、普段お高く止まっているはずの政治家が狼狽えて
面白い映像が取れる・・・それだけの話なのだ
それだけの話に、国民の生活を左右されている怖さがある
同時に、今度はその面白い話が金を産むことを知って、それを利用する政治家まで現れた
芸能好きの元首相がそうだね・・・息子を芸能界に入れた元首相もいる
最初からメディア側に立っておけば・・・そう言う打算が働いても不思議ではない

274 :闇の声:2007/10/16(火) 07:55:21 ID:5aAu94GP
実態経済について、日銀の支店長会議を見るとそれほど深刻には考えてないなと受け取れるが、
中小企業などに聞いてみるとかなり深刻であると言う
特に、原材料や燃料費の上昇を価格転嫁出来ていないばかりか、親会社の負担増を
コストダウン活動として転嫁してきている
結果的に、上と下から挟み付けられて利益は殆どでないし、来年以降の好転の兆しも見えない
しかも、労働力は高齢化が進み若年層を入れて訓練する余裕もない・・・
依然として、金融機関は金を貸さないから自転車操業のままであるし、恐らくちょっとでも
景気の後退が見えれば融資引き上げや手形割引の限度額を引き下げてくるだろう・・・
取引先は厳禁から手形に変えてくれと言うし、金融機関は一定の現金取引がなければ手形を割らなくなる
結果的に廃業するしかない・・・それが来年以降再び急増するだろうね

今の状況は、橋本内閣の参院選前とよく似ていると思う
一つ違うのは、景気認識が日銀や都市銀行で甘すぎる事だ
急変した時に、一気に資金引き上げをする可能性がある
自分が、バブル崩壊はまたあるんじゃないかと思っている根拠はこの点だ
当たらないことを祈っている

275 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 08:04:14 ID:uPIzhhAW
大内兵衛って。。。

276 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 08:21:44 ID:fK5k9rAU
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪

       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)

277 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 08:56:14 ID:wjR6ACr3
>>273
> あの時に、実は自民党が得た結論がある・・・それは、真摯な議論が決して自らを利さない事だ


国民にとっても政治家にとっても、これほど不幸な事は無いですね…

278 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:04:17 ID:BV4dLkLS
テケテンテケテン スッテケテン ♪
             
    /\___/ヽ  
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|  

279 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:16:05 ID:sPMRJ5VV
>>276
>>278
いいかげんうざいんだよ、死ね

280 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:22:28 ID:xxiG/i8w
 繰りかえるが、日銀の政策金利引き下げによって市場にお金を供給したのはいいが、
そのお金を扱っている主要銀行、生保、郵便局、日銀も含めてなんだけど、
政府が発行する国債に向かった。国債による資金調達した政府はアメリカ国債やドルに向かった。
また円安により海外に出て行った。結果どうなったか、アメリカの戦費や住宅に使われ、
イラク政策の失敗とサブプライムで景気が悪くなった。だからFRBや日銀や
ECBが資金供給したり利下げしてなんとか景気をとどめたが、たいして効果はない。
それを尻目に上海や香港などの新興国は活況だ。一時ITバブルなどで盛り上がったが
すぐにはじけた。これから先進国は新興国とどうつきあっていくかということに
なる。

日本はどうだろうか、結局日本とアメリカは一連托生で、原油のドル決済からユーロ
円に切り替えている中東や南米の資源国なんかがいて、ドルが暴落する思惑だでてくる。
アメリカ国債の暴落を意味する。アメリカの株価も下がる。すると日本もひとたまりじゃない。
日本株や日本国債の暴落はさけられそうにないと思う。個人金融資産というか、えじきになる。
じゃあ中国もやばいからなりふりかまわず、どめるだろうが、世界のドルはなれ
は避けられそうにない。サウジアラビアの動向、産油国のオイルダラーが
シティ街中心のヘッジファンドに回り、そのヘッジファンドがアメリカ株に回っている。

281 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:39:11 ID:xxiG/i8w
シティも産油国もひとたまりはないが、急激に政策をおこなえば、
ダメージははかりしれないから、おそらくじょじょにではあるが、
水面下でアメリカのドルや国債離れが進んでいると思う。

日本とてアメリカ国債やドルを売りたいところなんだが、アメリカ政府は
許さない。世界のドルアメリカ国債はなれが進むと政策金利引き上げのより
アメリカ国債やドルの価値を高めなければならない。アメリカ国債離れはアメリカ
国債やドルを大量に保有している日本政府のダメージが多い、日本国債の信用
も下がる、日本の主要金融機関は売るかにかかるという、結局投資家に思惑が先に働くから、
日本国債の長期金利上昇はまずがれないだろうし、そうなってくると間接金融で
資金調達している借金のある中小以下、住宅ローンをかかえている人、ますます厳しくなると思う。

282 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:42:10 ID:BV4dLkLS
どーせスレ違いの話題やるなら保守について議論しようや。

283 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:44:58 ID:xxiG/i8w
 結局先進国とサウジなど中心する金融マフィアの政策によって、世界経済は
爆弾をかかえているんだ。

 それを尻目に新興国はどんどん成長しているんでしょうが、アメリカの経済
政策というのは本当に日本にとっては注目していく必要があるろ思う。

 ただ、賢い投資家は新興国に投資していたりするから、賢い投資家の動向を
よく研究することも大事だとは思う。ただ賢い投資家を探すのが難しいし、
まあ最終的には自分で判断しなければならないんでしょうけど。

284 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 09:56:14 ID:fK5k9rAU
>>279 酒の肴にしろ

285 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 10:07:31 ID:pDLBBHv0
>>ID:xxiG/i8w
何人だよ?無茶苦茶な日本語だな。

286 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 10:09:10 ID:ZF8kA3Jh
「真摯な議論が決して自らを利さない事だ」
そんなの消費税導入まで待たなくても、古今東西世界の真理ですよ。
それを知りながらも、それでもなお国民の本当の利益を考えて議論をしよう、
というのがそれまでの政治だったんじゃないですかね。

287 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 11:36:50 ID:ISMPxuiY
権力者の横暴に反抗するどころか媚びて己が利にあずかることをよしとする島国奴隷根性が直らん限り
日本に民主主義や国民主権が根づくことはない。権力者にはへつらい弱者同士で足を引っ張り合うのを
永遠にいつまでも続けるんだろう。ほんと情けない民族だよ、日本人は。


288 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 11:40:10 ID:vJ56myhc
まずはアメリカ、HF、新興国、投資家のために日本には円を供給し続けてることをやめることだ。
日本は早く政権交代して森、中川の日銀利権を潰さないとな。

289 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:12:30 ID:yp1gk4G4
前の戦争を真面目に自省すればいい。
日本軍は強かった!とか日本軍は悪いことをした!とか
そーゆーしょうもないのんじゃなくて。
どーゆー構造でなぜ負けたのか つーのを徹底的に冷徹に。

290 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:19:30 ID:BV4dLkLS
ID:ISMPxuiYがこのスレの有効性、信憑性をガクンと落としてくれましたね。
まーこれも裏取りということで収穫ですがー。

291 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:21:41 ID:hSisrTaW
電通とNHKが狂っている、って意見が上の方であったけど、
NHKドキュメントは良いのがたくさんある。
製作現場は頑張ってるな、と思うけど。

292 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:46:53 ID:ISMPxuiY
>>291
マスゴミというクソ壷に花が一輪浮いていたところで糞に塗れるだけ。



293 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:48:56 ID:O/5Tt3h9
>>281
でも日本は製品を作っている限り経済が崩壊することはないんじゃないの?たとえ日本で銀行が潰れてもものづくりの風土はなくならないだろうと。


294 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:54:29 ID:ISMPxuiY
>>293
その物づくりの風土は小泉ケケ中に叩き潰された。
金と時間のかかる物作りよりハゲタカにほめて貰えるリストラ
賃金カットがトレンドだからね。
それをマスゴミが構造改革ともてはやし、愚かな国民も賞賛する。
自分の尻に火がついて丸焼けになるまでわからない。

295 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 13:28:52 ID:GW/IlWyt
>>236
何かわかるなー
そういう感覚。

296 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 13:31:58 ID:O/5Tt3h9
それでもまだまだ大丈夫だよ。国土が海中に沈まないかぎり日本は崩壊しないだろう。今は価値観が崩壊混乱変動している時期なんだよ。

297 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 13:42:42 ID:PotKziG7
>>244、246-247
連合が非正規雇用に取り組み出したのは、
革命政権や左翼政権の阻止が狙いなんじゃないか?
組織化されていない非正規を支持層に政権を樹立、
ベネズエラのチャベス政権がほぼ同じ構図。
非正規雇用を労組に取り込まないなら、

彼らの利益を代弁する勢力が必ず出てくるだろうし、
非正規雇用を労組に取り込んだとしても、
正規雇用主体の歪んだ状況のままであれば、
彼らは労組を脱し取り込まないのと同じ状況になる。
嫌でも変わらざるを得ない状況なんだろう。

298 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 13:48:56 ID:O/5Tt3h9
まあ笑わせる商売ってどういうものなんだろうね。20年近く前に彼らの笑いの取り方は嫌だなあと思ったね。人をけなしてそれで笑うという手法。

299 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 13:52:58 ID:O/5Tt3h9
これ日本人のコミュニケーションの方法の一つなんだけどおれはこれが嫌いでねえ。これに関しては日本人ってほんとにげすだと思うよ。お笑いタレントをみんなは批判しているけど日本人全体がそうですから。そこに気付いて欲しいね。

300 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 14:29:13 ID:tjNOyg7u
>人をけなしてそれで笑うという手法

ダウンタウンならもう10年ほど前にそのやり方はやめてますが。
激しいのやるときは、少なくとも松本はやられる側にも回るし。
ビートたけしも志村けんもそうだったけど
売れて叩かれるとそういうのやめるんですよ。

301 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 14:36:33 ID:vdV6Y6xc
>>300
いや、彼等が敷いた「ダウンタウン路線」は、その後も快進撃を続けているよ。
バブル崩壊によって、いろいろな意味で自信を無くした日本社会において、
砂地に水が染み込むように染み渡った。


302 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 14:41:03 ID:EvOCXhwS

53 名前:無党派さん :2007/10/16(火) 14:13:40 ID:C/2V6OlW
本日の神は創価に爆弾を放り投げた民主の石井一です。
皆さん参議院予算委員会の録画を見よう!!!
悪党の石井だが今日は許す!神すぐる!!

54 名前:無党派さん :2007/10/16(火) 14:23:42 ID:Vrm6kB/2
石井いいね。ラジオ聴いてて震えたわ。
帰ってから見直すわ。

55 名前:無党派さん :2007/10/16(火) 14:35:39 ID:z2arNbge
今日の石井ピンは必見だな。見逃した人は参議院のインターネット中継録画で是非みてほしい

石井「公明党議員は創価学会に上納金を納めないと立候補できない。本当ですか?」
冬柴「そんなことはありません。事実じゃなかったらじゃああなた議員辞職しますか?」
石井「では前参議院議員の福本潤一君の参考人招致を求めます。彼に意見を伺いましょう」

303 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 15:44:45 ID:78WYU3z8
民主の石井GJだな。

304 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 15:51:10 ID:MB9VobQd
その後の層化議員のファビョり具合が痛快だった

305 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 15:59:20 ID:l7Yxg25r
 ドリフターズは、昭和44年から昭和62年まで続き、最高視聴率50.5%を記録した、TBS
の土曜夜8時「八時だよ!全員集合」において、過度のいたずら、食物を大切にしない態
度、汚い言葉づかい、いじめ思考などを子供達に植えつけ、そのモラルを引き下げた。

 タモリはそれまでタブーだった地方(田舎)を馬鹿にする言葉について、テレビに「市
民権」を持たせた。それ以前は、東北や四国、九州などを、少しでもその都市化の遅れゆ
えに貶めるような発言は、テレビの中では、絶対的にご法度だった。ほんの少しでも、地
方を馬鹿にした言葉が誰かの口から出ると、
 「ただいま、放送上不適切な発言がありましたことをお詫びいたします・・・・・・」
 と謝罪の言葉を、司会者は述べさせられていた。しかしタモリは、
 「イーじゃねーか、本当のことなんだから」などとニヤニヤ笑いながら言い、「チバラ
ギ、ダサイタマ」などという言葉を放送に乗せ、地方(田舎)を馬鹿にする風潮を、テレ
ビの中に定着させた。
 現在のテレビ番組では、シロウト参加者などが、
 「どちらからいらっしゃいました?」
 「岩手です(あるいは、秋田・高知・鹿児島など)」
 「それは、またドイナカから(笑)!」
 などという出だしのシーンがよく見られ、またそのシロウト参加者も
 「ボクにも笑いが取れました」
 とばかりにうれしそうな顔をするが、まったく嘆かわしいことである。
方言は、その地方の人にとっての昔からの伝統的な標準語である。それを一方的に笑いも
のにすることが、果たして許されるのか?
 なお沖縄は、政治的な問題を抱える地域なので、こうした笑いの取り方は、少なくとも
オンエアされる画面からは、見出すことは皆無である。
 タモリについては、「社空きの化粧厚塗りギャグ」のように、人の悪口を面白おかしく
囃したてる、心の荒んだトークについても、「許容されないライン」のかなりの引き下げ
に、関与した罪は大きい。

306 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 16:00:20 ID:l7Yxg25r
 80年代のビートたけしも、
 「おメエ、馬鹿ヤロ、なーに言ってんだよ、コマネチ!」
 などと笑いをとりながら、汚い言葉といじめ遊びをブラウン管に乗せた罪は、免れられ
ない。これは、現在の極まりない悪意に満ちたいじめなどと比べれば、ずっと無邪気な、
許されてもいいようなレベルのものではあるが、次世代に一層の悪化をまねいたその足場
を作ったものとして、責められるべきものは、間違いなくあった。
 ビートたけしは最近は、映画監督・文化人としてのイメージを高めているが、たとえば
ベネチア映画祭でグランプリを取ったのだとしても、悪いものは悪い、大いに批判される
べきタレントである。「早く死ね、このババア」といっていたことを、99年8月に母親を
亡くした後も後悔していないか、聞いてみたいものだ。

 90年代前半のとんねるずは「うるせえんだよ!」ダウンタウンは「じゃかあしい、この
ガキ!」とテレビカメラやライブ会場に向かって、青筋を立てて怒声を浴びせるところま
で、凶暴さを増した。よりキレた、狂的な凄みで押しまくるスタイル。いじめも一層残酷
で、理不尽なものとなっていった
 90年代後半に台頭してきたナインティナイン、ウッチャンナンチャン、ロンドンブーツ
1号2号は、それと比べると一見、やや静かで落ち着いた、おとなしい話し方をするが、サ
ッと一瞬人の隙を突いて見せるようないじめ、暴言などは、一層いやらしさを増し、カマ
トト顔の裏で、陰湿さをさらに増した性格が、見てとれる。
 こうしたタレントの作り出す“笑い”びたりとなっている子供たちが、弱いものいじめ
に走るのは、必然的とさえ言いうるものであり、彼らの番組をスポンサードする企業たち
には、“社会的存在”としての自らについての認識が、決定的に不足していると、言わざ
るをえないのである。

307 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:03:16 ID:u7t9sTc0
>>302-303

茶番ぢゃね?さっそく>>303みたいなのが釣れているし
石井議員の大漁旗で釣られた303みたいのが
今度の選挙でミンスGJとばかりに雪崩を打ってミンスに投票したら
外国人の投票権獲得も早まるし、売国路線はいっそう進むし、で

308 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 17:11:55 ID:TsRmlY8t
う〜ん、皆さんのカキコ読んでたら、「お笑い問題」というのは深いね。
>>305 >>306 圧巻だった。なるほど、他人を批判するより、茶化したり馬鹿にしたり
する方が、ダメージが大きいんじゃないかと思えてきたよ。ツービートの毒ガスは
単なるギャグで終らずに、サリン並みの猛毒になったわけだ。

「笑い」のレベルでその国民のレベルがわかる、なんちゅうことになると、日本は
相当にやばいんじゃないか・・・

チャップリンが弱い人を馬鹿にするなんて全く考えられないが、それだけに彼の
偉大さがわかるような気がする。

309 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:14:17 ID:tw/aHVyc
>>305
>>306
http://pukapuka.sakura.ne.jp/cgi-bin/upload/puka/img-box/1192416375519.jpg

310 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:15:24 ID:IC4b33U+
>>307
おまい自民党の工作員だろうw
ネトウヨを偽装してみても無駄だぞ。
どうも前スレあたりから変なのが混じると思ってたが、
やはり紛れてたか。

311 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:22:20 ID:CUmZnV+c
>>278 実に慧眼恐れ入ります


312 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:23:10 ID:u7t9sTc0
>>310アラ、この程度でフフンのおぢさんはお金くれるの?w
つぎの給料日まであと一週間、どうやりくりしようかと
思案中だし、こんなんで稼げるならば、工作員に立候補するワw

313 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:29:21 ID:tw/aHVyc
>>276
http://pukapuka.sakura.ne.jp/cgi-bin/upload/puka/img-box/1191757452643.jpg

314 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:45:59 ID:Eor/+lVn
米は痔民党内の自由に動かせる連中を使い改革を進めようとしたが、
党内の独立系対立勢力が邪魔立てした為に思うように進められなかった。
そこで野党に手を突っ込み米が自由に動かせる新自由主義勢を育成し、
メディアは改革神話を垂れ流し、野党を救世主扱いし、世論を改革支持に傾け、
改革を進めなければ痔民がバッシングされる状況に追い込んだ。
眠素党内改革推進派はその時に育てられた連中で、眠素は米の影響を強く受ける。
小鼠路線で痔民純化の結果、米の先兵が割拠する二大政党ができた。
いうなれば現二大政党体制は米工作の賜物であり、米が作ったとも言える。
中国の工作スタイルは二大政党の双方に工作を仕掛けるというものだが、
現二大政党には米先兵の親米売国派が多数紛れているので成就は難しいだろう。

>>307、312
眠素が親中売国路線を取ると本気で思っているならお笑いだね。
米眠素党日本支部と形容しても構わない親米売国派が眠素の実像に近い。

315 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 17:53:07 ID:tw/aHVyc
>>276
http://tv2ch.net/3/jlab-tv/s/21926.jpg

316 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 18:45:50 ID:WjpX0bfB
>>281
日本とてアメリカ国債やドルを売りたいところなんだが、アメリカ政府は
許さない。
@これに関して、飴は大量の米国債やドル売りは米への経済テロとみなして
在米資産凍結などの対抗措置をとる法案を既に成立させているとか?
だから売りたくても売れないのだそう。。。
本当なの?教えて、エロイヒト、またはCIAの人!

317 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 18:48:58 ID:SZqAbsaN
>>316
そういうトンデモなネタを何処から仕入れてくるの?

318 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 18:50:03 ID:vdV6Y6xc
>>305,>>306
わかりやすい考察、乙です。
お笑いブームと日本社会の劣化の相関関係というのは、
なかなか興味深いものがありますな。

それにしてもID:tw/aHVycは何なんだよ!
単なる嫌がらせか?

319 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 19:04:22 ID:tw/aHVyc
>>318
http://tv2ch.net/3/jlab-tv/s/21926.jpg

320 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 19:05:31 ID:tw/aHVyc
>>273
>>274
http://tv2ch.net/3/jlab-tv/s/21926.jpg

321 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 19:08:15 ID:tw/aHVyc
>>249
>>250
>>251
>>252
>>254
>>255
>>256
>>274
http://tv2ch.net/3/jlab-tv/s/21926.jpg

322 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 19:59:27 ID:WTJnBtHB
>>314
双頭戦術の仕掛けが前原のような民主内の新自由主義者の育成というのには賛同だけど
参院選以降の民主は、かつての経世会残党勢力の方が強いと思う。
あとはかつてのロックフェラーの代理人だった小沢が土壇場で裏切らないかどうかだよ。

323 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 20:01:07 ID:TsRmlY8t
「漫才とは?」
http://m.weblio.jp/c/%E6%BC%AB%E6%89%8D

なるほど、上品な古典芸能を吉本が捻じ曲げて作り上げたもんなんだな。諸悪の根源
は吉本興業か。これが一部上場とはね・・・ 正直言ってヨシモトは昔からキライなんです。


324 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:09:51 ID:tw/aHVyc
>>323
\  \\       ____         // / /
<           _-=≡:: ;;   ヾ\            >
<         /          ヾ:::\           >
<         |            |::::::|          >
<        ミ|-=≡、 ミ≡==- 、 |;;;;;/          >
<         || <・>| ̄| <・> |── /\         >
<         |ヽ_/  \_/    > /         >
<        / /(    )\      |_/          >
<        | |  ` ´        ) |           >
<        | \/ヽ/\_/  /  |           >
<        \ \ ̄ ̄ /ヽ  /  /           >
<          \  ̄ ̄   /  /       \    >
  / /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     \\ \ \
     ___
   / ー\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウ
 /ノ  (@)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキ
.| (@)   ⌒)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッ
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
 \   |_/  / ////゙l゙l;  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
   \     _ノ   l   .i .! |  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
   /´     `\ │   | .|  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
    |       | {   .ノ.ノ  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
    |       |../   / . ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウ


325 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:10:25 ID:tw/aHVyc
>>322
\  \\       ____         // / /
<           _-=≡:: ;;   ヾ\            >
<         /          ヾ:::\           >
<         |            |::::::|          >
<        ミ|-=≡、 ミ≡==- 、 |;;;;;/          >
<         || <・>| ̄| <・> |── /\         >
<         |ヽ_/  \_/    > /         >
<        / /(    )\      |_/          >
<        | |  ` ´        ) |           >
<        | \/ヽ/\_/  /  |           >
<        \ \ ̄ ̄ /ヽ  /  /           >
<          \  ̄ ̄   /  /       \    >
  / /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     \\ \ \
     ___
   / ー\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウ
 /ノ  (@)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキ
.| (@)   ⌒)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッ
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
 \   |_/  / ////゙l゙l;  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
   \     _ノ   l   .i .! |  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
   /´     `\ │   | .|  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
    |       | {   .ノ.ノ  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ
    |       |../   / . ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウ


326 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:10:44 ID:d4LatxyT
>それにしてもID:tw/aHVycは何なんだよ!
>単なる嫌がらせか?

面白くない人生を、送っているのだろう。
無視しよう。

327 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:16:25 ID:tw/aHVyc
100円ショップの大創では買い物をしません。
X-Sender: ■■■■■■■■■■■■
X-Mailer: QUALCOMM Windows Eudora Version ■■■■
Date: Fri, 25 Aug 2005 15:21:35 +0900
To: ■■■■■■■■■■■■■
From: ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Subject: 至急

■■■へ

  シークレット・至急扱いで処理して欲しいんだけど、遅くても31日
  できれば、29日朝までに■■名誉会長宛てに30万円を振り込むよう手配して
  ください(前回、振り込んだ口座と同じでOK)。

  項目は、P献金で処理してね。

  問題があるようだったら、闇の声の指示を仰いで。■■にはこちらからも伝えて
  おくので心配しないで。

@間ヌケの宮


328 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:17:06 ID:tw/aHVyc
>>326
http://tv2ch.net/3/jlab-tv/s/21926.jpg

329 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:18:44 ID:tw/aHVyc
>>326
                  @  @  @
                  |\/\/|
                  └────┘
                 /       \:\
          ♪      .| セ  ク  ト ミ:::|
  ♪             ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
そうは痴漢崎 公明党    ||..● .| ̄|. ● |─/ヽ
\ ヽ性狂〜新聞〜♪// |ヽ二/  \二/  ∂> はいはい、庶民の王者ですよ〜
  \騒禍〜学〜会♪/  /.  ハ - −ハ   |_/  どんどん!!財務!!財務!!
二二二二二二l      |  |  ヽ/ヽ/\_ノ  /    さっさと名誉勲章!!ノーベル賞!!
 | |  ♪ _________ ♪   |  \、 ヽ二二/ヽ  /
 | |    |◎□◎|.   |   \i ___ /
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し' ̄し' \ ///.
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   ハ゛ン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  ハ゛ン



330 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:21:13 ID:tw/aHVyc
公明党というのは創価学会なんです。
公明党というのは創価学会なんです。
公明党というのは創価学会なんです。
公明党というのは創価学会なんです。
公明党というのは創価学会なんです。
w
公明党というのは創価学会なんです。
「この言葉は重いですよ」

 | (        ` ´  | |  | |  ` ´        ) |
   |  ヽ  \_/\/ヽ/ |  | \/ヽ/\_/  /  |
   ヽ  ヽ   \  ̄ ̄/ /  \ \ ̄ ̄ /ヽ  /  /
    \  \    ̄ ̄ /      \  ̄ ̄   /  /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




            ヽ、    ヽ     ヽ 、   ヽ
   )ヽ、_,,,..._    ヽ、_,   げえッ───────!!!
   iー-、::_: `、ゝ_,,-  ノ  (    ) 、     )
   ノ::`ー_-_ノ ノ ノ_,-"イ /    ` 、ノ  `i  (   l
,-、 |::::.ヽ _。ヽ:: /_。フ' |ノ   ヽ、      i、   ノ
|6`i/:::. ,,-.―'' /i|.ー-、. |
ヽ ::: i ::    ⌒  : |  <こ・・・断ったはずの聖教新聞が入ってる!?
ヽ`l | ::    /ニ`i   /
 `|:. ヽ、   i_,,,、/  /     ,へ___
  ,|:::._ヽ___/   _//`ー--、ニ=--―,
  | ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄|    / / / __     ̄ ̄`¬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ヽ | // /   / 三三三  /

331 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:22:43 ID:tw/aHVyc
     ,     -=-::.
      /       \:\
     .|  間ヌケの宮   ミ:::|
     ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
    .||(●)| ̄|、(●)|─/ヽ
     |ヽ二/  \二/   ∂
    /.  ハ - −ハ   |_/
    |  ヽ/ヽ/\_ノ  / |
   . \、 ヽ二二/ヽ  / /
  \. || l \i ___ / il | i
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ダンッ
。 ゚ _(,,)  もっと闇の声  (,,)_ / ゚
 ・/ヽ|.    しなさい  .  |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。



332 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:31:20 ID:6Xtd1pAB
290 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 12:19:30 ID:BV4dLkLS
ID:ISMPxuiYがこのスレの有効性、信憑性をガクンと落としてくれましたね。
まーこれも裏取りということで収穫ですが

333 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:33:37 ID:tw/aHVyc
♪  ∧_∧
   ( ´∀` )))
 (( ( つ ヽ、   ♪ 南無妙法蓮華経♪
   〉 と/  )))       南無妙法蓮華経♪
  (__/^(_)


    ∧,_∧ ♪
  (( (    )
♪   /    ) )) ♪ 南無妙法蓮華経♪
 (( (  (  〈        南無妙法蓮華経♪
    (_)^ヽ__)

♪  ∧_∧
   ( ´∀` )))
 (( ( つ ヽ、   ♪ 南無妙法蓮華経♪
   〉 と/  )))       南無妙法蓮華経♪
  (__/^(_)


    ∧,_∧ ♪
  (( (    )
♪   /    ) )) ♪ 南無妙法蓮華経♪
 (( (  (  〈        南無妙法蓮華経♪
    (_)^ヽ__)

334 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 20:43:44 ID:TsRmlY8t
妙なAAが登場したね。新興宗教のカキコが中断していたのを思い出した。

お釈迦様と日蓮と、どちらがエライのか・・・? なんて質問したらみんなひっくり返るよな。
お釈迦様がエライに決まっている。

ところが、こんな常識が通用しない教義もあるんだな。日蓮本仏論という。これによると、
お釈迦様は始めと終わりのある有限な存在なんだが、日蓮は始めも終わりも無い「久遠元初
の根本仏」なのだそうだ。

ひっくり返ったままじゃ先に進まないので、「へえー、そうなんだ・・・」と言う事にしておこう。

日蓮宗にはいろいろな分派があるんだが、この教義をいただく宗派のひとつが大石寺派だ。そして
ご存知のとおり創価学会はこの大石寺の非常に有力な信徒団体だった。もちろんこれは正式では
ないとも言われるが、やがていろいろと摩擦が生じて学会は「破門」されてしまった。

さて、こうなると常識的には創価学会はオシマイだと言いたい所なのだが、事実はこれと逆だった。
なんと、日蓮本仏論のビックリ・ギョーテン度を100の3乗倍したような超超超・・・ビックリの
「イケダ・ダイサク本仏論」が登場してきたわけだ。

ちょっと休ませてください・・・

335 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:47:35 ID:pneN3Ys4

○日本国内の中国人・韓国人が「1000万人」に○
福田康夫自民党は「日本国内の中国人・韓国人を100万人へ」を目指し奔走している。

繁殖だけが取り柄で凶悪犯罪がお家芸である中国人・韓国人という害虫が卵を残し
「100万人」から近い将来「1000万人」、そして「一億人」になるのは明らかに目に見えて時間の問題である。

336 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 20:54:07 ID:m1JdM4Db
というか、いじり芸自体、ブラウン管の向こうの連中は飽きてるって自覚しろ>エンタの神様関係者

>>305
中学の頃にさだまさしや村下孝蔵の歌詞が好きでよく聞いていたんだが、
タモリがさだを叩き始めたことで随分といやな中学生時代を送ったよ。

後にプロ野球の外国人選手が通訳に「日本語を覚えるためにお勧めのアーチストいないかな?」
みたいに聞く際に、通訳達がそろってきれいな日本語だからという理由でこの人達を勧めていたと聞いて溜飲を下げた。

337 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 21:06:17 ID:TsRmlY8t
あれっ・・・今気付いたんだが、 >>327  「@間ヌケの宮 」・・・?

338 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 21:21:11 ID:E44hYCBj
>>273消費税論争で一番気になるのはもし、あげた場合、そのお金を政府が
どのように運用するかだと思う。

 結局アメリカや中国にたかられて、社会保障費にお金がすべて回るのだろうか。
またいつものように、ハコモノをつくって赤字をたれながしたり、天下りをして
私腹をこやす構造になるのではないだろうか。

 消費税を5パーセントにあげた税収はどのように運用されていて、失敗したか
そのあたりの検証が必要だと思う。

 郵便貯金や簡保だって本来であれば旧大蔵省資金運用部がしっかり運用しておれば
庶民に増税することはなかった。ハコモノを作ったり、半分以上は長期金利の低い
日本国債で運用することになった。

 庶民は郵便貯金や簡保をどうやって運用しているのはわからないんだろうか。
半数以上は国債で運用していることに。

339 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 21:41:40 ID:E44hYCBj
 ムネオー佐藤ラインと竹内行夫の外交政策をめぐる争いのとき、結局
アメリカンスクールの竹内が勝利した。これが何を意味するか。

たかりの構造を維持したい勢力と北方領土を取り戻し、ロシアとの資源外交を
進める争いではないかと思うんだが、前者であることは言うまでもないと思う。
日米同盟など重視するのは今のとこ必要だと思うんだが、アメリカとて国力が
衰退してくれば日本の面倒を見切れなくなり、対日外交政策を変える可能性もあるわけだ
から、ずっと日米同盟が続くという保証はどこにもない。

 ロシアスクールは解体された。佐藤がロシアのスパイだという人もいたが、そもそも
スパイというにはダブルエージェントというか、日本の情報もある程度提供しないと
外国から有力な情報は手に入らない。そういうことも本来であればスパイ防止法
があればもっと有力な情報が入ってくる可能性がでてくるわけだ。

 北米ではホンダやトヨタやソニーなど日本発の多国籍企業があるわけだから、
彼らが出資してアメリカ本土における日本の国益になるようなシンクタンクを
作ったりして、アメリカの政府関係者にロビーしたりして、従軍慰安婦で
たかられないように、あわよくば買収したりしてなるべくアメリカ国債を買わせないようにするとか、
いくらでもそういう方法があるはずだ。

 しかしなんにもしない、アメリカに学びにいき、日本に帰ってきては、権威がつくので
ブランド好きの大衆がみなが重要視する。アメリカの国益になるような政策をする。
そんなアメリカ本土でなんのロビーもしないであやつられるがまま帰ってくる人材
取り上げる必要はないんだが、その人物のパックボーンを何も洗うことなく
政府やマスコミは重要視し登用する。

この構造をどうやって脱却するかなんだ。アメリカの工作員が重要なポストにいる
人材をヘリで逆さずりして、太平洋におとすような脅しをしているとか、
ハニートラップとかどういう物理的なおどしをやってきているという話なんだが
確証があつわけでもないが、そういう脅しに屈しないタフな為政者が必要なんだな。


340 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 22:05:35 ID:E44hYCBj
 日本国債については、日本政府が安全だとか安心だとか、広告代理店やメディアを
使って宣伝していたことがある。

 しかし国債を売る時は、金利変動リスクがある。
長期金利が急上昇すれば国債価格が下がる、歴史的に証明していることなんだが、
たしかに政府がデフォルトをおこさなければ、安全かもしれないが、政府は金利
変動リスクもいわないで、宣伝していた。説明もないので詐欺に近い行為じゃない
かと思ったりする。

金利変動リスクという、そういう宣伝は絶対にしないんだ。
日本の主要金融機関や生保、日銀、郵貯、など約90パーセントが保有している
といわれている。海外は3・6パーセント。結局個人金融資産というのは間接的に
日本国債なんだよということだ。

341 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 22:48:15 ID:0EU52Rsp
きわめて的中率が低いことで評判のミサイル迎撃機を日本政府はいったいいくらで買ったんでしょう。
それも的中した場合のその破片で多くの日本人が被害を受ける可能性も高いとか。
わざわざ金正日を刺激しなくても、外交力磨くほうが先だと思います。
その迎撃機の訓練を公園でやるとか正気の沙汰じゃない。
わずか2回の美しい国会議に4900万円も使ったというのも許せないですね。
こういう金のムダ使いを福祉に回せといいたいですよ。

342 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 22:53:37 ID:FdJMwXjy
石井がああいう質問したのは小沢の戦略なのか?
それとも暴走しただけなのか?あんまり民主に得になりそうも無い質問のように思えたけど

343 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 22:58:06 ID:BV4dLkLS
マグダラ情報はまだか?

344 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 23:27:47 ID:w1hVR1EB
>>273
結局既存メディアの再編が必要ってことの証左でしょうな。

345 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 23:28:39 ID:B8350kZY
闇さんは冬柴は副総理格だと安倍政権のとき書いてたけど、今でもそうなのかな?

346 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 23:31:01 ID:TsRmlY8t
もっとも、池田自身が若い頃から「イケダ本仏論」を吹聴していたという説もあるがね・・・
もしもそうだとしたら、イケダ・ダイサクという人物の精神構造が大いに透けて見えるよな。

麻原は「最終解脱」とかなんとか・・・

愛は地球を救うんだそうだが、「愛」にもいろいろあるよね。男が女を、女が男を・・・、
吉永小百合様も宮を愛してくれているんだが、これは「人類愛」の範疇だ。

しかし、なんといっても強いのは「金銭愛」さらにその上を行くのが「自己愛」というわけ
なんだろうか。大作の資産は兆の単位だろう。でも、本仏論と来た日にゃ、やはり一番
愛しているのは「ジブン」なんだろうな。

こういう人間と対等の付き合いはできない。無視するか、支配されるかのどちらかだ。
毛沢東の恐ろしさをどうやったら説明できるのか・・・、同時に「池田大作」と言う全体主義
の信奉者を理解する努力を、われわれは怠ってきた。

そして無視したつもりでいるうちに、気が付いてみたら堂々たる日本のキングメーカーだ。


347 :間ヌケの宮:2007/10/16(火) 23:40:51 ID:TsRmlY8t
ところで、余談だ。

法華経を奉じる宗派はわりと過激なのが多い。個人でも石原莞爾とかちょっと神がかり的
なのが目立つんだがね・・・、同じ石原で慎太郎という方も法華の信者だ。

法華経を唱えるとエネルギーが出てくるらしい。法華経の信者は、今まさに刀で首をちょん
切られようとするその時、観音力によって、その刀がボロボロと崩れ去るというんだな。
「念彼観音力 刀尋段段壊」

昔、義和団事件で、その信者達はお守りを身に付けていれば鉄砲で撃たれても死なないと信じて
いた。立ちはだかる彼等に向かって連合軍の銃口が一斉に火を噴いた。どうなったか・・・、バタバタ倒れ、残った者達は蜘蛛の子を散らすように逃げ去った。

日蓮上人には有名な竜口の法難というエピソードがあるが・・・

それはともかく、法華経は大乗経典の中でも有力なもののひとつであることは間違いないんだが、
あくまでもあるワン・ノブ・ゼムと捉えるのが中庸を得た捉え方だろうと思う。

しかし、天台宗の開祖・天台智ギが五時教判によって最上位に位置付け、そして最澄がこれを
日本に招来してから、これを唯一の根本聖典とする考え方が日本でも定着した。

しかしその肝心の日本天台が大きな問題を抱えてしまった。密教の導入だ。密教の根本経典は
大日経と金剛頂経だが、こうなると法華経とどちらが大事なのか、という難問が出てくる。

結局大日経と法華経は究極において一如という論理を作り出すんだが、その論証には七転八倒の
様が読み取れるな。

というわけで、比叡山は建前では法華経を最高の経典としながらも密教あり、さらに禅あり、また
浄土教ありという「総合大学」であったわけだが、こんな状況のところへ、法華経こそ絶対とする
原理主義者が現れるとひと悶着起きずにはいられない。

日蓮だ。

348 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 23:44:42 ID:7UgdhAuB
このスレのタイトルは言い換えれば「不良債権問題の解決は、在日の殲滅から」

そういえば、こんな会が出来ていたのね。

「在日特権を許さない市民の会」
会長:桜井誠
http://www.zaitokukai.com/

このスレのおかげかどうかは知らないけど、この国でも、心ある人は、本当におかしい奴が誰なのか、わかってきているみたいね。



349 :名無しさん@3周年:2007/10/16(火) 23:46:03 ID:9bqmem1n

亀田問題、TBSを処分せよ !!


http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1192545235/l50
亀田問題、TBSを処分せよ !!


亀田問題、TBSを処分せよ !!


http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1192545235/l50
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1192545235/l50

350 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:00:37 ID:E44hYCBj
>>348
わかるんだが、こんなことをいうと
工作員といわれそうなんだが、自分が取り込まれたらと
感じたりしたらいつでも
身体の拘束もなく辞めてもいいシステムかどうかわからんが
素人学生とか純粋に応援したければ、そういうとこにはまり時間や
お金をつぎ込む事も否定しない。
しかしミイラがミイラとりになるのが心配だな。
プロの運動家にかかれば、在日特権以外のことまで
利用されそうだから。
プロの運動家にまかせて関心を持つという選択肢があってもよい。

薬害エイズのように左翼や組合と連携して薬害エイズ以外のことまで
発展して素人学生がとりこまれたということがあるから・・・


351 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:13:28 ID:JY1WTVqD
プロの運動家かぁ・・・

352 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:21:01 ID:NXaEx9FZ
結局のところ、ヤクザが力を揮えるのは日本で唯一、私的に暴力装置を発動できるからだろ
ヤクザと対抗するにはヤクザ以上の暴力装置を私的に用意しないと無理なんじゃないの?
昔、美しい国の前首相の爺さんが行政改革を本気でやるには軍隊がいると言っていたらしいが
どいつもこいつも、利権にべったりだから話して聞くような連中じゃないよ
とか、言ってる俺は唯の根性なしだからいざとなったら逃げ惑うだろうけどね

353 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:23:50 ID:JY1WTVqD
軍隊かぁ・・・

354 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:24:05 ID:MtypMtFI
録画みたところだけど、昨日の櫻井充の質問は素晴らしかったね。
財政諮問会議の突っ込みどころといい、医療現場の崩壊を現場目線で告発したところといい、
郵政民営化の問題点といい。実にシャープで胸のすくような質問だった。
民主は前原岡田枝野より櫻井を大事にすべきだよ。

355 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:25:03 ID:WkS7P5eK
【政治】インド洋補給艦の航泊日誌、保存期間中に一部「誤って破棄した」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192513025/
【政治】 防衛省、給油活動の海自補給艦「とわだ」航泊日誌を「誤って破棄」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192513155/

   ハ ハ 
   (*‘∀‘)あのねあのね、苦しいときはね
   /つ ⊂)
   し--J

   ハ ハ 
   (*‘〜‘) な、なか…、
   /つ ⊂)
   し--J

   ハ ハ 
   (;‘〜`) えっと…
   /つ ⊂)
   し--J

   ハ ハ 
   ( *‘д`) 捨てちゃったの・・・
   /つ ⊂)
   し--J

356 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:26:01 ID:hBbO2TqJ
実際はこんな物じゃ無いかと思うのだが。
大体桜井は結局の所チョンしか見ていないんだから。

http://ameblo.jp/sakochi2634/entry-10045551827.html#cbox

357 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:42:46 ID:y5s2p6IV
>>347
ただ面白いことに、日蓮自身は密教の方法論を取り込んでいるんですよね。
彼が顕した本尊には、密教の仏が招来されており、また自身の花押は梵字を崩したものだとか。
日蓮自身は世俗的な意味でうまく生きたとは言えないけど、
信徒達にはなるべくトラブルを避けるよう、指導したりもしている。
たとえば弱い立場にある弟子に対しては、自身の信仰を誰にも言わないようにと注意したり、
主人とトラブった弟子に対しては、陳状を代筆したり、対処法を指導したりしている。
彼は基本的には原理主義だが、一方で柔軟な発想を持っており、
また弟子を思いやる気持ちは、他の有名な高僧たちよりズバ抜けていたように思う。
創価学会等の日蓮系団体は、その辺りを無視して、
ただ教団への忠誠や原理主義を信者に誓わせているのは、全くのご都合主義であり、
まして創価の「池田本仏論」や「池田氏は日蓮の生まれ変わり」などというのは、
筋違いも甚だしいところだと思っています。

(スレ違い失礼・・・)

358 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:52:07 ID:MtypMtFI
>>356
それほんと?桜井さんのブログ見たけどそんな記述は見つからなかったよ。
彼のキャラクターからいってそういう性質の人とはとても思えないが。
医は仁術を地でいくような人じゃないか?

359 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 00:52:25 ID:JY1WTVqD
>>357
> 「池田氏は日蓮の生まれ変わり」

その件は大石寺と揉めた時の要因のひとつにもなってたような・・・。

360 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 01:43:45 ID:C/Mo1gys
民主党・石井一議員が公明党と創価学会の関係追及

石井議員「『P献金』というのがある。
プレジデント(創価学会の)池田名誉会長を指す。国会議員一人当たり30万円徴収。
公職選挙法違反なのか。これは、政治資金規正法違反なのか
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1296154
ttp://www.youtube.com/watch?v=xzw4pl76vBw

361 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 01:50:44 ID:C/Mo1gys
民主・石井一議員の創価公明批判は、民主による公明手なづけ作戦に思えないでもない
かつて自民も池田大作氏を証人喚問しようとしたが、公明は自民に擦りより立ち消えとなったことがある
いずれにせよ死者が出ないことを祈るw

362 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 06:38:06 ID:gxUUydjJ
ヤクザ化する政府。

【人事】電通マンが財務省の広報に…民間人としては初 [07/10/16]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1192538744/

363 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 06:46:15 ID:bE4MNe/S
経済財政諮問会議、医療制度、年次改革要望書、郵政民営化に鋭く切り込んだ
櫻井充議員・医師(民主)の質問。見逃した人はビデオライブラリでどうぞ。

( 07.10.15. 参議院予算委員会 )
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?page=1&cd=2245&tx_mode=consider&sel_kaigi_code=0&dt_singi

364 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 07:51:53 ID:tyxcpEe0
日本市場大幅下落+三角合併解除

365 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 07:57:58 ID:tyxcpEe0
19 名前: 日本語教師(神奈川県)[sage] 投稿日:2007/10/17(水) 00:08:39 ID:6FEGta5Y0
日本って豊かな国なんかじゃ絶対無いと思う。働いて死人がわんさか。不安を抱えみずから命を
絶つことになる人が後を絶たない。米軍がイラク攻撃開始してからこの4年でテロリストが殺害した、
アメリカ軍が攻撃で殺した人数が7万人強。その間に日本では12万人が自殺した。上っ面の平和はあるけど
平和がない国以上に死人をだす、そんな国なんだよ俺らの国がやってる日本社会ってのは。年間3万人が
自殺ってODA配る金あるなら異常な就労時間の見直しとその埋め合わせに使ってほしい。

366 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 08:17:42 ID:EjE8P7W3
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
十円玉を酢で洗うとピカピカになると言っているのだゆ
猫のヒゲを切れば塀の上を歩けなくなるそうだね
       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ



367 :いわぬが花子:2007/10/17(水) 08:32:20 ID:eWTQRqj2
いま、日テレで植草さんのこと、やってます。絶対信じちゃだめですよ。
この事件と裁判は、最初からデッチアゲです。

368 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 08:40:55 ID:gHHpRigh
>>354
ミンス党工作員が湧いている。
櫻井充は、日本語学校に来るチャンコロの数が
少なくなると大変だとかほざいて、仙台入管に
抗議したそうだが。。。。

日本人の安全はどうでもいいんだろうな。

369 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 09:25:55 ID:aooDR/CI
表層をなぞることしかできない芸人が多くいて
そこに糞と味噌の見分けがつかない客が食いついてるだけだと思うが。
貶めて笑いを取るスタイル自体は悪くない

370 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 09:44:11 ID:WtwakBqf
秘書
@雑用秘書官
A金庫番
B政策担当秘書官

政策担当秘書
@毎年一回行われる資格試験を受験する方法(試験組)
A議員秘書を10年経験して審査を受けたのち資格を取得する方法(選考組)

@合格後名簿に登載された合格者の名前を見て議員から呼び出し、給与の
 一部を寄付するのことを条件採用のひとつ
A1、司法試験・公認会計士・国家公務員一種試験に合格したもの
 2、博士号取得者
 3、客観的評価に耐えうる著作物を著したもの
 4、十年以上の公設秘書経験者

首相秘書官、大臣秘書官という肩書きがつけば、おいしいらしい。
メディア戦略、利権の嗅覚がすぐれても、政策立案能力がなければ
その秘書官が支えている政治家の力量もわかるのではないか。

安部氏の秘書官だった井上氏はどうなんだろうね。

371 :リーマン:2007/10/17(水) 09:57:08 ID:v5JHzTFK
TBSだけでなく既存メディア全て放送権剥奪しろ
テレビは見ない見せない見させないの3ナイ運動だ
老人は手遅れだが子供には見せるな!
アホに育って底辺階級固定になるぞ

372 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:02:42 ID:WtwakBqf
巨漢というのは機転がきくんだろうな。あの巨漢の機転のはやさは、他のふと
ころ刀よりも格が違うんだろうか。



373 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:05:14 ID:pH5t4/0G
>>367
・・・正直どうなんでしょうね?
一度付けられたレッテルは剥がせないような・・・

374 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:23:18 ID:MtypMtFI
>>367
実にお粗末な取り上げ方でしたね。
テリー伊藤もつくづく終わったなと。
植草さん役の俳優さんがいい顔してたのが救いかな。
>>368
民主工作員じゃないですよw
石橋湛山からドビルパンまで好きな政治家は幅広いですよw
チャンコロとかチョンとか醜い言葉ですねぇorz
地球環境問題がここまで深刻になっているというのに
もはや偏狭なナショナリズム煽り立ててる場合じゃないでしょ。
>>363
ありがとうございます。
素晴らしい切り込み方でした。
国民生活に直結する問題だけにメディアはもっと取り上げるべきでしょう。

375 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:30:41 ID:WtwakBqf
だからシナの環境が深刻化しているから、日本の環境技術を無償で提供しろ
とか、わけのわからん博物館をつくったりとか、
アメリカ本土で歴史を政治的に利用して日本からたかろうとしたり、
アフリカの独裁者に武器を提供することで、ダルフールの虐殺が問題になっているのに資源を確保すとか、
そういう政策をやっているなかで、
シナの内政の問題に大してなぜなんの国益にもならないODAを供給したりするのか
がわからんのだよ。

376 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:45:55 ID:gHHpRigh
>>374
「偏狭なナショナリズム」をあおり立てているのは
お前のような低能の好きな糞チョンやチャンコロ。

377 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:47:15 ID:MtypMtFI
対中国との関係がこれからの日本にとってアメリカ同様生命線になってくるという
問題意識はないのですか?
ヒラリーも中国との関係を重視する論文を発表しましたね。
以前小泉靖国参拝が中国との関係悪化をもたらしたときの故後藤田正晴氏の発言が忘れられません。
アメリカは日本か中国かの選択を迫られた場合、経済を優先する、中国をとると。
米国債の保有高は日本を抜いて中国が1位ですよ。
江沢民と違って現政権は国際協調派。
ある意味日本はこういう政権をつくりだすためにODAを提供してきたともいえるんじゃないですか。
中国の環境問題はそのまま日本の環境問題に直結します。お隣の国ですからね。
マイク・ホンダ氏に関しても単純に中国のロビイスト的なレッテル貼りをしていたら本質を見誤ると思いますね。
彼は強制収容所にいた人ですから。

378 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:51:30 ID:gHHpRigh
>>377
>彼は強制収容所にいた人ですから。

真に受けるアホが居るんだね。。。
記録も残っていないのに。

379 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:51:47 ID:hBbO2TqJ
>>377
優等生的な回答だな

380 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:56:10 ID:MtypMtFI
つまんない人たちだなw


381 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:56:25 ID:P5dTLm2C
キリストに還れ! or ブッダに還れ!
……じゃないけど、日蓮に還れ! というのは今こそ有効かもしれませんね。

日蓮が“原理主義者”になったのは、当時の政治・宗教情勢があったから。
日蓮の主張は、いわば「もう一度、法華経に還れ!」ということ。

一部に創価○会を「ナンミョー」なんて蔑称する向きもあるけど、法華経そのものは面白い。
それに基づいて政治をやれと諫言した日蓮は、熱情の活動家だった。

挫折して身延に隠遁してからは、否応無く思索的になり(言葉は悪いがユンユン系も混じり)、密教風にマンダラを描くようになってしまった。

近〜現代の日本にあって、日蓮ほど心酔され、ご都合主義的に利用され、誤解されてきた(されている)宗教者は他にいない。

かくいうオレの実家は真宗なんだけどwww

(スレ違いご容赦)

382 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:59:31 ID:WtwakBqf
>>377
中国という国がどういう国で対日本戦略をどのように行っているか
わかってないようだな。
経済を重視するあまり、そうやって賄賂づけにされたり、ハニートラップにひっかかったり
デモなどで恫喝して、日本の為政者にも中国国益のために
動く売国奴ばかりになったもんだよ。
人権問題をつっつこうとせず、中国に媚ばかり売る。

マイク・ホンダはチャイナを隠れ蓑にした対日圧力団体の豊富なマネーを武器にアメリカ本土で
チャイナロビイストとしてどんだけがんばったか。

やはり日本にたかりの構造から脱却したい勢力がいて、いままでの自分たちの
偽造工作がばれるのがまずいから、必死に日本の国内の左翼勢力などと
共闘して騒ぎ立てるんだ。

日本としては言いたいこともいわなければ、沖縄の教科書騒動にしても、
メディアの10万人発表はあきらかに捏造。そこまでして、中国やアメリカの
国益のために動きたいのかね。

383 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 10:59:48 ID:e+MIEvgG
>>377
何を以って胡錦濤が国際協調派だとしてるのか知らんが
どちらかというと胡錦濤は国際資本に逆らう側だぞ?

384 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 11:01:17 ID:gHHpRigh
>>383
そもそもマイク・ホングダを真に受けようという人だから
お里が知れるねえ。。。

385 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 11:02:33 ID:WtwakBqf
 そもそもヒラリー時代からではなくクリントンのころの時代から
はじまっているんだ、冷戦後の中国の関係を変えたのは。
クリントン時代の人脈が生きてるんだろうね。

 本当に日本はお人よしが多いよ。嘘も受け入れ、たかられるまま
生きていくんだろうね。

386 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 11:04:18 ID:gHHpRigh
>>377
=「嘘も受け入れ、たかられるまま生きていく」

で、本人は納得だと思う。

387 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 11:16:29 ID:hBbO2TqJ
>>386
お前もつまらん

388 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 12:26:54 ID:3I1o1zxD
◎ ほう・・・、その写真見てみたいもんだぜ。選挙前にな。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071017/amr0710170951004-n1.htm

389 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 12:45:04 ID:/Qiq5sXE
当方日蓮宗にはまったく知識がないのだが、つまり日本仏教に
おける原理主義運動みたいなもの? 
池田某はともかく、二十世紀の前半に、石原莞爾、北一輝、そして
間違いなく二十世紀の日本で最高の詩人であった宮沢賢治といった、
あるしゅ誇大妄想狂的想像力をもった異才がなんであんなに法華経に
傾倒したのか今もってよくわからんのだが

390 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 12:53:45 ID:kZL5myM2
>>365
統一教会・創価学会支配の自民党による 美しい国 日本!
自民党にとって都合の悪い事はメディアを使い隠蔽します。

ODAはキックバック目的です。
自殺者を減らしても自民党は一円も儲かりません。

それに経団連の意を受けて医療費を削減させるため、自民党の真意は
『働けなくなった労働者はさっさと氏ね』
です。

だから年金問題もハナから真面目に取り組むつもりはありません。
それが経団連の意向だし、自民党の利益だからです。

何が真実か、全ては日本の現状が物語っています。
小泉や福田がどんな奇麗事で国民を騙そうが、今ある現実が彼らの欺瞞を暴いています。

391 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 13:05:39 ID:y5s2p6IV
>>381
同意なんだけど、

>挫折して身延に隠遁してからは、
>密教風にマンダラを描くようになってしまった。

日蓮が始めて曼荼羅を書いたのは、佐渡に流された時だよ。
その前にも彼は信徒の為に祈祷したりしてるから、
密教には造詣が深かったんじゃないかな。

(細かい事言ってスマソ・・・)

392 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 13:07:18 ID:3I1o1zxD
第三次世界大戦は始まるのかどうか・・・なんて議論があるよね。きかっけはイランだ
とかなんとかって。

もしかしたら、もう始まっているのかもしれんよ。

ただし、前にソ連崩壊に関してカキコしたんだけれど、戦争の概念が変ってしまった。
もうドンパチではなくてマネーなんだな。第一次、二次のように通常兵器の大量投入と
いう方法はもう使える時代じゃない。

世界大戦というのは文字通り世界規模ということなのだから、きっかけは何かと言えば、
サブプライム問題だろう。マジな話、どうも大変なことになっているらしい。これは、
単にサブプライムの規模が問題なんじゃない。面白い喩えがあったが、ようするに
カレーライスの中にひとつぶウンコが混じったために、全部食べられなくなるのと同じ
なんだそうだ。加えて中国のバブル崩壊もカウントダウンだ。

宣戦布告無き開戦だから、よほど注意して対処しないと方法がなくなるよ。耐えるなら耐える
で方策をしっかり決めておけばなんとかなると思う。しかし、手のつけられない段階になって
パニクるとどうしようもなくなる。

妄想であって欲しい。

393 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 13:11:11 ID:IGXvrU9l
【東京】2005年都議選の選挙カー公費負担の燃料費、1日200リットル以上給油と申請した候補者も 
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192591359/


394 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 13:15:33 ID:671iXBlA
          これアクエリオンって言うんだお
   / ̄ ̄\      /⌒  ⌒\      γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
 /   _ノ  \   /( ⌒)  (⌒)\    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 |  ─(⌒)(⌒)/::::::⌒(__人__)⌒::::: \ γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 |     (__人__)|     |r┬-|     | (:::::::::/ ─    ─ \:::::::) やる夫は詳しいのね
 |     ` ⌒´ノ \     `ー'´     / \:/   (⌒)  (⌒)  \ノ
 |         }   ( r  子    |     |      (__人__)    | 
 ヽ        } ̄ ̄ ヽ○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\    ` ⌒´     /
  ヽ     ノ     \一万年と二千年前から〜 /   
   /    く \ |__| _ ..._.. ,\あーいーしーてーるー/    / /
   | 父  \ \ \ /    \八千年〜♪  /     (__ノ
    |    |ヽ、二⌒)、^        |\_____ \
                       |  |ヽ、       ノ|


   / ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄\       γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
 /   _ノ  \   / ─    ─ \     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 | ⌒(○)-(○)/  <○>  <○>; \  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 |     (__人__)|    (__人__)  ; |  (:::::::::/ \    / \:::::::)
 |     ` ⌒´ノ \    ` ⌒´    /  \:/  (○)  (○) \ノ
 |         }   ( r     |        |      (__人__)    |
 ヽ        } ̄ ̄ ヽ○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\    ` ⌒´     /
  ヽ     ノ   \あなたと合体したい・・・/          /
   /    く \ |__| _ ..._.. ,        ___ \      (__ノ
   | 父  \ \ \ /        |\_____ \
    |    |ヽ、二⌒)、^        |  |ヽ、       ノ|

395 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 13:20:44 ID:PuEkmLcW
国民新党と民主党は郵貯・簡保の株式上場の凍結を死んでもやれ。
このタイミングで凍結できなかったらマジでやばい。

396 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 13:27:25 ID:P5dTLm2C
>>389

そもそも法華経は……なんてところから始めると完全にスレを逸脱してしまうのでサラッと流します(KYゴメン)。

「他力本願」が本来の意味とは違って使われているのと同じように、
「現世利益」もおかしなふうに捉えられている。

法華経は、要するに「この世=現世」を「仏土=御利益のある世界」に変えていこう、というアジテーション経典。

日蓮が生きたのは、比叡山は堕落し、浄土宗や禅宗が盛んになり、という時代。仏教界的には末法の世に入っていたし、政治も社会も乱れていた。

そこへ「もう一度法華経の精神に還って、この世において仏土を実現させよう!」と立ち上がったのが日蓮。

もともと真宗の家に生まれた(確かそうだったと思う)宮沢賢治は、生家への反発もあったのか、正義感・義侠心が強かったのか、日蓮のそうした面に心酔して、いろいろな社会改革運動に(彼なりに)取り組んでいった。

池田某なんぞに惑わされていると、法華経がどういうものか、日蓮とはどういう存在だったのか、なぜ宮沢賢治が日蓮に心酔したかが分からなくなってしまうので要注意デス。

>>391 細かい点はこちらも詳しくないのでフォロー感謝。

397 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 14:01:33 ID:3I1o1zxD
「法華経」が熱いね。

もともと護国三部経のひとつとして用いられたので、聖徳太子にしても最澄にしても、また
日蓮にしても、鎮護国家という発想の流れがあるな。もっとも、この場合の国家とは天皇家
のことで、今日の国民国家とは違うんだがね。しかし、日蓮には天皇家の枠を越えた、民衆
レベルの国家救済と言う動機があったことは確かだ。

ところで、法華経にはトンと無知なのでカキコするガラじゃないんだが、このお経には昔から
大きな問題点があった。声聞・縁覚の二乗は成仏できないと言う説をひっくり返して、要するに
誰にでも成仏の可能性があるということを打ち出したわけなんだが、ではどうやって成仏する
のかという具体的な方法論がない。

成仏できる方法を「真実」といい、成仏できる方法そのものではないが、成仏へ近付いて行く
のを「方便」という。(・・・ちょっと独断的。ホントはもっと複雑・・・)

要するに法華経は方便の経ではないかという大問題があったのだ。法華経が真実の経なら、
比叡山が密教や浄土教を取り入れる必要はないわけだよな。

親鸞も比叡山で法華経を学んでいるのだが、「真実」の教えをもとめて、結局法然の門下生と
なり、無量寿経を「真実」の経とした。

398 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 14:02:16 ID:3I1o1zxD
ところが、日蓮はあくまでも法華経こそ真実の経であるという立場を貫くわけだ。しかし、
いかんせん、成仏の具体的方法論が書いてない。

そこで法華経の中に「三大秘法」というものを見出し、古来この秘法を発見したのは日蓮が
最初である・・・としたんだな。

その解釈の方法には密教的なものがあるだろうね。詳しくは知らんが。

一方、親鸞の教学は密教的要素を排除している。それはもう徹底的なもんだよ。

「念仏無限禅天魔真言亡国律国賊」という日蓮の他宗排撃は激しいが、親鸞の教行信証を
読んでみると、もしかしたら親鸞のほうがラジカルじゃないかと思えてくるくらいだ。
もちろん、他宗に対する誹謗中傷は一切無いけれど。

教行信証の正式名を「顕浄土真実教行証文類」というが、この「真実」というのはそんな
意味合いだね。

399 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 14:35:30 ID:36RYq1b1
宮沢賢治が法華経に傾倒したのは、法華経に登場する常不軽菩薩というキャラに心酔したためと言われる。
有名な「アメニモマケズ・・・」はまさに常不軽菩薩のイメージそのもの。全ての人間に仏性を認め決して軽んじないことから
「常不軽」の名が付いた。大乗思想を象徴するキャラの一人だね。
ところが日蓮が現れ法華信仰に、折伏の思想を採り入れて以来、日本での法華信仰は独善的・排他的・盲目的なものになってしまった。
「法華経の精神で」などとほざきつつ折伏大行進している基地外どもは、常不軽の思想との整合性についてどうケリを付けるつもりなのか?


400 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 14:43:40 ID:tyxcpEe0
日本は本当に崩壊するな
金融、資源、農業、製造業全部駄目じゃん
何で食ってくんだよこの国は

401 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 15:03:35 ID:2R9VqX8U
>392
>カレーライスの中にひとつぶウンコが混じったために、全部食べられなくなるのと同じ

あまりに例えが面白いので
そこんところkwskおねがいします。

402 :名無しさん@4周年:2007/10/17(水) 15:06:10 ID:R1MBQA4j
>>400
「ナンミョウホレンゲキョウ」をひたすら唱えればよい。
それと「株」をやれ。全国に「株」学校を作れ。



403 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 15:51:42 ID:y5s2p6IV
>>399
宮沢賢治は、日蓮の行動力にも魅力を感じていたのは確かでしょう。
たとえば禅の課題は個人性の克服にあり、自らの内側と徹底的に向き合う為、
必然的に意識は内へ内へと向かう。
浄土真宗では個人も社会も彼岸の絶対に向かい、大安心の境涯まで
阿弥陀如来に我を運んでもらうこと、即ち任せきることが信仰の眼目になる。
ところが日蓮宗の場合は、個人が個人として留まるのではなく、
社会の中に身を置き、仏の行いを社会の中で実践し、しかも社会を動かして、
社会を変革しようという所に、信仰の眼目がある。
日蓮の生き方がまさしくそうで、法華経では「菩薩行」というのに当たる。
賢治が病床で書き残した手帳に「アメニモマケズ・・・」の詩があるが、
その次のページには、日蓮が顕した曼荼羅本尊が記されており、
法華経&日蓮に心酔していたことが伺える。

問答で相手を激しく罵ったり、他宗を天魔だ!などと云うやり方は、
「思想信条の自由」を常識とするウチラとしては、ひいてしまうのは当たり前。
だけど最澄と徳一の問答も、相手を激しく罵るものだったというから、
昔の坊さんとしては、それほど常識ハズレではなかったのではなかったのかもしれないよ。


404 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 15:52:31 ID:ilO+tz3e
●羽賀研二の被害者が逮捕された

 昨日15日、羽賀事件の被害者の不動産屋・山本慶太が逮捕された。
道交法違反容疑である。読者は何で?と思うかも知れないが、
記者の間では恐喝はどっちがやっていたのか、わからないような事件だったのだ。
そこで微罪でひっぱって余計なことをしゃべらせないようにしたのだろう。
 
羽賀事件はどっちが被害者かわからない側面があって、梨元も
「羽賀(被告)が山本周辺に脅かされた時、先に訴え出ていれば、
いまの状況は逆転してたかもしれません」(東京スポーツ)と書いている。
 
どちらにしても羽賀は否認しているので、有罪にもっていくのは至難の業だろう。

405 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:16:49 ID:PuEkmLcW
石井一氏の質疑はビデオライブラリで観れます。
( 2007年10月16日 参議院予算委員会 )
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?page=1&cd=2246&tx_mode=consider&sel_kaigi_code=0&dt_singi

406 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:31:35 ID:LU80B0oK
>>395
コメの輸入自由化もだな、あれは田舎の餓死者を増やすだろう。
しかし民主党もまたユダヤの手先だから期待できない。

407 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:40:31 ID:eWtbOvZ2
>>382
現実に日本政界が親米売国系にほぼ掌握されていて、
政権がどっちに転んでもアメリカの言いなりって危険な状況なのに、

>日本の為政者にも中国国益のために動く売国奴ばかりになったもんだよ。

ってあんたアホかw
馬鹿もやすみやすみ言えって話だ。

408 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:40:45 ID:/I3a0K3n
>>60
そもそもだね、コンビニ1つにしてもだ
 
都市部の交差点に面したコンビニの隅には 茂み があってだな、交通事故を防いだり緩衝材になったり
排気ガスから酸素だして守ったりと、有意義な活用をしてるのにだ

うちの地元のコンビニなんぞ泣けてくるね、その設計の悪さに
みなさんはどう思うね

>>406
アメリカが共和党のときに拳法をかえても意味がない
ドンパチやった民主党でかえてこそ意味があるのだ

409 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:50:48 ID:VRhLS5HW
アメポチ朝鮮人は日中結合を恐れている。

410 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 16:52:16 ID:lIsUJCWP
細かい点や専門的な知識は他の方のフォローに任せて、あくまでザックリ論でいきますと……。

法華経のキモは、「みんなが菩薩なんだよ、菩薩として善行を積めば成仏できるよ、だから善行を積もう!」ということです。
そこに「○○は□□である」なんて理屈はありません。あくまでアジテーションだけです。
で、善行とは何かというと、「他人の老・病・死についての苦悩を取り除こう、減らしてあげよう」ということです。

それから、当時、法然が浄土宗を興したことにより、仏教が上流階級だけのものではなくなって、広く一般民衆のものになったという背景が重要です。
それを受けて日蓮は、「一般の民衆1人1人」も菩薩になって善行を積めば成仏できる、としたのです。
単純に言えば、「法華経の大衆化→民衆1人1人の善行→現世での仏土の実現」というのが、日蓮のキモです。

こういうところに近代以降の一部の志士たちや宮沢賢治はハマったのでしょう。

こういう歴史を知れば、いかに現在の創価○会がおかしいかが分かります。
というか、初期仏教から始めて日本仏教の歴史を知れば、新仏教や新々仏教だけでなく、旧仏教だっておかしいと分かります。
例えば葬式仏教、法事・法要、高い戒名料、檀家制度……まあ、これらは「習俗化」してますから、一概に否定はできませんが。

ともあれ、このスレに来る方は、「宗教なんて!」とハナっから毛嫌いされる方が多いと思います。
しかし、毛嫌いして知らないままでいることこそ、ヤツらの思う壺……っていう側面もあるワケです。

411 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 16:58:08 ID:3I1o1zxD
>>401 匂ってくるような喩えでもうしわけない。しばらくカレーが食べられなくなるな。

まあ、「ごった煮」という喩えの方がいいかな。詳しくはここを読んでね。
http://blog.mag2.com/m/log/0000048497/

一部抜粋すると、

「今後、一層問題になることは150兆円の債務の、米国サブプライム・ローンだけでない。
信用危機は、金融工学が生んだ合成証券である『債務担保証券(CDO:』の流通価値つまり
市場価格が、理論価値を大きく下回ったことから始まっています。
【CDO】
(1)個人の住宅ローン・消費者ローン・自動車ローン、企業の社債、国の国債など
  「あらゆる債務」を、ちゃんこ鍋のようにごった煮にし、
(2)信用度(=1−破綻確率)の違いで、3層に切り分けた結果から、3種の別の証券
  を作ったものが『債務担保証券(CDO)』です。」

というわけで、そしてこれが

「CDO(債務担保証券)の売買不能という危機に展開」

という危険性があるらしい。「売買不能」がカレーライスが食べられなくなると
いうことなんだろう。

間違っているかもしれんが・・・




412 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:03:13 ID:tyxcpEe0
正直亀田一家の話題なんて目にしたくもないのに、各局はトップニュース扱い
こうして真に重要な報道は流されていく・・・
蒙古の構造的な問題はどうしようもないのか・・・

413 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:22:55 ID:GqgqSLja
 シナの脅威を説明すると今度はアメリカのポチかよという批判を受ける。
シナ以上にアメリカの国益のためにうごく売国奴議員はそれはいるはな。
当たり前だし、はっきりいってどうにかならんかと思う。

 しかし現実問題として米軍基地を撤退しましょう。日米同盟を破棄しましょう。
37万人しかいない自衛軍がどうやって日本領土を守る。防衛コストを上げ
徴兵制度を復活させ、核武装するか?ここまでの覚悟が庶民にあるか?

 日米同盟破棄はこんどは露骨にアメリカは対日戦略をかえて、日本に対してなりふりかまわず
豊富な資源と資金力と圧倒的軍事力を使ってせめてくる可能性だってあるわけだし、
中国と同盟を、結んで徹底して日本の富をしぼるとる、もしくはウイグルや
チベットのように日本民族を虐殺にくるかもしれん。資源のない日本がかつての
ようにABCD包囲網によりハルノートのようなものをつきつけられた場合
どのような戦略で防ぐんだい。

 大国にかこまれながら、どうやって各国を利用して生き残っていくかという
議論をすると、いつも思考停止にする勢力がでてくるんだな。

 別にアメリカに頼らなくても日本独自に外交交渉できればいい。しかしどう
脱却するか、もしよかったら今の状況でいいアイデアがあれば、論をたてて
主張してくれ。

414 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:25:46 ID:e+MIEvgG
何故ロシアと手を結ぶという選択肢がないんだ?
世の中には米中二国しか存在しないのか?
いつまでも朝鮮人に支配されたきゃ日米重視のままでどうぞ

415 :いわぬが花子:2007/10/17(水) 17:27:04 ID:eWTQRqj2
さっき、西の空をみたら地震雲のように見えました。東京はもう暗くなってますが、関西方面の様子をよかったら
教えてください。

416 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:28:21 ID:e+MIEvgG
次に地震で狙われるのは25日位と噂されてる
何をネタに脅されてるのかは知らないが…

417 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:28:37 ID:GqgqSLja
もちろん、理想はどうだが、鈴木ー佐藤ラインがアメリカンスクールに
妨害されただろ。

 手を打つとすれば、ロシアとまず資源外交を進めるように、庶民レベルから
たかまっていって、多数派になり国政に影響が出てくるしかいまのとこ
ないんじゃないか。

418 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:33:03 ID:GqgqSLja
 靖国参拝というのは庶民の諸外国とどう向き合っていくか、アイデンテイティ
を高める一つの要素かもしれん。

 しかし露骨にメディアを中心とする勢力を筆頭の財界と組んだシナ、コリアン
が徹底して騒ぎをおこす。

 おそらく、いまのままでは、たかりたい放題たかれるから、よけいなことは
するなということなんだな。

419 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:43:15 ID:GIU2+vZX
>>417
メディアはどこも親米だからまず無理。
ロシア関連で偏向なしの報道なんて滅多にないし。
いつも欧米視点で報道してる。

420 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:46:12 ID:XDAfVoEa
>>410
>法華経のキモは、「みんなが菩薩なんだよ、
>菩薩として善行を積めば成仏できるよ、
>だから善行を積もう!」ということです。
>そこに「○○は□□である」なんて理屈はありません。
>あくまでアジテーションだけです。

「赤信号みんなで渡ればこわくない」と同じ臭ひがするなぁ
つヒント「みんなでやる みんなが○○」


421 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:49:21 ID:Su33odLx
オリガルヒを追放したプーチンは凄いと思う今日この頃。

422 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:49:34 ID:tyxcpEe0
この国の病理の原因の一つにテレビがあるのはもはや疑いようのない事実だなあ、
とこの亀田報道の熱狂の中で今さらながら思った。
テレビという洗脳装置をどうにかしないと、国民の意識を変えることなんて無理ですよ。

423 :I:2007/10/17(水) 17:51:37 ID:Ar7DXFdC

亀田って、昔、散々ネットで叩かれていたのに、マスコミは礼賛報道ばかりしていたな。
ようやくマスコミも、ネット世論の正しさを認めて、同調した。

マスコミって臆病で、遅いんだよな。
何か衝撃的な事件がない限り、情報は持ってるのに闇を掘り下げて報道しない。

相撲で力士が死んでから、相撲の稽古が問題になったし。色々なネタが出てきたし。
相撲関係の記者なら問題だって、当然分かっていただろうに、角界の反発が怖くて切り出せなかった。

韓流も捏造のブームだってネットで言われてるのに、マスコミはあえてスルーしてるし・・・。

マスコミって、それぞれの業界の私物化になってる。
記者と対象が近すぎるから、客観的な報道ができない。
記者も対象と仲良くなる事が、記者同志の中でのステータスになるから、必死でご機嫌をとろうとするし・・・。
番記者なんかその極端な例だが。
NYYの松井の番記者に、アメリカのマスコミが驚いていたな。
あまりにも記者が松井に近すぎるから、これでは客観的な報道ができないって・・・。

424 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 17:58:28 ID:hBbO2TqJ
ネット世論に正しさなんて物はないよ。
単に隠された本音が剥き出しになっただけの事さ

425 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:00:21 ID:y5s2p6IV
>>420
これねぇ、平等思想に基づくものなのよ。
今まで「救われない」&「悟りを得られない」
とされてきた連中にも、その保証を与えたという話でね。
この辺りが、法華経が画期的だったというわけだな。
まぁ昔の話だし、宗教の世界だから、当世風の平等とは少し異なるんだがね。
書き出すと長くなって、またまた話が発展しちゃうから、この辺りで・・・

426 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:14:47 ID:WtwakBqf
>>423
松井のメディア戦略がうまいんだよ。情報を与えるかわりに、あまり悪口を
かかないでねというそういう戦略。

>>419
メディアの仕組みは闇の声さんがさんざん説明していた。ようするにプロの
広告代理店と組んで、スポンサーを稼がせることを中心に動くから、
そういう仕掛けをうまく利用できる人間にかかったら当然偏重な報道や記事に
なる。

TBSやテレ朝の著名な筑紫チェンチェイとか田原なにがしとか、テリーのような
文化人を見るとわかる。

だからそういう構造的な欠陥をする2ちゃんやユーチューブのようなものが出てきた。
いままで以上にメディアの風あたりは悪くなっているのはたしか。
だからネットというのは既存メディアにプレッシャーを与える意味ではいいツールなんだが、
テレ朝の橋下弁護士と2ちゃんねるの問題の取り上げ方は異常だった。
2ちゃんねるのようなものにいやがるアレルギー的な局の体制に違和感を
感じたよ。もちろん軽々しく誹謗中傷したり、物理的に根拠があるなしにも
イタズラ中傷するようなことはやりすぎだろうが。

427 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:16:21 ID:WtwakBqf
>だからそういう構造的な欠陥をする2ちゃんやユーチューブのようなものが出てきた。

構造的な欠陥をあばく

失礼しました。

428 ::2007/10/17(水) 18:22:32 ID:Ar7DXFdC
ネットとマスコミは、本音と建前だな。
両方知ってい入れば良いんだが、マスコミだけだと簡単に洗脳されて騙されてしまう。

ネットをする前と今では、自分の知識・思考力も大きく変わったし。

ただ、マスコミでは本音で語る事が難しくて、ズレた所で議論してるのが問題。
影響力があるのは、断然マスコミだし。
安全保障なんかの議論を聞いてると、駄目だこりゃと思うし・・・。

429 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:28:27 ID:hBbO2TqJ
>>428
たぶん何にも変わっていないと思うよ。
ネットのほうが目新しく見えると言うだけでね。


430 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:32:28 ID:2WTIsSjp
593 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/17(水) 18:22:59 ID:2MMAovgH
スラム 南米人でググったら凄いことになってるのな

1990年、無計画に行われた日系人移民の大量受け入れ
全国約30万人の日系ブラジル人社会の代表的団地「保見団地」
12000人の団地人口のうち45%が外国人
http://dainagoya.net/damepo/02.htm
保見団地唯一のスーパーもとうとう逃げ出した
保見団地住民に蓄積する異文化の壁、99年には暴動寸前に
保見団地は日本の未来の姿、筑紫のニュース23ではそう言ってのけたが…

431 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:45:04 ID:XIozDAWs
沢尻エリカ と 亀田

思い上がりとビッグマウスを面白がってさんざん持ち上げておきながら、
それが常軌を甚だしく逸脱した時点で一斉叩き。

そこまで育て上げたのは誰よ?やらせてネタにして盛り上げたのは誰よ?

432 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 18:52:54 ID:hBbO2TqJ
古代ローマのコロッセウムで行われる見世物みたいな物さ

まあ2chもそう言う所があるがw

433 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:00:35 ID:Su33odLx
2chには市場原理は働いてないけど、TVは奴隷に血を流させて商品を売る為の装置

434 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:05:36 ID:WtwakBqf
 ネットと既存メディアの論争はさんざんやってきているんだが、
ネット世代が権力を握る時代になったとき、少しかわってくると思うよ。

 まだまだネットを知らない選挙権を持つ人たちがたかりの構造維持派がメディアに
もいて多数派だし、それを利用している為政者が圧倒的。

 だたまじで、たかりの構造をなんとかしないといけないという議論が庶民
レベルで高まってこない限り、ネット世代が権力を握るころには、さらに強固でがんじがらめ
な状態になっていると思う。ただ今でも八方ふさがりだが。

435 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:07:24 ID:eTQYW/Xf
私とかの感覚だと暴力団のフロント企業と警察が公示している企業と電通とかTV局の人が何で平気で取引するんだろうと不思議でしょうがないんですが。
アサヒ芸能とか週刊現代みたいな雑誌が売られているのも
どういう了見なのか全く理解できないし。
暴力団を公的に認知しろということですか?



436 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:31:17 ID:WtwakBqf
すべては金というか利権よ、金に対する嗅覚は情報力、ネットワークを駆使して、
恐怖心をうえつけさせてたかってくるが、いきなり恐怖心をうえつけさせること
はしない。まずはたらしこむ、そしてがんじがらめにしておいて、
ネタをつかんだらたかるわけだ。

美人局、賄賂による買収、偽造宣伝工作、お金のためならなんでもやる。
資金力を身につけたら、合法的にしろ非合法にしろ暴力装置を買収できる。
買収にできなかったら、プロの●●●マンや多国籍●●チームを使いみせしめにする。

437 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:33:50 ID:WtwakBqf
 逃走経路や高飛びの面倒を見る。ばれろうになったら組織防衛のために
消えてもらう。多国籍は特に、為替価値がぜんぜん違うから、真剣だね。

 これファンタジーの世界というかフィクションだから、信用しないでね。

438 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:40:29 ID:ubQ3jcKU
日蓮は天台出身だからな、朝題目・夕念仏などいうし。日蓮宗は密教と並び
神道と緊密な宗派。法華曼荼羅の中にも天照大神や八幡大明神の御名が書かれてる。
 かつて神仏習合の時代は八幡神社の御神体は日蓮宗の坊主しか目にすることが
できなかった。

439 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 19:57:45 ID:pH5t4/0G
はあ・・・いつから勧進帳のスレになったのやら。
宗教の歴史や倫理感はもうやめようや。
そう言うおいらは真言宗。

>>415関西圏ですが綺麗な夕焼けでした。
怪しい雲は出ていません。


440 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 20:38:35 ID:e+MIEvgG
どういう意図かは知らないが格差是正と税制度の議論が活発化すると、
どこからともなく宗教議論が捻じ込まれて来るすると再配分についての議論は沈静化する。
ダブルカルトの信者もこういう手を使う。

441 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 20:51:55 ID:cq4315eq
>>435
イキがってるのは知らんが、上層部は国益に叶う国体の一部だからでしょ。
殆ど計算された社会構造に感情論で接するのも何だか。

>>436
金のためと言うなら、北の復興利権もっと取って来てもらいたいね。
米朝の話がついた時、どれくらい確保できてるのか、外需主導型の
経済成長だから、アメリカの先行きなり、最近の経済情勢見ると
非常に気になる。



442 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 20:53:58 ID:KPTkAINu
格差って機会の格差の是正が問題。
平等な条件における競争の結果は、
格差があって然るべき。


443 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 20:59:32 ID:gDND75Ap
>>442
>格差って機会の格差の是正が問題。
>平等な条件における競争の結果は、
>格差があって然るべき。

また敗れ去った論法を持ってくるw
そう言って結果の平等を軽視するリベラル派が社民派に取って代わり、
その結果として出来上がった社会が今の格差社会なんだってば。
第三の道の本場、イギリスでも格差是正に失敗して今に至ってるわけ。
機会均等派=リベラルの完全敗北っていうのが現状なんだわ。

444 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:03:34 ID:WtwakBqf
◇安易な世界戦に懸念 経験不足でもろさも−−東日本ボクシング協会副会長・具志堅用高氏

 亀田興毅君のここ何試合かは、内容は悪い。パンチできっちり倒したのではなく、
相手が棄権したり、ローブローだったり、レフェリーが止めたり。
ボクシングを普段見ない人は、KO(TKO)で勝ったら「強いのね」と思ってしまうけど、
我々元ボクサーや現役選手で、彼を本当に強いと思っている人がどれだけいるだろうか。

 弱い外国人とばかり対戦しているのに、日本や東洋太平洋のランキングに押し込んだ日本ボクシングコミッション(JBC)にも問題がある。
日本選手と戦わず、本来のフライ級はWBA、WBC(世界ボクシング評議会)とも王者が強いこともあり、1階級下げて空位の王座決定戦に出る。
金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか。ボクシングの歴史から見たら、この現状は何だ。
今度挑戦するWBAライトフライ級王座はかつて僕が持っていたタイトルだけど、彼と一緒にされたら困る。

 僕は亀田君のために厳しいことを言っている。彼は強くなる要素を持っている。
体格はいいし、スタミナとパワーがある。スター性もある。だが、技術面はまだまだ。パンチを打つ順番が間違っていて、
もろいところがいっぱいある。判定でも内容のいい試合はあるし、
強い選手とやって負けたっていいじゃないか。経験を積んで強くなる。でも、テレビ視聴率のためには、そうはいかないのだろう。

 みんなに愛される選手になってほしい。今はチヤホヤされても、引退後はどうなるのか。会見や計量で相手をにらみつけたり、
挑発するような言動は慎むべきだ。ボクシングは選手が命がけで戦う素晴らしいスポーツ。ボクサーはリングの外では紳士であるべきで、
やっていいことと悪いことがある。協栄ジムは教育すべきだ。二男は試合後にリング上で歌うけど、僕がJBCにやめさせるよう求めたら
「テレビ局の意向だから」。特別扱いせず、やめさせないといけない。

 3兄弟とも父親を尊敬している。今の若者にしては珍しいし、素晴らしいこと。
彼らの人気はボクシング界にとってプラスだ。
だが、このまま相手を選びながら内容の悪い試合を続けていたら、いつか人気は冷める。
人間性を磨き、試合内容が良くなれば、亀田3兄弟ブームは続くと思う。


445 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:09:36 ID:WtwakBqf
亀田兄が世界タイトル、ランデアタに初挑戦する前 の記事なんだが、
さすがは具志堅、何度も15回以上も世界防衛をして修羅場をくぐっつているプロ中にプロ
だけに、今思えば説得力のある言葉だね。

亀田のことはほっとけばよかったが、あまりの異常な加熱報道に具志堅の
ことを思い出したよ。あとは亀田利権に群がる提灯ばかりだったということ。

格差の件なんだが、さんざん論争があったように、労働市場の問題と
たかりの構造を脱却しない限り変わらない。
とりあえず、小泉竹中ラインを続けていけば続けるほど、
庶民の購買力が下がり、国内はぼろぼろになるということ。

446 :リーマン:2007/10/17(水) 21:11:53 ID:v5JHzTFK
いや違うね
競争云々の前に株主や法人を優遇しすぎだ
労働者に還元されないなら競争も過労死を生み出すだけさ
24時間営業や盆暮れ正月に開店する必要はないのよ
労働時間を1日8時間までに規制すべきだ
国際競争云々を持ち出す湯田屋手先の口車に乗るな!
法人税強化と外資の排除をしないといけないわけよ

447 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:15:24 ID:gDND75Ap
>>445
>格差の件なんだが、さんざん論争があったように、労働市場の問題と
>たかりの構造を脱却しない限り変わらない。
>とりあえず、小泉竹中ラインを続けていけば続けるほど、
>庶民の購買力が下がり、国内はぼろぼろになるということ。

市場原理主義の排除、適切な規制の実施(強化)、ワークシェアの検討。
民営化神話(=推進)の放棄、無意味な公務員削減の停止。
小泉竹中ラインと同時に民主の改革派(ネオリベ)を潰さなければ結果は同じ。

448 :いわぬが花子:2007/10/17(水) 21:25:27 ID:eWTQRqj2
>>439 多謝!!リビングが南西向きです。晴れた日は富士山がバッチリ見えるのですが、
  今日の夕方、筋状の雲がみえました。筋といっても、まるで空に定規で線をひいたように見えたので
  ついカキコしました。何もなければ全てよし!といいたいところですが・・・・・
  植草さんのことで、あきれましたね。結局はなから仕組まれていたんですよ。

449 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:28:52 ID:y5s2p6IV
>>440
考えすぎw 創価の話からちょいと脱線してしまっただけ。
オイラは社会学部だけど、政治経済の専門家で、
(何処かの信者ってわけじゃなくて)そっち系に造詣が深い人多いよ。
たとえば列島快走論の山崎さんは、そちらの話に相当詳しかったよ。

450 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:28:58 ID:e+MIEvgG
>>448
>空に定規で線をひいたように見えたので

それケムトレイル散布じゃないの? 
http://10e.org/mt/archives/200411/172131.php

451 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 21:33:34 ID:cq4315eq
>>447
なんか日本って政府が民間企業に関わるのを異常に嫌うよね。
フィンランドのノキアやサムスンなんて国家的な支援受けて
あのポジションなのに。

時間を金で買える、国家的なイノベーションになりうる技術分野に
数千億ぐらい出して、デファクトスタンダードにした後、
地方に工場作ったり、産業振興にもやり方があると思うんだよね。
数%の消費税程度の財源なんて、いくらでも作れるじゃん。
GDPを押し下げるし、財政再建原理主義はどうもわからん。

452 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:00:11 ID:y5s2p6IV
>>451
>なんか日本って政府が民間企業に関わるのを異常に嫌うよね。
>GDPを押し下げるし、財政再建原理主義はどうもわからん。

日本は一度失敗すると、それまでのやり方を頭から否定するからな。
「羹に懲りて膾を吹く」というか、失敗した分析をロクにせず、
ただもう、良い部分も悪い部分も関係なく、投げ捨ててしまう。
(もっとも、悪い部分はしぶとく残ったりするんだがw)

よく言われることだけど、日本は近代に大変な狼狽を三回経験している。
黒船来航と明治維新、第二次大戦の敗戦、そしてバブルの崩壊と90年不況。
そしてその度に、それまでの良いものを一気に全否定している。
まぁ、民族性みたいなもので、ようするに「お人よし」なのかもしれないけど、
これは少し注意して改めた方が良いんじゃないかと思うのだが・・・

453 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:08:45 ID:MtypMtFI
無税のケイマン諸島を廃止するとか
非課税の宗教法人に課税するとか
米軍産複合体からのお買い物はいくら脅されても毅然として断るとか

454 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:16:18 ID:N9xsKkCN
>>451
>数%の消費税程度の財源なんて、いくらでも作れるじゃん。

すいません、具体的にはどのような方法で作るのでしょうか?

455 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:17:42 ID:GqgqSLja
 1997年のアジア通貨危機のとき、ジョージソロス以下欧米のヘッジファンド
一派がタイのバーツを一斉に売り浴びせて、マレーシアのマハテールのみ
ソロスを中心欧米批判をしていたよ。アジアに日本的経営が広まりつつあったんだ、しかし
欧米がまずいと思ったんだろう。ガタガタにしやがった。

 イングランド政府もたたきつぶしたソロスのような金融マフィアは本当に
血も涙もない。

 しかし今は当時と時代が違う。欧米たたきというより、新興国の急成長と先進国との間
で日本がどう生き残っていくかが課題となると思う。

456 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:22:07 ID:avJuGwUv
>>448

いわぬが花子さん、植草氏のことは当方もよく存じ上げています。
サシで食事をしたこともあります。

2003〜2004年、近いところにおりましたが、彼はとにかく怒っていた。
もともと冷静沈着な語り口の人が、声を荒げ、我を見失っているのかと思うほどでした。
当時は経済政策に疎く、何が何やら。「この人、どーしちゃったの?」という印象すら
受けましたが、その怒りが何に対するものだったのか、
最近になって徐々に分かりはじめてきました。
2006年9月1日分のビデオニュースを見て、その内容に衝撃を受けました。
2003年当時、彼が何を言いたかったのかようやく腹に落ちるまで納得できたからです。
逮捕のニュースが流れたのは、ご本人に感想のメールをお送りしてから
ちょうど1週間後のことでした。足がすくわれるような思いでした。

当方にとって、事件の真偽は「はかりかねる」。
マスコミの垂れ流す情報はとても鵜呑みにできないし、
今回の判決も、ああやはり日本の司法は腐っているのだ、と思いました。
しかしだからといって、事件を目撃したわけではありませんから
「絶対やってないに決まってる」と断じることもできません。
ただただ、いかにも妙だ、腑に落ちない、という印象です。
闇の声さんの指摘された植草像は、真実に基づくものなのでしょうか。

最近、時折思い出すのは、2004年のはじめころでしょうか。
「最近、不審者に追いかけられているような気がして、なんか気持ち悪い」
とご本人が周囲にこぼされていたことです。
「まあでもまさか自分がね。ははは」
と一笑に付していたことが、結果、脇の甘さにつながったのかもしれません。

457 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:26:06 ID:OeJjZ5IL
石井一は<|>のフロント議員
そういう意味で層化攻撃は意味深長

458 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:29:26 ID:GqgqSLja
コピペだから批判があるけど、1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 1

 過去の欧州中心の世界では東アジアは極東だった。そして極東は、異国情緒あふれる
中国の竜のイメージ、お茶、アヘン、高級シルク、風変わりな習慣を持った
珍しい人々など、奇妙で神秘的な印象を思い起こさせる場所だった。

 今や極東は東アジアとなり、気の毒だが欧州のロマントストの興味の対象
は減った。そのかわり政治家とエコノミストの関心の的となっている。欧州が
アジアに対して懸念を抱いている事実は、この地域がすでに今世紀前半の日本
の軍国主義以上に深刻な脅威になっていることを示唆している。こうした見方の
底流には不信感と恐怖がある。

 そのため、第二次世界大戦後枢軸国であった欧州のドイツとイタリアが平和
国家となって復興、繁栄するのは応援、歓迎されたのに、同じように平和国家
になった日本と極東の「小さな日本」の経済発展はあまり歓迎されないように
見える。

それどころか、欧州と欧州社会を移植したアメリカは共に様々な手段を使って
東アジア諸国の成長を抑え込もうとしてきた。

459 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:38:26 ID:yUXTZ/w2
マハテールは偉大だな
今世紀ハイテク部品の大半が極東アジアで生産されるようになり益々その傾向は強まってるしな。


460 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:39:00 ID:kZL5myM2
>>445
> 格差の件なんだが、さんざん論争があったように、労働市場の問題と
> たかりの構造を脱却しない限り変わらない。
> とりあえず、小泉竹中ラインを続けていけば続けるほど、
> 庶民の購買力が下がり、国内はぼろぼろになるということ。

それが本質だね
内需拡大を捨ててから日本の植民地化が始まった
これは、格差ではなく労働者の貧困化だ
役人や外資の走狗は高給もらっているから格差に見えるだけ
生産的な活動に関わっている人はほとんど貧困化に向かっている
特権階級は売国に関わっている者とその周辺
日本と言う名前の国は残るかもしれんが、太古から続いてきた日本の文化は自民党と衆愚政治の結果として崩壊する

461 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:39:31 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 2

西側の民主主義モデルの押し付けに、とどまらず、あからさまに東
アジア諸国の競争力を削ごうとしてきた。

これは不幸なことである。東アジアの開発アプローチから世界は多くの
ことを学んできた。日本は、軍国主義は非生産的であることを理解し、
その高い技術とエネルギーを、貧者も金持ちも同じように快適に暮らせる
社会の建設に注いできた。質をおとすことなく、コストを削減すること
に成功し、かつてはぜいたく品だったものを誰でも利用できるようにしたのは
日本人である。

 日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本なかりせば、
アメリカが世界の工場を支配していただろう。欧米が基準と価格を決め
追うねいだけしかつくれない製品を買うために、世界中の国の価格を
押しつけられていただろう。

 自国民の生活水準を常に高めようとする欧米諸国は、競争相手がいないため、
コスト上昇分を価格引き上げで賄おうとする可能性が高い。社会主義と平等主義
の考えに基づいて労働組合が妥当と考える賃金を、いくらでも支払うだろう。
欧州人は労組側の要求をすべて認め、その結果、経営側の妥当な要求は無視される。
その結果、仕事量は減り、賃金は増えるのでコストは上昇される。

462 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:44:24 ID:kZL5myM2
>>456
まったく同感。

463 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:50:19 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 3

貧しい南側諸国から輸出される原材料品の価格は、書いてが北側の
欧州諸国しかないので最低水準に固定される。その結果、市場に
おける南側諸国の立場は弱まる。輸出品の価格を引き上げる代わりに、
融資と援助が与えられる。通商条件は常に南側諸国に不利になっているため、
ますます貧しくなり、独立性はいっそう損なわれていく。さらに厳しい
融資条件を課せられて、 債務奴隷  の状態に陥る。

 北側欧州のあらゆる製品価格は、おそらく現在の3倍になるため、貧しい
南側諸国はテレビもラジオも、今では当たり前の家電製品も買えず、
小規模はピックアップトラックや小型自動車も買えないだろう。
一般的に、南側諸国はいまより相当低い生活水準を強いられることになるだろう。

 南側のいくつかの国も経済開発も、東アジアの強力な工業国家の
 誕生もありえなかっただろう。
 多国籍企業が安い労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本
 と競争せざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がなければ
 、開発途上国への投資はなかった。日本からの投資もないから、
 成長を刺激する外国からの投資は期待できないことになる。



464 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:51:39 ID:hBbO2TqJ
やっとらしくなって来たな

465 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:54:55 ID:KPTkAINu
「都市と地方の格差」と言うが、そもそも
都会と田舎ではどこの国でも格差があるでしょうに。
生まれた場所や世代間による機会の格差を是正すべき。
地域経済の代替も創出せず公共事業をいきなり
切ってったら、準備も出来てない人達はどうしょも無いわな。


466 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:57:11 ID:SP1Tmq6y
>>366
ありがとうございます。大変勉強になりました。先日もギザ10の硬貨を
まとめて洗うのを中継で観ましたが感動いたしました。
これらな白銅貨でもピカピカになるのでは?と思いました。

467 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:57:25 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 4

また日本と日本のサクセスストーリーがなければ、東アジア諸国は
模範とすべきものがなかっただろう。欧州が開発・完成させたの産業分野
では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けただろう。東アジアでは
高度な産業は無理だった。せいぜい質の劣る模造品をつくるのが関の山
だった。したがって西側が懸念するような「虎」も「竜」も、すなわち
急成長を遂げたアジアの新興工業経済地域(NIES)も存在しなかっただろう。

 東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。
そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界諸国も驚くような
成功を遂げた。東アジア人は、もはや劣等感にさいまみれることはなく
なった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際に
それを証明してみせた。

468 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 22:57:48 ID:4EK2CIZk
test

469 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:08:44 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 5

もし日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していただろう。
富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと
言っても過言ではない。北側の欧州は、永遠に世界を支配したことだろう。
マレーシアのような国はゴムを育て、金易を掘り、それを富める工業国
の顧客の言い値で売り続けていただろう。

 このシナリオに異論があるかもしれない。だが、十分ありえる話である。
日本が欧州やアメリカに投資せず、資金をすべて国内に保有していたら
想像すれば、その結果は公平なものになるのではないだろうか。
欧州人は自国産の製品に高い価格を支払わねばならず、高級なライフスタイル
を送る余裕もなくなるだろう。

実のところ欧州は身分不相応に暮らしている。欧州人は仕事量が非常に
少ないにもかかわらず、多額の賃金を受け取っている。欧州は世界の
国々がこの浪費を支持してくれると期待することはできない。欧州諸国
は、国民のために高い生活水準とより健康的な環境を求めているが、
犠牲を払おうとしない。

470 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:09:51 ID:cq4315eq
>>454
やる気なさそうだから書いても無駄。
バイオエタノール推進したブラジルがあれだけ変わるのに何だか…。

>>455
そういう世界のパワーバランスが存在する以上、いくら日本の国益
考えたって絵に描いた餅のような気もする。
日本政府は金融マフィア叩き潰せないし。


471 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:24:43 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 6

「欧州はもっと低い生活水準を受け入れ、環境を維持すべきだ」と提案された時、
欧州諸国は激しい不快感を示した。だが、欧州は北側諸国の環境維持に必要だと
いう理由で、貧しい国内の天然資源を開発しないように求めている。それは
「貧困諸国は貧困諸国のために犠牲になれ」ということである。しかし、豊かな
国々は何の犠牲も払おうとしない。

 アジア諸国が「ルック・ウエスト」で欧米に指導やモデルを仰いだ時期もあったが
逆に「ルック・イースト」でアジアにそれらを求める時期が来ているかもしれない。
みなさん私を東アジア人とみなすか、東南アジアとみなすかわからない。
私は自分の見解が「私は東南アジア人であるだけでなく、発展途上国の出身である」
という事実に影響を受けていることを認めなければならない。

 マレーシアは、ある野心を抱いている。私たちはいつの日か先進国になりたい
と考えており、不必要に妨害されて不満を感じている。しかし自由貿易と
公正競争の妥当性を考えている。

 ASEANの経験によって、友好的な競争と互いに学び合おうという意思があれば、
経済成長を促進することができるとわかった。東アジア諸国が競争しながら学ぼう
という意思を持っていれば、同じ結果を達成できるだろう。
 
 欧州ー東アジア間の公正競争と協力を発展させれば、すべての国々が繁栄
するうえで役にたつだろう。

472 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:31:42 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 7

たとえ欧米が保護主義を採用しても、東アジアは保護主義に頼らない
だろう。東アジアには競争力があり、そのことをはっきりと証明
している。たとえば1960年には、東ジア全体のGDPはECの42パーセント
アメリカの73パーセント、NAFTAの21パーセントだった。
1990年にはECの67パーセント、西欧州の47パーセント、アメリカ
の73パーセント、NAFTAの64パーセントに達した。

 東アジアの城内貿易も絶対額と世界貿易に占める割合の両方で成長している。
東アジアの保護主義に頼ることなく、しかも多くの障害をものともせず、
これを達成したのである。
 
 その過程で東アジアは自国民だけでなく世界中の貧困者の生活の質を
高めた。東アジア諸国の成功は魔法ではない。日本が成し遂げたことを、
程度の差こそあれ達成することができたのである。

473 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:35:55 ID:GqgqSLja
1992年の東アジア経済フォーラム 香港での
マハテールの演説 8

この成功の主な要因は、高い生活水準を維持する余裕のない時期には
低い生活水準を受け入れようとする意思である。東アジア諸国は
進んでそうしている。無理をして高い水準を維持すれば、競争力を
失ってしまう。

むしろ欧州人のほうが、自分たちのやりかたが賢明かどうか自問し
、現実を受けいてなければならない。そうすれば東アジアは相互の利益
のために協力することができる。ただしどのような事情があっても
東アジアの成長を止めることはできない。東アジアには発展する権利があるのだ。

474 :間ヌケの宮:2007/10/17(水) 23:38:11 ID:3I1o1zxD
>>456 こう言ってはなんだが、殺されなくてよかったと考えるべきではなかろうか。
実際にりそなの件では死人が出ている。大変な屈辱を受けたわけだが、ここをじっと
耐えれば、またいつか局面が変り、時代の生き証人として自分を貶めた強大な力に対
して対抗できる機会が巡ってくるかもしれない。何で対抗するかと言えば、「言葉」
しかない。その「言葉」を語れる日が来るまで、諦めてはいけないと思う。

475 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:43:20 ID:MtypMtFI
>>474
素晴らしい。深く共感します。

476 :名無しさん@3周年:2007/10/17(水) 23:49:41 ID:YZXWwPjN
>>456
経世会がやってきた公共事業増やす手法を支持するような主張だったんで
清和会としては邪魔なので陰謀で封殺したということですか?
本当ですかね?



477 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 00:08:11 ID:qXw2mC7B
>>474
俺もそんな感じする。
このぐらいのスキャンダルなら、普通押さえるでしょ。

経済政策や利害が一致しなかっただけで、相当な眼力持った経済学者
という評価は変わらないのかもね。生きていなければ困るぐらいの。



478 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 00:38:14 ID:8wSw4v61
http://vista.jeez.jp/img/vi9261051847.jpg

479 :456:2007/10/18(木) 00:43:20 ID:oc+MQ1G6
>>474

仰るとおりかもしれませんね。
当方も今となってはそのように感じています。

>>476

いや、そのような主張をされていたとは思いません。
当方が直接この耳で聞いているのは金融政策に関わる内容が中心です。
例えば2003年11月に足利銀行が破綻したあとの処理について
預金特措法の適用内容がりそなと違う、とか、
日銀の役員人事の透明性について、ですとか。
穏やかに話し始めたのにだんだん激昂してきて
時折声を詰まらせて上を見上げたり...そんな記憶があります。

当方は全くの畑違いで、ただでさえ小難しい金融政策の話についていくのに
いっぱいいっぱいなのに、氏が突然感情的になられるのを見て
驚いてポカーンとしていました。今思えば間抜けな話です。

480 :456:2007/10/18(木) 00:45:23 ID:oc+MQ1G6
あらやだ、失礼いたしました。
上で預金保険法のことを間違えて書いておりました。

481 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 01:06:45 ID:vUQPS9Vu
>>445
この間のF1とかもそうだけど要するにマスコミや企業が絡んだ利権争いになってる感じだからなあ。
今回の亀田の件にしたって根底にはその利権をめぐるやっかみとか内ゲバ的な要素も在ると思う。

482 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 04:41:20 ID:nYO0ac6j
>>430
トヨタが日本一になったのも、「トヨタ式」とかいう効率化はあまり関係なくて、
ただ外国人をこき使っただけかも知れないね。

483 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 07:24:41 ID:1X9Ews71
★「日本的経営」の偽善  1/2
池田信夫 blog  2007-10-05 / Books

昨日の記事には、予想どおり「財界の犬」とか「違法行為を擁護するのか」などの批判が
あった。そこでバランスをとって、というわけでもないが、朝日新聞の取材班の書いた
本から、御手洗氏の発言を引用してみよう(pp.97〜8)。
「キヤノンは、終身雇用という人事制度をとっている。それは終身雇用という制度が
日本の文化や伝統に根ざしたものであり、日本人の特性を引き出すのにもっとも
適したシステムだからである。」
「アメリカには[・・・]何千、何万という職能分析と給料が地域別に出ており、自分が
どこに行けばいくらで雇われるかがわかるから、安心して職を変えられる。日本では、
そういう仕組みができていないのに、終身雇用をなくせなどと、学者などが軽々しく
いうのは無責任だと思います。」
「セル方式[キヤノン独自の生産方式]で、延べにして2万2000人を減らした計算となるが、
増産もあったので、半分ぐらいが残り、実際に減らしたのは約1万人。[・・・]別にクビを
切ったわけではありません。外部から来ていた人が引き上げて行っただけです。」
(強調は引用者)トヨタやキヤノンは「終身雇用」や「日本的経営」を売り物にしているが、
それは派遣労働者や請負労働者を「外部から来た人」として計算に入れてないことによる
偽装終身雇用にすぎない。一時は世界から賞賛された日本的経営とは、このような
二重構造の中で、派遣労働者や下請けを人間扱いしないで維持されてきたのだ。
このように終身雇用なんて実際には存在しないのだから、それが「日本の文化や伝統に
根ざしたもの」だという御手洗氏の話も嘘である。「文化と伝統」を持ち出すのは、
現状維持したい人々のありふれたレトリックだが、戦前の日本には終身雇用なんかなく、
職人が腕一本で多くの会社を渡り歩くのが当たり前だった。現在のような雇用慣行が
できたのは、1960年代以降である。


484 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 07:28:37 ID:1X9Ews71
★「日本的経営」の偽善  2/2

だから問題は、このような偽装終身雇用を守ることでもなければ、朝日新聞の取材班が
主張するように「請負労働者を正社員化」することでもない。アメリカ経験の長い御手洗氏も
理解しているように、「何千、何万という職能分析と給料が地域別に出ており、自分がどこに
行けばいくらで雇われるかがわかるから、安心して職を変えられる」仕組みをつくるとともに、
社員の雇用形態を契約ベースにして多様化し、労働の流動性を高めることだ。
本書の最後に合成の誤謬というケインズの言葉が出てくるが、取材班はその意味を取り違えて
いる。個々の労働者にとっては、請負より正社員のほうがいいに決まっているが、失業より
請負のほうがましだ。ところが朝日が激しくキャンペーンを張ると、企業は「コンプライアンス」
対策として請負契約を切り、請負労働者は職を失う。これは、個々の労働者にとって望ましい
賃上げ(名目賃金の硬直性)が、経済全体では失業率を引き上げてしまう、というケインズの
指摘した合成の誤謬とそっくり同じ構造である。
問題は請負契約をなくすことではなく、こうした二重構造を作り出している労働法制を改める
ことだ。具体的には、労働基準法で「企業は労働者を解雇できる」という解雇の自由を明確に
規定し、例外として解雇できない条件を具体的に列挙すること、労働者派遣法を改正して
派遣労働者を正社員に登用する義務を削除すること、職業安定法を改正して請負契約を
「労働者供給事業」の一形態として認知すること、職業紹介業を完全自由化することなどが
考えられよう。
追記:コメントで教えてもらったが、ベッカーも解雇を禁止する「テニュア」は必要ないと
論じている。本当に必要な労働者は、アメリカの企業でも囲い込んで雇用を保障する
のだから、法律で保障する必要はない。

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/86677c117444af76ff35c40e7573cdec


485 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 08:02:44 ID:bpYO4dOr
名古屋講演会の詳細、決定しました! 当日質問歓迎。

●12.8 リチャード・コシミズ名古屋講演会

仮題「真の愛国者が日本を救う」

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1191811689/353


486 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 08:30:18 ID:Wmyn489V
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
>>466 実に慧眼恐れいります
100円玉もピカピカになればまさしく労働組合が新自由主義の防波堤
ということだろうね
       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ ばかやろう
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ 小生はナイスだよ


487 :闇の声:2007/10/18(木) 08:36:13 ID:nHHFwwHX
>>486
朝っぱらから怒らすな!!
ふざけるなこの野郎!!
お前の居場所が判ったらただじゃ済まさないぞ!!



488 :闇の声:2007/10/18(木) 08:51:27 ID:nHHFwwHX
>>479
これは極めて不正確な情報なので、そう思って読んで欲しいのだけれども
足利銀行のケースは、ハゲタカが地域丸ごと買収のモデルケースにして、それこそ
鬼怒川をラスベガスにするような計画が裏にあったと聞いたことがある
それが嘘か誠かわからないから、不正確だと言うのだけれども・・・
どっちが先立ったのか忘れたが、カジノ構想があった事を覚えていらっしゃるだろうか
つまり、カジノ構想があり寂れた鬼怒川の活性化の為に何かをしなければならない・・・
しかし、肝心の鬼怒川は金詰まりでどこか巨大資本が入らなければ総合的な開発は不可能だと
言うのが結論だった
同時に、足利銀行の経営行き詰まりは中小企業に”いい加減な”融資をして
それが尽く不良債権化したからだとの認識があり、りそなと同じ要因であったにも関わらず
金融庁は足利銀行を救うことはしなかった
これは裏側には当時、足利銀行から金を借りていた鬼怒川の温泉街を丸ごと
外資に売り飛ばして、カジノ街を作り日本のラスベガスにしよう・・・その話は確実にあったのだが
この頃から外資のホテルが目立つようになってきた(前から確かにあるにはあったが、動きが派手になる)
石原都知事もお台場に巨大カジノをとブチ上げていたが、これはどうやらパチンコ屋を意識した動きだったらしいね

大阪にユニバーサルスタジオがあるが、あそこの側にもしもカジノが出来たら・・・
規模は小さいモノの、ラスベガスと同じになる
外資はそれを狙っているが、日本政府がなかなか腰を上げない
最後の良心なのか、あるいはパチンコ屋に献金されて腰を上げないのか、その辺は知らない(事にしておく)


489 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 08:55:54 ID:Wmyn489V
まさに死刑ものだろうね

490 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 08:59:09 ID:g0Q8hahr
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
まさに死刑ものだろうね
まさに死刑ものだろうね
まさに死刑ものだろうね
       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ ばかやろう
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ 小生はナイスだよ

491 :闇の声:2007/10/18(木) 09:10:49 ID:nHHFwwHX
そして、この話は足利銀行という地方銀行を潰して一つの地域を外資に任せてしまおう・・・
言い換えれば、地域丸ごと外国資本の自由にさせても良いじゃないか・・・
そう言う事だろうな
テストケースでカジノを作り、その収益性を見て今度は都内か大阪に巨大カジノを作る
専門家に聞いたところでは、カジノの嗜好性はパチンコの比ではないし
ホテル内に作れば家族連れも見込める
日本人が一生懸命貯め込んだ現金を文字通り濡れ手で粟なのだ
さらにもう一つ、どうしてもダイエーは潰せないから、りそなは頼み込み
存続させ、それ以外とは区別した
都市銀行と地方銀行を区別し、さらに地方銀行は融資条件や信用限度を厳格化させるなど
地域が細ってしまう事を黙認した・・・それがさらに信金や信組にまで行くに及び、
シャッター街商店街が出来てしまう・・・金融機関による完全な地方切り捨てをやったのだ
植草がその点を批判し、金融政策の決定権が日本になく外資誘導による日本切り売りで在ることを
メディアで言っても、それを批判する木村剛や竹中が打ち消してしまう



492 :闇の声:2007/10/18(木) 09:11:19 ID:nHHFwwHX
植草逮捕について付け加えると、冤罪だとは思わない・・・これは何度も繰り返してきた
しかし、被害届をそそのかした警察の動きはあったと思う
過去に遡り、重犯であるとし逮捕に及んだと言うのが事実ではないか?
それも直接警察が動いたのではなく、被害者周辺に狡猾に働きかけ被害届を出させた・・・
黙認出来ない状況を作っていった連中がいるのは確実だろう
その被害者の中に、組織の人間の親族や”イロ”がいれば確実に警察を動かす
自分は、それが事実なのだろうと思っている
明らかに重犯として逮捕、実刑判決になったと思っている
同時に、竹中ー木村ラインの動きを批判する勢力が消えたのも、メディア操作が露骨になり
構造改革バンザイになるのもこの頃を境にしてるかなと思う
権力構造を基本から変えてしまい、少数に権力が集中しメディアを使いこなす
形にしたのが小泉構造改革の本質だろうね
その後に低金利で外資に金を融資し、株や土地を買わせて価格を吊り上げた
人件費を目に見える形で!切りつめ、その結果としてのバランスシートの好転で
銀行は金を貸す・・・
構造改革とは、外資から金を投下しやすい環境にして、その金でバランスシートを見かけ良くしただけの事なのかも
しれないね

493 :闇の声:2007/10/18(木) 09:12:30 ID:nHHFwwHX
>>490
貴様本当に怒らすな!!!
居場所教えろ!!
絞めてやる!!!!!!!

494 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:23:28 ID:LpXy4i8G
>>487.493
闇の声さん、怒らないで下さい。
こいつらは、若くして人生の負け組が確定している、かわいそうな人間です。
ここに来る人間は、闇の声さんの書込みを読むために来ていますので、
どうか、無視して頂けないでしょうか。
彼らも小泉改革で切り捨てられた犠牲者なのだと思います。

495 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:24:23 ID:3kNja71v
>>491
足銀で思い出したけど、東大卒、元銀行員の公認会計士を目指していた男
がテレビ局かなんかの鉄塔でドル札をばらまいてたな。

メディアも取り上げ、スポーツ新聞も一面だったが、監理か整理か忘れたが

ひとけたの値段がついてた足銀株に人気が殺到した。
情報をつかって、ぼろもうけしたかどうかしらんが、うまいことを考える男もいたもんだよ。

しかしあの風刺画、相手にすればするほど調子にのってくる。
実はマゾだったりして。

496 :闇の声:2007/10/18(木) 09:27:12 ID:nHHFwwHX
最後に、民主党が本気で政権を執る気ならば、この構造改革の名の陰にある
負の面を表に出すことだ
結果的に、シャッター商店街を作り地域の経済力を根底から衰えさせたのは
構造改革だ
地域に金が廻らなくなり、少額でも金利稼ぎをする信金・信組を窒息させた
結果的に地域再興の小さな芽さえ摘んでしまうし、なぜかそれが大資本に漏れたりする
さらに、税収も国税から地方に配分しないとならず、国税である消費税依存度は高くなった
言い換えれば、国家が税収を上げるために産業構造を金の流れを把握しやすい形に変えたとも
考えられる
この点を指摘したエコノミストはみんなメディアから消えた・・・そう言えなく無いだろうか??
皆様のご指摘を仰ぎたい

497 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:33:23 ID:3kNja71v
 あと中小以下に社長なが、政治家に口利きしてもらって、金融機関から
融資を受け、謝礼として一部をキックバックするという話ある。

 なかなかうまいことを考えるなと思うんだが、こういうことがあるから
政治家はなかなか銀行に対してつっこめない。

 就職斡旋、裏口入学だっけ、交通違反もみ消し、パーティ券を買ってもらいため、票がほしいから何でもやる
ようだが、政治家も悪いが、実は素人もたちが悪いのが多いみたいだね。
バカ息子が自分の実力だと勘違いしているようだが・・・

 あれだけ、世話をしたのに、ケチ臭いやつも中にはいる。カエルの子はカエルというわけだ。

498 :闇の声:2007/10/18(木) 09:35:21 ID:nHHFwwHX
>>497
そう言う話を利用するのが、巨漢であり組織なんだよ
だから、その時に上手いことをやっても必ず後でむしり取られる
そう言う構図なのを、誰も言わないね

499 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:38:38 ID:dXn+XBMK
>>492
ため息が出ますね。
シャッター通り商店街が、地方だけでなく都会でも街にあふれ
大きな収入はなくとも日々の暮らしに満足し、地域コミュニティを作っていた人たちが引退に追い込まれたり
日雇いの肉体労働をしか仕事がなかったり。
小泉竹中木村路線が今の日本にもたらしたものの大きさに愕然とする思いです。
それを決断した輩はなんの痛みも感じず、日々謳歌していると思うと吐き気がしますね。
植草論文に光を当てることこそ今必要ではないんでしょうか。

500 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:39:36 ID:nYO0ac6j
>>495
あの男が撒いたドル札が足利銀行1円買いで儲けた金だったはず。
俺も買っていたから覚えてるけど、あの男に関係なく思惑だけで
株価1円→15円くらいになった。その時に儲けた金を日銀の為替介入
政策に抗議する意味で、ドルに換金してばら撒いたとニュースで読んだ。
その後に足銀株は人気が出て25円くらいになったけどね。

501 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:44:21 ID:dXn+XBMK
>>496
確かに一時完全に抹殺されていたと思いますが、最近希望が出てきたような。
荻原博子、内橋克人、金子勝、山口義行、紺谷典子といった人たちが再びメディアに
登場するようになった印象があります。
ただ一般の人が経済のあり方が自分の生活に直結するという意識がないのが厳しいところです。
そのあたりの啓蒙活動から必要なのかもしれません。
経済ドラマで具体的に見せることができれば。


502 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:50:44 ID:nYO0ac6j
>>499
俺から見たら植草なんて小物だよ。積極財政派としては同じく野村総研の
リチャードクーの方が有名だし格も上だよ。彼も竹中と相当やりあったけど、
危険を察知した為か、急にメディアには出なくなったね。新しい本も出ている
から元気そうだけと、テレビでは全然見なくなったなぁ。

503 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 09:54:49 ID:3kNja71v
>>496
本人確認法かなんかができて、キャッシュでお金をおろす限度が50万だっけ、
それ以上だすには、身分証が必要で、偽造キャッシュでお金をおろす被害が
多発しているということがよく流れていた。
表向きはマネーロンダリング対策というけど、本当にそうかなと思う。

しかしあんなことをするから市場の資金の流動性がなくなる。
そもそも銀行のシステムの問題であり、預金者になんの落ち度もない。
たしかにキャッシュと暗証を人に教えて渡すお人好しもいるんだが、
そもそも自分の資産に対する認識というのが薄いが、裏を返せば
日本国債が紙切れになったときの取り付け騒ぎ対策とか、陰謀論として考えてしまう。

504 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 09:56:42 ID:5i8dMxP7
民主党の石井一議員がP献金問題にからんで、とうとう池田大作の証人喚問を持ち出
したね。

昨夜からこれが気になって気になって仕方がない。

公明党にブラフをかけた上で取り込むという、かつて自民党がやった手を真似して
いるんじゃないかという説もある。

しかし、もしかしたらマジなんじゃなかろうかという気がするんだよ。

共産党が従来の全選挙区立に候補者を立てる方針を変更して、勝てる所に絞り込むこと
になった。大変な事態だ。その空白区を民主党が狙っている。

もしかして小沢氏と共産党の間で協定ができているのか・・・? かりにそうだとしたら、
公明党攻撃はマジと言う事になる。共産党と公明党は仇敵同士だ。

有権者の創価学会・公明党アレルギーは非常に強い。それと手を組む自民党にも愛想をつか
している。

さて、民主党がその創価学会を槍玉にあげると、有権者の意識が一変する。

要するに、民主党対自民党ではなく、民主党対創価学会・公明党という図式になるのだ。

505 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:01:36 ID:3kNja71v
>>502
ああいう権威にすがるのもすがらないの自由だと思うが、そもそも問題は自分の生活や
保有している資産についてしっかり勉強し続けていけばいいだけの話で、
テレビの目の前に座っても、一方的な編集されたガス抜きを聞いて電気代かかるだけだ。

たしかにNHKスペシャルとか、いい番組はあるんだが、みなテレビ映りのいい
為政者にころっとだまされる人たちが多数派だから始末におえない。

506 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 10:04:30 ID:5i8dMxP7
郵政選挙は「抵抗勢力」と言う敵を作り上げ、「民営化」という争点一つに絞り込んだ自民党
の作戦が大成功した。

図式的にはそれと同じになる。

「創価学会・公明党」という敵を仕立て上げ、「イケダダイサク」の証人喚問が争点になると、
劇場型選挙の再現だ。「池田証人喚問選挙」!

図式が成立した時点で勝敗は決している。

テレビは亀田問題をしょうこりもなくタレ流していたが、もしかしたらこの問題を隠蔽する
ためだったのか・・・?

507 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:07:43 ID:38LxlsND
再配分や地方衰退の話が活発化すると宗教関連の話が出ると
上の方でもあったが本当だな。
中間層の側を装った構造改革論者かそれとも宗教側の人間か?

508 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:10:03 ID:Oou8fbAg
>>504
議員関係のスレから拾ってきたが、こういうことかな?

121 無党派さん sage 2007/10/18(木) 00:48:02 ID:5dtet69C
小沢は衆議院の3分の2再議決を封じにきたみたいだね。
テロ特措法を徹底的につぶすために、石井を鉄砲玉にした。
公明党が自民に対してどんな理由で再議決を拒否するか楽しみだ。
そして、ハシゴはずされた時の自民の態度も見ごたえあるだろうな。

509 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:16:09 ID:Um7B6hhe
>「池田証人喚問選挙」!
うは、これが的中してたら凄い戦略ですね。



510 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 10:18:19 ID:5i8dMxP7
ああ、宮もミンシュトーに入れちゃいそう・・・

511 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:27:17 ID:3kNja71v
>>507

こんなことを書いたら宗教関係からクレームがくると思うが、宗教法人に
対して税金をかける必要があると思う。宗教法人を隠れ蓑にして、税務対策して
お金をばっぽり稼いで、そのお金で政治に対してロビーを行ったりするんだが、
こんだけ庶民生活は苦しんでいるに、宗教法人だけはなぜか、てつかずなわけだ。
政治家に自分たちの利権確保のためにロビーをするなら、宗教法人に税金をかけて
その税金がどのように使われるのか、しっかり監視するシステムを創ればいい話だ。
そのほうが創価を少し見直す勢力が出てくるではないかと思う。

 朝生だったか、ある女性公明党議員に宗教法人に対する税金の話をした、
宗教も大事ですといってた。宗教より命のほうが大事だと田原はたしか
ほえていた。

 大作さんの死期がいつになるかわからないが、権威というか権力に対する
執着心や商才はすごい。宗教をベースに相互扶助を利用し会費を吸いあげて運営するやりかた
は実に合理的だし、統一と創価はそのようなことで組織が拡大していったのだと思う。

 だが後継者はだれになるのか、今後の創価の動き、宗教法人の税金はどうなるか、
カリスマが去ったあと、下火になるんだろうか。

512 :リーマン:2007/10/18(木) 10:28:05 ID:Q1XgoC4m
政界再編して保守労働党を作るべきです
労働者を痛めつける企業は国外に出て行って構わないから
出て行くときはたっぷり搾り取れ
国際競争力なんか糞食らえだ!!売国奴は全員出ていけ!

513 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:33:30 ID:M8ggn/SZ
>>496
ジャスコ岡田の立場が…w

514 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 10:49:36 ID:2Z0gBGOe
>>452
そこは本当に大事だと思うんだけどな。
核や軍備いくら揃えたって負けるだろ。

515 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 11:08:15 ID:dXn+XBMK
>>511
賛成です。
日本の財政がこんな状態なんですから、宗教法人に課税すべきだと思います。
真の宗教者であれば、納得できることだと思うんですが。
学会の方たちは個人的にはいい方が多いです。
彼ら自身も献金システムに苦しんでいる人は多いのでは?
トップの周辺だけに金が溢れているというのはどう考えてもおかしい。


516 :いわぬが花子:2007/10/18(木) 11:23:49 ID:tnUZIbOT
>>496
>この点を指摘したエコノミストはみんなメディアから消えた・・・そう言えなく無いだろうか??
皆様のご指摘を仰ぎたい

闇の声さん、あなただってそれに一役かっていたじゃないのよ。植草さんのことを事件直後になんていいましたっけ?
「またやった〜」でしたよね。あれ(品川)はありえないんだってば。例えていうと、「池袋では西武デパートは西口に、東武デパートは東口にあります」
という説明が本当だとされちゃったのよ。またそれを事実と認定したのよ、裁判所が。行ってみればすぐわかることです。
そっれでも冤罪じゃないっていうんですか。

今頃になって何いってんの。後になってからでなければ判らないだって。こうなるように仕組んだんじゃないですか。
いまリンチ殺人が続けてほうじられてるけど、小泉安倍政権下で一体何人が自殺に追い込まれたんですか。
それを、しななくてもいい人たちを地獄に突き落とし、そいつらをマンセーしたのはマスコミでしょ。
そのマスコミが一致協力して植草さんにやったことは、リンチそのものじゃないですか。
闇さんが「それでも植草はやっている」と思う、と微妙に言い方をかえてきましたね。本当に裏処理した事件があったのなら
いつごろのことか言ってごらんなさいな。公判でもでてこなかったんだよ。検察がバラしたのはずーっと前の風俗店で
遊んだことじゃん。あのりそなで底値買いしてボロ儲けしたひとは、とにかくこの事件に蓋してくれとあちこちに
圧力をかけています。それをしなかった清廉な人は、みんな選挙で落っこちたときいてます。

517 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 11:46:57 ID:Jsy4C5IM
>>511
オウム事件の頃に、宗教法人への課税が取り沙汰されたが、
いつの間にかフェードアウトしてしまったね。
先日も何処かの宗教団体で不幸な事件が起きたが、
宗教を隠れ蓑にした脱税対策の為にも、これは早急にやるべきだ。
聞いた話だが、暴力団の資金洗浄に利用されている教団もあるらしい。
ただ課税方式は、財政事情の苦しい地方の寺社に打撃がいかぬように、配慮が必要だろうね。
一律方式にして、結果的に大教団を利することになっては、元も子もないw

>宗教をベースに相互扶助を利用し会費を吸いあげて運営するやりかた

これが相当な問題でね。このスレなどでも散々議論されてきたが、
日本は長い時間をかけて伝統的価値観を投げ捨て、日本的なエートスを崩壊させ
モラルハザードを促進させてきたが、その代替システムとしての機能を、
教団の中で果たしている部分もあるようだ。
とくに創価は宗教団体の中で、その辺の社会問題の研究については随一らしい。
だから、このスレで議論されているようなことが解決されていかないと、
また何らかの形で再生産されてしまうのではないかと危惧する。


518 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 11:58:30 ID:bOtGS29n
>>暴力団の資金洗浄に利用されている教団

逆だろ。宗教法人格をチンカスやくざが買いあさって
脱税やロンダリングに利用して居るんだ。こんなこと
昔から常識なのに、ケーサツは何をやって居るんだか。

519 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:00:34 ID:DWq7oU5r
>>516
>闇の声さん、あなただってそれに一役かっていたじゃないのよ。
>植草さんのことを事件直後になんていいましたっけ?

人殺しの片棒担ぎということ?>>闇の声

520 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:13:32 ID:fBsO/NZI

たしか学会信者って植草攻撃してたんじゃなかったっけ?
層価(統一)ー成和会ーCIAー外紙 のラインがあるんだよね?
末端の人はどう思ってるんだろうね。
友人に学会員がいるけど、こればっかりは聞きにくいや。

521 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:20:50 ID:yY2x1caj
今になってみると派遣というのはまあスーツ着用のアルバイトみたいなものだと思うけど数年前はこのことに気付かなかったな。
規制緩和や新自由主義の流れで自然にそうなったのだろうがまさか格差社会なんて言葉が飛び交うようになるとは思わなかったよ。意外と小泉さんもそう思っていたりして。

522 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:39:54 ID:m26wp3wn
鬼怒川カジノ構想って誰が言い出したのか知らないが、新幹線停車駅から
1.5時間、鉄道も決して便利とはいえず、高規格有料道路からの道路は
整備されているにはいるが、一本道で渋滞する事もあるような地域にもし
作ったとしても人を大量に集めることができるとは思えんな。
相当なセンスのなさだ。

523 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:48:07 ID:Jsy4C5IM
>>518
>逆だろ。宗教法人格をチンカスやくざが買いあさって
>脱税やロンダリングに利用して居るんだ

いや、そういうことを言いたかったんだが。言い方が悪かったかな。
昔からそんな構図は囁かれていたんだが、暴対法の辺りから激しくなったらしいね。


524 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 12:50:00 ID:fBsO/NZI
やっぱりさ、お笑いの神髄は反権力であって、
弱い者をさらに貶める笑いって下衆だよね。

それが支持されたんだか、吉本や電通が後押ししたのか知らないけどさ。
結局はヤクザの下っ端みたいなものだし。

マッドアマノはもう、お笑いにカテゴライズされなくなって久しいね。

525 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 13:13:00 ID:5i8dMxP7
>>524  その通りだ。外国の風刺漫画のセンスなどはうならせるね。

マイケル・ムーアの「華氏911」みたいなのは日本では無理なのかな・・・。

笑いと言うのは、もの凄くシリアスなことを、いったん突き放して解毒するような
作業だよ。それによって、対象から距離を保って心のバランスをとる事ができるんだ。
そういう意味で、本来非常に高度な精神行為なんだけどね。

イジメとか下ネタで笑わせるようなのは断じてプロじゃない。日本のお笑いは情けない。


526 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:13:52 ID:80r/cKJg
>やっぱりさ、お笑いの神髄は反権力であって、

そんな笑いは日本に生まれたことがありませんが何か?

527 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:24:01 ID:KWgdQ/yb
民主党が、ブラックウォーター社と契約を交わす日が来る?


民主党「アフガンへの自衛隊派遣は許されない。代わりに外国の警備会社使うぞ」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1192678539/

528 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:28:15 ID:GRCFhHTU
▼「安倍前首相」宅を訪れたという「超能力者」高塚光
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

529 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:29:35 ID:2w/vh7YM
亀田と朝青龍の逃亡シナリオが同じだという人がいるが、
亀田2と安倍が似ているように思う。
亀田一家と安倍、どちらもよく喋るがその言葉は非常に軽い。
一般人には理解できない釈明会見。切腹=テロ特措法。錯綜する自殺未遂情報。
周囲にいる怪しい人々。誰が森で誰が巨漢で誰が小泉で誰が・・・
と、ヒモ付けできそうなのだが、それぞれの役割がダブってしまう。
ひとつ言えるのは、学歴、収入ともに高いマスコミ連中より、
北海道出身の低学歴な若者が、一番まともな登場人物であったこと。
組織のブロガー御大もお嘆きのことだろう。

530 :リーマン:2007/10/18(木) 13:30:09 ID:Q1XgoC4m
まあ日本はユーモアを解せない年寄りが長々とスピーチするから
形式的な言葉だけあって中身は何もないという空虚さが文化なの
お偉いさんの挨拶なんか屁みたいなもんで成人式が荒れるのも分かるよ
面白くないんだから退屈さ
運動会や高体連なんかも軍隊っぽくてやだね
スポーツは精神鍛錬の場ではなくエンジョイするものだよ
為政者は都合よく調教しようとするがね
社訓の読み上げをさせるなら労働基準法も唱和すればいいのさ

531 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:53:04 ID:3kNja71v
>>525
マイケルムーアの華氏911はたしかに全世界にアメリカ政治の関心をよんだんですが、
ブッシュ一族を徹底的にこきおろすこと、
ブッシュを引きずりおろすための手法であまり客観性もなかったね。

ボーリング・フォー・コロンバインのように、恐怖を煽って銃を買わせる
というような社会性がなかった。

やはり、初期のロジャー・アンド・ミーのフリントやGMを中心とした
社会性から少しはずれてきているね。

>>529
おそらくタイゾーのことを言っているんでしょうが、タイゾーは地元でも
有力な息子で生まれた時から、生活のやりくりに困るような環境で
育ってないよ。ニートだフリーターの味方だというが、地元の票や資金が
ほしいから利用したらおもしろいと思ったんじゃないかね。

あとかんじんのタイゾーなんだが、今回の福田・麻生の時のチルドレン
から距離をとって喝采をあびているかもしてんが、
政策の勉強も一切しなく、しゃべり方とか、変わり身の早い性格を直さない限り、
落ちていくんじゃないかね。回りの人間がしっかり教育すればなんとかなる。
まわりの人間が勝ち馬に乗るようなことをする人間ばかりだと、ダメだろうね。

ムネオはとにかく中川の秘書になるやいなや、とにかく必死に働いたようだよ。

532 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 13:56:46 ID:3kNja71v
まあともかく、プロじゃないから憶測でいろんな記事をてらしあわせて
推測することしかできないけど、あの中でタイゾーが一番まとも
ということは、他の議員はろくでもないということなんだろうかね。

533 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:00:54 ID:k8Xv7dDC
775 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/17(水) 19:18:20 ID:3hupv5IO
NHKでやってた米の特集で、政府の方針が米の自給率を上げるため大規模農業へ
シフトするそうだ。その際に米の輸出も含めて農業のFTAに対応するとのこと
一見、良いように聞こえるが考えたらこの狭い日本に、大規模をやる土地があるわけがない
現実は、長崎の干拓事業などで土地を埋め立て米の流通等が増えたため市場原理に則って
政府の買取価格が下がり、農家が疲弊するだけ。

また、農業推進委員会のメンバーの1人がこれからの稲作はどうするのか?の問いに
「これから日本は工業で車や電子部品を作った方が豊かになる」と答え
 「米は海外から買えばすむし自給率を100%にするのはコストの面からして割りに合わないから
自給率10%はでいいから」と答えてた
では、輸入が困難になる事はないのかとの問いに
 「今のグローバリゼイションの世の中それは無いよ」
 「仮にそうならないように、友達(友好国)をを複数作ればあちらが駄目ならこちらへ
輸入すればすむこと」
工業は大切な日本の産業だけどそれだけではお腹は膨れない。
 民間はバイオや品種改良、ITを使って安全性や高品質を高めてきて頑張ってきてるが
肝心の政府は馬鹿さ加減に呆れるばかり

534 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:01:25 ID:k8Xv7dDC
798 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/18(木) 13:47:47 ID:CL5B3kz3
>>775
経済財政諮問会議?の本間なんとかというやつほんとひどかったな。
このままでは農業も食糧安保も国土も地方も滅ぶ。

800 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/18(木) 13:58:48 ID:CL5B3kz3
>>779
日本一の大規模農家の大潟村でも米価引き下げで一割が借金漬けになっている。
カリフォルニア米の価格はその三分の一だ。
大規模化しても海外との価格競争には勝てない。
日本の耕地の四分の一は山間部の狭小地であり大規模化はできない。
このまま行けばこれらの耕地が放棄され、大手資本に牛耳られた少数の
大規模農地が残るだけになるだろう。
これは地方の疲弊と同じ構図。都市や一部の大企業だけが栄え、国土の大半は
寂れ死に絶えつつある。このままいけば団塊の世代が死ぬころには、一部の大都市を
除いた日本の地方も農業も崩壊するだろう。

535 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:21:00 ID:dSrGA01W
>>534
そういう自民党を国民は選びつづけ、挙句の果てには小泉や竹中を礼賛していたのだから仕方が無いかもね。

536 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:25:23 ID:EW0d041D
なんだか卑屈なスレになってないか?

537 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:34:50 ID:k8Xv7dDC
>>445
具志堅は歴代日本人王者の中でも最強。
具志堅なくして今の協栄はないだろう。
勝手に防衛戦のスケジュールがどんどん決められていく金平会長に耐えかねて
具志堅は負けたようだが。

538 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:40:20 ID:k8Xv7dDC
>>455
ソロスはイングランド銀行を叩き潰したことにこれっぽっちも恥じていないと公言している。
ユダヤ人にとって国など一時的な止まり木に過ぎない。
その国で稼げなくなったら、また違う国を見つけて出て行くだけのことだ。
無記名無国籍の紙幣と貴金属だけがユダヤ人に必要なもの。
もはや世界中がユダヤ化したのだ。

539 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:45:50 ID:k8Xv7dDC
>>488
足利銀行国営化は、足利銀行が北朝鮮送金の窓口になっていたので、
その資料を押さえるためだろ。

540 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:48:07 ID:k8Xv7dDC
>>502
リチャードクーどこいったのかと思っていたがまだいたのか。
てっきりもう日本にはいないのかと思っていた。

541 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 14:56:01 ID:k8Xv7dDC
>>531
マイケルムーアはGM創業地のフリント工場?が閉鎖されて街が壊滅的
状態になったところで育っている。ある意味アメリカ経済の鬼っ子。
ちなみにそこは今でも全米最悪に近い失業率らしい。
ただ単にアメリカの恥部を拡大してある意味憂さ晴らしの役目を果たしているだけ。
あまりに偏っているから一歩引いた視点で見ないと誤まる。

542 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:00:57 ID:fBsO/NZI
Mムーアも偏ってるけど、

元々マスコミも偏っているし、中和されないもんかな。

543 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:03:06 ID:6J8Vc90C
                >'´:::::: :::: ネット正義:::::::::',    
               I::::::::::::ヽ::::ホンマモン` ‐、:::::::::::::::::',    
              I:::::::::::::::::::ヽヽ::i::::,-''"´ヽ:::ヽ:::::ミ::::::l
              l:::/  \-、::::::,-‐ー、;;;;;;;;ミ/  l三≡l:::::::::l
              l::::   \ `'`'  /     l::::::l:::::::::l
              l::l           )(  l::ノ:::::::::,-、
               l:|              ヽ:::::::/ ヘ.',
               ´:l           _   ヽ::l くヽ l
               __l      :)(: ,、-''";;;;;;;;;ヽ  レ l ノ l
                ヽ;☆;;;;``‐-i-ー(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   `‐、;;;;;;;ノ  ヽ、;;;;;;,、-'´     7l
何を訳の分からん事をごちゃごゃ\   ',       、        l /;;;;',
ぬかしとるんじゃい       \   ',   (   _ヽ      //;;;;;;;;;ヽ
さっさと売国を潰さんかい!こらぁ             メ   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               /          -==-         /;           
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           =ノ



544 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:07:51 ID:3kNja71v
>>538
たしかにソロスはユダヤなんだが、ファンドマネージャーの十傑のうち
たしかほとんどがアングロサクソンなんだ。

545 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:14:30 ID:q9VASPcq
>>542
そう言う場合は偏っている者同士を見比べれば良いんだよ。
お互いの対立相手の事は案外本当の事を言っていたりする事もあるからね。

選挙違反の捜査でも
聞き込みは対立陣営の事を聞くものだからね。

546 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:16:11 ID:k8Xv7dDC
【教育】早稲田大、留学生8千人受け入れへ 5年以内に 全学部生の1割程度が外国人に・・一気にキャンパスの国際化を加速する考え
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192635715/l50

早稲田終了のお知らせ

547 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:16:42 ID:tgM/0VDV
たしかにマイケルムーアの映画は偏りすぎてるね。
アメリカの良い所を意図的に無視して、悪い所だけ誇張する。
そんなにアメリカが嫌いなら外国へ引っ越せよと思う。

↓ムーアの作ったアメリカの歴史。極端なんだよなぁ。
http://www.youtube.com/watch?v=SdDr1rKB9bA

548 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:19:10 ID:N+V+Ilb/
>411
ありがとん、わかりやすい説明だった。
>まあ、「ごった煮」という喩えの方がいいかな。
いまさらごった煮といわれても、もう遅いなw

549 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:55:00 ID:fBsO/NZI
たしか欧州あたりのメディアは、
対立する「極論」同士を提示するんじゃないでしたっけ?
原田武夫の本に書いてあった気がします。
その上で、視聴者は自ら判断を下していたような。
だから陰謀論ももっとメジャーだったと聞いたような。

NHKも内橋さんと本間とやらの双方の意見を載せて、
NHKなりにけっこう頑張ってるな、と思う次第です。

でも、あんまりNHKスペシャルとかB層は見ないんですかね。
チラ裏ですが、
うちの息子をいじめる子供が「そんなの関係ねぇ!」と
某芸人の真似を連呼しているのを見るとせつなくなります。

うちの幼い息子にはまだ教育テレビと幼児向けしか見せていないのですが、
まだ一度も人を叩いたりした事がありません。
子供は大人の口癖や行為をそのまま真似しますから、気をつけたい所です。


550 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 15:58:01 ID:bOtGS29n
>>546
早稲田も馬鹿だねえ。素行の悪いチャンコロやチョンが潜り
込むのを助けるだけになるだろう。以前、都内の大東亜帝国の
いずれかの大学で、留学生を大量に入れたが、その結果、麻薬
取引!が校内で横行するようになって、注射針などが見つかる
ようになり、当時の学長だったEさん他、大学執行部は頭を抱えた
らしい(箝口令が敷かれたため、同業者以外には漏れなかった
とか)。同じ轍を踏まないようにしてもらいたい。年々たちが
悪くなっていることは確実だから。

551 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 16:00:59 ID:3kNja71v
>>549
原田武夫氏は城内氏と同じ外務省ジャーマンスクール出身、欧州の視点
からものごとを考えるんでしょう。

しかしゆとり教育といい、本当にヤバイですね。詰め込み式の教育批判
からゆとり教育を行った文部省率いる自民党公明党なんですが、
愚民化教育を行い洗脳し、一生奴隷のままたかりの状態を脱却させないような
方針だったのではないかと思います。

552 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 16:19:03 ID:5i8dMxP7
なんでぇ・・・昼寝をしていて起きてみたらワセダかえ。

どうも日本には「国債」じゃなかった「国際」シンドロームちゅうのがあるのかな。
やたらに国際ナントカ大学とか学部があるよね。宮には「コクサイジン」ってえのが
未だに何のこっちゃかわからんのよ。誰か説明してくんない。

英語もいいけどよ、しっかり漢文と古文をやって日本人としての骨格を作るのが先
じゃねえのかな。

まあ、コクサイジンを排出するのもいいが、モリだとかカイフだとか、ドーシヨーも
ない「ソーリダイジン」を出すのだけはかんべんしてもらいたいわけよ。

福田ナントカというソーリはどこの大学だったったけ・・・?

553 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 16:24:00 ID:SQjizpK/
早稲田といえば統一協会。
森やら韓国コネが強いよな。

554 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 16:26:45 ID:38LxlsND
上智もフリーメーソンだしね

555 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 16:44:44 ID:fBsO/NZI
>>551
>しかしゆとり教育といい、本当にヤバイですね。詰め込み式の教育批判
>からゆとり教育を行った文部省率いる自民党公明党なんですが、
>愚民化教育を行い洗脳し、一生奴隷のままたかりの状態を脱却させないような
>方針だったのではないかと思います。

もっともです。
また、業者にとって旨味のある教育産業界にするには長い年月をかけてでも
どうしても公教育を破壊する必要があったのかも、とも思います。
昔の地方のように、出来る子ほど公立のみで済み学費がかからない、なんて
今は無理なのでしょう。
私の頃はすべて公立で6大学以上進学(東大も)いましたが。

教育を受けさせたかったら、金を積め!とは経済が先細る中、
ホント殺生な、としか言いようがありません。
恐ろしくて教育ローンなんか組めませんしね。

余談ですが、歴史教育とかの教科書の嘘って子供にどう教えるんでしょうね。
教科書に載ってない事教えたらテストでは間違いになってしまうしw



556 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 16:48:13 ID:EW0d041D
水沢名物おかわり自由のフリーソーメン。

557 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:12:49 ID:dXn+XBMK
農業の大規模化は問題だと思います。
北海道が酪農の大規模化でどれほど大変な思いをしたか。
酪農家は機械を買わされ、借金返すのも大変なときに牛乳の値段が下がり、
農協も金を貸してくれず、機械貧乏で自殺したり、廃業に追い込まれた酪農家も多かった。
農業の大規模化という話も現場を知ってる人が本当に考えたのだろうか?
デスクワークでこう動かせば、程度のことでやってるんじゃないだろうか。
小規模でも兼業でもとにかく農業に関わる人間を増やすことが大事だと思うのですが。

558 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:24:59 ID:Qn5pPW5V
>>496
本来は民主党が改革の本家本元ですからねえ。
あの党に反新自由主義勢力が集まっているのは事実であるものの、
本家本元ということで新自由主義勢力がごろついてるのも事実だからなあ。
どっちが主導権を握るか、力関係でいつ状況が変わるか分からないし。
有権者を欺き改革を推進し、成就させてしまう危険性も依然残ってる。
ただし彼らが本気で反新自由主義に転じたならやるでしょう。

>>521
ワークシェアという選択肢もあったのに潰したんだわ。
これは財界に抗い労働側を代弁する社会党が消えた結果だよ。
国鉄民営化は社会党潰しが狙いだったと大勲位も認めているし、
新自由主義改革の最大の障害は社会党だったんですわ。
規制緩和や新自由主義の流れで自然にそうなったというのは間違い。
明らかに意識して作られた不自然な流れなんですよ。

559 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:25:11 ID:Q1XgoC4m
日本の農業守るには関税強化して保護すべし
貿易摩擦という言い訳は嘘だからな

560 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:27:08 ID:mOxL50dn
>>229
カコチンに興味持ってくれてアリガト。今はロムるだけにしてる。地球人の生態調査のためにι(◎д◎)ノ

561 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:28:05 ID:Qn5pPW5V
>>557
その答えは簡単。数字しか見ない人達だから。
要するに淘汰が進んで最高に合理化された状態になればいいって考え。
その間に何人死のうが一家心中が起きようがどうでもいいって事なんでしょう。

562 :「暮らしと構造改革」ハンドブック:2007/10/18(木) 17:39:39 ID:fBsO/NZI
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/2002/0430hand-book/html/6_8.html
農業も株式会社になるってホント?

日本の農業といえば、家族でこぢんまりとやっているイメージだけど、会社みたいな組織でやるようになったら、
経営の規模が大きくなって、農業は強くなれるんじゃないかしら。

それについては、法律※1の見直しが行われて農業生産法人※2の株式会社化が認められたんだよ。土地の値上がりをねらって、
もうけだけのために農地を売り買いされることのないよう、日本の農業の発展につながるように注意しながら、
農業に対する民間の参加や農業経営の株式会社化などを推進していくことにしているんだ。

農業が株式会社化されるメリットは大きいはずよね。

もちろんさ。信用力が強くなるよね。それに、会社の資本を活かして、自らが作った農産物を
加工したり販売したりする活動も積極的に行うことができるようになるしね。

消費者も農業株式会社の株主になって、農業経営に意見を反映させてもらうことができるわね。

メリットはまだあるんだよ。農業株式会社が魅力ある職場となれば、農業の担い手を確保できることに加えて、
地域における新しい雇用が作り出されることにもなるんだ。

若者たちにとって、農業が新たな就職先として見直されるかもしれないわね。



563 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:41:55 ID:mOxL50dn
予言詩通りに人類史が進行するのは、みんなプログラム通りに行動する人型ロボットだからである。
闇氏についても、「今、この瞬間に」脳裏に浮かんだ知的情報をこの場に書き込んでいるわけだが、「今この瞬間に」闇氏の脳内「発言フレーム」上にその言語が浮かぶ…というのが実は偶然でなく、他者の意志によって闇氏の脳裏にインプットされたものだったりするわけだ。
スレ違いなのでこのへんで(^o^)

564 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 17:48:23 ID:5i8dMxP7
>>563 うん、あんたのカキコも他者の意志なんだよね。

565 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 17:54:08 ID:EW0d041D
いや〜スレがなごんできたな〜。

566 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 18:17:31 ID:dXn+XBMK
>>561
まったく絶望的な気持ちになりますね。
だから民主党に期待したくなる。

567 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 18:28:54 ID:mOxL50dn
>>564
過去の自分(前世)を他者と見なすならそうだね。

568 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 18:29:01 ID:wbrZ6qd/
>>546
国際化の前にやる事が山ほどあると思うんだが。。

569 :間ヌケの宮:2007/10/18(木) 18:42:42 ID:5i8dMxP7
>>567  なるほど決定論か、そういう考え方もあるよね。

まあ、仏教ではそのような考え方は否定するんだけどね。お釈迦様が最も激しく批判
したのが、邪命外道・アージービカ教徒だよ。

570 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 18:58:59 ID:3kNja71v

.   18年度成長率を下方修正へ 家計再びマイナス成長に転落
.   一人当たりGDP、世界上位20位より脱落(英独仏、カナダに抜かれる)
.   8年連続でサラリーマン所得減少、自殺者8年連続3万人突破
.   労働者の34%、15〜24歳限定では44%以上が非正規雇用に
.   ワーキングプア急増により、5年間で出生率が1.31から1.25に激減
.   労働生産性、相変わらず先進国最低水準(年々アメリカに水をあけられる)
.   実態の伴わない失業率、政府統計粉飾で景気偽装
.   賭博マネーゲーム横行で、資本主義の機能劣化
.   ホリエモンを新しい時代の息吹と絶賛、粉飾決算、風説流布、相場操縦横行
.   資本主義を破壊する企業の過剰貯蓄、いまだ高水準
.   デフレ脱却、2005年度も失敗


         ____
      /  \    ─\   ????経済わかんないけど
    /  し (●)  (●)\  小泉さんの痛みの改革は間違ってないよ・・・
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          | 


571 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 18:59:35 ID:3kNja71v
■ホワイトカラーエグゼンプションとは■ (まとめコピペ・改訂版)

■残業代  ・・・何時間でも0円
■残業時間・・・制限撤廃 (青天井)
■労働時間・・・制限撤廃 (週40時間労働の制度が消滅する)
■サビ残  ・・・合法化
■過労死  ・・・合法化 (企業の健康管理義務が消滅、労災対象外へ)

労働無制限。サビ残青天井。残業代0円。過労死自己責任。
まさに「奴隷化法案」です。

★年収は・・・「年収決まらず」  「政令でいつでも年収は変更できる」 (厚労省案より)
★役職は・・・「管理職の一歩手前」 つまり一般の正社員が対象。 (厚労省案より)・・・・管理職「以外」が対象(ココ注意)
★職種は・・・どこにもホワイトカラーとは書いてない。つまり曖昧。(厚労省案より)

●影響1・・・残業代0で平均15%年収ダウン。ローン破産多発予想
●影響2・・・サビ残青天井だから、超長時間残業が多発。
●影響3・・・社員が鬱病・過労死しても会社の責任がゼロ。病気・死人が多発。
●影響4・・・正社員の労働時間がコスト0円で急増するので、派遣大量解雇へ
●影響5・・・年収大幅ダウンで消費減少、不況に突入。 (→超少子化)


572 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:00:21 ID:3kNja71v
  1. 外資のM&Aを推進、日本企業の解体・外資売り渡しを加速
.   2. 労働関連法を次々に改悪し、派遣社員やニート激増
.   3. 不良債権処理を推し進め、中小企業を破綻させ失業者激増
.   4. 銀行資本を政策操作して国民の血税を外国資本に
.   5. 定率減税廃止など中間層の負担増やし少子化加速
.   6. リストラ・コスト削減の横行で国力(GDP)激減、成長率はベスト10から転落
.   7. 「財政危機」「年金危機」の官僚ダブル大嘘キャンペーンを演出し、過剰貯蓄を加速
.   8. 企業優遇策の積み重ねで大企業を金余り状態に放置
.   9. 空前の自殺数。自己破産・家出の高水準とピンハネ企業の蔓延
.   10. 金余り現象(デフレ)を放置し、余剰金を富裕者のマネーゲ−ムに回す
.   11. 郵政民営化可決で国民資産をハゲタカの賭博ゲームに
.   12. 内需拡大を目指さずアメリカ国債をバカ買い、アメリカ人の消費を下支え

小泉信者、いまごろダマされたことに気づく
         ____
      /  \    ─\   
    /  し (─)  (─)\    なんてこった!
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          | 


573 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:01:55 ID:3kNja71v
    ______
      /  \    /\   小泉さんは構造改革で新しい道のりを
    /  し (>)  (<)\  指し示したんだよ・・・。
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          | 
         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |


         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| | 構造改革は20年前のカルト理論
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ | | 
.   構造改革はアメリカで流行したカビ臭いカルト理論
.   構造改革を採用した国は貧乏化へ一直線
.   アメリカは自国内政ではアンチ構造改革、保護関税、積極財政主義
.   アメリカは他国に構造改革を強制し、グローバル企業の他国資産収奪を支援
.   構造改革は、グローバル企業による他国民収奪の道具として機能

.   4年間で失業者300万人増、非正社員230万人増
.   先進国2位の“高貧困率国”へ急上昇
.   フリーター・パートら低賃金層、固定化
.   派遣会社、人身売買化、“使い捨て”偽装請負普及
.   企業収益と雇用者報酬の急速な乖離
.   「生活苦しい」過去最高の56%に


574 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:02:57 ID:3kNja71v
   非正社員の比率「3人に1人」…階級格差の超大国
.   経済諮問会議(輸出大企業)の政治介入権を飛躍的に拡大
.   「貧困層」比率 先進国2位の衝撃度 
.   企業献金は35%増加 大半は自民党へ
.   社会保障を次々に削減、企業の減税幅UP

.   一人当たり名目GDP、下落の一途
.   労働法改悪で格差拡大
.   生活保護100万世帯突破、過去最高
.   銀行締め付けで貸し渋り横行、零細企業倒産、破産世帯激増
.   過労死、長時間労働は拡大の一途
.   日本人の低賃金化、底なし沼の様相

.   受刑者7万人突破 、終戦直後以来最高
.   5年間で自殺者20万人、家出35万人、自己破産100万人 
.   ワーキングプア拡大で少子化止まらず
.   人心荒廃、「正直者がバカを見る」詐欺天国に
.   市場原理奨励で東京の一極集中加速、地方過疎で国土放棄
.   集団自殺やカルト宗教、街はサラ金の看板だらけ
.   リストラ・コスト削減の奨励で内需はますます低迷



575 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:11:36 ID:wbrZ6qd/
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007101801000495.html
実質成長率は1%台後半 日銀、07年度は下方修正

予感的中

576 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:16:17 ID:mOxL50dn
宮さんの「本体」は、あの世にいて、一部の記憶情報が地球に「転送」されてきた。
今の宮さんはコピー体だが。コピー体は不完全だから老化する…
まあいいやスレ違いだから(^o^)

577 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:22:33 ID:Jb2gXQPp
【社会】早稲田大、留学生8千人受け入れへ−5年以内に、全学部生の1割程度が外国人に…一気にキャンパスの国際化を加速する考え★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192700142/


なぜどいつもこいつも少子化を解決したがらず
猫も杓子も外人いれるんすか?

578 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:27:46 ID:wbrZ6qd/
>>577
ハーバードみたいになろうとしてるんだろう。
それなら金をもっとかき集めないとダメだと思うが。

579 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:46:51 ID:Jb2gXQPp
最低限、人選をきちんとしてもらいたいですね。
身元もw


580 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 19:51:49 ID:EW0d041D
wなんか使うなよ。
ここはエンタメスレだぞ。

581 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 20:09:31 ID:mOxL50dn
少子化は長寿化と対であって、貧困国=短命国ほど子だくさんなわけだな(^o^)
10人老人が死ぬ→身代わりに10人の赤ん坊が生まれる、と。
だからといって老人に、早く死んでくれとは言えないしな(^o^)

582 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 20:36:53 ID:bOtGS29n
>>577
なぜって、答えは簡単だよ。

日本人が少子化だからこそ、ゴキブリ並に繁殖力旺盛な
チャンコロや糞チョン(でない方が大学としてもいいんだが、
何せ近いので避けようがない)を入れて、潰れないように
するというあたりが大学側の本音。あとは、留学生を多く
入れると、国から何か補助金が出るんじゃなかったっけ。
まあ、国際化なんて格好付けても、早稲田もつぶれた酒田
何とか短期大学も考えることは同じだよ。もちろん、アジア
或いは世界の中でできる学生を取り合いになっているという
情勢もあるんだが、所詮出来る学生はアメリカに行くって。

583 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 21:43:58 ID:pSmwgk9H
>>490さん、どうか怒らないでください
 このサクラ公演をやってる連中は、切株の横で寝転んで餌が転がりこむのや
 口に餌を運んでくるのを待つ暮らしが染み付いているのです。
 無料で使える掲示板を使う発想からして回虫です。総研さんが居た頃に戻る
 まで我慢強く待ちましょう。

584 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 22:03:13 ID:q9VASPcq
>>549
その手の討論はBS1でやっている海外のニュース番組や
ドキュメンタリーでよくやっているから見て見ると良いよ。

585 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 23:25:18 ID:4zH/XCY1
日本の経営者ってお金持ってても社会貢献なんてしませんね

586 :名無しさん@3周年:2007/10/18(木) 23:30:53 ID:N99AvAVc
そんなことはない、メディアが取り上げないことと、アメリカの規模が多きすぎる
だけだ。庶民よりも何百倍以上の税金を払っている。

 社会貢献ではなく、労働者に対する賃金の引き上げというか、そっちのほうが
社会貢献ではないかと思う。

587 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 00:17:18 ID:vHijgP+m
今日のクローズアップ現代にはがっかり。
この番組はいつも社会問題先取りして鋭い視点で切り込むのに今日のはなんだい。
郵政民営化の問題は山ほどあるのに。
田尻とかいうゲストがまた酷かった。
効率あげればバラ色の未来が待っているような幻想ふりまいて。

588 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 00:39:53 ID:EYb727bl
与謝野が消費税大幅増税に言及したらしいね。
1%ずつ上げていっても選挙に敗れるんなら、
いっそ大幅に上げることを打ち出しても一緒じゃないかと。
それに対して森派からは、当然反発が出ているようだが、
森派に対してふくむところのある与謝野としては、何か他の意図があるのかな?

589 :いわぬが花子:2007/10/19(金) 00:50:50 ID:R55RaSIu
>>588 ひょっとして政界再編がらみかも・・・・・

590 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 00:52:16 ID:vHijgP+m
与謝野さん大好きなんだけどな。タイミング的には最悪。
タウンミーティングのでたらめな金の使い方、わずか2回の美しい国会議に4900万円。
こういうムダを見せつけられて消費税あげるといわれても冗談じゃないっ!が国民感情。
ただでさえ値上がりラッシュ、低賃金でストレスたまってるのに。



591 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 00:53:53 ID:vHijgP+m
いわぬが花子さん、植草さんに好意的な記事が東京新聞に出たようですね。
さすが東京新聞、がんばれ!と言いたいです。

592 :いわぬが花子:2007/10/19(金) 01:27:42 ID:R55RaSIu
>>591 そうですねえ、そう思いたいところですが・・・あまり期待しないほうがいいですよ。というのは、もう書いてもよろしいと当局から支持がでた
ということなんです。完全に統制下にあると思ってください。メディアを信じてはいけません。
ワケは明日。役員氏は植草氏の逮捕から異常を察知しました。次は円高です。これもある事件から予言しております。
それは、疑惑の銃弾事件、覚えていますか?あの三浦和義氏が「万引き容疑」で逮捕されたのです。驚きましたが、
その後はもっとおかしなことが続いてます。

まずここを見てください。
http://ssl.dai2ntv.jp/cse/Shop?EcLogicName=freeitem.play&itemId=NtvI00015059
http://ssl.dai2ntv.jp/cse/Shop?EcLogicName=freeitem.play&itemId=NtvI00015060

2007年4月5日だったそうです。これだけだったなら、あの人は今、てきなニュースでした。ところが・・・
役員氏がピンときたのは、ジミー佐古田がなんと今年の春に叙勲されていたからなんですよ。
三浦氏が逮捕されたのが、1985年9月11日。わかりますね。9月22日プラザ合意。
あの疑惑の銃弾事件を報じたのは、文春です。ここまで書けば、たいていの人は言いたいこと、わかっていただけますよね。
超円高・・・になるかも。FXをやっている方、十分にご注意を!!
ちなみに、三浦氏の公判は、なぜか非公開になったそうですよ。なぜ隠す必要があったのでしょう?
植草氏をはめた女子高生は、ホントに日本人でしょうか?青木英夫という人物、在日だといううわさも聞こえています。

593 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 01:29:02 ID:5yGrsq7l
役員氏て誰?

594 :いわぬが花子:2007/10/19(金) 01:31:18 ID:R55RaSIu
私の親戚で某上場企業の役員だった方です。今は別のところで別の仕事をしています。

595 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 01:34:20 ID:5yGrsq7l
>>594
どうも
引き続きりそなの続報たのんます
一時は検察が竹中を狙い撃ちにしてると言う話も出てたけど
お流れになった臭いね

596 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 02:07:54 ID:6wCP5HyY
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪

597 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 02:14:29 ID:6wCP5HyY
上のほうでお笑いについて騙っているコテ犯の人いるけど、
多分、現状認識がずれている。
しかもそれを若い人たちに対する侮蔑へ転嫁するのは
一人の社会人としても、人間としても、許されない、みっともない行為だ。
ものすごく見損なった。猛省を求める。

598 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 02:18:22 ID:Iu0f+0fd
>>592
なるほど、そうだったんですか。
ただの一民間人なのに、要人か芸能人のような
扱いにはそういう意味があったのですか。
・・・十分注意ですね。

599 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 05:59:44 ID:mP6UavUx
>>597
自分が知らないことに対する認識なんて人間そんなもんだよ。
関係ないと思ったらいくらでも誤認するし、それをなんとも思わない。

600 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 06:30:52 ID:b+ZY9Pia
亀田って顔と気質が在日っぽいけど。
協栄ジム会長…金平(キム?)

ところで…
沢尻エリカのゴーマン態度→翌日号泣&反省パフォーマンスと、亀田のゴーマン翌日号泣反省…
沢尻もパッチギという在日映画のヒロイン役に出演…

この二人の相似形パフォーマンスには秘密が隠されてるきがする…

601 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 06:33:00 ID:7sDv8qqZ
>>451
 
sage厨房はなんの社会経験もないバカかな
 
日本の役人はオモテにですぎる上にでしゃばってぽしゃってもなんの責任も取らないからさ

お役所企業のNTTドコモと任天堂の例をあげると、携帯ゲームに関してドコモは任天堂に協力要請したが
ドコモガワがあまりに理不尽なルールを作ったがために、結果として失敗、任天堂も被害をこうむって
なんと会長(ヤクザでいうと総長か?)がやめた
 
ドコモはなんも責任とらず
 



俺がドコモ攻撃をやめないのはこのためだ

602 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 06:44:44 ID:7sDv8qqZ
ところで任天堂の株価は3倍ぐらいになってないか

バカなドコモと縁をきったらよくなったようだな


603 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 08:36:05 ID:TTExhhFW
>>597 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 02:14:29 ID:6wCP5HyY
>上のほうでお笑いについて騙っているコテ犯の人いるけど、
>多分、現状認識がずれている。
>しかもそれを若い人たちに対する侮蔑へ転嫁するのは
>一人の社会人としても、人間としても、許されない、みっともない行為だ。
>ものすごく見損なった。猛省を求める。


じゃあ、「現在のお笑い傾向と若者の行動パターン」のタイトルで
詳しく御教示賜りたい 。よろしく!


604 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 08:58:08 ID:TTExhhFW
>>592
http://www.google.co.jp/search?sitesearch=WWW.TANTEIFILE.COM&q=%8EO%89Y%98a%8B%60

三浦和義氏が狙われる必然性があったのですか?
ロス疑惑はすべてでっち上げなのですか?
だとしたら、何が理由で!?

さっぱり分かりません。

605 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:01:10 ID:TTExhhFW
んんん?
プラザ合意から国民の目を逸らすため???>ロス疑惑
そ、そのためだけの理由で???あそこまで大掛かりに???

606 :アサクサキングス:2007/10/19(金) 09:13:58 ID:TYI+pR5W
三浦逮捕はお金持ちの方々へのお知らせということでは

中国バブルの終焉(インド株がきっかけ?)やダウ、原油の崩壊がありそうだから
ドル暴落すなわち超円高はあるでしょうね

ブラックマンデーから今日で20年、アジア通貨危機からも10年
今日はインドと中国の株に注意っすね

607 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:25:58 ID:WdrVq7FQ
 もともと原油はシナやインドといった新興国がどんどん吸収するものだから、
上がっていった。しかしここ最近の原油の上昇は、トルコがイラククルド人を攻撃するという思惑が出たから。
アメリカがオスマントルコ時代のアルメニア人虐殺の非難決議の問題が出てくるから。

 イスラム圏のトルコはEUに入りたい、しかしキリスト圏とくにアルメニア人が
いるフランスは許さない。キプロスが入ってるのに何でわれわれは入らないのか
と懸念している。

 トルコは親日的な人たちは多い、ロシアにいじめられてたんだけど、ロシアを
日本はなんとか判定勝ちしたからだ。

608 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 09:30:44 ID:jX/XIvRp
>>597 お笑い・コテハンと来れば宮のことだと思うんだが、きちんと名指しで批判
してくれないかな。批判は大歓迎ですよ。

もちろん、若い人があのようなカキコを読んだら不愉快になるのはわかる。それでいい
んだ。そんなときは猛然と突っかかるくらいの元気がないといけない。その意味で反応
してくれたことにホットしている。これなら大丈夫かなという気がしてきたよ。

まあ、それでもあなたの書き方だと単なる遠吠えになってしまうので、繰り返すけど
きちんと名指しして欲しいと言うことだけは言わせてください。

いろいろ率直な意見が聞きたいのでまたカキコしてください。期待しています。

609 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:31:56 ID:WdrVq7FQ
 しかし、トルコは非難決議の問題がでると、このようにして防ごうとする。
日本は国防、外交はアメリカに丸投げなんだが、少なくても、アメリカ本土に
おいて非難決議をやめさせるよう、諸外国の動きを把握して、防ごうと
しないんだな。

 大使館の連中はパーティ三昧で放蕩生活をしている。もちろん全部
とはいわないにしても、三国志のほろぼされた武将を思い出すよ。

 国を滅ぼされるときって、いつもそうだが必ず諸外国の動きなどの情報収集を怠り
何の手を打たずに、過信して女や酒など酒池肉林、放蕩三昧繰り返すんだ。

610 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:38:09 ID:WdrVq7FQ
 シナや半島が対日歴史を政治的に利用する外交を直接抗議しても
嘘がばれてきて、通用しなくなってきているから、今度は戦略を変えてアメリカを利用して
日本にたかろうとしているわけだよ。

 ムネオなどが少し前、頑張って外務省の放蕩生活を暴いていたが、やめて
諸外国に動きなどの情報収集を行い、ロビーするくらいしないととは思う。

 しかしやらない、一度味がわかるともう元にはもどれないんでしょう。

611 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:38:53 ID:HrefwYbh
>>609
しょせんこの国は「ちっとは優秀な南ベトナム」だよ。


612 :闇の声:2007/10/19(金) 09:40:29 ID:j3PGO3qg
一昨日から昨日に掛けて、様々な人達と会った
その中で共通しているのは、何もかも一年早かったと言う事だ
すなわち、2008年から様々な問題が露呈してくる・・・2008年のオリンピックが契機で
中国の様々な問題が世界景気や政治動向にかなりの影響を与えるだろうと思っていたら
その前に日米欧で問題が噴出してきたと言う事だ

ここで、幾つか気になる話があるのは、安部晋三が辞める前三ヶ月間、彼がおかしな
密約をいろいろなところとしていないだろうかと言う事だ
特に、インドについて言えば彼は直接行っているわけで、あの利に聡いインド人が
朦朧としている安部晋三に様々なことを押しつけて、合意を取り付けていないだろうか・・・
これは極めて怖い話だ
パキスタン情勢に詳しい友人から電話が掛かってきて、ブット元首相の帰国は
相当パキスタン国内を動揺させるが、それに隣国のインドが無関心の筈がない
インドに肩入れすればイスラムを敵に回すのは目に見えている・・・
だから、日本がインドに魅力を感じるのは良いとしてもインドの考え方をあまり
考えないのは危険すぎると言う
小泉改革の最中は、日本外交はアメリカ一色とも言える状態だった
それを”持ち前の外交センス”で乗り切ろうとした安部晋三・・・
しかし、この一年は八方美人外交で何がしたいのか判らない状態だったと言えるだろう
つまり、六年間の外交空白期間があると思う
森の時代を入れればもっとかな・・・
そのツケ払いをしなければならない

613 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:43:33 ID:vMa73HU+
意識朦朧外交・・・

614 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 09:53:58 ID:WdrVq7FQ
>>582

 シナはそもかく、半島は出生率が日本より低い、また女性が少ないし、
地縁、血縁、学歴、出生地などが将来を左右する。だから非常に生きにくい
から海外で生活する人が多いんだ。日本のように非正規雇用が上昇している。
財閥がはびこってるので、なかなか新興が育たない。極端に保護主義をとっているため
もし国際競争にさらされたら、トヨタやソニー、松下といった多国籍企業
が入ってきたら、おそらく財閥は厳しくなると思う。

615 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:02:00 ID:WdrVq7FQ
 あと半島は徴兵制度があるから、軍隊上がりに学生や人間が多いので、武道の
こころのある人間以外がまともに、喧嘩しても勝てないよ。

 半島に旅行にいった人はわかると思うが、空港、町至るとこに、軍人が歩いている。
必ず2人以上なんだが、信号無視したりしてを道路を渡るとすぐにその軍人が囲ってくる。
北にスパイに神経をとがらかしているんだ。今はしらん。しかしあの国は車の
運転など荒い、気の短い血の化の多い人間ばかりなんだろうな。

616 :闇の声:2007/10/19(金) 10:04:28 ID:j3PGO3qg
ところで、面白い話を聞いた
参院予算委員会で石井一が冬柴にした質問、あれは誰がどんな目的で仕掛けたのか・・・
表向きは民主党が公明党にした形だ
まず、なぜに石井一なのか・・・
小沢はいざとなると側近しか信用しないし、その側近でさえ限られた範囲でしか
信用しない
二階に去られた時、小沢は一度は引退を決意したとも言われているが、その時の
二階の裏切りでますます人嫌いになったとも聞いた
そんな中で、石井は数少なくなった自民党以来の側近であり、何よりも野心のない人物だな
藤井が去ったので地位が上がった人物と言える
つまり、あの声は小沢の声なのだ
では、質問をさせたのは誰なのか・・・小沢にあの質問を許したのは誰なのか・・・
信濃町だよ
信濃町が公明党に対し、太田執行部に対してイエローカードを突きつけたと言える
小沢も信濃町も考えが似通っているよと、いつ反旗を翻せと言うかも知れないよと
言う事だな
鳩山が話し合い解散を切り出すカードは公明党だろうな
いつでも公明党は民主党と政権協議の上連立離脱をしますよ・・・
そんな感じだろう
今、公明党は独自の(と、彼らは言っている)政策を自民党との協議の場で
主張し始めている
徐々に距離を置く感じが見えてきている
あの石井発言は信濃町の意向なのだ
信濃町は選挙を睨み、自民党との距離感を持とうと懸命であり、自民党は
連立維持を維持すべく手段を選ばない状況になりそうだね
公明を巡る駆け引きは激化の一方だろうな


617 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:05:05 ID:AVVtDAAL
森の時代は森なりに何かやろうとしてたろ。
アメリカの横槍で頓挫してたが。

618 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:08:30 ID:WdrVq7FQ
 インドにもいったことがあるんだが、あの国はイギリスに対してあまり
い印象を持ってない。何百年と植民地になれた経験から歴史的な反感があると思う。
宗教上の問題からチキンしか食わないから力は弱い。

 だいぶインフラも整っているし、少しは豊かにはなっているんだろが、
英語は当たり前のように話すから欧米人とは言語のハンディはないから
普通にビジネスはできる。印僑をバックに猛烈に経済発展もしている。
あと親日的な人は多いよ。

619 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:12:30 ID:nEO8ZDfT
>>615
軍隊でやる格闘術の最大の目的は精神修養の類のものだよ。
現状で格闘術を発揮するのは希だし、そんな事態にならないために最善を尽くすんだから
(ないってわけじゃないよ)。

高校や大学の体育の授業の延長線上だと思ってもいい。
そりゃ、訓練下士官や特殊部隊とかなら全く別だけど。

小銃で射撃経験のある者すべてが射撃手章もらえるわけじゃないのと同じ。

620 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:32:44 ID:WdrVq7FQ
 >>619
しかし半島の軍隊あがりの荒っぽいスリグループとか青龍刀を振り回すチャイニーズマフィアとか
軍隊上がりの多国籍アジア犯罪グループとか日本の警察がまともに戦って
勝てるのだろうか。何も鍛えてない一般の素人がまともに戦っても勝てるわけがない。
そういう人間が日本と為替レートが違うから盗みでもしようものなら
なんでもやる。

移民を受け入れるとそういう犯罪が多発していくと思う。

621 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:40:42 ID:vHijgP+m
>>616
闇の声さん、石井さんの質問のバックに信濃町がいたというのは衝撃ですね。
そう考えると池田さんも大したものだというか。
自分への批判もあえて受けて自民離れさせようという大胆さはある種敬服します。

622 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:50:39 ID:x2AgnWXO
余談だが、一定の条件が揃うと子供が襲われるな。
まるで図ったように、絶妙のタイミングで。

623 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 10:58:24 ID:WdrVq7FQ
 池田なにがしだったか、母親がメディアに露出しまくって、セレブ
ぶりを披露した、娘も露出して狙われたかどうかわからんが、
犯人がマヌケでよかったが、仮にプロだったらどうなっていたか。

 とにかく治安が良かったのに、ああいうのが多発してくると、防衛グッズが売れるようになる。
しかし防衛グッズが一般の庶民が買えるようになると悪用する人間が出てくる。
負の連鎖というやつなんだが。困ったものだよ。地域共同体が破壊させて
地域コミュニティがないことも原因があると思う。

624 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 11:02:37 ID:SXT7/xpS
教師の淫行報道で教育現場をズタボロにしてロボット量産てか?
マスゴミシネよ

625 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 11:11:59 ID:jX/XIvRp
>>622  以前からそんな雰囲気を感じている。モンスター・ペアレントなんていうの
も問題になっているが、一種のテロという見方もできるんじゃなかろうか。給食代を
払わない連中もそうかな・・・。

明治維新のときには赤報隊というテロ集団があった。

まあ、わざとやっているとすれば、黒幕がどんな奴等かだいたい見当はつくけどな。

626 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 11:51:59 ID:Wvz+tk2a
【社会】暴力団追放運動のリーダーが男に刺される 約10日間のけが…鹿児島
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192762264/

627 :闇の声:2007/10/19(金) 12:46:46 ID:j3PGO3qg
>>626
警察は捕まえんよ
捕まえたとしても、それは替え玉だ
警察にとって、追放運動は邪魔なんだな・・・小遣いの収入源が無くなるだろ

もともと、相撲部屋のタニマチ筋は国士系の組織が多かった
某親方の関係者に国士の直系がいたりするのも(これ以上詳細には書けない)
そのせいだな
愛知の件は、犬山署・・・おそらく、キップをねだっていてずぶずぶだったんだろうさ
県警は、事件が起きてももみ消してくれるだろうと考えて動かなかった
脱走して何で居場所が分かるか・・・ちゃんと監視役が付いている
それがケツ拭きの役割だからな・・・事件になったのは部屋か犬山署が不義理をしたんだろ
自分は多分犬山署だろうと思う
もみ消しはせずに事件にして、警察の失態を世間に晒させた
警察の失態を警察の手で暴かせる・・・最大の恥さらしだな
自殺者を出しても不思議じゃない

628 :闇の声:2007/10/19(金) 13:04:51 ID:j3PGO3qg
やくみつるが大相撲の何とかになるらしい
あの漫画家は所詮嫌われ者で、野におっ放しておけば何を言うか判らないから
囲い込んでしまえと言う事なんだろうか
まあ、昔なら今頃は・・・って、ところだろうな
強度の近視らしいね・・・網膜剥離に気を付けた方が良い
外傷性の網膜剥離ってあるらしいから

大相撲の広告的価値が下がってるんだよ
永谷園の様に、しつこく広告を出し続けている企業もあるが、谷垣なんかがあれを見れば
徹底調査を考えても不思議じゃないな
やくなんかが入り込んだから、これから凋落の一途だろう
組織もそうなると見放す
名古屋や福岡で”きれいどころ”の数が減ったら、それは要注意だな


629 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 13:43:50 ID:WdrVq7FQ
 警察、相撲、電通、学会、ODA、組織、お金の流れを追っていくといつもからんで
くるんですね。

 暴こうとすると、強力な組織防衛が働く。

 

630 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 13:50:50 ID:8MzvkD61
闇の声ともあろう者がやくみつるを理解してないですね。
あれはただの太鼓持ちですよ。枡添とか猪瀬とかと同じ。
ガス抜き要因としてちょうどいいじゃないですか。

631 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:03:54 ID:XHKromgQ
地方商店街が寂れた一番の原因大店法改正って金丸小沢の時代に行っているじゃん。
600兆円?の公共投資をぶち上げて、財政を借金漬けにしたのもこいつだし、小沢が批判する資格などない。

632 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:13:51 ID:vHijgP+m
やくさんは極めてまともだと思いますけどね。
発言に一貫性があるし、マスコミの流れに流されない。
ああいう風刺漫画をかく人たちは一種の覚悟があるんだと思いますよ。
舛添、猪瀬と違うところは権力におもねらないところ。
自分が権力握った途端にみっともなく豹変するふたりとは違うでしょ。

633 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:16:10 ID:WeZhhZU+
トルコはもうイラク領に侵入しているよ

634 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:19:45 ID:sYgTaePR
>>631
>600兆円
ウルグアイラウンド対策費と呼ばれてたな

635 :闇の声:2007/10/19(金) 14:21:24 ID:j3PGO3qg
>>630
いやいや
あいつは、自分の身の程を知らずにいろいろ言うからな
気に食わねえってのは意外と多いんだよ

理事長は極端な小心者で、ああ言う物言いをするヤツが特に嫌いで、円形ハゲが出来るそうだ
それなら囲ってしまえと言う事だよ
やくは、聞いた話では横浜ベイスターズの提灯持ちで、どっかの何とか魔人にヨイショをしたが
取り巻きの芸人に蹴飛ばされて、近づかなくなった
まあ、TBSお抱えの太鼓持ちで在ることは確かだな

636 :闇の声:2007/10/19(金) 14:29:03 ID:j3PGO3qg
>>632
オレはああ言うのが嫌いだから教えるけど、やくの後ろ盾は民主党なんだ
最初、高野孟や佐高の仲間だったが、野球ヨイショに一生懸命になり
TBSの飼い犬になった
アイツほどの卑怯者はいないんだよ
亀田の父親に文句を言うのも、全ては局のバックがあるからだ
まあ、TBSがアイツを斬れば、その瞬間に全てを失うな

なぜこんな事に文句を言うのか・・・
ああ言う漫画ばかり書いてまともに働いてる連中の事など知らないくせに
何でも知っていると言う感じでおかしなコメントを出す
そんなおかしなコメントが、どのくらい世の中を曲げたか・・・
ワイドショー政治はもう止めようと言うのに、依然として同じ人種が出てくる
今の政治や外交、経済などそんな悠長な事を言ってられないはずだ
ヤツの漫画は風刺ではなく、コンプレックスの固まりをぶつけているだけだと
誰かが言っていたな
そんなのが国民の代表かい??そうじゃないはずだ


637 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:37:14 ID:r1fjtyxa
やくっていうのは、テレビでメジャーになる前は、
マンガスポーツなんかで好角家を公言していた。
大洋ファンで落合信子研究家だった。このころが一番面白かった。
好角家の著名人としては、デーモン小暮がいるが、こいつも北の海に好かれていない。
理事長の許さないリストに入っている。
まあ、横綱審議委員なんてものは、何の権限もないが、経団連より名誉なことなので、
居酒屋あたりも、狙っているんじゃないかな。

638 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:48:34 ID:WdrVq7FQ
>>636
佐高氏といえば、小林氏が薬害エイズの時つついてたな。
何も最初から体をはって取り組んでいるわけでもないのに、
途中から近寄ってきて、正義感づらしているとこに対してなんだけど。

高杉氏と大企業批判したり、最近土井たかこ氏と本を出していたんだが。

高野氏は媚中派といわれているね。


639 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:54:05 ID:KDuetyDs
>>637
 で、この儘行けば北の湖理事長は安泰なのか?

640 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:55:02 ID:jsQG+Cwk
>>636
そりゃ、やくに限らずテレビのコメンテーター全般の問題ででしょ。

641 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 14:59:58 ID:TTExhhFW
闇さんの支持するテレビのコメンテーターの方が気になるw

642 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:10:41 ID:fhK04b/c
中曽根氏 自民・民主で連立を 10月19日 0時7分

中曽根元総理大臣は、東京都内で講演し、参議院で与野党の勢力が逆転していることに
関連して、「大連立を作り、協力し合う経験をする必要がある」と述べ、次の衆議院選挙後に
自民党と民主党による連立政権を目指すべきだという考えを示しました。

この中で、中曽根元総理大臣は「これまでは自民党単独で、ある程度、政策を決められたが、
参議院選挙で自民党が負けて、今はそうではない状況だ。こういう状況が続けば、国の前進が
阻まれるという問題がある」と指摘しました。そのうえで、中曽根氏は「大連立を作って、
何が国益かを話し合い、協力し合う経験をしてみる必要がある。経験するならできるだけ
早いほうがよく、選挙が終わったあと、政治家は大局的に考えなければならない」と述べ、
次の衆議院選挙後に自民党と民主党による連立政権を目指すべきだという考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/10/19/k20071018000202.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/10/19/d20071018000202.html

643 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:14:49 ID:XHKromgQ
>>642
連立などは成立しない。衆院選後に自民も民主も分裂して政界再編が起こる。

644 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:28:49 ID:KDuetyDs
>>643
 今迄幾度、自民分裂による政界再編が言われた事か‥。
それが先ず細川連立に繋がったが、結果はかくの如し。
この国は選挙では何も変わらんのだろうね

645 :名無しさん@4周年:2007/10/19(金) 15:30:29 ID:IY6SDfhz
俺もそんな感じがする。
分裂、合流、二大政党。
そのためには、一旦自民が負けるとやり易いと思うが。




646 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:36:59 ID:Iu0f+0fd
それまで日本がもてばな。

647 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 15:40:58 ID:jX/XIvRp
公明党と言う延命装置がある限り、劇的な政界再編成はない。まず公明党を放逐する。
話はそれからだ。延命装置の取り合いっこしてるんじゃどうにもならんね。

さて、小沢氏はどう出るか・・・

648 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:41:04 ID:vMa73HU+
今日も卑屈なスレになってるな。

649 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 15:43:22 ID:jX/XIvRp
>>648 そう仰らずに、明るくて建設的な意見を書いてくださいよ。

650 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:52:00 ID:EYb727bl
>>619
日本人は、鍛えていない人の方が多いということを忘れてるな。
体育の授業の延長戦上とは言っても、厳しい訓練であることは間違いない。
軍隊経験のある人は、普通の何の心得のない人よりは、圧倒的に強いよ。


651 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:53:21 ID:FvXlpNQ+
冗談抜きで、学会員は脱会者の玄関の前に
うん子、置くのを止めて下さい。

652 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:56:25 ID:XHKromgQ
>>651
糞関係の事件は半島あるいは半島人の割合が圧倒的に高い。
この前も韓国で国会議員に議場で糞かけた韓国人が逮捕されていた。
教祖が朝鮮人犬作だから仕方がない。

653 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 15:57:04 ID:dEiLBL2z
>>601
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/80479/

そんなことは知ってるけどね。そういうことにしといてw
ドコモなんて持ってる技術以外、大した事ないじゃん。

任天堂こそ日本の経営のお手本でしょ。
結果として時価総額が上がって金融マーケットで評価が上がったという。

だけど短期的な収益を求めて、技術力をガタガタに落とす市場原理主義と
それに媚びる経営者に任せるよりはマシなんじゃないの?
ある種の企業価値考えたら、下手すると背任だよね。
東大の宮田先生とか、民主の参議院議員にもいるけど、技術に明るい人は
いるはずなんだけど。

マハティールさんが指摘するような意図がどこかにあるなら、どうしようも
ないけれど。国際金融資本も今より儲かるし、欧米も得すると思うけどね。

>>646
もう少しは大丈夫なんじゃないの?w
だけど、やってる方は命掛けてるんだろうけど、日本に政権争ってる
余裕なんてもうないんじゃないのかな。

654 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:02:07 ID:XHKromgQ
>>645
衆院選で自民が負けたら民主党政権だろ。それこそ悪夢だ。
自民が勝ちもせず負けもせず過半数確保、これで政権獲得が夢と消えた
民主党から小沢批判、小沢が自民や公明に手を突っ込んで過半数確保を
狙う、またその逆に自民が民主からの引き抜き工作などの動きが出てくる。

655 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:03:38 ID:ejrdq5kw
朝潮龍の騒ぎも亀田の騒ぎも池田大作の証人喚問を防ぐための茶番でしかない
池田じゃなく御手洗がやり玉だけど、それでも代用たたきでしかないさ


656 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:09:19 ID:r1fjtyxa
自民と、共産党が連立して、志井政権が出来る。
日本が共産国家になったといわれて、アメリカに爆撃されたらスゲー嫌だ。

>>639
多分安泰。自分で辞めない限り。
来年に理事選挙があるからそのときに出馬するか、否か。

657 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:23:40 ID:ejrdq5kw
朝鮮半島はそれで統一できないんだね
 
統一したドイツなんてまったくそれと同じことやってんのに

658 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:28:50 ID:jsQG+Cwk
>>650
アメリカの黒人ギャングも日本人は襲うけど韓国人は襲わない
日本の男は命乞いして有り金すべて出すけど韓国の男に手を出すと
返り討ちにされることも多いという
敵わないまでも徹底的に抵抗してギャングを手こずらせる
特にカップルだと日本人男性と対照的に命を掛けても女性を守る
これは軍隊経験云々というよりプライドの違いが大きいような気がする

659 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:38:53 ID:0NlwbSb7
>>658
ロス暴動で真っ先に韓国人が狙われたのをお忘れでは?

660 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:43:48 ID:0NlwbSb7
>>658
拳銃を普通に持っているギャングに徹底抗戦って、どんだけ韓国人はスーパーマン
なんだよ?

661 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:49:52 ID:ejrdq5kw
>>658、おまえ嘘もいい加減にしろ
韓国おんながしたを握るために男をストーカーしてるだけを無茶言うな

662 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:50:59 ID:vMa73HU+
したを握る?

663 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:54:38 ID:ejrdq5kw
バンダイ組というヤクザ組織がある
もともとはヤクザなのに玩具メーカーに転進して現在も続いている会社だ
オタクやらをターゲットといってるが、実際はカモを増やすためのシノギ
をやってるに過ぎない


664 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 16:58:30 ID:ejrdq5kw
風呂屋の番台とも

665 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:02:00 ID:AbVjM1/d
もういいじゃないか、あまり言い合うと泥沼になる。
韓国人は韓国政府発行の国定教科書のよって、国策で徹底して
小さいころから初等教育で戦前の日本の軍国主義のことを徹底批判して
反日教育によって(洗脳)すりこまされているわけだから。韓国人というより
韓国社会全体の問題だよ。歴史をもちださず、普通に接していけばよい、まあ
なかなか利害が絡めば難しいんでしょうが・・・

 地縁、血縁、学歴に恵まれない人たちはそういうとこに矛先を向けさせるような
気がするんだが、それでも耐えられず、外国に行くんだろうが・・・

 歴史をもちだすと事実もくそも関係ない、見解の違いからすごいことになる。
 瞬間湯沸かし器のようにヒステリックにでかい声だして言いたいことをストレートにいえば勝ちだという
思考をまず優先させるんだが、まあ韓国を徹底してたたくことで自分のアイデンティティを高めるは自由だが、
それではあの韓国という国が国策でやっていることとたいして変わらん。また韓国メディアにそういう
教育を受けている人たちがたくさんいる。

 かつては欧米の植民地政策に比べて日本は正当にやったという、日本の軍にいた
大統領もいた。しかしそれでも国定教科書の影響からか 民衆レベル
でそういうことを公式でいったりすると言うと売国奴扱いする。

そんなものだよ。

666 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:02:57 ID:vHijgP+m
>>636
闇の声さんともあろうものが、やくさんに関してはつまんないコメントしますね。
民主党やTBSと仲が良くてもいいじゃないですか。
少なくとも彼は事実も調べず、世論におもねるだけの箸にも棒にもかからないバカなコメンテーターのなかでは
相当ましですよ。
コンプレックスの塊をぶつけてるだけというその知合いのほうが間違ってると思いますね。
少なくとも彼は国民感情のまともな部分を代弁してくれてますよ。

667 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:09:30 ID:ejrdq5kw
バンダイ組はなにをちまよったか、20年前の趣味の服(メイドともいう)を売り出して儲けようとした
だが、あまりに稚拙で頓挫する予定だ

668 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:10:57 ID:KKvXCOhW
まあ、平成9年に破綻した木津信用組合や、平成12年に破綻処理された
南京都信用金庫、みやこ信用金庫についてまで、平成13年に発足した内閣
のしわざに仕立てるようなみさかいのないのもいるからな

669 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:12:06 ID:HrefwYbh
岩国で米兵4人による集団暴行事件

なんでも被害者がみんな悪いんだそうでw

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192766045/l50

670 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:13:17 ID:ejrdq5kw
いや韓国の反日ではなく、日本政府への反政府運動は俺はまちがって無いと思うよ


671 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:15:24 ID:p9jS8qYF
日本人モドキだからな
今の政府は

672 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:16:44 ID:AbVjM1/d
>>666
 テレビに出ているコメンテーターを持ち上げるのは自由だが、
みなお金ももらっているし、庶民生活とかけはなれているとこから
モノを言っている。みなメディアの使いっぱしりだし、電波芸人にすぎんのだよ。
そこから考えたほうがいい、言っていることはもっともらしいこといっていても
そいつがどんな普段行動をとっているか、そこなんじゃないか。


673 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:16:51 ID:ejrdq5kw
韓国人は、日本政府と日本人が別だとわからないバカだと俺はいってる

674 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:19:27 ID:IJlOrjqj
★「丸刈り」の“先輩”菅直人氏が亀田大毅について…

・民主党の菅直人代表代行は18日の記者会見で、ボクシングの世界タイトルマッチで
 反則を繰り返し処分を受けた亀田大毅選手が丸刈りにしたことについて質問され、
 「私も丸刈りにしたこともあるが…」とやや苦い表情。
 年金未加入問題で代表を辞任し、丸刈りのお遍路姿で四国巡礼をした記憶が
 よみがえったよう。それでも「安倍晋三前首相を持ち上げてきた人たちは、頭でも
 丸刈りにしてどこか歩いたらいいのではないか。小泉純一郎元首相はその第一
 候補だ」と切り返していた。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007101902.html

675 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:21:42 ID:KNAaB/ub
間ヌケさん、>>622は考えすぎじゃないかい。具体的に何かあったかな?

676 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:22:51 ID:KKvXCOhW
コメンテーターというくくりが実に曖昧だ。
エロ映画発の井筒が昼間、TVで時事問題にまで言及するのも
今さらながら日本ならではだな。


677 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:28:35 ID:mApP8yNQ
殺された斉藤俊さんの遺体(グロテスクではあるが、事件の悲惨さを知るために是非みてほしい)
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up11731.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up11732.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up11733.jpg


ワイドショーの解説絵
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up11734.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up11735.jpg

678 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:28:40 ID:AbVjM1/d
>>670

歴史を政治的に利用してたかっているだけだ、場合によってはチャイナとも
共闘する。それも中国国民党の宣伝工作の写真などもちだしてきたり、
言っていることがコロコロ変わる慰安婦もどきを使ったりして、政府が国策でメディアなど使って大々的に宣伝する。

この運動が間違っていないという人は拉致はないといっていた社民党に多い。

679 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:30:30 ID:mApP8yNQ
138 名前: 気象庁勤務(東京都)[] 投稿日:2007/10/19(金) 10:58:15 ID:0rW1Ljmo0 ?2BP(3369)
時津風部屋だけでここ20年で3人死亡しているそうです。
立派な連続殺人です。
死刑でお願いします。

152 名前: 国会議員(埼玉県)[] 投稿日:2007/10/19(金) 11:01:17 ID:6fbmy9Tg0
>>138はマジだよ
前にワイドショーでやってた
だから病院とグルになったり手馴れてた

157 名前: 団体役員(兵庫県)[sage] 投稿日:2007/10/19(金) 11:02:43 ID:OK7HUEw60
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000024-nks-fight
>時太山(ときたいざん、当時17=本名・斉藤俊さん)が、けいこ後に急死した問題で、
>斉藤さんの死因について搬送先の病院の医師が「急性心不全」と診断書に記載したにもかかわらず、
>県警犬山署の署員が「虚血性心疾患」との報告書を作成していたことが15日、分かった

絵、何やってんだこれ

680 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:31:06 ID:mApP8yNQ
267 名前: 選挙運動員♀(アラバマ州)[] 投稿日:2007/10/19(金) 11:36:19 ID:uN8rvV9e0
親方は遺族に無断で、名古屋で火葬しようと企てる。(死亡診断書があれば法的に可能)

葬儀屋の職員が、遺族親戚が立会わない火葬は極めて異例と不審に思った。

親方、葬儀屋に「火葬はまだですか」「一刻も早く火葬してください」と催促。
葬儀屋、遺体に刻まれた無数の傷を発見。

葬儀屋の職員は、新潟の両親に電話して、『本当に火葬しても構わないのですか?』と尋ねる。

すぐに父親は電話で親方に抗議。親方に火葬の中止を求める。

親方「もう既に日取りは決まってある」「今さら勝手な事を言うな」と父親の要望を却下。

父親、葬儀屋に電話。葬儀屋、名古屋の火葬を直ちに取りやめ、遺体の搬送を行う。

遺体は両親の新潟に搬送され、両親と涙の対面をした。
(遺体の付き添いは葬儀屋の職員だけ、相撲部屋の関係者は一人も来なかった)

681 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:32:07 ID:mApP8yNQ
282 名前: 留学生(関西地方)[] 投稿日:2007/10/19(金) 11:39:28 ID:rjb/TAAC0
1985年以降、亡くなったした力士16名、心臓周りのトラブルが多数あり多臓器不全、肺出血など
http://up.uppple.com/src/up7253.jpg

682 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:32:38 ID:XHKromgQ
メディアに出る人間はメディアのお眼鏡にかなっている人物だけ。
許容範囲を超えた発言をするとすぐに干される。
亀田に批判的な発言をした畑山が解説せず、TBSの仕込みどおりの
発言をする鬼塚が起用されたのもそのため。

683 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:35:55 ID:ejrdq5kw
>>678
 
グレゴリー・ペックは映画でいった
 
白だろが黒だろが黄色だろがユダだろうが、総合 色 をみない奴がほんとの差別主義だと
 




684 ::2007/10/19(金) 17:40:36 ID:sN6F76ve
陸上男子 日本記録 韓国記録 日本Junior記録

        日本    韓国   日本Junior記録
 100m   10.00    10.34    10.24
 200m   20.03    20.41    20.29
 400m   44.78    45.37    45.18
 800m  1.46.18   1.44.14   1.47.13
1500m.  3.37.42   3.38.60   3.38.49 
5000m  13.13.40   13.50.35   13.35.2 
10km.  27.35.09   28.30.54   27.59.32
110mH.   13.39    13.71    13.88
400mH.   47.89    49.80    49.09
400mR.   38.31    39.43    39.30
1600mR.  3.00.76   3.04.44   3.05.33

走高跳    2.32     2.34     2.29
棒高跳    5.80     5.60     5.50
走幅跳    8.25     8.03     8.10
三段跳    17.15    16.73    16.29
砲丸投    18.53    18.47    17.40
Hmr投.    84.86    67.05     68.00
槍投げ    87.60    83.99    76.54
円盤投    60.22    55.91     50.31
デカスロン    7995    7675     7169
男マラソン   2.06.16   2:07:20


チョンの身体能力って、日本の子供レベルだろう。
日本人がチョンに負けるわけないだろう。

685 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:49:01 ID:AbVjM1/d
 場合によっては敵の兵隊を殺さなければならないような訓練を受けている
軍隊経験者とまったくそういう訓練も受けてない人間が同じ条件で喧嘩したらどうなるか
ということ。

 またハイテク技術とか身体能力とかそういうことではなく、そういう徴兵上がりの人間が
日本でスリなど行った時に、はたして防ぐことができるか、勝てるのだろうかということだ。

686 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 17:54:26 ID:EYb727bl
>>682
何日か前の朝の番組でも、落合恵子さんがマスコミの責任について
ちょっと言及したら、司会のアナウンサーがスルーして話題を転換したよな。
今後も番組で使ってもらいたいと考えれば、メディアのお眼鏡に叶う発言しか出来ないよな。

まぁ、マスコミも一商売と考えれば、法に触れない限り、
自社に不利な事柄を極力隠そうとするのは、当たり前なんだろうけど、
影響力という点から見ると問題が大きい。

687 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 18:00:00 ID:SXT7/xpS
チョンコロの話持ち出してスレ汚すな

藤井がキャピタルゲイン税を上げると言ってるらしいな
賛成だね

688 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 19:03:43 ID:osfIkDIs
そもそも頼まれてもないのに勝手にコテ犯名乗り出て、
その書き込みの内容は5千年前から繰り返されてる「老人の戯言」。
名指しする価値もないと思ってる。

子供は大人社会の鏡。
今問題になっている中高生のネットいじめも、ここ数年来の
政界のドタバタ騒ぎや不祥事企業への集団リンチとほぼトレースしているように感じる。
目標もなく、勉強もせず、真面目に社会のことを考えることもなく、
語るべき夢も言葉もなく、内輪でのお遊戯ごっこといじめに熱狂。
なんだかんだで子供は大人の背中を見ているのだ。

「今の若い世代は、芸能人とスポーツ選手ばかりを目指すようになってしまった」
と、嘆く記事を最近何かの雑誌で読んだ。もちろんスポーツ選手は血のにじむような努力を毎日続けているわけで、
その点については見当違いと思ったが、これは、最近のスポーツ選手のアイドル化を指して言っているものと解釈した。

地道に働いて生きていても給料は上がらず、正規雇用への道もない、
その一方で「おっぱっぴー」(?)などとやっている人間のほうがもてるし、お金ももらえる、
もしくはスポーツに打ち込んでちょっと見た目がよければ瞬く間にスター扱い、
となったら誰も真面目に勉強しようなどとは思わないだろう。
社会に出ても給料は安く据え置かれ、出世の見込みもない。
それどころかまともに安定した仕事さえないかもしれない。

ここまで考えて、米国のことを思い出した。米国に住んだこともないため、
見当違いかもしれないが、米国では建前は実力主義、平等を掲げていても、
現実は金持ちの白人層が彼らだけで上層社会に君臨しており、多人種はなかなか出世できない。
特に黒人は、スポーツや音楽の道を目指す、というより他に目指せるものがない。そんな社会構造。

現在の東アジアにおいても同様の構造の芽はないか。
つまり、破竹の経済成長を続け、みなが目を輝かせ上へ上へと上昇志向を持っている中国人と、
内に篭り、その日暮らしの生活をし、世界で起きていることには目も向けようとしない日本人と。

中国人は白人で、日本人は黒人、こんな未来の東アジアを想像してしまった。

689 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 19:05:50 ID:sfAme3OY
皆が言いたいのは
「オレは悪くない」
www

690 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 19:06:30 ID:WU1/c1xO
>>654
選挙制度変えるしかないのかな。
一院制と完全比例代表制の導入。
こうすれば新自由主義を一掃できる。

691 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 19:07:28 ID:6TzfZ69S
19日午前7時半ごろ、鹿児島市西千石町の路上で、近くに住む会社役員妹尾博隆さん(65)が
ごみ出しのため自宅を出たところ突然、男に尻を刃物のようなもので刺された。

妹尾さんは10日間のけが。鹿児島県警鹿児島中央署は傷害容疑で男の行方を追っている。
同署によると、妹尾さんは山下校区安心安全まちづくり推進連絡協議会の会長を務めており
近くに暴力団事務所ができたことから、今月9日に事務所追放の決起大会を開いていた。

県警は、暴力団関係者の報復の可能性もあるとみて捜査している。


692 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 19:12:01 ID:WU1/c1xO
>>688
>地道に働いて生きていても給料は上がらず、正規雇用への道もない、
>その一方で「おっぱっぴー」(?)などとやっている人間のほうがもてるし、お金ももらえる、
>もしくはスポーツに打ち込んでちょっと見た目がよければ瞬く間にスター扱い、
>となったら誰も真面目に勉強しようなどとは思わないだろう。
>社会に出ても給料は安く据え置かれ、出世の見込みもない。
>それどころかまともに安定した仕事さえないかもしれない。

随分前に闇氏か宮氏がこの点に触れてるw

693 :開業税理士:2007/10/19(金) 19:39:20 ID:V/NXdhyF
>>616 :闇の声
>>信濃町だよ
ってそれは大先生の筋か?
俺は筋が違うと思うがどうだろう?

694 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 20:08:55 ID:CJCG2h4B
>>688
今の日本を覆う暗い世相は、国の経済政策に起因するものが大部分です
まともなマクロ経済が実施されれば、すぐにとはいかないでしょうが、
明るい方向性に向うと思われます

もっとも目下の状況は、相当な所まで進んでいますがね
とりあえず、庶民としては新聞・テレビの論調にダマされないように
マクロ経済の勉強をすべきでしょうね

695 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 20:11:47 ID:HrefwYbh
>>693
あそこはなんだかんだ言って大先生は無視できんでしょう。


696 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 20:22:00 ID:IwCsCj9f
**組+創価学会+労組=解散総選挙、民主連立政権発足(非親米) 自民惨敗
→ 対抗に米英が立てるなら **新党 発足か。
その間に 沖縄、台湾に華僑が増えるのか。隣の国なのに、超大型台風直撃で
大きな被害が出ていても、ほとんど報道もないしなあ。メディアは握られてるなあ。
 まじめに汗をかいて働く人間が貧しくとも平和に暮らせる日本であってほしい。

697 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 20:50:35 ID:tFDS3h1U
在日の「韓国人は軍隊経験で逞しい」て言うのはいつものホルホルだろ

698 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 21:24:31 ID:do7fId2U
ソーレンソーレンソーレン ソーレンソーレンソーレン ♪
>>677 馬鹿野郎 日も暮れたのに怒らすな
    貴様本当に怒らすな  

       ,、,,、,:,i;:(((;(::;i:;,、,, 、
       ,,r'"          `ヽ、
      /               ヽ
     i゙                 .i
     i                从ハ)
     |,               从从)
      i-・==- ,   -・==-    人从)
   .   i  .,,ノ(、_, )ヽ、,,       ^゙`ヽ
      {   `-=ニ=- '       '-'~ノ
     λ   `ニニ´       /-'^"  小生と名無しの小生以外書き込むな
      ヽ,           ノ   と言っているのだよ
       ヽ,         | HN付けて書き込んで名無しで賛美して
        `''ー -- 一 ''" |、 また名無しで質問するからそれが何だというのか    
     / `ヽ     ̄` ー‐' `ヽ    問 世間の外に居るの?
    /    |            」   答 ニートで結構だよ ばかやろう
   /`ヽ、_ │             ハ
                     問 共産党の知事が自民党の府議を副知事 
                       にするなんて北海道と九州を間違える
                       ような間違いですね?
                     答 小生はCIAで、ズバリ的中で、様付け
                       で呼ばれて尊敬されているのだよ 小生はナイスだよ


699 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 21:31:59 ID:5yGrsq7l
だからそのAAの元ネタは何よ?

700 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 21:49:37 ID:tV2umr88
AAの一部をコピペしてNG指定すればOK

701 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 21:51:53 ID:EYb727bl
>>688
宮氏と同じ認識だと思うんだが・・・


702 :闇の声:2007/10/19(金) 21:54:15 ID:j3PGO3qg
>>698
なにがいいてええんだ???
ああ??
言って見ろこの野郎!!!
いい加減にしろよ
何とかコイツの居場所突き止める方法はねえのか????
一生グーしか出せねえようにしてやろうか??
それとも角膜をフィリピンで取ってやるか??
このクソ野郎”!”!!”!

703 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 21:54:47 ID:jX/XIvRp
>>675 考えすぎです。・・・ハイ。定食屋で「オレだけ盛りが少ねえじゃねえか。これはテロだ!」
なんて、そこまで行ったらオシマイだよね。

かつて池田大作は、自分に出されたメロンの一切れが周りの人間より小さかったので、40分ほど
怒鳴りまくった。う〜ん、信濃町の大先生は偉大だなあ。

704 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:08:17 ID:96uqjnnZ
>>702
アホには放置プレイが一番。
他人の嫌がる事をやって喜ぶ基地外は無視。

705 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:09:37 ID:HqJiNDiX
つかなんでそんなにイヤがってるのか全然わかんね。。。

706 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:14:32 ID:HrefwYbh
名指しされているからでしょ。
いくら2chでも名指しで言われるのは気味が悪いんでしょう

707 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 22:15:00 ID:jX/XIvRp
>>700 そのNG指定というのは誰でもやっていいんですか? 権限の問題がありますので。

708 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:15:04 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より)   時代錯誤の数学者 1
06/05/07

 藤原正彦氏のベストセラー「国家の品格」は、〇六年五月一一日現在「バカの壁」より
58日早い190日で200万部を達成したそうだ。確かに一見、わかりやすい内容である。
藤原氏の国語教育に関する考え方などには同意できる部分が少なからずあった。しかし
残念なことに、本書は数学者とは思えない杜撰な論理と浅薄な知識、アナクロニズム
によって書かれた本であると云っても過言ではない。
まえがきの末尾に「品格なき筆者による品格ある国家論、という極めて珍しい書となりました」
と書かれている。「品格なき筆者」とは藤原氏が謙遜の気持ちで書かれたのだろうが、
決して謙遜されるには及ばない。まさにそのとおりだと思う。
 「遺伝学のダーウィン」と述べるなど、信じられないような誤りもあるが、もっとも
気になるのは本書に一貫した、論理の杜撰さと、誠実さの欠如である。内容の極端な
偏りはその帰結だと云ってよい。
後述するが、論理と情緒という対置するにふさわしくない概念を並べ、「論理より情緒」と
主張したり、国民を「真のエリート」と「庶民」に二分したりと、、過激な意見が述べられている。
事実を正確に過不足なく伝えようという誠実さがないし、極端な単純化が随所に見られる。
主張の根拠として示される事実は恣意的に選択されたものが多く、いくら学術論文ではないと
云ってもここまで「品格」を落としてもよいだろうか。理を尽くさず、ひたすら情に訴える
という奇妙な「論文」だ。この方は本当に数学者なのだろうか。
 他国と比較して日本国民とその文化の優秀さを賛美することが本書の基調となっている
(皇国を持ち上げた戦前の日本、またアーリア人を最優秀人種としたナチスとも似ている)。
江戸期から明治期にかけて来日した外国人による日本賛美の話をいくつも取りあげ、
その証としている。そのため日本人でさえあれば、われわれは選ばれた国民なのだと、
労せずしていい気分になれるよう仕組まれている。



709 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:17:24 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者 2

しかし、外国人らは「東洋の未開国にしては」という前提で日本を褒めたのではないだろうか。
明治期の東京帝国大学の教師であったチェンバレンは日本人の特徴として「付和雷同を
常とする集団行動癖」をあげており、褒められた話ばかりではない。世界史の中で日本が
特異な位置を占めていることを否定する気はないが、今、日本をことさら賛美することも、
卑下することも意図的な色づけであり、賛成はできない。
 本書は他国との差異を強調し、ナショナリズムを煽るところがあるため、右寄りの先生方の
中にはこれを高く評価する向きがあるようだが、自らの見識を疑われることにならないとも
限らない。
 「国家の品格」が売れた背景には近隣諸国の反日感情の高まりと、日本に対する高圧的
態度があると思われる。日本国民の優位性を説き、持ち上げるという内容は近隣諸国に
向けられた苛立ちの解消法となるのだろう。しかしやり過ぎればナショナリズムを煽る危い
解消法でもある。以下、「国家の品格」を中心に問題点のいくつかを取り上げたいと思う。

論理の限界を説く「非論理的」説明
 「国家の品格」のまえがきに「論理だけでは物事は片付かない、論理的に正しいということは
さほどのことはない」、また「私の中で論理の地位が低下し、情緒とか形がますます大きく
なりました」とあるように、要するに論理よりも情緒と形を重視せよということらしい。
情緒・形とは藤原氏によれば、「ここで言う情緒とは、喜怒哀楽のような誰でも生まれつき
持っているものではなく、懐かしさとかもののあわれといった、教育によって培われるものです。
形とは主に、武士道精神からくる行動基準です」だそうだ。
まず論理と情緒・形を並置しておかしくないだろうか。論理とは思考の手段に過ぎず、いわば
道具である。情緒は感じ方、武士道精神はひとつの価値体系である。比較対照するに
ふさわしい同じレベルの概念とは思えない。たとえば、金銭至上主義やめて武士道を、
というならわかるが、論理をやめて武士道、ではさっぱり分からない。
 強いて解釈すると自分で思考することををやめて、武士道の定めるままにままに
行動せよということだろうか。



710 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:22:55 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者  3

 論理に頼ることはいけないと、藤原氏は論理の正しさが失敗を招いた例をいくつも
取りあげられている。一例を示す。
 「かくしてアメリカの多くの高校では、国語の単位に代えてタイプの単位をとってもよい
ことになりました。その結果、思惑通りにタイプは打てるようになりましたが、打つべき英語の
方が崩壊してしまいました。一九七〇年代の後半になると、海軍の新兵さんの二五%が
武器の取扱書を読めなくなってしまいました。(中略)アメリカ人のすべてが社会に出たら
タイプを打つ。だから、タイプはできなければいけない。ならば学校で教え、みながタイプを
打てるようにしよう。これは正しい論理です。正しい論理を追求して惨憺たる結果を招いた
わけです」(第二章)
 だから正しい論理ではダメだ、あるいは正しい論理だけではダメだと主張なさりたいので
あろうが、ここで問題とされるべきは論理ではないだろう。タイプのために国語の時間が
少なくなり、その結果、国語力が低下したというのは当然の論理的な帰結である。国語の
学習時間の減少を無視し、タイプのことだけしか考えなかったことが問題なのであって、
論理の問題ではないのは自明である。この問題に、論理ではなく、「情緒」や「武士道精神」を
もってくれば正しい解決になったのだろうか、是非とも教えていただきたい。

「出発点」は浅薄な知識

 第一章の「近代的合理精神の限界」では、五世紀から一五世紀の期間だけを取りあげ、
ヨーロッパの後進性、それに対して万葉集、古今集、源氏物語などを挙げて日本文化の
世界的優越性が説かれる。ところが産業革命以後、世界は欧米にやられてしまったという。
しかし近年、犯罪、家庭崩壊、教育崩壊といった荒廃が先進国共通の現象になり、これを
待ちに待った西欧的な論理、近代的合理精神の破綻であるとされる。 「待ちに待った西欧的な
論理、近代的合理精神の破綻」とあるが、西欧文明に何らかのコンプレックスをお持ちのように
見える。主張されることに強いバイアスが感じられるのはそれと関係があるのだろう。



711 :闇の声:2007/10/19(金) 22:27:47 ID:j3PGO3qg
嫌いなモノは嫌いなんだ
理屈はない

>>708
この本、気になるのは警世の書ではないことだ
かつて、天谷直弘さんと言う中曽根大勲位と大喧嘩して審議官止まり(だったか)で
退官し、民間の研究機関に天下りしていった人物がいて、バブル崩壊を言い当てていた
その中で、町人国家は必ず滅びると言う一説があった
町人国家とは何ぞやはさておき、彼は知性と教養を軽んじて備えない国家は亡ぶと
断じていた
彼が説いていたのは、思考の大事さだ
それと、生命・・・特に、死を意識する事の大事さだね
人生を考える上で、死から逆算していけば自分が今何をすべきなのか・・・
それが判ってくる
さらに、死を恐れる気持ちが生命を大事にする根幹を為すとしていた
文化の優秀さを賛美するのは良いとしても、思考世界という一見情が支配するようで
実は冷静な分析と理論が求められる世界を真剣に考えない限り、思考しようと
言う気持ちは産まれないと思う
結局、メディアの宣伝を一方的に受け入れてしまい、それ以上の”何か”を得ることをしなくなる
本質的に、思考レスの社会なんだと思う
それを賛美で見えなくさせられているのでは?と懸念するのだ

712 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:27:59 ID:96uqjnnZ
>>707
専用ブラウザで設定する。
ローカルの問題なので誰でもご自由に って感じです。

713 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:29:41 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者  4

第四章には次のような記述もある。日本人の感性についての話の中で、スタンフォード
大学の教授が藤原氏の家に遊びにきた折のことが紹介されている。夕方、秋の虫の
音が聞こえてきたときのことである。
 「この教授は『あのノイズは何だ』と言いました。スタンフォード大学の教授にとっては
虫の音はノイズ、つまり雑音であったのです」(中略)「なんでこんな奴らに戦争で
負けたんだろう」。
 この表現もコンプレックスの存在を窺わせる。また音に対する感性と戦力の間に
関係があるというのは初耳だ。
 バッハ以来の西欧音楽の豊かさを知っていれば、欧米人の感性をこんな風に断定
することは出来ないだろう。普遍性、質・量に於いて、邦楽が西欧音楽を凌駕すると
思う人はまずいないと思う。理解していない方は別だが。欧米ではその音楽を理解
することはエリートの条件とも聞く。
 近年の、犯罪、家庭崩壊、教育崩壊といった荒廃は西欧的な論理、近代的合理精神の
破綻(の結果)であると結論づけている。犯罪、家庭崩壊、教育崩壊とあるが、これらの
現状をきちんと把握されているのだろうか。二〇〇四年版の犯罪白書によると主要犯罪の
発生率は英米仏では九二〜〇二年はほぼ横ばい、米ではかなり減少傾向にある。
日本では同期間で増加が見られたが〇二年以後は減少傾向となっている。家庭崩壊、
教育崩壊については統計が見当たらないのでわからないが、社会の基本的な理念が
破綻するのは大変なことであり、簡単に断定してよいものだろうか。
 主張される以上、これらが先進国で増加しているという根拠を示し、さらに犯罪、
家庭崩壊などと、西欧的な論理などとの因果関係を示すべきだ。他の理由、例えば
核家族化の進行などでもこれらのことは起こるのではないか。これらはひとつの原因
だけで説明できるものではないと思う。あまりにも雑で、飛躍が多く、途中の段階を示して
いただかなければさっぱりわからない。いくら論理より情緒といわれても、正確な
論理なしには伝わらない。



714 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 22:35:36 ID:jX/XIvRp
>>712 ありがとう。でも情けないことに、宮にはそのスキルがない・・・

715 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:38:51 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者 5

 マスメディアは凶悪犯罪、家庭崩壊、格差拡大など、次々と誇張された社会の事象を
我々に見せる。藤原先生はきっと極めて正直な方で、メディアの差し出すものをそのまま
鵜呑みされているのだろう。だがこのような誇張されたイメージを検証もせず、それを
基にして議論を展開してもろくな結果は得られない。意味がないどころか、有害である。
このようなやり方は本書すべてに見られる。
 また第六章には遺伝学のダーウィンという記述があるが、ダーウィンを遺伝学とされるのは
進化論のことをあまりご存じないのだろう。進化論を知らずして西欧文明を批判するのはとても
勇敢なことだ。他のことならともかく、生物学を超えて思想界に大きな影響を与えた進化論は
「真のエリート」だけでなく、私のようなタダの庶民にとっても必須の知識だと思うのだが。

市場原理主義

 「公平に戦って、勝った者が利益を全部とる(ウィナー・テイクス・オール)」というのが
市場原理主義だという。市場原理主義と云う用語は多分レーガンやサッチャーが実施した
新自由主義を指すのだろう。月刊現代四月号には「亡国総理のお粗末な論理」という過激な
題名の記事がある。自らの「お粗末な論理」を棚に置いて、よくも他人の「論理」を批判
できるものだと、その勇気には感服するが、その中で、小泉亡国総理は市場原理主義を
進めたとし、次のような表現がある。
 「私は『市場原理主義』をボクシングの試合にたとえます。ボクシングから規制を取るとする。
素手で殴ってもいいし、後頭部や急所を狙ってもいい。ひじうちも認められ、さらには相手が
気を失って倒れてもさらに殴ってかまわない。(中略)三試合に一試合はどちらかが死にます。
すなわち自由競争とは『獣の世界』なのです」。



716 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:46:55 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者 6

 以下はむろん庶民レベルからの反論に過ぎないことをまずお断りしておく。藤原先生は
一九世紀の初期資本主義と市場原理主義を同じものと勘違いされているのではないか。
今の日本の経済政策の方向は簡単にいうと、規制を緩和し、新規参入と自由競争を広げよう
というものだが、ボクシングの例のようにルールをすべて取り払って好き放題させるわけではない。
新たな規制も続々生まれている。証券市場では規制の隙間を縫って巨額の利益を得るものも
いるが、社会に価値を提供することなく巨額の利益を得る行為は公正とは云えない。これに
対しては規制を設ける必要がある。規制は弱者の保護のためにあると、藤原氏は発言
されているが、それは部分的には正しい。だが一方で、既得権者などが様々な競争制限
によって守られていることの方が実は多いのではないか。
 競争のない世界には不公正がはびこりやすい。かつての国鉄は毎年のように運賃を値上げ
してきたにもかかわらず、その債務の残高は現在も三〇兆円ほどあり、一世帯あたり約六〇万円
にもなる。最近では欧米主要国の何倍もの高速料金を取ってきながら四〇兆円という巨額の
負債の山を築き上げた道路公団など、競争というインセンティブが働かない組織のほとんどは
内部で仲良く利益を配分してきた。犠牲になるのは外部の利用者、納税者である。
組織(企業)の人間にとっての優先順位は@自分の利益、A組織の利益、B外部の利益というのが
一般的である。組織の本来の目的のほとんどは外部の利益のためである。組織は仕事の量と
関係なく肥大していくというパーキンソンの法則はこの一側面を示したものだ。競争下であれば
Bの外部の利益を軽視する組織は敗退する。逆に競争が制限されていれば組織自体の利益を
優先する不効率な組織も温存されることになる。護送船団方式と呼ばれる規制に守られてきた
銀行業界は仲良く高給を食み続けていたが、破綻に瀕し、巨額の税金による救済が避けられ
なかったことは記憶に新しい。最近の話題でも、談合や、天下りと随意契約のセットなど、
競争を排除して組織内部の利益を優先する例は数多い。



717 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 22:56:29 ID:TCKlPZZU
★藤原正彦の品格 ・・・勘違いと大風呂敷・・(本書の言葉より) 時代錯誤の数学者 7

自由競争こそ公正を実現するためのもっとも強力な手段であることを理解されていないようだ。
 激しい競争に曝されてきた自動車業界が世界のトップレベルの、安く優れた製品を生み、
道路公団が主要国に比べ格段に高い高速料金を取りながら返済に四五年かかる巨額の借金を
築き上げたことはたいへん象徴的である(乗用車業界は八社が共存しており、「勝った者が
利益を全部とる」状態とはほど遠い)。寡占から独占へと進むことが懸念されたのは数十年昔の
ことである。
 「『神の見えざる手』は問題を解決しない」と書かれている。たしかに神の見えざる手(自由な
市場による需給調整機能=市場メカニズム)は万能でなく、弊害も多いことは周知の事実だ。
経済格差を生み、景気循環による深刻な不況を繰り返した。しかし弊害のある部分は独占など
自由競争が実現できないために生じたことも認識する必要がある。だからこそ西側の主要国では
独占禁止法が作られ、またケインズ流の政府部門の拡大を重ねてきたわけであり、二〇世紀の
経済は市場メカニズムを補完する方法を模索し続けた世紀だと云ってよい。一方で自由な
市場を否定した共産圏の国々は経済の運営に失敗した。
規制緩和にも問題はあるだろう。労働市場は人に値段をつけるところであり、もっとも規制が
必要なところだ。しかし規制緩和の具体例に触れることもなく、自由競争を全面否定するような
極端な主張は非現実的であるばかりか、自由な市場の重要性を不当に軽視するという誤った
認識を広めてしまう危険がある。
 経済に対する理解が浅かればこそこんな議論ができるのだと思う。そうでないなら、ボクシングの
ような極端な比喩を出してきて規制緩和の負の面を極度に誇張、競争をすべて否定するように
印象付けるやり方は詭弁であり、冷静な議論を奪う点で、きわめて有害である。それは
藤原先生がもっとも憎まれている「卑怯」なやり方である。



718 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:03:09 ID:/x17yK83
>>685

>場合によっては敵の兵隊を殺さなければならないような訓練を受けている

それは甘くないか
場合によっては味方も殺す(防弾チョッキの上から撃ちまくる

719 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:08:41 ID:XHKromgQ
>>713
虫の音だけでなく外人には夏の風物詩風鈴の音も雑音に聞こえるのだよ。
ところが、日本の滞在期間が長くなるにつれだんだん雑音とは捉えなくなるという。
なにがコンプレックスの存在だろう。
日本にはそのような虫の音や風鈴の音を愉しむ文化が存在し、そんなことも
理解しない野蛮な民がいるということだ。
藤原正彦を否定するためだけに書かれた極めて胸糞の悪い文章だ。
伊達政宗の命を受けヨーロッパに派遣された支倉常長は、スペイン王室や
ローマ教皇とも会ったが、彼が宮廷で捨てた鼻紙を宮廷人が争って拾っていたという。

720 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:12:52 ID:gIqYQnrl
加齢臭っぽい皆様へ。
おそらくWebブラウザの「エクスプローラー」(Windowsで「e」のマークの
アプリケーション)で2ちゃんねるを利用していると思いますが、
2ちゃんねる専用ブラウザというものがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B6
http://www.webmania.jp/~2browser/
http://janestyle.s11.xrea.com/
(ぐぐった順なので特定の専用ブラウザを勧めている訳じゃないです。
お勧めは知らないので他の方のフォローを期待します)
これらの専用ブラウザで「NGワード設定」をすると、
特定の文字が含まれた書き込みはユーザー側で表示されなくなります。
例えば「闇の声」などと設定すると闇氏の書き込みだけ表示されなくなります。
荒しはコピペが多いので必ず含まれる文字があり、指定しやすいと思います。

721 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 23:35:37 ID:jX/XIvRp
>>720 華麗秀っぽいワシらの為に、わざわざありがとう。ちょっと事情があってカレーは
食べたくないんだけどね。

まだイマイチよく飲み込めんが、着実に前進しておるのは喜ばしいことだ。

思い出すなあ、初代のNEC9801。キーボードがごっつくて大いににコストが
かかっておった。8インチのFDDって言ってもわかんないかな。HDDは5メガ
なんていうのにビックリしていたが、ビル・ゲイツに言わせると、「日本ではハード
ディスクが金塊のように高い」という時代じゃった。

高田馬場駅前の学生ローンなどが入っている黒いビルの一室で、くら〜い感じの若い
人がソフトのレンタルをやっていた。そこは初めからコピーしたのを売ったりして、
同業者から総スカンを食っていた。その若い人が起こした会社がソフマップだ。

722 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:39:00 ID:/x17yK83
この10年、32bitになってからというもの、みんな進化が止まった
というかここまで安定停滞する仕組みって未曾有の状態ではないのか

723 :間ヌケの宮:2007/10/19(金) 23:48:58 ID:jX/XIvRp
>>722  あっ、そう言えばそうだね。98SEで止まっちゃっているので流れに
完全に取り残されていて、もう事情がわからんよ。

仮に64bitになると、OSなんかもガラリと変るんでしょうね。ウィンドウズなんて
ヤクザなものに長いこと付き合わされていい加減イやになってたところだよ。

724 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:49:39 ID:7vtyXQDm
>>452
> よく言われることだけど、日本は近代に大変な狼狽を三回経験している。
> 黒船来航と明治維新、第二次大戦の敗戦、そしてバブルの崩壊と90年不況。
> そしてその度に、それまでの良いものを一気に全否定している。
> まぁ、民族性みたいなもので、ようするに「お人よし」なのかもしれないけど、
> これは少し注意して改めた方が良いんじゃないかと思うのだが・・・

これは3回ともユダヤの戦略にはまったんだよね。
今、公営事業の民営化と農林水産業撲滅で4回目が来てると思うよ。
要するに日本の国民資産の吸収と移転でしょ。

725 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:51:59 ID:/x17yK83
携帯電話の交換機などを皮切りに64bit化を無理矢理強行して
社会基盤はとっくに64になってますが

2000年問題ってあれでなんも問題なかったんだわな

726 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:56:26 ID:swdFs1JX
日本の未来はアルゼンチンだな。
森を頂点とした清和会独裁体制が敷かれ、警察と自衛隊がインフラを民営化した国際資本を守り
森の意に背く国民を弾圧する形態が確立される事だろうよ。
国民はなす術もなく水もエネルギーも奪われ薙ぎ払われる。
立ち上がる者も無く、一つの民族が歴史から消え失せることだろうよ。
おおよそ闇の声の予想通りに事は運ぶだろう。この国は国防を担うべき自衛隊の首脳部が統一協会に賛辞を送る国なのさ。

727 :名無しさん@3周年:2007/10/19(金) 23:59:33 ID:rVzE5OwZ
2048年に森派は全部消します、はい

てか消えないと危ないことになる
森は島がないとそもそもなんもできんのだよ

728 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 00:00:00 ID:lhHk8CAb
「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」 日本テレビ系

在日外国人参政権に反対の投票はこちら。 (アンケート)

http://www.ntv.co.jp/souri/bbs1no/entry.html




729 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 00:50:19 ID:bOlg0Dpb
 東アジア情勢というのは、歴史をたどっていくと、欧州の驚異にさらされていたのは
まずは、戦国時代のすでにフィリピンを植民地にしていたスペインだな。イエスズ会の
キリストを布教活動するため、ジパングに入り込んだのが表向きで、スペインは
日本を植民地にしたかったんだろが、
あまりにも見識に深さに驚いて、戦略を変えたようだ、信長も秀吉も家康も
スペインやキリストの危険性は途中からわかったんだろう。
だから踏み絵などをして徹底してキリストを排除した。

730 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 00:53:01 ID:HKYj6QNF
スペインはEUの首長国としていまだにコロンブスをねらってるね

731 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 00:56:00 ID:JIh87lwS
闇氏のファビョリ具合が異常すぎて軽くひいた

732 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:14:08 ID:HKYj6QNF
んで流しのおっちゃんがいう
 
ひかねえとギターは音はでねえんだよ
 



733 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:14:33 ID:bOlg0Dpb
 日露戦争というのは、有色人種の白人人種の支配からの脱却という
世界でも衝撃の走った歴史的な勝利だったんだが、後にインドのネルー首相が青年時代に
あの極東の小さな島国があの大国ロシアに絶対勝てない、人たまりもない
とあっという間にやられるだろうと、思っていたそうだ、ところが判定勝ちした後、
衝撃が走り喜んだそうだ。

 アジア・中東・アフリカにおいて激しい民族運動がおこるわけだが、孫文にしてもそうだし
さらに日本の留学する後の諸外国の為政者が殺到したそうだ。

 ネルーやガンジーは日本の軍国主義には否定していたが、それでも白人人種の
植民地支配の脱却を勇気づけたのは、日本だということで一定の評価をしているし、チャンドラ・
ボースにいたっては日本に来て大東亜共栄圏の構想に賛同している。パール判事も
唯一極東軍事裁判では唯一無罪を主張しているように、インドは日本に対して
そんなに悪い印象は持っていない。それは中東においても、アフリカにおいてもそうだ。
日露戦争の影響は大きい。

 明石元二郎の反政府運動を行ったレーニンの資金供給などの影響も大きかったが
ロシアや欧州での諜報活動やただ日露戦争は日英同盟での英国のロシアに対する妨害や
ユダヤ人の協力のもとで高橋是清なんかが戦費を調達したことを
つけくわえておくが、決して日本単独でロシアに勝ったわけではなかったそうなんだ。

しかし、現代の人たちはその当時の東郷や乃木、児玉など知らないようで、
1930年代からに日本が軍国主義に進み悪いことをしたということばかり
教えられている。

734 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:27:50 ID:YesybyCU
>>728
おれもその番組見ていたよ。外国人参政権賛成派(外人中心)の旗色が悪くなると、
外人ということで苛められたとか、差別されたとか、結局そんな方向だった。
そういう事実があったとすれば、それは気の毒なことで、悲しいことなのだが
自分の権利を押し通すためには、そういうのは常套手段だよね。
だれかが、外国人に幸せなことは、日本人にとっても幸せなことだ!なんて
言っているのもいたが、
地方では外国人が大手をふって歩いていて、日本人が小さくなっているなんて話は
よく聞く話ではあるのだ。地方のもう一方の現状が分かってないな。

735 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:29:10 ID:HKYj6QNF
クワトロ大尉(1/4の混血)は洒落ではない
こまったことに

736 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:38:22 ID:qRYGnXGu
某コテ犯の人って、自称ミスター円?

あいつロリコンなんだってな。

737 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/20(土) 01:40:33 ID:s9PmAocn
>>721
 おいらが最初に使ったのは1200ボーのデータレコーダー。
 ハードディスクなんて高嶺の花。八インチの片面単密なんて、今から考えると
恐ろしく記録密度の低い媒体もあった。
 BASICでプログラム作ってデータ-レコーダーでプログラムをガーガーピーピー
読み込んで・・・・今から考えるとのどかで良い時代であった。
 あのころから悪い政治家はいっぱいたが、それでも皆未来に漠然とした希望を
抱いていたし、ふつうの能力をもった人が正直に真面目に働いていれば、ささや
かな幸せが保証されている時代だった。オレはそれがあたりまえのことだと思って
いたし、いつもでもそれが続くと思っていた。
 いまでは公明党と清和会が全てをぶち壊してしまった・・・・

738 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 01:55:09 ID:AGQhStyV
「中国の秘密結社」ってなんですの?
ttp://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/10/post-13.html

739 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/20(土) 02:19:30 ID:s9PmAocn
>>724
 憲法改正か極端なネット規制で日本の庶民は壊滅的な影響を受けると思う。
 憲法に関しては9状のみが話題に上がり、さも他の部分は関係無いかのような印象操作がされている。
日本政府がきちんと国民の利益を第一に考える、カルトや外国のロビー活動の影響を受けない状態に
ならなければ、憲法改正の議論は危険だと思う。どうしても変えるのなら9条2項のみ改正するしかない。

>>726
 小泉以降、連中はマスゴミを操って本当に巧みに世論操作しているからね。

>>734
 日本は差別は少ないほうだと思うよ。
 アメリカやイギリスの人種差別は非常に根強いし、韓国もまた根強い差別があると言う。
 人権侵害と言う観点で見た場合、警察や検察による人権侵害はけっこうあると思う。
たとえば、下のURLにあるよなケース。
ttp://kiyotani.at.webry.info/200610/article_7.html
 ちなみに、個人間のトラブルを無理矢理人権問題に仕立て上げる日本の人権擁護法案は
この手の解決にはつながらない。むしろ、公権力による個人の弾圧を助長し、人権侵害を
作り出す悪魔の法律だ。
 話がわき道にそれてしまったが、今の日本ではいろいろと理由を付けて言論の自由や
個人の権利を制限する仕組みを作ろうとする、非常に強い動きが見え隠れする。これは
森派の台頭や日本の富を狙うハゲタカどもの思惑と無関係では無さそうだね。

740 :アサクサキングス:2007/10/20(土) 05:01:51 ID:xzwds3v8
NYダウが370ドル(2.7%)の下げ
月曜のアジア、特にインドがどうなることやら

741 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 05:47:50 ID:ck3VGugQ
>>652
亀レススマン。
糞はそんな連中がやってるのか・・・
自分は牛乳配達の仕事をしているが、この間門扉にウンコが付いていて触ってしまったよ・・・
おかげで手を洗いに帰って散々だったorz

742 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 06:31:43 ID:1ATP44ky
ウンコがブレンドされた牛乳が配達されては大変だ。

743 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 08:23:01 ID:7RbWNjwv
 ダウとナスダック 大暴落。CME日経先物も大暴落。月曜に日経爆下げだな

744 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 09:00:53 ID:kp1VQdcD
それを戻す為にまた日本から金をたかるのか?
いい加減にしろ

745 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 09:20:30 ID:+q1QhCCC
>>741
半島では糞を食う習慣があるとか

746 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 09:35:56 ID:FtYO7BG+
ウェークアップに中村哲さんが出ていたね。
さすが実際にアフガンで援助活動をしている人の言葉は重みが違う。
砂漠を緑に変える大変さ。小泉竹中は中村さんのもとで1年くらい働いてみろ。

747 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 09:36:07 ID:PTYcno3v
外国人参政権の前にスパイ防止法をさっさと創れと、何度もいっているようにスパイ防止法
という名前手垢がついていたら、別の名前でもいい。しかしつぶす議員がいるから
始末におえないわけだ。日本の情報が筒抜けだ。

 人権擁護法案と外国人参政権がセットになれば、その情報を利用して完全に諸外国のロビーや
マネーによって毒されて、天皇制、日本のアイデンティティまでわからなくなる。
現在もアメリカやシナのコントロール化になっているが、さらにコントロール
しやすくなる。

 共同体や地域コミュニティが破壊され、日本人とかそういうのを利用して商売
する人が増えた。藤原正彦氏とかその典型なんだろうが、親もそこそこの金持ちで
世間のから少し乖離した学者の立場からの思考感覚であったから、ずれもあった。

 市場原理主義を徹底批判していたようだが、まあ気持ちはわからないまでもない、
ただ彼は庶民生活感覚を見落としているわけで、そこが彼の限界なとこでもある。

748 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 09:39:41 ID:CpyVkpvH
>>746
タリバンのシンパだと言う人もいるが

まあ誇張されているきらいもあるかな



749 :いわぬが花子:2007/10/20(土) 10:22:45 ID:3W956ZFA
>>746 アメリカはさっさと中東から引き上げたいんでしょ、本当は。そもそもイラクへの侵攻は、フセインがドルじゃなく湯ー呂を使うと
いいだしたから。$防衛のために侵攻したわけで、ここで中村さんを引っ張り出してきて笑っちゃうわよ。
あの方たちの地道な努力があったからこそ、それからイラクでつかまった高遠さんたちのような人がいたからこそ
日本人は信頼されてたわけで。

中村さんたちが掘った井戸を破壊しつくした飴さんのことは、一切批判しない点が放送の目的を語っていますね。
つまり日本に撤退の口実を作ってほしい・・・わけでしょ。次は小沢民主、それを願っているとは役員氏の分析です。
そういいつつ、日本企業を喰い尽くしたいのは相変わらずですが。

750 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:24:04 ID:FtYO7BG+
>>748
タリバンそのものに対する理解が日本じゃ全然ないからね。
そもそもアフガン攻撃の真相はアフガンに逃げ込んだビンラディンを引き渡せとアメリカが要求し、
ビンラディンがソ連のアフガン侵攻のときにアメリカとともにアフガンを守ろうとしたということに
恩義を感じていたタリバンのオマル師が(アフガン人は恩義に厚い)、引き渡しを拒否し、アメリカが渡さないならアフガンを爆撃するぞと脅し、
それでも渡さなかったために爆撃が始まった。要するに東京のある街にテロリストが逃げ込んだからその街を爆撃するというようなもの。
イラクでもそうだがアフガンで誤爆で死んだ民間人の数が380人と出ていたが、とんでもないよ。
はるかに数は多い。イラクでもそうだが、誤爆により家族を殺されたり家を破壊されてもアメリカは保障をしていない。
タリバンそのものは中村さんがいうように地方からきた人間で、各派閥に分かれて内戦状態が絶えなかったなかから、
何とか国を立て直したいという素朴な愛国者の若者が多かった。
内戦状態の秩序破壊を立て直す一環として独特の道徳観の押しつけをやっていたが、それもお目こぼしも多かった。
だがブッシュ政権がタリバンをテロリストの仲間も同じテロリストと位置づけてからのメディア操作もあり、
完全な盗賊、悪者とされた。タリバン側も昔と違って変わってきているだろうけど、
中村さんの意見はアフガン人の本音だよ。シンパという人間はアフガンの歴史をもう一度読み直せといいたいね。

751 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:26:15 ID:B2tCg4Zn
副島隆彦です。 
http://soejima.to/ 2004年5月と、2007年9月に、相次いで起きた、日本の政治警察が仕組んで、植草一秀氏への、
恐ろしい政治弾圧の事件が起きていたが、愚劣なる裁判で、この16日に、植草氏に、4ヶ月の実刑判決が出た。
植草氏は、この冤罪(無実の罪)で死ぬほどの苦しみを味わった。 

 日本国の金融政策をただすために、自民党の実力政治家たちが一致団結して、竹中平蔵をひき釣り降ろして、
植草一秀氏を、次の金融大臣にしようと努力している最中のことだった。
政治家たちは、アメリカの恫喝(どうかつ)と脅迫を受けて、一斉に、黙りこくった。
実名で言えば、青木幹雄前参議院会長と亀井静香氏である。 

 彼らでも、植草氏を守りきれなかった。それぐらいに、アメリカが育てた、
日本の政治警察の一部の、CIAへの留学組の、謀略部隊の力は、恐ろしいものだのだ。
彼ら、日本国の警察の中にありながら、アメリカに盲従して、言いなりになって、日本の国益を害する者たちに言っておく。
そのうち、諸君の内部から、あまりもの違法行為と、犯罪行為に加担することに堪えられなくなって、
脱落する者が現れて、そして、諸君らの、許すまじき権力犯罪は、内部から自壊し大きく露見するだろう。
人間には、天罰と言うのがあることを忘れるな。

752 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:32:10 ID:FtYO7BG+
>>749
なるほど。中村さんたちが必死の思いで作った井戸をアメリカ軍が破壊したことをどうして
放送しないんだろうと思いましたが、そういういわけなんですね。
ところで高遠さんたちに対する世論のバッシングは凄まじいものがありましたが、
僕はあの時点から日本人の思いやりとか他人の痛みを想像することを大事にする、人権意識というものが
軽視され、無視されていったと感じています。
バッシングのきっかけを作ったのは2ちゃんねるでの自己責任、自作自演説でした。
ところがその自作自演、自己責任を2ちゃんねるに書いて煽ったのは外務省だという話がありますね。
それが本当かどうかご存じですか?

753 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:32:37 ID:PTYcno3v
藤原正彦氏の限界の理由に資源を中心としたものの価値が上がったという理解がない。
つまり有限的な供給量がさほど増えてない、石油、天然ガス、レアメタル、
ウラン、鉄、魚、などこういったものを必要な
巨大な人口を誇るシナなインドなどの新興国の需要が一気にましたと。

 20年前の冷戦構造のころと現在とではまったくものの価値価格が違うということ。いくら
ハイテク技術を上げて、省エネでものの価値を抑制しても、どんどんエネルギーを
消費する国が出てくるものだから、今まで安く手に入れていたエネルギーも
高く仕入れざるを得なくなる。すると労働力は変わらないのに、
売り上げから高い仕入れ代金を引けば、利益率は下がっていく。

 有限な資源を供給する国が独占的に需要に対して独占的に価格を決めたりするものだから、
資源のない国はババを引かざるを得ない。いくら伝統伝統と叫んだところでそれは
日本のアイディンティティを高める上でわからないでもないが、
一方で世界の資源獲得戦争はすさまじく、日本の商社なんかもがんばってととび
まわっているんだが、そのあたりのことが抜けているから、勘違いする
人が出てくるというわけ。

754 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:39:24 ID:FtYO7BG+
>>751
植草さんに判決をくだした裁判官を知りたいと思っています。
亀井静香さんに真相を爆弾発言してもらえないものでしょうか?
植草さんが竹中氏に代わって金融大臣になっていたら・・・
本当にこんな悲惨な(悲惨な実態はこれからもっともっと拡大していくわけですが)恐ろしいことにはならなかったでしょうね。
アメリカの恫喝と脅迫に対抗するまっとうな軸は日本に育つ可能性はないのでしょうか?

755 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 10:40:27 ID:PTYcno3v
>>751
本当に副島隆彦氏ですか?

756 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 11:11:19 ID:0yozo/WX
>>754
中国の力を頼るしかないと思います。
お隣の韓国がアメリカと対等の外交できるも中国と良好な関係
あるからでしょうし。

757 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 11:25:21 ID:PTYcno3v
 また始まった。チャイナがいったいどんな国かさんざん論争があったんだが、
本当に単純なやっちゃな。

 じゃあチャイナ政府関係者子息とチャイナロビーがたくさんいるアメリカに中国にたかられ続けながら、
アメリカと対抗しましょう。

758 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 12:32:29 ID:XHJQFVs3
油が足りない時世にジャブジャブ使って
手堀りの水路なんて爆撃してんっじゃねーよ。

大体、消費税を上げなきゃやっていけない貧乏な国が
高い油を無償提供する理屈がわからん。

子供が非行にはしる訳だ。

759 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 12:39:18 ID:lLMAtpU8
言いたいことは分かるがw 論理がむちゃくちゃだな
非行は戦前から、江戸時代でもあった罠

760 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 12:55:56 ID:8Rf4E/Jm
>>713
さすがにこれは変なのでツッコミ。

>バッハ以来の西欧音楽の豊かさを知っていれば、欧米人の感性をこんな風に断定
>することは出来ないだろう。普遍性、質・量に於いて、邦楽が西欧音楽を凌駕すると
>思う人はまずいないと思う。理解していない方は別だが。欧米ではその音楽を理解
>することはエリートの条件とも聞く。

邦楽と西欧音楽とに優劣をつけようとする事自体が間違い。
西欧に対する盲目的賛美・崇拝が見え隠れする一文ですた。

>>715-717
市場原理主義の項目で正体みたり、だな。
要するにあなたは新自由主義賛美派なわけか。
まあ新自由主義工作員も次から次へと本当に色んな工作活動を考えつくなw
ウザイからお帰りw

>>753、747
あんたが715-717を書いた奴と同一人物なら論外だから。

761 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 13:25:05 ID:kp1VQdcD
>>756
中国もまた国際資本の奥の院が望む新世界秩序の一部だぜ
日本が本当に頼るべき相手はロシアだ
それ以外に朝鮮人支配や国際資本から逃れる術はないよ。

762 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/20(土) 14:07:01 ID:s9PmAocn
>>747
 パチンコ屋や外資のファンドから利益供与を受けてる国会議員や官僚がいる限り、スパイ防止法も
骨抜きにされると思う。
 まずは日本の政府与党から売国奴を一掃しないと何をやってもイタチゴッコだと思う。

763 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 14:18:19 ID:E0e3uSzq
まあね、「コクサイカンケイ」なんて言い方すると抽象的になっちゃってね。対米
関係ひとつにしても、アメリカという相手が決して一枚岩の単細胞的な存在では
ないから話が複雑になるんだな。共和党と民主党だけでなく、国務省系と国防省系
では全く方針が異なるよ。相手を単数形で見ている限り、どこにも手を組む取っ掛かり
がなくなって、ウロチョロするしかないわけよ。

日本の国益にとってプラスになるところと手を組み、そうでないところを牽制する。
これが基本中の基本でしょ。

やっかいな対中関係なんだけどね、なにしろ旧田中派が対中資金援助からかなりの
リベートをとってきた経緯があるので、完全に弱みを握られて逆らえないんだな。
おまけにハニトラ付きだもんね。

そもそも毛沢東も周恩来も、田中角栄を全く尊敬していなかった。なにしろ出された
料理がナマコだからね。完全な「小人」扱いだったわけ。肝心かなめの国交回復が
日本の代表者に対する侮蔑で始まったわけだから、その後の展開は推して知るべしだ。
さすがにケ小平までは苦労した世代だから最低限の礼儀は守ってくれたけどね。文革
世代になると、本音丸出しになってきたわけだな。


764 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 14:18:55 ID:E0e3uSzq
国と国との付き合いって一体何なのか、という基本中の基本なんだが、これは商売だ。
友好だなんだというのは塗りたくった化粧みたいなもんなんで、その裏にはブス丸出し
の打算があるわけよ。しかし、このリアリズムに立たなかったら逆に国を滅ぼすことに
なる。

その意味で、角栄の商売のしかたは素人以下だった。追い込まれていたのは中国の方
だったんで、日本としては急ぐ必要は全くなかったし、じっくり構えて高く売ればそ
れでよかったのだ。ところがバセドー氏病のせっかちまるだしで、アメリカと呼吸を
合わせるという日本外交の絶対条件すらどこへやら・・・。

角栄は偉大だったが、功罪半ばする。功はすべて総理以前。総理以後は罪だらけ。人の
話を聞かないんだな、あの人は。アメリカを出し抜いて中国に手を出すのは戦前から
ご法度だった。歴史を学べばわかるはずだ。対米戦争という計り知れない犠牲を払って
も、この教訓が生かされなかった。アメリカが角栄をつぶしにきたのは当然だろう。

765 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 14:22:07 ID:S3JN0xZJ
>>708
何処かで見た事のある文章だなと思ったけど、ここか。

http://homepage2.nifty.com/kamitsuki/fujiwara.htm

それにしてもいろんな所からネタを探してくるねぇ・・・



766 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 14:24:01 ID:kp1VQdcD
胡耀邦時代の中国ならまだ手を組めたんだ。
その後継者の胡錦濤これまでの所は反上海閥で反国際資本に見えるが、これからどう転ぶか分からない。
例え胡錦濤一人が国際資本に逆らおうが李家とサッスーンが潰しに掛かる。
中国と手を組んでも、もう一つの米国に搾取されるようなもん。
ロシア外交の回復を急ぐのが得策。

767 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 14:31:53 ID:E0e3uSzq
中国との友好条約はいったん破棄するのがいい。非友好的なことばかり仕掛けて来るん
だから理由はいくらでも立つ。

中国における権力の基盤はなにか、それは人民解放軍だという認識からもう一度出発す
べきだね。そして解放軍の派閥関係の冷静な分析に基づいて手を打っていく。

解放軍も一枚岩ではない。派閥の中から友好派を選び出して、これに日中貿易の権限を
集中させ、資金力を持たせてから、同時に反日派を徹底的に牽制させる。これが基本
です。共産党はスルーですぞ。まあ、わめくだけわめかせておけばいい。

768 :Walter ◆ECsneFDxR. :2007/10/20(土) 14:33:31 ID:s9PmAocn
>>758
 荒っぽい言い方だが、真実の一面をついていると思う。
 キックバック目的のODAや分不相応な多額の国連への拠出金など、日本国内では労働者が
貧困からたくさん死んでいるのに、一部の特権階級が不正に儲けるために巨額の税金が海外に
垂れ流されていく・・・
 そのいっぽうで、自民党は今まで日本の根底を支えてきた製造業を弱体化させ、外資に切り売り
する政策を続けてきた。
 日本の治安の良さ、労働力の質の高さは「まじめに働けばそれなりに暮らしていける」という前提が
あってのものだったと思う。それを自民党が破壊し、自称「偉大なるイエスマン」武部元幹事長がそう
したように脱法的に金儲けをすることが礼賛された結果、「まじめにこつこつやろう」という考えが衰退
したのだと思う。そして、経団連に言いなりの労働政策による深刻な貧困化がそれに拍車をかけた。
 かくして日本人のモラルは失われ、屋台骨を支えてきた製造業の競争力も急速に低下した。
 本来、保守であるはずの自民党が強烈な売国極左なのだから始末が悪い。自民党の工作員は
必死に 自民党=真正保守  反自民勢力=左翼=売国奴 という印象操作を行い、真実を隠そうと
している。まあ、自民党も駄目だけど野党も胡散臭いのばっかりで選ぶべき政党がないんだよね。
 本来、国民は自分達で個々の事柄を判断して政治や行政に物申さなくてはいけないのだけど、
与えられた物を選択することしか頭に無いほとんどの日本人にはそれができない。そもそもそういう
発想が無いから自民党か民主党かの二元論的議論から脱却できない。それが今の日本の抱えて
いる根本的問題だと思う。

769 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 14:53:38 ID:PTYcno3v
 チャイナもそうだが、アメリカはイスラエルロビーやらキリスト教右派やら
ユダヤマネー、軍産複合体、石油メジャー、穀物メジャー、チャイナマネーロビーなやらで、
あの国は毒されまくっている。

 伝統や文化というかそういうものがなく、もともと欧州で宗教戦争に敗れ迫害を受けてきて
逃げるように移民して集まってきて先住民を虐殺したプロテスタント人種でその人たちが作った共和制であり
人工国家、黒人奴隷を輸入して楽して暮らそうとするし、権威と権力が一体となっていて、
はやい話がそういう共和制の場合、将来の大統領候補一派を買収したり、たらしこんだり、おどして手なずけていいわけだ。
こんなこと繰り返しておけば末端の人間は報われないわけで、
グッチーさんのふんどしを使うが、トップ3パーセントの収入を得ている
富裕層がアメリカ全体の90パーセントから95パーセントを締めるという。

 日本の場合は最後には万世一系長い間続いていた天皇が象徴的な存在というか
権威として存在するから、権力と権威が一体ではないぶん、また地域共同体もしっかりしていて
諸外国の政策に激しく左右されにくいんだが、どうも冷戦後からはおかしい。冷戦後
というか、戦後からおかしいわけだが、露骨に冷戦後諸外国が国益を追求するため
にパイが楽して奪えなくなって、パイの奪い合いが激しさをましている。
パイを奪うためにはなりふりかまわず、工作活動を仕掛けてくる。
アメリカもシナも冷戦後対日戦略をかえてきているわえで、
それに防衛したり対抗するだけの発想が出てこないから話にならんのよ。
対抗しようとしても諸外国の息のかかった工作員や工作員の手下たちに
よって妨害させられる。

手始めとしてシンクタンクをつくったところで、工作員だらけになったらどうしようも
ない。国内に平和勢力がまだしぶとくいて、メディアの上層部にもそういう
人たちがたくさんいる。

まあ悲観はしてないんだけど、このままいくとまずいとは思うね。

770 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:01:45 ID:B2tCg4Zn
海参(ナマコ)

中華料理では、内臓を除いて煮た後に乾燥させたナマコを海参(ハイシェン)と呼び、
滋養強壮の効果があるとして古来から尊ばれてきました。フカヒレや干し鮑と並び
乾宝としてなくてはならない中華食材として珍重します。

ナマコと言えば中華料理を想像しがちですが、実は日本の青森県県陸奥湾産
や北海道の日本海側で採れたナマコが最高のものであると中国でも評価されています。
近年では中国による消費が急増し、中国向け輸出に大半が回ってしまうため、
日本国内で流通が激減して、価格も上昇しております。

http://ctrading.co.jp/namako.html


771 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:09:30 ID:PTYcno3v
>富裕層がアメリカ全体の90パーセントから95パーセントを締めるという

消費をしめるという。 失礼しました。
>>767
>>769

小泉首相はまあ遺族会の票がほしいかどうかしらないけど、靖国参拝したことで
日本のなかに、たかりの構造に違和感を感じる人が出てきたのは評価できるけどね。財政的な理由で
ODAを減らし続けた、まあアメリカにべったりで、靖国参拝は遺族会の票だけ、まやかしだとは思っているけど
あれだけアジアカップなどで、歴史を政治的に利用してデモをおこすのは、小泉の対中外交の抗議なんだと思う。
いままでお前らからODAをいただいて当たり前なんだ、少なくすることは何事かという。
ODAは中国国家予算として組み込まれているというしね。

前も書いたけど、今まで偽造宣伝工作して日本を押さえていたわけだけど、
靖国参拝によってそれはおかしいんじゃないかという高まりが出てきたことは
むしろよかったとは思っている。ただ財界などチャイナマーケットを狙っている人とか
既存メディアとかODA利権のほしい為政者は苦虫をつぶしてたと思うけどね。

とにかく、歴史を政治的に利用されたかられ続ける原因を作ったのは、歴代の総理
とか圧力などに屈した談話によってなんだけど、本当に今の総理は歴代の
為政者の亡霊を払拭するためがんばていると思うけど、もうがんじがらめになっている。

福田首相はまあ媚中派よりのスタンスなんだろうけど、まあ摩擦はおきないだろうね。
摩擦がおきるということは日本がたかりの構造から脱却していようとしてるんだけど
それに激しく抗議して、メディアが取り上げ先導する。

縄の教科書の例も以前取り上げたけど、偽造工作してでも、たかりの構造を維持したい勢力の抵抗
そういうことでしょうね。
そういうことでしょうね。


772 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:15:34 ID:Yb3DjNQs
中国への戦後賠償放棄を持ち出されたら誰でも飲むでしょ
これが無かったら角栄は決断しなかった


773 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:21:31 ID:PTYcno3v
◆毛沢東の「日中同盟論」1

日本と中国の国交正常化は七二年九月、田中角栄総理(当時)が中国を訪問したことで実現した。
しかし両国が日中共同声明に調印するまで、交渉は難航し続けた。中国側は周恩来総理が交渉を仕切っていた。
両者は四日間にわたって合計四回の首脳会談を持ったが、
最大の壁は、第二回会談で噴出した歴史認識に関する問題だった。
先の戦争に対して田中角栄は、「添了麻煩(御迷惑をかけました)」という言葉で謝罪したが、
その表現が「あまりに軽い」と中国側から非難が集中したのである。
問題が解決しないまま、翌日の第三回会談では国際情勢について議論が交わされた。しかし、
交渉はデッドロック状態のまま遅々として進まない。田中と帯同していた大平正芳外相は一時、帰国まで考えたといわれている。
だが、足踏み状態はその夜に開かれた
毛沢東主席との会見で劇的に転換し、翌日の第四回会談で事実上の正常化合意にいっきに到達したのである。
田中・毛沢東会見で何かがあったのだ。公式には、会見の場で政治的な話はいっさい出なかったとされている。たしかに両者の会見は、わずか一時間で終わっている。
私は長年にわたる関係者への取材をもとに、毛沢東が田中に何を話したのか、その真相を探ったことがある(『田中角栄と毛沢東』講談社)。
会見で毛は戦争責任の問題をめぐって紛糾している政府間の協議について、「喧嘩は済みましたか」
と笑いながら批評しつつ、いきなり田中たち日本側の度肝を抜くような警言を始めたのである(以下・同書から引用)。
「毛沢東は田中角栄の目の前で、やおら右手を頭上にあげた。その手を左右にゆっくりと振る。田中たちの前で何度か同じ動作を繰り返した後、
彼は視線を泳がせるようにしながら口を開いた。


774 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 15:23:38 ID:E0e3uSzq
>>772 代金は要りませんよと言われて飛びついて、台湾との信義を破り、アメリカ
との信頼関係を損なう。こういうのを「小人」と言うんですよ。

775 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:24:17 ID:3fObSgF5
>>764
問題あったにせよ真紀子と比べてみれば雲泥の差だぞ。
少なくとも国益をかけて外交をしていた。
たとえばいま日中国交回復交渉を行っていたら角栄よりひどいことになっていただろう。
真紀子は中共エージェントと化しているからな。

776 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:26:57 ID:PTYcno3v
◆毛沢東の「日中同盟論」2

「田中先生日本には四つの敵があります」
毛は右手の指を一本ずつ折り始めた。
「最初の敵はソ連です」親指が曲がった。
「二番目がアメリカです」
人指し指がたたまれる。
「そしてEC(ヨーロッパ一です」
中指を折りながら、発言が続いた。
「最後が」と言いつつ、毛の薬指が曲がった。
「それは中国です」

この後、毛はヒットラーと東条英機を例に挙げて、前者は「イギリス、フランスを敵に回し、ソ連に挑み、
最後にアメリカと衝突したのです」と切り捨て、
後者については、「最初に中国と戦いました。
アメリカに戦争を挑み、イギリス、フランスとも衝突しました。最後にはソ連とも戦う羽目に陥ってしまった」と指摘して、
二人は統一戦線の形成に失敗し、世界から孤立して、自滅していったと潮笑したのである。

最後に毛は、田中にこう提案したのだった。

「あなた方はもう一度ヒットラーや東条の歩んだ道を歩むのですか。よく考えなくてはいけません。世界から孤立して、自暴自棄になって自滅していくのですか。
アメリカ、ソ連、欧州、そして中国。この四つを同時に敵に回すのですか。どうですか。田中先生、組むというなら徹底して組もうではありませんか」

777 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:27:33 ID:PTYcno3v
◆毛沢東の「日中同盟論」3
毛沢東の口から出たのは日中同盟論だった。毛はアメリカ、ソ違、欧州、日本、そして中国を大国として考えていた。その半年前、
当時のニクソン米国大統領も中国を訪問しているが、実はそのニクソンも六七年に、外交問題誌『フォーリン・アフェアーズ』の中で、
アジアの将来は、中国、日本、アメリカなどの大国が決定するとして、日本の経済成長と外交、軍事的役割を国際的に
どう位置づけるのかを論じている。

つまり、世界にはアメリカ、ソ連、中国、それに敗戦の後遺症から立ち直って台頭してきた日本と欧州(西ドィツ)の五大強国があり、
各国がそれぞれ、どの国とどう「組む」のかといった模索が始まっていたのである。

毛は田中角栄に、日本と中国というアジアの黄色人種国家が、
ソ連、アメリカ、それに欧州という白人の国々に対抗する戦略論を提示したのだった。

778 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:29:17 ID:PTYcno3v
◆毛沢東の「日中同盟論」4

◆日露戦争の勝利を歓迎していた毛

毛沢東が青年時代から日本の明治維新に高い関心を持っていたことは有名で、
中学入学のため故郷を離れる際、父親に西郷隆盛の詩を贈っているし、
日露戦争についても米国人ジャーナリスト、エドガー・スノウに、
戦争当時の日本の歌詞を紹介しながら、次のように告白している
(なお下記に紹介する詩が、本当に日露戦争時のものかどうかには諸説がある)。

「雀は歌い 鶯は踊る 春の緑の野は美しい ざくろの花は紅にそまり 柳は青葉にみち 新しい絵巻になる
当時わたしは日本の美を知り、感じとり、このロシアに対する勝利の歌に日本の誇りと力を感じたのです」(『中国の赤い星』筑摩文庫

毛が日本の勝利を歓迎していたことは間違いない。大正六(一九一七)年、孫文の同志だった日本のアジア主義者、
宮崎活天を故郷の湖南省の講演に招待して、日本が欧米白人のアジア支配を打破したことをともに喜び合ったというエピソードも残っているくらいだ。
中国革命自体がそうなのだが、毛の共産主義観や世界分析にはアジア的な色合いがきわめて強いのが特徴で、日本についても単純な反日一辺倒ではなかった。

毛は、七二年の田中角栄訪中を中国の世界戦略の一つとして捉えた。日本と中国が外交関係を樹立することで、最大の敵ソ連にどう政治的インパクトを与えることができるのか。
また日本を米国「従属」から引き離し、自立化を促し、どう中国の側にひきつけるのかそんなチェスゲームの一つが日本との国交正常化だったのである。


779 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:31:07 ID:B2tCg4Zn
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/makiko.htm
田中真紀子を理解する (田中角栄とは何だったか)


780 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:32:57 ID:PTYcno3v
◆毛沢東の「日中同盟論」5

「あなた方がこうして北京にやってきたので、……ソ連とアメリカは気にしているでしょう。ソ連と比べると、
アメリカはまだいくらかマシですが、田中先生が来たことを歓迎してはいない」。
なぜなら「日本がいち早く正常化をしたいと言っているからです」。

米ソに対抗して日中が手を組む。毛沢東の世界戦略の前では、日本と中国の間に横たわる「歴史認識」の違いは、感情レベルの話を別にすれば、
政治決断の段階では問題にならなかった。もっとも危険な敵に対抗するため、日本の過去は不問に付された。
なぜ今に至るも田中角栄が中国首脳から高い評価を受けているのか、これで理由がわかる。田中は毛が同志として処遇した、
唯一の日本人政治家だったからである。

毛が大躍進政策(五八年〜)や文化大革命(六六年〜)など建国以来の大規模な大衆運動や経済政策で犯した過ちは非難され、否定されたが、
共産党内部では、彼が祖国を救い、
「米ソ両大国に対抗した愛国者」であったという評価は揺らいでいない。

なかでもニクソン米国大統領の招請と日中国交正常化は「毛沢東の戦略的英断」として、
今でも特筆大書され、絶賛されている。
だからこそ、田中角栄に対する評価も変わりようがないの.である。日本を訪問した中国首脳が毎回目白の田中邸を訪問していたのにも、こうした背景があった。 

青木直人 中国利権のタブー(P35〜P40)


冷戦のころですからね、毛も死んで、周も死んで、冷戦後は中国も対日戦略をかえてきたということ。



781 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 15:43:33 ID:lLMAtpU8
>バッハ以来の西欧音楽の豊かさを<

というのもちょっとどうか。グレゴリオ聖歌以来、くらいで良いのではないか。
モンテベルディ→ヴィヴァルディは日本でも有名だが、バッハより古い。

782 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 16:16:05 ID:yyuRqnu4
>>750
恩義に厚いアフガン人が、
ウサマには恩義感じてアメリカには恩義感じてないのか?

783 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 16:21:32 ID:kp1VQdcD
>>775
小泉の手先となって宗男を道連れにし
小渕が作らせようとしていた対露外交ルートを叩き潰して、
日本の独立の機会を失わせた経世会最高の裏切り者真紀子が中共の手先?
何の冗談だよwアメリカ様の手先だろw
こいつが邪魔しなけりゃ北方領土四島は返還されてたんだよ。

784 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 16:40:13 ID:f+uSY9i7
ていうか、マキコは自分の上に乗っかったヤツに股を開いて腰を振るタイプだろ。
自分を通して影響力を発揮できればいいんであって、その中身は問わないって感じ。

785 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 16:49:27 ID:umssoCkr
宗男叩きもそういうことだったわけね
真紀子は小泉に惚れてたんだろうか?
いいように利用されてポイ捨てされてなぁ

786 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 17:20:17 ID:PTYcno3v
彼女は父親を裏切った人に執念をもやすことばかりだったらしいね。
あの独善的な破壊力のある、きれのあるしゃべり口調とパワーはすごいけど、
案の定、外務省官僚の組織争いがうまいぐあいに潜在化していて調整されていたのに
顕在化したし、彼女の破壊力にかきまわされた。

彼女を利用し、ムネオー佐藤ラインつぶしに奔走する勢力も出てくるし、
とにかく外務省はボロボロになったみたいだね。外交の歴史もほとんど勉強しないし、
忙しい忙しいといって言い訳ばかり言っていたようだし、
自分が気に入らない人間がいたら、調整とか国益のことなどおいといて、徹底して
排除する。

 彼女は父親と一緒に諸外国を飛び回っていて、日中外交のときに、
いいもてなしをうけて悪いイメージをもってないんじゃないかな、だから北京ダックでもあったし、
アメリカンスクール系に利用されたんでしょうね。

人をおちょくる馬鹿にする、あの言い回しやはかり力はすごかったし、官僚をたたくことで
大衆の人気を獲得することも天才的だった。ついてる秘書も角栄時代の秘書がついていた。

提灯もちとしてはすごいパワーを発揮するんだけど、人の上にたって組織の
人たちの利害を調整したり、部下を国益になるために動かすことができなかったんでしょうね。

なんせ、敵か味方か使用人ですから。

787 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 17:28:49 ID:XHJQFVs3
>>782
どうやればアメリカに恩義を感じられる?
一般人の最低限のインフラさえ誤爆で叩き壊すなぞまさに悪魔の所業だろ。

中村氏の水路によって実った小麦畑は美しかった。
けし畑もキレイだったが。

「母国では銃弾一発作る技術もないのに毎日地雷を踏んで子供が死んでいる」
これはカンボジアの人の言葉だったと思う。

788 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 18:37:31 ID:JeEFmJBE
角栄をなつかしむのは九月病のアメリカ人だけさ

789 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 18:49:40 ID:CpyVkpvH
>>782
パシュトゥン人と言うのは
たとえ敵でも自分の所に助けを求めた人間は
死んでも匿わなくてはいけないと言う掟があるらしいんだよな。
これでもし敵に引き渡すような事をする奴は卑怯者であると。

で、その時はオサマがタリバンに匿われていて
アメリカが引き渡せと言っていたわけ。

790 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 18:54:02 ID:1ATP44ky
スレ違いばっかりだな。

791 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 19:10:10 ID:oWnij6jJ
スレ違いでも面白ければ問題ない


792 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 19:18:16 ID:ZutCego9
どうもこのスレは二階堂さんとネットゲリラさんの実験台のような・・・


793 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 19:39:59 ID:E0e3uSzq
今、プーチンと個人的に信頼関係を持っている政界人っているんだろうか・・・?

プーチン以前のロシア・ソ連だったら、領土の放棄は即政権の致命傷となったのだが、
プーチンは国策として平気で北方領土を差し出して、しかも権威喪失にはならない。
このことのもつ意味というのはとんでもないほどスゴイんであってね、しかも今後
20年はプーチンの権力は継続し得る。

これをブッシュ裏切り政権とマジで比べてみたことってあるんじゃろうか・・・?

理性的な強権が20年続くのなら、万難を排してこれと連携しなければ、気を失う
ような国益の損失じゃ。

プーチン政権を側面から支えると言う基本方針を打ち出して、20年という長期的
スパンで日露関係を構築していく。

こんなきちんと先々まで計算のできる国交の大大大チャンスがあるというのに、一体
何をしとるんじゃ。

794 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 19:50:09 ID:kp1VQdcD
それが出来ないのは森と小泉が外務省に創価系職員を大勢引き込んだからだよ。
創価大鳳会のような半島カルト共がでかい面して目を光らせてるのに
国益擁護派の職員がまともに仕事できる訳ないだろ。

795 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 19:54:09 ID:E0e3uSzq
小沢氏にプーチンから親書が届いたなんていう、まだ未確認の情報があるようだが、
こんがらがった腐れ縁を一度ご破算にして、政界に新しいポジションを作りたいと
思うんなら、プーチンと縁を結ぶのが一番だと思うがな。

ひとりじゃCIAがコワイというんなら、みんなで渡っちゃえばいいのよ。

796 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 19:56:19 ID:sKLgK0GC
>>794
法務省にも創価たくさんいるよ
みんな自民党様のおかげw

797 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 19:59:15 ID:E0e3uSzq
>>794 そういうことだな。だからこそ次の選挙は「イケダダイサク国会喚問選挙」
でなければならんのだ。

政界から創価学会という末期癌を摘出しなければ、日本の政治に明日は無い。

798 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 20:00:39 ID:E0e3uSzq
まあ、外務省や法務省に入り込んだのは、ずいぶん前からだけどね・・・

799 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 20:47:50 ID:1ATP44ky
>>793
> 今、プーチンと個人的に信頼関係を持っている政界人っているんだろうか・・・?
俺?あ〜ナターシャとなら個人的に肉体関係を持っているよ。

800 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 20:53:47 ID:1777SeoM
北の オロシアと結ぶのはいいけれど 意味ない。
支配欲の塊 所詮日本とは 上手くいかないし約束守る民族じゃない。

801 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 21:07:21 ID:FtYO7BG+
前に佐藤優氏がロシアとのパイプを結ぶ人材に、意外なことに佐藤ゆかりをあげていたよ。
よく勉強し、人脈もあるとか。

802 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 21:15:09 ID:1ATP44ky
コサックダンスやってみろよ。
慣れるまではバランス崩して後ろにすっ飛ぶよ。


803 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 21:37:07 ID:3fObSgF5
北方領土の解決はフルシチョフやエリツィンのようなウォッカ好きの陽気なおやじ
タイプの大統領のときに、官僚の介入を排除してトップ会談で一気に解決するしか
四島返還の見込みはない。その時期が来るまで50年でも100年でも待ち、機が熟したら
一気に攻勢をかける体制を築いて置くこと。戦後50年で二回その機会が到来した。
次の50年間でもそれくらいの機会はあるだろう。
ソ連崩壊後樺太を訪れた元自衛隊幹部は、現地の軍幹部に、我々は南樺太は
もちろん日本領土ということは知っている。なぜ自衛隊が占領してくれなかったのか。
自衛隊が来てくれたならすぐに降伏して歓迎しただろうと言われたという。
樺太には東欧などから強制的につれてこられたロシア人も多い。ロシア領でいいことなど
なかったと言っていた。
経済がガタガタでどうしようもないとき、日本の援助で経済が好転し始め、反ソ感情も
しぼんでしまったとのこと。
また、現地の朝鮮人は、強制連行されてきたのかなどと質問すると、そんなことを
言っている奴は誰だ連れて来いと怒り始めた。彼らは戦後の日本の支援にもいたく
感謝しており、日本で教育を受けた彼らは現在の朝鮮人のように金をせびるなどという
は恥ずべきことだと考えている。現在もこの問題を引き続き政治問題化しようという
勢力が存在するが、現地の朝鮮人の感情とはかけ離れている。

804 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 21:59:47 ID:sKLgK0GC
そのためにはまず今の買弁日本政府を変えないと無理だな。
象牙の塔の官僚機構と 利権や政権維持のためなら人の命さえもかえりみない自民公明のダブルカルトを殲滅せよ。

805 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:07:50 ID:qKa+htAS
>>803
>次の50年間でもそれくらいの機会はあるだろう。

これから50年どうするかでしょw
国家間対立を軸とするアジア統治は終焉するのでは。
そんな悠長な話でもないかと…。

CIAってアメリカや国際金融資本の利益を実現するために存在するわけで
アメリカが覇権国として世界で君臨する事が、利益とならないのなら
日米関係を対立関係に動かすはず。その存在と日米同盟は同義じゃ
無いと思うけどな。アメリカがどういう世界戦略に転換しようとも
日本は国体が守れなきゃマズいんじゃないのかな。


806 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:15:20 ID:kp1VQdcD
>>803
そんなに気長に待たずともロシア側は四島返還する気満々なんだよ。
それは民主党関係者にも通達されてる。
あとは清和会と朝鮮人勢力の妨害を排するだけ。

807 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:18:08 ID:7RbWNjwv
 エネルギー問題では原油の次は天然ガスの時代といわれている。
資源のない日本は中東に9割依存している。中東情勢もどうなるかわからんし、アメリカがイランを
攻撃するととんでもないくらい原油価格が暴騰する。

 1990年代の初頭1バレル10円前後だった、ところが2006年
は60バレル前後今年は90バレルをこす。100バレルこしても
もちこたえられるように、思っている以上に日本の省エネ、ハイテク世界で群を抜いて技術は高い。

ところが、世界は日本のような省エネ技術がないから、日本以上に苦しいわけだ。
中国の省エネ技術力と日本と比べると8倍以上の開きがあるといわれている。

まあシナは別にしても欧米メジャーはハイテク技術を磨かず、もっぱら株主の配当に奔走するから自業自得なんだが。。
天然ガスの埋蔵量はロシアが世界一,日本としてはどうしても天然ガスがほしい。
なぜなら天然ガスを液化する技術は今のとこ世界広しといえでも日本しかないから。

たしかにロシアはチェチェンの人権問題とかで世界にたたかれたり、サハリン2をとられたが、
それ以前にロシア外交やロシアスクールを解体させられ、ロシアとのパイプが先細りになった
日本の外務省の構造的問題でしょう。

結局国益をとるか出世をとるか。自己保身で権力がほしいから出世の道をとった
ムネオも佐藤もマキコも邪魔になるから排除した。アメリカンスクールということも
あり、メディアや検察や共産党や民主党に偽造工作してまで嘘の情報をリークするほど
排除したかった。そういうことじゃないですか。

808 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:23:42 ID:hcvX9FSs
>>768
>本来、保守であるはずの自民党が強烈な売国極左

極左の使い方が間違ってるし、こういう使い方は誤解を招く。
このレッテルは左派に対する負の印象を植え付ける工作なので、
今後は使わない方がいいと思うよ。
極左というと本来は共産主義の過激派に用いられる言葉だが、
今ではただの左翼にすぎない共産党すら極左認定されている。
つまり今の認定だと極左=反新自由主義=反資本主義左翼という仕掛け。
実際に自民=共産=極左とかという出鱈目なレッテル張りを見かけるし、
これは、自民を叩いた上で、反新自由主義=反資本主義勢力の台頭を防ぎ、
中身は新自由だが違うと嘘をつく第三の道を利する方向への誘導を狙ったものなんだ。

809 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:23:45 ID:3fObSgF5
>>806
はぁ?ソース出せよ。

810 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 22:26:32 ID:E0e3uSzq
アメリカは「世界の警察官」と「モンロー主義」との相克があって、絶えずブレている
し、大統領の背後には大きな権力が伏在していて、外交方針や権力構造の一貫性がない
わけだ。だから付き合うには骨が折れる。

ロシアのことを強調するのは、権力構造が非常にシンプルで、イデオロギーに対する
幻想がないからだ。これはソ連崩壊という高い代償を払って手に入れたリアリズムだね。
だから、こちらがリアリズムに徹する限り、お互いに理解が成立する。

アメリカの「民主化」要求というのははた迷惑なもんでね。イデオロギー的幻想をまだ
引きずっている。中国はもちろん中華思想。この世界2大幻想に、まだ当面振り回され
なきゃならんのがツライところだが、だからこそ「醒めた国家の連合」という防波堤が
必要になってくるわけだ。



811 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 22:35:49 ID:E0e3uSzq
ロシアと手を組む時には、必ずアメリカ国防省に根回ししておくこと。これもリアリズム。
なにしろ米軍に占領されているのと同じだからね。どうやって根回しするかっていうのも
またリアリズム。それくらいの芸当ができなきゃね。

812 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:37:18 ID:27/wDz58
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ゙ヒニニ=―ニヽ     /    
::::::::::::::::, -、:::::::::::::::/     `丶、ニ二二二l!    fr―-、       
:::::::::::f´,r、 ゙i::::::,r''"        ヽ、`゙''ー==l!       ヽ、     
:::::::::/  l ,へf´     、,,、  `ー`ミ`''ー  l!         丶-一ァ
::::,ノ,r''^y' ヾ' `ヽr'"~``''ヾミt、 ,;  `゙`''  l!    ,:r===、、_,,ノ"
::(__'ー'"    、_,!___,,..、 ヽ.,;: ,:_,,,.  リ   '^ヽ、        
'´, ´       t!  t,ヾ:::)ヽ ノ^ゞ´  '゙`ヾ/      ヽ、       
,/   ,      ヽ、-‐'^ ,,/ f' r::;、  ,ハ       `ヽ、,_
l   /        フ⌒ヾ  ,ト、ド='^'V ,ノ   ,.:-―-、、   ,フ   
ヽ  に    ,:r='^'"(_     〈 `'iーァ''"    '^'ヽ、  ヽ.,,_,ィ"    
 ヾ, l=   /"、    `ヽ  _)  /        ヽ         
  `ヾ、 (  ヽ、,_  ,r `'''"7  ,/    、- 、、    ヽ、
     `丶、 ヽ.   丶-‐ィノ, ィ'"      ヽ. `'ー-;,__,>'     
=-イ!    `ヽ、,`''-≧ァ'ー '"    ト、    i!      ばかやろう グーしか出せない       
  /     ,ィ `~ ̄´        l ヽ.   l! ようにしてやる バカやろう


813 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:40:34 ID:Z39Rw7wh
 民主化を世界に広めようとするネオコンが国連決議を無視して単独でフルボッコにした。
イスラエルロビーや石油メジャーや軍産複合体との利害が一致した。代表的なのはラムズフェルドやチェイニーやボルドン。

 本来ならイラクの前線にいた現場を知っている、パウエル路線であればイラクを
めちゃくちゃにする可能性は低かった
と思うんだ。フセインを買収するなりなんなり別の方法があったのではないかと
思う。イラク・イランとのうまい具合のバランスはとれてイラクがにらみを
きかしてて、イスラエルに対するイランのプレッシャーもなく安定してたんだが、
結果イラク崩壊とテロの拡大。 こうなった以上イスラエルの暴走は時間の問題なんだな。

814 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 22:41:38 ID:E0e3uSzq
>>812 そういうお前はパーしか出せねえよな。

815 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:46:50 ID:27/wDz58
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ゙ヒニニ=―ニヽ     /    
::::::::::::::::, -、:::::::::::::::/     `丶、ニ二二二l!    fr―-、       
:::::::::::f´,r、 ゙i::::::,r''"        ヽ、`゙''ー==l!       ヽ、     
:::::::::/  l ,へf´     、,,、  `ー`ミ`''ー  l!         丶-一ァ
::::,ノ,r''^y' ヾ' `ヽr'"~``''ヾミt、 ,;  `゙`''  l!    ,:r===、、_,,ノ"
::(__'ー'"    、_,!___,,..、 ヽ.,;: ,:_,,,.  リ   '^ヽ、        
'´, ´       t!  t,ヾ:::)ヽ ノ^ゞ´  '゙`ヾ/      ヽ、       
,/   ,      ヽ、-‐'^ ,,/ f' r::;、  ,ハ       `ヽ、,_
l   /        フ⌒ヾ  ,ト、ド='^'V ,ノ   ,.:-―-、、   ,フ   
ヽ  に    ,:r='^'"(_     〈 `'iーァ''"    '^'ヽ、  ヽ.,,_,ィ"    
 ヾ, l=   /"、    `ヽ  _)  /        ヽ         
  `ヾ、 (  ヽ、,_  ,r `'''"7  ,/    、- 、、    ヽ、
     `丶、 ヽ.   丶-‐ィノ, ィ'"      ヽ. `'ー-;,__,>'     
=-イ!    `ヽ、,`''-≧ァ'ー '"    ト、    i!      ばかやろう        
  /     ,ィ `~ ̄´        l ヽ.   l! 神輿と議長はパーがいいんだ



816 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 22:48:30 ID:E0e3uSzq
>>815 会長もね。

817 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:49:19 ID:3fObSgF5
>>811
ロシアの何の手を組むんだ?
ロシアは明治維新以来一貫して日本最大の敵国だ。
ロシア中国のランドパワーにいかに対抗していくのかが、シーパワーである
日本始まって以来の問題。
手を組むなんていうことはありえないし、それは日本の破滅を意味する。
同じように中国と疎遠であった時期ほど日本は繁栄している。
海洋国家は大陸に手を出してはいけない。手を組んだ瞬間飲み込まれる。
細長い島国の日本に専守防衛など成立しない。いったん上陸されればそこで即終了。
大陸側に防衛ラインを設けて先に叩かなければ防衛とはいえない。

818 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 22:57:07 ID:pXDFxTDD
>>817
アメリカの植民地として日本を固定したい側の方ですね。
でもね、対米関係が変じゃないかと思い始める人は増えてきているし、
メディア操縦で騙しての現状固定もそろそろ限界が来てるよ。
今の日本にとっての最大の敵国は間違いなくアメリカ。

819 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:02:59 ID:3fObSgF5
>>818
経済関連のことを言っているんだろうが、一番の原因は理不尽な要求を
唯々諾々と受け入れる日本側にある。アメリカは単に自国の利益を追求しているだけ。
軍事的には日本はアメリカに追随しないという選択肢はない。
自国で安全保障も核ももっていないわけだから。憲法改正して核武装し、
拉致被害者救出のために戦争も辞さないと言うのなら別だが。

820 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:08:15 ID:pXDFxTDD
>>819
なんだ、ただの軍オタか。

>経済関連のことを言っているんだろうが、一番の原因は理不尽な要求を
>唯々諾々と受け入れる日本側にある。

そういう状況を構築したのがアメリカ。
相当アホな発言をしてるって自覚を持った方がいい。

821 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:11:39 ID:qKa+htAS
>>807
日本のエネルギー関連の認識は問題だよね。
関連技術も、その延長である環境技術も。
戦争して死人出してまで、世界の国々が取り合って来たものなのに。

アメリカでもロシアでも、どこが主導してもいいから、せめて
このあたりぐらいは普通の国に戻って欲しいな…。
見てて情けないよ。


822 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:12:08 ID:LtdZPwU3
>>817

 もう、ロシア、アメリカ、中国それぞれと独自に外交をこなして行く段階に来ていると思うぞ。
 ロシアともな。日本もアメリカ一辺倒じゃなく、自立した大人国家として対等にこれらの国と
 渡り合ってゆく。いつまでもアメリカアメリカじゃ、南朝鮮と変わらん。

 反日のくせに日本との比較記事ばかりの南朝鮮みたいに近視眼的になって、結局は
 日本から乳離れ出来ない馬鹿国家とは違うんだ。
 
 

823 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:12:15 ID:3fObSgF5
なぜ日英同盟日米同盟が重要なのか、地政学になじみがない人はまず
これから読んでもらいたい。
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/post_161.html
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/post_165.html
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/post_168.html

824 :間ヌケの宮:2007/10/20(土) 23:12:23 ID:E0e3uSzq
>>817 「ロシア」でも「ロシア人」でもない。プーチンだよ。だからポスト・プーチン
では、また方針を変える必要が出てくるかもしれんわけだ。

たしかに昔からそのような公式はあるよね。しかし、今、ロシアは国家史上はじめて行列を
作らずにモノが買える時代になった。ビジネスというものは、3枚重ねたコンドームを突き
破るような勢いで国境を越えていくもんなんだよ。国家同士は、お互いにビジネスが円滑に
いくように最低限の段取りをつけてやればいいんだ。

そのためにも、まず平和条約を結ばなきゃ話にならんわね。もう土地の奪い合いの時代じゃ
ないんだから、心配は要らん。莫大な軍費をかけて土地を奪っても採算は合わんのよ。

825 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:12:34 ID:f+uSY9i7
軍オタは軍オタでも、ニュース系の板にはいるが軍板には来ない程度の軍オタかな。

826 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:14:57 ID:HS2OdMHn
ヤクザの話しようぜ。山口組がブスっとやったらしいな。

827 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:15:00 ID:3fObSgF5
>>822
だから憲法改正してスパイ防止法制定してどんどん自立していくべきでしょ。

828 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:16:06 ID:RCBHJZcL
★時津風部屋  1/3
07年10月07日 11:06 (日)

  昨今世間を騒がせている時津風部屋の暴行致死事件はまことにおぞましい事件です。
特におぞましいのは先輩達が暴行したというだけではなく、親方がビール瓶で頭をなぐり、
弟子達に暴行を指示したという点です。事件の背景には相撲界独得の仕組みによる
経済的な意味をあるようです。相撲部屋は親方が持つ独立した事業体であり、経営的には
相撲協会の一部門というわけではありません。その収入源は相撲協会からの交付金
によっているのですが、それが弟子一人当たり幾らとなっています。ですから、弟子が
減る事は収入源を意味します。死亡した人は度々脱走を試みていたようですから、部屋の
収入をおびやかしたわけです。ここに経営者たる親方が懲罰を与える理由がありました。

  ですから、今回の問題はそういう意味で学校などのいじめとは意味が違う面があります。
むしろ暴力団の組み抜けに対する暴行に似ていると言えます。いずれにせよ今回の問題で
相撲界全体の古い体質が明るみにでました。これを世間の人達は異常な事だと受け止めた
のではないでしょうか?確かに相撲界の体質は古い事は古いですが、しかし、今の
日本社会の本質をそのまま表しているとも言えます。

  今の日本社会にはいじめやハラスメントなど、どこにでも横行しています。そのうち、
暴力沙汰や自殺にいたる問題にまで発展して明るみにでるのはごく一部ですが、どの
社会にもいじめやハラスメントのような事は日常的に起こっているのではないでしょうか。
もちろん多くの場合は被害者がそれを受け流して大きな問題には至っていません。



829 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:16:29 ID:HS2OdMHn
こええよなぁ、ヤクザはよぉ。

830 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:17:24 ID:RCBHJZcL
★時津風部屋  2/3

  なぜそうなるかと言いますと日本人独得の集団主義にあります。日本人は個人では
非常に弱い人間で、常に精神的に依存し会わないと不安を感じる国民性をもっています。
ですから人が何人かあつまるとすぐに集団を形成します。そうなりますと、集団の中で
リーダーができたり、そのリーダーの意向に背いたり、構成員の間に考え方の違いや
好き嫌いが生じたりします。集団から抜けようとする人もでます。こういう土壌の中でいじめが
起こります。ですからいじめは個人対個人ではなく、集団対個人の形になってしまいます。

今回の事件も死亡した人は脱走を企てる事により、時津風部屋という集団に被害を与える
おそれが出た為のいじめなのでしょう。親方は経済的損失を思い、兄弟子達はこんな
つらい稽古や生活を我慢しているのに一人だけ抜けるのはけしからんという感情が
働いたはずです。相撲が強くなろうが弱かろうが個人の問題の筈なのに、そうは
ならないのが集団主義なのです。

  政治の世界の派閥も同じ事です。政策を同じくする人の集団であれば理解できますが、
日本の政治の派閥は政策などおかまいなしの単なる人の集団です。ですから特定の政策を
推進したい目標ができると、派閥横断的な政策集団を一時的につくります。これが本当の
政策集団であり、旧来からの派閥は、個人では不安でいられないために群れた集団なのです。
(もちろん、集団を結成することで得る実利もあるでしょうが)


831 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:18:20 ID:AsmC8sBF
エネルギーから入ったらいいんじゃない。いずれにしても、エネルギーは
有限だし、たしかに日ソ不可侵条約破棄とか、北方領土の問題とかそういうアレルギーはあるが、
まずその時代の情勢によって変わってくるから、戦略的にうまく考えていけばいい。
まずは北方領土が全身したら一気にエネルギー戦略でも接近するとは思う。

 日本に入ってくるエネルギー供給をストップさせると餓死者が続出する。
また日本も水資源を屋久島なんからか活用して、カザフのような内陸の国にウランと交換したりとか
そういう手がある。そういうのをうまくロシア外交とからませるとか、いろいろある。
そういうことをしながら、お互い武力で衝突しないような方法を考えていけばいい。
裏切らないように、アメリカの関係も今のままでは
たかられるだけだが、たかられないような方法で保険として残す戦略もある。

 エネルギーがない中では日本は鎖国のころの江戸にもどって自給でやっていた時代はあったが
、エネルギーの依存率や食糧自給率を考えて無理だし、近代兵器もエネルギーも豊富な諸外国が
日本が江戸のような国になればすぐに侵略してくる。そこまでの覚悟も
庶民にはないし、だから現実は無理。

 軍拡も必要だが、まずはエネルギーがないと防衛はもできない。
国益のため戦争を回避するために情報機関が必要で、武器なき戦争がまずは必要で、

ぶりかえすが第一段階としてスパイ防止法をつくれといっている。まずはそこからでしょう。
諸外国の情報に対して商社は強いが、利潤を追求するために動くわけだが、
そういったのも活用して国益のために動く情報機関でしょうね。スパイ防止法がない中、
今のようなていたらくな、機密情報でネットで情報が漏れたり不祥事が多い防衛省や
同じく外務省や公安や官邸の電話を簡単に盗聴されたり、内長では厳しいでしょうね。

 あんなに小さい国、ゲリラもいれば回りが敵だらけの中、イスラエルにも
モサドがいるが、ああいう情報機関が創りたい、アメリカのコントロール化
のための情報機関はだめだが。



832 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:18:45 ID:kp1VQdcD
>>817
このまま朝鮮人支配を望むならそれでいいんじゃねえの?
だが、日露戦争は帝政ロシアを倒してロシアを食い物にしたい国際資本、
クーンローブ商会ことヤコブ・シフ=ロスチャイルド家に日露双方が嵌められた結果に過ぎねえよ。
不倶戴天の敵に仕立て上げたのは国際資本の側だ。
ちなみに当時の日本に色々と技術を伝授してくれたのは帝政ロシア時代の貴族階級だったって事も忘れずにな。

833 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:18:51 ID:RCBHJZcL
★時津風部屋  3/3

  これが個人主義の国なら、精神的な依存がない為に、日本の言葉でいうと一匹狼が
たくさんいるだけです。そして、政治でいえば政策推進とか、学校でいえばクラブ活動とか、
特定の目的があり、集団を形成した方が実現しやすい場合のみ、その目的の為の活動に
限って集団を形成します。ですからその目的をはずれたその他の活動や私生活にまで
同じ集団で行動するとか言うことはありません。いじめはありますが、集団の論理とは無縁の
個人対個人の問題が殆どです。(アメリカは移民の国ですので、国民の中には個人主義の
人達ばかりではなく、集団主義の人達もおり、日本的ないじめもないことはありません)

  今回の相撲の問題で、世間の人は相撲界が閉鎖的で異常な集団であると思われた
事でしょう。しかし、個人主義の欧米の人が日本の集団主義の社会をみれば同じように
写るはずです。日本から発信される学校のいじめやその結果の暴行、自殺、会社での
ハラスメントや自殺など、我々が相撲界を見ているように外国人は日本社会を見ているのです。

  私は常日頃日本社会、特に労働市場がもっと流動化しなければいけないと書いています。
それは適材適所を実現する為です。個人が本当にしたい仕事を探せる社会も流動的な
社会です。日本の会社は形成した集団によそものを入れたくないので、集団の文化に
染めやすい新卒採用を主体にしています。これを改めるには個人主義的な職場に変える
必要があるのですが、それには個人がもっと精神的に強くならなければいけません。依存症を
やめるのです。でも急に言っても無理でしょうから、世の親御さんは子育ての段階から
精神的に自立した子供を育てるしかないのかもしれません。とにかく今回の時津風部屋の
事件は閉鎖的な相撲界の特異な事件ではなく、日本社会の縮図で有ることを理解してください。

http://www.mypress.jp/v2/dbm/dbm_comment_disp.php?writer_id=yuigahama&story_id=1663733



834 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:23:55 ID:pXDFxTDD
>>827
だからもうきみはいいってw
日本国内はアメリカを中心に各国の工作員と売国奴が跋扈してて、
諜報機関がまともに機能しない懸念が全く拭えないんだよ。
スパイ防止法何ぞ作っても機能しねえってw
最悪の場合、対米追従に反対する連中がムショにぶち込まれ、
植民地状態を固定・強化する機関として悪用されかねない。
あんた日本が置かれてる現状に対する認識が甘すぎるんだわ。

835 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:29:50 ID:LtdZPwU3
21世紀はロシアとは利害関係が一致する。
資本や技術の面でも
支那と違って軍事衝突はありえない。
とっとと北方領土を返還してもらって協力体制を確立すべきだ。
BRIC.s インド、ロシア、支那、ブラジル、この4国は間違いなく伸びる。
しかし、日本は少子化でGDPは下がる一方。日本が必死に蓄えた富を吸い出す
事ばかり考えているどっかの国一辺倒ではもはや日本は生き残れない。

836 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:33:26 ID:3fObSgF5
気に食わなかったらパイプライン止める、サハリン2の権益も取り上げる、
こんな国に資源を依存するようになったら首根っこを押さえつけられるだけ。
そんなにウクライナやグルジアになりたいのか。

837 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:37:24 ID:pXDFxTDD
>>836
ウクライナとグルジアはアメリカが偽民主化起こしたせいで
本来なら起こるはずのなかった混乱に巻き込まれてる。
グルジアなんか完全にアメリカの植民地状態だぜ。
段々釣りでやってるんじゃないかって気がしてきたわw

838 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:40:22 ID:AsmC8sBF
>>834
以前にも書いたが

ハニートラップやマネーやロビーなどで気がついたらミイラがミイラとりに
なったというケースがある。さらに情報漏洩に対する罰則がゆるいから、
諸外国の重要な情報がどこに漏れるかわからない。だから諸外国の重要な
情報が入ってこないわけだ。

内向きの組織防衛だけはすごい能力を発揮するんだが、
外からの防衛が手薄というか
やりたい放題なんだな。


重要な情報を漏洩して国に危害を与えた場合なんだ。諸外国に
そのような情報を流すのは何も、外国人だけではない、日本人も含まれるわけだ。
つまり機密情報というかそういう重要な情報を扱っている人を対象とするわけだよ。
共謀や教唆も罰則を設ける。そこまでしないと、イスラエルやアメリカ、韓国といった
国が正確で重要な情報をくれんよ。情報漏洩について甘いから、どこの人間に流すか
わからないおそれがあるから、そういう情報を流されると諸外国も困る。
何度もいうけどスパイ防止法じゃ手垢がついているから、別に名前でもいいし。 もちろん情報漏洩により国益に毀損するようなことであれば、CIAの工作員だろうが、対象にする
必要があると思うよ。
庶民レベルでこういう議論が沸き起こって国政にプレッシャーをかければ
なんらかの動きがあるんじゃないか。

あとは個人情報保護法に改正だね。国会議員や地方議員など公的なお金を
使って仕事をしている人には条件面もあると思うけど基本的に適応外にしてほしいね。

個人情報保護法を縦にやりたい放題やる。これが腐敗を加速させる。

とにかくこういう法律がまったくないのが問題だよ。


839 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:45:12 ID:AsmC8sBF
>>836
だからそんなにアメリカにおしりをなめたいのか。
アメリカにたかられつづけたいのか、アメリカとの関係はもちろん大事
なんだが、別の選択肢があってもいいんじゃないか、
原油の後のエネルギー戦略として東アジアにおいて近い国でどこがある。
ロシアに裏切られないような外交をやったらいいんだよ。

そんなにアメリカ以外の選択肢の議論に対して思考停止したいのか、
裏切られるリスクはあるが、このままじゃじり貧という思考はないのか。


840 :名無しさん@3周年:2007/10/20(土) 23:45:40 ID:3fObSgF5
>>837
もちろん知ってて書いている。
東欧諸国はロシアとアメリカの綱引きの場になっている。
ロシアの恫喝から逃れたい国はアメリカにつくしかない。
首根っこを押さえつけられているから。

841 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 01:20:50 ID:pFCfXgn9
ロシアに付くにしろ、アメリカに荷担するにしろ、
両国とも日本をしゃぶり尽くそうとする相手であることに変わりはない。
中国様にしても同様。
結局、相手が誰であれ、常に潜在的な敵国であることを忘れている。
地政学的には海洋国側に軸足を置くのは当然であるが、
だからと言ってアメリカを盲信するのもナーバスに過ぎる。
たしかにソ連は日ソ不可侵条約を一方的に破棄したが、
アメリカにしたところで日米同盟がアメリカの国益に適わなくなれば、
いつだって日米同盟を破棄することを躊躇しない。
つまりは後ろ手に棍棒を隠しつつ、互いに握手するしかない。
現段階でロシアと誼を結ぶことは非常に魅力的な選択肢ではある。
しかし日本にとって何よりも重要なことは、これから先の世界覇権競争で
勝つ側に廻ること、あるいは日本の力で覇権競争に勝つことだ。
中、露、米、いづれの国が今後もっとも有望であるか。
これを見極めることが何よりも重要なのでは?



842 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 01:20:59 ID:qY1qgrTt
たまにはお尻かじってやれ!
ttp://www.youtube.com/watch?v=G3m8Qje1e8Q

843 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 01:27:37 ID:G2Krmx3j
>>787
そりゃそうなんだけどさ、
安価元読んでないだろ君

844 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 03:00:19 ID:W6FFJgjY
初音ミク関係で今、ネット界隈が大騒ぎになってますが、
電通・TBS・ホリプロ・google・yahoo辺りのキナ臭い情報とか
何かありますか?

845 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 06:40:11 ID:llqU106/
経済や社会が変わるとか言ってるけど
新時代に備えて、今の資産運用はどうするべき?
ベンジャミンフルフォードさんは日本の資産が武器だと言ってる
国家レベルで武器にする事は分かった
個人の資産はどう守ればいいのだろうか
株?金?土地?まさか現金じゃないですよね
個人資産をどうしたらいいか
ここが最大の疑問です

846 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 06:51:19 ID:N5DoRpf0
>>842
お尻かじり虫
ttp://2chrood.blogspot.com/2007/09/blog-post_7333.html

最近NHKで、お尻かじり虫が流行っている。何が理由で流行したのかは知らないが、
一つ気になることがあったので、掲載しよう。NHKでは過去に、韓国人と結婚しようと
宣伝するハングル講座が流行ったという。

今度は子供向けに作ったのか、統一協会で広めている教義の内容そっくりの
映像がかじり虫の映像に含まれている。

まず結婚シーンが多用されていること。次に、お尻に執着する文化的表現が含まれていること。
そして統一協会のテーマである、世界統一の映像として、地球の上で全人類が手つなぎしている事である。

はたして、子供番組の表現にこれらが必要あるだろうか?子供に結婚シーンを見せている意図が
理解できないし、結婚式で、お尻に執着するという文化は、韓国統一協会特有の風習と似ている。
さらに最後はワールド・ワンを意味する映像で終わる。

これだけ類似してれば、統一の関係者と邪推されてしまう。特に統一協会の映像を見たとき、
幹部達が木の棒で、女性の尻を叩いている映像をみたことがある。統一協会では、結婚式に
尻を叩くのか?へんな教団であるなと、その時は感じていたが、最近こんな形で現れるとは、
奴ら腐れキリシタンどもには本当にあきれるばかりである。

あの作者も日本人だろうか?
顔つきも日本人離れしているが?どうだろうか?

まぁテレビ関係者のトップは、統一の関係者が多いので、何が起きても不思議ではないが・・。

847 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 08:57:34 ID:BESZynZs
>>846
僕も統一協会は大嫌いだけど、ここまでくると被害妄想がすぎるんじゃないの?
韓国への理解を深めるには韓国ドラマ「英雄時代」を見るといいよ。
サムスンと現代グループの創立者たちの苦難の歴史を描いているんだけど、ものすごく面白い。
どうやって事業を興し顧客の信頼を勝ち取るか、人間性溢れる描写で描かれている。企業家の志を説く老人とか魅力的なキャラが多い。
現代グループが今日ある最初のきっかけを作ったのが、彼が当時通っていた簿記学校の日本人教師の優しさであったり、
日本人もかなりフェアな描き方をされている。日本人にもいい人悪い人がいるとね。
苦労して立ち上げた自動車工場が燃えてしまったとき、どうやって高級な自動車を弁償しようとしたか、とにかく手に汗握る面白さだからおすすめするよ。


848 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:04:07 ID:BESZynZs
物語の始まりが金大中の北朝鮮訪問、ノーベル賞受賞後の現代グループ総帥自殺から始まっている。
当時の韓国政界の問題点などもきっちり描いている。戦前の朝鮮総督府の様子だとか街の再現もすごい。
ちなみに僕はドラマフリークで、ホワイトハウスや24も好きだよ。良質のドラマ見てると
一方的なニュースよりよほどその国のことがわかるよ。アンチ韓国の人たちも見てみるといいのに。

849 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:09:00 ID:tLjTyXtb
その現代も国際資本の手先をやってるだろ
チョンは引っ込んでろ

850 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:25:35 ID:P/KfcfIO
>>849
現代にしてもサムソンにしても対等な立場で相互利用補充関係にある
キャノンやソニーやホンダのような支配されてる関係ではない

851 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:26:35 ID:BESZynZs
>>849
そういうスタンスならまず敵を知れよ。
なんでもかんでもチョンってさw、恥ずかしくないの?
僕は4代目の江戸っ子だよ、悪いね。

852 :いわぬが花子:2007/10/21(日) 09:30:40 ID:CYdkuSCL
>>846 いえいえ、あなたのおっしゃる通りですよ、多分。これは完全なテロです。というと物騒ですけど、
武器を使わないテロ、精神的に朝鮮半島の人たちにひざまづかせる為に入念にカリキュラムがたてられているのです。
 『カリキュラム』と役員氏はいってましたが。
 >>851 敵を知る、それには賛同します。





853 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:34:11 ID:BESZynZs
フルフォードさんはブッシュ政権はこの秋で終わりで、ゴアが臨時大統領になると書いてるね。
本来は圧倒的に有利だったゴアがブッシュに負けたのは、アメリカを裏で操る勢力によるもので
今度はヒラリー民主党有利のなかで共和党の新人が彗星のように現れて大統領になるよう、その勢力が画策すると
あるエコノミストが書いていた。米軍再編で沖縄どころか日本全体が米軍基地化するなかで
日本はどう行動すべき?

854 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:36:31 ID:BESZynZs
>>852
どう聞いても単なるユーモラスな歌にしか聞こえないけどなぁ。
下ネタに夢中になる時期の4歳の甥が大好きで、しょっちゅう歌ってますよ。

855 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:42:31 ID:tLjTyXtb
ベンジャミンの主張を見ればロスチャイルドの手先そのものなんだが
そんなモンに安易に釣られてるのを見れば韓流に染められるのにも頷ける
世界が変わる?中国の秘密結社の幣がロックフェラーやブッシュをやっつけてくれる?
幣も三合会もイルミナティの李家傘下だよ。
中国の秘密結社は元々貧しい民衆が時の政権に抵抗する為に作り出されたものだが
今の結社どもは毛の時代に国際資本側に組み込まれてる。中共に逆らう事はあっても国際資本には逆らわない。
新世界秩序の一部に組み込まれた奴等がどうして国際資本に逆らうと言うんだ?

856 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:45:14 ID:BESZynZs
>>855
国際資本ってよく出てくるけど、僕は漠然としかわかっていない。
レクチャーしてくれませんか?

857 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:50:37 ID:BESZynZs
856ですが、やっぱり遠慮しておきます。
他スレもあることだし、他の方に迷惑かけるので。

858 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 09:55:27 ID:rhLbW3In
国際貢献とは、何なのか?一度のその具体的な説明がなせれたことがない。
結局は、自民党の裏利権になっているだけではないか。

859 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 10:01:31 ID:rhLbW3In
国益などというのは、一度も具体的にその内容を言う議員はいない。
それは、国益の名のもとに、税金を判らないように使い、国防などは
守屋事務官のような奴と、自民党の裏利権、防衛施設庁の裏利権とが
絡んで税金が使われているだけである。
結局は、自民党と役人の利益が国益である。

860 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 10:12:39 ID:hUT7nEXG
>>817
そういえば、連山光の声はロシアを敵視してたっけなあ。
今何やってんの?

かつての農水省は外務省と違い、欧州と組んで
アメリカの押し付けに国益のために戦っていたらしいね。

その後の農水省の惨状は言うまでもないが。

861 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 11:19:35 ID:HPsudjvq

>>791

だってエンタメスレだもんなw

マスゴミと同じでw



862 :間ヌケの宮:2007/10/21(日) 11:28:22 ID:aIJurqJ8
あたりまえの話じゃが、世の中には風向きってものがあってな、要するにトレンドだ。

1998年に原油が、1999年に金が歴史的大底をうってから商品関連が一貫した上昇トレンド
になって、現在もその基調は変らない。

要するに資源インフレだ。このことが意味するものを考えずに世界の覇権を考えても無意味
じゃよ。

アメリカも中国も原油輸入国だ。アメリカは油田が枯渇し始めている。だから原油の輸入は
ハンディなのだが、決済がドルである以上、価格の高騰はドル需要の増加になるのでまんざ
らではない。苦しいのは中国だな。

ところで最大の目玉はロシアだ。この資源インフレの恩恵を最大限に享受するのがロシアで
ね、大砲よりも原爆よりも威力のある武器が原油・天然ガスというわけだ。ロシアの財政的
潤いは想像を絶するよ。北方領土を返しても政権にキズがつかないというのはそういうわけ
なんだ。昔のロシアじゃないよ。金満ロシアだ。

地政学と言うのも悪くないが、この資源インフレ・トレンドの分析にはあまり役立たんと思う。
発想を変えなきゃダメだね。不凍港を求めてあくなき南下意欲にかられた昔のロシアじゃない。

さて、問題はこの資源インフレのトレンドに、ロスとかロックなどが乗りそびれたということ
だ。プーチンが彼等を追い出したことの意味をもう一度この文脈から考えないとわけがわから
なくなるよ。

マネーの覇権はオイルダラーとロシア・マネーに移行しつつあると見ている。それほど原油
高騰のもたらした変化が劇的であったということだ。古臭いユダヤの陰謀説はいったん白紙
にして、もう一度観点を組みなおした方がいい。

そして、問題はそのロシア・マネーが怒涛のように日本に上陸し始めたということなんだ。
この流れから日露関係を考え直していく。ロシア、ロシアと絶叫するのはそういうことです。


863 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 11:33:25 ID:9YyNdcSF
「日露関係は最悪の状態」 プーチン政権の総括

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000931-san-int

864 :間ヌケの宮:2007/10/21(日) 11:46:58 ID:aIJurqJ8
>>863 なるほど、面白いね。まず日本側がプーチン政権を支えると言う断固たる
意志を示すこと、そしてそれを最低20年の長期にわたって保証する体制を固める
こと、これが最低条件だ。

なんども言うが、ロシア一般と手を組むんじゃない、プーチンと組むのだと言う
方向で行かないと話にならない。

プーチンが泡沫政権・泡沫政治家と組むはずが無い。いいとこ取りされるだけだか
らな。

だからまずプーチンとの個人的信頼関係が出発点なのだ。その上で長期の協力関係
を制度的に担保し得るかどうかだね。

865 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 11:59:12 ID:oY+2kvf4
>>862

 日本国内で問題なのはひきこもって日本国内で平和勢力なんだ、平和平和といっとけば平和だと
思っている。あとアメリカのおしりをなめておけばいいんだ、現状維持でたかられ
続けることがすきなんだというそういう構造を維持する勢力。そういうことに大しておかしい、
別の選択肢もあるんじゃないかというと軍国主義だ、戦争したいんかと思考停止する勢力。

 商社やまあ仕事はしないが外務省の連中がどんだけ体をはって
戦争を回避しエネルギー外交を諸外国の要人と行っているか、そういう現実を見ようとしない、
わからない。資源インフレと新興国メジャーの勃興と伝統的欧米メジャーの
関係そういうことやに疎い。いつまでたっても間接的に日本国債に使われている
信用があるといって郵便貯金や銀行などにお金をあずけている。
 
 日本の国内の亀田問題や相撲問題について生活に関係ないことばかり垂れ流す
メディアの言っていることを鵜呑みにして、あーじゃないこーじゃないと
言っている。こういうのが多数派だから始末におえないんだ。

866 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 12:31:06 ID:IKxm8p7Z
>>865
その亀田や相撲の件についてだがどうもマスコミ内の利権争い的な要素がある気がするな。
要するに旨味のあるスポーツをマスコミ間で取り合うって感じで。
丁度高校野球における朝日・毎日やプロ野球における読売・日テレみたいなもんでさ。
だから今回の件は良く見ると実に滑稽な話な訳で。

この件について闇氏の見解を伺いたいがどんなもんだろうか?

867 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 12:51:58 ID:vFxCjTRx
>>865
>日本国内で問題なのはひきこもって日本国内で平和勢力なんだ、平和平和といっとけば平和だと
>思っている。あとアメリカのおしりをなめておけばいいんだ、現状維持でたかられ
>続けることがすきなんだというそういう構造を維持する勢力。そういうことに大しておかしい、
>別の選択肢もあるんじゃないかというと軍国主義だ、戦争したいんかと思考停止する勢力。

親米右翼、親米保守、親米左派(リベラルだね、これは)がそういう構造を維持しようとしている側。
彼らはアメリカに奉仕するシステムを守る為だけにやってる立場だからたちが悪い。
反米左派は基本的にその構造に反対の上で反戦を唱えてるだけだからちょっと違うわけだけど。
従って、この問は、反米左派側に課せられた課題と言えるだろうな。
対米従属からの脱却を本気で図ろうとする以上、その方策をきちんと提示しないといかん。

868 :名無しさん@3周年:2007/10/21(日) 13:04:51 ID:BESZynZs
>>862
マネーの覇権はオイルダラーとロシア・マネーに移行しつつあると見ている。それほど原油
高騰のもたらした変化が劇的であったということだ。古臭いユダヤの陰謀説はいったん白紙
にして、もう一度観点を組みなおした方がいい。
そして、問題はそのロシア・マネーが怒涛のように日本に上陸し始めたということなんだ。
この流れから日露関係を考え直していく。ロシア、ロシアと絶叫するのはそういうことです。

目からウロコでした。

亀田だ相撲だと世間の感情論を煽る裏で、消費税値上げやむをえずの流れが作られつつありますね。
福田ハト派路線で安心させておいて、結局御手洗喚問も飛びそうだし、構造改革路線の検証もなされないまま
福田政権は安心感で目くらましする分、危険かも。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)