5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人権主義】死刑廃止論者倍増計画

1 :名無しさん@3周年:2008/04/13(日) 20:17:08 ID:uyA9eWQS
日本で加害者の人権を擁護すれば「被害者より加害者の人権が大事なのか」と大反発が予想されます。
しかし日本以外のほとんどの国はそうではありません。なぜでしょうか。

おそらく日本での刑事罰は、犯罪者に対する制裁・報復なのでしょう。

しかし日本以外の多くの国では、人間社会のデフォルト(初期設定)は「万人は万人に対して狼」
「万人の万人に対する闘争」だと考えられています。
刑事罰は、人権と人権の衝突を調整するための手段に過ぎません。
第二・第三の犯罪を未然に防ぐ目的の限りにおいて、
加害者の人権に必要最小限度の制約を加えるのです。

世界の死刑廃止の潮流は、政治制度や宗教、文化の差異を超えて広がっています。
G8諸国で死刑を存置している国は日本と米国のみです。

2008/4/10 - 日本支部声明 : 死刑執行抗議声明(アムネスティ・インターナショナル)
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=466

902 :府政を沈没させた過去の府政:2008/06/21(土) 11:54:00 ID:b8liJUva
殺人を犯した死刑囚に人権はないだろ、死刑囚にむかって回りのノー天気は人権
を口にする。殺人を犯した加害者は相手の人権無視して殺したわけだ。
何が人権だ。死刑廃止論者手名らの家族が被害にあったらどうするんだ。
法的にけんかは両成敗だ。殺したら法に因って裁かれるの当然。
過去の法務大臣はご都合主義で、被害者の人権無視した野郎たち
鳩山大臣は、法の平等を鑑み粛々と裁きをしてる。これ社会通念上当たり前。

903 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 12:00:18 ID:yJp3zoU/
>>902
たしか、よほどの難病とか治癒に年月を要する怪我でも無いかぎり
医者の治癒証明が無いと執行令状は出ないはずだ。
被害者よりもはるかに恵まれた状況下で見送られるのだよ。

904 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 12:20:04 ID:Ve/hkymF
廃止側のウソと詭弁だらけの前スレでも書いたがね。
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1208831370/
昭和天皇重体のころ、罪状否認から一転、あっさり認めた凶悪夫婦(内縁?)がいたぞ。
"恩赦"期待と左右のメディアが断定したけどね。

905 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 12:36:37 ID:tn6S3CcM
>>885
証拠不十分なら裁判にならずに不起訴になる
十分な証拠があり、有罪になるであろう事件だから裁判にまで進むんだよ
それで有罪率が高いのは当然だろ

逆にろくな証拠も無い事件まで裁判するなら
有罪率は下がるだろうけど税金の無駄だ

906 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 12:44:09 ID:fwvfe/ag
>>905

>>886

907 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 12:57:03 ID:tn6S3CcM
1980(S55) 11.19 最高裁が上告棄却(死刑確定)

最高裁判所裁判官国民審査
第一三回国民審査 1983年(昭和58年)12月18日 投票率 66.39%
 一九八三年一二月一八日、総選挙と同時におこなわれた第一三回最高裁裁判官国民審査においては、
 安岡満彦、角田礼次郎、大橋進、木戸口久治、和田誠一、牧圭次の六裁判官が
 国民審査の対象となり、いずれも信任された。
 国民審査結果を評価するうえでもっとも基本的な指標の一つは不信任の意思表明である×点比率であるが、
 今回の場合最高は角田礼次郎氏の一〇・八五%(五五七万票)、最低は、牧圭次氏の
 九・六七%(四九六万票)であり、対象六裁判官の×点比平均は一〇・二五%(五二四万票)であった。

国民の判断はこうでしたが?

908 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:03:38 ID:fwvfe/ag
そんな国民審査は形だけでほとんど無意味でしょう。
一体そのうち何人がそれぞれの裁判官の名前と
これまでの仕事を知っていて、裁判の内容まで理解して、
判定すると思うの? 僕が今やっても、最高裁判事
一人も知らないからとりあえず全部信任すると思うよ。

909 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:05:46 ID:aGLO76+S
商品の単価が1万円以上場合、消費税の税率を15%にする。

商品の単価が1万円未満の場合の消費税率は現行のまま税率5%に据え置く。


貧乏人でも1万円以上の物を買う時はあるし、金持ちでも1万円未満の物を買う時もあるので、
幅広い国民に公平な負担を求めるという消費税の基本理念は貫ける。
したがって当面の間、これが最善の消費税率と言える。

910 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:23:06 ID:fwvfe/ag
>>909
単価高いものは分割して売るから意味無いんじゃない?

911 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:27:53 ID:tn6S3CcM
>>908
つまり、国民にとって冤罪問題なんてその程度のことでしかないということですね

912 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:42:23 ID:JVim83Uw
精神医学の視点から死刑制度を考える
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1212302369/

ぺぺねた。 加藤智大 「私は精神病です」
http://pepeneta.blog78.fc2.com/blog-entry-679.html
東京・秋葉原で8日、17人が殺傷された無差別殺傷事件で、殺害された7人
のうち4人は刃物で一刺しされたことが致命傷となっていたことが警視庁の
司法解剖で分かった。
殺人未遂容疑で逮捕された派遣社員、加藤 智大 ( ともひろ ) 容疑者(25)
は調べに対し、「境遇に強い不満があった」と供述。その一方、「自分は精神病だ」
とも話している。検察当局などは加藤容疑者の責任能力に問題はないことを確認
するため、東京地裁に鑑定留置を請求する方向で検討を始めた。

913 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 13:43:08 ID:9S1DR/1G
刑事訴訟法第475条第2項
死刑執行は判決確定の日から6ヵ月以内に(法務大臣が)命令しなければならない。

914 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 14:41:54 ID:kZDiOF4a
>>911
裁判自体がが不当だと思っても、普通は裁判官の罷免まで思いつかんよ
ねちっこくてもだ、忘れた頃に来る選挙日まで名前を憶えるほど、根気強いのは相当少ないだろうし
実際それで×付ける奴も、本気で辞めさせられるとは思ってないだろ

915 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 15:30:35 ID:MADZHqoV
廃止派の根拠になってるフランスとドイツの体制だが、
憲兵隊が国家警察として正規の権限を持ち、民衆の信頼も大きい。憲兵隊の交番があるくらいだ。
一般の警察と併せて、二重の警察機構が治安を維持している。それなりに。
それでもまだまだ日本の方が治安が良い。落ちた落ちたと言われながら。
東條憲兵の悪印象が強く遺る日本だが、廃止派はこういう体制を望むか?

916 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:00:05 ID:nRfG2rhg
>>913
政治屋は遵法精神が欠如してるからなあ。6ヶ月経過または法務大臣の
死刑執行許可のいずれか早い方の期日に執行する、にでもしておかないと
小泉のときのオバハンみたいにサボるやつに対抗できん

917 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:02:14 ID:h0KwW4gg
【執行停止しないのは政権与党の怠慢】
  刑罰の執行は、「司法」ではなく「行政」の権能だそうです。
  つまり懲役○年執行猶予○年等を決めるのが司法で、
  刑務所内での待遇や仮釈放の有無を決めるのが行政。

  ただ、死刑執行期日が刑事訴訟法に定められたり、
  恩赦なども国会の制定した法律に根拠があることも確かです。

  そこで死刑を全面廃止するまでの間、
  暫定的に死刑執行の停止を国会で議決することを提案します。
  議院内閣制の日本国で法律で定められているから
  仕方なく刑を執行しなければならないというのは通りません。
  その気があるならすぐにでも国会で執行停止を決定すればよいのです。
  
  鳩山法相は死刑賛成者として知られています。
  彼は、自らの意思で大臣の仕事を引き受け、
  死刑判決を受けた者のなかから勝手気ままに受刑者を選び、
  彼らを殺害し続けています。
  彼ら受刑者は決して自動的に死んでいくわけではなく、
  政権与党と担当大臣の意思で殺害され続けているのです。

  引いては、死刑制度にバンザイ三唱する>>700>>813のような
  死刑賛成派が自らの意思で殺していることを自覚すべきです。

918 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:02:27 ID:MriSpIUs
>>912
俺が見たところ秋葉原の事件の犯人は演技性人格障害だな。
人格障害は基本的に減刑理由にならないよ。

>>891
ただいま〜
冤罪の疑いある事件は後回しされて死刑執行されないっしょ。
袴田事件だって結局28年経っても執行されてないしさ。

>>890
多重人格は、別人格が現れ犯罪を犯したとしても、人間としての連続性は保たれており、責任能力が有りと判断されている。
あれはオレじゃないもう一人の人格がやったんだ、ということを裁判官が信じたとしても上記理由から多重人格が減刑理由とはならない。
そもそも多重人格のそれぞれの人格に別の人権を与えるとか、特定の人格だけに刑罰を与えるなんてできんだろ。

というわけでおやすみ〜

919 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:07:10 ID:nRfG2rhg
>>917
死刑廃止法案を出してるのはどの政党だ?

920 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:15:17 ID:MriSpIUs
ミス
演技性人格障害はNSKDだったw
秋葉原の犯人は自己愛性人格障害だと思うw
今度こそおやすー

921 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:19:01 ID:h0KwW4gg
【多重人格】
  被告の精神鑑定で4人の人格が認められたが裁判官は 別人格が現れたとしても、
  人間としての連続性は保たれており、責任能力が有りと認定し
  弁護団側の責任能力は無い主張を退け有罪判決をくだした例があるようですね。

  結局これも、処罰感情が先走り裁判官が精神鑑定を蔑ろにした例だと言えます。

  残り3つの人格にとっては、自分をコントロールする術がなかったわけですから、
  責任能力なんか認められるわけがありません。

  ちなみに多重人格は医学的には解離性同一性障害と呼ばれ、
  性的虐待などの強い心的外傷から逃れようとした結果、
  解離により個人の同一性が損なわれる疾患を言うそうです。
  裁判官は学問的な常識さえ無視して、結論ありきの判決を下したことになります。

>>919
【死刑大好き自民党】
  政権与党の自民党が執行停止法案を提出して否決されたのならともかく、
  そうじゃないなら「仕方なく」ではなく
  彼らの意思で「好き好んで」殺害していると言わざるを得ません。

922 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:35:29 ID:h0KwW4gg
【日本特有、全体責任という名の無責任】
  おそらく自分は手を汚していない、という感覚があるから、
  「ひょっとしたら冤罪かもしれない」「誤審かもしれない」、
  という恐れを抱かずに死刑執行に賛成できるのでしょう。

  この国では、一般国民ばかりか政権与党の人間まで、
  誰もまともにこの責任と向き合おうとはしません。

923 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:40:44 ID:0/3n6Aob
廃止法案なんて出す政党ないだろよ。国民から疑われるからな。
ナチや共産独裁から解放されたヨーロッパや軍事独裁から解放された
発展途上国などとは事情が違うんだから当たり前のこと。死刑を廃止すべき
などという国民の声が上がるわけが無いw。

924 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 16:49:31 ID:h0KwW4gg
>>923
【それならそれで】
  法の規定があるから仕方なく死刑執行した…みたいなことを
  立法府の人間が恥ずかしげも無く口にすべきではありません。

  大臣は自分の意思で職責を預かり、囚人を殺したことを自覚し、
  もしかしたら無実の人間をこの手で処刑したかもしれない、
  という不安や恐れと一生向き合いながら生き続けるべきでしょう。

  これは、死刑賛成の一般国民にも同じことが言えます。
  自らの手を汚して囚人を殺したのです。

925 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:07:57 ID:h0KwW4gg
【曖昧で相対的な生死の境目】
  何が死刑に相当するかまたはしないかは時代によって異なります。
  江戸時代の日本では十両盗めば死刑でした。不倫も死刑です。
  現代においても、死刑の判決数や基準は変動し続けています。
  …しかし人間の価値はいつの時代も普遍のはずです。

  他人の命を奪うという不可逆な刑罰について、
  あの量刑は今考えると妥当じゃなかったなどと聞かされても、
  はっきり言って後の祭りです。

  人権の普遍性に思いを致せば、その場その場の感情だけで
  不必要に他人の命を奪って良いとは私にはどうしても思えません。

926 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:10:23 ID:fwvfe/ag
>>911
そんなことすら考えていないということ。
自分が冤罪になる可能性なんて想像すらしたこと無いんじゃない?

927 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:14:13 ID:fwvfe/ag
>>915
今日本の治安がいいのは死刑制度があるおかげ?
死刑制度廃止したら欧州の水準まで悪化すると本気で思う?

死刑制度がある他の国と比べても例外的に日本だけが治安がいいんだけど。
それは日本の経済的豊かさと、静謐な国民性と、警察。行政の努力の賜物だよ。
死刑制度との関係は希薄でしょう。

928 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:21:14 ID:fwvfe/ag
>>918
それが法律に明記されていたりすれば執行されないと確信もてるけど、
本人はいつ執行されるか分からない中ずっとその日を待ち続けているでしょう。
確定しているんだから、いつ執行されてもおかしくないんじゃない?
それに多くの囚人の弁護士は嘘でも当然冤罪の可能性あり」として再審請求する。
そして普通それらは棄却され、そのうち執行される。
「死刑」という最高に重い判決に絶対に間違いなんかあっては
いけないんだから、一度際高裁判決が出た以上、「冤罪の可能性」なんか絶対に認めないよ。
袴田が特別に執行されないとしたら、世論の動向を伺っているということ以外に理由はない。



929 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:30:24 ID:fwvfe/ag
>>923
今の日本は事情が違うというし、
私も今の日本が永遠に続けば危険は薄いと思うけど、
ナチだって民主主義的な国民の投票によって
第一政党になったんだよ。共産だって建前は、国民のため。
そういう歴史があって、危険が骨身にしみているから
ドイツやその他欧州諸国は死刑を廃止した。
独裁政権はいつでも民主的手段を用いても、武力を用いても
誕生できる。
そういう政権が誕生したら(初めは独裁色を出さず国民の見方のふりをする)
そのうち死刑制度を復活させるだろうが、もともと死刑制度が無ければそれまで
は反対派の粛清が合法的には行えないので時間稼ぎになるし、死刑制度復活
の動きが出てくれば「この政権はやばい」と気付くことができる。

日本だけいつまでも今の平和が続くと考えるのはただの平和ボケ


930 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:31:11 ID:j+Ij3keI
法治国家で法を守ってなにが悪い

931 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:34:47 ID:h0KwW4gg
【力の強い者ほど強い理性が求められる】
  妻がダンナをグーで殴っても罪には問われません…たぶん(笑。
  これが逆ならえらいことです。
  しかしその妻も、自分より力の弱い子供を虐待すれば立派な犯罪です。
  このように力の強い者には強い自制心が求められます。

  …言いたいことが丸わかりだと思うのでさっさと結論を書くと、
  国家権力(または大衆)が感情的に国民を殺す制度ほど、
  危なっかしいものは無いということです。

932 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:35:48 ID:YnBPhezi
日本は国民主権の民主主義国家である
 国民が死刑を望むから、それを支持する
日本は法治国家である
 国民の選択した国会で決められた法律である
 死刑は法律を厳正適応した結果に過ぎない
司法の判断は尊重されなければならない
 裁判によって死刑判決が出た以上、それを執行するのは当然である

全ては国民の意思によって決定される

933 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:40:18 ID:fwvfe/ag
>>917
三権分立の立場から言っても、
司法は刑罰の許可を出しているだけであって、
行政に対して刑罰を命令しているわけではないよね。
執行するしないは行政の自由。
(そもそも起訴するしないも検察が自由に決めてる)

法律に反し続ける現状はよくないとは思うけど、それならば法律を変えればいい話。

三権分立で司法と行政は対等だと考える人もいるけど、
国民の選挙で選ばれた行政と、
選挙によらず司法試験に合格したにすぎない裁判官の権限が
同等であるはずがない。
明らかに行政の方が上。
裁判所に特別に与えられた権限は違憲審査権くらいじゃないか。

934 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:43:27 ID:m+oYCNCH
グリーンピースの鯨肉窃盗犯(こそ泥)は極刑にすべきだ。
日本人でありながら西洋諸国の手先になりさがるとは、見下げた鬼畜。
窃盗するくらいだから起訴して有罪にして、海底に沈めてもいい。

935 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:44:05 ID:h0KwW4gg
>>932
【典型的な政治家無責任論です】
  過半の国民の支持を受けた政党(議員)が政権を担当するのであって、
  個々の政治家は自らの信念に則った政策を掲げています。
  その政治家が自らの責任において制度を維持し、
  死刑受刑者を選び、彼らを殺害しているのです。

  受刑者は決して自動的に死んでいるわけじゃない。死刑賛成派の議員と
  国民がその手を汚して殺しているのです。
  彼らのなかに、冤罪や誤審の可能性に恐怖し、
  他人の人生を絶つ重みに眠れぬ夜を過ごした人間が何人いるのでしょうか。
  おそらくほとんどの人はそんな風に考えたことすら無いのではと思います。
  日本特有の全体責任という名の無責任です。

936 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:47:25 ID:YnBPhezi
意識調査で今回の死刑に対して反対意見が過半数になってたら、死刑に反対してやる

逆に賛成が多ければ、次もどんどん殺すべきだな

937 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:49:32 ID:YnBPhezi


 法治国家の大臣が法律を守ってなにが悪いんだ?




938 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:49:34 ID:fwvfe/ag
>>936
> 意識調査で今回の死刑に対して反対意見が過半数になってたら、死刑に反対してやる

周りを見て自分の意思を決めるのかよw

939 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 17:55:38 ID:fwvfe/ag
>>937
法律というのは本来、取り決めをしたり、特定の行為を禁止するものであって、
誰かに特定の行動を命令するものじゃないんだよ。罰則規定もないので、
執行するしないは法務大臣の一存。
法律のせいではなくて、本人のポリシーで執行しているだけ。

940 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 18:35:31 ID:YnBPhezi
イラク派兵が憲法違反だという司法判断が出ても、政府の裁量で済まされるのかね

941 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 18:43:41 ID:fwvfe/ag
行政は違憲審査権を無視できませんが、
結論を言えば、済まされるでしょう。
なぜなら、憲法を改正すればいいだけの話だからです。

942 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2008/06/21(土) 18:50:37 ID:SkH/D9mL
法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で 2008年6月20日
http://www.asahi.com/national/update/0620/TKY200806200165.html
>「素粒子」では「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」

日頃は、朝日に反発しているが、これは正に至言。良いこと言うねw

>鳩山法相は「司法の慎重な判断、法律の規定により、私も苦しんだ揚げ句に執行した」などと述べた。

へぇ〜〜〜、冤罪でも構わないから殺せと言った人が、何を苦しんでいるのやらw
その場で処刑シーンを見られないのが苦しくてしょうがないのかね?

凶悪犯は、社会から永遠に隔離すれば、日本国民は誰も文句を言わない。
とにかく、鳩山邦夫は、人を殺すのが快感なんだろうねw

943 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 19:01:23 ID:YnBPhezi
なるほど、話が平行線になるわけだ

法律を守れという人間と、
法律なんてどうでもいいという人間じゃ
話が通じるわけが無い

944 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 19:01:34 ID:jI5DcSRv
人権弁護士「死刑廃止されたら飯が食えなくなる。是非存続を」

945 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 19:40:34 ID:h0KwW4gg
【自動的になどと責任逃れも甚だしい】
  三権のそれぞれが他の二権に責任を擦り付け合って、
  結果的に無責任状態に陥っているのが現状です。

  立法と行政を兼任する閣僚、なかでも担当大臣と総理大臣の責任は特に重いと思います。
  自分で死刑に賛成しておいて、
  実は嫌々執行しているなどという言い訳が通るわけがありません。

  私は主権者のひとりとして彼らの片棒を担がされている気がして、
  どうしょうもなく憂鬱な気分になってしまいます。

946 :よく考えてみよう:2008/06/21(土) 20:45:03 ID:ChzGz6ff
日本では凶悪殺人事件に対する、被害者への共感、殺された人の無念、痛みを社会
(日本国民)が受け止め、殺人者に死刑という罰則で責任を取らせ、殺人犯罪に
対する断固として否定の意志を示し、社会秩序を守っている。
その結果、世界で最高の殺人率の低さを実現。

それに対し、目の前の殺人犯への人権擁護、冤罪(現在の凶悪殺人事件の審判では、
まず考えられないが)を理由に、殺された人の人権、無念、被害者遺族の人権をゴミ箱に
捨て去り、安易な(責任が軽い)懲役刑という審判ですまそうとする死刑廃止派。

どちらを選択するかは日本の国民次第。被害者への共感、殺された人の無念、痛みを社会
(日本国民)が受け止めることができなくなったときは、死刑廃止になるでしょう。


947 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 21:51:56 ID:h0KwW4gg
>>946
【蒸し返しの天才(天災)現る】
  日本でも毎年約1200件ほどの殺人事件、加えてその何倍もの過失致死事件が起きています。
  しかし加害者の招いた結果を死でもって償わせるような前近代的な制度は採っていません。
  死刑判決が下るのはそのうち毎年3〜23件ほどです。
  被害者の無念に同調して国家が復讐を代行しているわけでもありません。

  なぜなら近代社会において、誰もが被害者になり得ると同時に容疑者の立場に立たされる
  可能性を否定できないからです。
  そこで、加害者から何もかも奪う野蛮な制度を私たちは捨てました。
  もし被害者になったとき一定範囲の権利と刑罰で我慢する代わりに、
  容疑者の立場になったときに全てを根こそぎ奪われることのないように
  バランスのとれたルールを予め決めておいたというわけです。
  あとは封建社会の名残である死刑制度を廃止し、
  代用監獄等、推定有罪の意識に基づくルールを改めればよいだけです。

【死刑執行国の多くは治安の悪い途上国>>882
  また、例外中の例外である死刑判決が犯罪を抑止しているなどという迷信から目を覚まし、
  目撃者を消すための一家惨殺や自殺志願の無差別殺人など、
  死刑制度が大量殺人を誘発している現実に目を向けることも必要になってくると思います。

948 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 22:16:21 ID:fwvfe/ag
>>946
死刑廃止派を、殺人犯を甘やかし、被害者を無視しているという偏見でしか見れないところが、なんとも
浅はかです。殺人犯など別にどうでもよく、被害者に強く同情し、救済したいと思ってる思いは誰でも同じでしょう。

殺人廃止は殺人犯のためではなく、殺人と関わりのない市民を冤罪事件から守ることと
社会制度の整合性(残虐な死刑を廃止してきた歴史、それから唯一取り残されている死刑制度の不整合)
の問題です。

また、死刑廃止派もいろいろです。人くくりにして「被害者遺族の人権をゴミ箱に捨て去り」などと発言するところを
見ると、差別主義者か少し頭が足りないのかと疑われます。

949 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 22:33:12 ID:upLMC4kH
>>947
【ヘリクツの天才(天災)現る】
日本でも毎年約1200件ほどの殺人事件、加えてその何倍もの過失致死事件が起きています。
しかし加害者の招いた結果を死でもって償わせるのは殺人事件や放火、内乱罪や外患誘致罪に限定されています。
死刑判決が下るのはそのうち毎年3〜23件ほどです。被害者の無念に同調して国家が復讐を代行しているわけではありません。
なぜなら近代だろうが中世や古代だろうが、人間社会において文明社会において必要とされるのは治安の維持であって
一時のサディズムではないからです。
民主制だろうが君主制だろうが、法治だろうが人治だろうが支配権の確立に治安の維持は欠かせないからです。
被害者側の私的報復を抑止、加害者側の再犯模倣犯の発生を抑止するための科刑と量刑です。
だれも、加害者から何もかも奪う過酷な制度を好き好んでいません。
なにも死刑制度は封建社会の専売特許ではありません。古代の天皇や尾張徳川宗春が一時廃止したって書いた側の人が、錯乱しています。
代用監獄なんか、日本では留置場の使用が逆に問題になったばかりです。GPSを手術で埋めると言ったら、もっと騒ぐでしょうね。
【死刑廃止国の多くは強権支配の前歴や宗教原理主義傾向の強い国】
また、論外中の論外である死刑廃止が犯罪を抑止しているなどという迷信から目を覚ますことです。
目撃者を消すための一家惨殺など廃止国でもあります。投獄志願の無差別殺人など、死刑廃止が大量殺人を誘発している現実に目を向けることも必要になってくると思います。


http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1208831370/
被害者が逝ってしまったら何の権利も無いから、殺人犯は遺族への賠償責任しか無い?
一族朗党皆殺しだったら賠償の義務も無い? 
人権とは国家の強権に対する、個人の権利に限定される?
ウソと詭弁のオンパレードですね。


950 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 22:57:58 ID:WDX2xjT6
廃止論側の、ウソと詭弁が死刑廃止を余計に遠ざけている。
タクママモルやミヤザキツトム、今度のカトウは起訴さえ未だされて無いが、
連中を生かして償わせるとしたら、どういう"責め"を負わせる?
この国は、一握りの法律学者や官僚の独裁国家ではない。
真面目に考えてみよう。


951 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:11:10 ID:/ixT+aPn
被害者の人権は?



952 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:16:08 ID:o+BhCilk
>>948
そもそも、日本の社会制度とキリスト教的価値観による死刑廃止に整合性がない件は?


953 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:18:02 ID:h0KwW4gg
【遺族感情の悪用】
  最近、やたらと目に付きます。
  たとえば、北朝鮮の被害者家族の感情を利用して防衛利権などを握る
  「ラチラチ詐欺」といったもの。
  捜索を少しでも長く続けて欲しいイージス艦事故の被害者家族に取り入って、
  「石破防衛相の辞任望まぬ」などと家族に手紙を書かせた例もあります。
  イラクやアフガンの戦争でも、911テロの遺族感情がいたる場面で利用されました。

【死刑賛成論も】
  国(検察)と容疑者で争う刑事訴訟の場に被害者の人権(?)を持ち込もうとする
  死刑賛成論も、遺族感情を利用した悪質な例だと思います。

  刑事と民事はしっかり峻別すべきです。じゃないと殺人事件はすべて死刑になって
  しまい中国以上の処刑大国になってしまいます。

954 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:18:11 ID:fwvfe/ag
>>952
あなたたちが人権人権と言うその人権こそがキリスト教的価値観だよ。
人権思想に基づいた憲法も近代的法治主義も、現代の日本はじめ
先進諸国の反映も全部そう。
明治に日本がキリスト教国家の真似事を始めなければ、
今の日本はないです。

955 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:33:41 ID:Rwg5zp64
死刑以外の判決でも冤罪問題はあるのに
それ以外に言及しようともしないあたりが
ご都合主義でしかないんだよね

956 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:46:17 ID:h0KwW4gg
>>955
【社会がどんなルールを選択するかの問題です】
  自分が被害者になったときは容疑者から(人権も生命も)何もかも奪える代わりに
  もし社会から容疑者に指名されて粛清されても止む無し…というルールももちろんあります。

  しかしそうではなく、自分が被害者になったときは不満が残るかもしれないが、
  容疑者になったとき最悪殺されることだけは免れる、というルールも私たちは選択可能です。

  私たちは西欧諸国同様、憲法で拷問や残虐な刑罰を禁止したはずです。
  なのになぜかもっとも残虐な死刑制度だけが宙に浮いています。
  そろそろこの矛盾を改めましょう。殺人を残虐とし死刑を残虐としないのは大きな矛盾です。

957 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:56:49 ID:o+BhCilk
>>955
痴漢冤罪とか、大問題になってるよな。

>>954
俺は被害者の人権を過大視してるわけじゃないよ。
人間社会の秩序を甚だしく逸脱する行為(凶悪殺人など)、つまり非秩序的な行為には
その秩序から除外する処置(つまり死刑)でもって報いるのもあり、と言ってるだけ。

958 :名無しさん@3周年:2008/06/21(土) 23:59:11 ID:v41xftpK
>>953
死刑廃止論も、人権擁護を悪用した例だと思います。

>刑事と民事はしっかり峻別すべきです。
『有責性』とやらで、刑事責任と損害賠償を一緒に語る悪例がありました。このスレで。
じゃないと殺人事件はすべて無罪になってしまい欧米以上の犯罪大国になってしまいます。

959 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 00:04:56 ID:Pk/APTqo
>>956
死刑で処されるのは、容疑者じゃなくて死刑囚な。

なぜ容疑者から死刑囚になったかというと、裁判官が決めたから。

こういう肝心な部分をミスリードするような発言は、できればやめてもらいたい。

960 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 00:07:32 ID:iKN4Fz/n
死刑は国民が望んでいる制度です

961 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 00:21:32 ID:r5PEP5r3
>>953
拉致なんか否定していた政党や新聞が、被害者感情をヌケヌケ悪用して
【謝罪詐欺】しているがね。
格差なんかバブル以前に顕著になってるし、年金破綻も老人医療も保革相乗り馴れ合いの責任だ。
秋葉事件まで含めてフクダ政権攻撃理由にされてるし。

962 :よく考えてみよう:2008/06/22(日) 00:31:12 ID:kHKp/E3a
>>947
相変わらず、自分のご都合主義な布教活動してますね。
自分の意見が正しいのだ。だから、信じるのだ。ではなく、もっと、相手を納得させる
事象を正確に伝えたら。

>>948
甘ったれるな。
>被害者に強く同情し、救済したいと思ってる思いは誰でも同じでしょう。
ふざけることを言うな。死刑廃止派がやっていることは、光市母子殺害事件のような
凶悪殺人犯の被害者の遺族(本村氏)の方が、殺人者が生き残ることで、一生、怒りと
悔しさで人生を台無しにする、そんな人を無限に作り出すことではないか。

つまり、「殺された人の人権、無念、被害者遺族の人権」と「殺人犯への人権擁護、冤罪」
を計りにかけて、後者を優先しただけだろう。
社会制度の整合性などと自分の都合のいいことをでっち上げるな。社会制度は
国民と三権によって成り立ち、死刑制度は整合性がとれているから日本で成り立っている。


963 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 00:50:58 ID:5ig+DMxG
多分、【】氏は都合の良い廃止論を軌道にのせると同時に
自論がぶっ叩かれることを望んでるアレだと思ふ。

964 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 01:05:55 ID:5VhGUbxl
【死刑判決の方がむしろ冤罪や誤審は多いはず】
  死刑判決は致死事件の内のほんの一握りです。しかし遺族の心の傷は皆同じ。
  なのにマスメディアは、大事件だと判断すれば遺族の様子を大きく取り上げ、
  そうでなければ小さく扱います。
  私たちは普段、報道されることすらあまりない毎月100件ほども起きている
  有象無象の殺人事件のことなど気にも留めていません。
  求刑死刑の特定事件についてのみ遺族に激しく感情移入し、検察を後押し、
  そして裁判官は世論に引きずられ、冤罪や誤審を生む素地をつくっています。

  素人目にいちばんわかりやすいのが精神鑑定結果の取り扱いです。
  近年の裁判は、精神鑑定より世論(遺族感情)を重視しているようです。
  この傾向は、求刑死刑ではない事件についても同様なのでしょうか(それはそれで問題ですが)。

【公正でバランスのとれた社会のルールとは】
  精神科医によって責任能力無しと判断された場合はもちろんのこと、
  そうじゃなくても、死刑判決を受けた人のほとんどは、
  大なり小なり精神を患っているように思えます。
  しかもひき起こした結果が重大であればあるほど重症に。

  だからなんでもかんでも無罪や減刑にしろ、と言っているのではなくて、
  私が言いたいのは、精神の病気である以上、
  置かれた環境次第では私や家族の誰もが同じ精神状態に陥る可能性があるということです。

  だからこそ、>>956で書いたようなリスク分散が必要なのだと考えます。
  もちろん冤罪や誤審のケースを含めるために、「容疑者」という単語を
  意識的に使ったのですが。

965 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 01:08:24 ID:mo1jA9Sh
死刑を廃止すれば凶悪犯罪が減るなら
死刑廃止賛成
変わらないや増えるなら
死刑廃止反対
死刑中止にしてみて
増えたら死刑廃止と言った人に
損害賠償請求をする権利を付けていいなら
死刑中止賛成

966 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 01:31:09 ID:3ak3qnz4
>>962
無知から、被害者を冒涜するようなことを書かないように。

死刑廃止派の中には、確かに被害者が聞けば怒りに打ち震えるであろうことを
平気で繰り返す人もいて、そういう人ばかりが報道されるので、あなたにはそう
いう人間しか見えず、また他の立場の存在が想像もできないのでしょう。
また、死刑が唯一の遺族が納得する方法で、他のよりマシな方法はないという、根拠の
全くない思い込みをもっています。

あなたは無責任にも光市のことを書いていますが、本村さんは「もし加害者が心から悔い、
反省すれば、私は死刑を望まなかったかもしれない。加害者に詭弁を繰り返させ、
更正の機会を逸した弁護団の責任は重い」というような発言をはっきりとされておりました。
遺族がいつでも死刑だけを望み、それだけが正しい道だと思い込み、被害者を代弁している
気になっているとすれば思い上がりも甚だしい。人間はそんなに単純ではありません。

被害者が死刑を望まないケースもあるにもかかわらず、(死刑をもって犯人が苦しみから逃れるなんて許せない、一生かけて償って欲しい、と言う人もたくさんいるのです)
死刑よりもマシな制度を考えもせず、現状追認すること以外何の前向きな発言もできないのであれば、
全く何の役にも立たない意見です。

967 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:15:22 ID:27OldIC8
>>953
>【死刑賛成論も】
> 国(検察)と容疑者で争う刑事訴訟の場に被害者の人権(?)を持ち込もうとする
> 死刑賛成論も、遺族感情を利用した悪質な例だと思います。
日本以外の先進国はたいがい被害者影響陳述ってのがあってだな(ry
加害者の権利ばかり追及せずにヨーロッパやアメリカの被害者の権利章典でも参考にして下さい。

> 刑事と民事はしっかり峻別すべきです。
日本では刑事事件の民事訴訟で勝っても35%しか支払いを受けておらず、残り65%の犯罪者が支払い義務を放棄している。

>じゃないと殺人事件はすべて死刑になってしまい中国以上の処刑大国になってしまいます。
中国では窃盗でも死刑を適応できる。今の日本では絶対無理。

>死刑執行国の多くは治安の悪い途上国
日本では死刑制度があるが、殺人者数から見る治安は死刑廃止国に比べてかなりいい。
死刑を廃止して死刑廃止国並になるリスクは負えない。

>>964
>公正でバランスのとれた社会のルールとは

死刑廃止国であるイギリスやフランスは被害者支援金で年間400億前後使っている。
アメリカも500億ほど。
日本は12億。
日本で犯罪者への矯正のためにいくら使っているかというと年間2000億ほど。
日本の被害者は、予算がほとんどないのでカウンセリングすら義務付けられていない。
これでバランスが取れていると言えるのが不思議。

所詮は犯罪者に偏った人権意識しか持ってないんだろ?

968 :よく考えてみよう:2008/06/22(日) 02:26:33 ID:kHKp/E3a
>>966
彼ははっきりと、「9年の歳月がかかりましたが、遺族が求めていた死刑判決を下してい
ただいた広島高裁に感謝しています。判決の内容を聞き、裁判所の見解は極めてまっと
うだと思いますし、正しい判決が下されたと思っています。被害者遺族は司法に感謝し、

被告は己の犯した罪に後悔して、社会が正義を再認識し、司法が威厳を保つことが
民主主義であり、法治国家が維持されるものと考えますので、こうした判決に心から
感謝しています」と最初に述べていますね。

また、「長いか短いかというのは簡単に言えないのですが、遺族にとって9年は非常に長い。
9年の時間をかけて熟慮に熟慮を重ねて出された判決ならばよりいっそうの重みが増すと思
いますので、時が来てこの判決が言い渡されたんだと思います」
とも述べています。

確かに人は単純ではないが、懲役刑では納得いかなかったことは確かでしょう。
また、死刑廃止になれば、同じように無念で、納得いかない人が無限大に
多くなるのも否定するのですか。

>被害者が死刑を望まないケースもあるにもかかわらず、
正確には、被害者の遺族がですね。殺された被害者の代弁はできないですね。

>死刑よりもマシな制度を考えもせず、現状追認すること以外何の前向きな発言もできない
前のスレで何度も、最も不幸になる人間が少なくなる制度を選択すべきと言っているでしょう。
死刑廃止をして、そうなるのかをいくら検証しようとしても、死刑廃止派から
まともな回答が出てきてないでしょう。おわかりかな。


969 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:30:11 ID:0+gmxMM3
終身刑に反対してる馬鹿って何なの?

死刑にできない凶悪犯もいるのに、被害者遺族はさぞ怒るだろうね。
死刑に出来ないのならせめて終身刑くらいやってやんなきゃ
被害者遺族は終身刑に反対してる馬鹿を永遠に恨むだろうね。

970 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:32:57 ID:3ak3qnz4
終身刑に反対してる人なんているのか?

971 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:34:14 ID:5VhGUbxl
【なんとなく名文っぽかったので思わず引用】
   飛行機の速度=0なら、飛行機は飛ばない。
   人間の自由=0なら、人は罪を犯さない。
   これは明白である。
   人間を犯罪から救い出す唯一の手段は、
   人間を自由から救い出してやることである
  (「われら」/ ザミャーチン・作)

  そう言えばこれと似たことを>>582で書きました。
  不安を煽って自由を奪う、
  そんな方向に社会が進んでいる気がします。

>>965
【丁半博打みたいなもの】
  減ったら死刑賛成の人に今までの分を求償できるのか、
  と言いたいところですが、
  殺人の数に比べて処刑の数が少なすぎるので、
  たぶんなんの因果関係もありません。

>>967
【ざっくばらんに】
  被害者影響陳述は日本にもあります。司法判断に必要です。
  加害者が死刑を望めば量刑がそれに引きずられるといった
  ことは厳禁だということです。
  日本の殺人件数は1200件ほどでこれに過失致死件数を加えると、
  死刑率で中国を越えてくるでしょう。
  総じて治安の悪い国が多いと書いています。
  支援金、いいじゃないですか。

972 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:40:00 ID:0+gmxMM3
>>970
死刑制度が廃止の流れを予想してか、税金の無駄と考えるのかは分からんが
積極的死刑賛成派の殆どが終身刑に反対である。
こいつらは被害者被害者と言っているが、結局は自分の欲望を満たすためか
被害者の気持ちを蔑ろにしてでも税金の無駄という本音を持っている

正真正銘の偽善者である事が分かる。

973 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:41:25 ID:Pk/APTqo
>>972
勝手に決め付けないように。
俺は死刑存続に賛成だが、終身刑の創設には反対していない。むしろ、すべきだと考えている。

974 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:41:39 ID:3ak3qnz4
>>968
> 確かに人は単純ではないが、懲役刑では納得いかなかったことは確かでしょう。
それは加害者が悔い改めず詭弁を労し、弁護団もそれに加担したからです。
ネットで検索しましたが、この言葉も無視すべきではありません。
『 会見でも「事件の後、もし加害者がもっと誠意をもって真実を語り謝罪をしてくれていたら、
死刑を避けられたかもしれない」と述べていました』

> また、死刑廃止になれば、同じように無念で、納得いかない人が無限大に
> 多くなるのも否定するのですか。
そのような根拠は全くありません。むしろ死刑よりもより償いになる厳しい刑罰を課せば、
死刑より納得いくでしょう。私であれば、終身刑を望みます。(厳しい環境であることを前提)

> >被害者が死刑を望まないケースもあるにもかかわらず、
> 正確には、被害者の遺族がですね。殺された被害者の代弁はできないですね。
>
> >死刑よりもマシな制度を考えもせず、現状追認すること以外何の前向きな発言もできない
> 前のスレで何度も、最も不幸になる人間が少なくなる制度を選択すべきと言っているでしょう。
> 死刑廃止をして、そうなるのかをいくら検証しようとしても、死刑廃止派から
> まともな回答が出てきてないでしょう。おわかりかな。
実際に「不幸になる人間が少なくなる」かどうかなんて、試してみなければ分からないでしょう。
私は、死刑を廃止しただけでは何も変わらないと思います。他のシステムの整備(代替案、更正
精神鑑定の見直し、抑止力の評価)などとあわせて、全体として不幸な人が最小限になる仕組み
の検討が必要なのです。

975 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:41:59 ID:YIzUTiPV
出るわ出るわ・・・
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=EUC-JP&num=20&q=%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80%E3%81%AB%E6%88%BB%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F


976 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:48:07 ID:0+gmxMM3
>>973
奇遇ですね。俺も死刑制度は無くさなくても良いと思ってる。
それはキリスト教的な価値観であって、死刑でしか問題を解決できないとする信条や宗教もあるのでね。
無くなる事に反対はしないけど。

ちなみに、積極的な死刑賛成派を指してるんだけど、あなたはそれに当て嵌まるんでしょうかね。

日本における裁判員制度+終身刑創設=死刑制度廃退
とは考えていないのですかね。

977 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:51:09 ID:Laarvpiy
>>971
で、凶悪犯を生かして如何に罪を償わせるの?
生活が管理され治療も無料で受けられる、日本の刑務所で祈るだけ? 

対案も出さずに廃止は通らないよ。
自殺志願に死刑は効かないってのが廃止論の一部にあるけど、生活力無し努力無し意欲欠如が終身刑を望む事態も考えられるよね。

978 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:53:25 ID:3ak3qnz4
死刑廃止をキリスト教と結びつける人がいるけど、
死刑制度を廃止しているのはキリスト教国だけではないし、
日本にも平安時代に死刑執行を300年以上停止していた歴史がある。

たとえば、自分が冤罪で命を奪われるのが嫌だから反対する、という素朴な理由に、
宗教は関係ないでしょう。

979 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:57:44 ID:7tTiXmMq
坂本弁護士をオウムに殺られた母上は、
オウムはもちろん信者家族に紹介した江川氏も恨んでるよね。
それでも日本の官憲は私的報復は阻止するし、マツモトチヅオも刑執行まで庇護する。
正規に定められた手段でしか刑執行を認めない。これも日本の人権庇護。 

980 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:57:59 ID:0+gmxMM3
>>977
凶悪犯が全員死刑になると思うなよ低脳

981 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 02:59:06 ID:0+gmxMM3
>>978
平安時代は仏教が強かったからな。

982 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:00:16 ID:Pk/APTqo
>>976
何を持って「積極的」とするのかはっきりしないから、俺としても説明のしようがない。
ただ、「刑罰の全体的な厳罰化」には賛成ではある。

無期懲役って、結局は労働してその賃金も貰えるから、終身刑は正式には「終身禁固刑」として、
労働やそれに付随する賃金もなし、ということでいいと思う。

>>978
冤罪に巻き込まれるのはともかく、それで死刑にまでなっちゃうのは、ほぼゼロでしょう。

983 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:02:25 ID:gpZ44MRh
>>978
それを封建時代の名残りと主張してるのが>>947【】氏なわけだが。


984 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:02:31 ID:5VhGUbxl
>>977
【対案】
  無期懲役で仮釈放の要件を厳しくする。
  拘禁状態が三十年を過ぎるような長さになると、
  まず精神的に耐え切れなくなるそうです。
  受刑者の精神状態を考えると、絶対的終身刑は避けた方がよいと考えます。

【償い】
  「償う」という言葉についてですが、
  >>733に書いたように、絶対に償えない負い目をネタに相手を追い込むのは
  カタギの世界ではあってはならないことだと考えます。

985 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:03:27 ID:3ak3qnz4
>>979
もし私的報復をして捕まった場合は、精査して、本当に被害者に何の落ち度もなくて被害に合い、直近の遺族が
(受けた被害を超えない範囲で)報復した場合に限っては、大幅に減刑していいと思うよ。そういう制度も作るべき。

こういうケースでの現在の情状酌量はどんなものでしょうか?

986 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:05:08 ID:Pk/APTqo
>>976
言い忘れ。俺は裁判員制度創設には反対。
所詮、地裁での話でしかないから、高裁最高裁でいくらでも翻ると思われるので。

987 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:05:12 ID:3ak3qnz4
>>982
>冤罪に巻き込まれるのはともかく、それで死刑にまでなっちゃうのは、ほぼゼロでしょう。
ゼロであれば何も言わないけど、
ほぼゼロとは、とても信じきることが出来ない実体があるよ。
刑事裁判を見れば分かるけど、状況証拠と自白だけで死刑にまで至るケースが多い。

988 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:08:15 ID:Pk/APTqo
>>987
冤罪で死刑判決が確定し、しかも執行されちゃった例って、
確か北陸での強盗殺人事件の1件しかないぞ? 現行憲法下では。

989 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:09:11 ID:3ak3qnz4
冤罪についてはこういうページを発見
http://www.asahi-net.or.jp/~jm9t-tyng/06_enzai/enzai_1_01.htm

どこまで本当かは分からないけど、素人目に見ても、「冤罪の可能性はない」とは
とても思えない。

990 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:09:34 ID:0+gmxMM3
>>982
あなたは、いわゆるひとつの、死刑廃止派にとってのカモということですね。
そういう死刑賛成派が増えれば、死刑廃止派も楽なんですがね。

991 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:11:27 ID:3ak3qnz4
>>988
冤罪で世間に広く認知されていて、死刑が執行されたのはその一件だけ(それもひどいが)かもしれませんね。
しかし現行の制度では、「執行されないという保障」はないですよね。法相がサインすれば、即可能な状況です。

992 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:12:26 ID:QVxTZOks
>無期懲役で仮釈放の要件を厳しくする。
>拘禁状態が三十年を過ぎるような長さになると、まず精神的に耐え切れなくなるそうです。
>受刑者の精神状態を考えると、絶対的終身刑は避けた方がよいと考えます。

なんだよ?自殺志願とかに効かないってのが廃止派の論拠なのに、
この上、『また来たくなる刑務所』を市民の税金で負担しろってか?
結局、凶悪犯の肩もつ気であることに変わりは無いわけだな。

>【償い】
>「償う」という言葉についてですが、>>733に書いたように、絶対に償えない負い目をネタに相手を追い込むのは
  カタギの世界ではあってはならないことだと考えます。

絶対に償え無い状態に被害者を追い込んだ張本人に、この上償わせるな?
生かして償わせろと言ってたのは、ウソ八百か?

993 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:12:57 ID:3ak3qnz4
それにも今まで執行された中にも、冤罪がなかったとはやはり言い切れない・・・・

994 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:15:09 ID:5VhGUbxl
>>988
【手記・私は殺人犯ではない】
  http://blogs.yahoo.co.jp/orisen0706/folder/892705.html

  殺人犯として20年間服役して出所した人(犯行を認めないのだから情状酌量も何もない)
  のブログを読んでいると、このての裁判はまだまだ埋もれてるんじゃないかと思います。
  もちろん事の真偽はわからないのですが、
  検察側からの報道発表に慣らされている私たちにとっては、
  被告側の生の意見に触れることができるのは貴重な機会だと思います。

995 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:15:51 ID:Pk/APTqo
>>990
>>976は読んだ?

それと、この議論続けたいなら、誰か次スレ頼む。

996 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:17:27 ID:0+gmxMM3
>>992
熱くなるだけが死刑賛成派の取り柄だな

997 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:18:15 ID:Pk/APTqo
冤罪なのに有罪が確定されるのって、被告の逮捕後の行動に問題があったか、
弁護士の弁護がへたくそ過ぎたか、あるいはその両方。

これしかないんじゃない?

998 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:19:01 ID:Luq+T+7h
結局、>>984は廃止論そのものに矛盾している。
死刑を廃止するならば、それに見合う刑罰を準備するべきなのに
廃止国に比較しても"甘い"日本の受刑環境を余計に甘くしようと目論んでいるとしか解釈できない。
【・どうたらこうたら・】が、生かして償わせるべきだと、昨日か一昨日の書き込みで読んだぞ。

999 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:19:28 ID:0+gmxMM3
警察も検察も信用ならん。

1000 :名無しさん@3周年:2008/06/22(日) 03:20:24 ID:0+gmxMM3
終身刑作らないで死刑だけ無くしたら
将来的に必ず遺伝子差別が蔓延するよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

439 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)