5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「公認会計士vs特捜検察」について語ろう

1 :粉飾御免:2007/12/26(水) 14:12:07 ID:WJyJVmiX
公認会計士vs特捜検察

内容紹介

☆☆☆著者(細野祐二)講演会&サイン会のご案内☆☆☆

日時:12月26日(水)19時〜
場所:丸善・丸の内本店
お申し込み、お問い合わせ:03-5288-8881

ある日、凄腕の公認会計士が逮捕された。容疑は粉飾決算。
シロアリ駆除の上場企業、キャッツ経営陣による株価操縦事件に絡み、東京地検特捜部に摘発されたのだった。
カネボウ、ライブドア事件でも公認会計士が逮捕されたが、すべて容疑を認めている。
だが、キャッツ事件の被告は容疑を否認して、190日間拘留される。
「粉飾決算ではない」。専門の会計理論を駆使して取り調べの検事と対峙するが、検察の描いたシナリオのまま起訴される。
まさに、佐藤優『国家の罠』の公認会計士版である。裁判では、会計学者から粉飾ではないとの鑑定意見が出され、
他の容疑者のよる被告に有利な証言が相次ぐが、一、二審とも敗訴。東京高裁の控訴審判決直後、
白血病の妻が急死するという悲運に見舞われるなか、上告して闘っている。その闘いの詳細を極めた被告自身の手記である。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P46210.html


2 :粉飾御免:2007/12/26(水) 14:19:07 ID:WJyJVmiX
著者紹介

細野祐二[ホソノユウジ]
公認会計士。1953年生まれ。78年3月、早稲田大学政経学部卒業、82年3月、公認会計士登録。
78年10月から2004年までKPMG日本(現あずさ監査法人)およびロンドンにおいて会計監査、
コンサルタント業務に従事。著書に『国際金融取引の実務』(中央経済社、平成元年日本公認会計士協会学術賞受賞)など。
主な論文に「先物外国為替の会計処理と問題点」(昭和59年日本商工会議所会頭賞、日本会計研究会会長賞受賞)、
「ベンチャー企業に対する税制上の問題点と若干の提言」(平成7年日本税理士会研究賞受賞)。所属団体:日本公認会計士協会。
資格等:公認会計士、英検1級、通訳案内士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


3 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/12/26(水) 14:21:11 ID:iqAw/wO2
昨日から読み始めた
まあまあおもちろい

4 :粉飾御免:2007/12/26(水) 14:54:15 ID:WJyJVmiX
>>3

おれは控訴審が始まる前まで読んだ。

あまりキャッツ事件の背景や事実関係の詳細を知らないので、粉飾の存在についての客観的な評価は出来ないが、
この本に記載されている事実関係だけでは粉飾決算や共謀で有罪というのは相当無理があると思う。

それよりも興味深くて恐ろしいのが、推定有罪で成り立ってる日本の刑事司法の仕組みだ。
逮捕されて半年近く拘留されて、家族とも接見出来ず、連日長時間の拷問じみた強引な取調べを受け続けたら、
警察官・検察官から見に覚えのない罪を認めるように強要されたら彼らが勝手に作文した供述調書に
サインしちゃうよな。

よくわからんのが、何で細野さんが監査法人のquality controlの責任者という立場でありながら、
どう考えても超ハイリスクなクライアントを切らずに付き合い続けたのかが全くわからない。
平気で嘘つく経営陣なんて、今だったらすぐ切られるけど、当時(と言っても数年前)
の状況は随分違ったから、パートナーとしての葛藤なんかをもっと詳細に記述してくれていると
面白かったのだが・・・上告がまだあるし、守秘義務もあるからそこまで書けないか。


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)