5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【資格】海の法律家 海事代理士 その1【起業】

1 :うさ:2008/02/17(日) 04:21:48 ID:PgB0T3S60
第一条 海事代理士2ch資格板スレは以下の通リトス。
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/lic/1199973431/l50
第二条 本試験ノ概要ハ以下の通リトス。
http://www.mlit.go.jp/kokkasiken/kaidai/kaidai_.html
第三条 本試験ノ受験情報ハ以下ガ存在ス。但シ、各自ノ責任二於イテ利用スベシ
一.http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%A3%AB
二.http://www2.neweb.ne.jp/wc/matonaka/kaiji/kaiji-j.htm
三.http://oresama_r.tripod.com/kaiji.html
四.http://www.maruib.co.jp/kaiji/goukakukouza02.html
五.http://www.takamatsu-office.com/R-kaizi.html

社団法人日本海事代理士会
http://www.nihon-kaiji.or.jp/
海事代理士徽章
http://takamatsu-office.com/111111111photo2.gif
ミクシィ(mixi)コミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1008968

2 :名無しさん@どっと混む:2008/02/17(日) 13:52:38 ID:l/WdgCGW0
(社)日本海事代理士会
 海事代理士会は弁護士会や税理士会と違い、いわゆる「強制会」ではない。
 任意団体であるところが特徴。

 しかし、

「日本海事代理士会に所属しない海事代理士を『海事代理士』とは呼べない」
「日本海事代理士会に所属しない海事代理士をとこぶし倶楽部では『カス』と呼ぶ」
「日本海事代理士会に所属しない海事代理士を『信用してはならない』」

 上記、とこぶし倶楽部3か条のもと、
 合格し、開業をしたならば、日本海事代理士会に所属し、
研修なども受け、海の法律家として王道を歩んで欲しいと願っています。

 研究者が何とか学会に所属していないと学者として、「その道」では認められないのと同じです。
(例;法学者が日本刑法学会などに所属していなければ「法学者」と認められない、心理学者が日本心理学会に所属していなければ「心理学者」と認められない、と、同様です。)

 海事代理士徽章(バッジ)の交付は海事代理士会で行われてます。
 退会したならば本来は返すべきものであることも特徴。(バッジの返還)
 バッジだけ貰ってバッジを返さずに退会する輩は「クズ」と言います。

3 :名無しさん@どっと混む:2008/02/17(日) 13:53:36 ID:l/WdgCGW0
zaq3d2e79fc.zaq.ne.jp
61.46.255.121
61.46.244.250

4 :名無しさん@どっと混む:2008/02/17(日) 23:57:27 ID:PgB0T3S60
海事代理士をあまり舐めない方がいいですよ
一例:ある5年目の海事代理士の一日

AM5:00 モーニン。熱いラテで目を覚ましつつフィナンシャルタイムズと日経新聞に目を通す。
  6:00 朝食前に軽い頭の運動。船員派遣事業者と船員との間のトラブル和解を勧奨する簡易な企画書面の構想を練る。
  6:30 タコさんウインナーをほおばりつつ専門書を読む。今日は信託法と執行法と登記白書だ。SOLAS条約も目を通しておこう。 
  7:00 フイットネスで軽く汗を流す。身体にエンジンがかかった。
  7:35 汐留の自分の国際海事法務事務所へ。秘書に軽口を叩きつつ予定を確認。
  9:00 霞ヶ関へ書類申請。官僚と交渉。思わぬタフネゴシエイトになった。
  11:00 自分のオフィスへ、外国人船員の帰化希望者から留守電。
  11:30 船舶登記の相談。3重4重譲渡に5番抵当・・・。公正証書原本不実記載を懸念し刑事事件化も視野に入れつつ判例を調べる。 
PM12:30 今日は久しぶりに暇なので超高層ビル50階のイタリアンでゆっくりとランチ。エスプレッソで気合いを入れる。
  13:00 法律相談。海事商取引の案件。共同海損絡みの債務不履行だ。内容証明を起案。   
  14:00 大手海運会社から定期航路事業許可及び付随許認可全般のビックプロジェクトが来る。TV電話で概要を話し合う。
  15:40 出入りの弁護士君と税理士君と3人で大型案件の海事法務コラボレーションの会議。彼らに分かるようにかみ砕いて説明。
  19:00 ようやく溜まった仕事に取りかかる。海難報告、船員の給与計算、就業規則作成など大量に抱えているのでバリバリ起案。 
  23:50 忙しくて夕食は抜き。今日は終電でやっと帰れそうだ。 
  25:00 明日起こるであろう海事許認可に関連した役人との舌戦に備え、軽い理論武装を構築しつつ眠りの世界へ落ちてゆく


5 :名無しさん@どっと混む:2008/02/19(火) 01:39:11 ID:z0ZvS4CK0
開業にあたっては同業界が閉鎖的な体質を持つため、強い人脈がないと依頼はまず見込めない。
しかしながら、海運・造船業界に人脈を得て開業している資格者の年収は、開業10年程度の者で700万円〜1000万円くらいであることが多い。
これは、この資格種が特殊な存在であるため、地域市場における競争原理が働かず独占状態になりやすいからだといわれる。

6 :名無しさん@どっと混む:2008/02/21(木) 05:36:00 ID:GUDrwUVLO
一千万?俺もやろうかな

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)